今日で11月も終わり。明日から先生も走る「師走」ですね。本当に平成23年は例年にも増して、早く時間が過ぎていくように思います。あと1か月で正月ですからね~。

いつどうなるかわからないパソコンのご機嫌を取りながら今月最後の更新をしています。管理人は人間にはよほどの場合でない限りご機嫌とりはしませんが、パソコンには毎日ご機嫌とりです(笑)どうか、ちゃんと動いてねとww

さて、今日は秋篠宮文仁殿下の46回目のお誕生日です。国民の一人として心からお祝い申し上げますとともに、秋篠宮ご一家のますますのご繁栄とご健勝をお祈り申し上げる次第です。そして、ご皇室の安泰、天皇皇后両陛下のご健勝をお祈り申し上げます。3月に未曽有の大震災が我が国を襲いました。今も原発では作業員の方たちの懸命な作業が続いており、被災者は大変な思いをされています。政府のバカさと売国大暴走で日本は瀕死の状態ですが、それでも何とか日本が日本でいられるのは、心ある日本人が戦えるのは、世界最古の2600年の長きにわたり万世一系の天皇家が存在し、常に国民のことを思い祈ってくださる天皇皇后両陛下がおいでくださるからでしょう。

秋篠宮殿下の会見ですが、一部を産経より転載します。

「政府が検討課題にしている女性皇族が当主になる宮家の創設といった、皇室典範改正を含む議論については「国会に委ねる」としたものの、「今後の皇室の在り方を考えるときには、私もしくは皇太子殿下の意見を聞いてもらうことがあってよいと思っております」と希望された。」

畏れ多いことですが、このお言葉から推察するに、そこには穏やかではあるものの殿下の毅然とした強い意志が感じられます。それは…「皇統は万世一系の男系が原則であり、次は皇太子殿下、その次は悠仁親王と皇統は保たれるのであり、まずは皇室の問題なのだから当事者の意見を聞く前に、女性宮家創設など売国議員どもが勝手に決めることは許さない」という強いご意志です。
会見の全文はこちら

秋篠宮ご一家のお姿を見ると、極左売国政権のせいでボロボロになっている気持ちが穏やかになり、暖かな気持ちになります。先日着袴の儀をすまされ、健やかにご成長を続ける利発な悠仁親王殿下、成年皇族となられた眞子内親王殿下、佳子内親王殿下、お子様方を「当たり前のことが当たり前にできるように」と心を砕き教育されてきた秋篠宮ご夫妻…管理人ごときが言うのも畏れ多いことですが、ご一家を見ると「ホッ」とします。

b0169850_22234961.jpg

産経より転載。本当に仲睦まじさが伝わる秋篠宮ご夫妻です♪

さて、今月もあと数時間で終わります。今月も色々とありました。TPP問題で大反対を表明し、その先頭に立っていた山田正彦と光の戦死原口一博は今何をしているのでしょうか(笑) さんざん恫喝され、○○○まを握り潰されて瀕死の状態なのかもしれませんが(笑) 所詮、連中はあんなもの。政治家としての資質も能力もない連中が、自分の無能さをひけらかしただけです。 日本と日本国民にとってはこれほど大事な問題はないのに、マスゴミは必死でTPP賛成論をぶち上げていましたが、交渉参加表明があってからは殆ど報道しなくなりました。このまま国民の脳みそから消えていくのを待っているのかもしれません。日本人は本当に自分の身に降りかかってきて大やけどをしないと理解できないほど劣化したような気がしますが、その反面完全に覚醒した人達もいるわけで、その大きすぎる差をどうやって縮めていくかが、今後の重点項目かなとも考えています。

今月も色々とありましたが、読者の皆さまには拙ブログをご訪問頂きまして、本当にありがとうございました
<(_ _)> いよいよ師走に入りますが、来年こそは日本が再生し大きく飛躍するための年にしたいと思います、いえそうするために管理人も微力ながら地道に努力してまいります。読者の皆さまもご自分ができる範囲の護国活動を地道に継続して頂きますようお願い致します。ともに日本を守っていきましょう! 関東地方は明日から真冬の寒さになるとのこと。何かと気温差が大きく、肺炎なども流行っているようですし、読者の皆さまにはくれぐれもご自愛ください(*^。^*)

追記:管理人への伝言(期間限定で掲載します)ariesgirl@excite.co.jp
by ariesgirl | 2011-11-30 22:44 | 日本 | Comments(13)

やっとパソコンが何とか復調致しました…とはいえ、騙し騙しでやることになるので、いつどうなるかわかりません。知人に言わせると、「パソコンなんて3年くらいで寿命なんだから、もう買い変えたら?」と。もう次に同様の問題が発生したら買い替えになるわけですが、その時は富士通のmade in Japan 出雲モデルを購入します。が・・・管理人の懐事情は現在北風どころか、大型台風が居座り、停滞中(笑) もうしばらくは持ちこたえてもらわないといけませんww

さて、先日の大阪ダブル選挙。予想通り橋下徹氏の圧勝でした。橋下氏がどういう御仁かわかりませんが、彼の年齢から考えると将来的には国政にうってでるのかなあと想像しています。仕事の関係で橋下氏と同期の弁護士の方と多少お付き合いがあるのですが、まだ橋下氏が府知事就任1年くらいの時期に、その方が「たぶん彼は将来国政に出ると思う」と言っていたことを思い出しました。 同志の松井氏が大阪府知事となり協力して色々とやっていくのでしょうが、「大阪民国」と揶揄され、生活保護受給率日本一という余り褒められない現状を打開し、大阪に巣くう売国奴を蹴散らして、日本人が安心して暮らせる大阪にして頂きたいと思います。(ちなみに、管理人の叔父夫婦も大阪市内在住です)

今日は先日ご退院された天皇陛下が退院後初のご公務として、東日本大震災で殉職した消防官の慰霊祭に皇后陛下とご一緒にお出ましあそばされました。まだ退院されてから数日しかたたないのに、大丈夫かと心配せずにはいられませんが、陛下の強いご意向で慰霊祭にお出ましになられたとのこと。もうしばらくは無理をせず療養して頂きたいものですが…。

