カテゴリ:政治(国内)( 253 )

10月もあと一週間となりました。超大型台風と選挙がぶつかるという希な日曜日から2日明けましたが、皆様のお住いの地域は大丈夫でしたでしょうか? 各地で大変な爪跡を残していますが・・・被害地域が一日も早く元の生活に戻ることができるように祈るばかりです。やっと台風一家じゃなくて台風一過だと思っていたら次の台風がっ!! 我が国の行方を左右する選挙と台風がぶつかるなんて、これはどういうことだろうかと思ってしまいました。

さて、今日は選挙ネタ。結果は皆さまご承知の通りで、マスゴミ必死の安倍たたきにも関わらず安倍自民が圧勝という結果に終わり、国民は「モリカケ問題」という変態文科次官の腹いせのフェイクニュースなどどうでもよく、というよりもあれが単なる安倍総理夫妻を貶めるだけのフェイクニュースだということを国民はちゃんと見抜いていたという証拠です。

そして、北朝鮮やシナ、南朝鮮の基地外が隣国という我が国、何があってもおかしくない今、政権を交代させる、或は総理大臣の首を挿げ替える場合ではない、ということも多くの日本国民は理解していたということです。

これらに気が付かなかったのは他ならぬマスゴミだけという悲惨な結末を迎え、それにもかかわらず自分たちで認められないという基地外っぷりwww どうしようもないほどで、こいつらこそが北のロケットマンの餌食になればいいのですよ! あのブタのエサにでもなればいいのに(゚∀゚)

今回の選挙結果はとりあえず良かったと思いますが、私個人としては本心から喜べない、何とも喉に魚の骨がささったような感じ、腑に落ちない感じが否めませんが読者の皆さまはいかがでしょうか?

その理由は・・クソみたいな反日極左の売国奴、立憲民主のクズどもが50人以上も当選したことです!! これはある意味では「国難」です。外にいる特アの基地外、そして国内にいる特アのパシリ、反日工作員である売国議員・・まさに内憂外患なのが我が国なのです!! こいつらなんてスパイ防止法さえあれば、一網打尽にできるのに・・・憲法改正ももちろん大事ですが、一緒にスパイ防止法を一日も早く作ってもらいたい!!

今回の選挙結果を見て思ったのは、日本国民が完全に覚醒した人、しつつある人、そして劣化していくだけの人に分かれたな~ということです。今日、職場でも話したのですが、お互いに意見が一致したことがあります。それは・・・

韓直人、ガソリーヌ山尾、バイブ辻元、汚沢一郎を当選させた選挙区の有権者は頭がおかしい!! 自分だったら絶対にありえない!! 特に日本憲政史上最低最悪の総理だった韓直人とガソリンの説明もできない不倫女を当選させるなんて、有権者の頭の中は腐っているとしか思えん! それに今、この状況で安倍さん以外に誰に総理大臣がやれるのか?

ということです。私と意見が一致したのはまだ30そこそこの若い男性なのですが、なかなかしっかりしています。

しかし・・・この結果を見るにつけ暗澹たる気持ちになります。こいつらを始め、元民主の反日極左である腐乱犬オカダ、北朝鮮と超なかよしの近藤昭一、口蹄疫赤松、こんなクズ、外道が当選するなんて、させるなんて・・・(;゚Д゚) ここの有権者もこいつらと同じ反日思想の持ち主としか思えないし、もしかしたら特アの帰化人と学生運動の抜け殻どもだらけなのかもしれません。韓とガソリーヌは絶対に許せん!!

この反日のクズどもを当選させた有権者というのは政策とか国の安全とかどうでもいいということがよくわかります。結局、イメージだけで選んでいるということなのでしょう。一体、政治家の何を見ているのかと思います、完全に盲目、政治的には五流以下ということ。当選した連中と当選させた有権者は全く同じレベル、それも異常に低レベル、目糞鼻糞、同じ穴のムジナ、同じ売国奴、国賊ということです。


b0169850_22092719.jpg

今回、完全に野党が一体化していたらあの悪夢の政権交代が再び実現していたかもしれないと思うと背筋が寒くなるのです、私は。野党一本化実現で自民党を上回る選挙区が実際に60くらいあったわけですから。

そして、中川郁子さんの落選。あの露チュー事件が尾を引いているのかどうかわかりませんが、中川昭一氏がどんな思いであの世から見ているでしょうか? 北海道11区も東京18区と目糞鼻糞みたいなものでしょう。なんといっても、あと1か月で選挙に立候補できたのに今回の解散に間に合わなかったからアナウンサー上がりの嫁を候補にして、自分は政策秘書になるつもりの石川何とか。本当に夫婦そろって気に入らん。旦那がダンナなら嫁も嫁という感じです。

日本のマスゴミは今回の結果に地団太を踏んでいますが、安倍自民党が勝利したことを世界の首脳は喜んでいます、特アを除いて。アメリカ、ドイツ、オーストラリア、インドなどなど・・



今回の選挙に対し、産経の名物記者阿比留記者が早速書いてます。以下に転載します。まったくの同感です。
=================
阿比留 瑠比の極言御免 「あまりに国民をバカにしてないか?野党とメディアも問われた選挙 民意無視の印象操作 2017 ⒑24」

蓋を開けてみると自民党の完勝に終わった今回の衆院選は、5年近くにわたる安倍晋三政権の信任を問うものだった。ただ、国民はそれだけでなく、野党やマスメディアの姿勢もまた、問うていたのではないか。


7月の東京都議選で「神通力」を発揮した小池百合子知事が代表に就任し、一時は政権交代もあり得るかと思わせた希望の党は、あれよあれよという間に失速していき、希望は失望へと変わった。「きつい言葉だった。傷つけるつもりはなかった」


小池氏がこう反省を示す「排除発言」が、国民の反感を買ったとされるが、失敗はそれにとどまらない。選挙戦で、小池氏が森友・加計学園問題を連呼しだしたことで新味が薄れ、「これでは旧来の民進党や共産党と変わらない」とがっかりされた部分も大きい。


主要メンバーの顔ぶれがほとんど菅直人内閣と重なる立憲民主党のほうが、左派色が明確なだけ分かりやすく、反自民票の受け皿として選ばれたのだろう。そしてより深刻な惨状を呈したのが、メディア報道のあり方だった。事の軽重も優先順位もあったものではなく、ひたすら「モリカケ」「モリカケ」と一つ覚えのように粘着する姿はグロテスクだった。


せっかく民意を国政に届ける機会なのに、一部のメディアは安倍首相が「国難」として提示した北朝鮮危機も少子高齢化問題もそっちのけで、モリカケにこだわっていた。特に突出していた朝日新聞は、首相が衆院解散を表明した9月25日以降、解散の意味を矮(わい)小(しょう)化し続けた。
「森友・加計問題とあわせ、首相にとって不都合な状況をリセットする意図は明らかだ」(26日付社説)

 「『疑惑隠し』があからさまな今回の判断に、大義は見いだせない」(同日付根本清樹論説主幹コラム)

 「首相の狙いは明白である。森友学園・加計学園の問題をめぐる野党の追及を消し去り、選挙準備が整っていない野党の隙を突く」(29日付社説)

 「『疑惑隠し解散』との批判にどう反論するのか。(中略)説明責任に背を向ける首相の政治姿勢こそ、選挙の争点だ」(10月6日付社説)

 「共産党の志位和夫委員長は首相に『森友、加計学園疑惑隠し。これ以外にない』とただした。その通りだろう」(9日付社説)

 「選挙準備が整わない野党の隙をつくとともに、森友学園・加計学園問題の追及の場を消し去る」(11日付社説)

 「大事な政策論議の前にまず、指摘しておかなければならないことがある。森友学園・加計学園をめぐる首相の説明責任のあり方だ」(12日付社説)

 「この解散総選挙も、森友・加計疑惑を隠し、逃げるという本性において類似のもの」(18日付福島申二編集委員コラム)

 「森友・加計問題への追及をかわす大義なき解散--」(23日付社説)


目についたものをざっと拾っただけだが、よくもこれだけ同じことを書き続けられるものだ。 だが、読者に特定の見方を刷り込み、言うことを聞かせようという底意がすでに国民に見透かされているのは、まさに今回の選挙結果が示す通りである。野党も一部メディアも、国民をあまりにバカにしてはいないか。
==============(以上、転載終わり)

b0169850_22015586.jpg
b0169850_21593514.jpg


by ariesgirl | 2017-10-24 22:15 | 政治(国内) | Comments(3)

三連休の最終日、体育の日つまり旗日でしたが、皆さま楽しい連休をお過ごしになられたでしょうか?

