長月が始まりました!

読者の皆さま、大変ご無沙汰しておりますがお元気でお過ごしでしょうか? 早いもので9月に入りました。あと4か月あまりで今年も終わり、そして平成もラストスパートにはいりますが、あまりの速さにぞっとします。また年を取るのかと思うと悪寒がします(笑)

災害頻発、あまりにも暑すぎた今年の夏、その名残を感じつつ秋が少しづつやってくるのでしょうか。でも、台風などの災害は御免です。待ち遠しい秋、ということで拙ブログのスキンも変わりました!実に食い意地が張っている管理人に相応しいものとなっております(*'▽')

さて、8月は2回しか更新できませんでした・・・(ノД`)・゜・。にも関わらず、拙ブログにご訪問いただきまして誠にありがとうございますm(__)m 当然ながらアクセス数は激減しているのですが、それでもありがたいことです。心から御礼申し上げます。

更新したいことは山ほどあるのですが、できませんでした。それは・・・私と同様にパソコンが絶不調で全然言うことを聞かなかったこと、個人的に色々あって時間のやりくりがうまくできなかったことなどがあります。パソコンを買い替えたいのはやまやまですが、このところ何かと出費が多くパソコンまで手が回りません。火の車です(苦笑)今日は何とか騙して更新しています(笑)でも、もう時間の問題です。

9月は何とか更新を増やしたいと思っているのですが、読者の皆さまにおかれましてはこれまで同様に拙ブログをよろしくお願い申し上げますm(__)m 皇室ネタ、政治ネタ、特アネタ、売国奴、しょうもない小ネタなど色々頭の中にありますので、何とか皆様に喜んでいただけるような記事を書きたいと思っております!

長月が始まりましたが、読者の皆さまと我が国にとって実りある月でありますように心から祈りつつ、久しぶりの更新ご挨拶とさせていただきます(*‘∀‘)





# by ariesgirl | 2018-09-02 21:20 | その他 | Comments(1)

平成の天災と連動するものとは??

8月も10日を過ぎました。すでにお盆休みに入って、帰省先や旅行先でお過ごしの方も多いかと思います。私はカレンダー通りに勤務ですが、お休みの皆様はくれぐれも事故や熱中症には気を付けて楽しい時間を過ごして頂きたいと思います。私は相変わらずの不眠症で昼間ぼーっとしてます。完全に自律神経がやられっぱなしのようですが、心療内科で診察を受けてみたところ結局クソの役にも立たないという結果に(笑)高い診察料を払って損した気分だけが残りました。

前回はスマホからの更新、それも1か月以上間が空いてしまいました(涙)パソコンの調子が絶不調だったこともその理由ですが、個人的に色々とありましてそれで記事を書く状況になかったことのほうが大きいかもしれません。そのうち記事にとも思っていますが、様々なことを真剣に考えさせられることばかりでした。

7月の三連休には帰省し数年ぶりに父方、母方の両方のお墓参りをしてきました。ずっと行っていなかったので気になっていたのですが、今回は墓掃除もできて本当に清々しい気持ちになりました。

しかし・・・本当に暑かった。もうくそ暑い(笑)父方の墓は楽なのですが、母方の墓は坂本龍馬の銅像が建つ山の中腹にあるため、水汲みから何から本当に大変なのです。駐車場から下り坂ばかり、ということは帰りは上り(笑)もう動悸、息切れ、目まい、膝は笑うし・・オバハンにはきつかった(笑)掃除については、墓掃除マイスターと言われている弟の指示命令に「はい、はい、はい。次は何でしょうか?」と従うのみでしたが、弟の手際の良さに驚きました。

それにしても今年の夏は暑すぎますね・・(ノД`)・゜・。 災害レベルというのがよくわかります。7月は西日本豪雨災害に始まり200人以上の方がお亡くなりになりました。そして、災害レベルの猛暑続きに台風と一体どうなっているのかと言いたくなります。

自然災害だらけの7月だったと思いますが、西日本豪雨で被災された皆様には心からお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げます。被災地の一日も早い復興と落ち着いた日常が戻ることを祈らずにはいられません。倉敷も呉も福山も尾道も旅行した場所なのです、全部。

今回の西日本豪雨、私自身は昭和57年7月の長崎大水害を思い出します。当時のことはハッキリ覚えています。市内の水源地に相当数のご遺体が浮き、川から海まで流れた御遺体もありましたし、299名の方が亡くなりました。凄まじい土砂や濁流が長崎市内のあちこちを襲い、水も、電気も止まり、親と一緒に給水車まで水をもらいにいったことを思い出します。