しばらくは騙し騙しの状態でのブログ更新となるため、短めの記事でお送りいたします。日曜日の出来事、ほんの少しいい話です。27日の日曜日は年に4回開催される「靖国神社清掃奉仕」の今年最後のご奉仕日でした。この季節は一年の中で一番仕事量が多く(落ち葉だらけ)、やりがいがあります。今回は今年最後ということもあって、かなりの数の参加者だったようです。管理人も清掃奉仕に参加させて頂き、早や5年がたちました。老若男女さまざまな年齢の方が参加され、顔なじみの方も増え、色々な情報交換もできる貴重な場でもあります。清掃奉仕の前には昇殿参拝、靖国にお祀りされている全ての英霊に我が国とご皇室のご加護、売国奴・反日軍の壊滅へのお力添えをお願いいたしました。昇殿で参拝すると、いつものことながら身の引き締まるような感覚になります。 簡素で何の飾りも無い本殿、お供え物と大きな鏡があるだけ…ピリッとした冷気とその鏡の向こうから英霊の嘆きと怒りの声が聞こえてくるような思いでした。 「どうしてこんなことになったんだ。お前たちは一体何をしているんだ。それでも日本人か!自分たちは何のために戦ったのか」と。

そのあとは清掃奉仕にとりかかります。枯葉が多く、かなり掃きがいのあるもので、参加していた子供たちも大きな塵取りをもって枯葉集めに精をだしていました。管理人も見事に色づいたイチョウの葉をせっせと掃き集めていると、一人の男の子がやってきました。

「これ持って行っていい?」「じゃあ、お願いね。ありがとう」「ぼく、何回目?」「2回目、8月が初めて。おばさんは??」「(おばさん…オバサン…orz) 私はもう20回目くらいかな。ぼくは何年生?「4年生」「じゃあ、10歳?」「うん、10歳。 おばさん、よくわかったね(笑)(また、おばさん(><)ww)」「ということは、私はぼくが5歳のときから、靖国神社の掃除に参加していることになるね」「へえ~凄いね」「今日はお父さんやお母さんと一緒?」「うん、でも今日は8月みたいに虫がいなくてつまらない」「虫?」「8月は蝉がたくさんいたんだよ。ぬけがらだけじゃなくて蝉がいっぱい」「そうねえ、今日はもう蝉いないし。残念ね。次もくる?」「たぶん来ると思う」「そう、ぼくも忙しいかもしれないけど、ここは大事な場所だからずっと参加してね」

久しぶりに若い男性(それも未成年)と話してドキドキしました(笑) 色が黒くて目がくりっとした元気な男の子でした。ああいう子供が参加しているのを見ると、本当に嬉しくなります。靖国神社がどういうところでどんな意味をもった場所なのか、それはまだ理解できないかもしれませんが徐々に理解して、当たり前に祖国を愛し、皇室を敬い、日本人に生まれ育ったことを誇りとするたくましい日本男児に成長してほしい、偉くなくても心やさしく強い、正しい日本人に
なってほしい
と願わずにはいられません。 2年前の政権交代で目の前に釣られたエサに食いついた多くの日本人とそれを煽りたてたマスゴミが作った政権交代、まるでパンドラの箱を開けたかの如く、数限りないほどの売国奴や反日左翼、売国法案、壊国法案が飛び出していきました。そして、悪夢のような現在に至ります。

でも、パンドラの箱の底には「希望」が残されていたのと同じように、今回の出来事は暗闇の中にわずかに見える希望の光のように感じました。子供たちが自虐史観などに毒されていない教育をまともな教師から受ければ、そして「教育勅語」を復活すれば絶対にまっとうな日本人に育つはず、子供達は我が国の希望です。だからこそ、大人がしっかりしないといけないので、管理人も少しは手本になれるような大人になりたいものです。 しかし…オバサン(笑) 面と向かって言われると、ちょっと複雑(笑) 10歳の子供から見れば、間違いなくオバサンですね! これで「おねえさん」と言わせようモンなら、おかしな団体の方から「子供の意志を捻じ曲げている」「子供の権利が踏みにじられている」などと、難癖をつけられて犯罪者にされそうですww  まあ、10歳の子供に管理人くらいの年の女を「おねえさん」と呼べというのは「目で煎餅を噛め」というのと同じくらい無理な話でしょうから(笑) と言いながら、地元の友達の子供には「おばさんと言ったらぶっ飛ばす!」と呪文のように刷り込み、教育しています(笑) やはり、子供の教育は大事ですね(笑) 
by ariesgirl | 2011-11-29 20:26 | 靖国神社 | Comments(8)

パソコン絶不調…

このところパソコンが絶不調です(;_;)いただいた各コメントに返信の途中や記事をアップしている途中に、突然全く動かなくなり、ダウンすること複数回。コメント返信もしたい、鍵コメントさんのご好意にもお返ししたい、昨日の大阪w選挙のことなども書きたいのですが、このありさま(ノ△T)
携帯からでは長い記事もコメント返信もままならず(涙)
余りに頭にきたせいか、鼻血まででました(笑)パソコンに詳しい知人などと一緒に原因調査中です!一両日中には何とかなると思いますので、大変申し訳ありませんが、もうしばらくお時間いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

先ずはお詫びまで
by ariesgirl | 2011-11-28 17:57 | その他 | Comments(3)

何か色々と・・・

今日は11月25日、新月です。昨日午後、天皇陛下が無事に東大病院をご退院なさいました。報道を見る限りではおやせになられたご様子でしたが、一安心致しました。皇后陛下もさぞかし安堵されたことでしょう。いかんせん陛下はご高齢でもあり、しばらくはゆっくりとご静養頂いて、またお元気なお姿で国民の前にお出まし頂きたいと願っております。

さて、記事にしたいことが色々とありすぎてうまくまとまりません。まあ、管理人の能力不足でうまくまとまらないだけかもしれません。このところご皇室関連で色々と騒がしくなってきました。まずは・・・

1.デヴィ・スカルノ夫人の廃嫡運動

読者の皆様もすでにご存知かと思いますが、デヴィ夫人が自身のブログで皇太子殿下、雅子妃に関し、批判を展開、廃嫡の署名運動を開始したとのこと。読者の方からコメントを頂き、夫人のブログを見ました。管理人は正直デヴィ夫人はあまり好きではありませんが、今回の件に関する彼女の記事(内容)は正論であり、至極まっとうなものだと思います。彼女は皇室を尊敬し、元日本人としてその行く末を憂いている気持ちに嘘はないでしょう。夫人も宗教も習慣も全く違う外国の大統領に嫁いで苦労したことは想像できます。だからこそ、雅子妃の現状を許せないのかもしれません。この廃嫡運動あるいは雅子妃の廃妃運動がどういう展開になるかわかりませんが、これを逆手に取られて反日売国奴や皇室壊体を目論む基地外どもに利用されないか心配です。そうならないことを祈るばかりです。 確かに、雅子妃の言動は皇太子妃、将来の皇后には相応しくないものであることは多くの国民が理解しているのではないかと思います。その件については(犬のお手ふりには唖然…実家の小和田家の胡散臭さ(草加との関係など)については、天皇皇后両陛下が一番承知しておいでなのではないかと畏れ多くも推察する次第です。皇太子夫妻の問題は夫妻で話し合い、イギリス皇太子夫妻のように何らかの決定をして頂くのが一番だと思います。雅子妃は能力ある方ですし、小和田家という大きな実家も健在、日本に住むのはイヤでしょうから大好きな海外に移住すればいいのではないでしょうか?? 下世話な話ですが、管理人の母親など雅子妃に対しては下記のように憤慨しきりです(笑)