な、な、なんと・・・超~久しぶりの三日連続更新( ゚Д゚) いつ以来の連続更新か思い出せません。明日も夏日になるそうですが、ゲリラ雷雨とかあるかもしれませんわ(笑)

今日は朝から区の健診へ行きました。旗日にも関わらず診療するとのことであるクリニックに予約をいれていたのですが、自分の体はまず自分で守らなければなりません。それは国家も同じこと、自国は自国で守るのが当たりまえ。それはシナでも朝鮮でも同じはずです。だからこそ、我が国の現状はまともではなく、未だに外国の占領下にあるのと同じで、故中川昭一氏が「日本はいまだに真の独立国となっていない」とおっしゃったのは当たっているわけです。

いよいよ明日は衆院選の公示日でもありますし、私も気合を入れて安倍政権の継続のために微力ながら尽くしたいと思っています。一人でも多くの愛国政治家を当選させ、売国政治家を落選させることが必要です!! 

希望の党改め棄暴の塔あるいは棄棒の等・・・だいたいモナ男がいつ保守になったのよ??(笑)192人のうち110人が民主、あれだけ安保法案に反対した連中が手のひら返しで踏絵を笑顔で踏む・・クズですね。どいつもこいつも。その点、反日左翼として党を立ち上げた枝野のほうがある意味では筋が通っています。

明日の公示日、北朝鮮のロケットマンが我が国にゴキブリのごとく巣食う反日工作員どもに気合を入れ、指令を実行させるために一発かましてくるのではないかと思っているのですが、期待に応えてほしいものです。 ということで、この曲を!!


そして、少しまえの記事になりますが、俳優の大鶴義丹氏が夕刊フジに「それってOUTだぜ!」というコラムを連載中ですので、ぜひご一読ください。大鶴氏の思想信条は不明ですが、このコラムでいっていることは一理ありますので。以下に転載します。
==================
大鶴義丹 「それってOUTだぜ! タレント議員の不祥事 ド素人に政治任せるのは大罪、投票した有権者にも罪ある

タレント議員のくだらない不祥事を聞くと、とある事を思いだしては背筋が寒くなる。それは10年くらい前、こんな私に某政党からタレント議員候補として参議院に立候補してみないかとお話をいただいたことだ。政党としても本気でバックアップするとの条件であったが、身に余り過ぎますとその場で辞退した。


だがよく考えると、どんな理由で私を候補として選んだのかと不思議になった。ハッキリ言って何の経験もない、私のような「名前だけ」のど素人が、さらに政治意識も気薄で高校の学級会もサボっていたノンポリが立候補とは茶番劇もよいところだ。

国会議員というのは、判断ひとつが国民の命に関わる聖職だ。政治のために己の人生を捧げるくらいの覚悟が必要なのは言うまでもない。それをど素人に任せるというのは、免許もない奴に、満席の旅客機を操縦させるようなものだ。

旅客機を操縦するためにはそれ相当の施設において何百時間という専門的な訓練が必要なのは当たり前で、その訓練を受けても不合格になることも多々ある。同時に、乗客の命を身を呈しても守り切るという覚悟も必要なプロ中のプロじゃなくてはいけないのだ。

一家揃ってアナーキー文系の私にそんな資質はないし、乗客のために身を呈する高潔な覚悟など持ち合わせていない。しかし某政党は、ど素人中のど素人に満席の旅客機の操縦桿を握らせようとした。ハッキリ言ってこれは大罪だ。

そんな過去を思い出しながら、どうしてタレント議員はいつの時代も生み出されるのだろうかと考えた。そういう時に俳優出身のレーガン大統領という例を出す方もいるが、あの方はたまたま俳優をやっていた過去があるだけの超プロである。


また素人丸出しのタレント議員に投票した有権者の罪もある。自分の家族を危険にさらすようなものだと猛省すべきだ。ど素人がど素人を選ぶ状況ほど厄介なことはない。


お願いだから、美人やイケメンや歌が上手いだけの奴に、私や大事な人たちが乗る旅客機の操縦桿を握らせるな。
===============(以上、転載終わり)

政治屋ではなくて「政治家」をえらばなくてはならないのです。それも日本と日本国民のために命を投げ出す覚悟を持った愛国者を!! やっぱり、中川昭一氏のことがすぐに頭に浮かんできます。いまさら言ってもどうしようもありませんが、内閣総理大臣中川昭一・・その姿を見たかった、その時代を生きたかった。

いよいよ明日から戦争です。戦争は勝ってナンボ、勝たなければ何もならないことは大東亜戦争に敗けた我が国のことを考えればすぐにわかることですね。

ということで、もう一度中川氏が命と引き換えに残したものを思い出して頂ければと思いますので、この動画をお送りします。





by ariesgirl | 2017-10-09 20:30 | 政治(国内) | Comments(2)

連休の中日、観光地にお出かけの方も多いかとおもいますが、明日は最終日楽しい一日をお過ごしいただきたいと思います。

私は何だか疲れてだるくて、今日は久しぶりに靖國神社に参拝し、マッサージに行ったりと神様へのご挨拶と自分のメンテナンスのみを行った一日でした。衣替えもしなければいけないとわかっていますが、イマイチ気分が乗らない(笑)ということで久しぶりの連日更新というわけですね(*‘∀‘) 

さあ、いよいよ明後日公示となる衆院選。日本記者クラブで党首討論が行われましたが、明後日は北朝鮮の記念日でもありますので、何かありそうな気分がします・・ またもや北のロケットマンが一発ぶちかましてくれることをひそかにきたしているわけです(笑)我が国の領海内あるいは領海ぎりぎりに着弾させてくれないかと期待しているのですよww 

何と言っても彼らの同胞や彼らに忠誠を誓う連中が多く立候補して当選を狙うわけで、そのためには工作員の活動を一層強化しなければならないし、その気合をいれるためにロケットマンが一発かましてくるのではないかと。彼のパシリである枝野率いる立憲民主党、安倍総理の遊説を特ア人を使って妨害するTBSといった外道どもに気合を入れないといけませんので。


b0169850_21361623.jpg
b0169850_22002612.png


そんな連中を批判しまくるおなじみケント・ギルバート氏。夕刊フジから転載しますので、ぜひ拡散してください!!まったくの同感です。アメリカ人の方が我が国の現実を理解しているとは・・・なんと情けないことでしょうか。だから日本はいまだに真の独立国となっていないのですね・・

