「ほっ」と。キャンペーン

5月も今日で終わりです。明日から6月、今年も折り返しとなります。そして、3月の大震災から丁度80日。80日たっても、仮設住宅の問題さえまともに解決策が出せない売国政権とカンチョクト。被災者の住宅すら満足にできない男が、何の根回しもなく、サミットでいきなり「太陽光1000万戸!!」とぶち上げました。すると、相方の鮮獄から「夢は大きいほどいい」「壮大な夢」と一刀両断ですか(笑)あーあwwww 日本人のDNAがないと思われるカンチョクトにこの漢字を贈ります。それは…「儚」 「人」の「夢」と書いて「儚い」…「夢」の「人」で「夢想家」プロ市民運動家あがりのクズにはピッタりでしょう。あ、日本人でないチョクトには「儚い」って読めませんね(笑)

-----------------------
仙谷由人官房副長官は30日の記者会見で、菅直人首相が太陽光パネルを住宅1000万戸に設置する目標を打ち出したことについて「どのように実現するかまで話はいっていない。夢は大きければ大きいほどいい」と述べた。海江田万里経済産業相が「聞いていない」と発言したことには「壮大な夢を聞いてるとか聞いてないとか、ぐちゃぐちゃ言わなくていいのではないか」と語った(5月30日付け、日経より転載)
-----------------------

さて、震災から80日。まだまだ避難所で生活している方たち、故郷を離れざるをえなかった方たち、僅かずつでも復興の光をみいだしつつある方たち、色々といらっしゃいます。三陸の漁師の方の言葉だったと思いますが、非常に印象に残っている言葉がありました。

「自分も被災者だけど、いつまでも被災者面したくない。」

これを聞いて、非常に響くものがありました。「被災者面したくない」誇り高き海の男の言葉…それに比べて、タダでさえ劣化した日本人が、震災後それに加えて「幼児化」し、増殖しているように思うのは管理人だけでしょうか?仕事を家を家族を奪われてもなお「被災者面したくない」と立ち向かう「被災者」がいる一方で、被災者でもないし、原発の被害者でもないのにまるで「被災者面」「原発の被害者面」をしている人が物凄く増えたように思えてなりません。

確かに、原発事故の拡大や汚染問題に怯えて、多くの人が不安と恐怖にかられてしまうのは無理もないことでしょう。特に小さい子供を持つ方たちはなおさら。それに加えて、この震災と原発事故に対処しきれない現政府ややたらと煽りたてるマスゴミ、コメンテーターと称する電波芸者、現場にもいかず、原子力の専門でもないのにやたらと解説しまくる自称ジャーナリスト、何故かこの事故がおこったとたんに反原発を叫ぶタレントや財界人(帰化人含む)マイクロシーベルト、ベクレルといった言葉だけば独り歩き、これでは不安を感じないわけがありません。

しかし、反核反原発の左翼市民グループは、今回の震災と原発事故を「千載一遇のチャンス!」とし原子力と原子力発電に対する恐怖を植え付け、煽りたて、政治的は反核大プロパガンダを繰り広げています。元々そういう運動家あがりの現総理は「気を見るに敏」であり、「昔取った杵柄」で見事に成功させています。

我が国全体、つまり国家としてのエネルギーの安定供給、それに伴う経済活動の問題を完全に無視して、やたらと自然エネルギー談義をして、まるで「洗脳」のごとき反核反原発運動を展開しているのです。特に、子供や赤ちゃんが危ない!と盛んにぶちあげ、この事故を大きな材料としての今後の原発の安全確保の強化向上や日本のエネルギーの安定供給のためには原発の継続が必要であると主張する人たち(管理人もですが)をまるで子供を皆殺しにするキチガイ殺人鬼のように叩きまくっています。

そのように主張する人たちはともかく、「子供が危ない」といわれ、原発事故に脅えきり、悪魔のように言い同調しはじめてしまった人たちも出てきました。何とも残念であり、その「幼児化」が情けない限りです。脅える気持ちは理解できますが、全てを東電のせいにし、まるで地震も津波も東電や原発のせいといわんばかりの論調は理解できません。そういう人たちに聞きたい。家に帰ってスイッチを入れれば電気がつく、超高層マンションに住んでいても蛇口をひねればすぐに水がでる、便利すぎるて使いこなせないほど色々な機能がついた家電製品、快適なトイレ、ゲーム、パソコン、オール電化の便利な家…などなど。これらの大元を考えたことがあるのか、こういう便利で快適な生活ができるのは何故か? それほど高額ではない電気代(1KW当たり)で済んでいるのは何故か?どれほど電気の恩恵に預かって生活してきたのか考えたことがあるのかと。これは東電が一番悪いとか、原発が悪いとかいう次元の問題ではないのではないでしょうか?

確かに、原子力や原発は一般人にはまず馴染みのあるものではありません。まさに専門家の領域であったわけですが、いまや、まるで国民総原子力・原発評論家のごとき感じさえします。今回の原発事故が起こっても、我が国のエネルギー政策において、電力の安定供給は必要だと原発を維持しようという現実的な主張をする人たちに対し、反核反原発主義の人たちは彼らの特徴でもある「論点のすり替え」を巧みに行い、マスゴミを同調させ、そしてまた不安で縮みあがっている国民を煽りたてるのです。勿論、東電に責任がないとは絶対に思わないし、彼らには終息させる義務があります。特に、本店上層部のこのところの滅茶苦茶で醜いことこのうえない対応には空いた口がふさがりません。

その「すり替え」とは東電と政界や経済界の原発利権といった金権的な癒着問題です。(勿論、それは問題であり今後是正されるべきことです)まるで、原発維持派の人たちを原発利権を貪る連中と同じ類の人種であるかのように攻撃し、「原発=危ない=廃止」という感情論だけで抹殺しようとしています。

そして、不思議なことに反核反原発の市民団体の皆さんは、何故か現在進行形で核兵器を作り続けている隣の大陸や半島などには一切抗議しません。なぜでしょうねwww 心底、反核反原発を願うのであれば、どうして僅か数時間で行ける隣の国に行って声高に主張しないのでしょうか、命を賭けてでも。それを見ても、彼らの考え方は破たんしていることがわかるはずですが、煽られて幼児化した人たちは目が見えなくなってしまっているようです。


次回に続く

おまけ:記事とは無関係ですが、余りにも面白すぎるドイツの新聞があると情報頂きました。そうか、ドイツのマスコミや国民の認識として、日本国の総理は今も「麻生太郎」ということだ!! ルーピーもチョクトもドイツ人の頭にはなかったwww しかし…冗談キツイわ~ゲルマンって。

ドイツの新聞記事爆笑イラストはこちら

by ariesgirl | 2011-05-31 23:25 | 日本 | Comments(2)

No. 1 Do gooder

早いもので5月最後の日曜日。じめじめとうっとうしいわけですが、今日は靖国神社清掃奉仕活動にいってまいりました。とはいえ、この雨。清掃は中止となりましたが、本殿への昇殿参拝は参加者全員で行いました。管理人はもちろん救国と英霊の力を貸して頂けるようにお願いしました。参拝が終わり、清掃の代わりに遊蹴館を見学。久しぶりに見学してきました。多くの日本人が自分の愛する者を守り、日本のために一つしかない命を捧げて戦ってくれたことに改めて感謝しつつ見学したのですが、以前と比べて展示物が多少変わっていることに気がつきました。この人たちのために、堂々と参拝し、拍手ひとつ打てない国会議員や大臣どもは日本人ではないし、かつ靖国を敵視する日本人や日本の宗教にまで土足で踏み込む在日土人どもは、日本から駆逐すべき存在であることは間違いありません。