「いつまで我がままいってんだ!病気だから公務はできなくても、子供の通学には付き添い実家のイベントには参加…ふざけるにもほどがある。嫁いで20年近くにもなるのに、いい加減嫁ぎ先のしきたりや習慣に慣れろ。(雅子妃は)そういうのを受け入れる努力をしていない!皇太子殿下が可哀そう。もう話しあって離婚したほうがお互いのためで、(雅子妃は)娘(愛子内親王)を連れて実家に戻って、大好きな外交でも何でもやればいい。皇太子殿下はもっと若くて美人じゃなくても愛嬌のある、家柄のいい、多産系のお嬢さんと再婚すればいい! 皇太子殿下もどうして皇后さまのような方を貰わなかったのかねえ…」

また愛子内親王については、母曰く「あの子の表情は何かおかしい。精神的におかしなものを感じる」とのこと。つまり、(語弊がありますが)何らかの障害に近いものがあるのではないかとみているようです。まあ、仕事もしながら3人の子供を育ててきたこともあり、母親にしかわからない何かを感じ取っているのかもしれません。管理人の母、フラダンス命の元気な60代です(笑) 母も嫁いでうん十年、嫁ぎ先のしきたりや習慣を受け入れ、嫁ぎ先の人間として生きるのは嫁として当然である(よほど道徳的にマズイとか、犯罪では?と思うことは除く)という考えです。

この廃嫡運動運動の行きつく先がどうなるのか、仮に物凄い数の署名が集まり宮内庁に提出されたとして、天皇皇后両陛下がそれをどう思われるか…デヴィ夫人の皇室の将来を思い憂いての行動だと思いますが、他国の王室と我が国の皇室は全く違うものであります。本来であれば皇室内の問題は皇室内で話し合い何らかの結論をだし、最終的には天皇皇后両陛下のご聖断を期待したいと勝手に思っています。デヴィ夫人のブログはこちら!

2.女性宮家創設構想

これも皆さんご存知かと思いますが、天皇陛下がご退院なさった翌日に敢えて官房長官が記者会見で発表何と言う不敬、売国でしょうか!! それも10月5日に宮内庁長官から野ブタに話しがあったということですが、それを敢えて陛下ご退院の翌日に言うとは・・・・これでまた陛下のご体調が悪くなったらどうするんだ!!! それを狙って、小和田家が裏で動いているのかどうかわかりませんが、ここまでして万世一系の天皇家を解体し、皇位の安定継承を大義名分にして何が何でも皇室典範を改正し、小和田家の血が流れる愛子女帝を誕生させ、その血脈の女系天皇を認めさせたい勢力がうごめいているのは確かでしょう。まるで平安時代の藤原氏ですね。 デヴィ夫人の廃嫡運動が取りざたされ始めたとたん、この有様・・・胡散臭い、キナ臭いと言わざるを得ません。早速民主党をはじめとする売国奴が利用しはじめたと考えざるを得ないし、TPPや消費税、年金問題などで身動きが取れなくなりつつある民主党が「これ幸い」と、一番大事な問題(売国法案など)から国民の目をそらすために、この問題を利用するつもりであると思います。国民側も騙されてはならないのです。 皇位の安定的な継承を考えるのであれば、女性宮家の創設よりもGHQによって皇籍を剥奪された旧皇族を宮家として復活させるのが一番と管理人は考えます。旧宮家には男子もいるわけで、2000年以上受け継いできた男系の遺伝子は間違いなく存在し、かつ皇位の安定的な継承に直結しているからです。まったく、秋篠宮悠仁親王殿下のご誕生でストップした皇室典範改正問題がまたこのように形を変えて出てきました。管理人は女系天皇には絶対に反対の立場です。自分たちの保身のために、ご皇室を利用しようとする民主党や売国奴を絶対に許せないし、過去の歴史の通り、皇室を利用したり、弓矢を引いた者には神罰がくだされることになるでしょう。記事はこちら

3.国民新党亀井代表の新党結成報道

本日、民主党機関紙だった日刊ゲンダイでもトップ扱い、おまけに犬HKでも報道されたこの新党結成話。
うーん、この経緯はどうなっているのでしょう?? てっきり汚沢尊師がやるのかと思っていたら(笑)12月中に新党結成しないと、政党助成金の問題もあるでしょうし…一体誰が参加するのでしょう。石原都知事や平沼赳夫議員の名前も挙がっていましたが、多少楽しみな気もします(笑) その新党が本当に愛国保守で、故中川昭一氏の意志を100%受け継いだ党であれば間違いなく応援しますが・・・どうなるのでしょうか? 頼むから愛国保守の仮面をかぶった反日売国奴を参加させないようにしてもらいたいものです。こういう輩を篩いにかけるような機械でもあればいいのですがww (嘘発見器のような「反日売国奴発見機」ですね) 民主党は「広域指定売国団」、亀井氏が本当に新党を結成するのであればぜひぜひ広域指定愛国団にして頂きたい。間違っても汚沢尊師やルーピーなど参加させることのないように希望します。こういう話を聞くと、中川昭一氏が存命なら…と思わずにはいられません(涙) 記事はこちら
by ariesgirl | 2011-11-25 22:33 | 日本 | Comments(19)

今日は「新嘗祭」でした。管理人は「勤労感謝の日」という名称が本当に嫌いですので、「新嘗祭」としかいいません。今日は朝から近くの神社へ出かけ、いつもと同じ願いと天皇陛下のご快復をお願いいたしました。そのあと多少のポスティング(TPP絡みのチラシ)を行ってから帰宅しました。 今年からはこの「新嘗祭」までは絶対に新米を炊かない、食べないと決めていました。1か月ほど前に九州の実家から新米が送られてきたのですが、本日朝その新米を炊き、神様に感謝の祈りをした後に頂きました。その美味しかったこと!! 体に染みわたるような美味しさでした。塩コンブと一緒に食べると…サイコーです♪♪

