人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日本の神様が「日本の安定を揺るがす者との繋がりを断て!」と言ってます

3日ぶりの更新ですが、たった3日なのに1週間も経ったような気がしています。先日の3連休の最終日あたりから酷い頭痛でPC画面を見ることもできませんでした。年末年始の疲れが頭にきたのかどうかわかりませんが、頭の右側が特に痛みが強く、吐き気はするわ、胃は痛いわ、目も痛い、おなじみの眼精疲労からだと思います。今回は血圧でも上がっていたのか、鼻血まででる有様(笑)やっと落ち着いた感がありますが、あの頭痛は耐え難いくらいですので、マッサージにでも言ってコリをほぐすしかないようです。

年末年始の疲れは今からですし、インフルエンザも流行期に入ったそうです。読者の皆様もくれぐれもご自愛頂きたいと思います。余りにも暖かすぎた冬、やっと通常の冬景色になりました。東京よりも地元の九州のほうがはるかに寒かったですから(笑)

新年に入って15日、今日は小正月ですね。ずいぶん日が長くなりました。明日からは大学入試センター試験ですが、受験生の皆さんも体調管理が大変です。私も経験者ですが、やる気ゼロの受験生でしたので、気合十分の受験生を見ると「後の祭り」という言葉の意味をいまさらながら噛みしめます(苦笑)

新年早々、芸能界が大賑わいww ベッキー不倫騒動の質問受け付けなしの涙の会見、それで騒いでいたらSMAPの解散騒動勃発で不倫騒動が消されたベッキーラッキー!という有様(笑)報道でも大騒ぎするSMAP解散騒動、本人たちは何の発言もしていないにも関わらず噂が独り歩きしまくっていますが、そんなに騒ぐようなこと?? 日本中が大騒動のように報道されてますが、そんなにみんながみんなSMAPファンとは思えませんけどねww 

私は解散騒動を聞いて「ふーん、ぼちぼちいいんじゃないの」というのが正直なところ。とっくに40過ぎたオッサン4人と間もなく四十路が1人、いつまでもアイドルって年齢じゃあるまい(笑)確かに、25年間芸能界の第一線で活躍し続けることは、相当な努力があってのことでしょう。それは立派だと思いますが、解散したからって太陽が西からのぼることはありません。本当にばかばかしい騒動だと思います、個人的には。テレビが芸能人のスキャンダルなどの報道ばかり繰り返すときは、必ずその裏で報道したくないことがあると言います。そちらのほうに神経を向けておく必要があるのではないでしょうか。

ちなみに、彼らの一番のヒット曲「世界で一つだけの花」いい歌だとは思いますが、あの歌の内容は正直言って偽善者臭くてたまりませんわ(笑)♪一番になりたがる~♪って、まるでR4の「二番じゃダメですか?」の反日バカ発言を彷彿とさせますから。だって、特に芸能界に入る人間なんて大概その世界でトップに立つことを夢見て、ライバルたちを蹴散らして、踏み台にして、自分が主役になるためには時と場合によって男も女も枕営業まですることがあるのに(笑)どんな世界でも、その世界で一番になろうと思うはずでしょうし、あの歌を聞くと最初から二番手、三番手、或いはビリでもいいと言わんばかりに聞こえる天邪鬼の管理人です(笑)

今日はスキーツアーのバスが大事故。多くの方が亡くなったようで、本当に気の毒なことです。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。ちなみに、ウリテレビの報道では中川昭一氏の御長女の中川真理子さんが記者として報告していました。ご両親のどちらににているのでしょうか?やはり昭一氏かな。

さて、本題。今年に入ってから結城モイラ女史の今年の見立てについて記事にしました。もう一つ、ご存じの方も多いと思われる「銀の紐」です。スピ系だと思われますが、私自身は全くそのようなものを感じることはない人間ですが、人智を超えた神智は存在すると思っているので、参考までに時々サイトを見たりします。

日本の神様による今年の見立ては以下の通りでした。転載いたします。実に日本の現状をよく表していると思います。
==================
2016年1月7日木曜日 日本の安定を揺るがす者との繋がりを断ち切る

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 今年の初詣は諸事情により、地元の神社で私的に済ませてしまいました。そこで、今年最初の記事は、去年の振り返りと今年の展望から始めたいと思います。 今回は、とある『日本の神様』にお話を伺いました。

■ とある『日本の神様』との対話
管理人: それでは、年初の恒例となっている「昨年の振り返りと今年の展望」というテーマについて、お話を伺いたいと思いますが、まず、今回お話をして頂けるのはどの様な方なのでしょうか。
去年は、とある日本の女神様に登場して頂きましたが、今回もその方なのでしょうか。

日本の神様: その者は忙しいので、代理です。

管理人: そうすると代理の方は、去年話して頂いた女神様とはどの様な関係にある方なのでしょうか。

日本の神様: (女神様と)同じ活動に携わっている者です。

管理人:  去年(女神様に)話して頂いた内容や、今後どの様にするという女神様の意向も熟知されているという事でしょうか。

日本の神様: それはわかっています。

管理人:  了解しました。それでは、ここから本題に入ります。 去年の今頃に女神様から伺ったのは、「今年(=2015年)、日本の今後百年間に影響を及ぼす選択を迫られる」というお話でした。(『銀の紐』掲載記事【今後百年に影響する日本の選択】)その選択とは、簡単にまとめると「日本と外国のつきあい方、日本人と外国人のつきあい方について、もっと日本がきちんとした意思表示をする必要があります」、そうしないと「今後百年間に亘って日本が苦しい道を歩む事になります」、そこで「日本の皆さんはどの様な選択をしますか」と問いかけていたと思います。それから一年が経ちましたが、「今後百年に影響する選択」がどの様に為されたのかという点については、どの様に見ていらっしゃいますか。

日本の神様:  過去からの経緯があるので、そこに縛られてしまって、思う様に動けないでいるように見えます。

管理人: まず、「今後百年に影響する選択」を迫られる機会があったと考えてよいのでしょうか。

日本の神様:  何か一つの大きな出来事と言うよりは、小さな出来事の積み重ねなので、その積み重ねの部分が、過去からの経緯に足を引っ張られて、うまく行っていないように感じます。

管理人: ということは、「選択を迫られているけれども、思う様な選択が出来ていない」という事ですよね。

日本の神様: うーむ……。まあ、そうですね。 色々なものに縛られているので、思う様な形では選択できずに、どうしても過去のものを引きずってしまっているように見えます。

管理人:  過去からのしがらみ、そのしがらみに引きずられているので――昨年登場された女神様の意向としては、そのしがらみは日本にとってよいものではないので、断ち切った方がよいという意見なのだと思いますが、まだ日本にはそのしがらみを維持したい、維持した方がよいと考える人の影響力が強いと。

日本の神様: そうですね。だから、断ち切る方向で動くのが難しくなっている。

管理人: それは、そのしがらみを断ち切ろうとしている人たちと、そのしがらみの中でうまくやりくりをしたい人たちの二者がいて、お互いの影響が交錯しているという事なのでしょうか。それとも、日本国内全体として、「しがらみを断ち切るよりは維持した方がよい」という認識なのでしょうか。

日本の神様: そこは明確に分ける事は出来なくて、そういったしがらみを精算してきちっと断ち切って、「日本は日本としてやっていかなくては」と考えている人でも、過去のしがらみの中から生み出された価値観や文化、考え方を元にして暮らしているので、自分では気づかないうちにそういったものを前提にして、物事を考えて動いてしまっている状況であると思います。

管理人: つまり、そのしがらみを断ち切る事によって、自分たちの生活も困った事になってしまう、そういった仕組みになっているという事でしょうか。

日本の神様: そういう仕組みになっていますし、自分たちでも当たり前と考えている物事が、そういったしがらみの延長にあったりするので、かなり根が深い問題であると思います。

管理人:  昨年の段階で「選択を迫られる」というお話でしたが、そもそも「何が選択肢なのかもよくわからないまま、徒に一年が経っていた」と言う事になっていないでしょうか。

日本の神様: そうですね、何となく「こうじゃないか…」というものは見えていても、はっきりと「ここだ!」と言えるものを掴んでいないように見えますね。

管理人: そこをきちっと選択するための――どうにもならなくなってしまうデッドラインは、既に過ぎてしまっているのでしょうか。それとも、今後立て直しをするための機会は、まだ残されているのでしょうか。

日本の神様:  私たちは、かなり早めに警告しているのですね。ですから、まだ手の施しようがない状態、どうにもならないほど行き詰まっているわけではないのですが、やはり対応が遅れてしまうと、その分だけ大変な状態は長引いてしまうので。

管理人:  昨年の時点では、「今後百年に影響する選択を迫られるのが今年(=2015年)だよ」というお話だったのですが、実は去年や今年を含めた今後数年のうちに適切な選択をしないと、その後が大変な事態になるという趣旨だったのでしょうか。

日本の神様: そうですね。 去年のうちから、皆で考えてもらって、気づいてもらう。そこに注意を向けて欲しい。 霊媒(=霊媒M)との繋がり方の関係があって、細かい内容が伝えられずにいたという事情はありますけれども、一年でパッ、パッと変わる事はないんですね、基本的に。 人間の考えや気持ちの動きがそんなに簡単に切り替わるものではないので、徐々に浸透して変化してゆく事を想定して、予め、早め早めに情報を出すようにしています。

管理人: だからといって、「早めに警告を出してもらっているから、今急に慌てて対処しなくても大丈夫」と調子に乗っていると、後で痛い目を見るという事ですね。

日本の神様: そうですね。 兎と亀の昔話にもあるように。 今年のうちに出来る事は今年のうちに、そこで残った課題はまた来年に、という風に、一年一年を確実に進んでいく事が大事ですね。 「時間があるから大丈夫だよ」と言っているうちに、夏休みの宿題が間に合わない経験をされた方もいると思いますが、その様な事にならないように気をつけて頂きたいと思います。

管理人: それでは、基本的には「今後百年に影響する選択」をするチャンスは今年もまだ残されていて、去年一年間かけて積み重ねた結果に、今年一年でどの程度更に上積みが出来るか、という事になるのでしょうか。

日本の神様: そうですね。その繰り返しですね。

管理人: ということで、去年の振り返りについては一通り伺ったと思いますが、ここまでの話を踏まえて、今後の展望という事で、「今年はこの様な点に気をつけた方がいい」とか、「今年はこの様な出来事が起こりますよ」といった、これからの道標になるようなお話を頂けますか。

日本の神様:  私たちは日本を司る立場の者ですので、日本を中心に考えるのですが、日本の安定を揺るがす者については、霊的な側面から断ち切る方向で動いてゆきますので、あとは人間の皆様が、それを受けてどの様に動いてゆくのかが課題になると思います。

管理人:  「霊的に断ち切る」とは、どの様に理解すればよろしいのでしょうか。

日本の神様:  「霊的に断ち切る」と、エネルギーの交流がなくなります。エネルギーの交流がなくなって、異物として扱われるようになります。

管理人:  「霊的エネルギーを断ち切る」というと、以前『銀の紐』で、中国に対する霊的エネルギーの供給を止めるという話を取り上げました。(記事【天皇陛下と中国国家副主席会見の裏側】)
それと同じエネルギーの供給を断ち切るという意味でしょうか。

