「ほっ」と。キャンペーン

本日帰京致しました。なんとか風邪もほぼ治り(医者に言ったのですが、何十年ぶり?に咳止めの水薬を処方されました。あの何とも言えない味…懐かしかったです)、やっと元通りになってきました。この年齢になると、本当に回復力が落ちてきますね(涙)今年ほど天候不良と政治不良で体調がおかしくなった春はありません!読者の皆様もくれぐれもご自愛頂きたいと思います。でも、パソコンの調子が最悪…色々やってもダメです(><)壊したいくらいです(笑)詳しい方がいらしたら、管理人にご教授くださいませ<(_ _)>

さて、ちょうど一週間前に行われた「外国人参政権に反対する一万人集会 in 武道館」今日は後半部分である各界からの提言についてエントリーします。すでに多くのブログ主のかたがアップなさっていますので、今更なんだと思われるかも知れませんが、お読みいただければ幸いです。

愛媛県知事、熊本県議会議長、UIゼンセン同盟副会長といった方たちのお話が続きました。印象に残った話をまとめてみます。(敬称略)

・愛媛県知事 加戸 守行氏

全国の知事のほとんどが反対あるいは慎重派であるが、数人の知事が賛成している。(どこの知事か賢明な皆さんはおわかりだと思いますが…)また、愛媛県では教科書採択の件で外国人の団体が圧力をかけている事実、その外国人に踊らされている日本人がいる事実、日本の教育が外国人の手によっておかしなことになっている、それらの事実を踏まえても外国人に参政権を与えることには断固反対である。

・熊本県議会議長 小杉 直氏

話の内容の記憶が薄くなっているので割愛しますが、現在外国人参政権に反対している都道府県が35ですが先陣を切って反対決議をしたのが「熊本県」です。さすが熊本県、祝日に日の丸をあげている家が多いと聞きます。愛国者が多いのでしょう。

・UIゼンセン同盟副会長 石田 一夫

「UIゼンセン」→ 「友愛前線」だと思っていました。なんて名前だ!と。しかし、前線ではなくて全繊の間違いでした(笑)彼らは民主党を支援する団体であり、集票マシーンのひとつであるわけですが、身内から反対されるほど酷いということですね。反対表明の勇気には敬意を表したいと思います。彼の言い分としては、「外国人参政権」は明らかに憲法違反であること、納税と参政権は次元の違う話であり、それを同じ次元で考えると納税していない日本人には参政権が無くなることになるわけで、絶対に反対する。

・メリーランド大学講師 エドワーズ博美

この方のお話が会場を一番沸かせ、かつ大変説得力のあるものだったと思います!アメリカにおける国籍取得の厳格さを例にとり、日本国籍取得のハードルをあげることを提言されました。正論すぎて素晴らしすぎて、この発言を外国人参政権賛成派はどう思うのでしょうか? 全文は「今日のできごと(えびにゃんさま)」がアップされていますので、ぜひご覧いただきたいと思いますが、一部を転載します。

「アメリカの忠誠宣言」

この宣言で帰化申請をする外国人は母国に対する忠誠を放棄し、もし、要請があれば武器を持って、合衆国軍の一員として戦うことを誓うのです。母国とアメリカが一戦を交えることがあっても、アメリカ人として武器を持てるのか、こうした覚悟がなければ、市民権、つまり国籍は与えられないと言う事です。 たかだか250年の歴史しかない、移民大国のアメリカでさえ、自国の歴史に誇りをもち、国家への忠誠心、具体的には国防の義務と参政権はセットとして考え、国籍のバーゲンセール、安売りは絶対にしません。 2600年も嫣然と続く日本が、日本人としての生活習慣や文化、日本語能力、日本の歴史や政府の仕組みに関する知識の取得、そして、日本に対する忠誠心をなぜ新しく日本人になる人に要求できないのでしょうか。 日本が今なすべきは、日本の国籍取得のハードルをもっと高くして日本に忠誠を尽くすと誓う外国人にだけ、国籍を与えるように法律を改正することです。 歴史と伝統を誇る、この素晴らしい日本を守るために外国人参政権付与法案と国籍の安売りを絶対に阻止しましょう! (以上、転載終わり)

くしくも石原都知事が「民主党の連中は先祖への義理だてか?」と外国人参政権を推進する民主党へ強烈な言葉を投げました。あまりにもあたりすぎて大笑いした管理人であり、石原都知事が言っても、マスゴミがあまり攻撃しないのが不思議です(笑)

国防の義務と参政権は表裏一体であるのは当たり前のことです。国民とは自分が所属する国家と運命をともにし、国家に一旦緩急あるときは躊躇せず武器を手にとる人間のことだと私は思っています。これができない外国人に日本国籍を絶対に与えるべきではありません! 特アの人間など、何十年日本に住んでいても日本国籍を取得しようとしないのは、彼らの忠誠は母国にしかないからであり、日本と特アが緊張状態になった場合、彼らは本国の指令をうけ真っ先に日本を破壊するコマとなる役割があるからです。中にはいい特ア人もいるよという人もいます。それを否定しませんが、北朝鮮の拉致が明らかになったときに自分の祖国に対して声をあげなかった連中は拉致を黙認したのであり、その事実は消えることはありません。また記憶に新しい中国人による長野占拠、あれもすべて中共の指示です。特ア人が彼らの祖国に忠誠を誓うのであれば、すぐに日本から退去し自らの国をその情熱をもって日本に匹敵するほどの国にするのが筋であり、日本に寄生すべきものではありません。我が祖国・日本をここまで作り上げてきたのはこの国に古くから住む人々であって、たかだか戦中に密入国したり、戦後に勝手になだれ込んできた連中ではないのです!!そして、御皇室に対する敬意と敬愛を持っているか、これも重要だと思います 特ア人が単に都合がいいからという理由で日本国籍を取得しても、彼らの忠誠心は絶対に日本にはありません。世界で一番の信用度を誇る日本国籍のパスポートがほしいだけだからです。日本人の皮をかぶった特ア人…最悪、最狂です。そして、日本国籍を持ちながら、特アにだけ忠誠を誓う連中から日本国籍をはく奪できる法律も併せて作ることが必要です!!