やはり日本人にはお米です!水田に稲穂が頭を垂れて実っている風景を見ると、改めて感謝の気持ちがわくのは長い年月をかけて日本人のDNAに刷り込まれているのでしょう。我が国は別名「瑞穂の国」ですから。 日本人はバンバンお米を食べないといけませんね~!! 日本人にとって「お米」は神聖なものであり、単なる食べ物ではないというのが年齢とともに感じるようになってきました。国家元首である天皇陛下が自ら田植えをし、自ら刈り入れ、神前に供え、神々と一緒に食する…我が国ならではのものですね。色々な食べ物で普段から「お」をつけるのは、お米、お味噌、お醤油、お塩、お砂糖、お酒などで、日本人の食生活とは切っても切れないものばかりです。

最近は小麦粉、蕎麦、卵、乳製品などのアレルギー患者も多く、大変つらい思いをされている方も多くいらっしゃいます。蕎麦アレルギーの場合は蕎麦屋の前を通ることもできないと聞いています。間違って通ったら、発作を起こして死に目に遭うこともあるそうです。幸い管理人は何の食物アレルギーもないので、本当に幸せなことだと思います。唯一のアレルギーは漢方薬です(笑)あれは絶対にダメ!一度飲んで死に目に遭いましたので。 不思議なことに「お米」アレルギーというのは聞いたことがありません。お米というのは安心して食べられるものなんですね。 TPPなんぞでアメリカの遺伝子組み換えしまくった米なんぞ、絶対に口にしたくありません!! アメリカ人の味覚は日本人とは雲泥の差、要するに「貧乏舌」です。遺伝子組み換え食品には全く無関心、気にもしてないです。だから、あんなに子供から大人まで常軌を逸した体型、デブ化するんですが。(これについては別途記事にしたいと思います)

管理人も亡くなった祖父母から(特に祖母)食事の作法、または食べ物を粗末にしようものなら烈火のごとく叱られたことを思い出します。やはり、戦争を体験し戦後のもののない時代を生きた祖母にとって当然のことだったのでしょう。その教育は(特アに対する見方も含めて)圧倒的に正しかったことを今更ながら天国の祖父母に感謝するばかりです。 天皇陛下の御病気により、本日宮中でおこなわれた「新嘗祭」は掌典長だ代拝されたとのこと。畏れ多いことですが、陛下ご自身が一番お心を痛めていらっしゃると思います。(それに関する記事はこちらをどうぞ!)
ご高齢の陛下が祭祀を何よりも大切にされ、日本の安泰と日本国民の幸せを祈り続けてくださるからこそ、売国奴がはびこる最悪の時代でも何とか秩序が保たれ、国がばらばらにならずに済んでいるのも、日本が政治的に5流の国であっても敬意をもって世界から遇されるのは天皇陛下の存在と世界最古の皇室の存在のおかげではないでしょうか? 日本国民の一人として、改めて天皇陛下の一日も早いご快復を心からお祈り申し上げます。

b0169850_20335777.gif

祝! 新嘗祭 日本国万歳!! 天皇陛下万歳!!


超有名な動画ですが、再度貼り付けておきます。

こちらのブログもぜひ!
by ariesgirl | 2011-11-23 20:46 | 皇室 | Comments(14)

「エース」の不在

昨日広島の三次市を震源とする震度5強の地震が発生しました。つい数日前は茨城北部で震度5強。本当にまた何かが起こりそうです。幸いにも大きな被害はなかったようですが、震源地付近にお住まいの皆さんにはくれぐれもご注意頂きたいと思います。

さて、おとといの日曜日の夕方。買い物にでかけたところ、先日結婚された「岩崎良美」さんを発見!おひとりでしたが、何であんなところにいたのかと…お忍びで芸能人が来るような店があるとも思えないし(笑)テレビで見るよりも、小柄で羨ましいくらいきゃしゃな方でした。そしてスーパーで買い物をしているときにあるものを発見!! 女子には必需品のコラーゲンですが、そのコラーゲン鍋のつゆが売っていて何気なくみていると…なんと、パッケージに見覚えのあるマンガのキャラが…それは「お蝶夫人」(笑) ついにお蝶夫人が鍋のつゆのイメージキャラにwww オールドファンには懐かしい名作少女マンガ「エースをねらえ!」のサブキャラであるお蝶夫人。主人公の岡ひろみを圧倒する強烈な個性(笑)蝶のように舞う華麗なプレーで負けなしのテニスプレイヤー、ついたあだ名が「お蝶夫人」 高校生なのに金髪、お姫様のような縦巻きロール、そしてあの言葉遣い(例 「よろしくって」「あたくし」「よくって?ひろみ」などなど) うーむ、ついに登場か・・・と思いましたww ちなみに、ベルサイユのばらのオスカルとマリーアントワネットは化粧品のイメージキャラになってます。(管理人もつられて購入、愛用中ww)

こんなことが記事と何の関係があるんだよ、管理人!と言われそうですが、今日は「エース」について書きたいと思います。連日バレーボールのワールドカップが開催されています。なんせ放送は蛆テレビ、以前は試合前にジャニーズの口パクジャリタレをコートで踊らせたり、応援させたりしていましたが、今回からそれは無くなったようです(笑)とはいえ、またまたジャニーズのジャリタレ、セクシーゾーンとか言うガキの集団(笑) なんだ、あれ?? 本当に気色悪う~ww(ファンの人には悪いですが) 蛆としては、本音はお約束の朝鮮人グループなどを使いたかったはずですが、さすがにそれをやってしまうとエライことになる!と思ったのでしょう。
 
さて、女子は先日閉幕したわけですが、ブラジル、ドイツ、アメリカと数段格上の相手を見事に撃破しましたが
残念ながら4位で今回はロンドンオリンピックの出場権を取ることはできませんでした。とはいえ、かなり期待できる内容でしたので必ず出場権を手にできると思います。(ちなみに管理人も学生時代バレーボールをやっていたのです) 現在男子の試合が連日行われていますが、初戦のイラン、昨日のアルゼンチン、そしてキューバと3連敗、イランとアルゼンチンの2試合は十分に勝てる試合を落としています。

それは何故か?? 技術力や平均身長差、体力、戦略など色々と考えられることはあると思いますが、管理人から言わせると…「エースの不在」の一言です。 男子バレーの低迷はそれに尽きるのではないかと思います。今の男子チームを見渡しても、「エース」と呼べる選手が見当たりません。バレーファンとしては非常に残念なことでもあります。 女子の場合もいわゆる「絶対的エース」と呼べる選手はまだ見当たりませんが、その位置に着実に近づいているのが木村沙織選手でしょう。以前の彼女はまだ若い事もあって、エースにふさわしい技術や体力、日の丸を背負うという意味、自覚がありませんでした。しかし、今の木村選手には技術や体力以上に「エースとしての自覚」がハッキリと見えます。木村選手自身が経験を積む中でエースとはどういうものなのか?ということを深く理解してきているのだと思います。周りの選手もそれに引っ張られるように努力していく、それがチーム全体の実力の向上に繋がっているような気がします。 木村選手に限らず、レギュラー選手で調子の悪い選手がいても周りや代わりの選手がうまくカバーできていること、そして何よりも「絶対に勝つ!」という勝負への執着心が女子チームの強さです。とはいえ、まだまだ女子も強くなって頂いて、必ずオリンピックへ出場してメダルを取って頂きたいと思います。

