人気ブログランキング |

2011年 12月 11日 ( 1 )

「決断」 ~坂の上の雲で見えたこと~

今日は東日本大震災から丸9か月の十六夜です。改めてお亡くなりになられた多くの方たちのご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の復興と皆様の穏やかな生活が取り戻されることを願ってやみません。そして、福島原発の一日も早い収束と作業に従事されている皆様のご無事をお祈り申し上げます。

先日体調不良による入院で退任した福島原発の吉田所長ですが、「食道ガン」であることを自ら公表されました。非公開にしたことで(反核団体や反原発の左翼団体などから)あらぬ疑いをかけられ、それが事故収束作業に支障をきたすことが考えられるためとのこと。管理人は吉田氏は胃がんではないかと思っていたのですが、食道ガン。事故からずっと現場の最前線で誰よりも責任を感じながら、事故収束の総指揮官として本社や余計な外野と戦い続けた精神的肉体的疲労ストレスなどなど我々の想像を絶するものがあったと思います。ご本人は断腸の思いで現場を離れたことと思いますが、まずは体を治して頂きたいと思います。

さて、9日に臨時国会が閉会しました、延長要請をガン無視した現政権のせいで。呆れますわ。もう仕事納めですか??世の中のどんな小さい企業もまだ稼働中ですが、震災のあったこの年の国会を閉会して国民も被災地も放り出して早や仕事納めとは…本当に売国クズの集まりですね、民主党は。国会が続けば続くほど、西田議員や稲田議員、高市議員、佐藤議員などから追及されまくってロクな答弁もできずぼろがでるから、とっとと閉会(怒) 閉会後はみーんな地元に戻って、自己正当化に力をいれて票集めに走りまわるのでしょう、師走ですから。

それにマルチ山岡となーんも知らない防衛大臣の問責決議が可決されたにもかかわらず、野ブタは国会閉会で逃げまくり。まさに敵前逃亡の豚ズラというべきでしょう。「二人とも続投させるブヒ、職責を全うしてもらうブヒ」 野ブタには一国の総理という自覚よりも、民主党の代表という意識だけしか働いていないようです。マルチや一川をクビにしたら、また党内が滅茶苦茶になって足元から崩れる~それだけは避けたいブーということでしょうね。本当にムカつきます!!!! こんな連中に一票を投じた有権者は恥を知れ!といいたいです。

さて、本題に入ります。先ほど犬HKの「坂の上の雲」を見ました。内容については割愛致しますが、マイナス10度、極寒の満州で今とは比較にならないほど弱い防寒対策で、戦い日本を守ってくれた先人達に感謝の言葉しか見つかりません。もし、日露戦争で負けていたら…もちろん日本はロシアに占領され(帝政ロシアは滅亡)その後ソビエト共産党の支配下にはいり、皇室壊体、ロシア語使用、日本語の禁止、神社仏閣全滅となり、2000年の日本の歴史にピリオドが打たれていたことでしょう。ゾッとします。

さて、感じることは明治の政治家、軍人たちと今の我々、特に政治家を比べると、知性、教養もそうですが、比較にならないほど肝が据わっている、胆力が全然違うのではないかということです。そして、国家に対する思い、国家観もです。幕末の維新からわずか35年あまりで当時最強であった白人国家ロシアを相手に戦った先人達。ちょんまげに刀、草履をはいていた時代から35年あまりでです。どれだけの犠牲を払い、血を流しながら、日本国の独立を守り、曲がりなりにも平和な今に繋げてくれた…それは国家存亡の危機を多くの先人たちの屍と努力の賜物なのです。日本は建国から2000年以上、独立を守ってこれたのは、先人たちの弛まぬ努力と挑戦のおかげでしょう。時には血を流し、命を盾にしながらの努力と挑戦…先人たちの努力の結晶によって、日本は他国からの侵略という憂き目にあわず独立を守ってきたわけですが、その道のりは決して平たんでも順風満帆でもなく、むしろ薄氷を踏むことの連続だったのではないでしょうか?それでも先人たちは知恵を絞り努力を惜しまず、時には命さえ惜しまなかったのです。それを可能にしたものは何か?それは先人達が日本という祖国を愛し、誇りを持っていたからではないのでしょうか? このような先人達、素晴らしいと思いませんか!?

日露戦争から100年が過ぎた現在。残念ながら肝が据わり、そういう資質をもった政治家を殆ど見ることができないのは言葉にならないほど情けなく悔しいことです。丁度先週の日曜日にある方(仮称:X氏)とお話しをさせて頂いたときに、政治家に必要なこととして、もちろん愛国者であることと同時に、「決断力」「決断の速さ」というお話しがありました。確かにそうと言えるでしょう。特に総理となった者の決断が遅れることで、国益を失うことに直結するからです。シナや朝鮮のやりたい放題を見ていればすぐにわかることです。「坂の上の雲」においても、決断を下さなければならない事態が連続しておこります。

決断とは一瞬のことです。しかし、決断を下すためにはその対象となるべきものに対する深い理解・精査、そして大きく言えば何年あるいは何十年という準備が不可欠であり、決断を下すという行為はその上に成り立つものだと思います。決断するべき対象に関し、ありとあらゆる事態を想定し、対策を講じ、A案がダメならB案、B案がダメならC案、C案がダメならD案というような準備があってこその決断でしょう。その決断も身を切られるほど辛く、多くの犠牲を覚悟しなければならない場合もあるはずですが、それでもやらなければ国が滅びるとなると、鬼になるのが国を愛する政治家・いわんや総理大臣の姿だと思います。

何の考えもなく一瞬の決断を下すのはタダのバカ、スカタンであって、仮にまぐれでそれがうまくいったとしても、朝鮮玉入れなどで見られる「ビギナーズラック」と同じ、一回こっきりです。反日売国奴は国家を否定し、つまり日本を否定し、何の考えもなくただ相手に媚を売る、何の決断もせず、責任もとらず…決断が速いのはシナや朝鮮への無用な援助と日本人差別の政策だけです。何の準備もない、空っぽの頭、自分のことしか考えない、反日クズだらけの民主党政権。 色々な本を読んでも、明治の末期、国家存亡の危機を戦いぬいた先人達と比較したときに物凄い脱力感を覚えるのです、全てにおいて。 先人達は日本をどうするのか、そのためには自分は自分たちはどう生きるのか、国つまり日本と言う国家を単位として考え、常に脳裡に置きながら、木を見て森を見ずではなく、大局的に物事を見つめ、清濁を併せのみながら、時には辛い決断を下して時代を生きていたように思えるのです。 管理人などまだまだ修行中の身ですが、そのような日本人でありたいと強く思います。

ちなみに、「坂の上の雲」でも語られた明治の凄腕諜報員である明石元二郎大佐。語学堪能(英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語が堪能)であった大佐はロシアに虐げられていたヨーロッパ各国とロシア国内で大諜報活動を展開し、日露戦争の勝利に大きく貢献したわけですが、その明石大佐のお孫さんである明石元紹氏は今上陛下の学習院大学での御学友でいらっしゃいます。これも何かのお導きではないかと思ったりする管理人です・・・。

by ariesgirl | 2011-12-11 21:58 | 管理人の主張 | Comments(7)