==================
北のミサイル飛び交う昨今の日本に「先物買いしている余裕はない」安倍氏の辞任で失う国益と信用は大きい 2017.10.7 「ニッポンの新常識」

衆院選(10日公示、22日投開票)をめぐる状況は、日々、猫の目のように変化している。当初、野党や多くのメディアは「大義がない」と騒ぎたてた。ところが、小池百合子都知事が、自ら代表として国政政党「希望の党」を立ち上げると、大義の話は消え、野党再編が本格化した。

野党第1党である民進党は、希望の党との合流にすべてを賭け、事実上解党した。「しがらみのない政治」を目指すはずの希望の党に、「しがらみの塊」が合流した印象だった。


小池氏は、政策が一致しない民進党の面々は「排除する」と宣言した。民進党は党勢拡大だけを考えて「来るもの拒まず」だった結果、重要政策を何も決定できず、有能な人材まで「反対のための反対」ばかり行う烏合(うごう)の衆に落ちぶれていた。


小池氏のシビアな対応は評価したい。「寛容な改革保守政党」を自称する希望の党は、憲法改正や安全保障関連法への支持などを入党条件に掲げた。「保守」とは対極と思われる枝野幸男元官房長官も「寛容」や「改革」の言葉にひかれたのか、当初は民進党の合流に賛同していたと聞く。

この淡い希望が消えると、枝野氏は2日に新党「立憲民主党」を立ち上げた。菅直人元首相や辻元清美前衆院議員らが合流するという。「ガラパゴス左派」と揶揄(やゆ)される人々が一致団結し、政界の構造が分かりやすくなった。

希望の党は3日、第1次公認候補192人を発表した。約6割の110人が民進党出身者だった。個別に見ると「保守」どころか「極左」と呼びたい人物もいた。公認審査が甘いことはよく分かった。


そもそも、全党を上げて安保法案に反対し、施行後も「違憲だ」「破棄を求める」と主張したのが民進党だ。選挙のために変節したとしても、多少の締め付けで裏切りを止めるのは困難だ。有権者は候補者をよく見て投票してほしい。


私が不思議なのは、もし自民党が大敗し、責任を取って安倍晋三首相が辞任したら、日本がどれほど大きな国益と信用を失うのか、想像すらしていない人が多いことだ。


安倍首相は、ドナルド・トランプ米大統領と深い信頼関係で結ばれている。ロシアのプーチン大統領や、インドのモディ首相とも非常に良好な関係である。もし、安倍首相を辞任させたら、他国は「日本人は頭が悪い」と考えるのは確実だ。

 
仮に、小池氏や、民進党の前原誠司代表、石破茂元防衛相の潜在能力が驚異的に高かったとしても、現在の安倍首相と同じレベルに達するのに何年かかるだろう。北朝鮮の弾道ミサイルが領土上空を飛び交う昨今の日本に、「先物買い」をしている余裕などない。
=============(以上、転載終わり)

そして、この方も・・・イージスさんの動画です。


そして、ロケットマンのパシリ君であるこの人。わかりやすい~電話かかってきて「松阪牛送るニダ!急ぐニダ!!」って言われるのかしら(笑) 前回ビリ当選のこいつも・・氏ねばいいのに!!

b0169850_22084952.jpg
そして、代表のこいつも・・

b0169850_22130880.jpg
b0169850_22134380.png


by ariesgirl | 2017-10-08 22:15 | 政治(国内) | Comments(2)

今日は10月7日、三連休という方もおおいのではないでしょうか?私の地元では今日から「長崎くんち」という長崎の氏神さまである諏訪大社の秋の大祭が始まりました。地元では「くんちが過ぎたら秋」ということで、それを境に気温が下がって秋らしくなると言われています。

東京もここ数日一気に気温が下がって秋が深まりつつあることを感じますし、空は高く、うろこ雲がたなびき、先日の中秋の名月は東京でも綺麗な月を見ることができました。満月ではなかったので少しかけていましたが、それもまた一興です。

先月もろくに更新できない状態にもかかわらず、拙ブログにご訪問頂きまして、本当にありがとうございますm(__)m 今月は総選挙もありますし、安倍政権継続のために私も可能な限り更新して、本当に微力ではありますが何か役に立てればと思っています。

先日の中秋の名月。同じように月が綺麗な夜に今でも多くの日本人が敬愛してやまない政治家であった中川昭一氏が天に召されました。読者の皆さまの中には、「この基地外管理人、毎年追悼記事をアップしていたのに何で今回はないんだ?」といぶかしく思っていらっしゃる方も数名程度(笑)はいるのではないかと思っています。

とんでもございません!! 私が中川氏の命日を忘れるはずはなく、今回は敢えて外してみた次第なのです。心ある日本を愛する日本人は今でも中川氏が生きていてくれたら・・・と思うことばかりの現実に怒りを覚えているのではないでしょうか?

中川氏が健在であったらと一番思っているのは他ならぬ安倍総理、その人ではないかと思っています。中川氏も政界のご意見番であった三宅久之氏もあの世で激怒し、嘆いているのではないでしょうか?

中川氏が鬼籍に入ってから早くも8年の歳月が流れていきました。本当にあっという間の時間、驚くばかりです。あの日の衝撃は今でも忘れることはできないし、政治家の死に涙を流したことも初めてのこと、日本というかけがえのない祖国の行く末が真っ暗だと思ったのも初めてのことでした。

中川氏が健在なら64歳、マスゴミの偏向報道に殺され、(あの報道を真に受けた日本国民も同罪)ましたが、健在だったならどんな64歳になっていたかと想像しますし、愛国保守政治家の筆頭として安倍総理とともに獅子奮迅の活躍をしていたのではないかと思います。

あれほどの政治家を無くし、空いた穴の大きさを改めて驚くばかりです。いまだに誰も中川氏の穴を埋めることができないのですから。誰も中川氏の代わりになるような政治家が見当たりません。

b0169850_17561323.jpg

いよいよ10日に迫った衆議院選挙公示、そして22日の投票日。選挙に行かないというバカは拙ブログの読者の中にはいないと思いますが、選挙に行かないということはクズ以下の行為だということだけは言いたいと思います。投票という、唯一の武器を自ら捨てるということは白紙委任状を渡すこと、どんな政策を取られても一切文句も批判もいえませんよ!投票は権利であり義務でもあると私は思っています。選挙権がありながら投票に行かないということは消極的反日行為、売国行為と同じです。

さて、毎日毎日マスゴミをにぎわす「女ヒトラー小池百合子(日刊ゲンダイ曰く)」(笑)率いる「希望の党」。 

希望の党・・・まあああああ、「日本をリセット」「希望溢れる国」ですか。耳障りのいいことばかりですね。日本をリセットするのは結構ですが、希望の党にききたい!!

日本をリセットするのは結構ですが、リセットした後の日本再生計画の詳細はありますか?当然ありますよね?聞かせてもらいましょうか!

小池代表はリセット後の計画など全くないと思います。都知事として手を付けた築地の移転での大騒ぎやオリンピックでの会場見直しなどのすったもんだを見ればわかりますし、公約を見ても同じ。原発ゼロって・・・まさに自分たちの希望を書く、じゃあ代替電力はどこからもってくるの?と。とりあえずバカな国民受けする言葉を発しておくだけ。

そして党名の「希望の党」・・希望って意味わかってんのか、オイ!(笑)「希な望み」ですよ~(;゚Д゚) 希な望み・・・希な望みがあふれる国にするの??ブラック過ぎて笑えんわ(笑) 今の日本には希な望みさえないといってるのと同じであり、それが自称・保守政党のいうことですか? 

