人気ブログランキング |

2011年 05月 20日 ( 1 )

やはり、自分たちの安全が第一!!

今日は何度も揺れました。これも日本の荒ぶる神々の御心でしょうか?明日シナと朝鮮のゴロツキがやってきます。もしかしたら、そのことに神々の怒りが…できれば首脳会談をやっている最中にドカンと揺れてくれたらいいのに!!

今日は我が地元西岡武夫参議院議長の話題にと思っていましたが、夕方になって官邸の日本人見殺しと原発テロが明らかになりましたのでそちらをお送りします。

1.1号機海水注入、官邸指示で中断 (JNNより)=========================
メルトダウンが明らかになった1号機をめぐる新たな事実です。震災が発生した翌日の3月12日の夜、東京電力が海水注入を開始したにもかかわらず、総理官邸の指示により、およそ1時間にわたって注入を中断させられていたことがJNNの取材で明らかになりました。 「20時20分から、現地では第1号機に海水を注入するという、ある意味、異例ではありますけれども、そういった措置がスタートしております」(菅首相、3月12日) 1号機の原子炉への海水注入は当初、3月12日の午後8時20分から始まったとされていましたが、実は1時間以上早い午後7時4分に開始されていたことが、今月16日に東電が公開した資料に明記されています。

真水が底をついたため東電が海水注入に踏み切ったものですが、政府関係者らの話によりますと、東電が海水注入の開始を総理官邸に報告したところ、官邸側は「事前の相談がなかったと東電の対応を批判。その上で、海水注入を直ちに中止するよう東電に指示し、その結果、午後7時25分、海水注入が中止されました。 そして、その40分後の午後8時5分に官邸側から海水注入を再開するよう再度連絡があり、午後8時20分に注入が再開されたということです。 1号機については、燃料がほぼすべて溶け落ちる「完全メルトダウン」という最も深刻な状況であることが明らかになっています。事故の初期段階で、官邸側の指示により55分間にわたって水の注入が中断されたわけですが、専門家は「あの段階では核燃料を冷やし続けるべきで、海水注入を中断すべきではなかった」と指摘します。

「(Q.淡水がつきれば速やかに海水注入すべき?)原理的にまさにそういうこと。(Q.中断より注入続けたほうがよかった?)そうだと思いますね。特に理由がないのであれば」(東京大学総合研究機構長 寺井隆幸教授) JNNでは、政府の原子力災害対策本部に対し、官邸が海水注入の中止を指示した理由などについて文書で質問しましたが、対策本部の広報担当者は「中止の指示について確認ができず、わからない」と口頭で回答を寄せています。(20日15:59)
=============================

**やはり原発の事故は「菅邸」が引き起こした「人災」であることがここに改めて決定となりました。原発事故対応より自分たちをはずされたことしか、空の脳内にはないのです。カンチョクトはプロ市民あがりの「原発テロリスト」、「相談がなかった」という小学生並みのレベルで東電に嫌がらせ、「政治主導」で日本人を危険にさらし、日本を崩壊させるわけです。震災発生で一番得をし、「これで2年は総理でいられる」と言ったらしいカンチョクトですが、まさに「歩く人災」、「宰相不幸社会を招いた戦犯」です。「原子力に詳しい」と豪語していたわけですが、大学生の間学生運動ばかりやっていた男が専攻科の内容をまともに勉強していたとはとうてい思えません。そんなに詳しいのであれば、小学生並みのレベルで海水注入を中断させることなどないわけですから。

2.菅首相視察前、官邸に予測図=放射性物質の流れ確認? 
時事通信 5月19日(木)22時16分配信
========================
東京電力福島第1原発事故の発生直後の3月12日未明、放射性物質が原発の海側に向かうことを示す「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の予測図が首相官邸に届けられていたことが19日、分かった。民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長や政府関係者が明らかにした。川内氏らによると、予測図は3月12日午前1時12分、経済産業省原子力安全・保安院からファクスで送信された。第1原発1号機で格納容器の蒸気を外部に放出する「ベント」を行った場合、同3時から同6時までの間、放射性物質が全て海に向かうことを示す内容だった。

3月12日朝に首相は第1原発を視察。SPEEDIの予測図は住民には長く公表されなかったものの、首相の視察前に放射性物質の流れを知るため利用されたのではないかとの疑念の声もある。川内氏は「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」と話している。


3.SPEEDI問題「首相は万死に値する」 
みんな・渡辺代表 2011.5.20 17:40 (産経より)
========================
みんなの党の渡辺喜美代表は20日午後の記者会見で、東京電力福島第1原発事故が発生した直後の3月12日未明に緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の予測図が首相官邸に送られていた問題について「菅直人首相は自分が福島に(視察に)行くときは利用しておいて、肝心要の情報を隠匿して出さず、大被害を受けたのが住民だ。首相は万死に値する」と強く批判した。
=====================

More

by ariesgirl | 2011-05-20 22:44 | 民主党 | Comments(9)