人気ブログランキング |

2014年 09月 02日 ( 1 )

法則発動は鉄板!相手も場所も選ばない!

今日電車の中で一生懸命産経新聞を読んでいるご婦人を見かけました。うん、いいぞ!と心の中で思いながら見ていましたが、朝日新聞を電車の中で読んでいる人は・・・恥ずかしいですね、捏造と嘘まみれの新聞を公衆の面前で読むなんて!(笑)

さて、朝日新聞をウリナラの同胞ニダ!と擁護しつづけるのが南朝鮮です。まあ、同胞ということはあたっているのでしょう。その南朝鮮ですが、あの国とかかわると必ず不幸に見舞われるという「Kの法則」は多くの日本人が知るところとなっています。

その法則がローマ法王にまで発動したことはすでにご存じかと思います。先月、どうりうわけか知りませんが南朝鮮を訪問したローマ法王。いったい、どれだけのカネが動いたのでしょうか。私はバチカンじゃなくて、バカチンだわ!と言ったわけですが、さすがに法王。慰安婦のアイゴー面会は華麗にスルーしたのに、最後のミサに慰安婦詐欺師のババアどもを呼んでしまい、慰安婦バッジを身に着けるという酔狂におよび、また最後の最後に毎日新聞の在日と思われる記者の誘導尋問にひっかかり「慰安婦は奴隷にされ・・」ということを発言したといわれています。どうやら事実は少し違うようですが、何につけても南朝鮮とかかわったとたん・・・
===================
ローマ法王の親類事故死 アルゼンチン 2014.8.20 00:16 [米国]  産経ウェブより

アルゼンチンのコルドバ州で19日未明、同国出身のローマ法王フランシスコのおいら4人が乗った車がトラックに追突し、うち3人が死亡した。同国メディアが伝えた。

車を運転していたのは法王のおい、エマヌエル・ベルゴリオさんで、死亡したのはその妻と、8カ月と2歳の子供。ベルゴリオさんも重体という。トラックの運転手にけがはなかった。

訃報を受け、ローマ法王庁(バチカン)は19日、「事故のことを知り、深く悲しんでいる。みんなで祈ってください」との法王のコメントを発表した。(共同)
==================(以上、転載終わり)

ああああああああ・・・カソリックのトップである法王にまであの法則は発動するのですね。ほんとに恐ろしい限りです。法王の甥家族のうち3人も死亡、それも奥さんと子供って・・・ だいたい、ローマ法王は何のために南朝鮮のような悪魔の土地にいったのか?金払うから来てくれニダ!ってところでしょうか。さすがに女犯の彼らに慰安婦の枕営業はまずいでしょうが、あの連中のことですからね。何をやったんだか。

日本政府も来年ローマ法王の来日を要請していますが、それには理由があります。来年は私の地元長崎で隠れキリシタンがフランス人神父に自分の信仰を告白した「信徒発見」から150年となることからの要請です。となると、また長崎にお越しになって盛大なミサをするのかなと。以前、ヨハネ・パウロ二世も長崎にお越しになり、雪の中で野外ミサを行いました。よく覚えています。信者だった担任教師は「パパ様が来る!」と学校を休んで、そのミサに参加しましたから(笑) 長崎は土地柄のせいか、意外とカソリック信者が多くて、私の友人の中にも結構います。彼女たちは当然ながら洗礼名をもっていて、それが何かかっこよく感じてました。子供ですね~(笑) マリアという洗礼名の友人はマリアは多すぎるからつまらないと言ってました。別の友人はジョアンナにアグネス、キャロル、バイト先の先輩はモニカなどなど・・・

話がそれましたが、南朝鮮とかかわってはいけない!ということをバチカンも知るべきですね。その法則は人を選びませんし、出物腫物ところかまわず的に襲うのです!!これは鉄板の法則なのですから!!なんと、あのルイ・ヴィトンもどうやら決定的になりましたし、アメリカ・カリフォルニダ州も・・・以下はイージスさんの動画です。フランス人ももっと勉強してもらいたいものですね。これで法則発動となって、そうとうの授業料を払うことになります。ドイツでも朝鮮人が詐欺行為に及びました・・あーあ。







そして、南朝鮮絡みでこんな募集もあります。心当たりのある方は相当多いと思われますので、ぜひ体験談をお願いしたいと思います。以下は「赤峰ブログ」からの転載です。嘘、捏造は厳禁です!!
===================
読者へのお願い:当ブログでは、以下の体験のある方を募っています。

1.学校の修学旅行や職場の旅行、個人旅行などで韓国に行き、慰安婦像の前で謝罪や土下座をさせられたなど、屈辱的な体験をされた方。

2.韓国企業との取引や、韓国との文化交流などの中で、慰安婦がらみの屈辱を受けたり、経済的な損失を被った経験のある方。

3.そのほか、思わぬところで、慰安婦がらみで不快な体験をされた方。(国内、海外問わず)

このような体験をされた方から詳しいお話をお聴きしたいと思います。お心当たりのある方は下記のメールアドレスにご一報ください。

なお、当方のアドレスは akaminekazu2014@gmail.com です。
==================(以上、一部転載終わり)

by ariesgirl | 2014-09-02 21:10 | 朝鮮・朝鮮人 | Comments(8)