人気ブログランキング |

反日左翼のクズが釣れています!

「秘密保護法案」連日マスゴミは必死で「知る権利がー」「言論の自由がー」と火病を起こして、洗脳伝播を垂れ流しております。それにしても、日本の国益を守るための法案なのに大騒ぎして、中身を捏造して、必死に国民を洗脳しようとしている連中が釣れるわ、釣れるわ…自称ジャーナリストから大根役者、皇族気取りの大根女優に害務官僚などなど(笑)マスゴミはとにかくこの法案を捏造、歪曲報道の連続、米中会談における防空識別圏の扱いのほうが遥かに大事なことであるにもかかわらず、あえて報道しない、要するに「報道しない自由」を乱用しているわけです。

今回バイデン副大統領が来日して安倍総理と会談していますが、結局アメちゃんは中途半端なことしかできませんでした。というよりも、やらなかったといったほうが正しいような気がします。アメリカは民主党政権であり、馬面国務長官は大のシナ好き、シナとの融和が大事という考え方なのでしょう。それにオバマ大統領の態度は中途半端の極致であり、彼の頭の中は「オバマケア」のことしか無いのでしょう。外交とか国防はあまり考えていないように思います。あんな中途半端な対応ではシナをつけあがらせるだけであり、おそらくシナは何か仕掛けてくるのではないでしょうか? 日本版NSCも成立したことですし、存分にやってもらいたいですが、実行部隊はどうなっているのかと思います。

今夜「特定秘密保護法案」の採決が行われると思いますが、どうか無事に成立しますよう願わずにはいられません。これが、スパイ防止法案成立への一里塚となると思います。

以下はおなじみ井上太郎氏のツイッターです。拡散していただきたいと思います。また、「沖縄県民のみなさんへ」が簡潔明瞭の記事を書いていらっしゃいますので、転載いたします。周辺の方で、マスゴミやバカ左翼に騙されている人がいたら、ぜひ周知していただければと思います。この法案に反対する連中=日本と日本人の敵であることを
===================
井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
台湾は中共の防空識別圏に対し、台湾軍機は既に30回以上飛行しており台湾国家安全局蔡得勝局長は「民間航空機の安全を守ることは重要だが、中華民国の防空識別圏は死守する、守るためには武力行使もあり得る」と語ってます。中共は実力不足を威圧で補います、日米台と連携し強い態度を示すべきです。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
昨日初めての国家安全保障会議が4大臣により開かれました。マスメディアはほとんどスルーです。特定秘密保護法が可決されれば米英からも情報入り共有できます。現在の日本の仮想敵国は中共です。南朝鮮なんか経済締め付ければ終わります。中共の脅威をしっかり認識しないと取り返しつかなくなります。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
市民活動グループだ、しばき隊だとかいっても要は暴力も辞さない極左グループを体裁よく名称変えただけの反国家勢力です。マスメディアもなんだかんだ言っても各省庁の記者クラブは、家賃も電気代もかからず、いわば収賄です。騒ぐのは事の本質にあり、民主党での体質忘れられず、保守が嫌なだけです

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
マスメディアは特定秘密保護法にわざとなのか夢中で、米中会談についてあまり報道しません。アメリカのちぐはぐさは中共の対日批判に拍車をかけます。必ず中共は日本に対し強硬な姿勢になります。どのように対応すべきかそれこそ日本の危機であり、触れたくないマスメディアは全く価値もない。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
山本太郎議員が国会での採決の時は、取り巻いて議員を国会に入れさせなければいいと主張してます。これは暴力を用いて民主主義を阻止すると言うまさしく極左の理論であり、テロ行為に他なりません。石破幹事長が批判され、山本太郎議員はスルーです。どちらが危険な発言か国民は冷静に判断します。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
一般国民が特定秘密保護法にかかわり逮捕されることは絶対に近くありません。まず秘密であり国家機密であることすら知りえないのに、もし近づいたらと言われても犯意はありません。知りたいと思うのはその目的があります、ばかばかしい情報流して国民を不安にさせる、報道の目的から外れています。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
前ツイートの対象者ですが、各省庁等の職員だけではなく当然国会議員や地方議員も含まれます。民主党には帰化人議員も多いといわれています。必死になって反対すればするほど国家機密に近づきたく、それでどうするつもりと聞きたくなります。中身知れば知るほど日本と日本国民の為の法律です。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
特定秘密保護法の第12条の適正調査に国籍が対象となることに人権侵害・人種差別という主張があります。国家機密であり当然のことですが、その前に日本人は沢山いるわけでわざわざ機密扱う業務に帰化人まで就任させる必要ありません。日本の公務員は日本人が優先、日本の雇用に口出しは無用です。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
特定秘密保護法に野党が異常なまでに反対する一番の理由は、ただ存在感を訴えたいだけです。与党の思う通りにはさせていないと言う国民へのアピールです。維新の会とみんなの党は一応自公と法案について合意しています。それでもぐたぐた言うのは卑怯です。来週だろうと来年でも同じ、今日決着です。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
そもそも公務員と言うより「不偏不党」と言う言葉、政治的に中立ということはマスメディア自らが掲げた精神です。いつの間にか朝日・毎日とその系列やNHK・TBS・TV朝日等は中韓の代弁・宣伝機関になり「偏向偏党」という政治的偏向が根付きました。ブログにメディアの共産党員数載せました。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
マスメディアが特定秘密保護法に反対する理由の一つは商売です。これまでは記者クラブという画一の情報の中で、一部の親しさ関係からスクープが生まれましたが、これがなくなります。各メディアの特徴と言うか色合いが失せる中で、中韓ひいきは目立つことになり、中韓へのご忠信も出来なくなります。

