人気ブログランキング |

船舶事故で改めて見える朝鮮人という生き物

4月も今日で終わりです。今月も3月と同じくらいあっという間でした~(><)いったい、何をやっていたのかと思うくらい、だらけてしまいました。 首のコリがひどくて、体調も今一つでした。 スカッとした気持ちで風薫る5月を迎えたいものです。 連休前半でもありますが、結構皆さんカレンダー通りで過ごしている方が多いようです。もちろん、休みをとって観光地に出かけていらっしゃる方も多いとは思いますが、事故や事件に気を付けてお過ごしいただきたいと思います。

私は着付け教室用に洗える着物を買おうかと思っていますが、これからの季節は単衣になります。でも着用期間は袷のほうが長いですから、悩みます。小物は一式そろえようと思いますが、私は身長167cmなので、既製品では裄が合わない場合もあるので悩ましいところです。

さて、昨日皇居内で新種の植物が発見された報道がありました。 「フキアゲニリンソウ」と命名されたようですが、昭和天皇のご生誕日というめでたい日に発表され、ニリンソウなんてまるで今上陛下と皇后陛下のお姿のようです。常に寄り添い、お互いを尊敬し支えあって歩んでこられた両陛下、常に国民の幸せを祈願される両陛下、昭和天皇の生誕日に新種の発表なんて、我が国にとって吉兆をあらわす出来事ではないかと思った次第です。

今月も国内海外含めて色々なことがありました。祖国での事故が心配でならない日本のマスゴミ各社が連日報道したフェリー事故。これは色々な面で、南朝鮮という国が「自称・先進国」というハリボテ国家であり、反日には異常なほど熱を入れ、海外でまで活動し、ねつ造売春婦ババアの碑まで建てる気合いの入り方ですが、自国民の安全という基本的なことは「ケンンチャナヨ」です。

あの事故については、次から次に日本では考えられないようなことが明らかになっています。船長や乗組員が真っ先に逃げ出すわ、海洋警察が通報した高校生を船員と思い込んで船員にしかわからないことを延々と質問するわ、遺族同士でマイクの取り合いするわ、事故現場で屋台出したり、沈没船から助けての偽メール、偽ダイバーが現れたり・・・枚挙にいとまがありません。 あれを見るだけでも、日本という国がどれだけまともな国か、日本国民でよかったと改めて思います。

以下の記事をご覧ください。あのNYTがwww
=====================
2014年4月23日、米紙ニューヨーク・タイムズは韓国船沈没について、「韓国各界は同国が経済成長を求めすぎたばかりに安全をおろそかにしたことを反省し、海運会社の規則違反を指摘し、政府の対応不足を批判している」と伝えている。中国新聞社が伝えた。 韓国はハイテク産業が発達し、スマートフォン市場では世界を席巻しているが、コンプライアンスは軽視される文化が根付いている。韓国の役人は、公共の安全を二の次に考えている。韓国では毎年3万1000人を超える人が事故により命を落としているが、うち3000人ほどが学生だ。事故による死者数は韓国の1年の死者数全体の12.8%を占め、先進国では最も高い数値となっている。 全ての事故が安全面を欠いていたとは言えないが、韓国では「いかに早く少ないコストで仕事を完了するか」というのが成功の方程式として考えられており、時として、法を守るために多くの時間と資源を費やすことをマイナスととらえられることもある。 このほか、韓国の政府関係者は、「船が仁川を発つ際、3608トンの貨物を積んでいた。これは推奨される積載量の実に3倍だ。清海鎮海運は遠のく客足の損失を補うため、貨物運搬の収入に頼っている」と指摘している。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87093
=====================(以上、転載終わり)

南朝鮮は自称先進国の詐欺国家、法治国家ではなく法律や事実よりも感情がすべてにおいて優先する人治国家なのです。 今回の事故でそれが世界中に知れ渡ることになりました。おまけに修学旅行の高校生たちは済州島で反日活動を予定していたこと、反日運動では南朝鮮でも指折りの学校、それに修学旅行の費用をケチって船にした保護者会などなど。 ちなみに飛行機だったら7万ウォン、船は3万ウォンということで船になったらしいです。 クネも告げ口や反日ばかりやる暇があったら、自国民の救助方法を宗主国様から教えてもらえばいいのですが、クネも閣僚も事故のことで責任を追及されたくないので反日。でも、歴代大統領とちがって就任早々反日全開のクネはどうするのでしょう(笑) 北の同胞である豚まん王子にでも助けを求めたら面白いのにwww こんな国、国民性をあのローマ法王も嘆いておいでです。当然でしょうね~以下の動画はおなじみイージスさんより。