・ノンフィクション作家 関岡 英之
詳細なデータを駆使した説明は説得力がありました。関岡氏が力説されていたのは、これは在日韓国人や朝鮮人の問題でもあるが、それ以上に大きな問題なのは中国人であり、毎年数万人単位で増え続ける中国人が大変な脅威となる。彼らは単独では動かない、必ず本国の指示で動く、それがどういう事態を招くかを考えなければならないという内容だったと思います。

そして、外国人参政権の問題点と危険性について声をあげ続けていらっしゃる日本大学教授の百地 章氏から運動方針の発表がありまし。その後、地方議員の署名を各党代表に提出し、閉会となりました。このような大会や集会でいつも思うのは、「この場に中川昭一先生がいたら…」ということです。とはいえ、姿かたちはなくても、その魂はあの会場にあったと信じています。 

会場を後にする際に隣にいた御老人とお話をしたのですが、「これだけ若い人がきてくれて安心したが、日本もいい加減に憲法を改正しないといけない」とおっしゃいました。私が「そうですね。私もそう思います。日本は残念ながら中国や朝鮮といったキチガイに囲まれていますし」といったところ「今の憲法の前文に「平和を愛する諸国民」とあるが、あれからしてすでに大間違いだ。日本のまわりの諸国には平和を愛する国などひとつもない」と。その通りだと思いつつ、挨拶をして帰宅の途に。「弥生霊廟」へ参拝。武道館をでると、国民新党の街宣、幸福実現党の街宣、チャンネル桜の街宣と大賑わいでした。靖国神社へ集団参拝するとのことで、いそぎ靖国神社へ。大鳥居の前ではすでにたくさんの人が。そこには先日の皇居清掃奉仕で一緒だった方も数名いらっしゃっており、お話をすることができました。後日わかったのですが、集団参拝に集まったのは1700名余りとのこと。英霊の皆さまも喜んでくださったのではないでしょうか?順番に参拝し、集合場所で鎮魂歌である「海ゆかば」を全員で斉唱。 とても有意義な一日となり、継続は力なりであることを実感しました。管理人は微力ではありますが、これからもできる範囲で売国奴追放のため、我が国のために活動していくことを誓った土曜日でした。
by ariesgirl | 2010-04-24 22:34 | 日本 | Comments(7)

急な出張となりまして、17日の武道館大会のその2をエントリーしたいと思いながら、どうしても時間のやりくりがつきません(涙)社会人失格の管理人です。

先日の武道館の一万人大会。コメントくださった読者の皆様の感想でも同じですが、やはりエドワーズ博美さんのお話が本当に印象的でした! その全文が「ebinyannさまの 今日のできごと」にアップ(拙ブログにリンクしてます)されていますので、ぜひごらんになってください!! アメリカ国籍取得の厳しさ、日本国籍取得のこれ以上の簡易化の絶対反対、日本国籍の大安売りの絶対反対・・・あまりにも正論すぎて、あれに理路整然と反論できるヤツがいたら出て来い!といいたいくらいすばらしいものです!! 

先ほどのニュース速報でねずみ男・舛添要一が自民党を離党するとのこと。総理大臣になりたいそうですが、自分で思っているほど人望ないと思いますが(笑)どうするつもりやら・・・そういえば、先日平沼先生にメールしましたところ早速お返事を頂戴いたしました。帰京しだい記事にしたいと思っています。

取り急ぎ短稿にて
by ariesgirl | 2010-04-21 17:13 | その他 | Comments(12)

やっと少し春らしくなった土曜日でした。今日は九段の日本武道館で開催された「外国人参政権に反対する一万人集会」にいってまいりました。当初予定では、朝から行われたデモと街宣に参加する予定でしたが、急用で間に合わず1時40分に到着し、何とか午後2時から開催の集会に参加してきた次第です。九段駅に着いたら武道館に向かう人が多く、地上へでたらますます人が多くて、葉桜に変わった千鳥が淵を横目に急ぎ足で向かいました。当初3000人しか参加申し込みがないと聞いていたので心配していたのですが、杞憂に終わったようでした。管理人はDゲートから入場したのですが、人・人・人…一階席、二階席には入れず、誘導に従い三階席へ。お隣には杖をついた御老人が。声をかけられ「会場へ来て、貴方達のような若い人がたくさん来てくれていて、本当に嬉しい」とおっしゃっていました。三階の最上部までびっしりと埋まっていました。壇上には来賓が着席し、モニターがセットされ、午後2時に開会の挨拶でスタートです。
b0169850_22571480.jpg


ちなみに日本武道館には大きな日の丸が掲げられています。この日の丸はいかなる場合も、いかなる催しがあっても、絶対に降ろすことは禁止されているそうです。朝鮮人のコンサートが開催されても絶対に降ろすことはありませんが、そのコンサートの写真は捏造されていた記憶があります。
b0169850_2204530.jpg


式次第(敬称略)は以下の通りです。

1.国家斉唱

参加者全員で歌う「君が代」、武道館に声が響きわたってすごくいいなあと思いました。やっぱり、「君が代」は素晴らしい国歌ですね!

2.主催者代表挨拶  初代内閣安全保障室長 佐々淳行

5分の持ち時間を超えて熱のこもった挨拶をされました。特に亀井大臣とは警察庁の先輩後輩ということで忌憚なく話をされ、「乱世では活躍する人間だが、平時ではただのトラブルメーカー。しかし、彼がいることで法案が成立しない」といい笑いを誘っていました。また、平沼議員に対しても「平沼さんはこの法案阻止のため、日本のため命をかけている。鳩山総理のように普天間問題で軽々しく「命をかける」と言っているが、彼は過去に命をかけたことも今後もかけることはない」と。佐々氏は警察時代の話を交え、朝鮮総連を中心とした朝鮮人の日本における暴動、朝鮮人部落で実感した恐怖感、そして現政権には菅副総理や仙石大臣、千葉大臣といった左翼のろくでもない連中がそろい、小沢幹事長が独裁の「精神分裂内閣」であると喝破したのです

3.各党からの挨拶  国民新党代表・金融担当大臣 亀井静香

相変わらず髪の毛がはねている亀井大臣。派遣労働者の話、郵政の話、家族間の殺人の多さを例にあげ、「こんな国になってしまったのは自公政権のせい」と話したところ、会場から多くのヤジが。「参政権の話と関係ないだろう」「郵政の話ばかりするな」などなど。亀井大臣も「外国人参政権が日本を滅ぼすのは当然のこと。この法案を国民新党が拒否しているから国会で成立しない。国民新党は断固反対する。国家と国民を守るのが政治家の役目である」やっとここでヤジは消え、拍手が。亀井大臣はあまり好きではないけれど、現実には彼が断固反対していることで「外国人参政権」「夫婦別姓」法案が成立しないのは事実です。

自民党幹事長 大島理森

「自民党は党をあげてこの法案に反対し、法案を阻止することをここで誓う」というかなり力の入った発言でした。この大島幹事長、どういう御仁かいまいちわかりませんが、面構えが「悪党面」なんですよねえ。でも、日本と日本国民を守るためには悪党になってもらってかまいません。ここで、自民党の底力を見せてほしいと願います。

たちあがれ日本代表 平沼赳夫

先日新党をたちあげたばかりの平沼代表。そのせいか、ひときわ多くの拍手が送られたように感じました。平沼代表は昨年訪れた神話に出てくる対馬の悲惨な現状、特に自衛隊のこと、港祭りがいつのまにか「アリラン祭り」と変更され、対馬を訪れる韓国の議員のTシャツには「対馬は韓国の領土」と書かれていることをマスコミが全く報道しないことを怒り、外国人参政権が成立した場合に何が起こるのかを国防の面を中心に発言されました。「たちあがれ日本」としては絶対に反対であり、断固阻止の立場も併せて表明されました。会場に来ていた方たちは、やはり平沼代表に期待しているように思えます。ヤジはなく(笑)声援がたくさん大向から飛んでいました。