日本の神様: それとは違っていて、たとえば、縁があると関係が結ばれて、縁が切れると別れる事になる。そういった、人と人の繋がりが切られてゆく。

管理人: その「繋がりが切られてゆく」というのは、日本の神様との繋がりが切られてゆくという事でよろしいのでしょうか。

日本の神様: そうですね。 私たちが、日本全体の成長の為に、ここは交流した方がいい、と、ある程度の判断をしているのですが、今までの日本は、多くの国との交流を重ねる事によって学ぶ時期だったので、色々と人間の対応の仕方によって弊害は出ましたけれども、そういった交流を許してきました。ですが、このままその状態を許していると、成長するどころか、日本国民が存続できるのか怪しい状態になってしまうので、それでは困るのですね。 そして今度は、自分たちが周囲と接触してきた結果、どの様な状態になったのかをしっかり見据えてもらって、それらの問題を精算する――そちらの方向に動きやすいように、私たちの活動も転換したので、今年からは、私たちとしては、(日本を)不安定にする要素を断ち切りに行くので、人間の皆様がそれにどう応えるか、そこを見ていく事になります。

管理人: これは去年の六月になりますが、とある女神様が新たな一手を打ちましたというお話を伺いました。(記事【神の一手】、【神の一手(その2)】) そして年末には、日本や日本国民に向けられている呪詛に対して、呪詛返しを行ったとのお話がありました。(記事【榊に結わえられていたもの】)その働きかけの延長で、今後も続けてゆくという事でよろしいのでしょうか。

日本の神様: そうですね。その呪詛返しのお話の時には、相手の働きかけを受けてこちらが対処したのですが、今度はこちらから動きます。

管理人: その「断ち切る」働きかけは、もう始めているのでしょうか。

日本の神様: それは今年から始める事が決定しているので、既に動いています。

管理人: もう動いているのですね。では、神様のその様な働きかけを受けて、私たち日本国民はどうするのかが問われてくるのですが、去年の話を踏まえて、何かアドバイスはありますでしょうか。

日本の神様:  断ち切る際に注意して頂きたいのですが、周囲の者が発する憎悪に飲み込まれないように、その気持ちに巻き込まれないようにして、自分の考え・思いをしっかり自分の心の中に持って、大事に持って、周りに惑わされないようにして下さい。

管理人:  今断ち切るのは、「日本の安定を脅かす者との関係を断ち切る」という事だと思いますが、その関係を断ち切る時に、関係を断ち切られると困る人もいて、断ち切ろうとすると邪魔をする場合がありますよね。その時に、日本の安定を保つ事が本来の目的であるにもかかわらず、断ち切る行為を邪魔する者にどの様な対処をするかに拘ってしまう、そこの目的を混同しないように気をつけましょうという事なのでしょうか。

日本の神様: まあ、そういう事になりますかね。 「自分たちの邪魔をする者を排除する事」が目的となってしまうと、本来の「日本の秩序の安定」が目的だった場合であれば、条件が達成されている状況であっても、排除する方が目的となると行き過ぎてしまう可能性がある。 そうすると結果が大きく変わってしまいます。そして今年は、全世界的に憎悪――自分とは考えが異なる者に対する憎悪を抱いて、敵対しやすい傾向になるのですね。ですので、日本の皆様には、自分の考えをしっかり持って、周囲に惑わされないで、着実に目的の達成の為に動いて頂きたいと思います。

管理人:  分かりやすいたとえを一つあげると、日本の中で犯罪を犯した外国人、これは日本の秩序を乱していますので、国外に退去してもらうのは日本の安定に繋がります。ところが、外国人犯罪が目立つので、きちんと日本のルールを守っている外国人も一緒くたにして、「外国人はみんな日本から出て行け!」とやってしまうのは行き過ぎですよ、と言うお話でしょうか。 秩序を維持する事が主目的なので。

日本の神様: それで問題は、確かに外国人も問題なのですが、日本国内の制度が一番の問題だと思うのですね、そういうトラブルが発生するのは。ですから、そこに目を向けて、きちっと秩序を維持できるように変えてゆく。そちらを主に……日本自体が変わってゆく事が重要になってきますね。

管理人:  今日本にある、秩序を維持する仕組み。 法律などの仕組み自体が問題という事ですね。

日本の神様:  仕組みの場合もありますし、その仕組みがうまく機能していない場合もありますが。

管理人:  去年のお話では「日本がいかに自己主張をするか」というテーマですので、ただ単に「外国人は出て行け」といって済む話ではないと。

日本の神様:  日本自体の問題を解決しないと何も変わらないので、一度外国人を追い出しても、また別の者が入ってくれば同じ問題が発生します。

管理人:  仮に外部から人が入ってこなくても、既に日本国内に秩序を乱す原因があるという事ですよね。

日本の神様: そうですね。

管理人: では、今年特に気をつけたいのは、秩序を維持する仕組みをどの様に変えると、日本の安定に寄与できるか、という事になりますか。

日本の神様: そうですね。そこがいい加減だと、かえって外国とのトラブルを多く抱える事になってしまいますので、きちっと整えておいた方がいいと思います。 (2016年1月5日)
ーーーーーーーーーーーーーーー
今回のお話を伺う際に、当初予定した交霊会の日程を延期するというトラブルに見舞われました。
管理人は、交霊会の模様を収録するためのICレコーダーを二台所有しているのですが、直前に動作テストを済ませていたにもかかわらず、二台とも収録の際に動作不良を起こしてしまいました。その際に霊媒Mが「何らかの霊的な存在に妨害されている」と述べていましたので、その日の交霊会を取りやめて後日に延期し、その間に妨害対策を施す事になりました。 結局、ICレコーダーは二台とも故障していなかったのですが、きっと、今回の記事が社会に周知されると都合が悪いと考える霊的存在がいるのでしょう。

さて、去年打たれた神の一手は、今年に入ると更に一手先へ進めているように見えますが、今はまだ神様の働きかけに人間の対応が追いついていない様です。しかも、人間が抱えている問題に根深いものがあって、そう簡単に解決できるわけでもなさそうです。 とはいえ、この様な形で問題提起と解決のヒントを提供して頂いているのですから、私たち人間に解決できないわけではないのでしょう。 特に今年気をつけたいのは「日本の安定に繋がる仕組み作り」ということですので、国会議員や政府に働きかける事によって、新たな法律を整えたり、法律の運用を見直す作業を通じて、日本の秩序を改善してゆく必要がありそうです。 Silvercord管理人 
===================(以上、転載終わり)
読者の皆様、日本の神様が我々国民に投げかけている「日本の安定を揺るがす者との繋がりを断ち切る」ことが必要である!これ、どう思われましたでしょうか?

内容は本当に日本の現実、悲惨な現状をよーく表しているものだと思います。「日本の安定を揺るがす者」・・・これが何を指しているかは言わずもがなであり、私の頭の中に浮かんだことと読者の皆様の頭の中に浮かんだことは、ほぼ同じではないかと思います。

そして、「既に日本国内に秩序を乱す原因がある」という言葉。これも言わずもがなであり、その原因に対して徹底的に除鮮、害虫駆除をしない限り、我が国の今後100年に影響を及ぼす、悪い影響を及ぼすのです。

既にご承知の通り、我が国は戦後70年間、「日本の安定を揺るがし、日本国内の秩序を乱す原因である反日害人やそれと徒党を組む反日日本人」によって、体中を蝕まれて滅茶苦茶にされてしまっているのが現実。

もう一つ。神様が言うには「確かに外国人も問題だが、日本国内の制度が一番の問題」という言葉。これもドンぴしゃり!!(;゚Д゚) 要するに、日本ほど害人に甘い国は無い!ということです。戦中に金欲しさに密入国して、そのまま住み着いているだけの誤記ぶり朝鮮人に対する特権や本来は支給の必要さえない害人への生活保護、不法滞在の裁判などの実例を見れば明らかです。日本にやってきた害人のやりたい放題となっているのが現実です。それが日本人の生活や安全を脅かしているのですから。

それらとの繋がりを断ち切ること=日本の安定と日本の未来、我々の子孫のしあわせに繋がると日本の神様はおっしゃっているのだと思います。ただ、その繋がりを断ち切られると困る勢力が依然として国内にあり、日本の秩序を乱しているのだと。

日本国内で日本の安定を見出し、秩序を崩壊させ、害虫に餌をまくために働いているのが、こんな連中なのでしょう。以下は「余命3年時事日記」さんからの一部転載です。巷で言われるように「大阪民国」の現実です。結局、この反日条例の旗振りをしているのは大阪維新の会ということになります。この政党は大阪に住み続けているどこかの誤記ぶりさんたちから相当な援助を受けているのでしょう。これじゃ、「大阪異人の会」だわww そのように思われても仕方がないでしょうね、これが事実なら。だいたい、「ヘイト」の定義も全然不明確なのに。その説明はないのが朝鮮式でしょうか?以下に続きます。(written by English and Japanese as follows)

More

by ariesgirl | 2016-01-15 19:10 | 日本 | Comments(0)

勝たなきゃダメ!~新年に考えたこと~

三連休の最終日、今日は一応「成人の日」という旗日ですが、成人の日=1月15日ということで育った人間としては全然ピンときません(笑)

「成人の日」・・・余りに遠い昔のことで、「あれは・・いつのことじゃったかのう・・・」と日本昔ばなし風で記憶をたどる感じです(苦笑)一応、振り袖を着たのです。写真も撮りましたが、作笑いが苦痛で苦痛でwww 朝から知人の美容室にいきメイクにヘアセット、着付けとされるがまま(笑)それでも振袖をきて、いつもとは全然違う自分の姿に驚いたことは覚えていますし、祖父母がとても喜んでくれたのが嬉しかったですね~もう一回、振り袖着ようかな、って、下手したら通報されるかもww

何はともあれ、成人を迎えた皆さん、おめでとうございます!!しっかりと自分の頭で考える、選挙にも行く、国を愛する大人の日本人として頑張っていただきたいと思いますが、早速沖縄ではお約束で12人の逮捕者(成人)がでましたね。さすが沖縄です。この暴れるバカどもはどうやら日本人ではない連中がほとんどという話をききますが・・沖縄って、何を見てもどうしようもない連中ばかりに見えますわ。あんな県知事を選ぶくらいですからね(笑い)

それにしても、振り袖姿の女の子。ご両親が立派な振袖を作ってくれたことと思うわけですが、首から上のキャバクラ嬢もどきの化粧とヘアスタイルはどうにかできないものでしょうか?親や周りの人間ももう少し言うべきだと思いますが、着物の良さがあのキャバ嬢スタイルのメイクとヘアスタイルで台無しになってしまうように思えて仕方がありません。品のいい振袖姿のお嬢さんを見ると、ホッとします。

ということで、成人の日で鏡開きの今日、年が明けて10日が過ぎました。たった10日で、色々なことが発生しています。新年早々、北朝鮮の豚まん将軍様が新年の挨拶代りの一発ドカーンと自称・水爆実験(笑)やってくれますね~ww 中東ではイランとサウジアラビアが国交断絶、ドイツでは難民や不法滞在の害人が大晦日に大暴れ、その挙句にドイツ女性を強姦、パリでも警察署にナイフをもって襲撃した難民が射殺と騒がしいことこの上ありません。やっぱり、難民。そうだ、難民しよう! ヨーロッパの寛容が自国民を酷い目にあわせています。寛容も度が過ぎると国が破たんします。押し寄せてくる難民なんて、大半が犯罪予備軍でしょ。
b0169850_12125159.jpg