「希望の党」という党名を聞いて、あの我が国の憲政史上最低最悪最凶の総理であった韓直人が日本を「最小不幸社会」にするといったことを思い出しました。これと言葉は違えど、根っこの考え方は同じではないかと言う気がしてなりません。

リセットに希望・・・日本国民はまた騙されるのでしょうか? リセット、希望、こんなふわふわしたあいまいな言葉が大好きな日本人が多いですからね。なんでなの?? 


b0169850_17565077.jpg
それにあそこにいる連中のメンツの酷さに今更ながら呆れるばかり。東京地検検事だった若狭氏・・ある知人曰く「地検時代はワンマンすぎて嫌われ者だった」という話。そして、おなじみの下半身ゆるゆるのモナ男(笑)勝ち馬に乗りたいヤツばかりの集団、選挙互助会、殆どがガラクタとクズの集まり。あの党はそれなりの人数は当選するでしょうが、必ず割れるでしょうね。

そして、今や女王様の下僕、女ヒトラーのパシリ、犬と化したミンシントウ代表の前原誠司。この男の節操のなさには改めて驚きました。小池百合子が政界のホステスなら、こいつは政界のホスト、いや男芸者ですね。

無節操の極み。こいつの生き様そのものが今回の合流劇に凝縮されています。寄らば大樹の影、勝ち馬に乗るだけ・・まさにどこぞのミンジョクと同じですね。やっぱりこいつは噂通りなのでしょうか(笑)地元の京都の演説でも「裏切り者」と散々なヤジを飛ばされ、露骨に握手拒否され(笑)挙句の果てには「小池にはまってさあ大変♪」(笑)とうたわれる始末www

どうやらこんな感じらしいですね、替え歌。(間違っていたらすみません)

♪民主がコロコロ ドンブリコ 小池にはまって さあ大変 どじょうがでてきて
こんにちは ゆりちゃん一緒に 遊びましょう

 どんぐりころころ よろこんで しばらく一緒に遊んだが やっぱり特アが恋しいと 泣いては ゆりこを困らせた~♪

ということで、小池にはまったミンシントウの無節操、薄っぺらい大義や政権つぶしのマスゴミ批判をツイッターで発信して話題となっている桂 春蝶師匠が夕刊フジに寄せた特別寄稿を転載いたします。私が言いたいことが網羅されています!!ぜひ、ご一読を!そしてあちこちにばらまいてくださ~い!! では以下に全文掲載します。
===================
民進党議員の恥も外聞もない薄っぺらい大義 桂 春蝶特別寄稿 2017.10.4

10・22衆院選に向けて永田町が激動している。センセイ方の右往左往ぶりは、落語の枕になりそうだ。ツイッターで政治問題についても発言し、大きな反響を呼んでいる上方落語のホープ、桂春蝶が夕刊フジに特別寄稿した。

安倍晋三首相が決断した「国難突破解散」。とんな選挙になっていくのか、神無月(10月)は選挙一色だと思います。いわゆる「モリカケ問題」。政治は「ザル」だ、説明がなければ「手打ち」にするぞ。世論がまるで蕎麦屋の符丁(=隠語)のようになっておりましたね(笑)。

私も世の中が平和ならば、その問題を続けていいと思っておりました。が、北朝鮮情勢の緊張により、その考えはガラッと変わった・・・そりゃそうです。

例えば、玄関まで強盗が襲ってきてるって時、家庭内でのもめ事をずっと言い続ける夫婦はいないでしょう? 外の問題に向き合わないと。これは命にかかわることなんですから。

まずは一時休戦して、警察を呼ぶのか、警備会社に電話するか、ともかく外敵の攻撃にきちんと備えるべき時です。 ところが、一部のマスコミの論調は「モリカケ隠しだ!」「大義がない!」「説明不足だ!」。この一点張りです。

彼らは国の安全保障よりも「政権つぶし」の方が大切なのかな?と勘繰ってしまう。それを深く印象つけたのが民進党による「希望の党」への合流、ここですよ。

話は少しズレますが、私が桂春蝶を襲名したのは2009年8月30日。この日、この国では歴史的なことが起こった。民主党による政権交代が実現した日でした。それからわずか8年・・・政権を失うどころか、何と党が消滅してしまうところまで追い込まれています。議員生命がいま正に断たれてしまう。

そこに一人の女神が救いの手を差し伸べました。小池百合子さん、その人です。これは民進党の面々にとって文字通り「希望の党」だったわけですね。 この女神は、ある踏絵を踏ませようとする。それは、「安全保障関連法」「憲法改正」に賛成することでした。常人なら踏むことに躊躇し、苦しむことでしょう。

あれだけ彼らは法案に反対し、長い間審議させ、それでも「説明不足だ!」と政権を糾弾してきたのですから。

しかし、彼らの多くは「もっちろんでーす!」と、喜々として踏みまくる(笑)。議員継続、保身のためには主張なんて簡単に変えてしまうんですよ。恥も外聞もあったものではありません。

私は強く願う。 今こそマスコミは、彼らの薄っぺらいイデオロギーに「大義ない!」「説明しなさい!」と熱い灸をすえてくれませんか、と。 それもどうやら無さそうですね。彼らもまた「政権が潰れれば何でも良し」という、スタンスありきの報道姿勢であるからでしょうか。

われわれ有権者は、政治家や党だけでなく、今やマスコミの在り方そのものにも注視して投票する時代になりました。そんな民意の「すべて」を主張できる選挙はもうすぐですね。
===========(以上、転載終わり)

中川氏はあの世から愛してやまなかった祖国日本をどんな思いで見つめているでしょうか?中川氏の意思を引き継いだ安倍総理が第二次安倍政権で見事に返り咲いてからの獅子奮迅、粉骨砕身の働きで我が国は少しずつ変わりつつあります。中川氏が命と引き換えに撒いたといっても過言ではない、祖国を愛し思うという種を、やっと芽吹いてきた若葉を枯らすことは絶対にできません!! 

今、日本を託せるのは誰か?私も安倍総理の政策すべてに賛成しているわけではありませんが、この危機に、彼以外に誰が日本を、日本国民を守ることができるのでしょうか?これで安倍総理が退陣することにでもなったら、小躍りして喜ぶのは誰か?(ロケットマンに仏頂面、ロケットマンの男妾) 大笑いする国はどこか? それもわからない政党やマスゴミにおどらされてはならないのです、絶対に!!








by ariesgirl | 2017-10-07 15:35 | 政治(国内) | Comments(1)

マスゴミ火病の解散  

秋分の日を過ぎてすっかり日の暮れるのが早くなりました。「秋の日は釣瓶落とし」とはよくいったものですが、私は夜が長いほうが好きなので(笑)嬉しい限りです。

いよいよ解散総選挙に突入するわけですが、マスゴミの基地外っぷりは凄まじいものがありますね。今に始まったことではありませんが、どこの国の放送局や新聞なのかと改めて思うばかりです。

今回の解散についても「解散の大義がない!」「モリカケ隠蔽解散!」「党利党略解散!」とわめき散らす様はまさに彼らの同胞の火病を彷彿とさせます。やはり、血は争えませんね。

解散は総理大臣の特権でもあり、勝つために選挙はやるもののはず!誰が負けるために解散して選挙するんだよ!! 負けるために選挙するバカはいねえよ!

b0169850_22282318.png
そんなマスゴミの基地外っぷりをおなくじ基地外のはずである頭狂新聞(笑)の論説員がくそみそに言ってます。「デタラメ」って。。あんたの会社もそのデタラメの反日左翼でしょうに(笑)以下、夕刊フジから転載します。
================
ニュースの核心 真相を隠したのは誰か 野党・左派系メディアのデタラメ