さて、男子チーム。見渡してもエースの自覚がある選手が見当たらないのです。管理人の目が節穴と言われればそれまでですが。 チーム自体が伸びていないというか、 技術体力の問題以上に心の問題、つまり「勝つことへの執着心」が薄い、「負けてたまるか」というのが欠如しているように思えてなりません。監督の想いが空回りしているように見えます。ひとつはチームが劣勢に立った時に精神的な支えになれるベテラン選手がいないようですし(一旦リズムが崩れると立て直しが効かない)肝心なところでサーブミス、スパイクミス、同じミスの繰り返し・・・これでは勝てるものも勝てません。

じゃあ、「エース」とは何か? 管理人が考える「エース」とは…そのチームで一番強いこと。体力的にも精神的にも。どんな劣勢に立たされても、苦しくても、辛くても、肝心なところで絶対に決めることができる…それが「エース」。 こいつに(トスを)あげれば必ず決めてくれる、流れを変えてくれる、という絶対的な信頼を得るのが「エース」です。 その信頼を得るためには誰よりも努力しなければならないわけです。 もちろん、エースにおんぶにだっこでは他の選手も伸びないし、チームも強くなりません。今の日本男子バレーチームに「エース」が誕生しない限り、茨の道は続くでしょう。

「エースの不在」…これはバレーボールに限ったことではありません。我が国の政界にエースと呼べる人がいるでしょうか? 残念ながら、我が国には「売国のエース」「TPP壊国のエース」「反日のエース」「不敬のエース」「シナチョンへの土下座エース」が蛆虫のように湧いています。悪い意味での「エース」だらけという、大変な事態が進行しています。 「愛国のエース」「救国のエース」「憂国のエース」がこれほど必要な時代はないのですが、それらの全てを備えていた政界の「エース」が中川昭一氏でした。必ず近い将来に内閣総理大臣に指名され、天皇陛下の御前に背筋を伸ばし堂々と立っているはずでしたが…。

一国を、一国の国民とその安全や財産を背負い、体を張って守り抜く・・・それが国家のエースである総理大臣のはずですが、現総理は「売国・壊国のエース」、自己保身と党益を守るためだけに平気で国を国民を売る、閣僚も与党も同じ。とはいえ、「エースだらけ」のチームはまとまりません。必ず綻びがでて崩れます。その崩れ去る時期を一日も早くするために活動しなければなりません。「愛国のエース」「救国のエース」候補はわずかながら政界にいると思いますので…。

最近、どういうわけか妄想記事が減少し、まっとうな記事を掲載している日刊ゲンダイ(笑)そのゲンダイから「反日のエース」「不敬のエース」 シナチクR4の記事を。

=========================
そして誰からも相手にされなくなった蓮舫行政刷新相の落日 【政治・経済】 2011年11月19日 掲載

“黒い交際”に続いて晩餐会携帯使用問題

15日の参院予算委員会で、野党から脱税や覚醒剤所持の逮捕歴がある男性との交際を追及され、「反省している」と答弁した蓮舫行政刷新相(43)。 18日は、ブータン国王夫妻を歓迎する宮中晩餐会での携帯電話の使用について記者会見で突っ込まれ、「国王の御前や晩餐会では一切使っていない。招待客が集まる控えの間では使用した」との釈明に追われた。「最近、携帯電話を買い替えたようで、歩きながらいじっている姿をよく見かけます。当日も控えの間とはいえ、堂々と通話をしていてヒンシュクだったようです。皇居での重要な式典なのに、緊張感を欠いていたと批判されても仕方ないでしょう」(政府関係者)

明日からは、原子力・エネルギー予算や公共事業などのムダについて議論する「提言型政策仕分け」がスタートする。担当大臣として名誉挽回と張り切っているだろうが、そうはいかない。 「『凍結』と判定した朝霞住宅の建設が、昨年末にいったん再開されたように、仕分けには何の法的拘束力もありません。国民も単なるパフォーマンスと気付いてしまった。今回は冷ややかな目で見ているし、蓮舫大臣がムダを指摘したところで、後で簡単にひっくり返される。衆院決算行政監視委員会で、河野太郎議員らが『国会版事業仕分け』をやったが、こちらは法的な権限を持つ。公務員宿舎や原子力関連のムダな予算に次々メスを入れた。政府に『勧告』をして、来年度予算案にも反映させる。これがある以上、今回の“仕分け”はほとんど消化試合のようなものです」(政治ジャーナリスト・小谷洋之氏)

大阪では27日投開票の知事選・市長選が白熱し、民主党府連は蓮舫を応援に呼ぶプランもあったようだが、今では「来たら票が逃げる。民主党入りした辻元清美議員の方がはるかにいい」とケチョンケチョンだ。実力もないのに重宝された蓮舫の時代の終わりが近づいている。
=========================

R4がどれほど仕分けで喚いても、すでに落ち目の三度笠」(笑) とっとと消えろ。

そして、「TPPで壊国、売国のエース」経団連会長の米倉の記事を。

===========================
なぜTPPを推進するのか 経団連米倉会長 ボロ儲けのカラクリ  【政治・経済】 2011年11月22日 掲載

そういうことか!

