人気ブログランキング |

2012年 11月 04日 ( 1 )

シリア報道に見る胡散臭さとマスコミ

11月最初の日曜日です。日が暮れるのが本当に早くなりました。1か月前とは全然違いますね。あっという間に日が落ちていきます。以前仕事で冬の北海道に滞在した際、軽い時差ボケになりました(苦笑)午後4時半で真っ暗になったので、もう6時と勘違いしたことがあります。時差ボケくらいならなんてことはありませんが、今の日本人にとって一番問題なのは「平和ボケ」です。その平和ボケからいい加減に目を覚ますときが来ています。これで目が覚めないようであれば…。 その平和ボケを助長し、我が国をシナ朝鮮の思うがままにしようとする民主党。最近やたらと「中道」「ど真ん中」とバカの一つ覚えのように言っていますが、なんかクスリでもやったのかしら?それとも脱法ハーブ?シンナーでラリったのかしら?(笑)もともと朝鮮脳の売国奴ですけどww 先週、三度の飯より女が好きな細野性調会長政調会長がこんなことを言ってます。

===================
安倍、橋下、石原3氏は「タカ派」 細野氏「民主はど真ん中」と強調 2012.10.28 19:06 [民主党] 産経

民主党の細野豪志政調会長は28日、名古屋市で講演し、自民党の安倍晋三総裁や日本維新の会の橋下徹代表、新党結成を表明した石原慎太郎東京都知事に関し「3人は極めてタカ派的な言動をしてきた」と指摘。「戦後日本の平和主義、専守防衛という考え方は間違っていない。世論がタカ派の方向に流れるかもしれないが、民主党は真ん中にどっしりと立つ」と強調した。
===================
b0169850_21254165.jpg


さっすが~!性調会長❤「民主党は真ん中にどっしりと立つ」そうですか♪ 本当にその通りですね!でも、説明が不足しています。日本語がご不自由なのかもしれませんが、政治家である以上有権者には正しく説明する責任があるはずですね~。では女のことしか頭にないように見えてしまう、自称イケメン政治家、顔のシミ除去手術までやって頑張る性調会長に代わって、管理人が説明しましょう。 「民主党は真ん中にどっしりと立つ」⇒ 正しく説明すると…「民主党は『祖国・朝鮮半島』の真ん中にどっしりと立つ政党」「民主党は『祖国・朝鮮半島』を常に心の真ん中にどっしりと立てて、これからも日本解体破壊活動に邁進する」となります。「中道」も同じです。朝鮮とシナの真ん中の道にたって祖国に忠誠を尽くす売国政党という意味ですからね。前後の大事な部分が全部、わざと抜いて報道されますから、騙されるのです! 支持率が17%らしいですが、まだ17%もあることに驚きますね!!民主党と一蓮托生のマスゴミが下駄をはかせているだけで、本当の調査をしてみれば10%もないでしょう。今解散したら間違いなく大惨敗するのは目に見えていますから、ありとあらゆる方法で延命作業を行うつもりでしょうが、笑えるのは予算委員会も開きたくないことwww 選挙目当てで「中道」「真ん中」とまたもやイメージ先行に持ち込もうとしています、腐れ外道が!! タカ派、ハト派といいますが、ハトって平和のシンボルになってますが、管理人に言わせればあんな汚い鳥が何で平和のシンボルなのか理解不能!! ふんはバイキンだらけ(うちの妹は頭の上にふんがwwww 発狂しそうになってましたわwww)ハトって汚い場所に住みつくそうですから。それにハトとタカを比べたら、圧倒的にタカのほうがカッコいいでしょ!! タカの強さをほかの鳥は知っているから、タカには手を出さないし、出せない。下手をするとやられるから。タカ派ほど争いを避けるのです、知恵を絞って。猫多摩散歩日記2さまの最新記事をご覧ください! そこから一部画像を転載させて頂きます。どこまでふざけてるんだよ、この売国奴が!!
b0169850_2111977.jpg