さて、今日のタイトル「Do gooder」

管理人もつい先日初めて知った言葉です。月刊WILLに掲載されている、曽野綾子氏のエッセイに書かれていた言葉です。直訳すると…「いいことをする人」パッとみると良い意味のような印象をうけますが、まったく逆で「いいことをしてみせびらかす人」「空想的社会改良家・独善的な慈善家」「自分の人道主義を見せびらかす人」という全く良い意味などない言葉であるとのこと。

管理人はこの言葉を見たとたん、すぐに思い浮かんだ名前と顔があります。読者の皆さんにはもうお分かりかと思います。それは…菅直人と鳩山由紀夫の二人です。この二名、憲政史上最悪最低の総理であり、東西の売国両横綱であるわけですが、鳩山由紀夫は「自分の人道主義を見せびらかす人」菅直人は「空想的社会改良家・独善的な慈善家」と言えるでしょう。

鳩山由紀夫の場合はまさに自論である<人道主義を見せびらかし>「命を守りたい」「友愛」「コンクリートから人へ」をバカの一つ覚えで大安売りし、マスゴミの大援護団によって政権をとり総理となり、それらに乗じて日本売国を計画したわけですが、所詮何の苦労もしたことのない金持ちのぼっちゃんあがり、普天間問題で滅茶苦茶になって投げ出したのです。鳩山由紀夫のケースでは、まさに「自分がいいと思ったことを見せびらかした」ということでしょう。

そして、そのあと棚ぼた的に総理の椅子に座った菅直人の場合、「空想的社会改良家・独善的な慈善家」であるわけですが、これをそのままあてはめるというよりは空想的日本社会改悪家・独断的な偽善家=売国奴、国賊としたほうが相応しいと思います。

学生運動→就職もせず左翼のプロ市民→故・市川房枝氏に取り入り、担ぎだす→自分が後継ぎと称し議員へ→現在、総理(悪夢)

学生運動時代に夢見た共産国家、国や国民という観念を全く持たない、日本が全て悪いという究極の歴史的マゾ史観と祖国であろう半島や宗主国への謝罪と賠償で頭は一杯、よって日本国を良くする、日本国民の安全と財産を守る、日本国を守るという考えは一切なく、かつ日本国を良くする、日本国民の幸せを実現させるということについては無脳かつ無能。

それは3月の大震災から75日以上経過しても、何ら被災地に対しまともな対応もせず、(餓死者続出)仮設住宅すら満足に設置できず、原発事故の初動時点において総理としての自分を「見せびらかす」ために余計な真似をし、何でもかんでも東電に責任転嫁、原子力法に基づく原子力非常事態宣言を出し、全てを知る立場に置かれたにもかかわらず知らぬ存ぜぬ、言った言わない、原子力を推進した自民党に責任転嫁、特アやロスケに領海、領土を侵犯されても何一つ言わない、KYで乗り込んだサミットでも、突然太陽光パネル1000万戸設置をぶち上げる…(エネルギー政策担当の海江田には一切相談なし)仮設住宅さえ満足にできない男ができるはずもないのが明らか。(以下、産経より)
====================
海江田万里経済産業相は27日夜の記者会見で、菅直人首相が主要国(G8)首脳会議など一連の国際会議で表明した太陽光パネルを1千万戸に設置するとした目標について「聞いていない。首相が帰国したら詳しく話を聞きたい」と述べた。国民負担についても「残念ながら、報道された発言録しか読んでいない」と述べるにとどめた。

エネルギー担当閣僚に事前相談がないことがあるのかと問われ、しばし沈黙。ようやく「まさに首相だから、自分の思いを発言することは、私はかまわない」と言葉を継ぎ足した。菅首相は、ソフトバンクの孫正義社長からは太陽光推進の助言を受けているが、閣内では意思統一できていないことが浮き彫りとなった形だ
====================

その逆に、祖国と宗主国のために、日本の国益を害し、貶め、日本人の誇りをズタズタにすることに関しては、無能どころか、これまで培ってきたプロ市民運動家としてのノウハウを存分に活かし、抜群の有能さを発揮、大震災のドサクサに紛れて次から次に売国行為の雨あられ、福島原発の事故で突如盛り上がった反原発の(左翼の仲間)流れにのって浜岡原発停止はまさに気を見るに敏であり、彼がプロ市民として長年培ってきたものを発揮した一例でしょう。原発は危ない!という科学的根拠を棚上げした感情論的流れで、いわゆるOQ層の連中を反自民や反保守の方向へ持っていこうとする、極めて醜悪で汚らしい方法は、ある意味有能としかいいようがありません。

自分が学生運動時代から夢見続けた「空想」を基に2600年続いてきた日本を「改悪」する「偽善家」が菅直人であります。彼は彼の祖国や宗主国である「特アに対してのみ人道主義を見せびらかして」それを実践しているのです、この日本で、今この時間も。そして、それを見事に表した言葉がありました。

『偽善者は素晴らしい約束をする、約束を守る気がないからである。それには費用も掛からず、想像力以外の何の苦労も要らない』「フランス革命の省察」エドマンド・バーク原著より(ウィキより転載)

できもしない約束を閣内で一切相談もしないうちにやる、自分の権力を誇示したいがために日本と日本人を犠牲にする菅直人。それはまさに左翼的空想に基づき日本を改悪するために、何事も独断で決める偽善家の姿そのものです。上記に記載したように、できもしない約束をし、それを守る気などさらさらなく、自己満足・自慰的空想、妄想に基づくだけで何の考えも苦労も国への思いもないということです。

先週の会見では… 「一旦決まった政権は満了すべきだし、あと2年はやりたい。国民はそのあとに判断してほしい」だと。この男、どこまでふざければ気が済むのか!! この異常な権力亡者は真っ赤かのキチガイにもかかわらず、クスリかなんかやってんの??? 普通は鉄格子のついた、一度入ったら二度とはでられない種類の病院送りでしょうよ(怒)

No.1 Do gooder、King of the traitor to our country それが菅直人…日本憲政史上の災凶の偽善家総理。歩く人災、偽善テロリスト、こいつを待っているのは…「頓死」しかないでしょう

管理人の机の上部には故・中川昭一氏のカレンダーがかかっています。この国難、国家存亡の危機にある今の日本とそれを結果として作り出し後押ししてしまった日本国民、扇動したマスゴミ…中川昭一氏が生きていたら、何とおっしゃるだろうか、在野にあってどう行動されるだろうかと思うとやりきれません。いくら言っても仕方のないことですが…

余談ですが、26日、北海道から岩手に災害派遣中の陸自隊員(3等陸曹)の方が殉職されました。これで3人目です。報道によると27歳とのこと、それも新婚わずか3週間…災害派遣中に殉職、まさに国難に殉じた方であり、本当に国民の一人として心が痛みます。新婚の奥様の悲しみはいかばかりでしょうか。災害派遣も長期にわたり、隊員の方たちの肉体的・精神的健康管理も極めて重要です。いくら鍛えているとはいえ、この状況下では何が起こってもおかしくありません。この隊員の方のこれまでの活動に心から哀悼の意と感謝をこめて。合掌。

by ariesgirl | 2011-05-29 23:06 | 売国奴 | Comments(4)

関東地方も例年よりだいぶ早く梅雨に入りました。じめじめとした時期が暫く続きます。読者のみなさまにおかれましては、間違っても生肉など食することのないよう、または特ア産の食べ物などを食することのないようお願いします<(_ _)>

さて、昨日に引き続き増して「朝鮮玉入れ」の件です。震災後の計画停電をキッカケに、石原都知事の「パチンコ不要発言」が飛び出し、これまでになく注目され始めた「パチンコこと朝鮮玉入れ」毎日毎日、一年365日、朝から晩まで大音量の音楽(土人POP??)をかけながら、大量の電力を消費しつつチンジャラチンジャラとやっている朝鮮玉入れ。