それにしても平成に入ってからの災害の多さに今更ながら驚きます。平成に入って間もなく北海道西南沖大地震、あの阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本大地震、各地を襲う豪雨と水害、山の噴火・・・まさに火責め、水責め、大地の震え・・世界を震撼させた地下鉄サリン事件も。

果たしてこれは何を意味しているのでしょうか?平成もあと数か月、あまりにも不吉すぎると思うのは私だけでしょうか? これはまだまだ序の口で、筆舌に尽くしがたいような災害がこれからさきの我が国を襲うのではないかと思います。

何故か?我が国の祭祀王の家が完全に崩壊してしまっているからにほかなりません。おまけに天災の増加があの又子様が入内してからという・・・加えて祭祀王が祭祀をしないという・・このまま日本が滅亡するのではないかと言う気さえしてきます。

平成があと数か月で終わり、新天皇と皇后が即位。それも最も相応しくない、八百万の神々のご意志に反するような負債が即位するのです!一体どういう恐ろしいことが起こるのか、どれほど凄まじい災害が我が国を襲うのかと思うと悪寒がします。おかしな方向に進んでいる日本と日本人に対する神々の怒りの鉄槌が平成の終わりとともに炸裂しそうです。

祭祀どころか公務さえまともにできないくせに24時間年中無休全力でご静養するしか能のない、クワガタが大好きなご病気の肥殿下とそれに骨抜きにされて下僕状態の盆暗様・・ため息しかでませんわ(;゚Д゚)

b0169850_22022244.jpg
この盆暗負債もそうですが、秋篠宮家の眞子内親王殿下も同じ。あんなチャラ男に入れあげて・・目を醒ましてほしいものですが、恋は盲目ですからね・・・あのキム・コムロなる胡散臭い人物よりももっとヤバイのがその母親。
b0169850_22071099.jpg

天皇の初孫が嫁になったら、あの母親はそれをとことん利用して胡散臭い、ねずみ講みたいな商売をやりそうだし(笑)あるいは嫁いできたときのお金を使い果たした挙句、大した稼ぎのないバカ息子のために「眞子さん、来月からパートに出て頂戴!圭君のためなんだからそのくらいできるでしょ!あんたはもう皇族じゃないんだから!」っていいそうだしww
b0169850_22184946.jpg

あのキム・コムロさん。アメリカに行くときの映像がでてましたが、不細工さに磨きがかかってましたねwww 顔が腫れてるというか・・それに正式な儀式も経てないのになぜかSPがついてましたね。あれって税金ですよね、我々の。

眞子様も結婚に反対する紀子妃殿下とは口もきかないという話がありますが、まあどうしてもっていうなら結婚させたらいい。できれば破談になってもらいたいですが、生まれながらのお姫様、何の苦労もしてないお姫様が一般社会で生きていくことがどれほど大変か、社会の苦労を骨の髄まで味わってもらうのもいいでしょう。人間的に成長できるのではないかと思います。それにあの家系は自殺家系らしいですし、まともな親だったらあんな胡散臭い連中と親戚になるなんてありませんし、反対して当然です。

b0169850_22192415.jpg
なお、報道ではお皿様は眞子様のご結婚に大反対されているとのこと。それが事実ならそちらの方に力を注いで頂いてぜひ頑張っていただきたいと思う次第です。

話を戻しますが、平成の災害の多さ、凶悪事件の多さは何だろうかと思う方も結構いらっしゃるのではないかと思うわけですが、やはり天の警告ではないかと個人的には思っています。昭和時代とは比べ物にならないほど祭祀が簡略化され、あるいは行わなくなったこと。昭和帝も香淳と皇后も祭祀を非常に大切にされ、国家の安泰と国民の幸せを願い祭祀をおつとめになってきました。

b0169850_22083129.jpg
b0169850_22204199.jpg

しかしながら、どこの誰の指示か、意向なのかさ~っぱり分かりませんが祭祀の簡略化、或は適当な理由づけで代理者が行う、こんなことばかりして神々の怒りに触れないと思っているのでしょうか? 天皇の仕事で最も大事なのは地方への物見遊山ではありません。天皇は神道における祭祀王であり、カソリックにおけるローマ法王、ユダヤ教におけるラビと同様であり、彼らが祭祀を怠ったらどうなるのでしょう?