安倍晋三首相は、消費税税収の使途変更や、北朝鮮対応について「国民の信」を問うため、臨時国会冒頭(28日)の衆院解散を表明した。これに対し、野党や左派系メディアが批判を強めている。解散の大義と、野党・左派系メディアのデタラメぶりについて、ジャーナリストの長谷川幸洋氏が迫った。


衆院解散・総選挙について、野党や左派系マスコミが「大義なき解散」などと批判している。かと思えば、落選予備軍が右往左往し、民進党と自由党の合流話まで出てきた。これも国民に選択を委ねた結果である。


大体、先の国会は何を議論していたのか。北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射で日本が「戦後最大の危機」を迎えていたのに、野党と左派系マスコミは「モリカケ問題」追及に終始していた。


テレビをつければ、番組は朝から晩までモリカケ一辺倒だった。安倍首相が特別な便宜を図っていたかどうかが焦点だったはずだが、結局、証拠は出てこなかった。


いまや「森友学園」前理事長夫妻は詐欺容疑などで逮捕・起訴され、前川喜平・前文科事務次官のデタラメぶりは加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事の国会証言で暴露された。ところが、偏向マスコミは加戸証言をほぼ報じなかった。彼らは「疑惑が解明されていない」などと叫ぶ前に、加戸証言をまともに報じていたのかどうか、自分の足元を検証すべきなのだ。それもせずに「森友・加計隠し解散」などと批判している。チャンチャラおかしい。真相を隠したのは自分たちではないか。まさに「オマエが言うな!」である。

野党は臨時国会で「モリカケ問題」の続きを追及する構えだった。安倍政権と野党、左派系マスコミの対立は議論を尽くせば解消するような話ではない。彼らは政権打倒に邁進(まいしん)している。それを国民はよく知っている。

そうであれば、「未曾有の非常事態」を前に国民の声を聴くため国会を解散し、日本の行方について国民に選択を委ねるのはまったく妥当ではないか。それこそが「解散の大義」「政治の王道」だ。

野党や左派系マスコミの解散批判は「解散するな」、つまり「このまま安倍政権を続けてくれ」という主張でもある。政権打倒を叫ぶ一方で、現状維持を願う自己矛盾にも気付いていない。そんな野党はここへきて慌てだした。

民進党の前原誠司代表と自由党の小沢一郎共同代表が両党の合流を検討し、日本のこころの中山恭子代表は小池百合子都知事が代表となる新党「希望の党」に参加する意向と報じられている。

「国民が主権を行使したら大変だ。自分の議席がなくなりかねない」と気が付いたのだろう。政治の選択が国民に投げかけられた途端に、野党再編の動きが始まった。これこそ衆院解散の正しさを証明している。多くの人々は永田町の危機感のなさにあきれていた。そこへ国民が政治を動かしたのだ。

安倍首相は25日の記者会見で「北朝鮮情勢への対応」に加えて、「人づくりや生産性革命の推進」「消費増税の使途配分見直し」などを解散理由に挙げた。まさに安倍路線全体について主権者の国民が審判を下す機会である。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。東京新聞論説委員。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『ケント&幸洋の大放言!』(ビジネス社)がある。
============(以上、転載終わり)
この御仁、クビになるんじゃないかしら(笑)まあ、年齢的にみれば嘱託扱いかもしれないからいいのかwww まさにこの言い分の通りでしょう。本当にマスゴミは全部キムチ脳。以下の画像の通りです。

b0169850_20543013.jpg
b0169850_20555602.jpg
b0169850_21203194.jpg
その反日基地外の横綱ともいえる丁BS、以前聞いた話ではあのミンジョクの入社枠があって無試験で入社できるということでしたが、この酷さを見る限りは事実なのでしょうね、おそらく。

総理が生出演したニュースの酷さはご存じの方も多いと思いますが、以下に転載したいと思います。
================
TBS偏向報道に安倍首相が大逆襲 生出演中に不可解音声 ネットユーザー「国難よりも総理批判」2017.9.26

安倍晋三首相は25日夜、TBS系「NEWS23」などに生出演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる一連の報道に苦言を呈した。加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事が、国会で「ゆがめられた行政が正された」と主張したにも関わらず、多くのメディアが取り上げなかった“偏向報道問題”を指摘したのだ。


「ぜひ、(加戸氏らが指摘した手続きの正当性などの)そういう証言もしっかりと報道していただき、できるだけ材料を提供していただけなければ国民の皆さんも判断のしようがない」


安倍首相は25日夜、TBS番組でこう訴えた。これに先立ち、安倍首相は、テレビ朝日系「報道ステーション」にも出演し、加計問題について「国会の閉会中審査で、誰も私から加計学園の獣医学部新設について依頼されたり指示を受けていないことが明らかになった」と強調した。


民間団体「放送法遵守を求める視聴者の会」は、加計問題に関するテレビ報道について、放送番組の「公平」「公正」などを定めた放送法第4条を守ることを求める意見広告を出している。


前出のTBS番組では、驚くべきシーンがあった。安倍首相が解散の「大義」について説明していると、「2人でモリカケっ!」という不可解な音声が突然流れたのだ。その直後、キャスター2人が安倍首相の発言を遮ろうとした。

しばらくして、女性キャスターは「こちらをまずご覧をいただきたい。モリカケ隠しなのでしょうか」といい、森友・加計学園に関する疑惑をまとめたVTRを流した。ネット上には、同番組を受けて、「国難よりも総理批判」「印象操作では」「TBSのニュースはもう見ない」などと書き込まれている。
==========(以上、転載終わり)

まず、我が国のニュースは全て(スポーツの結果覗いて)がフィクションです(笑)こいつらがいう真逆のことが正しいと認識しておけば問題ないのではないかと思っています。さすがは丁BS,あの畜氏哲也がやっていた番組ですね。オウム事件で坂本弁護士一家の皆殺しに手を貸したのも丁BSですし。まさに報道テロ、報道テロリストの巣窟であり、こいつらはスパイ防止法があれば全員射殺でOKのレベル。

我が国の国難はこいつらにとっては祖国からの指令を実行する大チャンスでしかありませんから、こういうことをやるのです!!

b0169850_21231717.jpg
加戸守行氏の神発言も全部無視しましたからね。その代り、マスゴミに持ち上げられていい気になった助平ジジイの前川ナントカの虚言は垂れ流し。このオッサンが通っていた怪しい風俗店は噂によればとんでもない反社会的集団が経営に絡んでいる店だという話ですからね、この助平ジジイはそのうちに海に浮かぶことにならなければいいのですがww

なんといっても「頭大丈夫か?」とといわれるほどですから。

b0169850_21174681.jpg

b0169850_20562185.jpg
全員こうなればいいのに!↑


by ariesgirl | 2017-09-27 22:30 | 政治(国内) | Comments(0)

9月最後の日曜日、皆さまいかがお過ごしでしょうか? かなり久しぶりの連日更新です。何だか緊張します(笑)NGワード連発で無慈悲な制裁を受けましたが、懲りずにやりたいと思います!

