人気ブログランキング |

剥がれおちていくもの

今日は体操日本男子が37年ぶりの金メダル!という嬉しいニュースがありました。いや~37年ぶりって・・・そんなに世界選手権の金メダルから遠ざかっていたとは驚きました。それにあの王者内村選手が最後の鉄棒で落下するという・・まさに「サルも木から落ちる」のですね~!まあ、いくら王者でも人間ですからww でも、10代の若い選手の活躍もあって、見事に逃げ切って金メダル!本当におめでとうございます!!センターポールに日の丸が挙がるのは実に気持ちのいいものです。来年のオリンピックにつなげていただきたいですね。日本の美しい体操を世界に見せつけてもらいたいと思います。
b0169850_19324419.jpg


そして、銅メダルに終わったシナ。そのシナですが、先日ギネス世界記録となる世界最大のチャーハンが作られました。しかし!その後すぐに豚のエサとしてゴミ収集車で運ばれるという事件が起こり、ギネス認定は即取消となりました。

いや~実にシナの日常らしい、微笑ましささえ感じる事件ですね♪ メンツがすべて、認定されたら即豚のエサwww 食材に対する感謝の気持ち、それを育ててくれた人への感謝の気持ち、などみじんもないのがシナ人。それがシナ人の食事のマナーにも現れています。あの食い散らかし方は凄まじい、朝鮮人も同じ。とても人間が食事をした後とは思えませんから。獣だってもっときれいにたべますからね~
b0169850_19501443.jpg


顔かたちは東アジアというだけで似ているとひとくくりにされますが、あんなクズと日本人を一緒にしないでもらいたいわ!日本人の場合、まともな躾と基礎教育を受ければ「食べ物を粗末にするな!」「お米を残すな!残すと罰が当たるぞ!」食事の前には手を合わせて「いただきます」食事が済んだら手を合わせて「ごちそうさまでした」が当たり前です。

最近は、なりすましやおかしな基地外母親がろくなしつけもしない、できないのが問題になっていますが、まだ日本人はまともです。私も祖父母には本当に甘やかされましたが、食事に関しては別でした。残そうものなら「お百姓さんが汗水流して作ったものを残すとは何事か!」と叱られました。まあ、戦中戦後の食糧難を経験しているから余計に孫である私にそのように言ったのだと思いますが、今では感謝するばかりです。どうしても食べられそうにないときは、箸をつけるまえに減らしてもらいました。今でもそうです。基本は出されたものは残さない!(笑)外食してもまず残しませんわ(笑)

シナ人、朝鮮人、日本人、この三者は全く似て非なるもの。食事のマナー一つとっても、食べ物への感謝についても同じ。民度が全然違います。シナや朝鮮と一緒にされるのは日本人にとって、屈辱以外の何物でもありませんからね。
シナのチャーハン豚のエサ事件はまさにシナという国家を表しています。少し前までは飢え死にしていた人間が山ほどいたのに・・・あれはお芝居だったのでしょうか。まあ、一番の無駄飯食いはシナ共産党の幹部やキンペー君ですから、そっちの連中をとっとと豚のエサにしないとダメではないでしょうか!
b0169850_21194870.jpg


さて、連日お送りしている皇室記事。もう出るわ、出るわ、まるでダムが決壊するかのごとく内廷皇族の問題だらけ。特に今上陛下とミテコ皇后には開いた口が塞がらないほどの酷さ。ここまで頭と性格が悪いお二人だったとは・・・(呆然)

ただ、これほど出てくるなんて、今までは菊の分厚いカーテン、鉄板のようなカーテンで守られてきた不祥事も80代の夫婦がついてこれないほどの速さで発達していくインターネットの世界がぶっ壊し始めました。