北の豚まん坊ちゃん、顔がマツコ・デラックスのようになってきましたww あの連中もなんだかんだ言いながら生き延びるすべは持っていることが明らかになりました。それに世界中が慌てているというだけにしかみえません。同胞の酷連事務総長はどうするのでしょうか?見ものですわ。
b0169850_12584215.jpg


北朝鮮のような国が水爆だか原爆だかの実験、ハッキリ言って軍事的には南朝鮮よりも圧倒的に上だということが全世界に知れ渡ったことが北朝鮮の収穫かもしれません。南朝鮮のお笑い兵器の数々じゃ相手を殲滅できません。いや、ある意味では腹筋が裂けて笑い死にさせることができるかも(大笑)

お笑いといえば、この御仁も。そうです、北朝鮮のお仲間である日本凶産党の芋顔委員長の志位和夫。日本共産党・志位和夫「北朝鮮に危険はない。米軍と自衛隊の方が危険だ」と言い放ったとたんに、お仲間の豚まんくんが挨拶代わりの一発ですからねwww ふつう、こんなことを自民党が言ったら国会で徹底追及、下手をすれば辞任に追い込まれることもありますが、強酸党の特徴である自分の発言に責任を取らないで逃げるのでしょうか。凶産党・・「お笑い革命」でもやる気でしょうか(笑)笑いのセンスはゼロですが、やってることがお笑いなのかもww 自殺か友愛かわからない某南朝鮮のお笑い芸人だった元大統領のノムタンのような愛嬌があればいいのですが。では、こちらの動画をご覧ください。拡散OKです!!


b0169850_13153166.jpg


まさに、日本破壊の工作員集団、基地外反日極左の外道集団、それが「日本凶産盗」貧乏人や弱者の味方のふりをして、その上前を撥ねる極悪人集団です。反権力をうたい文句にしながら、その権力を誰よりも何よりも欲しがっているのが凶産盗。ただの左翼ではない、反日極左の日本破壊工作員。今年の参議院選挙から18歳も投票できますが、こんなのに騙されるようなことがあったら一生を台無しにしますよ!!
b0169850_12134466.jpg


今回、北朝鮮の自称水爆実験成功を見て改めて思ったことがあります。

それは・・・「戦争は絶対に勝たなければならない。どんな手を使っても勝たなければ何の意味もない」ということです。これは亡き祖父が言った言葉に近いものでもあります。日本は70年前にたった一度だけ負けました。たった一度の負けがここまで、日本国の核となる部分(皇室)まで破壊され穢され、日本人の背骨まで折られ、或いは歪められたのですから。

勝てば官軍負ければ賊軍」と言いますが、大東亜戦争の負けはまさにその通りとなったのです。あの負けで日本人は国防という自分たちの生活と直結した問題に対しても、目をつぶり見えないふり、見ないふり、考えないことを実践してきました。丸腰=平和だと思い込んでいます。国の守りが強固であって初めて安心・安定した生活ができるということを日本人の多くはいまだに理解できていません。

あの戦争に負けたことで、洗脳され、戦争=100%の悪という公式が刷り込まれていますが、肝心なことを全然わかっていません。それは戦争も外交の延長線上であり、外交の最後の手段であるということです。国の守りを放棄すること=平和と思い込んでいるバカな人たちは世界の紛争地域にいって、自論を展開して平和にしてきたらいいのです。それができることが大前提ですから。

もし、私が総理大臣になったとして、何かの原因で戦争に巻き込まれるようなことが起こったとしたら、私はどんな手を使っても勝ちます。核のボタンも躊躇せずに押します、核だろうが何だろうが使います。自国と自国民を守るのが国のトップの役目ですから。

もう二度と負けるのは御免ですし、負けたことでどれほどの精神的な負債を背負う羽目になるか、シナや朝鮮のあのゆすりたかりを見れば嫌というほどわかります。相手を徹底的に殲滅、撃滅する、それが出来なかったらから日本は負けたのです。戦争は勝たなければなりません、絶対に!!
b0169850_1256010.jpg

日本国内の偽装難民もどき。殲滅しなければならないのです。

日本は現在戦争の最中です。情報戦という戦争の。これに対しては日本は弱すぎます。この情報戦の弱さが先月の南朝鮮との売春婦合意の裏にはあるのです。その情報戦の弱さの裏には、あまりにも日本国内には反日工作員、つまりスパイが多すぎることが原因としてあると思っています。ありとあらゆるところにスパイがいる、安倍総理も承知していると思いますが、それを駆除するのは並大抵のことではできないし、政治家としての胆力が必要です。敢えて言えば、ロシアのプーチン閣下のような強さが必要でしょう。これから日本が情報戦に勝つためには絶対に「スパイ防止法」「共謀罪」の成立と強固な諜報組織が絶対不可欠なのです!!

b0169850_123312.jpg

私はプーチン閣下のファンです?? 猛禽類のような目が実にいい!国家のトップはあのくらいでなければならないと思いますが、早く北方領土返せ!この問題もプーチン閣下が大統領の間にやらなければ無理でしょう。

戦争に負けたばかりに、朝鮮人という五木ぶりに食い尽くされ、やられ放題、その朝鮮人と徒党を組んだ反日日本人に日本国中が、皇室までもが正田家と小和田家というろくでもない反日工作員に汚鮮されたのです。負けたことで、その負はまるでがん細胞のように全身に広がってしまったのです。一度の手術で取り除くことは不可能、手順を追って段階的に少しずつ取り除くしか方法はないと思いますが、そのチャンスはこの数年、これを逃しては二度と日本は立ち直ることはできないし、本当の独立国家になることは不可能でしょう。
b0169850_12574120.jpg


日本人の人の良さという長所はあくまでも日本人との間において成立するものであって、国際社会においては短所でしかありませんし、害人や害国には不要なものであり、それを見せればやられるだけです、シナや朝鮮を見れば明らかですね、残念ながら。国際社会はいつ食うか食われるかという世界であることは、今も昔も不変の法則ですから。

成人の日なのにちょっと真面目な話になりました。たまにはいいでしょう(笑)今回久しぶりに帰省して、私が年を取るということは当然親も年を取るわけで、両親が特に父親が年をとっていたことに驚きました。母親も小さくなっていたし、妹にそれをいったら「そうかな?たまにしか会わなかったら、そう思うかもね」といってましたが、私もこの年齢まで独りでいて、東京で好き勝手にわがまま放題に生活していていいのか?と考えさせられました。周りは孫の話をしても、うちの親はそれには参加できないわけで、それを思うと非常に申し訳なく思いますが、こればっかりは(苦笑)幸い、二人ともまだ元気だからいいのですが、私も真剣に考えなければならない時期に入ったなと思った新年の帰省でしたが、もう少しの間は好き勝手させてもらうつもりです。

今回の帰省、大型客船が入っていた為、町中がシナ人だらけ。本当に吐き気がするほどいました。あの連中は天地左右どこからみてもシナ人とわかります。マナー、街中で食い散らかす、オバちゃんパーマのヘアスタイル、派手ならばいいという服のセンス、小汚さなど、すべてが日本人とは違います。あんなひどい連中は日本国内のどんな田舎に行ってもお目にかかれないほどです。
b0169850_134182.jpg


ということで、地元長崎市頑張れ!!どうか皆様も長崎市役所の総務課に応援メールをお願いします!!

この高島。もともと長崎市ではありませんでしたが、市町村合併で長崎市に編入した場所です。朝鮮人の分際で、長崎市の市政に口をだすな!
b0169850_12544454.jpg

b0169850_13316.jpg


この画像、お気に入りなので貼り付けます。ほんとにこのセリフ通りにいっていたりしてww
b0169850_12595625.jpg


b0169850_135095.gif

そして、もうひとつ官邸メールのお願いです。皇室のお宝が売りさばかれていることはご承知のとおりですが、その件に関しての官邸メールです。詳細と例文はこちらから!

by ariesgirl | 2016-01-11 13:05 | 管理人の主張 | Comments(0)

来ました!拡散希望!伊勢の神宝が出雲へ渡った裏とは?

三連休中日、年末年始の疲れはちょうど今頃から出るという話ですので、読者の皆様におかれましてはくれぐれもご注意いただきたいと思います。

新年が始まり10日、今年は様々な面で極限値とも言われているわけですが、早速来ました!おなじみ伏見さまのブログを拝見したところ、「無限拡散希望」という記事がアップされていましたので、拙ブログでも拡散に協力したいと思います。

それにしても、赤い皇族の女帝と王配はどうしようもうありませんね。今月フィリピンに慰霊の旅という名の税金無駄遣いの老害夫婦の物見遊山。日本のために命を捧げた日本人、台湾人、朝鮮人も等しく祀られている靖国神社はガン無視、慰霊という名の海外旅行はごり押ししていくくせに、皇居から目と鼻の先の靖國に対しては、慰霊の気持ちのかけらさえない老夫婦。順番が違うんじゃないの??まああの皿じゃね・・おまけに国防のために重要な任務を背負う「あきつしま」を連れていくという話も・・・まさに反日皿婆と耄碌王配のやりたい放題。反日勢力とずぶずぶの天皇家始まって以来の暗愚な帝と最悪最凶の自称・皇后の皿婆。
b0169850_15254653.jpg


みて子さんの出自の卑しい血のなせる技でしょうか? お前のモノは俺のモノは、俺のモノは俺のモノ!ということを実践するサラババ。「伝統は人を傷つける」と言い放った朝鮮DNA満載の見て子さん。以下はでれでれ草さんの記事から一部転載です。
===============
美智子様 「伝統は人を傷つけます

つまり、伝統のない国の、伝統のない民族の、伝統のない家の人間だと、カミングアウトしたのよね、ミッチ―。真面目なはなし、天皇家の有形無形の財産は、ヤクザなビッチどもに食い尽くされたみたいよ。
================(以上、一部転載終わり)
b0169850_15315364.jpg


これ、凄いですね。伝統は人を傷つける・・・この言い方が明らかに日本人的ではないし、日本人は大なり小なり伝統というものを尊重し、大事にしてきた民族です。これを完全否定するのが自称皇后の見て子さん。伝統を守り伝えるべき立場にありながら、この言い分。「伝統は時に人を傷つけることもある」というならば、まだわからないこともありませんが、さすがに見て子さんも80過ぎたバアサンで、元々クレバーであってもワイズではない人、昭和帝が危篤の時にも左翼のピアニストのところに遊びに行って、大笑いしているような女ですからね。この言葉で「お里が知れる」ことになりました。

でれでれ草さんがいうとおり、「伝統のない国の、伝統のない民族の、伝統のない家の人間だと、カミングアウト」したわけです。見て子がキリシタンなのは有名な話ですが、この人。カソリック教徒としての本当の信仰は全く持ってないですね。もし、本当の信仰を持っていればキリストの教えを実践しようと努力するはずですが、このバアサンは一切それがありませんから。朝鮮人にはクリスチャンが多いのは有名な話ですが、本来の信仰というものとはかけ離れており、「ウリスト教」と言われています。それと見て子は全く同じです。「汝の敵を愛せ」「許し与えるのが神の愛」というものが全てこの皿婆には欠けています。見て子さんが真の信仰をもったキリシタンならそれで結構ですが、ウリスト教ではお話になりませんわ。日本破壊の工作員、それだけのこと。

