人気ブログランキング |

2月最後の日と緊急性無しの女性宮家創設

うるう年の2月29日。早いもので2月も今日で終わり、逃げる月ということであっという間でした。年をとればとるほど時間って速く感じて嫌ですね~(涙) おまけに、関東地方の雪。皆さんお住まいの地域は大丈夫でしたか? とはいえ、こんなもんでは豪雪地帯の人に笑われますね。

さて、明日から3月、年度末です。もう書きたいこと、書かなければならないことが山ほどあるのですが、どれから手をつけていいのかわかりません。それもいい事ならば選ぶのも楽しいのですが、現政権下においては
いい事など一つも無く、ろくでもない事ばかりでウンザリしています。「偽装人権侵害法案」「女性宮家創設」「東日本大震災時のカンチョクトのクズっぷり」「常軌を逸した東電叩き」などなど…

「偽装人権侵害法案」については連日読者の皆様にご協力をお願いしております。管理人も連日コンビニからファクスを送っております。淡々とかつしつこくやりますよ~! しつこくて申し訳ありませんが、これは日本の分水嶺、日本が踏みとどまれるかどうかの問題でもありますので、読者の皆様もどうかこの大事な護国活動にご協力のほど重ねてよろしくお願いいたします<(_ _)> また、周知する場合、余り力が入りすぎると能天気な人やお花畑にはドン引きされる可能性が強いので、身近な話題を持っていくといいと思いますが、これについては別途記事にします。

さて、今日から有識者による「女性宮家創設」に関するヒアリングが始まりました。確かに女性皇族が多いことは事実ですが、今すぐにやるような問題ではありません!何が何でも今すぐに決めなければならないような問題にし、やらなくてもいい事だけをやり、やらなければならないことは「言うだけ番長」たちの「やるやる詐欺」でなーんもしない現政権。それも天皇陛下が心臓の手術のリハビリに励まれているこの時期に敢えて「女性宮家創設」のヒアリングを開始するとは陛下の順調なご回復に対する攻撃であり、かつそれをお支えになられている皇后陛下への攻撃でもあります。これは陛下の傷口に塩を塗りこむことと同じ、まさに逆賊・国賊の所業であって、本来ならば不敬罪で処刑されていい連中です。

おまけに、この問題の担当内閣参与に任命されている園部逸夫というのは元最高裁判事であり、小泉政権時代の「皇室典範に関する有識者会議の座長」だった人です。要するに「女系天皇容認」という立場で関わっているのであり、「女系天皇容認」を念頭にしたとりあえず『女性宮家創設』 というわけです。こういう人間を参与にした時点で、魂胆が見え見えなのです。ちなみに、この園部という御仁は外国人参政権付与に関する平成7年の最高裁判決に関わったことで有名な人ですが、「外国人に地方参政権を付与することは憲法違反にならない」とする「暴論」「傍論」を部分的に許容する説を主導した張本人です。それもどういう考えに基づいたのかという産経新聞のインタビューにおいて「政治的配慮によるものであった」と証言し、現在はこれを重要視するべきでないと主張しているのです。法の専門家とは思えないほどアバウトな考え方の持ち主であるといえます。

政府は「皇位継承とは切り離して」とほざいていますが、そんなこと誰が信じるんだよ!!(怒) 女性宮家から女系天皇容認という道筋をつけ、最終目標は2600年続いてきた万世一系の皇室を壊体することなのですから。これも裏では小和田家が何やら動いているのかも知れません…
b0169850_21404967.jpg


この「女性宮家」の件について、三笠宮寛仁親王殿下の御長女である彬子女王殿下が今年の毎日新聞のインタビューのなかでこのようにおっしゃっています。以下中略して転載致します。

==========================
■急接近:彬子さま 典範改正に向けた女性皇族自身の思いとは?
毎日新聞 2012年1月7日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/approach/news/20120107ddm004070141000c.html

女性宮家創設を視野に入れた皇室典範改正の動きが急浮上したことで、女性皇族の存在がクローズアップされてきた。どんな生活を送り、どのような活動をされているのか。寛仁親王家の長女彬子(あきこ)女王殿下(30)に聞いた。【聞き手・大久保和夫、川崎桂吾、写真・大西岳彦】

◇落ち着かぬ、任せるしか--〓仁親王家の長女・彬子さま(30)
--現在、どのような生活を送られているのですか。
 
--「女性宮家」創設の動きはどう受け止めていますか。

◆ お国の決定に任せるしかないと思っています。一方で、今の議論は女性宮家を創設するかしないか(のみ)になっているような気がして、そこには違和感があると申しますか……。男系で続いている旧皇族にお戻りいただくとか、現在ある宮家をご養子として継承していただくとか、他に選択肢もあるのではないかと思います。女性宮家の議論だけが先行しているように感じられます。