GHQから皇室破壊のために送り込まれたのが正田美智子さん。現皇后様です。母親の正田富美は「天皇など偉くない」と教育し、かつ天皇家との縁談を「闘争だった」という思想の持ち主です。そんなのが母親だったら娘がどうなるか? それは現皇太子妃とその実家、両親を見れば一目瞭然ですね。つまり、皇后様とアテクシ皇太子妃は同じ穴のムジナであり、似た者同士なのです。

だからこそ、皇后様はわがまま放題、仮病でおさぼり、国費を使い放題のバカ嫁とその嫁に逆らえない盆暗長男に対して、常に慈愛のお心で対処なさるのです。自分と似ているから、皇室の宝をオークションで売りさばいても、公務も祭祀もせずに夜遊び三昧でも、何もおっしゃらず注意もせず、見守っておいでなのです。その二人の間に生まれたたった一人の孫娘が可愛くてならないから、「孫の愛子」と仰せになり、何が何でも天皇にしようとあらゆる手を尽くされています。本当に可愛いのであれば、発達障害を隠さず、専門の教育を受けさせ、心静かに暮らせるようにするべきと考えるのは下々のものの余計なお世話なのでしょう。

その皇后様ですが、伏見あきまさ氏の「時を斬るブログ」さんが次から次に皇室を斬っています。もう読みごたえがありすぎて困るほどです(笑)伏見氏によれば、2017年が皇室にとって、つまり両陛下、東宮一家にとっての極限値とのこと。あと1年と少しですね。その時、全ての悪事が白日の下にさらされることを期待してやみません。そして、皇統が正常な形に戻り、秋篠宮殿下妃殿下が即位されることを心から願います。

皇后様はかねてから実はクリスチャンなのでは?と言われてきました。保守派の中には「正田家はカソリックだけど、皇后さまは洗礼を受けていない」という人たちもいますが、果たしてそうでしょうか?そんなおかしなことがあるのでしょうか?

これについて私は可能な限り調べてみました。

私の地元は長崎、歴史的にもカトリック信者が多いところです。私の友人知人にも多くいます。洗礼名はマリア、ジョアンナ、モニカ、アグネス、カタリナ、マグダレーナ、セバスチャン、ヨハネ、ルカなどなど・・・昔はこの洗礼名を「カッコイイ~」と単純に思ってましたwww 私が卒業した女子大はミッションスクール(ただし、プロテスタント)ですが、当然カトリック信者もたくさんいましたし、お寺の娘もいます。また、以前の職場の同僚にもカトリック信者がいました。

そういった関係者に皇后様のことなど一切言わずに、「両親がカトリック信者で、生まれた子供が洗礼を受けないケースがあるのか?」と問い合わせてみました。

すると・・・あり得ない!!という見事な結果がでました。親の片方が信者ではない場合は洗礼を受けない可能性はあるけども、両親ともが信者であれば100%受けさせるとのこと。特に母親が信者の場合は間違いないということです。本人の意志など、生まれたばかりの赤ちゃんには無関係だからだって。そりゃそうですね、某煎餅だって、親が信者だったら生まれた子供も自分の意志と無関係に信者になるのですから。まあ、あのカルトの場合、その異常さに気が付けば脱退も可能ですが。

私の友人知人のカトリック信者は家族全員が信者という人ばかりなのです。両親が信者ではなく、本人が結婚する際、相手がカトリックの場合改宗する人もいるそうですし、大昔の職場の同僚男性が相手がカトリックだったので改宗、二人の間に生まれた子供も当然洗礼を受けています。

ということは、両親兄弟がカトリック信者の正田美智子さんが一人だけ洗礼を受けていないというのはあり得ないし、筋が通らない話なのです。もちろん、カトリックが悪いとかいうことではなく、信者であっても神道の最高神官の家に嫁ぐのですから、当然神道を尊重すべきであり、ましてや聖書を持ち込んで、常陸宮殿下を改宗させようなどと言語道断なのです。それが先帝陛下の大逆鱗にふれ、「天皇家は神道の最高神官の家であるにもかかわらず、異教を持ち込むとは何事か!」と一喝されたことで一時的に失語症になったのです、皇后様は。 