それでは、伏見さんのブログを全文転載します!
================
読者様からの緊急連絡で、本日、恐ろしい事態が、発生したことがわかりました。部落朝鮮人の正田美智子による★★伊勢神宮の神宝売却★★です。
何の正当な理由もなく、伊勢神宮の神宝数点の、出雲大社への、下げ渡しです。これらの神宝が伊勢神宮から無くなれば、愚帝明仁と朴美智子から、日本人を守ってきたお伊勢様の「霊力」が失われます。 日本に中国、韓国の軍が押し寄せ、おぞましい天変地異が襲ってくるでしょう。

★これで、朴美智子には「濃い朝鮮人の血」と「皇室を憎悪する部落民」の血とメンタリティが流れていることが証明されました。

韓国の著名な親日作家「シンシアリー」さんが、著書で明言していましたが、★朝鮮人が最も恐れるものは「日本の天皇制」と「伊勢神宮に代表される日本の八百万の神々」です。ですから、韓国人が執拗に【靖国神社】に爆破も含め、攻撃を繰り返すのです。これは、昨年の高円宮典子と千家国麿との結婚から、仕組まれた、周到なスケジュールを美智子が予定通り、実行に移しただけだと思います。

美智子の嫌いなもの【君が代】【日の丸】【皇室の全ての伝統】【靖国神社】・・・朝鮮人の嫌いなものと見事に一致します。

朝鮮人は【日本の天皇制を朝鮮王朝=正田氏朝鮮】にかえ、日本の支配階級になり、左翼、部落を除く99%の日本人を奴隷にして、生殺与奪の権を握りたいのです。
★【内廷皇族の朝鮮化】・・・5人のうち出自が信用できるのは今上様のみ、しかし、悲しいかな暗愚です。残りの4人には間違いなく朝鮮人の血が流れています。そして、部落民の血も流れています。
★希望は秋篠宮殿下ご一家と、常陸宮両殿下、三笠宮信子妃殿下のみです。皇室内の勢力関係は、「日本派」が「朝鮮&部落派」に力で大きく押されています。 重要なことは、出雲大社は、神話の時代から、「天皇家」の敵であるという事です。大国主命が、大和朝廷に「国を譲るから、代わりに出雲大社を立ててくれ」と言い、出雲の神々を鎮めるために出雲大社を立てたのです。
★大和朝廷(天皇家)による日本統一は成功しましたが、天皇家=伊勢神宮と出雲大社は基本的に相いれない関係です。
★昨年、典子の結婚の時も、私は早期の破局を予想しましたが、半年そこらで的中しました。千家典子は、既に出雲大社を家出して、都内に億ションを買い、別居して、離婚待ち状態です。 宮内庁に確認したら「皇籍離脱した方だから、もう関係ないです」と言う冷めた回答でした。 典子が婚家を出た理由は、「神道の祭祀についていけない」という事ですが、ご主人の国麿氏の特殊な、性向は別にしても、真相は「出雲の神々に拒絶された」のだと思います。キムチ妃殿下の久子は、【金と利権の亡者】ですから、こういう本来あってはならない縁組をするのです。神道的に【禁じ手の縁組】でした。キムチ久子は、貞明皇后の血縁につながると自称していますが、私は嘘だと思います。今、実父の鳥取滋二郎のWikiを見ると、四国は香川県の、代々の農家になっていますよ。しかも、2代前までしか遡れません。雅子と一緒じゃないで すか(怒)おまけに浄土真宗です。貞明皇后のご実家の公家の九条家が、島流しに遭ったわけでもなしに、香川県の農家と縁結びをするはずは有りません。 久子は所謂「ジジ殺し女」で、三笠宮の赤い長老に気に入られて、三男にはめ込んだだけですよ。
≪神宝下賜の狙い≫
① 出雲大社を通じて、【神宝を海外に売却】してもらう。
② 典子が勝手に、家を出て、東京に帰ったことに対する、慰謝料替わり。・・・キムチ久子は朴美智子の一の走狗(手下犬)ですから。

≪官邸メール協力のお願い≫私は、早速、官邸メールしました。

出雲大社が、下賜された神宝全てを自発的に伊勢神宮にお返しするように、安倍総理に要請してもらうようにお願いしました。

★私は、美智子の工作資金が枯渇し始めて、売れるものなら、何でも売ろうとしているのだと思います。現に昭和天皇の時代に多数あった、国宝級の盆栽は全て無くなっているそうですから(怒)

元日の天皇を囲む家族の写真を見ればわかりますよ。昭和時代は、部屋に立派な置物や、屏風が有りました。それが、ここ数年、特に今年の写真を見ると、部屋には飾りも何もない殺風景な写真。もう、誰が売り払ったかわかりますね(笑)

≪次の山は東宮一家の欧州公務、その狙い≫

① 未だ売り払っていない、皇室財宝、特に京都御所分のまとめてのたたき売り。・・・小和田恒の借金の返済。天文学的数字の借金ですから、美智子とナル、小和田一家が、生きている限り、片っ端から売り払われるでしょう。
所謂【愛子の影子】の正式デビュー。本物の愛子さんの生存が危ぶまれます。これは、間違いなく重大な【人権問題】です。

★亡き昭和天皇は、晩年、自分の死後、皇室がこうなることを、恐らく危惧しながら、後ろ髪をひかれる思いで崩御されたと拝察します。

昭和時代の写真を何枚も見ると、まともな感覚を持った人間なら、家族関係がすぐわかります。先帝様は常に、秋篠宮殿下をソファーの隣に抱いて、慈しみ、ナルは後ろに立たされ、みんな正面を見ているのに、美智子だけ、正面を見ずに、ナルを眺めています。【佐伯との熱い夜】の思い出に浸っていたのでしょう。今は逆で、秋篠宮一家に常に背を向けています。

それにしても、最近の「皇室掲示板」の「托卵コーナー」の工作員たちの必死の火消は、笑えますね。面白かったのは2点。

① ナルの朝鮮顔、釣り目について・・・英国留学で税金で整形したことは定説ですが、工作員「釣り目も年取ったらたれ目になるんだよ」・・・絶対ありえない。それなら、TBSの朝鮮人解説者の張本勲の目がたれ目にならない   とおかしいでしょう。朝鮮釣り目は死ぬまで釣り目なんです。

② 黒田清子さんのお顔について・・・工作員「サーヤはナルに似てる」・・・この工作員は、中卒か、低IQ層か、在日でしょう。 清子様のお顔は「ひきめ鉤鼻」と言って、日本の平安時代なら、【超美人】です。「ひきめ」は細いけどほぼ水平で、ナルのような【朝鮮釣り目】ではありません。高校の古文OR古典でちゃんと習いますよ。
東宮のPC70台をフル動員して、ID使い回しして、美智子から鞭で打たれながら、必死の【火消し】でしょうね(笑)アルバイト単価も急上昇でしょう。これも我々の血税【内廷費3億2千4百万円】から出ているのですよ~

・・・・・・・・コメント転載・・・・・・・
伏見先生、皆さま、こんにちは。
今日は仕事が休みで、少しネット・サーフをしていたら、仰天する記事を見つけました。
それがこちらです。おーぷん2ちゃんねるの記事ですが

【文化】伊勢神宮から出雲大社に 太刀など御装束神宝4点下げ渡し [H28/1/9]

伊勢神宮(三重県伊勢市)の装飾品や調度品などの「御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう」のうち、「金銅作御太刀(こんどうつくりおんたち)」(長さ約1メートル)など4点が、出雲大社(島根県出雲市)に初めて下げ渡された。 出雲大社はこの4点をホームページで紹介している。

太刀のほか、下げ渡されたのは、 32本の矢が入った「革御靭(かわのおんゆき)」(縦56センチ、横12センチ、高さ8センチ)▽長さ2・25メートルの「梓御弓(あずさのおんゆみ)」▽
櫛7点が入った美しい漆塗りの「御櫛筥(おんくしばこ)」 (縦30センチ、横60センチ、高さ12センチ)-の3点。 続き 産経WEST

http://www.sankei.com/west/news/160109/wst1601090041-n1.html

【文化】伊勢神宮から出雲大社に 太刀など御装束神宝4点下げ渡し [H28/1/9]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452315626/i?guid=on#up 参考
出雲大社

神宮撤下御装束神宝下附http://www.izumooyashiro.or.jp/H27jinnguutekka1229.html

直接、ジャンプできるリンクを貼ったらマズイかな?と思ったので、申し訳ありませんが、h だけを消した形にしました。 今回、御下げ渡しになった宝物は、神話の時代から受け継がれている、大切な宝物でしょう?

それを、なぜ、伊勢神宮と敵対関係にある出雲大社に、御下げ渡しになったのか?たしか出雲大社は、現在は千家典子さんの嫁ぎ先ですよね?ご本人は、もう出雲には不在かもしれませんが……
典子さんの実家は高円宮家だし、親御さんは女帝共々、皇室の消滅を狙っているはず……

神様の御力が宿った宝物を、出雲大社を仲介して、海外に売却して、皇室と日本破壊の資金に換金するつもりでは……?
b0169850_1531174.jpg

*写真は出雲大社が下賜された神宝
===================(以上、転載終わり)大拡散希望!!

ついに、伊勢神宮のお宝にも手を付け売りとばそうとしています。それにしても、伊勢神宮って見て子の私物なの?呆の今上様の私物なの??違うでしょ!! ふざけんなよ!朝鮮腐れババアと言いたいのは私だけでしょうか?
b0169850_1554265.jpg

この見て子さんの目・・・ぞっとするほどの悪意が感じられます。邪悪そのもの。この人、決して今上様を愛していない。愛しているのは自分だけ。ましてや、日本国や日本国民を愛しているはずがありませんね。
 
一体、何の正当な理由があって突然出雲大社に渡すのか、きちんと宮内庁は説明すべきです。伊勢神宮は神社本庁に所属しているはずですが、お宝は誰が管理しているのでしょうか? 誰かの許可があったから、出雲に下げ渡されたはずですが、余りにも唐突です。全く理解不能、国民に対し説明する義務があります。伊勢神宮もお宝も皿婆や今上様の私物ではないはずです。勝手に何でもかんでも売り払って工作資金にしている見て子、それを助ける暗愚の極みの今上様、そして暗愚に輪をかけた後退氏と見て子とウリ二つの基地外嫁、その嫁の実家が抱える天文学的借金返済のためにヤフオクでお宝を売るような連中ですから。昭和帝を始めとする、過去の帝の怒りの鉄槌が皿婆の上に爽やかに突き刺さり、爽やかに地獄へ旅立つことを願ってやみません。

そして、「でれでれ草」さんの怒りの記事です。以下、一部を転載します。
====================
2016-01-10  民族的盲点@今も昔も

お隣の半島の方たちや大陸の方たちが、1000年たっても、万年たっても、民族性が変わらないように、日本民族も変わりません。戦前も戦中も戦後も、楽天的に好意的に誤解し続づけ、国民の認識や情報が統一され平和になってしまうと、個人は疑うのをやめ、戦うのをやめてしまう、という特徴は、この先万年たっても変わらないと思います。