--将来は皇室を離れることを前提に生活されてきました。

◆ 「お前たちは結婚したら民間人だから」と、子どもの頃から父に言われてきましたが、その前提が大きく変わるかもしれないというので、私自身、落ち着かない状態です。

◇研究と公務、どちらも
--現行の皇室典範のままでは皇族が極端に減るという問題についてはどうお考えですか。

◆ それは国民のみなさまがどのように皇室を見ておられるかということにつながってくるのではないかと思います。皇族の私がどうすべきかを申し上げるのではなく、国民のみなさまが残したいと思われるのであれば、自然と残っていくのではないでしょうか。こういった流れがあって初めて、将来を見据えた皇室典範の改正も議論されるべきだと思います。

--立場が定まらないと、ご結婚にも踏み切れない、ということはありますでしょうか。

◆ 私は、結婚後も公務をすることに抵抗はありませんが、女性宮家創設はお相手の方の将来にも関わってくる問題ですので、決めるのであれば早く決めていただきたい。今は、子どもたちに日本の伝統文化に自然と親しんでもらうような寺子屋のようなことができないかと考えています。ただ、成人後に留学を5年間させていただきましたので、その分を公務でお返しできたらと思っています。研究と公務のどちらかを優先するというわけではなく、どちらも100%が目標です。

===========================
■ことば

◇女性皇族: 天皇の娘と孫にあたる「内親王」は現在、皇太子家の長女愛子さま(10)、秋篠宮家の眞子さま(20)、佳子さま(17)の3人。天皇の曽孫以下の世代は「女王」で、寛仁親王家の彬子さま(30)、瑶子さま(28)、高円宮家の承子さま(25)、典子さま(23)、絢子さま(21)の5人がいる。

===========================

以下も続きます。竹田恒泰氏ら旧皇族も動き始めています。



当事者でもある彬子女王殿下がこのように発言されていることは大変重い意味をもつものです。かつて、お父上でいらっしゃる寛仁親王殿下も小泉政権時代に「元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべき」という発言をされています。政治的発言がかなわないというお立場でありながら発言された寛仁親王殿下、当事者として我々の想像が及ばないほどの危機感からの御発言だったと思います。そのご長女である彬子女王殿下がこのような発言をされたことは無視できないわけで、当事者である皇族の意見を有識者という(何の知識を有しているのかわからん!反日の知識か?) 胡散臭い連中と日本解体を目論む売国政権の考えだけで判断されてはたまったものではありません!だいたい、日本人じゃないどっかの土人のDNAが流れている連中が余計なことするな!ばっかり秋篠宮殿下も昨年のお誕生日会見で女性宮家創設に対し「私や皇太子殿下の考えを聞いてもらうことがあっても」と御発言されています。当然です。

管理人は女系天皇に繋がる女性宮家創設には反対、もちろん女系天皇にも大反対です。以前、拙ブログで女性宮家創設ではなく、旧皇族の男系子孫を皇族復帰させるほうが先だと記事に書きました。その旧皇族でもある竹田恒泰氏をはじめとする旧皇族の大半が「要請あれば一族として応える」と意志を示しました。その一部を産経から転載します。全文はこちらを!

=====================================
男系維持へ「一族として応える」 旧皇族の大半、皇籍復帰要請あれば 「正論」で明らかに
2012.2.29 09:27 産経

終戦直後に皇籍離脱した旧皇族の多くが、皇位の男系継承を維持するために皇籍復帰を要請されれば、「一族として応えるべきだ」とする意向を固めていることが分かった。主に現在の宮家と養子縁組することで、男系を継承することを想定している。

旧皇族の慶応大講師、竹田恒泰氏(36)が、3月1日発売の月刊「正論」4月号に寄せた論文で明らかにした。皇統問題で旧皇族の意向が文書で公表されるのは初めて。女系天皇容認につながると懸念される「女性宮家」創設を念頭に、政府が検討する皇室典範改正作業への影響は必至だ。

論文によると、竹田氏は昨年11月~2月中旬、皇位継承問題について旧皇族20人以上と意見交換。大多数が男系の皇統は維持されるべきだと考えており、女性・女系天皇を積極的に容認する人はいなかった。男系維持のため皇籍復帰を要請されれば、「一族として要望に応える覚悟を決めておかなければならない」と考える人が大半を占めたという。
================================

旧皇族の男系男子の方たちがこのような覚悟をもっていらっしゃること、本当に心強く感じます。絶対に日本国そのものである万世一系の皇室を守る!という気概が見えてきます。たちあがれ日本の平沼代表も「女系天皇につながる女性宮家には反対」と今日のヒアリングについておっしゃっています。