ちなみに、友人知人のカトリック信者たちは神社にも寺院にも全然平気で参拝します。お宮参りは神社にいってますからね、お構いなしですわww さすがにクリスマスだけは信者としてミサに参列しているそうですが。また、カトリック信者のくせに二回も離婚した強者もいます(大笑)

さあ!では転載フリーとのことですので、早速以下に転載します。
===============-
【読者様より緊急・重要証拠】美智子皇后さまは入内後も夫、子供を連れて修道院に通っていた。転載フリー 2015-10-28 23:07:57 | Weblog

伏見先生こんばんは☆ 長文ですので投稿を公開なさるかなさらないかは先生に委ねますね。

私は大学病院に勤務をしておりまして、医療連携をしている全国の病院から定期的に病院の冊子が届き、職員が見られるようになっています。

九州大学病院別府病院  九大別府病院だより 2015 vol12 4ページ 対談 おんけん次代の思い出  元看護部長・関口さんと現教授の対談です。

その対談に昭和41年9月19日  皇太子殿下、皇太子妃殿下(現天皇皇后両陛下)が病院を視察に来院されたときのことを語っているのですが、その文中に、

『全国の看護の勉強会で宮内庁に女官として働いている妹さんがいる看護部長と知り合いになりました。 東宮御所の真上に神父さんの修道院があり、その修道院につれていってもらったことがあります。 妃殿下が子供さんと一緒の時はお顔が違うのだと聞いて、妃殿下も1人の母親だと微笑ましくなりました。

という件です。美智子様は入内してからもクリスチャンとして礼拝に行っていた。 積極的に関わっていたということですよね。それもおおっぴらに。しかも現皇太子と秋篠宮様もお連れになって。 今日、仕事の合間にふと手に取った冊子でした。。。シンクロかとびっくりです。

この冊子は今年の1月に発行されたものでした。 長文を失礼いたしました。 以上
=================(以上、転載終わり)

このようなことを言うとひんしゅくを買うと思いますし、表現に問題があるとは思いますが、カソリックほど、つまりクリスチャンほど過去に人殺しをしてきた連中はいません。スペイン人がインカやマヤの人たちを皆殺しにし、金銀財宝を盗み、彼らの信仰を認めず無理やり改宗させたことを思えばすぐにわかりますし、イエズス会の宣教師たちは苦難を乗り越えてイエスの教えを広める役目を大義名分にして、布教に成功した国を植民地にするために派遣された侵略者だったのですから。それを理解していた豊臣秀吉や徳川家康が禁教にしたのは当然だったと言えます。

それにどれだけ悪行三昧を行っても、懺悔すれば許されるのがかの教え。(過大解釈ですが)労働は神の罰とするのがキリスト教。もちろん、日本にも信者はいます。信仰の自由があるので構いませんが、一般人とは話が違います。皇后様は常にマリア様に忠誠を誓い、祈っておいでなのです。神道の最高神官の家に嫁いでも自身の信仰を捨てずにいるなんて、厚顔無恥も甚だしいし、傲慢で分をわきまえない人間であったといえます、皇后様は。誤解を招くと困りますが、クリスチャンを迫害したり、攻撃する意図は全くありませんので。異教徒であっても反日左翼でないかぎり、日本を愛する日本人である限り何の問題もありませんから。実際、私の友人は反日左翼のクリスチャンではありません!

