「ほっ」と。キャンペーン

寒い日が続いていますが、読者の皆様いかがお過ごしでしょうか?PC昇天したにもかかわらず、多くの皆様にご訪問いただき、かつ暖かいコメントも頂戴し、心から御礼申し上げます。なんとか近日中に新品で再始動したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

さて、イスラム国の捕虜のことで持ちきりです。ヒトデナシ!と言われることを承知の上で言います。

日本政府はバカ二人のためにビタ一文払う必要なし!

この二人には何の同情も哀れみも全くわきません。てめえたちのために自分から地獄をのぞき、その中からメシのネタを拾いに行っただけのこと。

つまり飛んで火に入る夏の虫」が彼らであり、そんな連中に二億ドルの価値などない! 北朝鮮の拉致とはまったく異質であり、彼らは日本国内で普通に生活していた一般人を拉致して連れ去ったのです。今回の二人は自ら足を踏み入れています。共産党が今回の事件を批判していましたが、だったら北朝鮮にも文句のひとつでも言ってみろ!所詮、ただの偽善者の反日極左集団ですから、仲間には何もいえないということです。

あの後藤氏はアグネス・チャンと仲良しらしいですね。実に香ばしい(笑)アグネスが日本ユニセフ協会で荒稼ぎした金で助けてやればいい。また、お仲間の自称ジャーナリストのゴロツキやマスゴミが必死で「戦地を取材し、平和の大切さを伝える活動をしていた」とまるで正義の味方のごとく報道して的外れの安倍叩き。バカじゃねえの??

マスゴミがいかにクズであるか、今回の報道でもよりいっそう明確になりました。もう一人の捕虜の湯川氏についてはほぼガン無視、左翼の仲間の後藤氏に対しては大盛り上がりという構図。昨日のBSフジの夜8時からの番組など本当にひどいものでした。キャスターのおっさん(名前からして反日ww 反町とかいてハンニチと読む)なんか、まるで安部総理が中東を訪問し、イスラム国の被害にあった難民支援をしたことが原因かのように誘導し、挙句の果てにはまったく関係のない集団的自衛権まで無理やりリンクさせるというひどさ。まさに、味噌もくそも一緒に混ぜる朝鮮式、出演していた宮家氏が反論していましたが当然です。 さすがはウジテレビ、汚鮮度は半端ないですね。マスゴミがいう「適切な対応」って具体的には何でしょうか?何をもって適切なのか、まったく説明がないところが連中の腐ったところです。

そして、後藤氏の母親。あの親にしてあのバカ息子あり!という典型、いい見本でしたね。あの会見の異様さ、何の関係もない原爆や原発まで持ち出すという左翼ぶりに驚いた方も多いでしょう。あの場にいた外人の記者も「クレイジー」と思ったことでしょう。あれで、あの親子がどういう思想の持ち主か理解できたと思います。 ちなみに、今日帰宅途中の駅前に連合の連中が核兵器反対の活動をしていました。相変わらずバカです。核兵器のない平和な世界などとほざいていましたが、こいつらの目は何も見えていないですね。核兵器のない世界より、戦争のない世界のほうが順番としては先のはず。おまけに核を使わなくても、世界中で紛争が起こっているのはなんでしょうか?

あのバカ二人を助けたければ、彼らの家族が全財産を売り飛ばすなり、またお仲間の自称ジャーナリストたちが自腹を切って金作って助けろや!! あんなバカ二人と安部政権、どちらに価値があるか、一目瞭然。

あんな連中は自らの意思で行動したのであり、その結果どんなに悲惨な最期を迎えても誰も文句をいう資格などありません!!それは彼ら自身の意思による行動が生んだ結果というだけのことです。それにうわさでは後藤氏はガイドに売られたという話もありますからね。ジャーナリストがどれだけきれいごとをいっても、所詮そこで取材したものを売って生活しているのです。つまり、戦争や紛争でてめえはメシを食っているということであり、世界から紛争がなくなったらおまんまが食べられないということです。

そして、今回のことは日本の憲法がいかにまずいかも露呈しました。あんな9条みたいなものがあるから、邦人救出のために自衛隊も派遣できません。「平和、平和」「9条を世界遺産に!」などといっても屁のツッパリにもならないことがはっきりしたはずです。国家の安定、国民の安寧を維持するためには何が必要なのか?私はこの事件がどんな結果を迎えるにしろ、結城モイラ女史がいうように日本人の考えを変えるきっかけになればと思っています。

それにしても9条信者のみなさん。今こそ出番のはずですけどwwwイスラム国に乗り込んで、直談判して説得する絶好の機会ですよ♪何でいかないのでしょうか?