反対論が強いのに、強硬にTPPを推進している経団連の米倉弘昌会長(74)。なぜ、シャカリキになっているのか。 大新聞テレビはまったく報じないが、ネット上では「米倉が会長をしている住友化学がボロ儲けできるからだ」と批判が噴出している。 TPPに参加すると、アメリカから「遺伝子組み換え食品」が大量に入ってくる恐れが強い。日本は遺伝子組み換え食品に“表示”を義務づけ、一定のブレーキがかかっているが、アメリカは表示義務の“撤廃”を求めているからだ。その時、国内最大の農薬メーカー、住友化学が大儲けするというのだ。一体どんなカラクリなのか。

住友化学は昨年10月、アメリカのモンサント社というバイオ会社と提携しています。モンサント社は、強力な除草剤『ラウンドアップ』と、ラウンドアップに負けない遺伝子組み換えの種子をセットで売っている。遺伝子組み換え種子ビジネスの大手です。ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤を作っていました。要するに、遺伝子組み換え食品が広まると、モンサント社が儲かり、ビジネスパートナーの住友化学もウハウハというわけです」(霞が関事情通)

しかし、自分の会社の利益のためにTPPを推進しているとしたら許されない。遺伝子組み換え食品にどんな危険があるか分かっていないからなおさらだ。 「TPPに参加したら、日本の食の安全は崩壊しかねません。たとえば日本は大豆の90%を輸入に頼っている。産地はアメリカが70%で、アメリカの大豆の90%が遺伝子組み換えです。いまは表示を見れば遺伝子組み換えかどうか判断がつくが、表示義務が撤廃されたら、消費者は判断がつかなくなる。多くの消費者は、強力な除草剤をまいても枯れない大豆、人為的に作った大豆が本当に無害なのか不安なはずです」(農協関係者) 住友化学は「米倉会長は経団連会長としてTPPを推進しているに過ぎません」(広報部)と釈明するが、米倉会長を国会に呼んで真相を問いただすべきだ。
===========================

自分の会社だけが儲かればいいという究極の売国守銭奴、米倉会長。だから、眉毛があんなことになるのでしょうww アメリカのモンサント社は「悪魔の企業」と言われています。遺伝子組み換え食品が原因の不妊症もあると聞きます。また、日本よりも遥かにゆるい海外基準の放射能照射農産物を食べる羽目になります。今放射能で大騒ぎしている皆さん、これは今の日本の数値とは比較になりません。本当に恐ろしいことですよ。

b0169850_2222952.jpg

今日は「いい夫婦の日」とのこと。まさにぴったりのお二人です。

b0169850_22135282.jpg

京都訪問時のサプライズ。和服姿のご夫妻。本当に何の違和感もなくて和服がお似合いですね♪

b0169850_22151395.jpg

我が国が誇る最高のご夫妻であらせられる「天皇皇后両陛下」です。
by ariesgirl | 2011-11-22 22:16 | 日本 | Comments(4)

神の怒りの警鐘?

先ほど広島県三次市を震源とする震度5強の地震がありました!新嘗祭まであと2日の今日、この地震…私のパソコンも不調で携帯からの更新です。震源地付近の皆様、大丈夫ですか?三次市在住の日本民族愛国女子さん!大丈夫ですか?お怪我などありませんか?
これは神の怒りの警鐘の気がしてなりません。読者の皆様ももう一度、身の回りの備えを確認していただきたいと思いますm(_ _)m
by ariesgirl | 2011-11-21 22:36 | 日本 | Comments(7)

久しぶりの更新です。コメントを投下してくださった読者の皆様には返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした<(_ _)> ちょっとバタバタしておりました。先日からの眼精疲労と片頭痛はマッサージのおかげもあって、いくぶん改善しましたが、まだまだ本調子ではありませんが、巷では風邪も流行っていますので、読者の皆様もくれぐれもご自愛くださいませ。(管理人も先日インフルエンザの予防注射を打ちました。)

さて、更新をストップしていた間にも色々ありました。広域売国団のやることなすこと、全部が記事の対象となるわけですが多すぎますね。 先日から国賓として来日されていたブータン国王ご夫妻。本日帰国されましたが、若いのに立派で慈愛に満ちた国王と(国民に慕われるのがわかります)楚々としつつも凛とした佇まいの王妃。(公務も、義理の父親の見舞いも調子のいい体調不良で欠席しても、実家の催し物や娘の学校行事には元気にでかけるどこかのご立派な国際派皇太子妃とは偉い違いですね(棒))

ブータンは大変な親日国でもあり、見た目も日本人とそっくりです。ブータンの方たちはチベット人とよく似ているような気がします。だとすると、チベット人と日本人は非常に近いDNAの型をもっているそうですので、似ていてもおかしくありませんね。3月の大震災の翌日には100万ドルの義援金とワンチュク国王自ら鎮魂の祈りを捧げられました。国民の幸福度(国民総幸福量)を優先する国作りを行う国王と国民の97%が幸せだと答える国、ブータン。

今の日本において「幸せだ」と胸を張っていえる国民がどのくらいいるでしょうか?もう日本もこれまでの生活を見直す時期にきているのだと思います。それは便利さを捨て去ることではなく、日本人がアメリカ式の損得勘定がすべてという考え方や度をこした個人主義から「公」というものを再認識し、日本人が大切にしてきたものや伝統といった原点回帰をするべき時期であるように思えてなりません。爽やかな風のようなワンチュク国王ご夫妻とブータン王国の未来に幸多かれと祈ります。



ブータン王国国王ジグミ・ケサル陛下の演説です。少し長いですが、最後まで聞いて頂きたい、素晴らしい演説です。居並ぶ閣僚やバッジをつけた反日売国奴どもとは比べ物にならないほど、遥かに日本の歴史を理解し、日本人を想い、御皇室を敬い、日本を愛し、心を寄せてくれるブータン国と国王陛下。そのお心が溢れた演説に日本人として心からの感謝を申し上げます。管理人は涙がでました…。 この演説を聞いた広域指定売国団の構成員どもは恥ずかしくなかったかと思うわけですが、日本人ではない連中に理解できるはずもないですね。聞いている連中の威厳のなさ、品格の無さ…恥ずかしい限りです。こういう国とはいつまでも姉妹兄弟であり続けたいものですし、友好とはどんなものかが理解できますね。本当の友好国にはどんどん援助すべきです。援助しても礼のひとつもいうことを知らず、ユスリタカリを繰り返す反日を国是とするどっかの犯盗基地外土人国家やブータンを脅かす大陸基地外土人国家に税金を垂れ流すなど、売国という犯罪以外の何物でもありません。 この時期にブータン国王陛下と王妃陛下が国賓として来日され、国会で演説されたことは我が国や日本人に対する、天の配剤としか思えません。この演説は最初の部分だけがニュースで流されましたが、あとはカーット!!親日国の国王陛下の演説は放送しないのがマスゴミです。どうか、この動画を拡散して頂きたいと思います。