竹田氏の「一族として」というこの「一族」という言葉…管理人は皇室という2600年にわたって今も続く世界最古の家の重み、歴史がこの一言に凝縮されているように感じられてなりません。旧皇族の男系男子の方たちとは真逆であり、皇室に対する尊敬の思いなど微塵もない反日売国政権や与党の連中(だいたい、日本人じゃないDNAが流れている連中ばっかりだし)が絶対不可侵の聖域である皇室に手をつけることなど日本の神々と歴史が許すはずなどありません

いよいよ明日から3月。寒い日が続きますが、気がつくとどこかに春の息吹、兆しを感じることができます。我が国の状況は政権交代以降、民主党はわが世の春、まともな国民は氷河期のような毎日の中に生きているのですが、これを真正日本人の力で売国政権を終わらせ、日本国の春を招きたいと強く思う2月最後の日です。読者の皆さまには今月も大変お世話になり、本当にありがとうございました<(_ _)> 皆さまの叱咤激励が管理人の力の源です。来月も下品で過激でキチガイのまま走り続けます! まずは「偽装人権侵害法案」の閣議決定阻止のためご協力をお願い致します!!

by ariesgirl | 2012-02-29 21:57 | 皇室 | Comments(11)

Commented by 日本民族愛国女子 at 2012-02-29 22:33 x
消費税に目くらましされる日本国民へ!
真っ赤な売国有識者が田原総一郎筆頭に「皇室典範」の
改正へ!女性宮家創設へ!と同時進行でもしかしたら?

こんな事が勧められてるかも?知れませんよ!
どうします?日本半導体を追いやった民主はね・・

6兆円朝鮮救済スワップのときに勝手にやられても困るので晒しときます。

今、民主党と韓国の間に進めてる政府協定があります。

原油を共同購入する案です。

とんでもない内容です。

買い付け時に日本が一方向的に韓国分も立て替えるという内容です。

議会の承認を得ずに閣議決定する予定のようです。
その全権大使は、るぴるぴぽっぽ~です。。。。




1000年に1度の大震災に耐えた宮城県「女川原発」を
全国に、世界に発信せず、日本潰しに躍起に成る
売国奴のハラワタの一部が見えますよね。

真正保守は「女川原発を全国へ」これが正解!

Commented by 新神戸ぷろ市民 at 2012-03-01 08:05 x
おはようございます。彬子女王殿下のお話は素晴らしいですね。ぷろ市民は殿下と同い年なのですが、まるでレベルが違います(^_^;)
Commented by k at 2012-03-01 12:30 x
その図なんとかしろよ
男系だけがそんなにありがたいか
まさかまだy染色体とかいってないよね

皇統はかわらないでしょう
常に男系を追求してきたという史料もなく
歴史の勉強が不足しているのでは
Commented by 普通の国民 at 2012-03-01 17:35 x
 現在チベットでは中国が指定した、偽パンチェン・ラマが本物の替わりに威張っています。本物の少年は中国に拘束され、行方不明です。パンチェン・ラマとダライ・ラマは交互に相手を承認するのですが、高齢なダライ・ラマが後継者を指定しても、偽者のパンチェン・ラマはその少年を本物として承認しません。チベット仏教はもうすぐ消滅するのです。
 
 女性宮家、特に敬宮 愛子内親王様の婿が仮に中国人だったら、我々日本人はその男を皇室の方として敬うことができるでしょうか。少なくとも私には無理です。また天皇陛下をはじめ、皇室のお仕事は「日本国民をはじめ、世界の人々の平和を祈ること」が基本ですが、それは早朝から深夜まで続く激務です。また神道上の女神さまと陛下のご関係もあり、天皇陛下には日本人の遺伝子を持つ男性がなるのが自然です。

 神話の時代から続く「万世一系」。現代に生きる我々が「万世一系」の男系を淡々と支持し、確実に次世代に託せばよいのです。次世代も、その次も、その時点の日本国籍を持つ国民が必ずそうするでしょう。

  この時代の我々も、天皇陛下を継承する「男子」を、すでに皇室に得ているのですから...。
 
Commented by 日本民族愛国女子 at 2012-03-01 22:19 x
普通の国民さまの仰る通りだと思います。

女性宮家これは却下だ。皇室は伝統によってその価値がある。伝統以外の制度は無用だ。

意見陳述人にジャーナリストの田原がいる。これは「電波芸者」と云って金で転ぶ人間だ。節操も何もない。国会は芸能場ではない。止めてもらいたい。
田原は、国旗を掲揚しない、君が代を歌わない、参賀しない、靖国神社にお参りしない。神道を信仰していない。これは外人と云うことだ。外人が天皇について発言するのは許されない。



