人気ブログランキング |

天皇陛下の体調悪化と売国民主党

**管理人より:読者様からのご連絡で「途中で切れている」とのご指摘がありました。確認したところ、一番大事な部分が何故か切れていました。大変申し訳ありませんでした<(_ _)> 早速修正させて頂きましたので、よろしくお願い致します


既にご存知の通りですが、昨夜天皇陛下が気管支炎悪化のために東大病院にご入院されました。11月3日には秋篠宮悠仁親王殿下が無事に着袴の儀を終えられたというおめでたい出来事の後だっただけに驚きを禁じえませんでした。また、先日の西岡武夫参議院議長の急逝の件もあり、陛下のご容体が案じられてなりません。報道によると「疲労の蓄積」とのこと。

2年前の政権交代によって戦前であれば国賊、朝敵でる民主党のクズともが我が国の舵取りを行うことになったことが原因のひとつ、他にはご存知皇太子一家のことなどなど…習近平のごり押し会見や閣議を夜にしたために陛下のご公務のお時間が長引いたり…民主党の売国奴どもが陛下のお体を蝕んでいるのです。おまけに、3月の大震災と原発事故による被害の甚大さと政府の無能ぶりにお心を痛めながらも精力的に皇后陛下と御一緒に被災地を訪問され励まし、常に国民の幸せと国家の安泰を祈り続けていらっしゃる陛下。そういった日々の積み重ねがどんどん蓄積され、このような事態になったのでしょう。皇后陛下のご心痛もいかばかりでしょうか。

おまけに、復興など無視するかのようにTPPをごり押しして我が国の国柄まで壊体しようとする野田政権に対しても、相当お心を痛めていらっしゃるのではないかと推察する次第です。なにせ、陛下も来月には78歳というご高齢であらせられます。管理人としては米寿、傘寿までも今上陛下の時代が続いてくれることを願っているので、縁起でもないのですがもし万が一のことが起こったら…と考えると夜も寝れないほど恐ろしいのです。それはあの皇太子夫妻が天皇皇后として即位してしまい、2600年続いた皇室が最大の危機に見舞われかねないこともあるからです。とにかく、この機会に
十分な休養をおとり頂き、完治されることを祈るばかりです。陛下もご高齢であらせられるので、念には念をいれて頂くに越したことはありません。一日も早い天皇陛下のご回復を心からお祈り申し上げます。

さて、TPP問題がいよいよ大詰めになってきました。いわゆる世論調査では賛成と反対派が拮抗していますが、TPPについてわからないが40%、国民への説明が不足しているというのは70%にのぼります。おまけに野田どぜう内閣支持率は初の50%割れ。それでも4割もあるというのが狂っているわけですが。

推進派が「バスに乗り遅れるな!」とバカの一つ覚えでいいますが、これはおかしい。だいたい、皆さんバスや電車に乗る時にまず何を調べますか??何を重要視しますか?? それは「行き先」であり「目的地」でしょう?? 行き先も目的地もわからないままバスや電車に乗るバカはいません。行き先不明のミステリーツアーは旅行代理店の格安ツアーだけで十分です。政府も推進派も行き先、目的地を隠したまま国民を地獄行きノンストップバス、それも途中下車不可のバスに詰め込もうとしているのです、その終点は「日本壊国」という地獄です。バスも電車も行き先が大事なのです!目的地がわからないまま乗り物に乗るなんてタダのキチガイです。

普段は民主党(汚沢尊師)のお抱えタブロイド紙、妄想記事満載の「日刊ゲンダイ」がまともな記事を掲載していてビックリ!!以下転載致しますww

===========================
前原政調会のナンバー2 桜井政調会長代理が看破したTPPの本質
   2011年11月4日 掲載 日刊ゲンダイ

<米国による乗っ取りの最後の仕上げ>

前原政調会長といえば、ガチガチのTPP推進論者。「不満が残る人に配慮していたら責任与党といえない」とか言って、反対派の怒りに油を注いでいたが、その前原は直属の“部下”からも反旗を翻されている。政調ナンバー2の桜井充政調会長代理が今月2日、反対派の山田正彦前農相が主催する勉強会に登場。交渉能力のない日本がTPPに参加した場合、米国のいいようにやられてしまう懸念を図解入りで、極めて具体的に指摘したのである。前原もこれじゃあ、形無しだ。