これが一体、日本社会で何かの役に立っているのでしょうか?? 朝鮮玉入れ=娯楽ではなく、賭博なのであり、ギャンブルです。同じように競馬、競輪、競艇もギャンブルであり、それぞれ国が規定(規則、罰則)を設けて運営しているにもかかわらず、朝鮮玉入れだけは何故か野放しのまま。

何故か?? それは膨大なパチンコマネーです。これに群がる政治家や警察官僚の姿をどれだけの人が知っているのでしょうか?? 昨日の記事で朝鮮玉入れの政治アドバイザーとして登録されているクズどもを記載しましたが、実際には氷山の一角でしょう。玉入れ業界に、一体全体何の政治的アドバイスをしているんだかww おそらく外国人とわからないように献金する方法とか、ばれたらどうシラを切るか、版権や著作権にうるさいマンガやアニメの作者をどうやって落城させるかとか、そんなもんでしょう。 

朝鮮玉入れ屋やメーカーの経営者の9割は朝鮮人(北、南)とされ、日本人から毟り取った莫大な資金が朝鮮総連経由で彼らが愛してやまない金豚将軍さまに送金され、あの反日極悪テロ国家をずっと支え続けているのが現状です。拉致実行資金、テポドンなどのミサイル開発、核開発、などの資金として使われているのは自明です。玉入れ屋の政治的アドバイザーとなっている数十名の日本国の国会議員は間接的にテロ国家を支援し、協力までしていると言われても、反論できるのでしょうか?できないでしょうね。 朝鮮玉入れを娯楽と思っている善良な日本人は知らない間に北朝鮮と言うテロ国家の支援者となっており、そのうちにケツの毛まで毟り取られてしまうことを知るべきでしょう。

負けても負けても懲りずに出かけ、そのうちお金も尽き、おかしな街金で借金を重ね、挙句には返済に困り自殺してしまう人も年間数百人はいると言われています。こんな朝鮮玉入れごときで自分の人生を台無し、終わりにしてしまうなんて、余りにももったいないことです。 必ず、夏になると親が子供を車に置いたままで玉入れに夢中になり、その間に子供が灼熱地獄のなかで死亡するという報道を聞きます。悲惨としかいいようがありません。

朝鮮玉入れ産業の売り上げは年々減ってはいるものの、それでも平成21年度売上は21兆円!!ちなみに、平成21年の我が国の税収は約37兆円。日本の税収の56%分に当たるのが玉入れの売り上げです。にもかかわらず、何故か玉入れ屋には大幅な課税はされていません。日本人から毟りとる前に、こいつらから毟り取るのが先のはず!そして、今回の震災であきらかになった玉入れ屋の莫大な電力消費量。浜岡原発停止の影響もあり、今年の夏は完全に電力が不足します。そのせいでクソ暑いのに会社も電車内も家も節電…(怒)これで熱中症になって病院送りになったら誰が責任とってくれるんでしょう?? 以下の数値は3月24日の読売新聞に記載されたものです。

東京電力管内のパチンコの電力使用量:415万キロワット時(1日あたり)
東京電力管内の一般家庭換算世帯数:43万世帯


物凄い浪費電力です(驚)玉入れ屋の営業時間(12時間として)で割ってみると、一時間あたり約35万キロワットとなり、福島第一原発1号機の発電出力が約46万キロワットですので、発電量の8割弱の電力を無駄に消費していることになります。

これを見れば、まず第一に玉入れ屋が営業時間を半分にするなり、営業日を減らすなりすれば、一般国民にクソ暑い夏に節電しなければならないという本末転倒なことは起こらないわけですが、何と言っても相手は半島土人。そんなことをするはずがありません。半島土人といえば、フーゾク、焼肉、玉入れ屋と相場が決まってますし、脱税=玉入れ屋という図式は今も昔も変わりません(これは以前、税務署の人にききましたww)節電を要請すれば、バカの一つ覚え「在日への差別だ!」と騒ぎ立て、宗主国のオンナスパイである節電大臣のR4に泣きつくキチガイども。そんなにやりたけりゃ、玉入れ禁止の祖国へいって、儲けた金をばら撒いて、玉入れができるようにロビイ活動でもやれ!! 人の国で賭博なんぞやりやがって!! やりたければおまえらの祖国でやるのが筋というもの。

この朝鮮玉入れ関連団体(台のメーカーなど)に、我が国の警察官僚が天下っている事実があります。玉入れは明らかに賭博であり、これは相撲界を巻き込んだ野球賭博と同じことであるにもかかわらず、野球賭博は大騒ぎ、玉入れはシカト…これは明らかにおかしいのです。本来は禁止すべきことだと多くのひとが思っているはずです。朝鮮玉入れは法律上、風俗営業法が適用されるために(フーゾクですよ、フーゾク!!!)警察の管轄下にあります。つまり、そこには美味しい利権というお菓子が存在しているわけです。営業許可、玉入れ台の審査など警察がこの業界の上に君臨しているという図式が成立しています。賢明な読者の皆様には、この業界に警察官僚が多数天下っていることから両者の関係がどうなるかはお分かりのことと思います。


3月11日の国会でカンチョクトは南朝鮮籍の玉入れ屋の社長から100万の献金を受けていたことを追及され、知らなかったとシラを切りつつも、一貫の終わりというところまできたら、あの地震。そのドサクサに紛れて返金。反日を国是とする朝鮮人が支配する玉入れマネーが国会議員はおろか、現職の総理大臣にまでおよび、自分たちに有利な政策を作らせようと画策し日本を壊滅し、支配しようとしている現実とその人糞やキムチ臭い汚い金に群がるゴキブリや蠅のような国会議員や警察官僚との癒着、そしてスポンサーという金蔓に魂を売り、常軌を逸した偏向報道を推し進めるテレビ局…これをどう考えますか???

朝鮮玉入れは娯楽ではなく、賭博!
朝鮮玉入れは娯楽ではなく、賭博!
朝鮮玉入れは娯楽ではなく、賭博!

大切なことなので3回いいました

=========================
おまけ:菅の外国人献金問題が再燃の気配【政治・経済】2011年5月26日 掲載
(元は日刊ゲンダイww あのゲンダイにさえこんなことをかかせるとは(笑))

逃げ切ったつもりだろうが…

「優柔不断で腰砕けの谷垣じゃあ、今国会で不信任案を提出できないかもしれん。だけど、その前に例の問題が再燃して、どのみち菅は退陣に追い込まれるさ」

自民党のベテラン議員がこう言う。「例の問題」とは、外国人からの違法献金問題。横浜市内でパチンコ店を経営する在日韓国人のK氏から、06年に100万円、09年に4万円の献金を受け取っていた一件だ。3月11日の大震災当日、朝日新聞が1面トップで報じた。「前原誠司外相(当時)が同じ外国人献金問題で辞任した直後で、しかも、前原氏の5万円に対して菅首相が受け取っていた金額は100万円とケタ違い。3月11日の国会でこの問題を追及された菅首相は“外国籍の方とは知らなかった”と強弁しましたが、誰が見ても絶体絶命のピンチでした。そこへ、未曽有の大震災が起きたのです」(国会担当記者)

週刊文春(4月14日号)によれば、菅は違法献金が表沙汰になると知るや、K氏に「とにかく逃げて下さい」と指示。震災翌日にも電話をかけ、「過去も現在も未来も会ったことはなかったことにしてくれ」と念押しをしたという。震災対応そっちのけで口止め工作とは呆れるが、その後、ドサクサに紛れてコッソリ返金していたことも分かった。

●不信任案より先にコレで退陣!?