民主党衆議院議員  松原 仁

管理人が一番おかしかったのが、この御方の登場です(笑)「何で今頃?」と思った人がほとんどではないでしょうか? ネット上で「似非保守」「小沢の犬」「小沢親衛隊」「裏切り者」と散々に言われている松原議員。さっそくヤジの大洗礼が(笑)会場からは「裏切り者~!」「今頃何いってんだ~!」などなど。内容は元々彼が自説としていた反対の理由を述べ、民主党内部でも反対している議員が多くいること、党内で発言を続けていることなども発言していました。なんだか、以前よりもやつれて小汚くなっていた松原議員(笑)なぜだろう??今頃でてきても遅いですわ。選挙が近いから「民主にはまともな保守派議員もいるんだ!」というデモンストレーションを、汚沢の指示でやっているのかもしれないと穿った見方をする管理人でした。

みんなの党代表   渡辺 善美

急きょ予定を変更して駆け付けた渡辺代表。平沼氏と同じくらいの拍手喝采を浴びていました。なかなか演説がうまい印象をうけました。7割が「みんなの党」の宣伝(笑)残りが「外国人参政権にみんなの党は断固反対する!」と。どこまで本気かわかりませんが、党として明確に反対を打ち出したわけですから、それはOKとしましょう。民主党を大批判し、「「生活が第一」と言いながら「政局が第一」なのが民主党。ネットの調査などをみると「みんなの党」が自民党を抜いて第二局になった。たった6人しかいない我が党。我々は民主党が招いた政治の歪みをなおす!みんなの党をよろしく!」と熱のこもった発言でした。


4.各界からの提言  愛媛県知事  加戸 守行
           熊本県議会議長 小杉 直
           UIゼンセン同盟副会長 石田 一夫
           メリーランド大学講師  エドワーズ博美
           ノンフィクション作家  関岡 英之
5.運動方針発表   日本大学教授  百地 章
6.地方議員署名を各党代表に提出
  閉会

今日はここまでにします。特にエドワーズ博美さんの発言は印象に残りました。次回に報告したいと思います。また今日の集会には報道関係者も来ており、フジ、犬HK,テロ朝のニュースで珍しく報道されていましたが、犬HKは亀井大臣の発言の順序を入れ替えるという、お得意の故意的操作をやってました。おまけに社民党のみずぽが「社民党は賛成」という映像のオマケつき(笑)短いニュースではあっても報道したということは、相当この法案の危険性が浸透している証拠でもあり、ここまでもってこれたのは政治家のおかげでもなく、日本を憂い愛する日本人の力であります!! 勇気づけられた土曜日でした。ちなみに来場者総数は10257名とのことでした。

続く
by ariesgirl | 2010-04-17 23:39 | 日本 | Comments(9)

今日も本当に寒い一日でしたね~管理人もまだ咳がとまらず風邪が治りませんが、皆さまもくれぐれも御自愛くださいませ<(_ _)> この異常気象は民主党という売国政権が誕生したことによる神の怒りかもしれません。アイスランドでは火山噴火…何だかいい気持ちがしません。

まず、遅ればせながらお知らせです。先月のデモで意気投合したebinyannさまのブログ「今日のできごと」を拙ブログにリンクさせて頂きましたので、よろしくお願いいたします♪

さて、相変わらずのお花畑「鳩山由紀夫」。こいつの決まり文句といえば「トラスト・ミー」ですね!! その「トラスト・ミー」について、語学堪能な上司や知人と話す機会がありました。英語に堪能な彼らは鳩山由紀夫がまったく「トラスト・ミー」の使い方をわかっていないと、大笑いしていました。彼らは商売上英語を使い、出張も、打ち合わせも、相手とケンカもする人たちであり、言葉の使い方というものに対して、ものすごく神経を使っています。管理人の場合は適当にやるので、その文章を見た上司が「こりゃ、ケンカ売ってる書き方だな!」とよく言われ、ダメ出しとなりますが。彼らは、特に、英語を母国語とする連中に対してはどんなに簡単な言葉でも凄まじく神経を使うのです。簡単な言葉であればあるほど、そのニュアンスが広くて日本人のように英語を母国語としない人種には理解が難しいからです。

「トラスト・ミー」と「ビリーブ・ミー」どちらも「私を信じて」という意味ですが、後者はあまり深刻な意味合いはなく、ラフなものだそうで、打ち合わせなどでもよく使われる言葉だとのこと。その反面、前者は…非常に重い意味を持つ言葉であり、打ち合わせでも殆ど使わない、というか使ってはいけない言葉とのこと。つまり、自分のポジションが上であればあるほど深刻さがますので、よほどのことがない限りはまず使わないそうです。管理人の上司も「オレはトラスト・ミーなんて言ったことないからな」彼らいはく、「一国の総理大臣が間違っても使ってはならない言葉」だそうで、オバマ大統領と鳩山由紀夫の間で普天間問題について、水面下での動きがお互いに報告され、かつ同じ情報を持っているなら、「トラスト・ミー」も少しは理解できるそうですが、あれほどの重大な問題であり、日本の国防という国家の根幹に関わることに対して、何の考えもなくあそこまで簡単に「トラスト・ミー」とオバマ大統領に言ったことが、あまりにもバカすぎて驚いたそうです(笑)上司は「あいつ、東大出だろ?あれで? アメリカに留学して何やってたんだ??」管理人「アメリカで人の嫁を寝取っただけです。何の勉強もしてないでしょう」
b0169850_21585688.jpg


上司は「トラスト・ミー」と言われたオバマも驚いたと思うよ、と言ってました。さすがの黒いノムタンこと、オバマ大統領も鳩山のバカさに驚いたでしょうね。上司に「トラスト・ミー」と言われたら、相手はどう返答するのか?と聞いたところ、彼は「オレなら、たぶん Looking for youかな。それしか言いようがない」とのこと。鳩山由紀夫の「僕を信じて~!」に対して「まあ、あなたのやり方を見ましょう。結果を待ちましょう」くらいしかコメントできないということでした。逆に「鳩山、あなたを信じます」とは言わないのかと聞いたところ、「アメリカ人はああいう場では絶対にそんなことは言わない」と断言していました。あのような場で言うべきこととして、「トラスト・ミー」ではなく、「We will try to best」が一番無難であり、かつ「この問題について色々な動きもありますので、逐一情報を入れます。様子を見てください」と言うのがまともなやり方とも言ってました。また、彼らいはく「麻生だったらもっとうまくやっただろう」というのが一致した見解でした(笑)まったく正論ですね!! 絶対に使ってはいけない言葉を平気で使う男、鳩山由紀夫。最初っから総理の器ではないのです!!日本の国益、国防を全く考えてない、特アの国益だけ優先し、カネをばらまくしか能がない、史上最悪の総理大臣もっと言葉の使い方を覚えてから選挙に出ろ! カス野郎が!! お前のせいで日本や日本人までバカにされるのが悔しくてならんわ!!それを言われたような気がしてならないのが、下記の報道です。
=================================