それに、あの二人が裏でイスラム国とグルになっている可能性もないとは言えません。どういう結末がまっているのかわかりませんが、どうか安部総理や官邸に激励のメールやファクスをお願いいたします。「絶対にびた一文払うな!彼らは自分の意思で行動した結果である、国が責任を負うようなものではない。もう二度と福田政権時のような、人命は地球より重いなどという愚かなまねをしないでほしい」と。

おなじみの「ぼやきくっくり」さんがアップされています。今回の問題で、読み応え満点です。関西の人たちはこのような良質の番組を見ることができて本当にうらやましいですね。是非ご一読くださいませm(_ _)m
こちらからどうぞ!
by ariesgirl | 2015-01-22 20:50 | 管理人の主張 | Comments(18)

浦島太郎(笑)

パソコンが昇天してから2週間余りですが、完全に浦島太郎状態です(笑)

日曜日まで色々と忙しくてパソコンを買いにいく暇がなく悶々としています(笑)

そんな中でも連日ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

今月末までにはパソコンを新調して更新を再開したいと思いますので、よろしくお願い致します!

お馴染み「じゃあの」さんと「余命三年」が久しぶりに更新されています。是非ご覧くださいませ♪
by ariesgirl | 2015-01-19 21:16 | その他 | Comments(3)

パソコン撃沈(ToT)

一昨日まで何ともなかったパソコンが昨日から突然おかしくなり、今日完全に撃沈(ToT)

な、な、な、なんでじゃ~!(怒)新年早々、凹みまくりです(>_<)なにかの厄落としでしょうか?私に降りかかる災難を代わりに受けてくれたのでしょうか?

まいりました(涙)

ということで、暫く更新ができなくなると思います。誠に申し訳ありません!!
by ariesgirl | 2015-01-07 19:25 | その他 | Comments(3)

読者のみなさま、新年あけましておめでとうございます!! 旧年中は拙ブログへの叱咤激励、誠にありがとうございました。今年も旧年同様によろしくお願い申し上げますとともに、平成27年(皇紀2675年)が皆様にとりまして素晴らしい一年でありますよう、心からお祈り申し上げます<(_ _)>
b0169850_18552973.jpg


私も本日地元から帰京いたしました。家族で初詣にいきましたが、やはりだらだらだらだらと食べつづけ、カロリー摂取過多の数日間、恐怖で体重計に乗ることができません(苦笑) これから正月太りを解消するのが先決です(><) 

今回は地元で同窓会があり、出席してきました。もちろん、自分で着物を着ていってまいりました。着物で言ったら「マダム」といわれました(笑)○○く~ん!とか、○○ちゃん!などと、全員がそろっているわけではありませんが、懐かしい顔が長い時間を超えてそろっているのを見た瞬間に時間をさかのぼって、18歳にもどりました。不思議なものです。女子は昔とあまり変わっていない人が多かったし、男子は多少毛髪が不自由になったり、縦ではなく横に成長してしまった人などが見受けられましたが。気が付いたことは、昔イケメンだった男子は年をとってもよほどのことがない限り、イケメンのままであるということです(笑)

同級生というのは不思議な存在だと改めて思いました。同じ時間を同じ場所で過ごした、その空気を共有したというのは、大きいのかなと思いましたし、みんな自分の道を懸命に生きているのがわかって嬉しく感じました。一番、何もできていない、だらしないのは私かもしれません(苦笑) 新年早々、爆笑でスタートしましたし、とても楽しい時間をすごせました。私の親友は人生で一番多感な十代に出会いました。高校三年間同じクラス、今でも愚痴をいいあったり、迷惑をかけあう仲です。いい友人に恵まれたことは何物にもかえがたい宝物だと思います。