ちなみに、この記事にある修道院とはカトリック・サレジオ修道会日本管区本部ということらしいです。

平成の世に入ってから、やたらと自然災害が多発するのはそこに原因があったのかもしれません。神道の祭祀王の跡取りが聖書を持ち込む異教徒を娶り、棄教するどころかそれを広めようとする、当然神道の祭祀も上っ面だけで本当に心をこめてのものではないから、祈りが通じるわけがない。常に「マリア様」と思っているわけですから。そんな適当な祭祀を行っても国家の安泰や国民の幸せに通じるわけがなく、自然災害から守る力があるとは思えません。

また、各種皇室ブログでは昭和天皇が大火災の時に市民を守るために、一種の防火林として、大切に守ってきた昭和の森を、現皇后様がいじめぬいた香淳皇后と同じ御所に入りたくないとごねて、昭和天皇が大きな情愛を込めて生育させた森を全部伐採し、昭和天皇が愛した、リスなどの小動物も追い出して100数十億という税金をかけて、映画も見れる新御所を作らせたのです。国民のお金を湯水のごとくお使いになり、裏では秋篠宮紀子妃殿下に12年も産児制限を課し、いじめ抜き、御手を振るご慈愛仮面を御被りになるのが皇后様です。

もしかしたら、今上陛下もすでに洗脳され改宗されているかもしれません。。。

以下は「でれでれ草」さんからの一部転載です。



=================
日本でも、戦後から平成の現在まで、社会を構成してた共通認識だった価値観が、ガラガラポンで崩壊中なんですね。

大日本帝国が滅んだあと、拝金主義とうのかしら、価値を決めるのは「お金がすべて」みたいになったのね。ま、無理もないかもね。

お国のために頑張っても、敗戦というかたちで裏切られた、とおもう人が多かったと思う。

戦前の、天皇をトップに置き、宮家、華族、国民と形成されてたヒエラルキーが、ガラガラポンになったし、道徳や忠誠心などをもっても、戦争に負けたこと、飢えがしのげるものではないこと、が明確になったもの。実際、旧華族でも、破産して飢えと貧困におちるお家もおおかったし。一方では、パンパンといわれてた進駐軍の愛人たちは、ドルがあればなんでもできた、というありさまだったし。

「お金がすべての価値を決める」

人の価値も、家のかちも、すべてがお金。お金があれば、法も倫理も超越できる。という考え方になったのね。

もう一つが、「どれだけ欧米にちかいか、似せているか」

でも価値が決まってたと思うの。この価値観のなかで、強者になったのが、正田家をはじめとするブルジョワなのね。英語を流ちょうに話すカトリック教徒。資産もあり、外国ともつながりがある。

そこから、美智子さんが乗り込んできたのね。

でも、だんだん日本の国が豊かになってきて、豊かさがあたりまえになってきたら、次は、学歴。

これも価値として、付加されるようになったのね。学歴の高低で、なにもかもきまる。

生涯獲得する資産も、人生のレベルも、人間の価値も学歴。 そして、ブランド信仰。

「1万円のノーブランドの鞄を持っているアナタより、シャネルの100万のバックを持っているから、私の方が上」 というアホな考え方。

その価値観のなかで、強者になったのが、小和田家をはじめとする家だったようにおもうの。そこから、雅子さんが、天皇家に乗り込んできたのね。

戦後の勝ち組としての正田家から美智子さんが、天皇家に乗り込んできたけど、、、。

正田家の資産のつくりかたが、あざとかったのねー。 国を売ろうが、裏切ろうが、関係ない。公害だそうが、人が苦しもうが関係ない。資産を増やせばいいの。帳消しになるの。平気平気、というお考え。

なんせ、美智子さまのご兄弟、みんな公害企業主なのよー。

・日清製粉 遺伝子組み換えの小麦に、猛毒の農薬を混ぜて売りさばく。

・花王 弟が取締役。害悪な化粧品を、派手な宣伝で売りさばき、顔を染みだらけにしたうえ、反日活動をおこない、デモまで発生。

・昭和電工 妹の嫁ぎ先。新潟水俣の公害企業主。

小和田家はもっとあざとくて、正田家のあざとさに加え、高学歴を得るために、不正を繰り返すのね。雅子さんは、学歴ロンタリングの見本みたいな、お方。実質、中卒で、英語も日本語も不自由な御方。