平成の今も、戦中と変わらず楽天的に誤解しています。悪意がないので厄介です。

・政府がそんなことするわけない。

・新聞は嘘を書かない

・TVニュースは嘘をつかない

・皇室が国民を裏切るはずがない

・そんな馬鹿なことしないはず

残念ながら、多くの方は、戦前と同じ共通妄想のなかにいるようです。 皇室の掲示板より拾ってきました。非日本人の匂いがしますね。入管さんに通報するといいかもしれませんねー(笑)。
f:id:e-vis:20160108091036j:plain

戦後、国民が呆然としたように、皇室問題の真実が拡散したら実情のひどさに呆然とするでしょう。目に見えない日本の財産である伝統や権威が、焼け野原状態だということに気が付き呆然とするでしょう。

皇室の財産、国宝は、美智子や徳仁・雅子が売り払ってカラ。
・美智子の実父は、堤康次郎でヤクザ部落。
・正田はヤクザ部落、
・堤はヤクザ部落、
・美智子の母の実家の副島も部落、
母の富美は、白人と朝鮮系との混血孤児の可能性。しかも堤康次郎の愛人。
江頭もヤクザ部落で精神病を患う家系、
小和田は戸籍を乗っ取った朝鮮人、
雅子の祖父は水俣病の、美智子の妹の婚家先は新潟水俣の大量虐殺犯人。
・愛子さまは障がいがあり、誤魔化すために影武者を使っている。
2015年末あたりから、影武者が、愛子様になり替わった可能性。
・雅子は釣書詐欺、実質中卒。英語も話せず通訳が必要。
美智子さまは、極道の娘にして極道そのもの。
・苛めてたのは美智子さまのほう。入江と組んで香淳皇太后を苛め殺した。
・美智子はカトリックで工作員。月一度、母校や教会に夫と子をつれて通っていた。
徳仁、雅子は創価学会の信徒
美智子の美貌は整形手術をしたせい。原型をほぼとどめず。今、絶賛崩壊中。
・徳仁の実父は天皇ではなく一般人の可能性、ゆえに、東宮家の人間は皇族ではない。
・徳仁は、明仁天皇に似せるため目と鼻を整形しエラも削っている。しかもカツラ。
血税で成り立つ内廷費は、美智子により、抗日反日活動に使われている。
美智子の周りには、おびただしい数の不審死。
皇室不祥事の黒幕は美智子、そして、プロの工作員。
陛下は左翼・共産の同志。

上記のどれか一つでも、たいがいアウトなのに、過去2700年間の歴史上の人災をあつめても、まだ平成には及ばない。

美智子、徳仁、雅子、愛子、

美智子の資金がつきたときが、内廷皇族の敗北の日になるとおもいます。そして、内廷皇族の敗戦日が、陰陽そろって日本の戦後が終わる真の解放の日です。

安倍ちゃんは、次の選挙で歴史的大勝が予想されます。女性宮家を白紙にした安倍ちゃん。引導を渡す歴史的な役を、安倍ちゃんは、やってくれると思います。(たぶん)

ミッチ―をみていると、今、籠城戦を戦っているようにみえます。戦後、義妹の閨閥を通じてマスコミを、実父の堤康次郎を通じてヤクザの暴力を、夫を通じて皇室特権と自由に使える皇室経費を工作費用とし、これらを駆使して自らを神格化し難攻不落の城を作りました。

皇室特権に守られながら、皇室を破壊し皇族を弾圧したミッチ―。皇室経費を使って反日活動をし、日本・皇室を攻撃し続けたミッチー。寄生虫が宿主に寄生し、宿主の栄養を吸い取りながら宿主を食いつぶしていく。それは、寄生虫の戦い方です。
ミッチ―は、反日在日さんや左翼さんと同じく、寄生虫だったのです。
=================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!必読です!!

b0169850_16194432.jpg

お清め画像

b0169850_16202868.jpg

見て子の悪事を絶対に見逃さない目!!

by ariesgirl | 2016-01-10 16:20 | 皇室 | Comments(2)

生きていますが、食べ過ぎ特別注意報発令中!(大笑&涙)

新年も松の内を過ぎました。例年になく暖かくて気持ちの悪い感じがしますが、仕事始めの第一週が終わり、どっと疲れた方も多いのではないでしょうか?今日から三連休という方も多いかと思いますが、ここでいつものペースに戻せるのではないかと思います。

さて、ここ数日更新ストップしていましたが、決して体調が悪いとか、何かあったとかいうことではありません。実は時期遅れで地元に帰省していた為、更新がストップしただけのことでございます。帰省中、友人や家族と一緒だったためか、新年ということで何かのタガが外れたのか、連日圧倒的に食べ過ぎて大変な大変な大変なこと( ゚Д゚)になっております(涙)これからどうやって元に戻したらいいのか、途方にくれております。「お前が悪いんだよ!」と自分が悪いのは重々承知しているのですが・・・orz 「食わなきゃいいんだよ!」という声が聞こえますが、それはできません!!(笑) 食べて体重を減らせる!というズボラで良い方法がありましたら、ぜひ読者の皆様にご教示頂ければ大変幸いでございますm(__)m

ということで、明日か、明後日にはまともな記事を更新したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします!! 

by ariesgirl | 2016-01-09 21:30 | その他 | Comments(2)

平成28年(皇紀2676年)所信表明(笑)

正月気分もあっという間に終わり、仕事始めという方がかなり多かったのではないでしょうか?明日から開始という方も、今日は憂鬱な感じかもしれません。おまけに真冬とは思えないほど、気持ちわるいほどの暖かさ。気味が悪いですね。それに個人的なことですが、私は今年○回目の免許証更新の年(笑)もう5年たったの?ううっ(涙)

仕事始めの今日、新年も本格的に始動した今日、大笑いの出来事が起こりました。いや~初笑いという方も多いかもしれません。それは・・・あの天皇は認めない!革命の邪魔だ!として、過去69年間国会の開会式には出なかった、ある意味それなりの筋を通してきた強酸党が開会式に出席するという新春初笑い、強酸党はいつからお笑い芸人になったのでしょうか、珍事ですね(笑)以下は時事通信からの転載です。
=================
共産、開会式に初の出席=現実路線アピール―通常国会召集 時事通信 1月4日(月)13時20分配信

天皇陛下をお迎えして4日午後に開かれた通常国会の開会式に共産党の志位和夫委員長ら所属議員が初めて出席した。 同党はこれまで天皇陛下のお言葉に政治的な内容が含まれているなどとして党としての出席を見合わせてきたが、夏の参院選に向けた野党共闘を見据えて「現実路線」への転換をアピールする狙いとみられる。

共産党は開会式について、天皇陛下が一段高い席からお言葉を述べている点を「主権在民の精神に反する」などと批判。1947年に現行憲法下で国会が最初に開かれた際に一部議員が様子を探るため参加したケースはあるものの、党としては欠席を続けてきた。しかし、昨年末に「出席した上で抜本改革を求める」との方針に改めた。

同党は2004年に改定した綱領で、天皇制について「憲法上の制度」として事実上の容認を打ち出している。 
==================(以上、転載終わり)

さすが、強酸党「現実路線への転換」ということらしいですが、えええええええええええっ!今まで69年間も現実が見えてなかったんですか??? ハア???( ゚Д゚) 今まで何やってたの?理想しか見てこなかった目、盲目だったってこと??それにしても、今頃現実って・・・どんな目してんの?? こんな目してんの??
b0169850_1742388.jpg


平成28年の珍事、福笑いが強酸党の国会出席。だいたい、国会議員なら開会式に出席するのが当たり前というよりも義務でしょ? 義務も果たさずに権利ばかり主張する、まるでチョウセンジンと同じですね、あ、一緒でした(笑)偏差値28の志位るずからお願いされたのでしょうか?腹筋が破裂思想じゃなくて破裂しそうですわww こんな感じ↓
b0169850_17465383.jpg


強酸党が開会式に出席して、今上様も喜ばれたのではないでしょうか?でも、今上様。強酸党は一段高い所から挨拶するのが許せないそうですけど。でも、自分たちは権力を握って一段どころか百段くらい上から見下ろしたいのが「自称弱者の見方」そのじつ「弱者の上前を撥ね、場合によっては弱者を踏みつけても粛清しても権力を握りたい」のが強酸党!!赤い女帝ミテ子は御所で小躍りしたかもしれませんね。破れ鍋に綴じ蓋夫婦は揃って、「徳アに土下座したい反日左翼の真っ赤」な人たちですから。

おまけに強酸党。党名を変更するといううわさがありますが、ここまで迎合しますか??それも「マルクスとレーニンの心を忘れない盗??」とかなんとか、奇妙奇天烈な党名が挙がってますが、センスが悪すぎて話になりませんわwww

新春の初笑いはここまで。私は昨年の秋ごろから皇室に関する記事をアップする回数が激増しました。それまでも記事にしていましたが、ほとんどが盗宮負債の基地外っぷりです。しかし、色々な情報にふれ、かついただいた情報や錚々たる皇室ブロガーの皆様の記事を拝見して、愕然とした次第です。もちろん、信じられない、信じたくない内容ばかりで呆然としたことは数え切れません。

自分が尊敬してきた対象の実像が真逆で、日本を破壊する根源だったなんて・・・夜も眠れないほどショックを受けました。しかし、私が過去に聞いていたことと皇室ブロガーさんたちが記事にしている内容の符合、そして目に余るほどの政治的発言や政権批判の連発・・・ここまで来てしまった感でいっぱいになりました。盗宮負債のことは多くの国民が知るところでもありますが、皇室破壊の親玉が、皇室を穢してきた根源がその親(母親)なのですから。その母親の実家もろくでもないという噂の家、実母なんて家系図に自身の母親の名前さえないという有様の名門(笑)天皇家との結婚を闘争といい、昭和帝に悪態の限りをついた母とその娘。娘を皇室に嫁がせるために徹底的にしくみ、世間知らずでちょっとねじが緩い当時の皇太子様を娘を使って籠絡。見事に入内。入内した娘はどうやら実母と同じく托卵出産というものすごい疑惑、その娘が呼び込んだのが、似た者同士の長男の嫁。これまた実家の両親がとんでもない外道。母親はチッソ社長の娘で出自が賤しい、父親は朝鮮人の背海苔のこれまたろくでもない出自、双子の妹は准皇族などと自称してやりたい放題、そしてヤフオク問題・・・書いていて吐き気がします、ここの一家も。

そして、GHQの圧力でよりによって絶対に入れてはいけない不浄の者を皇室に入れざるを得なかった昭和帝と香淳皇后。昭和帝がよりによって皇室ではあってはならない字ともいうべき字である「徳」という字を付けた、その心中いかばかりであったかと。おそらく昭和帝はすべてお見通しだったのでしょう。

拙ブログが皇室批判、特に今上様と女帝様に関して批判することに対して非常に心配してくださる方もいらっしゃいます。あり難いことです。ですが、私も適当に書いているわけではありません。信頼できる情報筋にも話を聞きます。このお二人は常に「憲法を守り」と何とかの一つ覚えの如く仰せになりますが、だったらその手本を見せるべきであり、守るべきです。間違っても政治的発言や政権批判を連発することはおやめいただきたい、いえやめるべきです! それは秋篠宮殿下が昨年のお誕生日会見で「基本とすることは皇族は政治的発言をしないこと」とおっしゃったとおりです。