さて、今日は企業や官公庁での仕事始めです。月曜から仕事始めって・・・最悪!!皆様おつかれさまでございました<(_ _)> 今年は未年、私のハンドルネームはアリエスですが、私おひつじ座の女ですので、アリエスと名乗っています。でも、未年ではございません。今回地元の初詣で2回おみくじをひきました。もちろん、別の場所。なんと両方とも「大吉」でめちゃくちゃいいことが書いています。まるで、世界は私のモノ!といわんばかり!!(笑) だったら、日本国内の反日勢力や不逞外人、カルトに売国議員といったゴミを全部燃やしてしまって、一気にスパイ防止法を制定して憲法を改正するのですが!!

おまけに各種占いによれば、おひつじ座は今年モテまくりだそうですよ~、全国のおひつじ座の皆さん!!何もしなくても異性からお誘いがかかりまくるそうです(笑) 私の期待が見事に裏切られた場合、誰が責任をとってくれるのでしょうか(笑) 

ということで、いつも拙ブログで念頭に転載している、結城モイラ女史のメッセージ。今年もさっそく転載させていただきます。
=====================
Moira's Message ------------------- 2014/12/31

2015年は闘いと覚醒のとき

毎年の大晦日に翌年の社会情勢などを占い、「Moira’s Message」としてお届けしているのは、西洋占星術に基づいています。したがって私の予見は星座の動きから導き出されたもので、一般的な経済学や政治学の視点とは異なることをご承知おきください。

その根本にあるものは、地球上のものは全て宇宙の動きと同期し、その動きに支配されているという認識です。ともすると、人は人間という存在を過大評価し、人間だけは宇宙の法則に縛られることなく自分の未来を切り拓いていける「賢い生き物」であると錯覚しがちです。でも果たしてそうでしょうか? 人は個人であっても、人と人の集合体である社会や国であっても、あらゆるものは宇宙の法則に支配されています。その法則が垣間見られるのは、宇宙の意志が映し絵のごとく現われている星の動きに他ならないと私は思っています。

では、本題に入りましょう。

2015年とはいったいどのような年でしょうか? 星の動きを長いスパンでご理解いただくために、お手数ですが昨年の「Moira’s Message」もお目通しください。当然のことながら星の動きは年度単位でガラリと変わるものではなく、ある星は何年間も移動せず、またあるものは年をまたいで影響しているなど様々であるためです。

昨年は「日いずるとき」と題したように、蟹座の木星や春分図における上昇宮・山羊座の影響から保守的な潮流が沸き起こり、国を守ろうとする気概の人々が現れてくると予見しました。第二次安倍政権が「日本を取り戻す」というスローガンを掲げたのもまったく同じ流れで、単なる偶然ではありません。2014年の年末に行われた衆議院総選挙においても、保守的政権が勝利しました。これはまさに「日いずるとき」の確かな始まりの象徴と言えます。

さて、2015年も昨年と同様に山羊座に冥王星が、牡羊座に天王星が居座っています。冥王星は「いったん物事が壊れ、その後に立ち直る」ことを意味する星。「隠れていたものを暴きだす」パワーもあります。そのため今まで伏せられていた事実、嘘で封印されていた真実、検証の手が届かなかった事柄などが次々と明るみに出てくるという浄化作用も働くでしょう。また天王星は「改革、変化」を司り、世界が、時代が大きく変わる変革期にあることを暗示しています。しかも獅子座の木星、射手座の土星、牡羊座の天王星と、星々が火の星座を進行していますから、世界のあちこちで混乱やテロ、闘いが起こり、一時は激しさが増すばかりで止まるところを知らずといった状況になるでしょう。困ったことに、この破壊的で爆発的なエネルギーは自然にも作用し、昨年同様に地球規模での異常気象、火山爆発、森林火災、地震などの災害が懸念されます。