9月もあっという間に終わりに近づき、早くも年末の声が聞こえてきそうな感じです。本当にあっという間に時間は過ぎていきますが、年齢を重ねるほど加速していきます。こうやって、一歩一歩あの世に近づいているのだろうと思うのですが、今日は少し秋物の服を出し、掃除に精をだしました。

空を見上げるとすっかり秋模様。空気は澄んで、風もさらりとした感じがして過ごしやすくなってきたのはいいのですが、私自身は絶不調・・・orz 気圧の変化に体がついていかないのか、とにかくだるいし、不眠は酷くなるし、自律神経はおかしくなっているし、変なトラブルに見舞われることは多いし、全てにおいて良くないというか、もう心身ともに疲れているな~と自分自身で感じています。やる気はでないし(これは毎度のこと)、イライラしっぱなしだし、それにこのところ大笑いしてないし、感情が固まっているというか、麻痺しつつあるような感じがしています。

いわゆる「秋ばて」「鬱もどき状態」なのかもしれませんが、10月に入ったらせっせと衣替えをしつつ、断捨離に励みたいと思います。モノの断捨離以外にも自分の人間関係もすっきり整理したいと。ここがすっきりして執着がなくなればかなり楽になるのではないかと思う次第です。まあ、諦めることは決して悪くないのではないかと思う今日この頃です。

さて、昨日は総選挙に関する記事を久しぶりにアップしましたが、この2週間あまり色々ありましたね~。北の黒電話アタマの病身舞、O-157、台風被害などなど・・・ということで、まずはO-157。

今回、O-157で三歳の女の子が亡くなりました。本当に可哀想だし、気の毒でなりません。でも、疑問におもうことが・・・感染経路がいまだにはっきりしないことも疑問ですが、驚いたのが三歳の子供にタケノコを食べさせるのか??ということです。タケノコは美味しい食材ですが、アクが強いので、私などは「子供はタケノコ食べたらいかん!」という祖母の鶴の一声で中学生になるころまでは全く食べたことがありませんでした。 これは我が家の極端な例かもしれませんが、正直な感想としてそう思いました。それに、詳しいことはわかりませんが・・買った惣菜をそのまま食べさせたのか?と。私は惣菜を買った場合、サラダ類は除いて、必ず一度火を通すので。それに、そのタケノコ。おそらくシナ産ではないでしょうか?だとしたら、危ない!! 特ア産の食材は本当に危険ですし、私はあの毒入り餃子事件を思い出しました。余りにも不可解すぎて、もしかしたらバイオテロではないか(大規模バイオテロの実験)と思ったのは私だけでしょうか?

そして、「ロケットマン」とアメリカ大統領からヒーロー物のような名前を付けられたブタマン君(笑)今は懐かしい黒電話の受話器を彷彿とさせるモードなヘアスタイル、そして顔にめり込んでいるかのごとくかけられたメガネ姿といい、いや~世界の注目度No.1です♪


b0169850_20390835.jpg

↑モードな黒電話アタマ☎

あのメガネブタマンは何があっても核開発をやめることはないでしょう。何か見返りをもらっても暫くはおとなしくして、ある日突然やる!なぜ、そう思うのか? それはね・・・朝鮮人だからです!! 南の同胞や酋長までもが既に合意した戦時売春婦の問題を反故にしたり、挙句の果てには好き勝手に密航してきた徴用工なるおかしな名前の連中のユスリタカリを国家で推進する、そんなことをやるのですから、すぐに同じDNAのミン所くだとわかるはずです。所詮、同じミンジョク、同じDNA、忘れるな!北も南も皆朝鮮!なのですよ。

そんなタカリの893乞食が我が国の上空を通過させるミサイルを撃ちまくっているのが現実、どうせならば我が国の領海内、無人島に着弾させてくれないかと思っているのです、私は!もちろん、人的被害はあってはなりませんので、完全は無人島で周りにも何もない。そういうことが実際に起こらないと目が覚めない連中が多すぎます! そんな連中は消極的に反日勢力に加担しているのであり、特アの仲間である反日日本人どもは我が国を内部から破壊しようと常に動いているからです。
b0169850_21050246.jpg

↑マスゴミを代表する工作員の皆さまww

ご存じの通り、自称ジャーナリストや売国政治家、文化人という胡散臭い連中、平たく言えばクズども(笑)が公共の電波を使い、こともあろうか日本の防衛費(開発費)をそのまま北に戦時賠償としてくれてやればいい」「いっそのこと北の核を認めればいいなどとトンでも発言を繰り返しています。これが我が国の紛れもない現実です。普通の国ならばあり得ません!! 

安倍総理は我が国に害虫のごとく存在する北の連中を即刻叩き出すべきであり、それこそが我が国がまずやるべき圧力、反日工作員養成機関であるあの学校も当然ながら閉鎖するべきです。なぜそれができないのか? 政治家、マスゴミ、様々なところにあの連中が金と女をばらまいて食い込んでいる、金○を握られている連中が多すぎるのです。だからこそ、我が国の領海内にでもミサイルが着弾しないかぎりダメなんだと私は思っています。こんなだから、未だに拉致被害者を奪還することができないのです!!私は横田さんご夫妻の姿を見ると、日本人の一人として胸が痛くてたまらないのです。特に、横田滋さん・・・一日も早くめぐみさんと再会してほしいし、それをやるのは日本国としての責任です!! 

もし、北の核を認めたらどうなるか? 間違いなく、我が国に対する賠償、ユスリタカリの材料として使ってくるのは火を見るよりも明らかです。朝日新聞を始めとする北朝鮮の工作員どもはそれを狙っているのです。民進党や狂惨党も同じ穴のムジナ。なんといっても、あの国の人間が議員バッジをつけているのですから! 

我が国の隣には北と南に分かれてはいるものの、基本は全く同じのユスリタカリの極悪ミンジョク、下等動物が間違いなく存在しているのです。間違っても共生できる相手ではありません!!私はシナも大嫌いですが、彼らのやり方でこれだけは見習うべき!と思っているのが、属国人の扱い方です。人間として扱うことなど皆無、動物としての扱いは見事としか言いようがありません。これに関してはさすがはシナ人と言わざるをえませんね。

b0169850_20565077.jpg


そんな基地外国家が大好きで、反日左翼とも大の仲良し、元検事の華麗なる経歴の持ち主で、大の肉食オバハンのガソリーヌ山尾(笑)このオバハン、6歳の子供を置いて週に四回も年下のイケメンとホテルで何やら*?!¥@§★○▽◆してるんですから(;゚Д゚) 単なる欲求不満じゃないの?ww このオバハンと全く同じなのが「このハゲー!!!」でおなじみの豊田議員ww 二人とも人もうらやむエリートでお勉強もよくできる、自分自身に対してものすごい自信があって、挫折を知らない、何でも自分の思うとおりになると思い込んでいたオバハンということですね。あの会見も隠してはいるものの、上から目線なのは明らかだし、この二人は人として大事なものが欠落してます。だから、1人は若い男の肉体に溺れ、もう1人は秘書に病的に怒鳴り散らすという・・

このガソリーヌに対して、あの不肖宮嶋氏が吠えました!以下、夕刊フジから転載します。
===================
不肖・宮嶋 コラコラ記 
あきれた山尾センセイの離党会見 文春締め出し、質問受け付けず・・「何が国会での審議不十分や!」
2017.9.14

いやっあ、新聞協会賞ってあるんやて? NHKでもやっとった。 何や優れた報道に与えられるってNHKも、つい最近の「南スーダンPKO週報問題」で、陸上自衛隊がその週報隠しとった「スクープ」を挙げ、それが「稲田朋美前防衛相辞任につながった」と、自画自賛しとったけど、NHKって新聞か。テレビや電波媒体でもくれるって、新聞協会も太っ腹やないか。