桜井が指摘したのはこれまでの日米交渉の歴史だ。「建築基準法の改正」「労働派遣法の制定」「会社法の改正」「大店立地法の制定」「司法制度改革」「第3分野の保険への外資の参入」。すべてが米国の圧力によって、米国に利するように改正、制定、開放されたもので、その結果、例えば、輸入住宅は1300戸→10万戸に増えた。労働派遣法で非正規雇用が増え、そうしたら、男の30%、女の20%が結婚できなくなった。正規雇用から非正規雇用に切り替えた大企業は浮いた金を株主に還元し、外国人に金が流れた。大店立地法でウォルマートが進出し、地方が廃れた。第3分野の保険は日本企業が扱えず、米国企業に独占され、日本の「危ない生保」はことごとく、外資に買収されてしまった。

桜井はこうした歴史的事実を取り上げて、「米国は非常に戦略的にやってきている。TPPの最大の問題は、日本の交渉力のなさなのです。TPPは交渉に勝てれば参加するべきです。交渉事で勝てないから、この辺を考えなければいけないのです」と結んだのだ。自由貿易というと聞こえはいいが、そんな甘っちょろい話じゃない。日本は負け続け、どんどん、経済が廃れている。これが現実なのである。それが前原らにはわかっちゃいない。というより、前原を筆頭に霞が関の役人どもは、みんな米国ベッタリだ。そこが問題なのである。桜井政調会長代理に改めて聞いてみた。

「日本にとって守らなければいけない分野はどこか。そこを守るためにどうやって、交渉能力のなさを補うのか。議会の承認を得るようにするのも、交渉担当者にプレッシャーを与える方法のひとつです。こういう工夫を考えなければいけません」 そんな工夫ができればいいができっこない。だから、参加はダメなのである。
========================

交渉力の無さ。これは間違いないでしょう。中身を研究し尽くして、したたかに相手と渡り合える胆力、頭脳がある連中など今の与党には誰もいません。とにかくアメリカに対していい格好がしたいのか、普天間の大失敗のツケをTPPで払おうとする野田どぜう。これほど国民生活に影響を与える内容だらけにもかかわらず、国会で議論もナシ、国民に説明もナシ、ましてや国民の理解を得る努力もナシ、自分の都合だけ、すべて内向き。野田も前原もまともな社会人としての経験は皆無、上司に叱責されて悔しい思いをしたり、お客に頭をさげたこともない、仕事をとるために交渉したこともない、そんな頭でっかちのぼっちゃん連中が百戦錬磨のアメリカに対抗できるとはどう考えても無理な話です。 松下政経塾出身の政治家にはろくなのがいないような気がしますね。でも、自己顕示欲だけは超一流。野田どぜうも同じ、ある意味カンチョクトよりも自己顕示欲が強い。天皇陛下ではなく、お前が倒れろ、野田!!

そして、今日告別式が執り行われた西岡武夫参議院議長。なんと入院から1週間での逝去…やはり最初のヘルペスの対応を誤ったのではないかと言う気がします。おまけに入院先が虎の門病院…orz  鬼籍に入られた西岡氏から「遺言」これもあの日刊ゲンダイ。以下転載します。




ヘルペスで苦しんだ西岡参院議長が漏らした“遺言”【政治・経済】
2011年11月7日 掲載

「野田は持たない」

今月5日、肺炎のため亡くなった西岡武夫・参院議長(享年75)。その死になによりも驚いているのは遺族だ。西岡氏とは長い付き合いで、訃報とともに議長公邸に駆けつけた政治解説者の篠原文也氏がこう言う。「虎の門病院に入院したのが1週間前。でも、亡くなる前日まで、危篤とか、そんな状況ではなかったんです。それがいきなり。遺族は大変なショックでした」

西岡議長の直接の死因は肺炎だ。高齢だけに急に悪化したと思われるが、間接の死因は別だ。9月になってから口内のヘルペスに苦しみ、食事も喉を通らなかった。痛みで眠れない状態が続き、9月30日の参院本会議ではよろめいた。その後、「口内の帯状疱疹が十分回復せず、発声が聞き取りづらい状態」との理由で、10月の臨時国会開会冒頭から参院本会議を欠席した。口内帯状疱疹が西岡氏の体力を急速に奪ったのである。医学博士の米山公啓氏に聞いた。

「普通の口内炎とヘルペスによる帯状疱疹は違います。顔の感覚を脳に伝える三叉神経にヘルペスウイルスが感染し口内に帯状疱疹ができた場合、食事が喉を通らない、痛みで眠れないことはあります。適切な治療を受ければ、1カ月もかからず治りますが、西岡さんが肺炎を併発したのは、年齢的なこともあり、免疫力が低下していたのかもしれません。帯状疱疹のキッカケは、一般的にストレスといわれますが、それだけが原因ではありません。水疱瘡にかかったことのある人は、感染の可能性があります」