鳩山首相が「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評(産経ニュース)
2010.4.15 01:07

【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは14日付で、核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相だと報じた。最大の勝者は約1時間半にわたり首脳会談を行った中国の胡錦濤国家鳩山首相について同紙は、「不運で愚かな日本の首相」と紹介。「鳩山首相はオバマ大統領に2度にわたり、米軍普天間飛行場問題で解決を約束したが、まったくあてにならない」とし、「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だけだ」と皮肉った。
==================================

この論説には「アメリカさまの言うことを聞かないとは何事だ!」という、いまだに日本を占領下に置いているかのごときもので、むかつきますが、これがアメリカの本性でしょう。それ以上に「愚かな首相」を選んでしまった日本国民も同様に愚かである!と言われている気がしてなりません!!
b0169850_21574518.jpg

by ariesgirl | 2010-04-16 22:05 | 政治(国内) | Comments(7)

またまた久しぶりの更新です。前回の更新で「風邪気味」と書きましたが、気味から本当に風邪をひいてしまいました、3年ぶりくらいです(><)のどがはれ、熱がでて、咳がとまらないという風邪の見本となり、昨日からやっと回復状態になってきました。4月も中旬にもかかわらず、初夏と真冬が交互にあらわれるという天候不順、いつになったら冬物をしまうことができるのか、それにともなう青物野菜の異常高…家計をあずかる主婦の皆さんには特に頭が痛いことだと思います。管理人も野菜代わりに青汁をせっせと飲んでいますが、これもすべて売国政権のせいです!!

その売国集団民主党から参議院選挙に出馬する「岡部まり」福田えりこに引き続き、我が故郷に泥をぬるバカ女。全国区とまでは言い切れませんが「探偵ナイトスクープ」でおなじみの彼女、もう少し頭がいいかと思っていましたが…ただのバカでした(笑)ある意味、福田えりこ以上かも。福田えりこより年をとっている分、救いようがない(笑)ここまで民主党の正体やタダの詐欺師集団であることが明らかになってきたにもかかわらず、50ヅラさげてまったく空気の読めない岡部まり。汚沢尊師と会談したらしいですが、岡部まりもこれで終了でしょう!!売国奴、国賊、朝敵と管理人が太鼓判を押してやるわ!! 大阪選挙区から出馬するそうですが、大阪の皆さんは騙されないようにして頂きたいものです。また大阪からは民主党の尾立源幸という現職の元在チョンも出馬します。

さて、タイのデモ。ロイターのカメラマンである村本氏がお亡くなりになりました。日本人としては御冥福をお祈りいたします。こういうことがおこるたびに思うのですが、気に入らないことがあります。村本氏の死因を調査したり、殺人罪で起訴だとか、鳩山由紀夫の友愛精神で日本の警察が捜査しているわけですが、それこそ税金の無駄遣いだろうよ!!そして、マスゴミの報道です。日本人のジャーナリストやカメラマンといった職業の人が紛争に巻き込まれなくなると、同業者への友愛精神のつもりか、必ずお涙ちょうだいの美談風に報道します。これが不愉快極まりないのです、私は!! こんなことをいうとお叱りを受けるかもしれませんが、ジャーナリストやAP,ロイターと言った通信社に勤務するカメラマン、記者といった人たちはボランティアではありません。営利目的の企業の社員だったり、請負契約を交わしたうえで、あのような命の危険がある紛争地帯へ行き、取材をして記事を書き、または写真や映像を撮ることでその対価を得ているわけで、「生業」です。危険地域を取材してナンボであり、そういう地域へ赴くのはオカネのためなわけです。その結果巻き込まれて命を落とす…今回はロイター日本支局の社員ということであり、日本企業も関係ありません。今回亡くなられたこことは気の毒だと思いますが、それをいかにも美談に仕立て上げるクソマスゴミ、余計なカネを使って人気取りの材料にする民主党。まさに、目くそ鼻くそとはこのこと。もっとやることあるはずですけどね。今回のタイの騒動、赤シャツ軍団は貧乏人の集団です。そんな地方を含むあれだけの数の貧乏人がどうやって首都のバンコクまでやってきたのか、疑問でなりませんワ裏で糸を引いているのは…シナでしょ、たぶん。タクシン氏はもともとシナ系だし、タイには華僑も多いし、それに血を集めてぶっかけるなんてタイ人のメンタリティとは思えません。知人のタイ人からも想像がつかない…

次は、ねずみ男こと舛添要一の売名行為。何だ?ありゃ??? 東国原宮崎県知事や橋下大阪府知事と連携して新党だとか、いわゆる世論調査で次の総理大臣に相応しい人第一位になって浮かれてるのか知りませんが、舛添要一…あまりにも胡散臭すぎる!!どれほど高学歴で、頭がよくて、能力があるのかわかりませんけど、すぐにテレビの前で騒ぐのが好きな政治家にロクなのいないんじゃないの??鳩山邦夫といい。それに、彼は日本のことを考えてというよりも自分のこと、自分の思う通りに国を動かしたいというだけにしか見えません。だいたい、「外国人参政権」に元々賛成の時点でアウト!! おまけに、元チョン疑惑もあるし(父親が特ア)、テレビで「元は在日で帰化した」と発言したとも言われてるし、真相は元嫁の片山さつき元議員が知ってるんでしょうけどね陰気くさくて、威張っていて、自分のためなら手段選ばず、でも人望はナシ…それが管理人の政界ねずみ男のイメージ。中川昭一先生や麻生閣下と顔を見比べたら一目瞭然!あの顔・人相から日本を想う気持ちが感じられますか?? 日本人に見えないしWWあたしゃ、ねずみ男が総理になるなんて絶対に嫌だね!! あっ、橋下府知事。面白い話を聞きました。近いうちに記事にしたいと思います。
 
b0169850_20361737.jpg


これも気になるのですが…児童虐待のニュース。出ない日はないというくらいです。今日も大阪で1歳の子どもが母親からの虐待。はあ…。児童虐待のニュースを見るたびに、死んだ子どもは一体何のために生まれてきたのか?親に殺されるためだけに生まれてきたのか?と思わずにいられません。子どもは親を選べません。一番自分を愛してくれるはずの親から虐待され、挙句の果てには命さえなくす…逮捕された親の言い分を見ると、ほとんど反省も後悔も良心の呵責も感じられません。ああいう親を見ると、体は大人で精神は幼稚園児ですね。親になるのも資格が必要だという気がします。自分の子を虐待し殺した親は同じ目に遭わせるのが一番いいでしょう。結果として死んでもね。我が子を虐待し殺す…弁解など一切無用。そんな奴は受刑者となっても、国民の税金で養う必要など一切ありません!
b0169850_217423.jpg

by ariesgirl | 2010-04-14 21:08 | 日本 | Comments(10)