ローマ法王も嘆く南朝鮮と朝鮮人。今回の事故での捏造やでたらめ情報の多さには開いた口がふさがりませんが、以下の記事をご覧ください
===================
韓国沈没船事故、底なしのデタラメぶり 被害者家族代表まで「偽物」だった 2014/4/28 18:51

韓国南西部の珍島付近で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で、デタラメな情報が次から次へと発信されて何が本当で何が嘘かわからないほどだ。このため、政府やメディアに対する不信感が一層高まっている。政府が発表した行方不明者数が間違っていたことに始まり、偽の民間ダイバーが現れたほか、今度は新たに被害者家族の代表者の男性までも事故にまったく無関係であることも発覚した。

「家族でもないのになぜ代表をしているのだ」と激怒

朝鮮日報や中央日報の記事によると、偽の被害者家族とわかったのは「臨時保護者対策委員会」の代表を務めていた人物だ。ソン・ジョングン氏がその人で、地域児童センターを運営する牧師だという。これまで、修学旅行中に事故に巻き込まれた壇園高生徒の保護者であるかのように振る舞ってきた。韓国MBC放送のインタビューでは「子どもたちは海の中にいるのに(政府は)何も知らせてくれない」などと応じていた。朴槿恵大統領が2014年4月18日に保護者を訪問したときには司会を任され、体育館の檀上で大統領の横に立っていた。

ところが実際は行方不明者の家族ではなく、地方選挙で京畿道議会議員への立候補を予定している「新政治民主連合」所属の予備候補者だった。これに韓国ネットユーザーは「事故を政治に利用している!」「家族でもないのになぜ代表をしているのだ」と激怒している。 中央日報の取材に対してソン氏は、 「私は保護者ではないが、以前から安山で青少年保護および指導活動をしてきたので、純粋な気持ちで支援しようと思って行ったが、誤解を受けたので道議員候補を辞退した」と言い、「代表も保護者の依頼があって臨時に引き受けた」と釈明した。その後、騒動の責任をとって「新政治民主連合」から離党した。(中略)

一部メディアが報じた内容にも誤りがあることも明らかになっている。(略)韓国のさまざまなところから嘘が出回り、高まった国民の不満が政府に向けられた結果、チョンホンウォン首相は(略)今回の事故によって「韓国社会に根づいた多くの不正や問題点があることが明らかになった」と発言した。嘘だらけの韓国の状態を見て日本のネットでは「もう何がなんだか」「事故そのものが人災だけど、その後の処理も人災だらけ」「酷いのは知っていたけど、流石にここまで全部嘘だともうコメントのしようがないな」といった反応が出ている。
http://www.j-cast.com/2014/04/28203464.html
====================(以上、一部転載終わり)
続きはこちらから!

地方選挙に立候補予定だったオッサンが売名行為というのが事実ですね。テレビでも泣きわめいているオバハンがよく報道されていますが、ものすごい違和感です。 なんといっても「泣き女」という葬式で失神するほど泣きわめいて床を転げまわるのを商売にしている連中が実在する南朝鮮。あれを見て「泣き女?」と思った人は多いのではないでしょうか。 

嘘だらけの南朝鮮の報道。どうやらこの海域で最近死んだジイサンだかバアサンだかの死体を海に放り込んでこの事故で死んだように偽装したり、「泣き女」のように事故とは全く無関係の人間が海に向かって泣き喚いて見舞金をせしめようとしたりしているとも聞きます。 普通なら信じられないような行動ですが、何と言っても嘘八百、ねつ造は朝飯前の朝鮮人ですからやりかねません。 ここまで来ると完全に三流芸人の三文芝居です。さすがに当局が死者の遺体とDNA鑑定すると発表したら、かなり減ったらしいですが。

