人気ブログランキング |

2015年 12月 27日 ( 1 )

季節外れの怪談と乞食の諺・格言

今年最後の日曜日。既にお休みに入った方もいらっしゃると思います。あるいは明日か明後日が仕事おさめという方もいらっしゃることと思います。また、帰省や旅行という方もいらっしゃると思いますが、どうぞ道中くれぐれも事故などに気を付けて頂きたいと思いますし、年末年始も仕事という方も、いずれにしても楽しい年末年始を過ごして頂きたいですね。

私年が明けてからゆっくり帰省する予定ですので、新年早々着物を着て過ごそうかな~と思っています。

そして、今日は朝から大掃除。皆さんは済ませましたか?? もう疲労困憊(苦笑)普段の掃除ではしないような掃除をお風呂やトイレ、台所といった水回り、壁を拭き、ベッドを動かしてベッドの下を掃除、エアコンフィルターの掃除、エアコンにスプレー、フローリングの床を物を動かして拭きまくり、窓掃除、玄関を拭き、各ドアも拭き掃除、財布の中も整理整頓・・・orz 普段からちゃんとやればいいだけのこと!といつも思うわけですが、なかなか難しいのです。私は主婦ではありませんが、主婦の皆さんも似たようなものではないかと思いますが、どうなんでしょう。

しかし、ほぼ完了!!かなり気合を入れてやりました!!気合のせいか、ミニテーブルに乗ってエアコンを拭いていたら、バランスを崩してテーブルから落ちてしまい、おまけにテーブルの脚が曲がってしまって使い物にならなくなりました(涙)幸いけがはしませんでしたが、今から大掃除という方はくれぐれも気を付けて頂きたいと思います。病院も休みに入りますからね!

正月飾り(小さいもの)も玄関に貼り付けたし、鏡餅(小さいもの)も飾りました。やはり、日本人は年末の大掃除をしなければ年を越せませんし、歳神さまは掃除してない家には来てくれないですからね~これで年末ぎりぎりに簡単にさっと簡単に掃除するだけでOKです!!あとはいらないものを捨てたり、リサイクルショップにもっていったりする作業がありますが、ものが減るのはいいことですね。掃除も同じ、掃除すると本当にスッキリしてきます。「無」の境地に近い感じかもしれません。だから、修行僧は掃除に重きを置くのかも・・まだ終わっていないという方、筋肉痛を覚悟して頑張ってください~♪♪

あとの予定は年末までに買い物を済ませて、例の映画「海難1890」をゆっくり見に行くつもりです。 新年まであと数日、先日師匠から「アンタも来年はもう少し大人になれよ!」と言われました。「もう、十分すぎるほど大人ですよ!これ以上大人になったら老け込むだけですわ!」と食って掛かりましたが、こういうところが「大人じゃない」ということなのでしょうね~(苦笑)反省、反省www しかし、余りにも物わかりのいい大人にはなりたくないし、なる気もさらさらありません。ダメなものはダメ、絶対に譲らないこと、譲れないこと、ぶれないものを持った半分大人の年齢不詳の女でいたい、偽善者には絶対になりたくないと思っていますし、私は「くそババア」を目指しているのです!!

さて、明日は戦時売春婦で稼ぎまくっていたババアたちのゆすりたかりに対する話哀という季節外れの怪談が開催されます、それも南朝鮮で。一体、どういういきさつで怪談設定となったのかわかりませんが、様々なことが水面下で動いているのでしょう。それにしても、日本政府側が焦っているかのように感じますが、それは私だけでしょうか。策士の安倍総理がユネスコの二の舞を踏むようなことはないとは思っています。アメリカ様の横やりでも入ったのか、ましてや南朝鮮のインネンと大嘘に屈することはないと思いますが、今回の安倍総理の行動はちょっと解せませんね。何を考えているのか・・・

相手は呼吸するのと同じようにウソをつく乞食どもです。いくら最終決着といっても、必ず蒸し返すのが朝鮮人。朝鮮人にとって、最終決着などハナからないのです!!その文言にインネンをつけ、「決着するのはクネが大統領だった時だけニダ!だから大統領が変わったから関係ないニダ!賠償汁!謝罪汁!」「日本は一生謝罪して賠償するニダ!」と言ってくるのが目に見えます。