久しぶりの更新です

4日ぶりの更新です。新年度のせいか、雑用に追われて記事の更新もできずじまいでした(><)おまけにこの寒さのせいか、同僚の風邪がうつったらしくちょっと風邪気味です。

都心の桜も散り始め、桜吹雪の舞うなか、千鳥が淵には花筏、本当に風情ある、日本人が愛してやまない桜の風景が広がっています。桜ほど夜と昼の顔が違う花もないよう思います。昼の顔は可憐な少女の顔、夜の顔は艶やかでぞっとするほど色気のある大人の顔…特に夜桜は妖気漂う感じがして、例えば一人で夜桜の下にいると、おかしくなるような気さえします。

桜が舞い散る中、巨人の木村拓也コーチがくも膜下出血のため、37歳という若さでお亡くなりになりました。管理人はプロ野球に詳しいわけではありませんが、指導者としての第一歩を踏み出した木村コーチの御冥福を心からお祈り申し上げます。余談ですが、まだ木村コーチが存命中にもかかわらず、ニュース速報で「死亡」と報道したT豚S。お前らが死ね!!いい加減にしろ、カスどもが!!

さて、4月4日以降更新もしていないのに多くの皆さまにご訪問頂きまして、誠にありがとうございました<(_ _)>また、皇居の清掃奉仕の記事には過去最高のアクセス数となり、本当に驚いています。拙いブログが少しでも御皇室や天皇皇后両陛下の素晴らしさを伝えられたのであれば、本当に嬉しいかぎりです♪ また中川昭一先生への手紙形式のエントリーも相変わらずの内容となりましたが、中川先生の目に見えぬ力を信じ、感じ、日本が日本であるための活動を継続してまいりたいと思っています。

さて、政界。狂い咲きの様相でしょうか。「首長による新党」みんな名前が「ひろし」まさか、「ヒロシーズ」とかそんな名前にするつもりじゃないかと思ったのは管理人だけでしょうか?(笑)そういえば、路チューを撮られた危機管理能力ゼロの公安委員長も「洽・ヒロシ」でした(笑)杉並区長の山田宏氏、講演を聞いたことがあるのですが、なかなか気骨ある国想う首長という印象です。元横浜市長の中田 宏氏についてはよくわかりません。女性問題で叩けば埃がでそうな雰囲気ですが…

そして、「たちあがれ日本」。まだ政策も綱領もでていないので、何ともいえませんが、平沼議員は相当苦労されたのではないかという気がします。管理人もそうですが、平沼新党を待っていた方たちには「アレッ??」という感じを持っているかもしれません。多くの方は「強い保守色」を期待していたと思うのですが、園田・与謝野の両名がいることで「保守色」が薄まっている気もします。とはいえ、政策や綱領もでていませんので、「保守」同士が潰しあうことにならないよう、それだけを願っています。特に、与謝野氏が汚沢と親しい間であることも色々と言われているようですし、また、老人ばかりで若さがないとか、党名がどうだとか、当初参加すると思われていた鴻池参議院議員が国家観や理念が違う園田・与謝野氏がいることで参加しない、平沼グループの筆頭城内議員の件、色々とあるようですが、すでに電波芸者の自称ジャーナリストのメンメンが早速批判しています。麻生前総理に対して行ったように、保守の重鎮でもある平沼議員が立ち上げた新党潰しというところでしょう。

麻生、平沼、安倍、故・中川といったメンメンは元々親しく、国家観も共通し一本のラインで繋がっていると思われますので、自民党にも残っている保守議員(稲田、西田、岩屋、山谷、有村議員などなど)と、「日本を守る」ということで党は違えど、手を携えて売国民主党政権の粉砕のために力を尽くしてほしいと思わずにはいられませんきっと、そのために中川昭一先生が力を貸してくださると思います。(新党には中川昭一先生の叔父上である中川義雄参議院議員も参加されることですし)

管理人としては、「たちあがれ日本」に元さきがけの園田氏が参加してるのが、どうも気に入らないんですよ。なぜかわかりません。

「2007年12月、北朝鮮との国交正常化実現を目指す議員連盟、自民党朝鮮半島問題小委員会を立ち上げ、副委員長に就任した。(ウィキペディアより)」

このせいかもしれません。北チョン親派???その朝鮮人民党である民主を打倒すると言っている以上は態度で示してくれることを期待しますが。公約が破たんしまくり、サギ政党の民主党が一日もはやく、無残に散り逝ってくれることを願ってやみません(合掌)

以上、短稿にて。
b0169850_2185292.gif


b0169850_21201011.jpg

本日、秋篠宮悠仁親王殿下がお茶の水幼稚園に御入学されました。お喜び申し上げます。本当に可愛らしくて利発なお子様ですね。御両親の躾のよさ、そして愛情を感じさせます。これからも健やかにたくましく御成長され、楽しい幼稚園生活を送って頂きたいものです。親王殿下が御即位される日まで生きていたいものです!
by ariesgirl | 2010-04-09 21:05 | 政治(国内) | Comments(4)

前略、中川昭一さま

早いものですね。あなたがそちらへ旅立ってから、もう半年が過ぎました。あの日のことは今も忘れられません。第一報を聞いたとき、我が目を疑いました。「これは何かの間違いで、きっと中川違いだろう」と。こんなことを言うと叱られそうですが、もう一人の中川(女)氏が亡くなったのだと自分に言い聞かせました。でも、そうじゃなかった。あれからもう半年、まだ半年。あっという間の半年、ずいぶん昔のように感じる半年。どちらにしても、いまだにあなたの不在が信じられませんし、信じたくありません。きっと、多くの日本人が同じように思っていることでしょう。

先日「2010中川昭一カレンダー」を購入しました。申し込み殺到で追加分も含めて、あっと言う間に完売しました。多くの人があなたとともに居たいと思っているのでしょう。私も2部購入しましたが、御家族が選んだあなたの写真や何よりも大切な御家族と一緒の写真が、あなたの不在を改めて思い知らせているようで、やり切れない思いです。奥様は「今後も可能なかぎり皆さまの要望にお応えしたい」とHPに発表されました。写真集の話もあるようですが、私としてはあなたを御祭神とした神社が建立されたらいいなあと考えていますが、御祭神になるというのはいかがでしょうか(笑)