これで本人は逃げ切ったつもりだろうが、そうは問屋が卸さないのだ。K氏を知る関係者が明かす。「菅首相は音信不通になり、一方的に絶縁されたK氏は怒り心頭。マスコミに洗いざらいブチまけると息巻いています。K氏は周囲に『菅はオレの国籍を知って付き合っていた』と明言。昨年、韓国大使館で開催された音楽コンクールに関する口利きなど、具体的な便宜供与についても話し始めています」

さんざん利用しておきながら、都合が悪くなると「知らぬ、存ぜぬ」でダンマリ。延命のためには恩人をも平気で裏切り、詭弁(きべん)を弄して責任転嫁――。これまで、菅という男の品性下劣を国民はイヤというほど見せられてきた。もうウンザリだ。ハッキリ言って、菅は人間性に問題がある。宰相の器ではない。 永田町では、超党派の“倒閣”勉強会がいくつも立ち上がるなど、菅降ろしの動きが加速している。外国人献金問題が火を噴くのが先か、不信任案を突きつけられるのが先か。どのみち人でなしのズル菅首相は辞めるしかないのだ。
=========================

ゲンダイさん、カンチョクトにトドメさしてね~!期待してますから♪ 頼みますよ~(笑)
by ariesgirl | 2011-05-27 23:42 | 日本 | Comments(3)

まずは管理人よりお知らせです。来る6月4日(土)下記のイベントが開催されます。管理人は当日長崎には行けませんが、長崎県にお住まいの方、お時間あるかたはぜひご足労頂ければと思います。

緊急・教科書シンポジウム「日本の歴史と南京の真実を如何に教えるか」
平成23年6月4日(土) 14時00分
長崎原爆資料館 ホール http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/abm/ 
パネリスト:  東中野修道(亜細亜大学教授・日本「南京」学会会長)
        勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)
主催:長崎の原爆展示をただす市民の会  TEL 095-823-9140


左の多い長崎でこういう催しが行われるのは非常に嬉しいことですが、現在の原爆資料館の展示が明らかに偏向展示となっていることは非常に問題です。昔はそんなことはありませんでしたが。

さて、本題に入る前に例の海水注入中断の件で新事実が東京電力から発表されました。一体何がどうなっているのかわかりませんが、第一報を聞いた管理人の推測としては…

1.東京電力が全部泥を被るので、国有化などで潰すのはやめてもらいたいと裏取引した。

2.カンチョクトが「オレは海水注入なんて聞いてない!オレの許可もとらず・・中断させろ!!!」と東電を恫喝し、中断命令を出す→東電本店、恫喝に屈し福島原発吉田所長に「官邸の命令だ、海水注入を中止しろ!」→ 福島原発の総指揮官・吉田所長「冗談いうな!今止めたら大変なことになる!そんな命令は聞くわけにいかない、注入は私の判断と責任で続ける」

おそらく、2番だろうと思っていたら…案の定、産経に次の記事が。だいたい、こういう非常事態発生時においては現場の判断に任せて、重要なことは事故報告で構わないというのが常道のはず。管理人の元上司は吉田所長と数回会って話をしていることは以前も記事にしましたが、とにかく現場に詳しい人であり、現場と言うものを熟知している親分肌の御仁ということですから。おまけに、「処分を検討」って…何を考えているのかね、東電は。最悪の事態を回避する判断をした人間を処分って、ありえないでしょう!!(怒)それとも、カンチョクトや枝野の恫喝で吉田所長をクビにでもするつもりでしょうか?? 今、彼の代わりが務まる人がいるのでしょうか??

==========================
実際は海水注入停止せず 「注入継続が何より重要」 第1原発所長が独自判断
2011.5.26 17:09 (産経より)

東京電力福島第1原発1号機への海水注入が一時中断したとされた問題で、東京電力は26日、実際には海水注入の停止は行われていなかったと発表した。同原発の吉田昌郎所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と判断し、実際に停止は行わなかったという。本店の指示に反し、現場が独自の判断をしていた。指示系統のあり方が問題となるとともに、事故対応をめぐる連携の悪さが改めて浮き彫りとなった。

会見した東電の武藤栄副社長は「これまで、説明してきた中身が、現場が錯綜する中で事実と違い、申し訳ない。コミュニケーションの行き違いがあった」と謝罪した。 吉田所長の判断については「技術的には妥当だった」(武藤副社長)とした。吉田所長の処分については今後検討するという

東電によると、海水注入は3月12日午後7時4分に開始。21分後の午後7時25分に、首相官邸に派遣した東電社員から「首相の了解が得られていない」との連絡が東電本店にあったため、本店と原発でテレビ会議を行い、注入の停止を決定した。しかし、吉田所長はその決定に従わず、独自の判断で注入を続けたという。

東電本店の社員が24日から25日にかけて、状況を再確認するため同原発で吉田所長から事情を聴取し、事実が判明した。吉田所長は「新聞や国会で話題になっており、IAEA(国際原子力機関)の調査団も来ていることから、事故の評価解析は正しい事実に基づいて行われるべきだと考えた」と説明し、事実を明らかにしたという。

東電は21日に同問題の経緯を初めて明らかにした際、12日午後8時20分に海水注入を再開したと説明していた。この点について東電は「当時、発電所からそういった報告があったが、適切な報告ではなかった」と発表内容を訂正した。東電は21日に問題の経緯を明らかにした時点で、吉田所長からの事情聴取は行っていなかったという。同問題をめぐっては、海水注入が原子炉を冷却するための唯一の方法だったため、菅直人首相の言動を受け、東電が海水注入を停止した点などが、国会でも問題視されていた
==========================


More
by ariesgirl | 2011-05-26 22:05 | 日本 | Comments(5)

渡部黄門と汚沢尊師の合同誕生会なる奇怪なイベントが開かれたようです(笑)まるで、某カルトの合同結婚式ww おまけに音頭をとったのが前原www生臭いことこの上ないですね。誕生会・・・(失笑)小学生かよ!! いい年したジジイどもが。気になるのは、誕生会のお約束でもある「プレゼント交換」はしたのでしょうか(笑) 前原が仕切り役であれば、裏には鮮獄が引く糸が見えてきますが、まずはトンスルでカンパーイ!前原に献金していた朝鮮ババアの焼き肉屋からの差し入れのキムチに焼き肉、ユッケ、それとも犬肉鍋パーティーでしょうかww まあ、呉越同舟とはこのこと?そうであるなら、その船もろとも爆破させるような奴はいないのかね、民主党には。いうだけ無理ですね、深ーく沈んで二度と浮かびあがってくるな!!
b0169850_21583059.jpg


そんな民主党代表のカンチョクト。G8サミットに出席のため、しばらくいなくなるようですが、アル海田のテロにでも遭って死ねばいいのに。
おまけに「ぼくはものすごく原子力には詳しい」と豪語していたにもかかわらず、海水中断恫喝が明るみになると…「専門家じゃあーりません」だとwww 自己否定ですか(笑)記事はこちら! 
元々極左テロリスト、現在は原発テロリストなんだから相応しい死に方ではないかと。どうせサミットに行っても、シカトされるだけですから。
b0169850_2204415.jpg


国会では相変わらず海水注入の中断に関する責任転嫁、なすりあい・・・醜いことこのうえない。民主党には「責任」という言葉はなく、いえ、「日本国民に対する責任」という言葉がないのでしょう。そのかわりに「シナや朝鮮に対する責任、言いかえるとシナや朝鮮に対する隷属義務」は異常なほど持ち合わせているのが民主党とキチガイ議員ども。「海水中断させました、本当にすみません」とでも謝れば、少しは支持率もあがるかもしれないのに。

