人気ブログランキング |

秋の日と中川昭一氏

昨日、10月3日。この日がまた巡ってきました。一年というのは本当にあっという間ですが、今でも多くの日本人が尊敬してやまない、日本のために闘い力を尽くしてきた稀有の政治家であった中川昭一氏が鬼籍に入った日です。

あの日から6年の時間が流れました。あっという間の6年間、当時生まれた子供は6歳になり、10歳の子は16歳、そして認めたくはありませんが、私も○○歳に(苦笑)・・・あちゃ~マズイ!! 56歳で鬼籍に入った中川氏は存命ならば62歳。どんな62歳になっていたのかと思います。まさか、バーコードとか・・・想像したくない(笑)

私がブログを始めたのが中川氏が鬼籍にはいる半年ほど前です。まさか、まさか、ブログを始めたころにこんなことが起こるなんて夢にも思いませんでしたし、多くの日本人が同じことを考えたと思います。

今年で丸6年ということは、7回忌だと思うわけですが、仏式の法要としては7回忌が一つの区切りのように言われることが多いようですが、あの日のことは今でもよく覚えています。一生忘れることはないと思います。あの第一報を聞いたときに衝撃は今でも忘れることができません。そして、中川氏があのような汚名を着せられたままで鬼籍に入ったたことが、悔やまれて、悔やまれて、残念でなりません。

マスゴミのことだから何かの間違い、誤報だと自分に言い聞かせました。でも、誤報ではなく事実でした。こんなことだけは事実を伝える、日本のために働き続けた政治家である中川氏が亡くなったことを喜ぶかのように報道するマスゴミや自称ジャーナリスト、自称政治評論家、どこぞのテレビの解説委員などの連中に憎悪を覚え、そのときの憎悪はいまだに減少するどころか増える一方です。

あの酩酊会見だけを流し続け、中川氏がどれほどの働きをしたのか、その功績は1ミリたりとも流すことはなく、氏を徹底的にたたき、結果として総選挙で落選させ政治的に抹殺したのが、他ならぬマスゴミです。中川氏は命が尽きる最後の瞬間、氏の脳裏に何が浮かんだのか、何を思ったのかと考えると言葉もありません。。あれほどの政治家を失ったことが、今でも悔やまれてなりません。

あれから6年。本当に日本はマスゴミの扇動などでとんでもない選択をし、自らの手で首を絞めるという最悪の事態を招き、朝鮮傀儡の民主党という売国政府が発足し、心ある日本人は身の毛がよだつ思いと最悪のケースを考えたことと思います。私もそうでした。次から次に売国政策と売国法案を強行採決で成立させた民主党。数を挙げればきりがありませんが、弁護士の国籍条項撤廃や選挙時の開票作業員の国籍撤廃、外国人の生活保護受給の激増、シナ人のビザ緩和(ほとんどノービザ状態)など、様々な職業や場所に在日南北朝鮮人が入り込み、めちゃくちゃにされました。実際にはもう日本が完全に乗っ取られる寸前となっていたのはご承知の通りです。

中川氏の死は本当にショックでしたが、その反面中川氏がいなくなってしまったことが多くの日本人の心に大きなものを残しました。それは、「このままでは日本が無くなってしまう。政治家頼みではなく自分たちで動かなければ」ということだろうと。中川氏が撒いた種は確実に芽吹き、成長していると思います。でも、まだまだそれがどんな風にも負けないほど大きくはなっていません。

それまで中川昭一という政治家は体を張って売国法案をつぶし、シナや南朝鮮といった反日国から日本を守る鬼門、結界のような役割を背負っていたのですから。その人がこの世から忽然と消えてしまった、誰も頼りにならない、頼りにできない、だったら自分たち国民、日本人一人一人が売国政府から何とかして日本を守るしかないと思ったのではないでしょうか。その力が日本を首の皮1枚でつなげ、外国人参政権など日本の根幹を破壊する法案成立を防ぐことが可能だったのです。

そして、中川氏の旅立ちから3年後に盟友安倍晋三氏が自民党総裁に返り咲き、総選挙において大勝利をおさめ内閣総理大臣となり、現在に至っています。少しずつではあるけれど、日本人が目覚め、いい方向に歩き始めたと思います。先日は戦後70年を象徴する、そしてこれまでとは全然違う総理談話が発表され、安保法案が成立しました。安倍総理の政治力は大したものであり、世界のどこに出しても恥ずかしくない堂々たる宰相の姿です。それでも色々な国内外に問題は山積しています。きっと、安倍総理自身が一番「ここに昭一さんがいてくれたら…」と思っていることでしょう。

しかし、まだまだです。日本が本当の独立国になるためにはまだ時間がかかります。私が生きているうちにその姿を見たいと思いますが、それを早めるのもストップさせるのも我々国民次第です。戦後70年日本を覆い尽くした闇の深さ、GHQや左翼に洗脳され、日教組や組合などによって歪みまくった日本の背骨はまだ元に戻った訳ではありませんし、暗澹たる気持ちに陥ってしまうこともたびたびです。

もし、中川氏が健在であれば間違いなく国会議員に返り咲いていたでしょう。そして、大臣あるいは自民党の重役として、間違いなく安倍政権の屋台骨を支える存在になっていたはずです。勝手な想像ですが、個人的には官房長官あたりがいいなあと(笑)ダンディーな官房長官の誕生だったと思います♪ 本当に見たかったな・・・安倍政権の大番頭が中川昭一となると、シナや朝鮮がどれだけ嫌がることか!! 