せやけど庶民は、NHKのスクープより、ワシら週刊誌媒体が挙げたスクープの方がなじみ深いで。特に「週刊文春」「週刊新潮」の、同じ木曜日発売の2誌がこの1年であげた大スクープは「文春砲」やの「新潮砲」とまで呼ばれ、芸能人はおろか、スネに傷持つ政治家らを震え上がらせとるで。

大臣辞めさせたり、“育休センセイ”の正体暴いてバッジまで外させたで。「暴言・暴力の女センセイ」や「重婚疑惑センセイ」も追い込んだし、政務活動費サギ疑惑の神戸市議のクビとったんやで。これらは新聞協会賞には値せんの? つい最近も、民主党の山尾志桜里衆院議員の幹事長内定をブッ飛ばしたやないか。

みーんな文春と新潮が挙げたスクープと世間みんなが知っとるで。それでも週刊誌は“一部メディア”に過ぎんからな。新聞協会賞の名に値せんか。お高くとまった大新聞の記者サマは下半身問題扱わんか。反権力を標榜(ひょうぼう)する大新聞が「女性活躍の先頭に立つ」山尾センセイ、いじめるようなことは報道に値せんというのやな。
それでも山尾センセイはタチ悪いで。いまだかぼうとるセンセイ方もおるらしいけど、あれはアカンわ。アホママのたわごと引用して「日本氏ね!」と国会で言い放ちよったんやで。おんどれの6歳のお子サマはほっといて、アンタは若いツバメと密会楽しんどって、どこが女の味方や?

このセンセイ、“左市民団体”を仕切り、「共謀罪」や「戦争法」やとおとしめた法案が、国会通るときなんか「審議不十分」やの「国民の理解得られていない」と大騒ぎしてやで、おんどれの“密会”いいわけの会見では、スクープ抜いた文春の記者締め出した揚げ句、用意した文面読み上げただけで新聞・NHK記者サマたちの質問一切受け付けんかったやないか。
何が「国会での審議不十分」や。イケメンの若いツバメとは「男女の仲ではない」のに「民進党離党」して国民の理解得られるの?  あっ…読めたで、今や滅亡寸前の民進党の幹事長なんか押し付けられたらおんどれの将来もないと踏んで、若いツバメと一芝居打ちよったな…さすが東大出の元検事が考えそうなこっちゃ。これが新聞がチヤホヤする「反権力」の我らが選良や。新聞協会賞くれんわけや。
=================(以上、転載終わり)

さすがは宮嶋氏。ごもっともであり、激しく同意しますね。R4といい、ガソリーヌといい、こんなのが国会議員なんかやっているから余計に女の地位が下がるんですよ!!

 
b0169850_21565335.jpg

そして、おなじみケント氏も・・・
===================
ケント・ギルバート ニッポンの新常識 2017.9.16
山尾議員の不倫疑惑報道とダブルスタンダードの偽善 報道次第で日本の政治が左右されかねない現状には危うさ感じる

山尾志桜里衆院議員が、既婚男性との不倫疑惑を週刊文春に報じられた後、「男女関係はない」と否定しながら、民進党を離党した。前原誠司新代表の下、幹事長に就任する人事案もあったが、フイになった。 ネット上で「ガソリーヌ」と揶揄(やゆ)されるほど、山尾氏が支部長を務めた政党支部は「ガソリン・プリペイドカード」を、地球5周分も大量購入していた。山尾氏は「秘書がやった」というが、納得できる説明は聞かされていない。

 そのような立場なのに、山尾氏は国会で「器が小さいんだよ!」などと、安倍晋三首相にヤジを飛ばしていた。元検事の割には、冷静沈着とはいえないと思っていた。

 今回、そんな山尾氏が軽率な行動で墓穴を掘ったので、正直、留飲が下がった。日本国憲法第38条第1項には「何人(なんぴと)も、自己に不利益な供述を強要されない」とある。山尾氏に「正直に白状しなよ」とはいわない。不倫スキャンダルは当事者が誰だろうと雑談ネタに過ぎず、正直どうでもいい。日本では著名人の不倫スキャンダルが、政治生命や芸能生命を終わらせる場合がある。だから週刊誌やワイドショーなどは大騒ぎする。

 古くは宇野宗佑首相(当時)が、東京・神楽坂の芸妓(げいこ)に月30万円で愛人にならないかと持ち掛けた話をサンデー毎日が報じた。このときの編集長が鳥越俊太郎氏である。昨年の東京都知事選に出馬した際、鳥越氏自身も女性スキャンダルを報じられた。因果応報なのか。

ちなみに、欧米では不倫の話題は大して騒がれない。フランスやイタリアのような国で、既婚者同士の不倫は日常茶飯事である。結婚や貞操に対する感覚が違うのだ。米国はそこまでオープンではないが、例えば、ジョン・F・ケネディ大統領とマリリン・モンローの愛人関係を咎(とが)める国民は無粋だろう。

以前は日本でも「英雄、色を好む」は普通だった。昭和の時代、政治家や実業家、作家、芸能人、スポーツ選手などに愛人がいることは公然の秘密だった。日本人の潔癖症の度合いは、いつの間に上がったのか。週刊誌やワイドショーの報道次第で、日本の政治が左右されかねない現状には危うさを感じる。

 私は不倫を肯定しないが、他人を厳しく批判しながら、自分もひそかに同じことをやる「ダブルスタンダードの偽善」こそが責められるべき問題だろう。マスコミと無責任野党が多用する、この偽善を見抜いて、彼らに右往左往させられないリテラシーを磨くことが、現代人には必要不可欠だと思う。
=================(以上、転載終わり)
ケント氏はアメリカ人ならではの視点という感じがしますが、これにも同感です。私は政治家が何人愛人を囲おうとどうでもいいのです、その程度のことは。確かに、道徳上問題があるのは間違いないことですし、おすすめするわけではありませんが、人間の感情という生き物は時には自分ではどうにもできない、コントロールすることができなくなることもあるのです。ましてや男と女ですから。まあ、反日ガソリーヌの場合は徹底的に攻撃しますけど(笑)要するに、日本国民から選ばれた政治家は日本第一、日本国民と日本国を守るのが仕事であり、それをちゃんとやってくれる、売国行為などあり得ない、理不尽なことは許さない、日本を愛し、そのために働く政治家なら愛人問題などたかが知れてます。しかし!おかしななりすましや間違っても特ア人を愛人にしてはなりません、絶対に!! 




by ariesgirl | 2017-09-24 17:00 | 政治(国内) | Comments(0)

2週間ぶりの更新です。実は先週の日曜日、そして先ほどかなり気合を入れた記事をアップしたのですが、なんとNGワードに引っかかったらしく、二週連続かいた記事が一度に消滅するという、超無慈悲な制裁をエキサイトから受けたのです(笑)どうやらここも得亜がらみのネタを書くと制裁対象になるのかもwww

いよいよブログも引っ越しかな~本当にめんどくさいったらありゃしないわ、ここは。

ということで、もう一度書き直す気力は今の私にはありませんので、手抜き更新とさせていただきます。久々にイージスさんの動画を!