特に、見て子さんの赤すぎる交友関係には驚くばかり。また隠れキリシタンなのをいいことに、宮中祭祀を勝手に簡略化、すっぽかし、挙句の果てには今上様もそれをうのみにして祭祀をおさぼり。神道の祭祀王の家に異教徒が入ったばかりに宮中祭祀がめちゃくちゃにされました。見て子さんは入内してすぐに皇室内にキリシタンを増やそうと布教活動までする有様。それを知った昭和帝が大激怒して、見て子さんに超ド級の大叱責。

書き出すときりがないので(笑)、どうぞBBさんやでれでれ草、カナダの親父様、KUONnさん、伏見さんのブログをご覧いただきたいと思います。

話がそれましたが、私は今年も皇室の記事を可能な限りアップしていくつもりです。それも過激に下品に、罵詈雑言に近い言葉も使って。皇室だけではなくすべてにおいて、日本は我が国はそんな悠長なことを言っている場合ではないし、戦後70年GHQの自虐洗脳にやられ、自国を愛せない、誇ることができない、挙句の果てには利敵・売国行為で私利私欲を貪る反日日本人、そして戦前から勝手に日本にやってきて五木ぶりのように住み続け、日本を食いつぶす朝鮮人、そしてイナゴのシナ人。美辞麗句を並べ立て、お上品に言っているような時期はとっくの昔に過ぎたと思っています。

私の書く文章は「男」と間違えられるほど酷い(大笑)女が書いているとは思えないほど、過激で下品な表現や言葉を使うからですww それは開設当時から百も承知のことであり、敢えて過激な言葉や表現を使わないと、人の心に残らないと思っているからです。耳障りのいい言葉だけではだめなのです。不思議なもので、人は上品な言葉よりは下品で過激な言葉や表現のほうが頭に残ることが多いようですからね。

ということで、今年も特ア、皇室、政治、マスゴミ、売国奴に国賊の反日日本人などなど、日本を破壊する、皇室を破壊する害虫がどれほど深刻なことになっているか、可能な限り自分なりの記事をアップしてまいります。相手がどんな人であろうと、日本を破壊するようなまねは絶対に許さないし、看過することなどできません!!拙ブログの基地外記事で覚醒していただければ、これほど嬉しいことはありませんが、そこまでいかなくても「このバカ管理人、何言ってんだ?適当に書いて!でも、ちょっと調べてみよ」というだけでもいいのです。

自分の頭で考える、という大原則、基本の基本を忘れてしまった、やろうとしない日本人が余りにも増えすぎました。その結果が、悪夢の売国民主党政権を招いたのであり、戦後ここまで朝鮮人どもに好き勝手にやられ放題となってしまったのです。皇室問題も含めて、たった一度戦争に負けると、特に歴史ある国家は徹底的に破壊される、それも精神的支柱、その民族の源泉に繋がるものを徹底的に木端微塵にされてしまう、それに限りなく近い状態にされてしまう、ということが我が国を見ると理解できるのではないでしょうか?

日本=皇室であり、土から上は違っていても根は一つに繋がっているのです。日本の浄化と皇室の浄化も同じことです。それを鬼畜のアングロサクソンは理解していたからこそ、戦後日本人をつぶすために、日本人の精神的な支柱を徹底的に破壊しようとして、自虐史観の反日教育を植え付けたのですから。

今日から国会も始まりました。本国会で何とか共謀罪を成立させてほしいです!それを足掛かりにして「スパイ防止法」の成立を心から願うばかりです。

さて、カナダのわがまま親父さまが最新記事をアップされていましたので、そこから一部を転載いたします。色付は管理人です。
====================
同様に保守愛国を標榜する保守主義者立達、これも温度差があって一枚岩ではない。

言葉ばかり並べる綺麗ごと保守、アメリカには胡麻をするアメリカポチ保守、実際には朝鮮人団体の飼い犬,街宣右翼、行動する行動右翼、皇室批判は無礼であるとする限定保守主義者、

私は時々思いついたように皇室批判記事を書く、これは今に始まった事ではなくブログを始めてしばらくしてから書いてきたことであった。

世にある皇室批判ブログ、実はブログ管理人の考え方によって記事自体に多少の温度差が発生する、また、同じ内容の批判であっても表現方法や綴る言葉によっても受けとる側の印象が変わる、面白い事にその表現の仕方によりそれぞれ支持する側が異なる、そういった現象もある。
BBさんのように事実検証を積み重ねての批判 ,皇族であってもここは踏み込んではならない聖域を設けての批判、社会現象を含めての皇室批判、私などはそのスタイル、

いずれにせよ、”人は信じたい事を信じるものだ”  簡単に言えば好き嫌いの範疇かもしれない。

私の場合でいえば、皇室、特に内廷皇族、糞味噌である、勿論敬称なんかつけない、見て子、今上、盆暗ナル、基地外雅子、哀れ愛子、これが私のスタンス、時々脱線してはの滅茶苦茶こき下ろし、一昔前であれば特高警察の検挙対象、

だが私もやっている皇室批判ブログ、男が書く政治ブログランキングでは全く相手にされないし最もこの政治ブログランキングに参加もしていないが(笑い)、玉に見かける皇室関連ネタ記事についても,余りにも基本的理解事項が少ない事、愛国憂国の男であっても皇室関連においては思考停止状態、いまだに下らん女性週刊誌提灯記事読んでいる田舎のオバちゃんと変わらない。

確かに何年か前から比べればネット皇室情報の拡散によって、少なくとも女性、それも実社会で暮らす女達が覚醒してきてはいる、私もネット住民なのでそれは分かってはいるが、だが今の日本、男も女を含め、現在の皇室も含めたあらゆる状況変化を理解できない人間がいかに多いのか、その事を知れば愕然とする。つまり、事、皇室に関していえば以前としてお花畑、脳内能天気状況の日本人がいぜんとして多数派を占めている。
================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!
そして、でれでれ草さん。今日も絶好調!一部を転載します。
================
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

… 無題 Name 名無し 15/10/15(木)20:22 id:feDM8vdk No.1435572
「御徒町が恋しい。」...御成婚の後、皇居の《籠の鳥》となられた、お可哀想な美智子妃殿下が そう、おっしゃったそうな...。「アメ横」に、自由の身であった頃は通っていたそうな。

「アメ横」→戦前は「しょうべん横町」と呼ばれた。戦後は、闇市の場となり愚連隊の温床となった。その中の最大の集団「血桜団」は、朝鮮人連盟と結託して、賭博、かっぱらい、恐喝、女衒、街娼のショバ代を稼ぎの源とした。

...今尚、中国人.韓国人であふれ、風俗の多い場所です。(転載ここまで)

いかがわしい界隈にたむろしてたミッチ―。ミッチ―は、ヤンキーどころではなかったのね。女ヤクザだったのね。
=================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!
KUONさんはこちらから!

b0169850_20412343.jpg

いつも仏頂面の正田富美が満面の笑顔。そして隣の見て子さん。この顔ww 天地左右どこからどうみても、ご令嬢とは思えませんわ。ワイルドだぜえ(古)って感じ。もひとつ古くいけば「積木くずし」(笑) まるで人を食い殺すかのような野獣のメス顔。いえ、ワイルドな魅力満載の女893ですね♪ 厚化粧で「三代目姐さん」って感じだわ~私が通っていた学校に893の娘がいましたが、まさにこんな感じでした!これ、まったく事情を知らない外人にこの一連の写真を見せたら、なんというか聞いてみたいものですww

b0169850_2051628.jpg

そして、あれから数十年。今年の元旦。なぜかおひとりだけティアラを付けていらっしゃらない見て子さん。どうしたのでしょうか? とっくの昔に売りとばしたのでしょうか? それとも・・・

b0169850_2110105.jpg

b0169850_2115366.jpg

お清め画像。

ちょっとした小話を。先日靖国神社に爆弾をしかけた朝鮮人。起訴されましたが、テロ未遂の罪状ではなくとんでもない軽い罪としか思えない罪状名になっていたことは記憶にあるかと思いますが、当局は当然テロ未遂として起訴する手はずになっていたにもかかわらず、あるところから圧力がかかったために、あんなしょうもない罪状になったというお話です。さて、どこでしょう?? ハイ、すぐにわかりますね~親子そろって反日売国奴といえば・・・ww

第二のテキサス親父か?マイケル・ヨン氏。


そして、イージスさん。いや~安全安心な国は違います。だから街中の公園で堂々と熟女売春ができるのでしょうね。タクシーも安全です!

by ariesgirl | 2016-01-04 21:25 | 日本 | Comments(2)

三が日も終わりですので・・・

神がきの かがみのうちに やどるらむ
 身はなき人の やまと魂 
(明治天皇御製 明治四十年)

三が日の間は御製をお送りして、珍しく格調高く初めたわけですが、やはり明治帝、昭和帝の御製というのは何かしら心に響くものがあります。昭和帝は明治帝を「おじじさま」とご幼少のみぎりにはお呼びになっていたとのこと。大変尊敬されていたのではないかと思います。

さて、なんだかんだと言いながら、三が日も終わり(笑)明日が仕事はじめという方が多いと思いますが、仕事始めが月曜日というのは最悪ですね(笑)いきなり凹む感じww 故郷や観光地からお帰りになられた皆様、大変お疲れ様でしたm(__)m 明日から適度に気合を入れていきましょう!

私も今日は初詣に行ってきました。三が日でもありますので、薄いピンクの小紋(柄は雪輪)を着て出かけました。正月に着物というのは実は初めてでしたが、やはり背筋がしゃんとしていいものですね。初詣は靖国神社と深川不動尊、大変な人出でしたが、靖國は着物の女性が多かったですね~振り袖姿もかなりいて華やかでした。靖國で祈るのは毎度同じことばかり。これに皇室の浄化をプラス。おみくじ(何月何日生まれの人、というもの)を引いて中身に爆笑。結構当たっていて、要約すると「修行と忍耐が足りない。もっと修行しなさい」という内容www 見事に言い当てられていました!今年は修行がメインの一年ということでしょうか。

そして、名前占い。つまり私の本名○○子という名前を探し、それを引いてみると・・・「今は余りよくないが、自分を信じ運を神に任さなさい」というもの。そして、名前から判断された内容は「一生お金には不自由しません」って(爆笑)ええっ?しょっちゅう、不自由してるんですけどwww まあ、神様のお言葉ですのでしっかりと肝に銘じて一年を過ごしたいと思います。

そして、昨日今日と朝から箱根駅伝。結構好きでだいたい毎年見ているのですが、今年も青学が優勝、ぶっちぎりですね。青学っていつ頃からあんなに強くなったのか、記憶にありません。でも、上位に入った大学は一人もいわゆる留学生というのを入れてないチームですね、実に立派だと思いますわ。そして、いつも不思議に思うのは箱根で大活躍した選手が鳴り物入りで実業団に行くことが多いのに、なぜか実業団に行くと全然ダメというか、活躍できない選手が多いことです。特にマラソンに転向してもダメな人が多くて、なんでやろう?と思います。

そして・・・ケニアからの留学生。大学が駅伝で名をうって学生を集めるためにアフリカくんだりから引っ張ってくるのでしょうが、あの人たちの年齢って本当なのかと見るたびに疑いますわ(笑)以前、Y学院で駅伝をやっていた女の子と知り合いになる機会があって、いろいろ話をきくことができました。彼女はY学院高校から某実業団に入社したのですが、足のけがで24歳で既に退団して、今は普通の社会人となっています。私は「まだ若いのにもったいない気がする」というと、彼女は「ずっと駅伝しかしてこなくて、それしか知らないのは嫌だった。だから早く見切りをつけて、普通の社会人として資格をとって働きたかった」という話でした。

彼女が言うには、ケニアからの留学生は一円も自腹で払うことはないそうです。学費、寮費、医療費、駅伝で必要なものといった必要経費はすべて学校もち、その不足分を日本人学生から毟り取っている、ものすごく不公平だと彼女は言ってました。おまけにケニアからの留学生と同部屋になって一番困ったのは、体臭が凄まじいことだったそうです。結局、風呂に入るという習慣がないから当然といえば当然でしょうが、ケニア人というのはとても素朴で、日本人と似た感覚をもっていて付き合いやすいとも言ってました。

そのケニア人が日本で就職して実業団に行って実力を発揮しますが、日本で何から何まで面倒見てやって、オリンピックでは当然ながら祖国代表でメダルを取る・・・なんか、バカみたい、やられ損!と思うのは私だけでしょうか?散々金かけて育ててやって、結局美味しいところは持っていかれる・・・こんなくだらなくてバカげた話はありませんわ。そんな金あったら日本人選手を育てろ!といいたい。でも、今日日本橋でよみうり新聞の旗(街頭の応援者が降っているもの)をもらいました、初めて!!