祭祀の簡略化とともに比例して天災が増え、規模が大きくなるような気がしています。そして、来年の退位と新天皇即位。昭和帝がしっかりと祭祀を行なわれていた時にはここまで酷いことはなかったと思います。ちなみに赤い異教徒のお皿様が入内したとき(昭和34年)には伊勢湾台風で4000名以上の方が亡くなられています。

昭和帝が崩御され、平成に入ってからの一連の天変地異や凶悪事件の増加は決して偶然とは思えませんし、「世の中に偶然はない、偶然に見える事でも必然で回っている。天地の動きは連動する」というのは私の個人的見解ですが、天皇家の混乱と天災と凶悪事件が頻発する現実社会は連動している、決して偶然ではないと。あらゆる偽善と問題がはびこる皇室、昭和帝の頃とは比較にならないほど劣化した皇室の姿と日本国の動きは連動していることに国民が気づく時期にきたのではないでしょうか?




# by ariesgirl | 2018-08-11 22:20 | 日本 | Comments(2)

生きています!

読者の皆さま

残暑お見舞い申し上げますm(__)m 前回の更新から1ヶ月以上経過してしまいましたが、お変わりありませんか?

また、関東地方にお住まいの皆さまは台風🍃🌀☔は大丈夫でしょうか? 先月は西日本豪雨に猛暑に東から西への台風と我が国を自然の猛威が襲う、という1ヶ月でした…

改めて被災された皆様に心からお見舞い申し上げますとともに落ち着いた生活を1日も早く取り戻すことができるように祈らずにはいられません。そして、発生直後から救助活動にあたっている自衛隊、消防、警察、自治体の皆様に国民の一人として深く感謝申し上げます。

色々書きたいことは山ほどありますが、なんせパソコンがいよいよ(笑)の状況で更新ができないのです(ToT)

ということで、何とか近日中にはまともな更新をと思っていますので、宜しくお願い致します。

# by ariesgirl | 2018-08-08 21:14 | その他 | Comments(0)

嗚呼!!青きサムライの夢が散ったW杯 もう「感動をありがとう!」はやめよう!

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああという悲鳴とため息で溢れたと思われる今朝の日本列島。もちろん、私もその中の一人。そして、今日は眠かった・・勝ってれば眠気も吹っ飛んだのに・・・orz

今朝3時キックオフの日本対ベルギーの試合をご覧になった方も多かったと思います。私も3時には起きられなかったのですが、4時に起きてテレビのスイッチオン!!なんと、なんと、日本が2-0でリードしているという夢のような展開・・寝ぼけたままで食い入るようにテレビを見ていました。

しかし・・・サッカーの神様はことごとく残酷なことをするものです。夢を見させて地獄へ突き落すのですから。ベスト16の壁、世界の壁を乗り越えるのは並大抵のことではない、実力、体力、運、闘争心といったすべてのものが相手を上回らないといけないのでしょうね。でも、壁というのは乗り越えるためにある、ぶち壊すためにあるのだと思います。

何はともあれ、西野監督、選手全員、チームスタッフの皆様に心からのお礼と感謝を申し上げたいと思いますし、本当に本当にお疲れ様でしたm(__)m 

でも、でも、でも、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい~~~~半端なく悔しい~~!!!!(ノД`)・゜・。 悔しすぎて殆ど仕事にならずというか、ただでさえないやる気がマイナス状態(苦笑)見ているド素人の私がこれほど悔しいのですから、選手や監督、スタッフの悔しさはどれほどのものでしょうか。想像を絶するものがあると思います。特に、あのような形で監督に就任した西野氏はどれほどの重圧の中にいただろうかと。クソマスゴミに色々言われたわけですし。

ド素人観戦でまたもや滅茶苦茶なことを書きますが、今日は勝てた~!なんで、なんで守り切れなかったんじゃ~!!と思いました。まさか、まさか追いつかれるとは思いませんでしたが、これが世界レベルのサッカーなんだなと。選ばれた者しか味わうことのできない喜びや悔しさ、涙・・・目の前にあった果実を寸でのところでつかみ損ね、かつ分捕られたのです。試合後、座り込んだ選手、号泣した選手、監督やスタッフ、サブの選手たち、彼らの喪失感は計り知れません。

今回追いつかれ、逆転。まずは最初の失点。あれは不運といえばそれまでですが、GKとしての動きはどうなの?と単純に思った次第です。二点目のヘッドはあれは相手が上手だったように思いますが、最初の失点については川島選手の動きにちょっと違和感を感じてしまいましたが・・・あの一点目でベルギーが息を吹き返したような感じでしたが、今後はGKの育成、強化がもっと必要なのかもしれません。

