人気ブログランキング |

2016年 11月 15日 ( 1 )

盛り上がる乞食大国とその裏に見えるもの

昨日は68年ぶりのスーパームーンでしたが、日本は一部を除いてみることができませんでした。楽しみにしていたのに残念でした・・・月というのは本当に不思議な天体だと思います。

前回は久しぶりにそれなりに長い記事をアップしたせいか、どっと疲れました(笑)多くの読者の皆さまにご訪問頂きました、皆様に支えられて拙ブログは成り立っていることを改めて感じた次第です。

さて、アメリカはトランプ次期大統領がスタッフ選びを開始しました。どのような布陣となるかわかりませんが、日本のマスゴミは相も変わらずですね。You are fired!でトランプに友愛されたらいいのに!!

世界は一応大国のアメリカの次期大統領に世界中が注目していますが、そうです、そうです、そうです、忘れてはいけませんよ!!もう一人の大統領を~(*‘∀‘)

隣の乞食民国の女893こと、我らがクネ大統領を~!!よっ!大統領!!ということで、大変な盛り上がりとなってまいりました。
b0169850_21373853.jpg


いや~実に朝鮮人らしい光景が南朝鮮のあちこちで繰り広げられていますが、あのデモの様子・・・今年の夏にどこかで見たような気がします・・そう!東京都知事選での反日極左の自称ジャーナリストのジジイ鳥頭さんの選挙の応援風景とクリソツ(笑)鳥頭さんの支援者はそちら系だらけだったということが改めてわかりますね。
b0169850_21383263.jpg


それにしても、あのデモ。主催者発表では100万人らしい(笑)あの中にはもしかしたら、売春婦たちの「売春やらせろニダ~!」もあるのかしら?(笑)
b0169850_21413437.jpg


あれだけ大規模のデモ、あらゆる機材を持ち込んでいますが、一体どこから金がでているのか甚だ疑問です。左翼政党が支援していることは明らかですが、当然南朝鮮の左翼の裏には当然ながら北朝鮮、つまりカリアゲの豚まん大将がいるわけです。日本、沖縄あたりの反日左翼のデモと同じニオイ、参加している連中は日当とキムチと海苔でももらっているのでしょう。

私は、あのデモが北と南の戦争、つまり朝鮮戦争を形を変えてやっているのと同じなのではないかと言わざるを得ません。あのデモに参加している連中はそれをわかっているのでしょうか? まあ、わかっていないでしょうね、キムチ脳ですから。クネもあのデモ隊の裏には北朝鮮とずぶずぶの左翼がいることくらいわかっていないのでしょうか?もし、わかっているとしたらクネは実質上退陣するのではなく、親父と同じ目にあっても血まみれになっても戦うべきだと思いますが・・そんな勇気はないのでしょうか。

20代の支持率ゼロパーセント( ゚Д゚)ゼロ!って、どこかのノンアルコール飲料じゃあるまいし、20代以外での支持が5パーセント、これまたビールのアルコール度数くらいしかない(笑)クネ大統領はキムチも喉を通らないでしょうね。もう、昼間っからトンスルでも煽りたい気分でしょう。

クネに残された道はやはり反日行動?だとしたら、中途半端な反日はやめないとそれだけでは国民の怒りの矛先を変えることはできませんので、反日やるとしたら徹底的にやっていただきたいわ(笑)

起死回生の反日・・すぐに竹島に上陸して「トクドはウリたちのものニダ!半万年前から決まっているニダ!」と宣言し、すぐに「韓国全土に慰安婦の銅像を建てるニダ!アメリカにもオーストコリアにも世界中にも建てるニダ!国連の記憶遺産に認定してもらうニダ!日本からもっと金を強請り取るニダ!強請った金は国民の皆様に旧正月の餅代として配るニダ~!!」でもといえば支持率は50~60パーセントに回復するでしょうから、速攻でやるべし!やれよ!クネ大統領!!
b0169850_21441110.jpg


今回の問題はクネの40年来の友人という怪しげな新興宗教家の娘が政治家でもないのに、国政に、それも重要な案件にまで関与したということですが、ここに朝鮮人の根幹を垣間見た気がします。

確かに、クネの両親はあのような不幸な最期を遂げました。それまでは事大主義むき出しの取り巻き連中が全員手のひらをかえして去って行った、そこにあのチェとかいうオバハンだけが、深く傷ついていたであろうクネの側に残り、支えとなったのが事実であれば、クネが盲目的にあのオバハンを信頼したことは人として、心情として理解できます。

人間、誰しも一番つらいとき、心が張り裂けそうな時、もがき苦しんでいる時、誰かが側にいて心の支えとなってくれたら、大抵の人間はその人を無条件に信じる、盲目的に信じることが多いはずでしょう。

