人気ブログランキング |

2015年 12月 10日 ( 1 )

麗しい嫁と姑。仲良きことは良いことかな!

12月も早や10日、残すところあと20余りです。なんだか、毎年のことですが、落ち着かない感じがします。私事ですが、今年中にどうしても終わらせなければならないことが二つありまして、そのためか、追い立てられるような毎日を過ごしています。

読者の方の中には、すでに大掃除を始めた方もいらっしゃるようです。私もよーしと思い、カーテンの洗濯は終わりました(キリっ!)あ、それからやかんも磨きました!(キリっ!)やかんがピカピカになって、もう嬉しくて仕方がありません(笑)どうしてもとれない焦げもあるのですが、鏡替わりに使えるのでは?というくらい綺麗になりました。結果が目に見えるから、掃除ってきついけど変な充実感がありますね♪♪ 掃除の最中って、余計なことを全く考えないんですよね。掃除というのは日常生活のなかで、もしかしたら数少ない「無心」になれる時間かもしれないと、思いました。

さて、昨日は盗宮肥股子さまの誕生日でしたね。心にもないセリフ・お誕生日おめでとうございま~す!昨日は毎度おなじみの高級フレンチか高級イタリアンでワインにシャンパンのラッパ飲みでどんちゃん騒ぎでしょうか。いや~毎日が誕生日、税金でたらふく食いまくって、飲みまくって、結構な話でございますね。
b0169850_1951514.jpg


ますます血色と体格が良くなられて何よりでございますが、オツムにはまーったく栄養が回らないままのご様子。十数年も治らない病気、公務もできないほど、祭祀もできないほどの重病、でも借金まみれの真夜中の私的活動や静養のスキーといったお遊びはなんでもござれ!!、ブランド品も買いまくりとは、一般国民の間では、それを「仮病」「わがまま病」「税金泥棒」「金喰い虫」というのですよ。一円も稼がず、国民のために祈ることもせず、税金を湯水のごとく使いまくる・・・本当にタチの悪いごくつぶし。
b0169850_1948950.jpg


ああ、朝鮮脳ではおわかりになりません? でも、親思いでいらっしゃるわ~、嫁いだ先の財宝を親父の借金のために、よりによって池沼と評判の後退氏を言いくるめ、同じ出自の姑を頼り、ネットオークションで売りさばくくらいですからね~さすが、イギリス諜報機関が調べた通り「江戸時代は最下層に位置した家の娘」だけのことはありますわ!江戸時代だったら親のために身売りしていたでしょうが、時代は21世紀、結婚時には29歳、男性経験も豊富、もう何の売り物にもならないお体ですから、代わりに嫁ぎ先の世界最古の王家のお宝を売るなんて、親思いにもほどがございますわ。だから、海外ではプリンセスという呼称ではなくて姑と同じく、Masako Owadaと表記されるのですね。なるほど~

そして、あの誕生日の文章。いったい誰が考えたのでしょうか?適応障害で10年以上闘病生活をなさる股子肥に考える能力があるのでしょうか?まあ、おそらくゴーストライターでしょうが、もしかしたら皿婆見て子の提灯本を書いたライターかもしれません。それとも、女性週刊誌の股子マンセーの提灯記事をかくライターか、東宮御所の職員か、それともカルト教団の連中でしょうか。どっちにしても、自分で書いたとは思えませんね。

毎度おなじみの東宮御所の毎回毎回毎回同じ部屋での後退氏、基地外股子肥、池沼哀子さん、そして誰からもらったか不明の朝鮮犬ゆりの画像。どうみても、画像処理を施しているとしか思えない縦長画像で、円満さをことさらに演出した三文芝居ww 不思議なことに音声なしの画像ww

そして、お抱え医師団の大本営発表(笑)医師団といいながら、事実上は大野という医者だけ(笑)毎度毎度おなじみの「回復の兆しはあるが、時間がかかるので温かく見守ってもらいたい」というあの手この手で言葉だけは変えて、毎年同じ内容。

十数年も治療して治せないなんて、とんでもない藪医者じゃないの??今の時代、セカンドオピニオンで別の医者にも診てもらうのに。あの医者は股子肥のお気に入りだそうですからね!いったい、何があるのか・・・(笑)何の薬を投与されてるんだかww 

股子肥、もうすでに何もかもが遅すぎなのです。本人と周りは残念ながら、全く気が付いていない模様。学歴ロンダリングだけなら、入内前の男性経験が豊富だけならいざしらず、朝鮮人とBのミックスのせいか、犬のお手ふりをさせるような基地外、おまけにあのチッソの社長が祖父、小和田家も背海苔の家系、まわりはカルトだらけでどうやら旦那もすでに改宗済みとのうわさもある。

あまりの国民からの評判の悪さに、実家や皿婆見て子さんから言われたのか、12年ぶりに薩摩芋色したスーツで10分間おでましでマスゴミにマンセー記事を書かせ、どさくさに紛れてお客さん用のお土産をがめてトンズラ。あの園遊会に招待されていた女性が股子に向けた目線が全てを物語っているのです!! 

どうか、今年の誕生日は後退氏肥股子として最後の誕生日に、来年の誕生日はぜひぜひぜひ”小和田股子”としてお迎え頂きたいとアタクシは心から願っております。適応障害なる仮病もそれで速攻で完治するでしょう!
b0169850_1950912.jpg

b0169850_19493377.jpg


ということで朝鮮繋がりで、股子肥をご慈愛の心で常に見守る姑のお皿見て子さん。やはり出自も性格もよく似ているということで、ご慈愛満点で娘のごとくかわいがるのでしょう。麗しい嫁姑の関係でございますね。由緒正しい久邇晃子さんという素晴らしい皇太子妃候補がいたにも関わらず、自分がいじめ殺した香淳皇后の血筋であり、絶対に適わない家格の女性ではなく、自分と同じ出自の小和田股子というろくでもないのをごり押し入内させ、なかなか妊娠しないとなると、イジメ対象の次男とその妃に産児制限を強制するほどのお優しい見て子さん。

朝鮮式の挨拶をし続けたり、朝鮮式の帽子をかたどった皿を頭にのせてみたりと朝鮮に心からの愛情をお寄せになる慈愛の姑。なぜか「コリアンプリンセス」と称され哀子さんととに像まで作られるほど朝鮮人から愛される嫁。なんでやろう??www
b0169850_20411659.gif

b0169850_20201191.jpg


自分が信仰する宗教のトップの衣装を真似したり、嫁に衣装ストーカーを伝授したり、慰霊の旅と称する物見遊山で莫大な税金を使ったり、自分の衣装代が足りない!と自衛隊の予算からまわさせたり、男性経験豊富は股子さんと15歳から婚活パティ―に出入りして、今や托卵といえば、みて子さんか喜多嶋舞か!と言われるほど大人気(笑)女を知らなかった皇太子を落とすことなど赤子の手をひねるようなものだったのも、嫁と姑は瓜二つww・・・仲良きことはいいことかな(大笑)嫁思いの姑見て子さんのご慈愛ぶりは多すぎて、書ききれませんので、この辺にしておきます(笑)
b0169850_20252981.gif


ということで、麗しい嫁と姑の関係を祝して、伏見あきまさ氏のブログからお皿見て子さんの恐るべき本性の一部を転載いたします。特に清子さまへのイジメ・・・完全に犯罪、この記事は背筋が凍りつきます。では、どうぞ!(以下に続く)

More

by ariesgirl | 2015-12-10 21:00 | 日本 | Comments(0)