さて、今日は以前から気になっていた「シリア報道」に関して。今CNNやABC、BBCなどの外国報道を見ると、必ずと言っていいほど「シリア」が報道されています。要するにチュニジアから始まった「アラブの春」と言われる民衆蜂起による革命。チュニジアから始まり、エジプトでもあれだけ続いた政権が倒れ、リビアもカダフィ大佐が殺され体制が崩壊、そして今は「シリア」のアサド政権と反体制派の内戦へ。

以前から西側各国の報道、国際世論は殆どシリアのアサド政権がいかに酷いものか、悪政の極みであるかのごとく報道しているわけですが、本当にそうなのかということが全く検証もされないままに世界中に垂れ流されていることが疑問でなりません。日本のマスゴミも、圧倒的に反政府勢力が発信する情報ばかりをつたえ、政府側の言い分は報道されない。完全な偏向報道であること。シリアの内戦も突然始まったのか、それともどこからか、誰かが持ち込んだものなのか… もちろん、管理人にはシリア人の知り合いもいないし、何の接点もない外国ではありますが、ひとくくりに「アラブ」と表現することも何かおかしいという気がしてならないのです。それは「アジア」「東アジア」というくくりと同じものです。アジアといっても、それぞれに全く国柄も国民性も違う、ましてや東アジアなどと言っても特アと日本では全然違うことは明らかなのと同じように。「アラブ」といっても、クウェートやサウジアラビアのような金持ちの国、イエメンといった裕福ではない国、イスラムの国であってもシーア派、スンニ派など様々な派に分かれ、その力関係も各国で違うでしょう。アラブ世界は相当複雑なものがあるはずにも関わらず、ひとくくりにして「アラブの春」と報道することにものすごい違和感を覚えます。世界のマスコミはなんでも十把一絡げで報道しようとしているような

エジプトも前政権が民衆によって倒れた後、倒してみたはいいけれど新しい政権は望んでいたものとは違っていた、民衆の不満は残ったまま。とはいえエジプトは前に進んだのでしょう。リビアにしても政府の崩壊、カダフィー大佐の暗殺にしても「アラブの春」を大義名分にして利用されたように見えます。

また、シリアについても相当意図的に編集されているような気がしてなりません。西側(外国)メディアのニュースも政府軍が一般市民を無差別に攻撃し虐殺したと流れていますが、本当にそうなのかと。政府軍に化けた反政府勢力が一般市民を虐殺している場合もあるかもしれないし、映像では子供や親族を攻撃で亡くした女性などが泣き叫ぶ映像がよく流れます。ほとんどの場合、字幕スーパーで「政府軍が無差別に攻撃してきた。私の子供が死んでしまった」などと書かれますが、本当にそれが事実なのか? それを検証するという作業は全く行われていないように思えてなりません。前述のように真逆のケースもあるのではないかと思うのです。

本当に報道されていることが事実なのか?と誰も疑問の声をあげない。どちらかの一方的な報道、恣意的な報道。西側の報道機関から流される内容はかなり疑わしいように思えてなりません。もしかしたらそういう声が内部からでたとしても強大な力によって揉み消されてしまっているのかもしれません。管理人はアラブ世界に何の縁もありません。こう考えるのも確固たる根拠があるわけでもありませんが、直感としてそう思うのです。もしかしたら、「アラブの春」「シリア報道」など、西側諸国の報道はタダのプロパガンダ機関に成り下がってしまったような…そしてアルジャジーラも西側の報道と極めて似ている内容です。シリア報道を見ていると、反政府側に一方的に肩入れして報道機関自体がシリア政府の転覆を狙っているようにさえ見えます。

