人気ブログランキング |

パンドラの箱~靖国神社清掃奉仕で見えた希望~

やっとパソコンが何とか復調致しました…とはいえ、騙し騙しでやることになるので、いつどうなるかわかりません。知人に言わせると、「パソコンなんて3年くらいで寿命なんだから、もう買い変えたら?」と。もう次に同様の問題が発生したら買い替えになるわけですが、その時は富士通のmade in Japan 出雲モデルを購入します。が・・・管理人の懐事情は現在北風どころか、大型台風が居座り、停滞中(笑) もうしばらくは持ちこたえてもらわないといけませんww

さて、先日の大阪ダブル選挙。予想通り橋下徹氏の圧勝でした。橋下氏がどういう御仁かわかりませんが、彼の年齢から考えると将来的には国政にうってでるのかなあと想像しています。仕事の関係で橋下氏と同期の弁護士の方と多少お付き合いがあるのですが、まだ橋下氏が府知事就任1年くらいの時期に、その方が「たぶん彼は将来国政に出ると思う」と言っていたことを思い出しました。 同志の松井氏が大阪府知事となり協力して色々とやっていくのでしょうが、「大阪民国」と揶揄され、生活保護受給率日本一という余り褒められない現状を打開し、大阪に巣くう売国奴を蹴散らして、日本人が安心して暮らせる大阪にして頂きたいと思います。(ちなみに、管理人の叔父夫婦も大阪市内在住です)

今日は先日ご退院された天皇陛下が退院後初のご公務として、東日本大震災で殉職した消防官の慰霊祭に皇后陛下とご一緒にお出ましあそばされました。まだ退院されてから数日しかたたないのに、大丈夫かと心配せずにはいられませんが、陛下の強いご意向で慰霊祭にお出ましになられたとのこと。もうしばらくは無理をせず療養して頂きたいものですが…。

しばらくは騙し騙しの状態でのブログ更新となるため、短めの記事でお送りいたします。日曜日の出来事、ほんの少しいい話です。27日の日曜日は年に4回開催される「靖国神社清掃奉仕」の今年最後のご奉仕日でした。この季節は一年の中で一番仕事量が多く(落ち葉だらけ)、やりがいがあります。今回は今年最後ということもあって、かなりの数の参加者だったようです。管理人も清掃奉仕に参加させて頂き、早や5年がたちました。老若男女さまざまな年齢の方が参加され、顔なじみの方も増え、色々な情報交換もできる貴重な場でもあります。清掃奉仕の前には昇殿参拝、靖国にお祀りされている全ての英霊に我が国とご皇室のご加護、売国奴・反日軍の壊滅へのお力添えをお願いいたしました。昇殿で参拝すると、いつものことながら身の引き締まるような感覚になります。 簡素で何の飾りも無い本殿、お供え物と大きな鏡があるだけ…ピリッとした冷気とその鏡の向こうから英霊の嘆きと怒りの声が聞こえてくるような思いでした。 「どうしてこんなことになったんだ。お前たちは一体何をしているんだ。それでも日本人か!自分たちは何のために戦ったのか」と。

そのあとは清掃奉仕にとりかかります。枯葉が多く、かなり掃きがいのあるもので、参加していた子供たちも大きな塵取りをもって枯葉集めに精をだしていました。管理人も見事に色づいたイチョウの葉をせっせと掃き集めていると、一人の男の子がやってきました。

「これ持って行っていい?」「じゃあ、お願いね。ありがとう」「ぼく、何回目?」「2回目、8月が初めて。おばさんは??」「(おばさん…オバサン…orz) 私はもう20回目くらいかな。ぼくは何年生?「4年生」「じゃあ、10歳?」「うん、10歳。 おばさん、よくわかったね(笑)(また、おばさん(><)ww)」「ということは、私はぼくが5歳のときから、靖国神社の掃除に参加していることになるね」「へえ~凄いね」「今日はお父さんやお母さんと一緒?」「うん、でも今日は8月みたいに虫がいなくてつまらない」「虫?」「8月は蝉がたくさんいたんだよ。ぬけがらだけじゃなくて蝉がいっぱい」「そうねえ、今日はもう蝉いないし。残念ね。次もくる?」「たぶん来ると思う」「そう、ぼくも忙しいかもしれないけど、ここは大事な場所だからずっと参加してね」

久しぶりに若い男性(それも未成年)と話してドキドキしました(笑) 色が黒くて目がくりっとした元気な男の子でした。ああいう子供が参加しているのを見ると、本当に嬉しくなります。靖国神社がどういうところでどんな意味をもった場所なのか、それはまだ理解できないかもしれませんが徐々に理解して、当たり前に祖国を愛し、皇室を敬い、日本人に生まれ育ったことを誇りとするたくましい日本男児に成長してほしい、偉くなくても心やさしく強い、正しい日本人に
なってほしい
と願わずにはいられません。 2年前の政権交代で目の前に釣られたエサに食いついた多くの日本人とそれを煽りたてたマスゴミが作った政権交代、まるでパンドラの箱を開けたかの如く、数限りないほどの売国奴や反日左翼、売国法案、壊国法案が飛び出していきました。そして、悪夢のような現在に至ります。

でも、パンドラの箱の底には「希望」が残されていたのと同じように、今回の出来事は暗闇の中にわずかに見える希望の光のように感じました。子供たちが自虐史観などに毒されていない教育をまともな教師から受ければ、そして「教育勅語」を復活すれば絶対にまっとうな日本人に育つはず、子供達は我が国の希望です。だからこそ、大人がしっかりしないといけないので、管理人も少しは手本になれるような大人になりたいものです。 しかし…オバサン(笑) 面と向かって言われると、ちょっと複雑(笑) 10歳の子供から見れば、間違いなくオバサンですね! これで「おねえさん」と言わせようモンなら、おかしな団体の方から「子供の意志を捻じ曲げている」「子供の権利が踏みにじられている」などと、難癖をつけられて犯罪者にされそうですww  まあ、10歳の子供に管理人くらいの年の女を「おねえさん」と呼べというのは「目で煎餅を噛め」というのと同じくらい無理な話でしょうから(笑) と言いながら、地元の友達の子供には「おばさんと言ったらぶっ飛ばす!」と呪文のように刷り込み、教育しています(笑) やはり、子供の教育は大事ですね(笑) 

by ariesgirl | 2011-11-29 20:26 | 靖国神社 | Comments(8)