人気ブログランキング |

テロリスト・金 賢姫元死刑囚来日の胡散臭さ

今日2回目の更新です。祝日だからというわけではありませんが、気になることを。

明日金 賢姫元死刑囚が来日します。この来日、ハッキリ言って胡散臭い、いやーなキナ臭いものを感じてなりません!! 何故そう感じるのか?? 日本人の「蜂谷真由美」という偽装パスポートを使って大韓航空機を爆破させた鮮人テロリストが何しにくるのさ??? そう感じる理由は・・・

・日本国内的には民主党はこれだけ一生懸命拉致問題に取り組んでいる!」という見栄見栄のパフォーマンスだから。だいたい、横田めぐみさんの拉致にも関わったシンガンスの釈放嘆願書に堂々とサインした男が総理、女が議員落選・民間法務大臣というありえないことを平然とやってのける、テロリスト支援の政党と内閣が何を言っても説得力はない!!

・拉致問題の象徴でもある「ブルーリボン」を被害者家族との面会時だけ着用し、終わったらすぐにはずす朝鮮人DNAの総理をトップにいただく鮮人与党と鮮人内閣に何ができるのか?やってることと言ってることが真逆。

・テロリストでもあり、かつ外国において死刑判決を受けた金 賢姫を入管法を捻じ曲げてまで、なぜ日本に入国させるのか?これも法務大臣の裁量によるので、まさにあのクソババアがまた法律違反を堂々と行ったのである。やはり、同胞への大きな愛か?? こんな悪しき前例を作ったことで、いくらでも難癖をつけた犯罪者の入国が可能となる。

日本人の偽造パスポートを使いテロをやってのけた女。その罪状はまだ継続中であるにもかかわらず、警視庁は事情聴取もしない。一体、警視庁はいつからテロリスト擁護団体となったのか?絶対におかしい!!

・金 賢姫元死刑囚は「横田ご夫妻に色々とお話したい」ということでの来日だが、何故テロリストのために日本国民の莫大な税金を使って、チャーター機を用意し、かつ大量の警備態勢と費用を使ってまで日本に呼ぶ必要があるのか疑問である どうしても横田ご夫妻に話したいことがあるのならば、日本政府は家族会と交渉し、横田ご夫妻や飯塚会長といった関係者と警察関係者に韓国へ行って話して頂くように万全の手配をすればいい話である。まさか、「金元死刑囚の来日は家族会の強い要望である」とかいいだすつもりじゃ…また、日本でなければ話せないような内容なのか、非常に疑問である

もちろん、管理人も拉致問題の進展、そして解決を望む国民の一人ですが、上記の通り今回の来日には疑問だらけです。あいかわらずマスゴミどもは金元死刑囚を工作員にされた可哀そうな女という見方をしていますし、日本国内でもそう感じている人が多いような気がします。しかし!そう思う理由は何でしょうか? 管理人としては、徹底的に仕込まれた工作員がそう簡単に元に戻るとは思えないんですが!! もし、万が一今でも北の工作員と何らかの接触をしていたらどうするのか??所詮北と南は同じ人種であり、特ア人には油断は絶対に禁物なのです。拉致という国家の主権を侵す犯罪、そしてその犯人に対し、話し合いなどというのは愚の骨頂であって、それこそ自衛隊に出動命令を出してでも拉致された日本人を奪還するというのが正常な主権国家の姿ではないでしょうか??これだけをとっても、日本は異常なのです。

 「泥棒に追い銭」 いつまでこの状態が続くのか、ご家族も御高齢であり、半島花火大会の開催が待ち望まれます。ある意味、奪還のチャンスになると思います。すべての拉致被害者が飛行機のタラップを降りてくる日が、日本人として生活できる日が一日も早く訪れることを願ってやみません。

最後にこれを言うと「人でなし!」と非難されるかもしれませんが、私は横田めぐみさんを始めとする日本人拉致被害者が無事に帰国できればいいのです。日本政府は日本国民である日本人拉致被害者を最優先して救出するべきであり、どこぞの被害者は元々北と同じなのですから関係ないのです!! 自国民を優先するのが当たり前なんですから!!

by ariesgirl | 2010-07-19 21:32 | 朝鮮・朝鮮人 | Comments(14)

祝!!海の日、そして国士・中川昭一57回生誕記念日

三連休最後の日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?本当に暑かった・・・・orz ここまで暑いと人間は何もやる気がでませんね。とはいえ、熱中症にはくれぐれも気をつけてください! 管理人は夏が苦手です。ただ、この暑さで体の贅肉が溶けて流れないものかと真剣に思ってしまいます。

さて、今日は「海の日」国民の祝日です。ご存知の通り、平成8年(1996年)に制定された日本の国民の祝日です。祝日法では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」とされています。この日が祝日と制定される以前より、7月20日は「海の記念日」として親しまれていました。ちなみに、明治9年(1876年)、明治天皇が東北地方を陸路から行幸せられ、汽船「明治丸」で横浜港へ帰港された日と刻まれています。

日本が海洋国家であることは皆さん百も承知のこと。日本を囲む海、シナ大陸、朝鮮半島と我が国を分けてきた海。古代から多くの恵みをもたらしてきた海。天然の防壁として我が国と民族を守ってきた海。日本民族は海とともに、自然とともに2000年以上生きてきました。

しかし、この海が特アによって侵されはじめています。「日本海」国際的に認められた呼称を「東海」と勝手によび、国技でもある慰安婦の枕ロビー活動を繰り返し、何が何でも「東海」を認めさせようと画策していることは御承知の通りです。鮮人に聞きたい。仮に日本列島が無いとすると、日本海はたぶん「太平洋」、それでも「東海」とゴネてメタボにケンカ売るつもりか?? えっ???