そして、ブータン国王夫妻とは雲泥の差である、いえ比べるのも畏れ多いR4をはじめとする売国帰化人どもの仕分けが始まりました。例によってスパコン始め、次から次にモノづくり大国である日本の根幹を壊そうという目的で、ど素人集団が偉そうな顔をして仕分けしていますが、あれを見ると反吐がでます、汚らしすぎて。
特にR4。前回の大失敗の反省は一切ありません。まあ、反省だけならサルでもできるのですが、何と言ってもR4始め、民主党の議員はサル以下の獄潰しですし、ましてやシナ人や朝鮮人には「反省する」という考えがないので、当然と言えば当然でしょう。相も変わらずのドヤ顔でおまけにサルみたいな顔をして偉そうに大声を出すR4、そして、ブータン国王陛下ご夫妻を招いての宮中晩さん会において携帯をいじるR4…(これって自民党政権下だったら死ぬまで叩かれるはずですね。民主党のパーティーに行ったジジイも)このシナチク、熱湯風呂で死ねよ!!
by ariesgirl | 2011-11-20 22:03 | 日本 | Comments(11)




野田どぜうというよりも、野豚のほうが相応しい売国総理に対し、総統閣下が怒りを爆発させています。総統閣下のセリフが正論すぎて、笑えません。いつもはどこかに笑いどころがあるのですが、今回は皆無でした・・・。今回の表明ですが、早速アメリカの自動車組合(正式名称を忘れました)も日本の参加に大反対の表明を行いました。当然でしょう、アメ車がますます売れなくなるし。

総統閣下の怒りの動画、ぜひぜひ拡散のご協力をお願い致します。動画内のコメントの凄まじさも…まっとうな日本人なら当然です。今日世論調査で内閣支持率がでてましたが、40%台ですか。相も変わらずマスゴミのクズさ加減がわかりますね。おまけにTPP参加表明支持60%だそうでえーす(棒)組織的にやれば、こんな数字なんぞどうにでもできますし、未だにTPPがどんなものかを知らない人が多いのですから。国家の長がISD条項やTPPが国内法より優越であることも知らない情報弱者、普通はそれを指摘されれば猛烈に調査したうえで何らかの判断をくだすわけですが、やはり日本人の皮を被った心は朝鮮人の野豚。 この男、もしかするとXXされるかもしれませんね。そうなったとしても自業自得ですけどww TPPの本質を知ればたいていの人は大反対するに決まってます。おそらく、アメリカもオバマの大統領選勝利のためのものとはいえ、日本の世論の動向をみているでしょう。ここで猛反対して日本人としての意志をみせなければなりません!!

さて、昨日の拙記事にお馴染みの大和魂さまが面白いコメントを投下してくださいました。今回の広域指定売国団の内輪もめ風三文芝居についてです。以下、転載します。

「毛沢東崇拝者が黄門に依頼→ルーピーと朝鮮族のドンが協議し日教組のミイラが反対派のバカ大将を説得。後は報道の通りです」 とのこと。

なお、説得というのは民主党においては「どうかつ」と読んだ用がいいらしいです(笑) 毛沢東崇拝者が誰のことかなどといったことは、賢明な読者の皆様にいちいち説明することもないと思われますので省略させていただきます(笑) 予想通りですね。バカ大将はミイラたちに金○を握られるようなことがあるのでしょうねww 

さあ、勝負は始まったばかり。管理人も片頭痛を抱えながら周知活動に励みます。チラシは告知ビラ集積所などで集めてます。かなりわかりやすいものもあるのでオススメですよ。 諦めた時点=試合終了 ですから、それにはまだまだ早すぎます。戦わずしての亡国は魂の亡国です、私は痩せても枯れても国を愛する日本人ですから!! 読者の皆さまも一緒に戦いましょう!日本は日本人の手で守らなければならないのですから!!
by ariesgirl | 2011-11-14 21:14 | 政治(国内) | Comments(24)

11月ももう13日。この間11月に入ったと思っていたのに、あっという間に2週間です。11日は震災から丸8か月、亡くなられた多くの方のご冥福を改めてお祈り申し上げますとともに被災地の復興と原発の一日も早い収束をお祈り申し上げます。特に原発で作業にあたっていらっしゃる東電ならびに多くの関連会社の皆様に対して感謝しますとともに、どうか健康に留意されるようお願いしたいと思います。

さて、この数日間、眼精疲労による片頭痛が酷くなり更新をストップしておりました。久しぶりに頭の右側に酷い片頭痛、目の痛み、首筋の異常なコリ、吐き気、おまけに多少風邪気味らしく…こんな有様でした。シップや頭のツボを押してみたりと自己流でどうにか少し持ち直してきました。この体調の悪さや片頭痛の酷さの原因は…言わずもがなであります。

TPPに関し、山のように書きたいことがあるのですが、どれからどのように記事にしていいのかわかりません。
野田どぜうが、TPPに対する44都道府県の反対・慎重決議、全国市町村会の3回にもわたる市町村決議、
そして何よりも国民の反対意見、そして国民に対してなんの説明もしていないという状況にもかかわらず、自己保身と政権維持、そして普天間の大失敗のツケをTPPという究極の売国政策で支払うということをやってのけました。まさに、民主主義を自ら否定した独裁者です。早く死ねばいいのに。

あの会見は読者の皆さんもご覧になられたことと思います。反対派推進派、どちらにも都合のいい表現に終始していましたが、事実上参加表明しただけのこと、APECでアメリカに褒めてもらおいたいだけのものでした。それもわざわざ1日延期して、震災から丸8か月の11日に記者会見までしてTPP参加を表明すると言う念の入れようには反吐がでます。まさに、野田の「売国心」に満ちたものでした。 11日に発表、つまり正確にあの会見を表現すると、被災地に対して「被災者も復興もどうでもいい、被災地は死ね!こっちはアメリカの機嫌取りで政権維持と自己保身に忙しいんだよ。経済の立て直しっていうのは、「アメリカの経済の立て直し」って意味で、日本じゃねえよ!」と言っているわけです。おまけにキッシンジャーという死に損ないのジイサンまでオバマは使って、日本に圧力をかけてきました。これこそまさにユダヤの陰謀か?と思いたくなります。なお、このユダヤ陰謀説と再度の地震ですが、「日本がすきなだけなんだよ」さんが最新記事としてアップしていらっしゃるので、ぜひご一読頂きたいと思います。もう一度天災が日本を襲うような気がしますが、原発事故だけは勘弁してほしい・・・