こちらは日本各地で桜の花が満開となりました。花冷えの今日、多くの人が桜の花とその儚さと艶やかさを楽しんでいます。とはいえ、あなたの故郷・十勝の桜はもう少し先のようです。そちらでもお父上やあなたと親交のあった各界の皆さんや先輩がたとお花見を楽しんでいますか?大好きなお酒を酌み交わしながら、ずいぶんお話になったことでしょうね。でも、楽しい話ではなくて楽しいお酒でもなく、日本の心配ばかりで、こちらの世界の現状に怒り、嘆き、悲しい思いでいるのではないかと思っています。

鳩山政権が発足してからまもなく7か月が経とうとしています。この7か月の間で、日本は異常なスピードで亡国の道を暴走し続けています。余りにも色々なことが起こりすぎて、何から書いていいのかもわかりません。石川議員が逮捕起訴、小沢一郎の秘書、元秘書を含めて3人も逮捕起訴されたにもかかわらず、小沢は起訴されることはありませんでした。地検の現場派は相当頑張ったようですが、結局潰されてしまい巨悪が枕を高くして眠ることになりました。民主党からは脱税王の鳩山総理を筆頭に犯罪者だらけですが、当の民主党議員はよほど小沢一郎に弱みでも握られているのか、批判ひとつありません。おまけに、あなたが懸命に取り組んできた拉致問題を担当する国家公安委員長が自分の職務の重さも考えずに好き放題、デノミまでやろうとした脱税王、こんな犯罪者と国賊だらけの政党が日本を動かし、日本を売ろうとしています。

もし、あなたが生きていたら…と思わずにはいられません。絶対に絶対にこんな売国政権とその政策を許さないでしょう。「売国3法案」の「外国人参政権」「夫婦別姓」「人権救済法」以外にも次から次に日本人を差別し、特定外国の人間を優遇する法案が成立しています。外国人の本国においてきた子どもまで扶養する義務を負い、外国人を優遇し、何の調査もしない、ましてや財源もない子ども手当て、反日国家の直轄であるテロリスト養成機関・朝鮮学校まで視野にいれた高校授業料無償化、家賃を滞納した賃借人に催促すると罰せられる、移民受け入れをほうふつとさせる賃借人保護法・・・・一体、どうしたらこれほど日本人を差別する法案を作ることができるのでしょうか? 民主党には残念ながら、小沢一郎を筆頭に日本人の皮をかぶった反日特定アジア諸国のDNAをもつ、成り済まししかいません。そのせいか、日本には特定国の不逞外国人が異常に増殖しており、我が国のあちこちを侵略しています。

今、政界は滅茶苦茶です。少しずつ、民主党の正体に気が付き始めた人がいるにもかかわらず、その受け皿となるべきはずの自民党も離党者が相次ぎ、民主党の「政治とカネ」「オンナ」そして、もめにもめている「普天間問題」と日本人を差別する「売国法案」責める材料はいくらでもあるのに、日本を守るという姿勢が感じられない自民党。本当の保守政党を待ち望む多くの心ある日本人の想いをくんで、あなたと親交が深かった平沼赳夫議員がいよいよ新党を立ち上げるようです。とはいえ、メンバーに脱税王の弟も合流しそうで、「何だかなあ~…」という気もします。あなたの古巣でもある自民党をどんな気持ちで見ているのでしょうか?

また、あなたを嵌め、殺したマスゴミは…バカに付ける薬がないのと同じ、脳が破壊されています。あんなものは日本に不要であり、どこが早く炎上するか見ものです。あなたもよーく知っている読売新聞の越前谷知子はほとぼりが冷めるまで海外に転勤しています。確か、アメリカだったはず。絶対に連中を許しません。残念ですが、今の日本には真実を伝える資質や能力をもった組織は存在しないことだけは間違いありません。特にテレビは在日といわれるおかしな外国人に占拠され、内部も番組を支援するスポンサーも、広告代理店もみんなそうです。日本人のための番組を作ることは一切ありません。また、おかしなカルトもこれに絡んでいるので救いようがありません。これではテレビや新聞しか情報源のない人たちの目が覚めるわけがなく、未だに民主を擁護する内容しか垂れ流さないテレビのせいで、日本人の劣化が想像以上の速さで進んでいます。子ども手当てをはじめとする日本人差別法案の恐るべき事実も全く報道せず、目の前のエサに釣られた人たちは未だに民主を支持しています。信じられません。

あなたが旅立ってから多くの人が「日本を守る」ために立ち上がり、デモや集会、ポスティング、ファクス凸、メール凸、電話凸を行い、各方面に周知活動を続けています。みんな、自分にできることを可能な限り行っています。何の見返りも求めることなく、ただ、ただ、「日本を守る!」「日本を売国奴の好き勝手にさせるか!」という強い思いだけです。でも、あまりにも劣化が進み、政治に無関心で、弱者の仮面をかぶり、自分のことしか考えない日本人の姿を見ていると、怒りとともにやり切れない思いでどうしたらいいのか、時々わからなくなります。最近思うのは、日本が何らかのトラブルに見舞われ、人的被害を含めて、痛い目に遭うとか、死に目に遭う経験をしたほうがいいのではないかということです。日本人を覚醒させるには、もう荒療治しかないような気がしてなりません…

偉そうに言ってますが、かく言う私も御大層なことをしているわけではありません。自分にできる範囲のことを継続していくことだけですが、いわゆるマスゴミの言うことを鵜呑みにせず、冷静に、振り回されることなく、自分の頭で考え、調べ、色々なものを比較し、可能な限り検証することだけは自分に言い聞かせているつもりです。そうでなければ、売国奴の思うつぼだと思うからです。

何だか暗いことばかり書いてしまいましたが、民主党という日本近代史上最高の売国政権に交代してから二つだけいいことがあります。一つ目は…どの政治家が日本を守ることができる人なのか、日本のために命さえ惜しまず働く人なのか、保守の仮面をかぶった売国奴は誰なのか?日本人の皮をかぶった政治家が誰なのか、といったことが見えてきたということです。最近はわずかに話しただけでわかるようになってきました(笑)二つ目は…我が国、皇室をいただく日本がいかに素晴らしく、日本人として生まれそだったことがどれほど有難く、そして日本が大好きだということを嫌というほど(笑)私に分からせてくれたことです。きっと多くの人が同じ想いではないでしょうか。

今週末と来週末の土曜日には日本を守るための大きな集会が予定されており、その間にも日本各地であなたの意志を受けついだ人たちが色々な形をとって戦いを続けています。今週末には日比谷、来週は武道館です。もちろん、あなたも来てくださいますよね?えっ?当たり前のことをいちいち聞くな!すみません、意外と気が小さいものですから(笑)それから日比谷には最愛の奥様郁子夫人もいらっしゃるそうです。武道館は靖国も近いですから、ぜひ英霊の皆さまとお誘い合わせのうえお越し頂ければ幸いです。

あなたの最後のことば「日本が危ないから」この言葉を肝に命じ、活動を続けていきます。絶対に日本解体など許しません!売国奴や国賊の国会議員を地獄へ突き落し、貴方が安心して眠れる日本になるまで闘い続けます。誰が何と言おうと、私は私の意志に従い、貴方の意志を受け継いだ者の中の一人として、微力ながら力を尽くします。微力であっても無力ではない、沈黙や傍観は売国奴と同じですから。