シリア報道を見ていると、日本も全く同じ報道姿勢、構造になっていることがわかります。まるで鏡を見ているかのように 3年前にマスゴミ総動員で麻生政権(自民党政権)を政治家の資質とは無関係なことで叩きまくり、功績は一切報道することなく、民主党に肩入れし世論を煽動した結果が今の日本です。マスゴミの一方的な偏向報道で、ある意味日本に「反日革命政権」を誕生させ、今や国家の根幹が浸食され、反日勢力と反日外国人に乗っ取られる寸前。世界のマスコミは今や偏向報道、どちらかにひたすら肩入れするだけのプロパガンダ機関に成り下がってしまったと言っても過言ではないでしょう。

日本のマスコミの酷さは今更言うまでもありません。山中京都大学教授の素晴らしい成果に泥を塗った報道、全く裏もとらずに森口とかいう似非学者のことを報道するわ、尼崎のあの鬼畜ババアの顔写真も全く別人のものを平気で掲載、クレームがついてから誤って写真を差し替えるという、報道というのもはばかられるほどの酷さ。尼崎のあの凄惨極まる事件報道の主犯をはじめとする在日南北朝鮮人の名前は何故か本名ではなく通名での報道をみても、狂っていることがわかります。 ちなみにスマホウイルスの犯人も在日韓国人(李和弘であるにもかかわらず、通名での田川和弘と報道)本名での報道はしない外国人の犯罪を日本人の犯罪であるかのように報道するのは日本人に対する差別です。管理人の地元で起こった伊藤一長長崎市長の射殺事件も同じ。あの犯人は在日です。県警は本名を発表したにも関わらずマスゴミは通名を垂れ流し。以下は、スマホウイルスの通名報道に関する批判の声です。

=======================
「犯人が韓国籍だったにも関わらず、さも日本人の犯行として伝わった今回の事件について、ネット掲示板では、「なんで在日であることを隠す?通名はあくまでも通名なんだから、犯罪者はしっかり本名で報道してくれよ」「こういうのは判明した時点ですぐに訂正とかしないものなの?」「外国人が日本の名前で報道されて、凶悪犯罪でも日本人がやったことになるのはおかしいでしょ」と、報道機関への批判が噴出した。

また、最近では、全く無関係な人物の写真を凶悪事件の容疑者として報道したり、ノーベル賞で話題になったiPS細胞の臨床応用が成功したという虚偽の内容を報道するなど、マスコミによる誤報が相次いでおり、「マスコミ関係、最近こういうミスばっかりだな。何を信じたらいいのかわからなくなる」「捏造報道が当たり前になってきてない?怖いよね」と、不安を抱く声も多く見られた。
http://news.livedoor.com/article/detail/7104384/
=========================

このように日本の報道と西側諸国の報道…もう目くそ鼻くそ、大差ありませんね。日本のマスゴミは朝鮮人に牛耳られ、西側の場合は大半をユダヤ系に牛耳られているわけですから。海の向こうのシリアをはじめとするアラブ諸国と日本。これは無関係な話ではありません。間違った情報、一方的な情報を疑うことをせずに鵜呑みにして、取り込んでしまうことは国家にとって存亡の危機を自ら招く命取りになりかねないと思います。そして、これだけネット社会が広がった現在、出来るだけ多くの国民が正確な情報を得ることが本当に重要な世の中になったことを今さらながら痛感します。

いわゆる、「メディア・リテラシー」を磨く必要性、玉石混交の溢れる情報の中から本当に大事なもの、必要なもの、真偽を見極める力が何よりも必要だと思います。そのためには、常に「これは本当か?」と疑う、自分の頭で考えることが大切であり、一方的な情報、プロパガンダを信じ込んでしまうことは真実を見抜く目を曇らせ、情報戦争を一方的に仕掛けられ、知らぬ間に操り人形と化してしまう可能性が強いことを認識しておく必要があると、胡散臭さを感じるシリア報道を見て一層強く思いました。
b0169850_21311650.jpg

b0169850_2132142.jpg

by ariesgirl | 2012-11-04 21:26 | マスゴミ | Comments(5)