その筆頭キチガイであるカンチョクトを先日急逝された俳優の児玉 清さんが「幼稚な軍人」と批判されています。(文藝春秋6月号より)
b0169850_22432879.jpg

幼稚な軍人・カンチョクト

==============================
【大人のリーダーを求む】児玉清(俳優)

この国の危機管理のお粗末さに日々唖然としている。予測不能な自然災害は当然起こり得ることだ。たしかに今回は国内史上最高のマグニチュードであった。未曾有の地震であることはわかるが、問題はその後の対応だ。政府並びに関係各省庁の対応の至らなさは歯がゆいばかりだ。総理大臣も”決死で頑張る”とか精神論を披露するだけ、まるで昔の旧軍人総理となんら変わらない幼稚さだ。そんなことは当たり前ことで、それは当人が、そう決心してことに当たることで、具体的にどのような手段で、今、そこにあるこの国家的な危機を乗り越えるために何をするか、またできるかが急務なのだ。

TVの現地報告で刻々と訴えてくる窮状に対して何故即刻手を打てないのか。灯油、ガソリン、食料に水。ピンポイントで一刻の猶予を許さぬ地域へヘリコプターで落下傘投下するとか、方法はいくらもあるはずだ。世界を震撼させた原発問題も同じ。東電のエリート集団の後手後手にまわった慌てぶりを含め、まさに日本は完全に幼稚化した人間たちがリーダーシップを握っていることを露呈した。その命令下で働く人人間達こそ最悪だ。そして国民も。

知恵と想像力と決断力のある大人のリーダーを今こそ日本は求めている。
==============================

見るからに知性と教養を感じさせた児玉清さん。さぞかし、あのような知性も教養もない、あるのは自己保身と権力への妄執だけという左翼のキチガイが、この国難の時期に総理であるという悪夢の現実に怒り心頭だったことは想像できます。そんな男やその仲間が現政権の座にいるからでしょうか、同胞である南朝鮮人からナメラレまくりです。朝鮮国会議員が我が国の領土である国後島に視察(記事はこちら)訪問目的を「日本との領有権問題がある地域の支配・管理状況の視察」だと、ふざけるにもほどがある。要するに、竹島の不法占領強化に国後の状況を活用したいというわけです

More
by ariesgirl | 2011-05-24 22:45 | 民主党 | Comments(12)

シナと朝鮮のゴロツキが作り笑顔で被災地を訪れ、被災者を見舞いました。その二人にまるで下男のようにつきしたがい、満面の笑みを浮かべる歩く人災、原発テロリストである日本国総理大臣の姿…反吐がでます。シナや朝鮮の要人がくると、異常に嬉しそうなカンチョクト。特アはしたたかです。作り笑顔を振りまき、ぬいぐるみをわたし、被災者外交ですか…人のいい被災者がコロッと騙されるはずです。特に、シナ人が笑顔で近づいてきたら要注意というのは常識ですが、シナを宗主国とする半島のDNAをしっかりうけつぐテロリストやついこの間まで特ア人民党の議員であった福島県知事には全く理解できていません。三人で福島の野菜を食べるというパフォーマンス…この男、何かを食うことしかできないのかと。三文芝居にもほどがあるわけですが、尖閣のせの字も言えないカンチョクト、竹島のたの字もいえないカンチョクト…死ねよ、クソが。
b0169850_22522262.jpg

特アの下男がくりだす三文芝居。後ろの男性の目つきに注目(笑)

b0169850_230236.jpg

シナの本音。願望アルヨ!

b0169850_2314798.jpg

一般的な朝鮮人

そのカンチョクトのスポークスマン、枝野。昨日バレてしまった海水注入中断の火消しに、「中断指示などしてない!」とあのモナ男と必死です。(笑)何でもかんでも東電のせいにしてきたのに、ここにきてバレるとは…頭隠して尻隠さずですかwww そりゃあ、「こだまでしょうか、事実です」っていったら最後、政権は完全に炉心溶融、メルトダウンして大爆発、自分たちも死んでしまいますから。全員放射能地獄で死んでくれたらいいのに。特ア人民党の大得意である責任転嫁ゲームの真っ最中、挙句の果てには、斑目委員長に責任転嫁…本当に誰一人責任をとらないクソ野郎、ゲス野郎、成り済まし野郎のキチガイ集団ですね。
b0169850_22531829.jpg


さて、そのキチガイ集団出身の我が地元長崎選出の西岡武夫参議院議長。このところ絶好調です(笑)西岡議長の自宅から徒歩10分ほどのところで生まれ育った管理人、家は近くても西岡議長の豪邸と比べるとウサギ小屋のようだった管理人の自宅ですが(涙)(今は引っ越して、少し遠くなりました) 余談ですが、美輪ちゃまこと、美輪明宏氏と同級生で同じ中学校だった西岡議長。

随分むかし長崎の市会議員候補者事務所でお茶くみと電話番のバイトをしていたころ、陣中見舞いに現れた西岡議長。「うわーっ、小さか~! おまけに本当にサル顔」と失礼な感想を持った管理人です。本来は参議院議長として中立の立場をとるべき西岡議長。にもかかわらず、あの西岡議長の至極まっとうな大暴走(笑)に対し、心から敬意を表します。腹にすえかねるほど、現政権は酷いということですね。

今回の西岡議長の正論大暴走には溜飲をさげている人が多いと思いますが、管理人としては不満です。西岡議長が怒りを大爆発させて、色々と発言するのはいいのですが、議長にはもっと突っ込んだところまで行ってもらいたい。

それは、カンチョクト内閣が吹っ飛んだとしても、首をすげかえただけで、汚沢系の議員などが総理となって、結局民主政権が続くという悪夢は日本国や日本国民にとっては何の利益にもならず、国益を害し、特ア諸国に利するだけだからです。議長は「菅政権を誕生させてしまった責任」と言うのではなく、「民主党政権を誕生させてしまった責任」と言うのが本当だと思うのですよ。その責任を西岡議長がとてつもなく重く感じているのであれば、誕生させてしまった責任をとり、民主政権を潰すという形で国民に対し、責任と義務を果たしてもらいたいと強く思います。

西岡議長が先頭に立って「私が総理として起つ」とでも言って、超党派の愛国護国議員と前議員(西村真悟氏、中山成彬氏、赤池誠章氏、西川京子氏など)で、救国内閣を成立させることが議長の政治家としての最後の奉公ではないかと思うわけです。いくらカンチョクト内閣をぼろくそに言って辞めさせたとしても、民主党政権が続く、つまり売国政権がそのままでであれば、何も変わりはしないのですから。西岡議長に「菅内閣を潰すのではなく、民主党内閣を潰して超党派の救国内閣成立に尽力してください!」という激励メッセージを送ってください!

アドレスはこちら!nishioka2424@ace.ocn.ne.jp

では西岡議長暴走の軌跡を(笑)

More
by ariesgirl | 2011-05-22 23:02 | 民主党 | Comments(4)

今日は何度も揺れました。これも日本の荒ぶる神々の御心でしょうか?明日シナと朝鮮のゴロツキがやってきます。もしかしたら、そのことに神々の怒りが…できれば首脳会談をやっている最中にドカンと揺れてくれたらいいのに!!