そして、アディショナルタイムナルタイム。本田選手のFK。あれは枠内に入っていたのにな~と。それによってコーナーキックとなったわけですが、ここで素人の疑問。何であそこでショートパスでまわして、時間稼ぎしなかったんだ~!!と。十分時間稼ぎできたし、そこで延長に持ち込むことができたのに!!。勿論、本田選手の考えがあってのことだと思いますが。あそこからの凄まじいカウンター、わずか十数秒でした・・・orz  まるで、ドーハの悲劇を見ているようでした。

これがサッカーだ!」というのをサッカーの神様に見せつけられたように思います。「まだまだ甘いよ、おまえたちは!」と勝つためには何が必要か、勝ち切るためには何が足りないのかを突きつけられたのではないでしょうか。

確かに、世界ランク3位を相手に青きサムライたちは堂々たる戦いをし、その内容に世界はおどろき、賞賛の声を送りました。柴崎選手、乾選手は素晴らしかったです。また、ちょっといざこざしているセネガルの審判団(笑)だったのはええええっ?と驚きましたが、実に冷静なレフェリングをしてくださいました。

今回の試合はファウルは少ないし、ビデオ判定も皆無、特に南米チームにありがちな何ともないのにもんどりうって痛がる小芝居(笑)もなく、お互いが全力でぶつかり合ったのは素晴らしいことだったと思います。

試合後、西野監督が「何が不足していたのでしょうか」とコメントしましたが、大きな差なのかわずかな差なのか・・2-0という思いがけない展開となり、日本選手の心の中に僅かな隙や微々たる緩みが出始めた、それがプレーに出たのかもしれません。その僅かな狂いや変化をベルギーチームは見逃さなかったということなのかと思った次第です。アディショナルタイムも同じ、日本チームの選手の間に「延長か」という思いがよぎった、それが隙をつくりあの怒涛のカウンターを許した、ベルギーチームの底力、見逃さなかったベルギーチーム、これが歴然とした差。

相手の心まで読む、それによって生じた僅かな隙、プレーに表れた僅かな狂いを見逃さない強さ、ここが世界ランク3位たるゆえんでもあり、彼らの強さなのかと感じました。あのラスト2分間は日本チーム全員が悔やんでも悔やみきれない時間として心に刻みつけられたのではないでしょうか?もちろん、我々見ている方にも。

選手、スタッフ、監督の皆さんの努力、健闘には心からの敬意と感謝を。サッカーという競技が民族、人種を超えて、世界中を沸かせるものであることが少しは理解できたと思うわけですが、やはりどれだけ善戦しても健闘しても、勝たなければダメだと私はやっぱりそう考えます。

今回本田選手が時間稼ぎをして延長戦に入ったらどうなったか?これはもうタラレバの世界でしかありませんが、違った展開があったかもしれません。前回も書きましたが、勝負は勝ってナンボの世界。「よくがんばったね!」で済むのはアマチュアの世界。

もちろん、彼らの努力を否定することは絶対にしませんし、勝負の世界ですから必ず勝ち負けという結果はでます。今回の残酷すぎる結果をどう噛み砕いて日本サッカー界の血肉とするのかが問われています。この結果を上手く消化できずおなかを壊して余計にダメになるか、しっかり消化してエネルギーとし、もっと大きく代表チームが成長するか・・

但し、これは選手や協会、スタッフだけに言えることではないと思います。これは我々応援する側にも言える事、どちらかといえば応援する側の比重が大きいかもしれません。

私はここ数年日本に蔓延する「感動をありがとう!」症候群、これを治さないとダメだと、こんなことを言っていては日本のスポーツはどれをとっても中途半端なままで終わります!実際に一部を除いて、そうなっているのではないでしょうか?

いつ頃からこんな陳腐な言葉ばかりが蔓延したのでしょうか?私が天邪鬼だからかもしれませんが、この「感動をありがとう!」というのが大嫌いなのです。ものすごい違和感しかありません。選手の健闘をたたえるのは当然です。スタッフに対しても同じこと。選手やスタッフに敬意を払い、労うのは当たり前、感謝の気持ちもOK,拍手と賛辞を贈るのもOK,でもそれは一日二日で終わらせないとダメなのでは??

