人気ブログランキング |

「髭の殿下」こと寛仁親王殿下薨去

本日三笠宮家の寛仁親王殿下が薨去されました。まだ66歳という若さ、国民の一人として本当に残念でなりません。「ひげの殿下」として親しまれ、かつ非常に茶目っ気たっぷりで、物事をはっきりとおっしゃるご性格。そして障害者福祉に全力で取り組まれてきた殿下という印象があります。そして、女系・女性天皇に関し、皇族として毅然と反対する旨のご意見を述べられたことを思い出します。殿下は皇族として女系天皇容認の皇室典範改正を大変危ぶまれ、かつ女系天皇に明確に反対されていらっしゃいました。世界で類を見ない万世一系の天皇家が壊されてしまう危険性を誰よりもご理解になっておられたのだと思います。

天皇というお立場上、ご自身の思いを発言をすることができない今上陛下のお心うちを寛仁殿下が代わってお話になられていたような気がします。天皇皇后両陛下も大変お悲しみのことと推察いたします。また、各御皇族方、そして親王妃信子様、彬子女王殿下、瑶子女王殿下、またご両親である三笠宮殿下妃殿下の悲しみは計り知れないことと思います。皇室の将来を大変ご心配されていた寛仁殿下、本当に残念です。

以下は、殿下の独占会見の内容です(一部抜粋)このお考えをご長女の彬子女王殿下もしっかりと受け継いでいらっしゃるようです。

=========================
天皇さま その血の重み――なぜ私は女系天皇に反対なのか」
三笠宮寛仁(ともひと)親王殿下の独占会見(聞き手 櫻井よしこ) 『文芸春秋』平成18年2月号(一部抜粋)

櫻井 (略)

殿下は、皇族の存在というものを突き詰めて考えると、何であるとお考えですか。

三笠宮寛仁親王殿下

結局、突き詰めて考えると、存在していることが大切なのです。 (略) やはり血統を守るための血のスペアとして我々は存在していることに価値があると思います。 (略) 天皇様というご存在は、神代の神武天皇から百二十五代、連綿として万世一系で続いてきた日本最古のファミリーであり、また神道の祭官長とでも言うべき伝統、さらに和歌などの文化的なものなど、さまざまなものが天皇様を通じて継承されてきたわけです。世界に類を見ない日本固有の伝統、それがまさに天皇の存在です。 私は天皇制という言葉が好きではありませんから、仮に天子様を戴くシステムと言いますが、その最大の意味は、国にとっての振り子の原点のようなものではないかと考えています。 国の形が右へ左へさまざまに揺れ動く、とくに大東亜戦争などでは一回転するほど大きく揺れましたが、いつもその原点に天子様がいてくださるから国が崩壊しないで、ここまで続いてきたのではないか。 (略)

戦後、GHQの圧力で皇室弱体化のために皇籍を離脱させられた十一の宮家もあります。その後、後継者がなく絶家になってしまったところもありますが、今でも少なくとも八つの旧宮家には男系男子がいるのですから、宇多天皇のようにその方々にカムバックしていただくという手もあります。これらの方々が昭和二十二年に皇籍離脱される時、当時の加藤進宮内府次長が、「万が一にも皇位を継ぐべきときが来るかもしれないとの御自覚の下で身をお慎しみになっていただきたい」と言っています。

当時の人たちもそういうことは考えていた。 しかし、GHQが睨みをきかせているし、その時は六人もの若い男系男子がいましたから、きっと大丈夫だろうという発想があった。しかし、今、それが危うくなってきたのです。今、旧宮家には八方くらいの独身男子がいらっしゃるそうですから、全員というわけにはいかなくても、当主のご長男とか、何人かには皇籍に戻っていただいてもいいのではありませんか。 これらの方々と今の天皇家との共通の祖先は南北朝時代の崇光天皇まで、六百年もさかのぼらなくてはならないと反対する人もいますが、二千六百六十五年の歴史からしますと六百年くらいは十分に許容範囲です。また、これらの宮様たちが六十年間も一般人の生活をなさってきたのだから、皇族に復帰することには違和感が国民にあるだろうとおっしゃる方がいます。 しかし、「有識者会議」の結論では、女性天皇のお婿さんは皇族にするということです。まったく一般の方が天皇の夫になるほうが、よほど違和感があるのではないでしょうか。報告書は女性天皇の配偶者を「陛下」とお呼びするとしていますが、いくら立派で優秀な男性でも、ある日、突然、鈴木さんや山本さんや田中さんが陛下になったら、皆さん方も呼びづらいでしょうし、違和感も極め付きで大きいでしょう。

みなさんが意外とご存知ないのは、我々現職の皇族と旧宮家の方々はすごく近しく付き合ってきたことです。 それは先帝様のご親戚の集まりである「菊栄親睦会」をベースとして、たとえばゴルフ好きが集まって会を作ったりしています。また、お正月や天皇誕生日には、皇族と旧皇族が全員、皇居に集まって両陛下に拝賀というご挨拶をします。最初に我々皇族がお辞儀をして、その後、旧皇族の方々が順番にご挨拶をしていく。ですから、我々にはまったく違和感などありません。
=========================