そしてもうひとつ気がかりなのは、射手座を進行中の土星が逆行し、6月半ばから9月半ば過ぎまで蠍座に入ることです。それによって世界で起こる闘いは、なかでも日本を取り囲む情報戦などが一段と陰湿さを増していく恐れがあります。日本内外から襲ってくる日本を壊そうとする勢力によって、私たち一般人のプライドが打ち砕かれ、失望感から「日本はもうだめだ! 終わりだ! 」といったネガティブで自虐的な思いや言葉が蔓延する心配があるのです。あるいは破壊勢力によって、自虐的なものが意図的に流される場合もあるでしょう。

でも私はぜひあなたに知っていただきたいのです。宇宙の法則には必ず救いがあるということを! こうした日本を壊そうとする陰湿な仕掛けは、雲海の遙か高所から観れば、どれも「悪しき幻影」だということ。混乱の果てに訪れるのは実は「破壊」ではなく「新しい秩序」です。時計の振り子がもとに戻るように、時が来れば安定したあるべき状態に必ず戻るのです。したがって、2015年に求められるものは「真」と「偽」を見極める心の目の「覚醒」と、破壊勢力に負けない、断固とした信念の「闘い」の実践です。

幸い今年の8月12日より木星が乙女座に移行します。そのことによって人々の間に、真実を追い求め知ろうとする強い思いが芽生え、星に促されながら覚醒していきます。この乙女座の木星も、春分図の上昇宮である牡牛座もともに「保守」です。そしてこれは何が起ころうとも、いったんできた保守の流れは、2015年もまた消えずに続くというしるしです。

2015年は奇しくも「戦後70年」という大きな節目を迎えます。もう一度申し上げますが、世界は、そして日本は、第二次世界大戦以来の時代の大転換点にあります。ありとあらゆる勢力の相克が起こり、明るい未来が見えない日々も多いでしょう。でも2014年から昇り始めた日本という「日」は、少しずつですが2015年も上昇を続けます。それが有史以来続く日本の底力とも言えますね。たとえその太陽(日)が黒雲に覆われようとも、地上が大嵐になろうとも上空には変わらずに燦然と「日」が輝いているのです。決してその「日」が落ちてしまうことはありません。目の前に展開する悪しき幻影に惑わされず、しっかりと大地を踏みしめて、真っ直ぐ前を向いて歩んでいきましょう。       
                                 2014年12月31日  結城 モイラ
===================(以上、転載終わり)

いかがでしたか? モイラ女史の見立ては毎年毎年不思議なくらい日本の動きを言い当てているように思います。今回、モイラ女史がいうところの「2015年は闘いと覚醒のとき」というのは、その通りだと思います。戦後70年という節目の年でもあります。日本国内外で日本を貶め、日本人の名誉を傷つけ、日本の富を毟り取ろうとする連中が総攻撃をかけ、日本人の心を折ろうと暗躍するのでしょう。

そのために、「もうだめだ!日本はダメだ!」と日本を見捨ててしまうような思いになる人たちが増えるだろうと。それは以前掲載した「八幡様のお告げ」にも似たようなことがありました。しかし、八幡様は「絶対にそんなものに負けてはならない、日本は必ず良くなる、それを日本人自身が信じることが大事」だといい、モイラ女史も悪しき幻影に惑わされず、そのためには「真」と「偽」を見極める心の目の「覚醒」と、破壊勢力に負けない、断固とした信念の「闘い」の実践こそが必要だと言っています。

私もそう思います。大みそかの拙ブログでもいいましたが、日本国は不撓不屈の国。もし、そうでなかったらとっくの昔に日本という国は消えていたはずです。

占いがすべてではありませんが、今年は例年より遥かに熾烈となるであろう反日国家や反日売国奴の情報戦や日本貶め大作戦に対する予防線として掲載いたしました。真偽を見極める目とぶれない信念をもった日本人が一人でもおおく増えることを願ってやみません。私も自分の信念を曲げることなく、前へ進みたいと思います。

モイラ女史のHPはこちらから!
by ariesgirl | 2015-01-05 19:00 | 日本 | Comments(4)