どうか、私たちを見守り、その力を貸してください。いえ、もうあなたはそこにいますよね?私たちの背中を押し続けてくれています。あるサイトによると、そちらの世界からあなたがこちらの世界に戻ってくるとのことが書かれていました。もちろん、あなたがそっくりそのまま戻ってくるわけではありませんが、あなたの力を感じることが誰の目にも明らかになるのだと思うと、楽しみでなりません。色々と考え、嘆いている間にも売国奴は攻撃してきますが、この闘いだけは負けるわけにはいきません。多くの仲間とともに、あなたとともに、あなたの意志とともに、前に進みます。

「いつもみんなと共に戦っている事を忘れないで欲しい。嬉しい時も苦しい時も、いつもみんなと共にいる。一緒に日本の未来を守っていこう。」

「日本が危ないから」 
                        
いつまでも桜が美しく咲き誇る凛とした日本を残すために、日本がもっと飛翔するために、日本が日本であるために。

かしこ

平成22年4月4日 アリエス

b0169850_21114164.jpg


b0169850_2119025.jpg

by ariesgirl | 2010-04-04 21:09 | 愛国者・憂国議員 | Comments(14)

昨日のつづきとなります。長くなるかもしれませんが、最後までお付き合い頂ければ幸いです!

2日目(3月30日):清掃場所は観光客が多い皇居東御苑。大阪の奉仕団のおばあさまたちと一緒だったせいか、キツイ作業はなく、天守閣付近の清掃に草むしりなどなど。よほど物珍しいのか、外人どもが写真をとっていました。この日の職員の方はみのもんたばりの話術で、みんなを笑わせながら各所の説明をおこなってくださいました。しかし、今日のメインは何と言っても「天皇皇后両陛下の御会釈」です。両陛下が清掃奉仕団に直接労いのお言葉をおかけになるというものです。時間は午後二時から参集所という場所で行われました。職員から説明があり、直立不動で両陛下をお待ちしてしばらくすると、お車が。両陛下がお出ましになられ、部屋は水を打ったように。両陛下が各団体の代表にお言葉をかけ、御質問をなさいました。我々にも陛下が「昨日会いましたね」隣にいらした皇后陛下が「昨日?どちらで?」とお話になり、また皇后陛下が我々がつけていたバッジに目をとめられ「桜のバッジなのね」とお声を。それについてお二人でお話になるお姿のなんと仲睦まじいこと、心が暖かくなるお二人でした。それにしても、皇后陛下のお美しさ、品格、お人柄…まさに「国母」であらせられます。天皇陛下とはちがうオーラ、気、何と表現していいのかわかりませんが、すべてを包み込むオーラ、すべてを清めてしまうような気…皇后陛下から漂う神々しさ。最後は天皇皇后両陛下への万歳三唱で締めくくり。御会釈は20分ほどで終了し、両陛下は御所へお帰りになりましたが、参集所が興奮状態でつつまれていたことはいうまでもありません。「国父」と「国母」であらせられる両陛下、その元にある国民いられることの幸せを感じずにはいられなかった御会釈でした。
b0169850_1834259.jpg


3日目(3月31日):清掃場所は赤坂御苑。春と秋の園遊会が催される場所です。もちろん、はじめていったのですが、素晴らしい庭園が広がっていました。ここには東宮御所をはじめとする各宮家の邸宅があります。この日は静岡の団体のかたたちと一緒に活動。庭園奥の草刈りと休憩所の清掃など。今日のメインイベントは「皇太子殿下の御会釈」です。場所は…なんと東宮御所の中です。大変質素な建物でしたが、よくTVで移される玄関なども見ることができました。職員の方の説明があり、注意事項として「政治的なこと、プライベートな質問はなさらないように」とのこと。午後2時に殿下がお出ましに。正直いって、殿下は大変お疲れの御顔をされているようで、何か痛々しい感じがしました。畏れ多いことですが、殿下のお悩みの深さが垣間見えたような気がしました。各団体の代表にお声をかけられ、最後は万歳三唱で締めくくり。殿下の外出予定もあり、所要時間は5,6分ほど。終了後、各団体からはこんな声が。「何で雅子さまは出てこないんだ?ここにいるはずなのに!だからダメなんだ」この時、御静養から戻っていらしていたのかわかりませんが、戻っていたのであればたかだか5,6分くらい出れないのか?というのが、国民として正直な感想であり、雅子妃が国民の尊敬を集めることができない、しいては皇太子ご一家に対する不信感の原因の一因でもあるように思います。

最終日(4月1日):いよいよ最終日。清掃場所は皇居宮殿付近。草刈りなど。庭園課の職員のかたの説明や案内。宮殿付近の庭園はたった2名の職員で管理しているとのことで、驚きました。民主党の影響がこんなところにまで…一般参賀の長和殿、儀式・行事に使用する正殿、宮中晩さん会や国賓の宴会に使用する豊明殿、お茶会に使用する蓮翠、中庭、東庭、陛下が御公務をお執りになる表御座所などです。ちなみに、宮殿のなかで絨毯が敷いてないのは松の間だけだそうです。また、皇居や赤坂御苑にはたくさんの草が生えているのですが、スミレにタンポポ、そして何故かドクダミが大量に!奉仕も終了し、休憩所へ戻り、両陛下からの御下賜品とパンフレットを頂きました。御下賜品は紅白の落雁です。そして、隊列を組んで皇居を後にしました。

余談ですが、休憩時間には民主党、鳩山、小沢、子ども手当て、無償化、外国人参政権、特ア、あまりに無知な日本人、マスゴミ、東原のデスブログといった話に花を咲かせました。その中で気になる話が…都内の某役所で子ども手当ての業務担当者が自殺したという話。事実かどうかわかりませんが、受付が始まり日本語もろくに話せないような外国人が役所の窓口に押し掛け、「コドモテアテ、オカネ、オカネ、コドモ20人イル」などと実際に言っていることもあり、あながち嘘とも思えません。おそらく、残念ながらそのような日本人が、職務に忠実な公務員が外国人の、民主党の売国政策の犠牲になるでしょう。そして、もうひとつ。5月に汚沢に大変なことが起こるらしいのです。これも噂であって、なんともいえませんが…ただひとつ言えるのは、日本を、日本人を本当に目覚めさせるには荒療治もいたしかたないということです。御存じの通り、チラ裏でも物騒な話もありますし、何が起こるかわかりません。あくまでもチラ裏ではありますが、もうこの際、何か起こって、日本に被害があり、かつ人的被害があったほうがいいのではないかとさえ思います。お叱りを受けるかもしれませんが、実際に痛い目に、死に目に遭わないとわからないほど、日本人の劣化は進んでいます、残念ながら。その被害はどこに降りかかるかわかりません。もしかしたら管理人の身の上かもしれませんし、皆さんの身の上かもしれません…。

話がそれましたが、何とか4日間、無事に奉仕することができました。早いような短いような4日間でした。我々の団体も日本各地から集まっており、みな御皇室を大切に思う人ばかりだったと思います。管理人も、天皇皇后両陛下にお目にかかり、日本人であることを改めて誇りに思い、日本に生まれ育ったことに感謝の想いを一層深くしました。本当に得難い経験をさせていただきました。一日も早い民主政権の崩壊を祈念しつつ、天皇皇后両陛下万歳!!日本国万歳!!
by ariesgirl | 2010-04-03 20:22 | 皇室 | Comments(5)

4月に入りました。日本各地で桜が満開、そして今日は猛烈な強風の一日となりましたが、皆さんのお住まいの地域はどうでしたか?