三が日の間はなるべく硬い話は控えておこうということで、かなりゆるーくお送りしているつもりなのですが、ここのサイトはぜひ読んで頂きたい!というものをご紹介したいと思います。以下はでれでれ草さんの記事からの一部転載です。千代田の反日女帝の恐しい安倍内閣の倒閣計画です。
===================-
【背乗り版⑦】愛子内親王 - Wikipedia※伏見氏より,お借りしてます。

この記事に関しては、転載フリーとはされてないのですが、以前に氏のブログ内の記事における転載のご許可をいたいておりますので、お借りします。
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/5b5f7b71a9f433992e38b86070996e3d

11月に、鹿児島の父の従兄弟の御宅に、挨拶がてら、遊びに行きました。父の従兄弟の奥さんは、旧華族の秋月子爵のお嬢様で、高齢になった今でも、全身からオーラを発していらっしゃいます。
年は、聞けませんが、結婚したのが1970年ですから、正田泰子と同じくらいでしょうか。
(略) 聞くと、正田美智子入内以来、旧華族の人達は、「諦め」にも似た気分で、戦々恐々として口をつぐんでいたそうです。御妃候補が美智子に、絞られ始めたときから、正田は部落の家系、実の父は正田英三郎ではなく、妻、富美と部落出身の堤康次郎との不倫の子だという事を知っていたそうです。富美の「大陸夫人」と言う俗称も、一応、娘が、皇太子妃だから遠まわしに皮肉で付けた呼び名で、家の中では「朝鮮女」と侮蔑していたそうです。

何よりも、家族の人達が恐れたのは、「部落ヤクザ」の西武の堤康次郎の娘だからです。「ピストル堤」と呼ばれた歴史に残る極悪人の娘ですから、下手に美智子と関わると、実父の手のものに殺されるかもしれない。と言う恐怖は、当時の家族の方々には当然の恐怖であったと思います。当時朝鮮人が未だ、暴れていた時代で、敗戦後の警察力も弱く、日本人は朝鮮人達の暴行と脅しに屈していた時代です。(ここまで)

f:id:e-vis:20160101214129g:plain

美智子夫人は、朝鮮ヤクザと部落ヤクザの混血だったんですね。美智子夫人に対して、エリザベス女王の嫌悪感まるだしなのが、わかる気がします。堤氏の実子を養女にしたのではなく、堤氏と富美の托卵というのが、どうしようもなく、ヤクザですね。正田氏も堅気のかたでは、なさげですね。正田家は稲垣会系の親分さんと懇意だったそうです。

美智子が、世論だけではなく、暴力団をつかって宮中で暴れまわっては君臨してたんですね。恐ろしい人ですね。

でも、安倍ちゃん政権後、暴力団も以前と違ってきました。法律が変わり、お口座がもてなくなったとか。めちゃくちゃ不便な暮らしだそうです。山口組の組長さんの、海外の資産も没収されましたしね。

美智子さんが、倒閣に必死なのは、そのせいかも。今まで自分を守ってきたものが、ぜーーーんぶ、壊れていってますね。

ナルちゃんも余命僅かでしょう。愛子様も影武者が頻繁にでてきたということは、相当、安定してないのではないでしょうか。マスコミも、神託としての機能を失い、ネットでは過去が暴かれ拡散がつづいてます。
==================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!

そして、おなじみの反特アの陰陽師石田千尋氏のツイッター。自分の考えを明確にしたために、テレビへの露出が無くなった方です。連日エセ保守への罵倒(笑)を更新していらっしゃいます。特に先日の売春婦合意の件に関してですが、私はコメントを控えますが、ぜひ一度見て頂いても損はないと思います。こちらから!

昨日はおなじみの結城モイラ女史の見立てだったせいか、ご訪問者数が増えてました(笑)味を占めて、今日は別の方の見立てをお送りしようと思っておりますww 鴫沢(しぎさわ)まりさんのものです。以下転載します。昨年の11月にアップされたものです。色付は管理人によるものです。
================
2016年日本の運勢予想1

これはまだ書きかけの記事ですが、今から備えていただきたいので、早めにUPすることにします。
いつも記事が長文になって、かえって要点をつかみにくいかもしれないので、書き方を変えてみます。かいつまんで、箇条書きにしてみました。

2016年(2016年3月20日13:30:18 春分~2017年春分)の日本の運勢予想

1、国の財政状態は良いようです。税収や、雇用も増えるでしょう。

2、但し、外国との借款、貿易、投資関係で、金銭的損失がありそうです。貸し金や商品の代金を踏み倒されるというような事も。株式市場での金銭トラブルも予想されます。

3、2とも関係があるかもしれませんが、外国との間に、軍事的(日本の場合は防衛上のと言うべきでしょうか)緊張が起きるかもしれません。あるいは、何か外国絡みの、国民の健康に関する問題発生(感染症とか)。外国旅行では、突発的な出来事に気をつけた方が良さそうです。

4、何らかの形での「犠牲者」が出そうです。「多数の人の被災」という暗示があります。株価の暴落や、外国との貿易での失敗などで破産する人が続出するのか、あるいは、自然災害―特に竜巻、突風、台風などの風の害―かもしれません。

5、政府は、リーダーシップを発揮。対外的な発信力、発言力が強まりそうです。

6、国民の対外的意識の変化。悪い変化ではありません。冷静且つ公平な視点で、外国を見るようになるでしょう。

2015年9月中旬から、土星が射手座に入り、厳しい現実を前に、甘い見通しの「理想主義」や「理念」にダメ出しをされている状態です。グローバル化は良い事ばかりではない、ということには既に多くの人が気づいておられると思います。「みんな仲良く、平等に」というのは、一見立派なスローガンではありますが、口で言う程簡単なことではないということも。そういうことを、改めて突きつけられる年になりそうです。
==================(以上、転載終わり)

運勢予想1ということですので、2も近くアップされると思いますが、昨日のモイラ女史のものとかぶっているところが結構あるように思います。いずれにしても、甘い理想主義では国を守ることはできないということでしょうね。反日左翼がいうようなおかしな平等主義や多民族、多文化共生では国が亡びるのです。

マイケル・ヨン氏の慰安婦は大嘘!シリーズです。

by ariesgirl | 2016-01-03 21:25 | 日本 | Comments(0)

結城モイラ女史の見立て 2016年はこんな年!

日日の このわがゆく道を 正さむと 
   かくれたる人の 声をもとむる

          (昭和天皇 御製 昭和四十一年 歌会始御題 「声」)
b0169850_1359445.jpg

やはり、昭和帝は「帝王」としての風格が今上様とは比較になりませんね。

平成28年も二日目、すでに故郷や観光地から戻るラッシュも始まったようです。穏やかな年始となりましたが、皆様はどのような新年をお過ごしでしょうか? 二日目も格調高く、昭和帝の御製から始めます。一応、ふさわしい御製を選んでいますが・・靖国神社の拝殿に掲示される御製は明治帝か昭和帝が今上様や大正帝に比べて圧倒的に多いように感じます。「かくれたる人の声」・・・この御製、実に深いと思います。

また今日は皇居で新年の参賀が行われましたが、午前中だけで4万人が訪れたそうです。犬HKが生中継しましたが、今上様と見て子さん、盗宮腐不妻だけ映像を流し、秋篠宮ご夫妻はスルー。見て子さんはキリシタンらしく、ローマ法王を朴った変な衣装、今上様のお言葉はさすがに普通でしたが。

私の感想ですが、おそらく観衆の大半は秋篠宮家、特に眞子、佳子両内親王殿下見たさだと思います。こんなことを言っては失礼ですが、あとは・・・マタコさんも一応お手ふりしてましたが、xxxxxxxxな女。本当に皇室を穢すしか能のない女ですね。近い将来、秋篠宮ご夫妻があの立ち位置の真ん中にお立ちになる日を心から待ち望んでおります。
b0169850_15293554.jpg

b0169850_1530140.jpg


今年もはや2日目(笑)今年はうるう年ですからあと365日しかありませんよっ、気合は入ってますか!(笑)私は今朝は練習もかねて着物を着ております。やはり我が国の民族衣装ですし、帯をクッと締めると気合が入るというか、背筋が伸びる感じです。明日は初詣に出かける予定ですが、三が日なんてダラダラして食っちゃ寝を繰り返してあっという間ですww 

ということで、本題。新年のため、多少アルコールが入った状態で記事を書いていますが、どうかご容赦ください(笑)

さて、毎年ご紹介している結城モイラさんの新年の年頭メッセージ。今年は大激動の年になるのではないかとのことです。だいたい、申年って激動型ですからね。それにこんなことを言っては何ですが、今月中にはどこかで大規模テロが起こりそうな気がしています。モイラ女史のメッセージを紹介するまえに、わがふるさとがやってくれました!!こいつあ、春から縁起がいいわい~♪♪ ではイージスさんの動画から! しかし、わが故郷にもシナチョンが増加し、特に朝鮮女とシナ女のパンスケ売春婦がよく立っているのが問題です。

除鮮と除中は我が国に絶対不可欠です!だいたい、九州の炭鉱に強制連行されたニダ!って、笑わせんなよ!!この密航者どもが!!九州の炭鉱に確かに朝鮮人労働者はいました。しかし、彼らは強制連行ではなくて、朝鮮半島では金が稼げない、ペクチョンと差別される、だったら密航してでも日本にいって高給がもらえる炭鉱で働こう、そのために自分の意志でやってきた連中なのです。ただの金欲しさに出稼ぎしてきただけ。今の出稼ぎ朝鮮売春婦どもとまーったく同じなのです。