Commented by at 2012-03-01 23:05 x
管理人様、こんばんは。

流石に率直に女系宮家を推薦すると(自分の身が)危ないと思ったのか田原も小宮も制限付きでとか言い出しました。

既に黒田家に嫁がれた清子様と、秋篠宮家につきましては何も心配しておりませんが、現皇太子子女につきましては、簡単にチョン族に誑かされるのでは無いかと考えてしまいますので大反対です。
人類平等と言いますが、人としては平等でも、人もどきと平等は無いと思っておりますので・・・・
Commented by としぼん at 2012-03-02 17:07 x
今晩は、昨日は炭出しで36時間寝ておりません・・・ 久しぶりの徹夜でした。 さて宮家の問題が現在「日本国解体革命的民主党」になって女系天皇を排出の問題が出てきていますが、ある意味、隠された陰謀的策略が感じられますね。 戦後どれだけかつての皇族の方々の存続が消された事でしょう。 
万世一系の皇室を頂いてる日本国、それを妬む支那、事大主義の象徴の朝鮮民族、羨ましいのは理解できますが、歴史の断絶しか体験のない民族には理解しがたい事でしょうね。 
アリエスさん、現在、理不尽で歴史的な裏付けもない捏造記事を発信し続ける「シナ・朝鮮」の民族の糾弾を期待しています。

Commented by 日本民族愛国女子 at 2012-03-02 17:13 x
内容違いごめんなさい。この場をお借りします。

韓国が竹島周辺で取れるアワビを「独島アワビ」で各国に商標登録するというニュースが流れています。まさか日本政府が受けることはないと思いますが皆さん拡散願います。それにしても我が国政府は何故外貨5兆円もただで韓国に貸すのでしょうか。こんなとき取引に使えばよいのにと思います。

田母神氏より


Commented by ariesgirl at 2012-03-02 20:50
>新神戸ぷろ市民さま
こんばんは!彬子女王殿下、本当に芯のしっかりした女性ですね。ご両親の教育の賜物です。(誰かとは大違い…)電波芸者の話など何の参考にもなりません。まずは当事者の意見が第一です。しかし、ぷろ市民さん、お若いのですね~♪

>Kさま
人には色々な意見があることは私も理解しておりますが、一つの系譜が続いた皇室の皇統を崩すことは理解できません。守るべきは皇統です。普通の国民さんがコメントしてくれています。もうすこし日本という国の成り立ちを学習されてはどうですか?
Commented by ariesgirl at 2012-03-02 20:59
>普通の国民さま
こんばんは!コメント激しく同意します。Kさんに対して言いたいことが網羅されていると思います。女性宮家よりも旧皇族を復帰させることが先決です。彼らもその覚悟は決めており、かつ悠仁親王殿下という素晴らしい後継者がいらっしゃるのです。私はこういう暴挙を宮内庁の気骨ある職員が許すはずはないと思います。

>橙さま
こんばんは!電波芸者、金のためなら風見鶏の田原ごとき左翼の妄言に耳を傾ける売国政府。結局、いきつくところは皇太子ご一家ということになります。雅子妃の実家である小和田家の暗躍があると個人的には思っております。しかし、そうはならないと私は思っていますよ。田原とか役立たずのジジイが、すっこんでろと。
Commented by ariesgirl at 2012-03-02 21:10
>としぼんさま
こんばんは!徹夜明けのご訪問ありがとうございます。お体のほうは大丈夫ですか?今回の女性宮家創設および女系天皇の問題には小和田家の強い意向が感じられます。雅子妃の父親である恒氏は外務官僚時代に「日本はシナに対して一生謝罪し続ける必要がある」という趣旨の発言をした人であり、間違っても国を愛するとか皇室に対する敬意は感じられません。シナや朝鮮といった連中とは絶対に相容れないし、そうする必要性もありません。特アからみの記事、余りにも書きたいことがありすぎます。ご期待に添えるべく努力したいと思っております。

>日本民族愛国女子さま
こんばんは!連投ありがとうございます。まずは原油ネタ。これは色々なサイトでも見受けられましたが、まだ裏がとれていない模様ですね。売国政権ですので可能性としては高いかもしれません。女性宮家創設よりも旧皇族の復帰が先決です。そして、田原のような反日左翼の電波芸者の妄言など糞食らえであって、当事者である天皇皇后両陛下に伺うべきことです。南朝鮮の件、ここまで日本政府は舐められているということです。特アを上回る反日が日本政府であるのです。