周りが「感動をありがとう!」と自分たちの思いを伝えたいのはわかりますが、結局その言葉が増えすぎて、いつの間にか選手や協会を蝕み甘やかし、その成長を阻害する一因となっていることにいい加減に気がつくべきです。

「感動をありがとう!」などという美談に終わらせてばかりいるから、そこから先に進まない、成長しない、と私は強く思っています。ある程度のレベルまでは来ても、そこから先に行けないのはそこにも一因があると。

もういい加減に「感動をありがとう!」はやめましょう!! もう美談で終わらせることはやめましょう! 美談ではなくきちんといいものはいい、ダメなものはダメとハッキリいうことも必要、時には心を鬼にして相対するのも必要なのです!

こんな悔しい試合はもう見たくない、こんな悔しい思いなんてもう二度と味わいたくないですから!!

ただ、私は試合終了後に昌子選手が地面を叩いて悔しがって号泣する姿に希望というか、光を見た気がします。あの悔しさと涙がもっと成長するための糧になると。

号泣する選手、呆然とする選手、様々な姿がピッチ上にありましたが、感情を爆発させる、号泣するほど自分が打ち込めるものを持てた彼らが本当に羨ましい、選ばれた者だけが立つことができるあの場所。もう一度、もっと強くなって帰ってきてほしいと心から願うのは私だけではないはずです。

そして、これは皆さんもご存知かと思いますが・・日本人として心から誇りに思ったこと。それはあの激闘の後、日本チームは自分たちのロッカールームを綺麗に片づけ、「スパシーボ」とロシア語でありがとうと書いたメモを残して去ったとFIFAの職員によって発信されたそうですが、いや~さすがです。素晴らしい、王者の振舞といっても過言ではありません。(ただ、この写真などは削除されたようですが)

タラレバは禁物ですが、もし日本が一位通過していたら相手はイングランド。もしそうなっていたらベストエイトに残ったのかと考えてしまいます(苦笑) 

そして、吉田麻也選手。同じ小学校の卒業生として心から誇りに思いますが、「感動をありがとう!」なんていいませんよ! 吉田選手も「よく頑張ったという美談で終わらせてはいけないし、現実を見て、もっと強くならなければ」というコメントを残しました。彼はちゃんとわかっています。強いのと上手いのは似ているようで全然違います。

そして、タコ占い。あの二代目タコ占い、はずしたんだから、もうお役御免。とっととゆでて食べるべし、食べるべし!!(笑)

心の底から感情を爆発させ、力を出し尽くしたうえでの日本男児の涙は美しいですね。女の涙の大半は演技(笑)だからでしょうか。

青き夢 散りにしあとに 残せしは ただ一筋の 就魂(たましい)の道 または・・
いつまでも消えることなき 残影は 青きサムライ 真夏の世の夢

ちょっと気取って見ました、一応文学部卒業してるとは思えないほど下手くそだわ(笑)





# by ariesgirl | 2018-07-03 23:05 | その他 | Comments(3)

7月スタートです!

7月が始まりました。おまけに梅雨も明けてしまいました。水不足が心配されますが、大丈夫でしょうか? この暑さも先が思いやられます。西日本では大雨、本当に天気も世の中もおかしなことだらけです。来年、元号が変わったらとんでもない事件や天災が起こりそうな気がします。

今年も後半戦に突入しましたが、先月もあまりたくさん更新できなかったにも関わらず多くの皆様にご訪問頂きまして、本当にありがとうございますm(__)m こんなしょぼいブログを訪問し支離滅裂な記事を読んで頂ける・・・ありがたい限りです。

今月も何とか6月と同じくらいの更新ができるようにしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!! とはいえ、パソコンの調子が絶不調、どうやらご臨終が近いようでして・・(涙)今日もだましだましやっているのですが、いつポックリ逝くか(笑)新しいパソコンを買えるほどの余裕はないので、ご機嫌をとりながら頑張りたいと思います。

平成30年の後半が読者の皆さまと我が国にとって、清々しく素晴らしいものになりますように・・(*'▽') 私も職場のストレスをため過ぎずに適当にやろうと思っています!!

次回は皇室ネタかW杯ネタか・・真夜中の日本対ベルギー戦、相手が強いのは誰が見てもわかりますが、でも何がおこるかわかりません。サッカーの女神はどちらに微笑むでしょうか? ちなみに、一次リーグの勝敗を全てあてた北海道のタコはどうやら食べられてしまった模様です(笑)

# by ariesgirl | 2018-07-01 22:00 | その他 | Comments(0)