しかし、長崎市もよくはねつけたわ~感心、感心。「客観的事実を伝えなければならない」実に穏やかな表現ですが、嘘つき朝鮮人の図星をついてますわww
b0169850_14242486.jpg


今年こそ、自虐史観と反日思想に洗脳された日本人をもっと目覚めさせる必要があります。特に皇室問題はもっと拡散しなければなりません。マスゴミなど一切あてになりません。あいつらはシナチョンの犬、ただのパシリでしかありませんから。いまだに朝鮮人や朝鮮を嫌いだというと、人種差別と馬鹿なことを平気でいう日本人がいて、お前ら一体どこの人間だと聞き返したくなります。

そもそも、右翼と左翼。本来はお互いに国を愛している者同志のはずです。お互いに愛国者であるという大前提があるはずなのです。右翼も左翼も保守、革新と手法やスタンスが違うだけで、自国を愛し、自国の国益を第一に考え、自国を豊かにし、自国の安全を守り、国民の生活を守ること、それを侵そうという輩には断固として立ち向かうということにおいては同じはずだと思うのですが。

海外を見渡せば、どんな国にも右翼も左翼もいます。ですが、右だろうが左だろうが、自国を貶め、ましてや外国勢力に売り渡そうなどという輩は見当たりません。右翼も左翼も第一に愛国者でなければならないのであって、本来はそれがまともな右と左だ思うのですが、残念なことに我が国の左翼には「反日」という枕詞がこびりついてはなれません。

だから、自国を他国、それも反日を国是とするような国に売ろうとする、利敵行為を繰り返し、自国を貶め、国を破壊する活動に加担しているのです。右翼も左翼も愛国者ならばいいのですが、自国を愛する心がない右翼や左翼はただのエセ、偽物、インチキです。反日外国勢力と結託して自国を貶める活動をする者は売国奴、非国民、国賊でしかないのです。本来の左翼の人たちは、日本中にはびこる「反日左翼」の基地外どもを見て怒り心頭でしょう。

右翼でも、左翼でも自国を日本を心から愛する者は愛国者、「反日」の枕詞が付く左翼、自国を愛さず、貶め、裏切る者はただの売国奴、国賊ですね、今日本で左翼と言われる連中は全員が「反日左翼」の外道です。志位るずなどいい例ですわww その構成者は反日外人のなりすまし、帰化人、反日国に魂を売った腐れ外道だらけです。 自国を愛さない「反日左翼」・・・それが誰であろうと、どんなに高貴な人であろうと同じ 

私は愛国者、祖国につくし、祖国と運命を共にする覚悟を持った愛国者でありたいと思っています。どうやら周辺からは極右だと思われてますが、本当は中道右派なのよ~(大笑) でも、地球上から朝鮮人とシナ人が全て消滅してくれたらいいと常に思ってますけどwww 実現すれば大概の問題は解決しますからねっ♪

前置きが長すぎましたが、では結城モイラ女史の今年の見立てを紹介します。(重要だと思われる箇所に対する色付は管理人にて行っています。)
==================
2016年、災いは海からやってくる

一昨年(2014年)は「日いずるとき」と題し、この日本に「国を守ろう」とする保守的な動きが台頭すると予見しました。そして2015年は「闘いと覚醒のとき」と申し上げました。はたして現実はどうだったでしょう。国を守ろうとする人々は、隠されていた歴史的事実などを次々と知り、真実を隠蔽しようとする勢力に闘いを挑み始めました。この流れは今年も停まることはなく、さらに力強く、確固とした潮流となって、日本を牽引していくでしょう。

ところがここで、熟慮いただきたいことがあるのです。覚醒し、本来の日本を取り戻そうとする情熱は大切なことですが、複雑に絡み合い、緊迫した今日の世の中は、「純粋無垢な情熱」だけでは解決できないことが多々あります。言葉は悪いのですが、「ずる賢い情熱」も必要なときがあります。つまり、ひとつの目的を達成するためには、ストレートな手段だけでなく、いくつもの戦略的アプローチが必要なんですね。そのことを忘れると、知らぬ間に、いわゆる「お花畑的思考」に陥ることになりかねません。したがって、私達はときどき立ち止まり、「覚醒」と「闘い」を現実に即した姿に調整しなければならないのですよね。

さて、本題の2016年ですが、今年は大変な激動の年になりそうです。私の脳裏には、日本を含め世界中が大きな激流に飲み込まれていく映像が浮かびます。民族間の争い、テロ、難民、加えて金融・経済の破綻といった衝撃的な変動が、様々なかたちで出現し、多くの国と人々が翻弄されるでしょう。しかし、私が最も気がかりなのは、星の動きをじっと見つめていると「災いは海からやって来る」という啓示があることです。

では、前述の危惧を星の動きと対比させてみましょう。世界が激流に飲み込まれるのは、木星が乙女座を進行しており、山羊座には冥王星が、牡羊座には天王星が居座っているためです。冥王星は隠れたものを暴き出すパワーや、破壊するパワーを持つ星。天王星は「改革、変化」を司る星だからです。つまり、2016年はこれらの星により、隠れていたものが昨年以上のスピードで暴き出され、旧来の秩序が破壊され、混乱が人々を襲います。

さらに悪いことには、火の星座である射手座には土星が居座っているだけでなく、3月初旬からは火星も射手座を進行しはじめ、5月下旬から8月頭までは火星が蠍座を逆行。その後、再び射手座に戻り、9月末まで射手座を進行します。つまり、3月から9月にかけての7ヶ月もの間、火星は蠍座と射手座を中心に動くのです。これはまさにテロや戦争の激化を意味します。なぜなら、火星の守護神は戦いの神マルス。この火星が射手座に入ると、ちょっとした出来事にも過剰に反応し攻撃的になるためです。さらに、蠍座の火星は復讐心を増大させ、残虐な行動に走らせる危険性もあります。

もうひとつ、一年を占う際に用いる春分図を見ても、上昇宮が火の星座である獅子座であることから、今年は火のように過激な運気に支配されていることがわかります。また、年運に大きく影響する木星が金星、海王星と悪い角度を形成。さらにこの木星が火星や土星とも悪い角度となり、きわめて不安定な、緊迫感漂う世界情勢になることを暗示していいます。

なお、私の脳裏に「災いは海からやって来る」といった強い啓示が浮かぶのは、「海」を支配する海王星(守護神ネプチューン)が木星と凶角をなしていること。この不安定さが大変気になります。「なぜ海王星に……」と問われれば、私の直感としか言えませんが、忘れようとしても頭から離れないのですよね。私の杞憂に終われば良いのですが…。

では、冒頭で「お花畑的思考」に陥らないようにと申し上げた理由を星の動きからご説明しましょう。乙女座を木星が進行すると、真実を知ろうとする強い思いが芽生え、それまで無関心だった社会のさまざまな問題に覚醒し始めます。しかし、次なる行動の段階になると、人々に乙女座のマイナス面が現れてきます。それは理想や完璧を追い求めるあまり、10の願いが10叶わなければ是とせず、8や7では自分も相手も許さないという呪縛に捕らわれかねないということです。

最後に昨年、お話ししたことをここでもう一度申し上げたいと思います。何が起ころうと、どんな状況に置かれようと、日本という日(陽)は今年も確実に昇り続けます。ですから、2016年は心にゆとりを持って、現実社会の力学を見極める眼力と判断力を養っていきましょう。私自身もそのことに留意し、努力を続けたいと思っています。                          2015年12月31日  結城モイラ
================(以上、転載終わり)

皆様はモイラ女史のメッセージをどのように受け取られるでしょうか?私はモイラ女史がいわんとしていることが理解できるように感じます。猪突猛進、正攻法だけでは目的は達成できない、手を変え品を変え、「肉を切らせて骨を断つ」といった方法、時には狡猾にずる賢くやる必要がある!ということ、目的を達成するためには目の前の事だけ、目の前の出来事の結果だけを見て判断するのではなく、完璧さを求めるのではなく、物事を大局的に俯瞰で見る必要があるということ、保守派には清だけでなく濁も併せのむ度量も時には必要だということではないでしょうか?私も心にゆとりをもって、物事に冷静に対処、俯瞰で見ることができるように努めていきたいと思っています。

そして、「災いは海からやってくる」というモイラ女史の警鐘。これはどういうことなのか、わかりませんが、日本に対する「海から」ということはシナ人と朝鮮人、これが一番可能性が高いです。尖閣諸島にシナ人強行上陸で戦闘開始、あるいは竹島で朝鮮人と交戦、対馬攻撃、あるいは朝鮮半島で再び戦争開始、朝鮮人どもが我先にと日本に逃げてくる(これだけは死んでも嫌!)などなど。私が思うには、尖閣や竹島あたりで交戦に近いことが起こったほうが寝ぼけた日本人の目を醒ますには手っ取り早いのではないかと。日本人には荒療治が一番かもしれないと思うのです。
b0169850_161210100.jpg

by ariesgirl | 2016-01-02 15:35 | 日本 | Comments(4)

謹賀新年!平成28年(皇紀2676年)開始!!

あしはらの 國のさかえを 祈るかな 
 神代ながらの 年をむかへて

                 (明治天皇御製 明治三十七年 新年祝)

読者の皆様、全国の同志の皆様、新年あけましておめでとうございますm(__)m

普段非常に下品なブログということでご好評をいただいておりますので、申年の今年は格調高く明治大帝の御製で始めてみました。

いよいよ平成28年(皇紀2676年)が始まりました。読者の皆様には旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました! こんなしょぼいヘタレブログが継続できるのも、ひとえに皆様の激励あってのこと。今年も昨年同様、よろしくお願い申し上げますm(__)m 

平成28年という今年は、我が国にとって大一番、大勝負の一年になると思っています。70年前にたった一度負けたことでここまで滅茶苦茶にされた祖国・日本。真の独立国になるための、日本が原点に戻ることができる、誇り高く凛とした国に戻るためのラストチャンスといっても過言ではないでしょう。

日本国に70年間たまり続けた膿はやっと出始めたわけですが、まだまだ出し切れていません。皇室も同じです。見て子入内から始まった穢れが日本を揺るがしていることからも、皇室の浄化は日本国の浄化と繋がっています。膿を出すことには、痛みも伴いますが、その痛みに耐えてこそ、誇り高き日本人が戻ってくると思いますし、我々にはできるはずです!

だからこそ、反日左翼の分断工作に惑わされ、振り回されることなく、しっかりと足元を確かめて、前を見ていかなければなりません。反日左翼が一番嫌がるのは保守派の大同団結なのですから!だからこそ、あらゆる分断工作をしかけてきます。今回の慰安婦合意に関する各保守派ブログのコメント欄に蛆虫のように湧いて出たのがいい例です。

私にできることは限りがあって、それはとてつもなく小さなものですが、「日本愛」に満ち満ちた、思いを同じくする同志である読者の皆様とともに、かけがえのない祖国、世界に二つとない祖国である日本のために、日本の浄化のために力を合わせて、前進してまいりたいと思います!!

平成28年(皇紀2676年)が皆様と我が国にとりまして、素晴らしい年となりますように!!

平成28年(皇紀2676年)元旦 アリエス
b0169850_1420255.jpg

b0169850_14224321.jpg

b0169850_14225998.png

b0169850_14274630.jpg

by ariesgirl | 2016-01-01 14:25 | 日本 | Comments(9)