ところで、西岡氏は野田政権の行く末について“遺言”のようなセリフを残していた。10月に電話で見舞った篠原氏が野田政権の今後を聞くと、かすれた声でこんな答えが返ってきたという。

「代表選の演説が若い人の心を掴んだという人もいるが、ああいうのは一国のリーダーがスピーチに盛り込むべきものではない。この政権は早ければ年内までに行き詰まる。遅くても来春までにはどうにもならなくなる

年内にはTPPや増税問題で大揺れになるし、来春の通常国会では消費増税法案に加えて、予算関連法(特例公債法)という難関が待ちかまえているからた。西岡氏の“遺言”は当たりそうだ
=======================

故西岡氏の遺言が明日にでもあたってほしいものです。こんな時に中川昭一氏が生きていてくれたらと思わずにはいられません。議員であっても、下野していても、中川氏が健在なら彼が国民運動の先頭にたったことは間違いないでしょう。TPPに関しては呉越同舟、大嫌いな相手でも敵の敵は味方ということですね。

「愛国」… いこく 自国を愛し、国に尽くすこと

「売国」… いこく 自国を貶め、売り尽くすこと たった一文字の違いが天と地の差を生みます。

「一文字の 違いが決める 国の道」 
(管理人作 お粗末さまでした) 

by ariesgirl | 2011-11-07 20:39 | 政治(国内) | Comments(9)

Commented by kkagayaki2 at 2011-11-07 23:56
文章が途中で切れていますが、気になりますね。今日亀井氏が野田豚と会ってTPP参加を諌めるらしいですが、オバマの恫喝もありますし、「はい、わかりました」と行くかどうか、そうなったら私たちの次の行動としては何をしたらいいのか。気が滅入りますが、頑張って行きましょう!
Commented by kkagayaki2 at 2011-11-08 00:01
藤村氏:TPP交渉参加に閣議決定は必要なし、米は協力約束-会­見

藤村修官房長官は7日午後の会見で、環太平洋経済連携協定(TP­P)交渉への参加
については、閣議決定は必要ないと述べた。
また、米政府は日本のTPP交渉参加に協力すると公式に言ってい­るとも指摘した。

............国会運営全否定キターーーーーーーーー­ーーーー。
もう議員も国会すら必要ないなら、さっさと国会議員辞めなよ、民­主党議員。
Commented by Suica割 at 2011-11-08 00:30 x
TPPこそ外国人労働自由化の貧民殺戮計画です。
生活保護の恣意的運用(一定水準なら自動適用されるわけではない)で善良な若い失業者が殺され、不正外国人などが優遇される現状から考えた場合、こんな日本人殺戮計画など認められるわけにはいきません。
今こそ主義主張を超えて野田を下ろす戦いをすべきです。
今は原口だろうが何だろうが共闘すべき時です。
かの偉大なるチャーチル先生は言っておられました。
ヒトラーを倒すためなら悪魔とも手を組むと。
そのあと、冷戦へと思考を変え、ソビエトと対峙しました。
売国奴を倒すため売国奴と組むのは良くはない。
しかし、最悪の選択を潰すため悪い選択を飲まなくてはならないなら、喜んで飲みましょう。
売国奴との戦いは長期戦です。
TPPの後に原口を片付ければ済む話ですし。
Commented by 日本民族愛国女子 at 2011-11-08 01:00 x
ある方のつぶやきです。
>河野洋平元衆議院議長が天皇陛下から勲章を頂いたようです。慰安婦強制連行を捏造し、中国の遺棄化学兵器を日本の責任で処理すると約束したりして、どれほど日本に損害を与えたかわかりません。こんな国賊みたいな男が勲章を貰うのが納得出来ません。

宮内庁のスパイ始動なのか?TPPも大罠だが本丸は・・
最後迄、裏切らない毒なら飲むのも良し。
民主と絡んで正義を貫くには、売国奴より悪人に成らなければ
必ず梯子を外される。精神論優先側は罠にかかる。
亀の地元として、亀をよく知る者として、失礼ながら故西岡氏と比較させて頂いたが、とてもじゃない亀は喰えない。
亀は必ず反対から始めるタイプ。どれが本気か?郵政と農業の
票次第。散々詐欺行為で無知日本人を騙し搾取し続けた売国奴と組めるか?どうか?TPPは本当に情報爆弾だ!ウイルスだな。
Commented by 日本民族愛国女子 at 2011-11-08 16:40 x
正直言って、このTPP問題で、保守の分断に成功し、民主党政権の不当性に対する追求がチャラ、と、まんまと敵の作戦が当たってしまったように感じます。