先日の安保法案の基地外反日議員のバカ騒ぎを見ながら、「ここに中川昭一がいれば、いてくれたら」あるいは「中川昭一がいたらどう動いただろう、何を言っただろう」と多くの日本人が思ったのではないでしょうか。いくらいっても仕方のないことですが、本当に空いた穴の大きさは6年たっても小さくなりません。

6年たっても、中川昭一という政治家の存在の大きさが改めて感じられます。残念ですがまだ誰もその穴を埋めることができませんし、中川氏のような政治家に一日も早く出てきてもらいたいと心から願います。それでも、中川氏の薫陶を受けた方たちが日本のために縁の下の力持ちになって尽力されているはずです。安倍政権はもういない中川氏の薫陶を受けた方たちの力も加わって、安定した政権運営ができているのだと思います。つまり、中川氏は死んでいない、いまだに生きているのだと。

安倍政権にも自民党にもとんでもないのがいるのは確かです。何もかも賛成というわけではありませんが、大局的に見れば安倍総理しか今の日本のかじ取りはできません。だからこそ支援し続け、これは危険だと思えば断固反対すること、余命さんの記事にもあるような官邸メールなどが必要だと思います。

すっかり季節は秋。秋の青空は高く、澄んでいます。あの日と同じ青空。旅立ってから6年が経ちました。中川氏が遺した言葉を再度掲載したいと思います。

日本と日本人を守るために自民党がしっかりしなければならない。そう、自民党の原点は「保守」なのだ。そして今こそ原点に戻るべきなのだ。 「保守」とは守るべきものを守り、保守すべきために改革する。(中略)国民を守るために何をなすべきか。と言った議論が全く欠けている。 私を含め、「保守」議員の多くがいなくなったが、まだ残っている。彼らがいかに保守の旗印をもう一度立て直し、日本を守り、真の意味で国民を守るかを真摯に議論してほしい。心ある国民はそれを是非応援してほしい。 自民党は末期的だが、今こそ日本の保守の軸を改めて確立するために全力を尽くすべきだ。さもなければ、日本は世界の中で埋没しながら自壊してゆく』
(中川昭一ライブラリーより転載)

毎年、毎年、命日の10月3日か翌日のどちらかには、稚拙な駄文をダラダラダラ書いて追悼記事のような形でアップしています。読者の皆様には今回もおつきあいいただきまして、心から感謝申し上げる次第ですm(__)m 

中川氏への追悼記事を書かなくなるその日こそ、日本が本当の独立国になった時です。日本が戦後の洗脳と戦後レジームから脱却して、凛として立つ誇り高い日本国に戻ったその時です。当然、そこに至るには売国議員や反日工作員、日教組、日本にいるゴキブリ害人などを殲滅しなければならないわけですが、中川昭一氏や三宅久之氏が心から安らかに眠ることができる日本を取り戻すため、これからも自分にできることをせっせとやっていきたいと思いますし、全国の同志の皆様方を力を合わせて可能な限りの活動を続けていく所存です。来年には追悼記事を書かないで済むことを期待したいと思います。
b0169850_1743777.jpg


**追記!!
いよいよ明日、10月5日。テロ資金凍結法が施行されま~す!!!(祝)まっとうな日本人には何の関係もありませんが、該当する皆様は首を洗っておいたほうがいいでしょうww そして、これが大事!拡散すべし!! 「テロ資金凍結法」では「寄付した者も処罰」されるのです!そのせいか、汚鮮度満点のマスゴミはガン無視、沈黙ですね(棒)叩けば埃どころの騒ぎではないでしょうから(大笑) 中川氏の命日とほぼ同日に近いのが何ともいえません・・・


by ariesgirl | 2015-10-04 17:10 | 愛国者・憂国議員 | Comments(3)

Commented by にゃにゃ at 2015-10-04 19:05 x
あの様な愛国者、国士を、まことに不名誉な汚名を着せたままに、失意のうちに死なせてしまったことを今はおのが轍としています。
その為には、日本国内の情報(殆どゴミ)だけではなく、国際情勢に基づいたコアな情報収集も必要ではないかと思います。物事は二国間だけで話が進む訳ではなく、敵の敵など第三国の利益なども絡んでくるからです。
日本人は利口にならなければなりません。時には非情であることも必要になるでしょう。これから時代の節目の最終局面となっていくと思います。次代の日本人に、誇るべき祖国のまま手渡せるように、大人が頑張らなければいけないですね。
Commented at 2015-10-04 23:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ariesgirl at 2015-10-05 19:57
>にゃにゃさま
こんばんは。中川氏のような政治家が一人でも増えることが日本の国益ですが、本当に氏がいないことが残念でなりません。コメントいただいているように、日本人ももっと利口になる必要があります。何でもかんでもバカ正直ならいいというのは外国相手では通用しないことのほうが多いです。性善説よりも性悪説で接するべきでしょうね。愚直なのがいいとは限りませんから。お互いに次世代の日本人に素晴らしい祖国を引き渡せるように私も頑張ります!

>鍵コメントさま
こんばんは。こちらこそ大変ご無沙汰しておりますが、お元気でしたか?本当にあっという間の6年でした。中川氏の穴を埋めるだけの政治家は残念ながら出てきていませんが、必ず氏の意志を受け継いだ政治家が出現することを信じております。また、暖かいコメントをありがとうございます。自分なりに活動を継続していきたいと思います。マスゴミが叩く政治家ほど愛国政治家、日本の国益を優先する政治家です。もう二度と中川氏のようなことがあってはなりません。鍵コメさんのような人生経験豊富な方の力こそ必要だと思います。どうか、これからもご尽力いただきますようお願いいたします!!