井上太郎 ‏@kaminoishi 1時間
特定秘密保護法についてマスメディアは必ず与党の採決に対して、過半数を与えたことは白紙委任ではないと言うと思います。だからと言って条件付委任でもなくどちらでもないのであり単なる詭弁です。採決は国民・国会が決めた民主主義のルールに従うだけのことです。言葉尻に騙されてはいけません。

続きはこちらから!井上氏の思いが感じられます。

以下は、「沖縄県民のみなさんへ」さんから一部転載します。
======================
2013年12月05日  秘密保護法はやっぱり必要なんだな、と実感する。

秘密保護法の法案化に対して こんなにも、日本に反対する勢力が釣られるなんて! 自民党ってなんて頭が良いのかしら!

これは、在日南北朝鮮人の犯罪を取り締まることも条項に入っているので それで、この連中は必死の形相で反対してるんですよね。

画像に映っている中指突っ立てマンたちは すべて密入国で不法に滞在し、 日本の税金にたかって生活している犯罪者 在日韓国朝鮮人たちです。 隠れてコソコソ寄生してきた在日たちですが ついに表に出てきてしまったようです。

こんな恐ろしい連中が、阻止しょうとしている法案は日本人にとっては良い法案。日本人を守る法案なので
ぜひ、通過して法案化していただきたい。

================(以上、転載終わり。続きはこちらから!)

この法案に反対している連中すべてはシナや朝鮮の犬なのです。シナや朝鮮に日本を切り売りすることで収入を得て、生活し、あるものは自分の立場を利用し公共の電波を使い「報道しない権利」を乱用しまくってきたクズどもです。 

以前、八幡様のお告げというのを記事にしましたが、その中で今まで表にでることがなかった悪事がボロボロと表面にでてくるというのがありました。 この流れを見ると、どうもそこに符合しているようなきがしてなりません。タブーとされてきた在日特権の問題にしてもしかり、慰安婦や南京の嘘にしてもしかり…

この法案はまだまだ手ぬるい!! ですが、これが成立することが第一歩であり、これほど反対するクズどもがあぶりだされるわけですから、リアルチョンバルサンといえるかもしれません。本当であれば、リアルチョンバルサンはもっと効き目がないといけませんが。バルサンは一度ではダメ、あれは二度、三度とやることでゴキブリを殲滅することができるのですから、安倍内閣はどんどん虫下しを行わなければなりません!!
b0169850_17362127.png



by ariesgirl | 2013-12-05 17:45 | 政治(国内) | Comments(2)

Commented at 2013-12-06 12:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ariesgirl at 2013-12-06 17:19
>鍵コメントさま
こんにちは。おっしゃるとおり、これは国防ラインの最低のものです。それさえも反対するということはどういうことか、よほどのバカでなければわかりますね。まさに売国炸裂!何が何でも成立させてほしいと願わずにはいられません。Tさんのブログ、私も時々見ますよ~!わけのわからないことも多いですが(笑)朝鮮のゴミと反日日本人は白熊大帝から食われることになるでしょう!!私、あの方意外と好きなんですよ(笑)