いろいろ情報が集まってきてわかることは、雅子さん、優秀どころか、実際は、普通学校にいけるかどうか、というレベルだったのかもとおもえるところがあるのね。アタマもゆるくて、股もゆるい。そういう女子だったみたい。

徳仁さまも、おなじように、実は普通学級にいけるかどうかの、ボーダーラインだったんでは、と思うとこがあるから、似た者同士で夫婦になったのね。

正田家、美智子さんは、カトリック。方向をまちがうと、お布施したらOK。天国に行けるからいいの、という考えでしょ。「アーメン」とかいいながら、新大陸で虐殺しまくったキリスト教のお寺さんと同種になるのね。

小和田家は、創価学会。海外ではオウムなみのカルトとして認定されているの。信者さんは真面目に仏教系の信仰をしている人も多いのだけど、なかには、学会に所属してさえすればOK。天国にいけるし、免罪される、と暴走する人がいるのね。「黒い手帳のはなし」というのがあって、ここの学会さんは、破防法に値することしているのよ。

でも、この人たち、地上の勝ち方を知ってたけど、天の理、天の法というものが、わかってなかったみたい。

カトリックとか仏教の倫理や教義の善悪関係なく、ただただ、金のために公害企業主をやってた正田も小和田も、人の肉を食らい、血を呑む地獄の住人なわけで、鬼の念仏というのかしら。どんなにお布施をしても、題目をとなえても、意味ないのね。

地上の法をかいくぐっても、天の法からは逃れられられないもの。

道徳の欠落、倫理のゆがみ、人を苦しめ、国をうらぎった因業が、乗り込み先の天皇家に、愛子様、という形で具現したのね。発達障害と長くいわれてつづけてたけど、統合失調症を発病するのでは、という鑑定もあり、、。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/4cbbfc109baa37794ce91d1d2788e6e8

発達障害は間違いなしの,愛子様ひとつに、正田家、美智子さま、小和田家、雅子さんの、野心と生存がかけられているって、、、、あるいみ、この方たちの、天運のはかなさ,、先行きの昏さに同情するわ。

そして、法則通り、家も家系もガラガラポンになるとおもう。

価値観を決めるのは、金ではなかった、学歴でもなかった、、、ということになるのね。その次は、日本古来の倫理と価値観に納まると思う。 そして、やっと、戦後が終わるんだと思うのよ。

皇室の極限値が2017年らしいの。美智子さま、雅子さんの、虚像と実像の露見。そのとき、戦後が終わるんだと思うの。もうすぐなのよ。
=================(以上、転載終わり)
b0169850_215938.gif

こんなコラ画像が作られる世の中になったのですね・・・

ではお清めを
b0169850_21511339.jpg

by ariesgirl | 2015-10-29 21:15 | 皇室 | Comments(6)

Commented by 私も at 2015-10-29 23:27 x
主だった皇室関係のブログを読んでいます。
まさか!?という気持ちといままでのなんでだろう?という疑問が腑に落ちるといいますか・・・
ボンクラ皇太子夫婦には消えて欲しいとしか思いませんが、天皇皇后にはまだ敬愛の気持ちが残っていましたが、パラオ慰霊の旅や災害の後の美術展鑑賞お出ましや昭和天皇や香淳皇后への尊敬もない心無い仕打ちなどを知ってこれはただ事でないと感じました。
主だったブログ主さんは精力的に今の皇室のおかしさを記事にして下さり、日本という国の行く末を憂いてらっしゃいます。
自分に出来ること、官邸へのメールや周囲の人に機会があったら自分の知っている事を広めていくことを心が下ています。
でれでれ草さまや伏見さま、BBさま、KUONさま、わがまま親父様、ナス子さまremmikikiさま、そしてアリエスさまの記事を毎日チェックして読んでいます。
日本という国が正しくあるためにできることをコツコツやるしかないと感じています。
Commented by 川の小石 at 2015-10-30 09:50 x
こんにちは。
私も猛烈にガラガラと崩れ落ちていく感覚を味わっています。
皇后は日本と日本人を慈しんでいない、むしろ征服しているような気持ちではないでしょうか。

