人気ブログランキング |

2014年 07月 21日 ( 1 )

中川昭一氏 61回目生誕記念によせて

夏休みが始まりました。その三連休最後の日、今日は「海の日」です。楽しい連休をお過ごしになっていらっしゃるでしょうか? 私は先週の木曜日から数年ぶりに夏風邪を引いてしまいました。そのせいでこの連休は台無し(苦笑) 喉の痛みから始まり、発熱、体のだるさと痛み、鼻水と風邪のフルコースを味わっていますが、2月末からひいた酷い風邪よりはだいぶマシです。だからPCに向かっていられるのですが。 とはいえ、全く食欲がなくなり、おかゆなどばかり食べていたせいか、1.5キロほどやせて怪我の功名となりました(笑)夏風邪を引くのはバカだ!といっていたら自分が引きました。これで自他ともに認める間違いないバカとなりました(笑) なんで風邪をひいたのか原因がわかりませんが、結構忙しかったことや暑さに体が付いて行っていないのかもしれません。 皆様もくれぐれも夏風邪には気を付けていただきたいと思います。

さて、倉敷の小5女児誘拐事件。無事に女の子も保護され、犯人も逮捕されたことは本当に良かったと思います。ご両親をはじめご家族や学校関係者、近所の方たちも本当に安心されたことでしょう。 それにしても、あの犯人。49のオッサンですよ、それが発見されたときに11歳の女の子を「自分の妻です」といったそうですが、やはりロリコンの性倒錯者の変質者ですね。 二次元のロリコンもののアニメの世界に浸りきって妄想の世界に生きている男が、それを現実にしようとしたのかもしれません。 女の子のお子様をお持ちの読者の皆さんはくれぐれも注意してください。 こんなことをいうのは何ですが、保護された女の子がおかしな真似をされていないことを願うばかりです。もし、あの男がとんでもないことをしていたとすれば、一生消えない心の傷を負うことになってしまいますから。こういう性倒錯者は二度と塀の外にだしてはならないと思います。

そして、マレーシア航空機撃墜。マレーシア航空も3月には墜落、今回は撃墜・・・今回亡くなった二百数十名の方たち、本当に気の毒としかいいようがありません。ご冥福をお祈り申し上げたいと思います。 それにしても、ウクライナ側、親ロシア側の言い分が全く違います。どちらが本当かわかりませんが、あのような危険なルートを飛行可能にするのもいかがなものかと素人目には思います。 これは真相解明までには時間がかかりそうな気がします。

先日記事にする予定だったのが、「中川昭一氏生誕61年記念」です。7月19日は中川氏の61回目の誕生日でした。存命であれば61歳、おそらく真正保守の政治家として円熟味を増し、売国奴たちを震え上がらせる凄味をもち、ますます男っぷりに磨きがかかって超素敵なおじさまになっていたのではないかと想像してしまいますね。

もし存命であって、かつ無所属の国会議員という立場であったとすれば、中川氏と大変親しい平沼赳夫議員が党首となる次世代の党と合流したのかなと思うわけです。今の日本の議員には数えるほどしかいない、日本の国益を第一に考える、当たり前のことができる保守本流の政治家であった中川昭一氏。鬼籍に入って間もなく5年となりますが、今なお多くの日本人から敬愛され続けています。 氏の肉体は消滅しましたが、魂は健在であり、その証拠に氏が残した大きな意志は多くの日本人の心に撒かれ、少しずつではあるけれどしっかりと根を張って育っているのですから。 また、氏の薫陶を受けた人たちも体を張って日本のために働いているのです。

この時代に我が国にどれほど必要な方であったか、今更ながら残念で無念でなりません。いくら言っても仕方のないことではありますが、多くの日本人が同じ思いを持っているはずです。それ以上に、安倍総理や麻生副総理は思っていることでしょう。また、先日会った某秘書の方も、「中川さんが生きていたらもっと大物になっていたと思う。あの会見(酩酊)については、周りが悪い!あれではわざとやったようなもの」とハッキリ言っていました。

中川昭一氏は日本人としての矜持をもち、日本を愛し、日本の国益のため理不尽な要求には屈することなく、筋を通し続け戦い続けた政治家でした 大臣になっても靖国神社への参拝を続けました。大臣などの要職につくやいなや保身に回って自分の信念をいとも簡単に覆す政治家が多い中で、氏は微動だにしませんでした。一貫していたのです。それが中川昭一氏を「国士」と言わしめるゆえんなのでしょう。


以下は、昨年の拙ブログからの再掲載です。
======================
■いわゆる「核保有論議」
☆北朝鮮の核兵器実験の動向を受け、核関連議論の必要性を説いたことにより、サヨクメディアや政治家などから批判されたことを受けて。

「そもそも、私は核保有議論はしていません。核の議論をしましょうと言ったのです。もっと言えば、核の抑止力の議論を提言したいと言ったのです。それは、拉致も含めて日本の平和と安全に関する抑止力です。議論を封じ込めること自体が、おかしいんですよ

政調会長として言ったのではなく、一日本人として、一国会議員として当たり前のことを言っただけです

「まず、日本の安全のために何が必要ですか、ということです 北朝鮮がミサイルを撃ったり、拉致をしたり、核実験をしたとするならば、日本に対しては脅威でしょう? だとしたら、どうすれば日本の安全と平和は守られますかという疑問を僕は語っているわけ。北朝鮮が核実験を実行したのであれば、日本としても議論しなきゃいけないんじゃないですか、と言ってるんですよ。ワシントン・ポストだけじゃない。先週のウォールストリート・ジャーナル、NYタイムズでもこの議論は出てますよ。よく見て下さい。世界中が議論してるんです。なぜ日本だけ議論しないのですか」

