人気ブログランキング |

2010年 06月 08日 ( 1 )

愚民にみる政治的倒錯

本日、極左反日侮日内閣が発足しました。閣僚名簿なんぞどうでもいいのでTVはみておりませんが、ヘドがでます。だいたい、鳩山内閣の副総理、つまりNo.2だった韓も政治的に責任を追及されていいはずですけどね。マスゴミはそんなことには一切ノータッチ。自民党なら袋叩きでしょう。

マスゴミ受けを狙い、シナのスパイである元クラリオンガール・黒ラベル蓮舫(旧姓:斎藤蓮舫、その前は謝 蓮舫)が「事業仕分け」の御褒美に大臣のイスを与えられたわけです。父親が台湾人ですが、本省人ではなく中国本土の人間であるともいわれてますし、シナの新聞も大騒ぎ。双子の母親であることをことのほか強調。(ちなみに子どもの名前はシナ人の名前です)頭がよくて弁も立つ、TV受けもいいのはわかりますが、アンタだいたい何の専門家なの?? 仕分けをするには専門家としての知識と経験が不可欠のはずにもかかわらず、何から何まで無駄遣いと決めつけ、「どうして日本が一番じゃなきゃダメなんですか?二番ではダメなんですか?」と。何の資源もない日本が世界で立ち行くためには世界最高の技術と人財が必要なこともわかっていない、所詮この程度の国家観レベルしかもっていない女が大臣なわけです。だいたい、主婦や母親の立場をやたらめったら強調する女にロクなのはいないというのが管理人の持論です。もし、管理人が仕分けの場にいたら蓮舫にこういいます。

「どうして専門家でもない蓮舫議員が仕分けするんですか?蓮舫議員じゃなきゃダメなんですか?」
b0169850_213754100.jpg

蓮舫先生の専門↑

そして、チョン松の後釜。牛を殺せと恫喝した山田が脳厘水産大臣とは…民主党の口蹄疫に対する認識がよくわかります。「中国から子牛を輸入」して和牛を全滅させるのが夢という山田、よほどやましいことがあったのかHPから「中国から子牛を輸入」という文言を速攻で削除したゲス野郎。民主党は何が何でも和牛を全滅させたいようです。でも大臣という立場になったら、逃げられませんからね、ゲス山田大臣。

さて、早速韓は「最少不幸社会」なる日本語とは思えない言葉をスローガンに掲げました。「最少不幸」って何?? この極左反日政権ができたことが、天皇皇后両陛下を始め、心ある日本人にとって最大の不幸であることは間違いありません。マスゴミはとにかく「脱汚沢」を宣伝し、クリーンな民主党!という刷り込みを行い参議院選挙まで持っていく「プランC]を実行中です。

これでまた情報弱者の愚民はだまされて、「民主党もクリーンになったことだし、がんばってもらいたい」という極めて脳足りんのお花畑で生活し続けるのかと思うと、殺意を覚えますお花畑の人達は究極のドMであり、民主党は究極のドSであるのである意味相性がいいのでしょう。いわゆる情弱の連中は政治的倒錯者です、政的倒錯ですね。性的倒錯についてはあくまでも個人の問題ですので、縛られたり、叩かれたり、殴られたり、ロウソクたらされたり、首輪をされたりして喜んで性的快感を覚えることは特にコメントすることもありませんが(笑)

しかし!政治的倒錯者は許せん!迷惑だ!!実害が多すぎるし、百害あって一利なし!!多くの日本愚民は民主から政治的に手足を縛られ、叩かれ、殴られ、ロウソクたらされ、ましてや煮えたぎる湯につけられてもわからない、政治的倒錯者、政治的目暗、究極の快感を感じているとしか思えません。表紙が変わっただけで中身は何も変わっていない民主党を支持する人はおそらく一生騙され続けるでしょう。騙されることが何にも代えがたい最高の快感であって、外国人に選挙権が与えられようと、家族がみな別姓になろうと、不逞外人に脅かされようと、ずっと絶頂感を味わっていたいわけです。常に相手を騙しつづけてきたシナ人がよく「騙されるヤツが悪い」といいますが、政治的倒錯者の場合はその通りでしょう。民主党(鮮人党)における国技発動、どうみても犯罪なのですが、それが犯罪とわからないように快感になるように前もって麻薬(ばら撒きという名の媚薬)を飲まされ続けて、麻薬中毒となっているのが、日本の情弱の連中なのです。聞く耳のある情弱なら目覚めさせることは可能ですが…

「騙すよりも騙される人間でありたい」

よく言われることですが、とんでもない!! 譲り合うこと、一歩下がってというのは日本人の美徳でもありますが、それが行き過ぎた結果、日本はどうなりましたか?? 騙されたことに気がつかず、いえ騙されるという快感に溺れたあげく、国がなくなっていた…そんなの真っ平御免です、管理人は。「騙されないように、色々な情報に触れ、本当かどうか疑い、情報を取捨選択し、物事を見る目を磨く」これが、今の日本と日本人に一番必要なことだと思えてなりません。

発足した極左反日侮日政権は日本人に対する最終通告であり、日本を良くするも破滅させるも日本人であることを突き付けられたのだと思います。反日軍vs日本軍の闘い、「日本人の覚悟と責任」を今問われています。「覚悟」を決める時期がきたのでしょう。日本人として現実を見据え、なすべきことをやる、沈黙は反日と同じ、と改めて肝に命じたいと思います。

by ariesgirl | 2010-06-08 22:07 | 日本 | Comments(7)