人間の皮をかぶった「どじょう」が総理大臣、アメリカみたいな腹黒い国と対等な交渉、日本に有利になる交渉などできるわけがありません。自分で自分のことを「どじょう」というバカを誰が相手にしますか? 「どじょう」つまり「Loach」…英語表現においてはマヌケ、バカ、愚か者のことを言います。「I am primeministor of Japan like a Loach」 とでも自己紹介して悦に入っているかもしれませんが、まさにバカの見本。自分で自分のことをバカで間抜けな愚か者の総理大臣ですと紹介しているわけで、そんなマヌケ野郎の手をひねるなどアメリカのような腹黒国家には朝飯前もいいところです。野田も前張りも玄葉も鮮獄も枝野も、全員がアメリカのポチどころか、そのうち捨てられるでしょう。どじょうは所詮泥の中にしか住めないのです。おまけに白人はどじょうなど食べ物とも思っていません、死にたくなければとっとと泥の中に帰れ!おまけに、TPPのISD条項も殆ど知らずにいたとは…11日の国会答弁でしどろもどろ。肝心なことも知らずに自己保身のためだけに参加表明とは…以下はあっちこっちでコピペされていますが、念のため貼っておきます。保存のうえ、拡散して頂きたい内容です。
=========================
527 :Trader@Live! :sage :2011/11/11(金) 17:47:11.46 ID:ZjLBUA27
いろんなとこに貼られてたヤツのコピペですが、ドーゾ

28:日出づる処の名無し :sage:2011/11/11(金) 16:36:00.08 ID: Cj1p0Rp5 (1)
twitterでも野田総理の答弁として流れて来てました。

 ①TPPが国内法に優越することを知らなかった
 ②10年間で関税全廃することを知らず、保護できる関税があると思ってた
 ③今からでは交渉参加は半年後。条件闘争出来ないことを知らなかった
 ④ISD条項を知らなかった 
 ⑤TPPよりASEAN+6が国益であることを隠してた
 
ついでに、TPP加入でGDPが10年間で2.7兆円増という試算は 「農水業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という条件での試算だったことが判明。 全関税を10年内に撤廃するTPPの本質を知らない試算だったらしいと言う話 ( Д) ゜ ゜

529 :Trader@Live! :sage :2011/11/11(金) 18:06:01.91 (p)ID:sXN2TvV/(7)
>ついでに、TPP加入でGDPが10年間で2.7兆円増という試算は「農水業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という条件での試算だったことが判明

これはマズいな、てか野田と外務省何約束してきたん?二枚舌でどんな約束してきたことやら・・
========================

日本を自分たちの保身のためだけに売り渡した民主党。そして、「一応反対しときました!」と言うことで大騒ぎした自称・反対派の面々、誰一人離党することもなく、野田のあの会見を「評価」したバカの売国集団。あれも茶番劇、大根役者揃いの三文芝居で執行部は「これでガス抜き終了」と思っているでしょう。所詮、民主党は売国奴のクズ集団。あれだけ反対していた光の戦死のツイッターをみればわかります。自己弁護に必死で笑えるほどですわ。

それと比べて遥かに立派だった(?)のが、社民党の福島瑞穂と共産党の志位委員長。極左の売国政党でもある社民と共産党からあんな言葉を聞くとは…福島瑞穂が野田に向かって「あなたは一体どこの国の総理大臣なのか??」 そして共産党の志位委員長が民主党に対して国賊と糾弾したのです。左翼売国の両看板本来の「国賊」と言っても過言ではない政党の党首から、こういう発言を聞くことになるとは…このTPP問題はイデオロギーを超えた問題となっていて、左も右も手を結んで阻止しなければならないということですね。管理人には彼らが遥かにまともに思えます。特に共産党が調査したアメリカから日本に要求されている解放項目について、すべて問題点を明らかにしていることは、さすが共産党と言わざるをえません。彼らは徹底的に調査するという面では遥かに民主党より立派であり、遥かに勉強しているわけです。共産党は国家観とか歴史認識では保守愛国派とは真逆ですが、日本人の生活や雇用を守るという点では共闘できるということでしょう。逆に保守系と思っていた人たちの中に「TPP推進派」がいたことが驚きというか、これで見分けがつきましたが。

民主党をもはや政党ではありません。彼らは政治家ではありません、タダの売国テロリスト集団であって、政党ではありません。民主党は「広域指定売国団」であり、絶対に潰すべき、壊滅させるべき対象であり、「国家転覆罪」です。世が世ならば暗殺の対象となる集団です。どんな罵詈雑言でも言い表せないほどの広域指定売国団である民主盗。放送コードに引っ掛かる言葉や余りにも下品すぎてここに表記するのも憚られます。一応まだ嫁入り前ですので、控えたいと思います(笑)

広域指定売国団の民主盗は何もしない、頭にも無い。あるのは自己保身と売国心だけ。日本人の皮を被って魂を売り渡した犯島土人や帰化人のクズ集団が2600年続いた我が国を切り刻んでいるのです。今回の野田どじょうのTPP参加表明でガッカリきた方も多い事かと思いますが、勝負はこれからですよ!! TPPの内容がよくわからない人が多いということは、逆にその恐ろしさや今までの生活の根幹が崩されるということをきちんと周知していけば、おのずと反対者は増えるはずです。だからこそ、広域指定売国団民主盗は内容を一切国民に知らせなかったわけで、かつカスゴミも推進一点張りでデメリットを全く報道しなかったのは、内容を国民が知り、さすがに普段は政治に無関心の人も自分の生活に直接関わると知れば大反対、ただでさえ脆弱な政権が足元から揺らぎ、もう二度と政権を取ることができないとわかっているからです。まさに、民主盗が売国法案を成立させる手段そのものです。とはいえ、これだけネットが広がっているのだから、そうは問屋がおろさないということを思い知らせなければならないのです。もし、自民党が政権与党だったらもう少し時間稼ぎもできたろうし、これほどの反対意見をガン無視することはなかったでしょう。もしかしたら解散という手段をとったかもしれません。

また、今回の件について、代表戸締役こと渡邉哲也氏が呟いています。
========================
@daitojimari 渡邉哲也 代表戸締役

TPP参加交渉について、諦めたら終わり、民主党政権、野田政権を打ち倒せば議論は白紙化する。これからが本番です。メディアは確定項の様に報じるでしょう。しかし、まだこれからなんです。
========================

この言葉に尽きます。勝負はこれから、ここで諦めて運動をやめてしまうことこそ売国クズの思うツボ。心が折れそうな方、腐りそうな方、投げ出してしまいそうな方、こんなところで敵がよこしてきた一見美味しそうに見えるアキラメロンを食ってはいかんのです!一口でも食べたら売国ウイルスに侵され、本人の意志ではなくても「売国奴」と呼ばれ続けることになります。もちろん、管理人も絶対に諦めませんよ。アキラメロンなんか食ってたまるか!!そんなもん、木刀でぐじゃぐじゃにして投げ返してやる。

諦めたらそこでゲームオーバーです
b0169850_20214718.gif

今こそ、Z旗の意味を噛みしめる時期かもしれません。
皇国の興廃、この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ
by ariesgirl | 2011-11-13 20:30 | 政治(国内) | Comments(13)