先日の拙ブログでも記事にしましたが、対馬の仏像の仏罰、海神神社から盗まれた仏像、神像の罰、日本海の海神の罰、日本国内で神社仏閣に放火したり、盗みを働く朝鮮人への天罰でしょう。 これからもっと酷いことが起こると思います。何と言っても反省と謝罪、自分たちを顧みることのない連中ですから。 今回、もし日本の海保や海自が救助活動していたらと思うとぞっとします。どうせ、お礼どころか難癖をつけてくるのは目に見えていますし、もし海自や海保の隊員がどんどん救出したら南朝鮮のメンツ丸つぶれですから、必ず「日本が助けるのが当たり前ニダ!」と言い出したはずです。 その証拠に浅田真央選手に見舞金だか義捐金を出せと言い出す始末・・・

息を吸うように嘘をつくのが朝鮮人、最初から最後まで嘘八百、国の成立から犯万年の捏造ですからね~こんな国と国民ですから、日本に対する反日行動や反日妄言など何でもありだと改めてわかります。竹島、強制連行の性奴隷の従軍売春婦などその典型です。 今回の事故で、自分たちの国がどれだけの嘘を国民に吹き込んでいたか、もしかしたら全部嘘かも・・・と考えることができるかどうか、まあDNAがもともと欠陥だらけ、火病もちの統合失調国家と国民には無理ですわな(笑) 

喉元の熱さも過ぎないうちに、あのアシアナ航空がまたやらかしました!イージスさんの最新動画です。何を言っても無駄なDNAを持つのが朝鮮人。アシアナはついこの間サンフランシスコで事故を起こしましたね。それさえ全く教訓にならないのが南朝鮮と朝鮮人。学習できる脳みそを持っていないのでしょう。そんなDNAをもつ連中をたかが30年くらいでまともにしようとした日本の先人たちはまさに「骨折り損のくたびれ儲け」であり、本当に無駄なことでした。我々の時代に非韓三原則で福沢諭吉翁の言葉を実践していきましょう!
b0169850_21275732.jpg



福岡空港に着陸しなくて本当に良かった!!

以下は産経のニュースです。参考までに一部転載します。
=================
死者、行方不明者が300人を越える大惨事となった韓国の旅客船セウォル号沈没事故。ずさんな安全管理態勢や乗客をないがしろにした船長、乗組員の対応が明らかになるにつれ韓国社会には衝撃と怒りが広がっているが、事故の萌芽は同国の海軍に十分見て取れた。整備不良で目標と反対側へ飛んだあげく自爆する対空ミサイル、ジグザグに走行する高速艇、重心点が高くなる欠陥改造を施したイージス艦…。海軍では事故やトラブルが当たり前のように頻発し、しかも多くの技術的な問題が未解決のままだ。こうした“暗部”は民間客船も抱える問題といわれ、セウォル号沈没事故は「起こるべくして起こった」と非難されている。(中略)

日本の「海自」と、大きな違い記者は海上自衛隊の取材を通じ、何度も護衛艦に乗ったことがある。いつも目にするのは、艦内各所にある金属製の注意書きプレートだ。例えば魚雷発射管には、発射に関する手順や注意事項が記されたプレートが設置されている。もちろん海上自衛官は厳しい訓練を通じて、操作手順など体に染みこむほどに鍛え上げている。それでも注意事項を金属プレートで掲げるのだ。そうしたプレートのひとつに「総員離艦安全守則」がある。交戦の結果、艦が沈むというその時に海へ飛び込む場合の注意事項だ。いわく、「救命胴衣を装着せよ」「早く艦から遠ざかれ」「無理な泳ぎはするな」…。複数ある注意事項の一番上、最も目立つ部分にはこうある。「あわてるな」最も狼狽しそうにないプロ中のプロに向けた注意喚起は「人はミスをするものだ」という考え方を前提にしている。これが危機管理の基本といえよう。
==================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!

いよいよ明日から5月。今月も拙ブログへの多くのご訪問、誠にありがとうございました<(_ _)> 来月も読者の皆様への周知やご協力を要請することが多くなると思いますが、今月同様どうぞよろしくお願い申し上げます!! 風薫る5月が読者の皆様にとって、素晴らしい1か月となりますように祈念いたします。

by ariesgirl | 2014-04-30 21:30 | 朝鮮・朝鮮人 | Comments(0)