まず今日の記事に入る前に管理人からお知らせといいますか、お願いがございます。皆さまご存知かと思いますが、来る4月17日(土)14時より日本武道館において「外国人参政権に反対する国民大会」が開催されます。誰でも参加できますし、無料です。管理人も参加致しますが、土曜日ということもあり、ぜひ多くの方にご参集いただければと思っております。ただ、この集会は参加申し込みが必要となっております。おそらく知らない方が結構いらっしゃるのではないかと思い、お知らせいたします。実は管理人もつい数日前まで知らなくて、ある方から聞いて慌てて申し込んだ経緯があります。下記のアドレスに「4月17日武道館大会参加申込書」ということで、参加希望の方はご連絡をお願いします。メールかファクスのいずれかです。申し込むと返信がきますので、それを入場券として当日武道館に持参することになるとのことです。

メール:kokuminforum@gmail.com  ファクス:03-5157-5657

永住外国人地方参政権に反対する国民フォーラム

①申込み日②氏名③住所④年齢⑤電話番号を記入。

以上、よろしくお願い申し上げます。

さて、タイトルにもありますとおり、3月29日から人生初の皇居清掃奉仕に参加してまいりました! ほとんどが初参加のかたであり、団体行動としては色々な反省点も多々あると思いますし、管理人も「整列して歩けないのか!」と腹立たしい思いも致しましたが、やはり参加してよかった!!
色々な団体が参加しており、お馴染みの割烹着姿の大阪の団体、茨城のJA、静岡の団体、新潟の団体… 皇居の広さを改めて感じ、また東京のど真ん中にもかかわらず、その空気の清浄さは素晴らしいものがありました。時間は8:30から15:30まで、清掃といっても、実際の作業は一日の半分くらいで、あとの半分は宮内庁庭園課の職員の方の説明、ようは見どころの案内です(笑)宮内庁の職員ということでお堅いイメージがあったのですが、非常にトークが上手くてビックリです。見どころ案内とはいえ、かなり歩きます。結構勾配のある道が多く、運動不足気味の管理人には…連日午後11時には寝て、5:00に起きるというものすごく健康的な生活をしました。これだけ歩いたら痩せるかも!と思っていたら、大間違い!!歩くという全身運動を続けたため、食欲増進ということに(笑)さて、今回の奉仕を簡単にまとめてみます。とんでもないハプニングがあった清掃奉仕をお送りします。

初日(3月29日):この日は真冬なみの気温。雨に風、途中では雪、みぞれというものすごい天気。真冬のデモ参加くらいに完全防備の服装で行って正解。まずは「窓明館」という奉仕団専用の集合場所で宮内庁職員の方から説明があり、その後各団体で整列し、出発。そして写真撮影。写真は2枚で1500円(笑)その後、庭園課の職員に引率されて清掃場所へ。その途中で色々な説明。この日は皇居の奥深く、祭祀が行われるもっとも神聖な宮中三殿付近、祭祀を行う前の潔斎所、生物学研究所構内の水田(陛下が御田植、お稲刈りを行う)、皇后陛下のご養蚕に使われる桑畑を見学し、産業廃棄物の仕分けや運搬などの力作業奉仕活動。陛下がお田植えになる稲の品種や株数など詳しい説明や、その研究所に陛下が突然いらっしゃることなどの説明などもありました。なお、宮中三殿にはもちろん絶対入れないので、外から一礼して礼拝。その日には秋篠宮殿下と眞子内親王殿下が賢所へ海外から無事に帰国されたことの報告にいらしており、それで見学順序が通常とは逆に。しかし、これがその後おこるとんでもないハプニングに…そのハプニングとは!

それは見学後の移動中に起こった!皇宮警察が警備する詰所付近で、「天皇陛下が宮殿から御所へお戻りになりますので、ここで待機してお通りになるまでお待ちください」とのこと。その場で二列に整列。すると…「陛下は歩いてお通りになられます」とのこと!車だとばかり思っていた我々はみんな、「ええーっ!!!」その数分後、陛下のお姿が…皆一礼し、陛下が通りすぎるのを待っていると、陛下がこちらに向かっていらっしゃる姿が目に入り、だんだんと陛下のお姿が近付いて…なんと我々の前で足を止められ、畏れ多くも直接お言葉を賜るという、予想もしない嬉しい出来事が!! もちろん、団長が答え、陛下はにこやかに御所へお戻りに。陛下のお姿がドンドン近づいてくるのを見ながら、管理人の足は震えていました。何と表現していいのかわかりませんが、陛下のオーラというか、空気までが入れ替わるような、ものすごい気目の前数十センチに陛下が!大げさと思われるかもしれませんが、目が眩むような感覚に襲われました。このお方が2600年続いてきた皇室の、いえ日本国そのものである方なのだと。御皇室を守ることは日本を守ることだと。一時体調を崩された陛下でしたが、ずいぶんふっくらとされお元気なお姿に安心し、かつ陛下のお人柄にただただ尊敬の想いを深くした次第です。陛下がお帰りになられたあと、我々の興奮状態はしばらく続き、陛下のご質問に答えた団長は胃が痛いと言っていたほどです。一日目はこうして終了したのです。ちなみに、陛下が歩いて御所へお帰りになることを「お拾いになる」と言うそうです。

案内してくださった職員の方の丁寧でユーモアたっぶりのトークで楽しませてもらったのですが、宮内庁の窮状を垣間見た気がします。それは…あれだけ広大な敷地をわずかな職員で維持管理し、必要な器具さえも満足に購入できない、おまけに民主政権の事業仕訳によって予算を削られ…やはり民主党政権がつぶれない限りダメだと改めて強く思いました。色々な道具もずいぶん古びていたし、それでも現場の職員の方たちは大切に使っていることもよくわかりました。民主党はすべてにおいて、百害あって一利なし!であることを、清掃奉仕でますます強くし、そして、陛下のご健康を祈らずにはいられませんでした。 続く…。

b0169850_22324934.jpg

by ariesgirl | 2010-04-02 22:37 | 皇室 | Comments(9)