今日は我が地元西岡武夫参議院議長の話題にと思っていましたが、夕方になって官邸の日本人見殺しと原発テロが明らかになりましたのでそちらをお送りします。

1.1号機海水注入、官邸指示で中断 (JNNより)=========================
メルトダウンが明らかになった1号機をめぐる新たな事実です。震災が発生した翌日の3月12日の夜、東京電力が海水注入を開始したにもかかわらず、総理官邸の指示により、およそ1時間にわたって注入を中断させられていたことがJNNの取材で明らかになりました。 「20時20分から、現地では第1号機に海水を注入するという、ある意味、異例ではありますけれども、そういった措置がスタートしております」(菅首相、3月12日) 1号機の原子炉への海水注入は当初、3月12日の午後8時20分から始まったとされていましたが、実は1時間以上早い午後7時4分に開始されていたことが、今月16日に東電が公開した資料に明記されています。

真水が底をついたため東電が海水注入に踏み切ったものですが、政府関係者らの話によりますと、東電が海水注入の開始を総理官邸に報告したところ、官邸側は「事前の相談がなかったと東電の対応を批判。その上で、海水注入を直ちに中止するよう東電に指示し、その結果、午後7時25分、海水注入が中止されました。 そして、その40分後の午後8時5分に官邸側から海水注入を再開するよう再度連絡があり、午後8時20分に注入が再開されたということです。 1号機については、燃料がほぼすべて溶け落ちる「完全メルトダウン」という最も深刻な状況であることが明らかになっています。事故の初期段階で、官邸側の指示により55分間にわたって水の注入が中断されたわけですが、専門家は「あの段階では核燃料を冷やし続けるべきで、海水注入を中断すべきではなかった」と指摘します。

「(Q.淡水がつきれば速やかに海水注入すべき?)原理的にまさにそういうこと。(Q.中断より注入続けたほうがよかった?)そうだと思いますね。特に理由がないのであれば」(東京大学総合研究機構長 寺井隆幸教授) JNNでは、政府の原子力災害対策本部に対し、官邸が海水注入の中止を指示した理由などについて文書で質問しましたが、対策本部の広報担当者は「中止の指示について確認ができず、わからない」と口頭で回答を寄せています。(20日15:59)
=============================

**やはり原発の事故は「菅邸」が引き起こした「人災」であることがここに改めて決定となりました。原発事故対応より自分たちをはずされたことしか、空の脳内にはないのです。カンチョクトはプロ市民あがりの「原発テロリスト」、「相談がなかった」という小学生並みのレベルで東電に嫌がらせ、「政治主導」で日本人を危険にさらし、日本を崩壊させるわけです。震災発生で一番得をし、「これで2年は総理でいられる」と言ったらしいカンチョクトですが、まさに「歩く人災」、「宰相不幸社会を招いた戦犯」です。「原子力に詳しい」と豪語していたわけですが、大学生の間学生運動ばかりやっていた男が専攻科の内容をまともに勉強していたとはとうてい思えません。そんなに詳しいのであれば、小学生並みのレベルで海水注入を中断させることなどないわけですから。

2.菅首相視察前、官邸に予測図=放射性物質の流れ確認? 
時事通信 5月19日(木)22時16分配信
========================
東京電力福島第1原発事故の発生直後の3月12日未明、放射性物質が原発の海側に向かうことを示す「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の予測図が首相官邸に届けられていたことが19日、分かった。民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長や政府関係者が明らかにした。川内氏らによると、予測図は3月12日午前1時12分、経済産業省原子力安全・保安院からファクスで送信された。第1原発1号機で格納容器の蒸気を外部に放出する「ベント」を行った場合、同3時から同6時までの間、放射性物質が全て海に向かうことを示す内容だった。

3月12日朝に首相は第1原発を視察。SPEEDIの予測図は住民には長く公表されなかったものの、首相の視察前に放射性物質の流れを知るため利用されたのではないかとの疑念の声もある。川内氏は「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」と話している。


3.SPEEDI問題「首相は万死に値する」 
みんな・渡辺代表 2011.5.20 17:40 (産経より)
========================
みんなの党の渡辺喜美代表は20日午後の記者会見で、東京電力福島第1原発事故が発生した直後の3月12日未明に緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の予測図が首相官邸に送られていた問題について「菅直人首相は自分が福島に(視察に)行くときは利用しておいて、肝心要の情報を隠匿して出さず、大被害を受けたのが住民だ。首相は万死に値する」と強く批判した。
=====================

More
by ariesgirl | 2011-05-20 22:44 | 民主党 | Comments(9)

少し緩い話

記事にしたいことは山ほどあるのですが、例えばいい意味で暴走しまくっている、我が地元の西岡武夫参議院議長や突然婦女暴行で逮捕されたIMFのストロスカーン氏と中川昭一氏が嵌められた件が何故か同じニオイがすることなど…

今日は少しゆるーい記事を。沖縄の絡みというわけではありませんが、シナと朝鮮のネタです。たぶん、皆様ご存知かと思いますが…

1.シナのスイカ大爆発(笑)
ついにここまで来ましたかwww Made in Chinaの製品はよく自動で発火するというシナ独特の技術が施されていますが、食べ物にまでその技術を加えるとは・・アーッハハハハハハハハハハハハハハハハwwwwwww 腹が痛いっ!! 近いうちに、シナの国自体が大爆発!!ってことになるでしょうスイカと同じで無理やり国を肥大させるための促進剤を使ってますから。ああ、その日が待ち遠しいワ~♪でも、原発だけは爆発させないでね、日本もえらい迷惑!! そのときは援助隊にカンチョクト始め、民主党議員を全員即刻送り込みますので。
===========================
中国で大量のスイカが「爆発」 肥大促進薬の使用が原因? 2011.5.18 20:53 (産経)

中国江蘇省丹陽市の村で、収穫前の大量のスイカが相次いで自然に破裂する現象が起き、地元当局は「スイカ爆発事故調査チーム」をつくり、調査に乗り出した。中国メディアが18日までに伝えた。
一部メディアはスイカが「地雷」になったと衝撃的に報道。果実の肥大を促進する薬剤を乱用したことが一因との見方を伝えているが、薬剤を使用していない農家のスイカも破裂しており、地元当局者は「調査には時間がかかる」としている。 中国メディアによると、収穫前のスイカが破裂し始めたのは4月末ごろ。村には20戸のスイカ農家があり、作付け総面積は45ヘクタール以上。ある農家は3分の2近いスイカが「爆発」する被害にあったという。(共同)
===========================

2.シナは毒まみれwwww
毒といえばシナ、シナといえば毒と覚えておきましょう。人も物もMade in China は毒だらけ、「触るな危険!!」さすが4000年の歴史を持つ大国ですね~毒に関しては200%本物ですから(笑)詐欺師だらけの国、なんでもかんでもバッタモンなのに、毒だけは正真正銘の本物国家(笑)それにしても、公表したのが緑豆か…こいつらも所詮はシナと目くそ鼻くそなんですけどね。シナの毒物を摂取すると真人間に戻るかもしれません、緑豆はww バイブ辻元はコメント無し???