バカ菅がいってましたよね。窮地に陥ったらつぎつぎと別のテーマを引っ張り出せばよい、前のテーマから逸らせるから、とか?
どなたか仰っていましたが、ここは、愛国か反日か。白か黒かでOK!と思います。行動規範はこの2点のみ。

http://www.jacom.or.jp/column/nouseiron/nouseiron111104-15315.php
原口の位置が面白い。「民主党をぶっ潰す」と叫んでも地元では
どうか?2枚舌とか生易しい奴等では無い。
結局、TPP情報戦争で分断されるのは、素人の保守デモだ。

TPP絶対阻止!でも内閣不信任案は政局になるからイヤ?民主議員本音。
清濁の範囲を超えてると思う。私は嫌だ。
Commented by 大和魂 at 2011-11-08 17:32 x
先日作家でブロガーの友人と会食した際、同席したスタッフに2つの質問をされました。1つは最近あるブログにしかコメントされないのはなぜ?そしてそのブログでも皇室関連の内容には一切コメンとされないようですが・・・ブログを読んで泣いたのは生まれて初めての経験だった、私に「志」「信念」を植え付けた恩師の内容だった。それにお笑いのセンスもある楽しいブログだ(笑)。陛下皇室に関しては私一人の心の中で想い敬えばいいだけの事。
Suica割さんのコメントに共感しております。それにチャーチルは尊敬する政治家の一人です。
失礼ながらアリエスさま日本民族愛国女子さまは、困難に立ち向かうチャーチルのようです。
絶対に屈服してはならない。絶対に、絶対に、絶対に、絶対に。
名言だと思います。
これからも応援しております。お体を大切に無理なされないようご自愛くださいませ。
Commented by ariesgirl at 2011-11-08 18:24
>kkagayaki2さま
こんばんは。今日はご指摘ありがとうございました。昨日アップする際に確認したはずなのですが…なんかもうおかしくなっているようです(笑)国会無視ですか、国会議員なのに(笑)だったら、彼らは「国会議員」とは名乗れないですね。アメリカが協力って子供でもわかることが分からないアホ集団。野田どぜうが参加表明した後…反対しまくって離脱せざるを得ない状態に持っていく、民主党自体を解体することでしょうね。気が滅入ることばかりですが、やるしかありませんね!

>Suica割さま
こんばんは。コメント同意致します。国民の意見どころか、国会まで無視して日本を壊そうと画策する与党をこれ以上政権の座におくわけにはいきません。売国奴を倒すには売国奴を使う、毒をもって制すという戦法をとる必要があると。おっしゃる通り売国奴との戦いは長く続きますから。

Commented by ariesgirl at 2011-11-08 18:35
>日本民族愛国女子さま
こんばんは。コメントを拝読しますと、女子さんの悲鳴のように聞こえてきます。日本を愛するがゆえに、この状況に堪えがたい思い。亀井氏ですが、以前大和魂さんがおっしゃったように使い方によっては毒にも薬にもなるのでしょう。コメントにある「窮地に陥ったらつぎつぎと別のテーマを引っ張り出せばよい、前のテーマから逸らせるから、とか?」 野田もまさにこれだと思うのです。民主政権の脆弱さ、ダメさから国民の目をそらすにはTPPが一番てっとり早かったからであり、カンチョクトの思いつき「脱原発」と同じ路線だと思いませんか?ということはTPPに関して何の研究もしていないわけですから、彼らの策略に乗らないようにしなければなりません。売国奴を制するには売国奴を使う、手を組んだふりをして、目の前の敵を倒す…女子さんは本当に国を愛する純粋な方とお見受けしております。ゆえに売国奴が保守のふりをすることが許せないのだと。今回のTPPをキッカケに民主党を解体する方向にもっていきましょうよ。彼らが政権の座にいる限り、日本は悪くなるばかりなのですから。
Commented by ariesgirl at 2011-11-09 20:00
>鍵コメントさま
こんばんは。コメント拝見しました。本当に人それぞれの思いがありますので、難しいものだなと改めて思った次第です。今回のTPPは民主党を壊滅させる大きなチャンスになりうるように思います。私も微力ではありますが、自分にできることをせっせと続けてまいります。ぜひ、お目にかかって御指導頂きたいと思っております。