「日経新聞を読むと、まるで私が『日本は核保有して、核兵器をバンバン撃つ』みたいな調子で書いている。何か勘違いしていますよ。日経の記者には『クオリティ紙と言われている日経が、全然違うということがよくわかった。なんで議論しちゃいけないの?』と聞き返した。僕は核保有論者でもないし、もちろん侵略論者でもない。日経の社説に、『軍事的にも日本の核武装は合理的ではないとほぼ結論が出ている』とありましたが、こんな結論なんか出てないですよ」

核の傘って何ですか? その本質的なところから、考えた方がいい。僕が言ってるのは、『自分の国は守ります』という意志と最低限の能力があることを示すのが、日米同盟じゃないのかということです。核以前に日本は何でもアメリカに守ってもらう、自衛隊もいらない、あるいは血を流さなくていい、と主張する人たちがいる。アメリカが日米同盟のもと、守ってくれているのだから、そういう議論もいらないという人がいれば、それはもうお笑いぐさです。アメリカはそこまでお人好しですか」 
(中川昭一ライブラリ>新聞・雑誌掲載コラム>2006.11.02 週刊文春 「核議論」は絶対に撤回しない! インタビュー記事(11月2日号)(自民党政調会長時代))

「十九世紀英国の首相パーマストン卿に、わが国に永遠の敵はいない。永遠の味方もいない。永遠なのは国益だけだという言葉があります。二度と戦争を起こしてはならない。二度と核兵器が使われることがあってはならない。それは当たり前です。平和や友好はたしかに喜ぶべきものでしょう。しかし国家主権を失い、日本人の心が失われて良いのかということなんです
=======================(以上、転載終わり)

「国家主権を失い、日本人の心が失われて良いのか」 この一言が中川氏が我々日本人に、日本国に問うていることではないでしょうか? 友好という美辞麗句に騙され、相手の言い分をのみ、守るべきものを見失い、相手の利益になることを日本の国会議員や日本のマスゴミが日常茶飯事のようにやっているのが現実です。 今日も日韓議員連盟のBBA6人が南朝鮮にご機嫌伺いにでかけてますが、こいつらなど中川氏が生きていたらどうされたでしょうか? 朝鮮人のダンナをもち、朝鮮人から献金をもらわないと政治活動ができない、おまけに重度障害者の息子も遺伝子上の母親は朝鮮人では?と思われる売国奴野田聖子に、バイブ辻元といった売国BBAズが祖国に遊びに行きました。

中川氏が逝去してから民主党政権が発足し、その間日本の国益はことごとく失われ、国家の誇りはズタズタにされ、日本人としての矜持もめちゃくちゃにされ、日本を売るような政策ばかり、そして東日本大震災…。 それまで政治に何の興味もなく、中川氏のことをただの酔っ払い会見した政治家くらいにしか思っていなかった人たちや自虐史観を信じていたような人たちが、その死後初めて政治家・中川昭一の思想、信念、そしてその大きな功績を知るところとなり、徐々に目覚めていきました。

そして、中川氏の意志をしっかり受け止めた政治家が現、第96代内閣総理大臣安倍晋三氏といえるのではないでしょうか。安倍総理の政策には賛成できないものも多々ありますが、中川氏の意志をしっかりと継承し、日本を守るために、日本の国益を守るために、当たり前のことを当たり前に行える国にするために粉骨砕身働いているのは間違いありません 

マスゴミは安倍内閣の支持率が最低になったニダ!と大喜びしていますが、もう醜い、下衆以外のなにものでもありませんね。どうせ、まともな日本人に対して聞いた世論調査ではなく、自分たちで適当に操作しているのですから。それを多くの国民は気が付いているのに、知らないのはてめえだけ。マスゴミのバカどもは熱中症で氏ねよ、カス。中川氏を殺したマスゴミは地獄へ墜ちろ! 

我々は中川氏のためにも、安倍総理、安倍政権を(賛成できない政策は批判しても)似非保守に騙されることなく、反日左翼やマスゴミのカスどもから守らなければなりません。それが中川氏へのご供養にもなるはずです。

中川氏が61回目の誕生日にあたり、日本国民、日本人へのメッセージをと聞かれたら、やっぱりこれでしょう。
おまえら・・・日本を頼んだぜ。そして安倍ちゃんや麻生さんを反日左翼やマスゴミから守ってやってくれよ!
b0169850_1444811.jpg






追記:おなじみ井上太郎氏のツイッターにイラク騒動で大人気だった高遠菜穂子(笑)としばき隊+有田ヨシフの話が出ています。また、外国人への生活保護の話も満載です。高遠菜穂子は反日左翼の手先として絶賛活動中ww 以下は一部転載です。 高遠菜穂子・・・税金で助けられたくせに恩を仇で返す、まるでどこかの土人と全く同じ(笑) ガザとかウクライナ東部あたりに行って撃ち殺されたらよろし。
==============
外務省の危険情報無視し、イラクで監禁され多額の税金により解放された、一水会とも統一戦線義勇軍とも噂される高遠菜穂子が自衛隊が駆けつけていたら撃ち殺されていたとほざいています。金払わなければだよ!アホ。救出に向けて自衛隊の情報や水面下で自衛隊幹部の交渉も知らないで最低な人間。
==============(以上、転載終わり)

井上氏のツイッターには今日も情報満載です!こちらからどうぞ!

by ariesgirl | 2014-07-21 14:35 | 愛国者・憂国議員 | Comments(8)