今日の時点で、南朝鮮のヅラ外相は「慰安婦問題は未解決ニダ!日韓基本条約など虫ニダ!」といっているわけですから。明日の怪談はお先真っ暗、というよりもクネの本音は決着させたくないということだと思います。

もういい加減に南朝鮮の乞食と縁を切るべきであり、その時期が来ているのです。売国官僚の巣窟害務症と売国官僚、売国政治家だけは朝鮮人とずぶずぶで居たいのでしょうが。国民の感情は反韓どころではありません、もう憎悪の感情、もう一切かかわりたくない、とにかく地球上から抹殺したい、消えてもらいたい、その感情だけです。オマタ開いて稼ぎまくっていた売春婦の死にぞこないババアの戯言と大泣きに騙されるなんて、バカどころの話じゃありません!! それに騙されるヤツも同じ穴のムジナであり、売国奴です。

基金創設なんて、絶対にあってはならない話です。そもそも、慰安婦問題で日本がビタ一文払う必要など微塵もないし、そんな道理もありません!!これで基金を作れば必ずまたユスリタカリしてきます。893と同じで、一度払うと骨の髄までしゃぶりつくし、ケツの毛まで毟り取るのが乞食民族の朝鮮人です。朝鮮語に「約束を守る」という言葉はないのですから!! 南朝鮮に対して、「肉を切らせて骨を断つ」という対応をするのであれば、二度とおかしなことができないように骨を断つのではなく粉々に砕くべきであり、あのような連中に情けなど無用です。以下は、ザクザクからの転載です。
=============
韓国に慰安婦問題“蒸し返しなし”の確約要求 「最終決着」に“秘策”も  2015.12.26

安倍政権が慰安婦問題の最終決着に向け、大攻勢をかけている。韓国に慰安婦問題を二度と蒸し返さないよう文書での「確約」を迫っているほか、国際的に決着した事実を確定させるため、米国が日韓の取り組みを評価する公式声明を出す案も浮上している。慰安婦問題を対日外交カードとして活用してきた朴槿恵(パク・クネ)大統領だが、反対に日本の外交攻勢を受けている。

岸田文雄外相は28日、ソウルを訪問し、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談する。岸田氏は、慰安婦問題を二度と蒸し返さないように文書での確約を求め、「最終かつ不可逆」的であることを明言するよう迫る算段だ。韓国の歴代政権が何度も約束を破り、慰安婦問題を政治利用してきた過去を踏まえた“再発防止”策の一環といえる。この提案が受け入れられれば、日本側は元慰安婦への支援を拡充する方針だ。

さらに、日韓の今回の妥結を前提に「第三国」である米国などが公式声明を発表し、国際的な評価を確定させるというアイデアも検討されている。朴氏の執拗な「告げ口外交」に辟易(へきえき)している米国は、日韓の関係改善を強く望んでおり、現実性はありそうだ。

ソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去も日本側の譲れない条件だ。ソウルの慰安婦像撤去は世界中で韓国と手を組んで、反日キャンペーンのために慰安婦像建設を進めている中国をけん制することにもつながる。岸田氏も慰安婦像について会談で言及するとみられる。

なぜ日本はここまで強気に出ているのか。それは経済不振にあえぐ朴政権が、日本との関係を一刻も早く改善したがっているからだ。

さんざん「反日」を国内世論対策に利用して政権を維持してきた朴氏は、中国と手を組んで経済を立て直そうと試みたが、当の中国経済が失速して窮地に陥った。韓国は、今や日本に泣きつくしかないのが現状だ。

だが、朴氏の前には「反日」にこだわる国内世論が立ちはだかる。政権や世論に強い影響力を持つ、元慰安婦を支援する韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は、あくまで日本の法的責任を要求しており、説得は容易ではない。安倍政権は朴氏の足元をよく見て、揺さぶりをかけながら強気で交渉に臨むはずだ。

それでも、韓国に対する警戒感は依然として根強い。

慰安婦問題に精通する拓殖大の藤岡信勝客員教授は「今回の動きは、安倍晋三首相らしくないのではないか。『河野談話』で決着したはずの慰安婦問題を何度も蒸し返してきたのが韓国だ。文書化してもすぐに約束を破るのは間違いない。韓国を信じてはいけない」と警告し、続けた。

「新たな基金創設といった案も出ているが、そもそも慰安婦問題で日本が一銭たりとも払う道理はない。今からでも岸田氏は訪韓を取りやめて、政府は交渉を中止した方がよい」
=================(以上、転載終わり)