=========================
中国製おもちゃ77%から有毒物=グリーンピースが公表 2011年5月19日 20時23分(時事)

有毒ミルクから人造卵まで、中国では子供の健康を脅かす有毒食品事件が後を絶たない。しかし、問題は食品だけではない。国際環境保護団体・グリーンピースはこのほど、子供が大好きな塩化ビニール製玩具にも、人々を不安に陥れるような有毒物質が含まれることを突き止めた。ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版が伝えた。 グリーンピースは先月、北京、上海、広州、香港の4都市で、水鉄砲、浮輪、幼児用プール、おしゃぶりなどの塩ビ製玩具30個に対して検査を行った。30個のうち21個からフタル酸エステルという環境ホルモンを検出した。検出率は何と70%。この環境ホルモンは、人の内分泌系をかく乱する作用があり、子供の発達に悪影響を及ぼす恐れがあるという。

グリーンピースの武毅秀主任は、「成長中の子供の体内では、免疫系統や性的発達を含む内分泌系が極めてダイナミックに変化している。この成長過程にホルモン物質が浸入した場合、身体発達に対して大きなマイナス影響が及びうる」と指摘した。

欧米では、子供用品に使用されるフタル酸エステルの含有率は0.1%以下と定められている。今回グリーンピースが検出した問題製品21個のうち、19個の含有率は10%を上回り、最高で43.1%に達した。中国も昨年、フタルエステルの使用制限に関する規定を出したが、規制の対象は玩具の塗料に限られていた。ますます厳しくなる欧米の玩具安全基準は、中国の玩具メーカーにとって悩みの種となっており、原材料の仕入コストが大幅に上昇、採算を合わせるのは至難の業だとこぼしている。

グリーンピースは、中国政府は関連法律を早急に制定し、子供用品へのフタル酸エステルの使用を禁じると同時に、化学製品の管理を強化し、子供の健康を損なう恐れのある有毒有害物質の使用を制限、最終的には完全に禁止すべきだと訴えている。
===========================

3.朝鮮大好き❤平田オリザ
福島第一原発から汚染水を垂れ流したのは「アメリカの要請」と大風呂敷を広げた参与の平田オリザ。だいたい、何モンなの、このオッサン??? ああ、ルーピーのゴーストライター兼演説指南役でしたね。「(在日特ア人の)命を守りたい~」という史上最低の文句。演出家らしいけど、演出家としての能力もしれたもんですね、これじゃ。ちなみにオリザって本名??? まさに「内閣韓望惨余」というにふさわしい、チョン塗れの人物の模様ですwww 「3月11日以来、官邸に出入りしたこともなくて事実関係もわからない」のに、勝手に南朝鮮と鮮人に揉み手でごますりとは…どれだけ朝鮮がらみでカネもらってんだか。バカにもほどがあるワ。こいつ、ビン・ラディンみたい目にあわなきゃいいけど。

===========================
汚染水海洋放出「米の要請」発言撤回 平田オリザ氏が謝罪 2011.5.19 13:46 (産経)
 劇作家の平田オリザ内閣官房参与は19日までに、東京電力福島第1原発事故の汚染水の海洋放出は「米国からの要請」とした自らの発言について「他の事柄と混同したもので、事実ではない。撤回して謝罪する。関係各位に、ご迷惑をかけたことをおわびいたします」とのコメントを所属事務所を通じて発表した。 平田氏はコメントで「3月11日以来、官邸に出入りしたこともなく、事実関係を知る立場になかった」と説明した。 平田氏は17日、ソウル市内で講演し、放射性物質を含む汚染水を海に放出したことについて「米国からの強い要請で(海に)流れた」と述べた。
===========================



by ariesgirl | 2011-05-19 22:54 | 小ネタ | Comments(3)

今日は昨日に引き続きまして、沖縄でのメインである「沖縄県祖国復帰39周年記念大会」参加の模様をお送りしたいと思います。当日の沖縄は曇り、全く暑くもなく涼しいほどの気候でした。記念大会は那覇市内の会場を左翼に押さえられてしまったたま、嘉手納町のかでな文化センターで開催されました。午後1時からということで、やはり首里城は見ておかねばということで首里城へ。たくさんの観光客や修学旅行生の姿がありましたが、そのなかに特ア人の観光客が…orz ハア…品もセセラもなく、相変わらずの大声をあげているのを見るとおなじ空気を吸うだけで嫌になりました。来るな!!!!

那覇バスセンターを12時発の嘉手納行きのバスにのり出発。「もしかしたら同じ目的?」と思われると若い人も見かけました。バスに揺られ、那覇の街中をバスは嘉手納に向けて走ります。那覇を抜けていくと、だんだんと景色が変わっていき、バス停の名前が「軍病院前」嘉手納基地のアメリカ人専用の大きな病院が有刺鉄線の向こうに見えました。管理人の地元でもある長崎にも佐世保に米軍基地があります。そことはかなり雰囲気が違うのです、沖縄の基地は。どうしてだろうと思っていると、バスは嘉手納到着。バス停から僅かの距離にかでな文化センターはありました。左翼がデカイ面をしている沖縄で、一体どのくらいの人が集まるのか気にしつつ会場へ、受付を済ませると色々な資料と日の丸の小旗を頂き、客席へ。かなり空席が目立ち、「ああ、まだまだ浸透していないのかな…」と落胆気味にしていると、どんどん人が増え、空席が目立たなくなってきました。千人の会場だったのですが、850名が来場したとのこと。仲村さんご一家は1000人集まればとおっしゃっており、あと150人!!!!と悔しい思いでしたが、会場には若い人たちも多く、沖縄が少しずつ変わりつつあることを実感できました。

さて、今回の大会。正式には「沖縄県祖国復帰三十九周年記念大会 今明かされる祖国復帰の真実」と銘打ち3部構成となっています。

第一部 沖縄県祖国復帰39周年記念大会
第二部 記念講演会
    「尖閣諸島・沖縄を守れ」 青山繁晴氏
    「日本経済の復興と成長、そして虚構の中国経済」 三橋貴明氏
第三部 沖縄県祖国復帰記念パレード

以上の構成となっていました。

第一部は開会の言葉―東日本大震災の被害者に対する黙とうー国歌斉唱―主催者代表挨拶 中地 昌平氏(日本会議沖縄会長)-来賓挨拶へと続きました。沖縄という地に揚がる日の丸、会場に響く「君が代」は何とも言えない、不思議な感覚というか、当たり前のことではあるのですが、沖縄は日本であり、今までその気持ちが何となく遠いものだったことに気がつかされ非常に恥ずかしく感じました。こういう距離感が沖縄の人たちと本土にあるのかもしれず、その距離感が左翼やシナの犬どもにつけ込ませるキッカケとなり、沖縄の現実を生んでしまったのかもしれないという気がしました。

来賓には沖縄県知事の名前もありましたが、公務多忙のため欠席でメッセージの代読でした。会場からは「やっぱり」というシラケタ雰囲気が噴出してました。どうせ、同時刻に開催された左翼の集会に出席でもしていたのでしょう。堂々と沖縄と中国の関係は日本との関係よりも深いとか、大事にすべきとか、そういうことを明言したり、自身のルーツが福建省ということで尖閣の日にシナへ行ったりと、完全にシナの犬と化してますから。壇上には元衆議院議員の中山成彬氏、元鎌倉市議で日教組と戦い続ける伊藤玲子氏、自民党沖縄県連会長(名前失念)の姿。それぞれの弁士から熱のこもったお話しが続きました。特に御年84歳?の伊藤玲子さん、日教組と戦い続け、このままでは死んでも死にきれないという強い意志が全身から伝わってきました。

仲村俊子さんといい、伊藤玲子さんといい、日本救国のためには女性がどんどん参加し、ひっぱっていかなければならないですね。それを見事にやってのけたのが、左翼勢力です。女性を全面に立たせ、彼女たちの作り笑いで自分たちの邪悪な日本解体、日本悪人説を徹底的に植え付けてきたのですから。幸い最近のデモや集会には女性の姿が増えていますので、もっともっと広げたいと思っています。日本救国は日本を愛する大和撫子の力が絶対不可欠です!! 