そして、こちらも…やっぱりという感じでしょうか。
「2007年(平成19年)10月にはニューヨーク・タイムスのインタビューに答え、学習院時代には山手線に乗って通学した、朝鮮学校の生徒に因縁をつけられることもあったなどと青春時代を回想した。「彼らは学習院の制服を見つけると、いつも襲いかかってきたものでした」との発言が記録されている。」

それにしても、このニュースを報道するマスゴミ。皇室に対する敬語の使い方もろくに知らない、いや知ってはいてもあえて使わないということでしょうか。先日日テレのニュース&スポーツ番組における、くりーむしちゅーの上田氏ほうが天皇皇后両陛下に対し、アナウンサーごときよりも遥かにきちんとした敬語を使っていました。皇族の場合は「薨去」というべきなのにもかかわらず「逝去」「死去」という敬意のかけらもない言葉遣いに怒りを覚えているのは管理人だけではないと思います。 寛仁殿下は女系天皇擁立とそれに伴う皇室解体をもくろむ反日政権民主党のために、心身ともにすり減らされたのではないかとさえ思います。殿下は護国の神となられ、八百万の神々、一足先に護国の神となった中川昭一氏とともに、反日売国奴や特アといった邪悪なものを蹴散らし、我が国とご皇室をお守りくださるものと確信しております。寛仁殿下の薨去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事1                                         
関連記事2

by ariesgirl | 2012-06-06 20:51 | 皇室 | Comments(5)

Commented by 普通の国民 at 2012-06-08 01:09 x
 天皇陛下もさぞ、お悲しみのことと、臣民の末席として、お察し申し上げます。
 さてアリエス様。新潟を中国に売る男「丹羽宇一郎駐中国大使」が、英紙インタビューで都の購入計画について「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と発言したそうです。
 
駐中国大使を注意 尖閣購入反対明言で
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120607-OHT1T00223.htm
http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1690692.html

  アリエス様。動物でも吼えたり威嚇したりでケンカを避けます。民主党の卑屈で卑怯、最低最悪な態度は、勘違いした中国と、しなくてもよい戦争を誘発するでしょう。

 アリエス様、ここで昔の漫画を語り合うような、ほのぼのブログになる日は遠いようです。丹羽なにがし、昔なら確実に...。

 
Commented by at 2012-06-08 20:05 x
管理人さま、こんばんは。

三笠宮殿下は大変庶民に人気が有ったので、かなりの人が悲しんでいるのですが、マスゴミはあえなくスルーですからね。
(どうでも良い身内に何か有ったら、それこそ河本みたいに祭りになるのですが・・・まあ最近では悪い意味で祭りになってますけどねwwww)

又支那のポチがヒャンヒャン吼えている様ですが、大元の支那が国民に尖閣購入の話を国内で流していないですから知らない人間が多いかと。
流石に今問題を大きくしたら、支那の共産党が吹っ飛びかねませんから丁度良いタイミングで、石原都知事が動いたのでしょう。
Commented by Suica割 at 2012-06-12 22:30 x
殿下曰く、宮家の皆様に手当てはあっても、医療費や雇用者の賃金は全部自腹だそうで、みんなカツカツらしいです。
御役目を考えたら最低、医療費は健康保険が利くようにしたり、何人かは国会議員の公設秘書みたいに持てばいいんでしょうが。
戦後、臣下になられた宮家の方々と皇族の皆様とは関係も深いとも言われていました。
我が国の歴史を踏まえると、それらの方々に宮家に戻られたりしても良いと思いますし、性急に女系天皇やらを実現化しなくても良いかと思います。
女性の皇族の方々が民間人と結婚なさったら、その方だけが儀式や国事行為以外の公的行為について代理になるのを妨げないくらいまでが限界でしょう。
Commented by ariesgirl at 2012-06-13 18:24
>Suica割さま
こんばんは。宮家が金銭的に困窮することはあってはならないことではないかと思います。宮家が果たす役割(外交的)を考えると、おっしゃるように最低でも医療費は国が持つべきではないでしょうか。私も旧皇族の男系男子を現在の宮家に養子として入ることが一番いいと思います。女系天皇も女性宮家も実現する必要はありません。男系で連綿と続いてきた皇室のすごさを日本人が知らず、海外の王家のほうが理解しているというのが・・・・。

>橙さま
こんばんは。私もお悔やみの記帳に行ってまいりました。たくさんの方が記帳していました。殿下がご心配になられていた女系天皇や女性宮家といった日本解体法案は断固阻止しなければなりません。そして、シナの宦官(御用聞き)丹羽大使。あのジジイ、痴呆が始まっているのかもしれませんね(笑)本来であれば即更迭ですが、精神的シナ人の外相や害務省がかばいたてています。伊藤忠…シナにべったりの商社ですからね。
Commented by ariesgirl at 2012-06-13 18:27
>普通の国民さま
こんばんは。寛仁殿下の薨去、私も記帳に行ってまいりました。多くのかたが悲しんで記帳に来ていました。日本の行く末、皇室を心から心配され、ハッキリとご意見をおっしゃった殿下とは真逆の売国奴・丹羽大使。昔の日本なら間違いなく…すでにあの世へ送られているでしょう。自国の領土を泥棒に献上してももめ事を起こさないほうがいいという売国ぶり。さすがは伊藤忠です。あの会社はシナの飼い犬ですからね。