そう思う根拠は、
一つは日本地図のピン刺し。大黒柱に釘を打ってはならないのと同じような、縁起でもないことです。
大河ドラマ「武田信玄」の演出で、武田軍が攻め落とした敵城に旗を刺し、旗が増えていく地図屏風を見て楽しむというものがありました。まさにあのシーンを連想します。

もう一つは被災地慰問のDVD販売です。
何の罪もないのに突然財産や家族を失った被災者の人々、荒れ果てた街並みと故郷。
その姿を演出に使い「励ます皇后様」などとナレーションを入れ、売る…!
この事実を知りまさかと思いつつその映像を見たとき、吐き気と怒りで皇后を直視できなくなりました。
神戸で被災した私は両陛下にお越しいただき感謝していましたが、まさかあの惨状を使って自分を神格化した映像を作るとは。
バス内ガッツポーズが嘘っぽいと感じたのは自分の心が汚れているせいだと思っていましたが、あれはパフォーマンスであり演技だったのだとよーく分かりました。


Commented by ariesgirl at 2015-10-30 16:02
>川の小石さま
こんにちは。天皇も皇后も真っ赤な反日左翼・・・シャレになりません。陛下は見事に50年かけて洗脳されたと思います。このところの安倍政権打倒の動きなど天皇にあるべき行為ですから。そして、コメントいただいたように私も唖然としたDVD販売。「金とんのかよ!ふざけんな!」と思いましたから。もう両陛下に対する敬意は吹き飛びました。今あるのは皇室と皇統を守ること、つまりは秋篠宮家と若宮様を守ることだと思っています。人の不幸、つまり日本人の不幸を喜んでいるのが皇后や東宮妃と小和田家です。このことを被災者の方たちが知ったらどう思うでしょうか?

>私もさま
こんにちは。ようこそ拙ブログへお越しくださいました。さて、私も皇室専門ブログに変更したわけではないのですが、もう書かざるを得ない状況となりました。信じられないことが芋づる式、でも自分の中に引っかかっていたことが見事なまでに他のブロガーの方たちが記事にしていました。できることは微々たるものですが、私の座右の銘でもある「微力であっても無力ではない」と言い聞かせ、自分にできることを続けていきたいと思っています。おそらく、安倍総理は天皇皇后の本性をある程度ご存じだと思っています。だからこそ、あの二人が総理を嫌うのです。
Commented by Cynar at 2015-10-30 23:27 x
アリエスさんこんばんは
表に出てみました(笑)

洗礼については両親どころか、祖母の代からですよ
h
ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7c9cffa819831b24bbfbd63d9f8eb57b
総代についてはこちら
h
ttp://e-vis.hatenablog.com/entry/2015/10/10/000000
ここのところBBさんはじめコーシツブログのみなさんが怒涛の勢いで記事を上げてくださって、本当にありがたいです
コメント欄にも重要情報がたくさんあって見逃せませんし、最近目覚めた人は追いつくの大変でしょうね(笑)
あれもこれもインターネット様様のおかげです
でなければ今頃絶賛だまされ中でしたよ
Commented by ariesgirl at 2015-11-01 16:03
> Cynar さま
こんにちは。浮上してくださったのですね!いらっしゃいませ~(笑)皇室ブロガーの皆様の怒涛の更新は素晴らしいですね。読むのに追いつきませんww 置いていかれないように走るのが精いっぱいですが、私も頑張りたいと思います。
Commented by 匿名 at 2019-05-03 23:28 x
不敬~~
妄想乙www