「竹島」「尖閣列島」「対馬」「沖ノ鳥島」「北方四島」…我が国固有の領土でもある島嶼が特ア、ロシアといった国から侵略、脅威を受けているのが現状です。にもかかわらず、この暴挙に対して何も言わず「差し上げます」といった姿勢を通す民主党。朝鮮人民党でもあり、我が国を守るための行動は一切起こさず、逆にそれらの国の犯罪者まがいの連中、不逞外人を受け入れようとさえする、その売国行動だけに躍起になっている連中です。日本を内側から壊滅すべく、自虐史観の徹底した植え付けで日本人の精神、魂を破壊する工作、すでに終わっていることを蒸し返し、「賠償」と言う名の税金垂れ流しを固定化さえしようとしています。未来の日本人を特アの奴隷とするために
b0169850_18314781.jpg


この朝鮮人のうそ・捏造を打ち破る本がアマゾンで予約受付中です。水間政憲氏の「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」です。水間氏の調査とブログによりますと・・・以下一部転載。
============================
また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

「その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。中略~根本的責任は、不法入国してきた当事者及び帰国を認めなかった韓国政府にあるのです。菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止するには、日本国民が朝鮮半島の真実を知ることが、一番有効な対抗策なのです。」
=============================

日本列島がなぜ四方を海に囲まれているのか?色々な意味でどれほどの恩恵を受けてきたのか?「日本の繁栄を願う」べく制定された「海の日」の意味は重く我々にのしかかってきます。日本を守ってくれた海を特アに穢され、「死の海」になど絶対にしてはならないのです。
b0169850_1822162.gif



さて、今日は故・中川昭一先生の生誕57回目の記念日です。一年前に日本を想う稀有の政治家・中川昭一が「日本があぶないから」という言葉を残し、余りにも突然鬼籍に入るなんて誰が想像したでしょう。今、中川先生は護国の鬼となって、日本を日本人を守りつづけてくださっています。その力を借りて、生きている我々が日本を守るべく、事実を周知し、日本を本当に自立した、日本人が一番輝く、小さくても理不尽なことには毅然と立ち向かう凛とした国にするために、可能な活動を地道に継続していきたいと思います。日本を守るために命をささげてくれた多くの日本人に報い、日本が永遠であるために。

そN中川先生のご夫人である郁子さんが産経のインタビューにつぎのように答えていらっしゃいます。(一部抜粋)

「 主人は不器用でも嘘はつかなかった 」全文はこちら

「そこで、なぜ子供の目が輝いていないのか、ということですが、正義を貫く勇気を社会が子供に教えていないからではないでしょうか主人は本当にばか正直で不器用でしたが、うそをつくことが決してなかった社会で生きていくにはうそもつかなくちゃいけないかもしれないけれど、せめて政治家はうそをつかないでほしい

「鳩山由紀夫前首相が(実母から)毎月1500万円ももらっていて『知らなかった』と責任を取らなかったような国にしないでほしい。菅直人首相も、言っていることがコロコロ変わる。変わるのは、うそをついてるからですよね。こんな単純なこと、子供でも気が付きます。だから子供の目が輝いてないんだと思います」

中川先生の突然すぎる死を何の関係もない我々があれほど衝撃をうけ、悲しみ、嘆き、無念に思うことを考えると、郁子夫人やご家族、盟友麻生閣下、安倍元総理の悲しみ、悔しさはどれほど深いものだろうかと思いますが、想像を絶するものがあると。そのご夫人が嘘つきの詐欺師だらけの現政権を柔らかいけれど鋭く批判されています。後継者としての話もあるようですが、私としてはあの中川昭一を26年支え続けてきた女性であり、その思いを一番理解し継承している方に間違いないと思います。もし、出馬されることがあれば応援したいと思っています。

「不器用でも嘘をつかない、まじめに汗を流して働く者が報われる国」元来日本人が共通してもっていた価値観を復活させなくてはなりません。中川昭一先生の生誕、神様が中川先生を日本に日本人として誕生させてくれたこと、日本が海洋国家であることに心から感謝する「海の日」です。

b0169850_1859152.jpg

やっぱり、この写真はサイコーですネ(^^)

追記:麻生閣下のツイッターとそして・・・中川先生のツイッターが!!!! 麻生閣下:「歴史認識はいっしょになるわけがない」みなさん、この発言タイムリーですねWW 何のことかお分かりでしょう(笑)

by ariesgirl | 2010-07-19 18:20 | 日本 | Comments(6)