そして、こちらは売春婦の詐欺師ババアどもが火病を起こしています。そのままあの世に行けばいいのに(笑)

===============
【岸田外相訪韓】「安倍首相が来てひざまずいて謝れ」 元慰安婦支援団体の挺対協 「像の移転は不可能」と反発 2015.12.27

【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題が妥結した場合、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の移転を韓国政府が検討しているとの情報に対し、元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の代表は26日、「事実ならば、国論分裂のレベル(の話)だ」と強く反発した。聯合ニュースが伝えた。

挺対協の代表は「少女像(慰安婦像)は共同の存在であり、撤去や移設は不可能」とし、「日本政府に本当に解決の意志があるなら、日本の大使が少女像の前に来て追悼をするのが真っ当(な姿勢)だ」とも語った。 また、聯合ニュースによると、元慰安婦の女性らが暮らすソウル近郊の施設「ナヌムの家」では6人の元慰安婦が、伝えられる日本政府の妥結案に「失望している」という。

元慰安婦らは、「安倍首相がここに来てひざまずいて謝らねばならない。慰安婦の強制動員を認めない限り、謝罪は受け入れられない」「賠償はすべての被害者が話し合って決める問題だ」などと不満を示した。

ナヌムの家では、生存する元慰安婦46人の意見を聞き、「1人でも反対すれば謝罪と賠償は受けない」と決めたという。
===========-(以上、転載終わり)

ハイ、朝鮮戦争時にも売春婦としてお国の為に大活躍していたバアサンたちですね。だって、それしかできないから!それはそれで体をはって稼いだわけで頑張ってきたわけです。でも、もう記憶がめちゃくちゃで勘違いしているバアサンも相当いるようです。大東亜戦争末期に「クリスマスを祝ったり」「金髪の兵隊ととジープに乗ったり」することはありませんから(笑)あの時点でクリスマスを祝うほどの力があれば、我が国はアメリカに負けてはいませんわ!!
b0169850_19273892.jpg

b0169850_1930335.jpg

この写真、入口の文字にちゅーもーく!!「Keep Out」って書いてますねww それにこの売春婦たちの顔・・・見事にほぼ全員ブサイク、ここまでよくそろえたものだと感心ww

こちらは南朝鮮マスゴミの言い分です。「最終決着方は日本が持ってこい」 韓国紙の慰安婦問題社説 「強制連行認めよ」と“妥協”拒む妥協したらもう叩けないし、ユスリタカリもできなくなりますからね。今も昔も売春が国技の南朝鮮
b0169850_19285690.jpg

b0169850_19293857.jpg






ということで、今年最後の日曜日は皆様にに南朝鮮の諺/格言をご紹介しましょう。我が国・日本の諺/格言とはまるっきり違いますね。「似て非なるもの」です。これはよく知られているものですが、南朝鮮にはこういう諺や格言が生まれ、伝えられ、理解される土壌、精神構造が存在して、今もしっかりと受け継がれていることを認識しておく必要があります。これ見たら、こんな基地外と友好とかありえんやろ!!同じメンタリティや同じDNAなら理解できるはずですが。

ちなみに、雪が降ってきたときに外に出て願い事をしている人を見たら、朝鮮人か帰化人、だと思ってください。これは朝鮮でのお約束とのことです。日本人は流れ星に願い事をしますが、朝鮮人は雪に(特に初雪)願い事をするそうです。

では、素晴らしい諺と格言をどうぞ!! どこが儒教の国、礼儀の国、老人を大事にする国なんだか(大笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女は三日殴らないと狐になる。
他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。
他人の家の火事見物をしない君子はいない。
弟の死は肥やし。←まさに、ザ・チョーセン!ですね。

梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。←これも、ザ・チョーセン!
母親を売って友達を買う。←うわああああ、これもザ・チョーセン!!
営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。
姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。
あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。←朝鮮人の本性です。
人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。
家と女房は手入れ次第。
野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。
らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる。
一緒に井戸を掘り、一人で飲む。
自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。
川に落ちた犬は、棒で叩け。←おなじみですね。朝鮮人の精神構造を表しています。
泣く子は餅を一つ余計もらえる。←これこそ、慰安婦ババアのユスリタカリですね
b0169850_20371180.jpg

b0169850_20373066.jpg

by ariesgirl | 2015-12-27 20:40 | 朝鮮・朝鮮人 | Comments(2)