本当に苦しみもがいている時、世界中の全てが自分の敵に思えてしまう中で、たった一人だけが自分の味方でいてくれた、となればその時のことは一生忘れないでしょうし、「地獄に仏」となるのはわかります。私自身も様々なことが一度に起こり、本当にもがき苦しんだ時期がありましたので、クネの心情を少しは理解できるのです。

とはいえ、公私混同してはならないのです!!どれほど自分を助けてくれた人だからといって、国政にタッチさせるようなことはあってはならないはずですが、クネにはそれが出来なかったのでしょうか。線引きすることができない、もう味噌も糞も一緒、とにかく友達なら何でもかんでもオープンにするのが鉄板とされるあのミンジョク。

日本には「親しき中にも礼儀あり」ということわざがありますが、彼らにとっては「親しき仲には何でもありニダ」ということなのでしょう。朝鮮人の民度が見えてきます。即ち、「情」が全てであり、全てを超越するもの、それが「情」だからこそ、法治国家ではなくいまだに人知国家と言われるのです。南朝鮮の裁判、特に我が国に対するものなどその典型。法律よりも、国際法よりも、感情がすべてにおいて優先する、それが大統領という国家の長であってもこんなもんなのですから。

これじゃ、自称慰安婦のババアたちが本当は自分で志願したり、親に売られたりして売春婦になって高給をもらっていた事実はどうでもよくて、大勢の人たちの前で泣きわめき、日本軍に強制連行されて性奴隷にされたニダ~アイゴー!と情に訴えるのが日常茶飯事の国。それは社会人でも同じ、打合せの最中に様々なことを指摘されると「ウリたちは一生懸命にやっているニダ~!アイゴー!」と泣きます、いい年をしたオッサンが(大笑)

だから、国家としてのレベルなど言わずもがなです。こんなだからいつまでたっても、所詮どうでもいい国としか思われない。それをまったく理解できていないのがあの国とかのミンジョク。

前代未聞の大人気の大統領となったクネ(笑)さあ、これからどうするのか見ものですが、前述のとおり、あのデモの裏には北朝鮮がいるとわかっているのなら血まみれになっても戦わないといけませんが、日本政府は間違っても助けてやろうなどとしないことです!なんせ、「恩を仇で返す」のが朝鮮人なのですから!!

これはクネに飛んできた巨大ブーメラン、千年恨んでやるニダ!と宣言していますし、てめえのケツはてめえで拭け!と。

南朝鮮という国家とあのミンジョクの民度の低さを世界中に露呈したのが今回の騒動です。左翼に扇動されて騒いでいるのが大半でしょう。まるで、反原発や沖縄の基地外デモの構図と全く同じであり、日本の基地外デモにも反日国家の影があるのですから。

南朝鮮の常軌を逸したデモの根底にあるのは朝鮮人がもつ「恨」の感情です。まともな国家ではありえない、まああそこは元々基地外の国ですから仕方ないといえば仕方ないのですが、支持率ゼロというあり得ないことが起こっています。

読者の皆さまもご承知の通り、南朝鮮は必ずと言っていいほど歴代大統領には不祥事がつきものであるにも関わらず、それを一向に再発防止できないのはおなじみの事大主義全開で「いつかウリも美味しい思いをするニダ!」という欲望が彼らのキムチ脳の根底に、DNAに刷り込まれているからにほかなりません。
b0169850_21501110.jpg


クネに退陣汁!といってますが、じゃあ次は誰がやるのでしょうか? 後先も考えずに発狂もどきのデモとデモ隊。まさに「キムチデモ」(大笑)こんな基地外の国と「日韓軍事情報保護協定?」を仮署名し実質上締結するとか、どこまでふざけた真似をするのでしょうか?こんなのすぐに破棄しないと我が国の防衛や外交に関する機密がこれ以上ダダ漏れしたらどうなるのか・・国益を損なう以外の何物でもありません。安倍政権、政府は一体何を考えているのでしょうか?? 朝鮮人と同じレベルとしかいいようがない!! バカもほどほどにしろよ!! 誰がこの仮署名について糸を引いているのか・・嘘八百の情報をわざと漏らすという戦術もありますが、こんな基地外と協定なんて、何度騙されたら気が済むのか・・・あの世界遺産登録のことを思い出せばバカでもわかります。約束を守ることができないのが朝鮮人なのですから!! 安倍政権は南朝鮮に対して、ちょっとおかしい。慰安婦の10億円は手切れ金であり、あんなもんで片づければある意味安いものですが、今回の仮署名は絶対にあってはならないものです。

さあ、読者の皆さま出番です!総理官邸、内閣官房、防衛省、安倍総理のFBなどなどガンガン抗議しまくりましょう!! 

そうそう、クネは大好きなキンペー君にでも泣いてすがってはどうでしょうか?色仕掛けはちょっとアレですけどね(笑)昔のように顔面工作済みの美女を大量に送ってもらいたいものですわ。

そして超久しぶりにイージスさんの動画を!!




by ariesgirl | 2016-11-15 21:50 | 朝鮮・朝鮮人 | Comments(0)