そして、昨日の記事でもご紹介した仲村俊子さんの講話「今明かされる祖国復帰の真実」となりました。昨日の動画をご覧頂いた読者の方もいらっしゃると思います。仲村俊子さんはまるで昨日のことのように、当時のことをお話しになりました。祖国日本へ沖縄を復帰させるために命がけで戦い、そして今またシナの沖縄侵略という目の前に迫る危機に沖縄県民の覚醒を促すため、日本を守るため必死で戦いを続ける仲村さん。この大会について、「やっとここまで来ることができ、こんなに多くの人に来ていただき嬉しくてならない」とおっしゃっていました。

そのあとには日本会議事務総長の椛島有三氏の話へと続き、先帝陛下と今上陛下が沖縄に寄せられる強い思いについて話されました。来年は沖縄祖国復帰40周年という節目であり、天皇皇后両陛下の行啓幸が決定したとのことでした。

いよいよ第二部。大腸がんの手術からまだ間もないにも関わらず(体調は大丈夫なのか??)精力的に救国活動を続けるジャーナリストではない青山繁晴氏の講演がスタート。管理人は楽しみにしていたのです。聞いてはいましたが、青山氏は壇上から話すのではなく、マイクを持って客席をまわりながら話しをするというスタイルでした。青山氏の講演、生は初めてでしたが、いや~あれは惹きこまれます。青山氏は「人たらし」です!! いつもは2時間とか5時間くらぶっ通しで話すそうですが、その日は40分ということでした。しかし、当然のごとく時間オーバー、途中で巻きが入りました。おそらく一時間近くお話しになったと思います。

要旨をまとめますと…以下の通り(覚えている範囲だけで、本当はもっとあったと思います)


More
by ariesgirl | 2011-05-18 23:06 | 日本 | Comments(2)

数日ぶりの更新です。震災のドサクサに紛れた売国法案や売国政策が津波のように我が国を襲っています。何から手をつけていいのか、わかりません。最近、落ち着いたと思っていた余震も頻発、おまけに読者の方から「120年ぶりに真竹の花が咲きました」という情報を頂きました。調べてみたところ、犬HK大阪のニュースで報道されていました。以下、転載します。(NHK大阪)

120年に1度しか、花が咲かないとされる「マダケ」の花が、京都市の竹材店の庭で咲き話題を呼んでいます。「マダケ」は、鮮やかな緑が特徴の日本古来の竹で、研究者の間では、120年に1度、花をつけるというのが定説です。京都市南区吉祥院の竹材店の庭では、先月下旬から「マダケ」の枝の先に花が咲き始め、花から垂れ下がる薄い黄色のオシベが風に揺れています。竹材店の三木清さんによりますと昭和40年頃、全国各地でマダケが花を咲かせたあと、ほとんどの竹が枯れてしまったということで花を咲かせたことは、単純には喜べないということです。三木さんの息子の崇司さんは、「竹の花を見るのは生まれて初めてで、ぜひ種を採取して竹を育てていきたい」と話していました。」

以前も記事にしましたが、竹の花が咲くとろくなことが起こらないのです。120年前に我が国で何が起こったか…1891年、つまり明治24年です。10月28日、MM 8.0、死者・行方不明者7,273人という「濃尾大地震」が発生しています。社会では、足尾銅山鉱毒事件、大津事件という大事件が発生しています。もちろん、だからまたというわけではありませんが、先日の阿蘇山が噴火しました。阿蘇は管理人も大好きな場所ですが、神々の怒りは逆に凄まじくなっているような気がします。元々阿蘇山は「荒ぶる神の山」と言われ、人々の畏敬の念を集めていました。もし、阿蘇が大噴火でもしたら、九州全土は大変な被害に見舞われると思いますが…もし、それで特ア人が出て行ったりこなくなるのであれば、管理人としては神々に感謝をささげたい気持ちです。

さて、話は変わります。管理人は週末の土日、沖縄へ出かけてきました。初めての沖縄訪問ですが、単なる観光ではありません。5月15日にかでな文化センターで開催された「沖縄県祖国復帰39周年記念大会」に参加するためです。本来は訪問予定もなかったのですが、知人の愛国女性(Tさん)から突然連絡があり、アホのようなウルトラ激安価格にて、Tさんのご厚意に200%甘えさせて頂き、ご一緒することになった次第です。

5月14日那覇空港へ到着後、Tさんが某所に連絡。某所とは左翼の巣窟と化した沖縄で日狂組と戦い、日の丸を掲げ、護国愛国保守運動を展開されている仲村さんのお宅で、一路仲村さんのお宅へ。
管理人は勿論何の面識もなかったのですが、同行させて頂き、御年90歳になられる愛国者・仲村俊子さんとお話しさせて頂きました。90歳とは思えないほど若々しく、ハリのある声、そして何よりも沖縄を愛し、日本を愛し、日本人であることを誇りに思っている仲村さんご一家。

伺ったのは39年前に沖縄が日本に復帰、つまり祖国復帰を迎えようとした際、本土の左翼どもが純粋な祖国復帰を願う沖縄県民の思いを利用し安保問題にすり替え、凄まじい工作・扇動・妨害活動を行い、それに対し立ち上がった仲村俊子さんたち… 本土の左翼によって、日教組教育によって見事なまでに反日の洗脳が施された沖縄、そしてその結果、シナが尖閣を沖縄を完全に射程圏内に入れ、シナのマスゴミは「シナ国内では琉球人民は日本から独立したがっているアル」「琉球は元々中国の領土アルヨ」と堂々と喧伝し、かつ沖縄県民が未だに洗脳され続けていることを仲村さんご一家は大変危惧され、地道な活動を継続してこられました。仲村さんいわく、「シナ人というのは奇麗な女性が歩いていたら、その人を指差して「あれは私の妻だ!」と平気でいうのです」とのこと。領土もまったく同じだと。とはいえ、息子さんいわく、「去年の尖閣問題が起こってから、やっと変わり始めだいぶ空気が変わってきました」とのこと。今回の記念大会も1年以上前から会場確保に動いていたそうですが、左翼が有り余るお金と人員の力で那覇市内の会場を押さえてしまい、また県議会議員も及び腰の人が多く、今回の大会開催には大変御苦労されたようです。

仲村俊子さんは教職員をされていたのですが、左翼の妨害にも負けずひるむことなく、「声をあげないと沖縄は永遠に復帰できない」と訴え、上京し国会で陳情活動、上野や銀座の街頭でビラ配りを行い、それが実を結び、沖縄は祖国日本に復帰できたと伺いました。そして、90歳の今、沖縄が日本がチベットやウイグルのようになることは絶対に避けなければならないと、日本を守るために活動されているその姿に頭が下がるばかりであり、あのパワーと情熱は見習わなければなりません。

小一時間ほどお邪魔し、ホテルへ。そのあと、ひめゆりの塔、平和記念公園、摩文仁と回ってきました。時間が遅く資料館はすべて営業時間終了…噂ではかなり左よりになっていると聞いていたのですが実際のところはどうなのでしょうか。石に刻まれた多くの名前と目の前に広がる海を見ながら、改めて、沖縄戦参戦のため、日本各地から多くの方たちが沖縄にきて命をささげてくださったことを痛感し、感謝し、そして余りにも沖縄について知らない自分が恥ずかしくなりました…

そして、何よりも沖縄県民は沖縄戦において、ひめゆり学徒隊と白梅学徒看護隊は自らを犠牲にして勇敢に戦い、一方では子供たちを庇って死んでいった兵士もたくさんいます。まさに「沖縄県民斯く戦えり」なのです。大変な愛国心、愛郷心であり、誇るべき事実です。私は沖縄県民の皆様に対し、今を生きる日本人の一人として、心からの感謝を申し上げたいと思います。

夜はホテルの部屋でTさんと色々な話をしました。売国民主党、左翼、などなど色々と…そうこうしながら那覇の夜は更けていきました。  続く…


こちらの動画は必見です!! ぜひご覧いただき、拡散をお願い致します。



by ariesgirl | 2011-05-17 22:44 | 教育(狂育) | Comments(6)