いや~野党のみなさんには笑わしてもらいました!! この間は「解散汁!」「解散に追い込んでやる!」と大騒ぎしていたのに、いざ安倍総理が「よっしゃ、わかった!じゃ解散するわ!これでええやろ!」といったとたんに「大義名分は何だ!」「今解散する意味がない!」だって(大笑) ウマシカもここまでくるとどうしようもありませんね♪ もう、自分たちが何を言ったかさえ覚えていないとはwww

そんな野党を生暖かく見守るケント・ギルバート氏のご意見をどうぞ!以下に転載します。
================
ケント・ギルバート「ニッポンの新常識」 2017.9.23

夕刊フジは13日発行号で「9・25解散強まる」と報じ、報道各社も17日、安倍晋三首相が臨時国会冒頭(28日召集)で衆院を解散する方針を固めたと追いかけた。10月10日公示、22日投開票だという。

自民党は安倍総裁になって国政選挙4連勝中である。例の「モリカケ騒動」で低下した支持率が回復基調にあるなか、複数の野党や左派メディアは、今回の解散総選挙を「大義がない」と批判する。


本音をいえば、安倍首相には「憲法第9条を改正して自衛隊を憲法に明記することの信を問う」という、堂々たる大義名分の下で総選挙を戦ってほしい。だが、日本の世論がフェイクニュースで簡単に操られる現実も、この数カ月でよく分かった。9条改憲正面突破に対する慎重論も理解できる。

 先週のコラムで、「ダブルスタンダードの偽善」について批判したが、「解散に大義がない」という主張も同じ構図に見える。7月上旬、自民党が東京都議選で惨敗したとき、民進党代表だった蓮舫氏は「解散・総選挙はいつでも受けて立つ。(衆院解散に)追い込みたい」と述べている。もし、このとき安倍首相が解散していたら、「大義」の話題は出ただろうか。

今回の解散報道を受け、民進党の山井和則国対委員長代行は「自分の都合で勝てそうなときに解散しようというのは笑止千万で、解散の大義は後づけでしかない。国民が北朝鮮のミサイルの危機におびえているなか、解散することは、到底、考えられない。ひと言で言えば『無責任解散』だ」と述べた。

民進党は山尾志桜里・元政調会長のW不倫疑惑報道後の先週、前原誠司代表の北朝鮮でのハニートラップ疑惑を週刊文春に報じられた。山井氏は虚勢を張らず、「民進党幹部の無責任さが際立った今の時期の『無責任解散』は非常に痛い」と素直な心情を吐露した方が、同情票が集まる気がする。


共産党の小池晃書記局長は16日、こうツイートした。

《臨時国会冒頭解散 いったい何を問うのか。もともと「大義」とは縁もゆかりもない政権だとは思っていたがここまでとは。森友隠し、加計隠しの党利党略極まれり。(中略)改憲勢力3分の2割れはおろか、少数派に叩き落さねば

まだ、「モリカケ」の話題を続ける情報収集能力の欠落が痛い。8月の内閣改造直後の小池氏のツイートはこうだった。

先ほどの記者会見で(中略)支持率低下の最大の理由は『安倍首相が信頼できない』。内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が必要」と述べました》

 小池参院議員のツイートに「気楽でいいね」と苦笑いしている共産所属衆院議員は多いかもね。
==============(以上、転載終わり)


by ariesgirl | 2017-09-23 22:40 | 政治(国内) | Comments(2)

7月も明日で終わり、読者の皆さまいかがお過ごしでしょうか?ついこの間、7月に入ったと思っていたら、あっという間に月末です。こうやって夏はあっという間に過ぎ去っていくのですね~夏の恋のごとく(笑)

恥ずかしながら、今月二回目の更新・・最低記録を更新してしまいました・・・orz  体調不良もありましたが、資格取得のためのレポート作成に追われ締め切りは明日(消印有効)。要するに下品な言い方ですが「ケツに火が付いた」状態となりまして・・。概略は今月中旬には書き上げていたのですが、そこから字数制限まで近づけるために推敲の連続、これが苦労しました。もうこれ以上無理!というところまでやって、何とか昨日終了!今朝郵送した次第で、脱力しながらも久しぶりに記事を書いているわけです。

切羽詰まらないとやらないというのは小学生のころから全くと言っていいほど変わりません。夏休みの宿題や漢字の練習も同じ(苦笑)よい子の皆さん!こんな大人になってはいけません!! 計画性は必要です!

といいながらも、8月末が締め切りのものが次に控えておりますので、そっちに着手しなければいけませんが・・

さて、今月もあっという間に終わろうとしていますが、色々なことがありましたね。都議会選挙、マスゴミ全方位で安倍政権打倒運動、変態元文科事務次官の捏造、北部九州の豪雨被害、稲田防衛大臣の日報問題、マスゴミに踊らされた劣化著しい国民、北朝鮮の豚まんのミサイル実験、女スパイR4の辞任などなど、盛りだくさん過ぎてどうしたらいいのかわかりません。

1.R4の辞任
これ・・・唐突な感じですね。明らかに裏がある!と多くの方が思っていることでしょう。去年の10月に台湾籍から抜けて日本国籍になったわけで、そこまでは二重国籍、そんなヤツが国会議員ましてや大臣までやったわけです。完全に犯罪であり、かつこの女は全部承知の上でやっていたはず。おそらく、この女の子供(双子)は絶対に二重あるいは三重国籍だと思います。

R4自身も、これは私の個人的見解ですが・・二重どころか三重国籍(今は台湾が消えたので二重ですが)だったと思っています。要するに、日本国籍とシナ国籍です。R4はシナに留学していました。その時にシナ国籍を取得したということが噂としてありますが、私の勘では絶対に噂ではなく、事実だと思うのです。それが知られたら、もう議員辞職は当たり前、完全に犯罪者、スパイ認定、共謀罪決定、国家反逆罪、破防法、とにかく犯罪者ですから。シナ国籍取得の件は、R4自身が朝日新聞のインタビューかなんかで、国籍取得した!といったわけではなく、在日華僑として中国のために働くと発言していたと思います。こいつの国籍問題、これほどの重大事項がなぜ国会でもマスゴミでも虫されたかといえば、こいつのバックには相当ヤバイ連中がいるということですからね。それを踏まえれば国籍問題がうやむやにされてきたのが理解できるというものです。今回、突然党首を辞めたのはシナ国籍を取得したことがバレそうになったからだと言っていいと思います。


b0169850_21272578.jpg

b0169850_21283313.jpg
b0169850_21325942.jpg
ミンシン党の党首選。枝野に前原あたりが出馬するようですが、私としてはぜひ、ぜひ、ぜひ、この御仁に党首をやっていただきたい!! そうです、それは・・・国会のクイズ王!コニタンこと、小西議員!!です(大笑)彼しかいないでしょ??千葉県選出、千葉県民の希望と期待の星ですからね~(*‘∀‘) 


b0169850_21241138.png


b0169850_21245847.jpg


b0169850_21253527.png

コニタン!ぜひ、頑張ってミンシントウ最後の党首となっていただきたい!クイズ王じゃなくて、「国会のクズ王としてその名を黒歴史に刻んで頂きたいと心から願っているのは私だけではないと思ってますが、皆さまご賛同いただけますでしょうか(笑)それにしても、やっぱり、民進党議員のスタンダードである「朝鮮のみ」が板についてますね!お里がしれますわwwwこいつかあの日本死ねのババアでもいいかな。↓

b0169850_21295400.jpg



2.おなじみ高須院長!!
拙ブログではもうおなじみの高須院長!困った時の高須院長、イエス!ですからね。拙ブログは高須院長を応援します(笑)私も高須クリニックで顔面工事やっとけばよかった・・・今からでも間に合うかな?? もう少しいじると願いがかなうとか、何かがおこりそうな気がする(笑)高須院長の意見はまともだと思っているので、取り上げるわけですが、今回も・・・以下に転載いたします。newspost7より転載。
================

高須院長、公判後の民進党コメントに激怒「徹底的に戦う」2017.07.25 16:00

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、民進党の大西健介議員と蓮舫代表を名誉毀損で訴えた裁判や、蓮舫代表の二重国籍問題などについてお話をうかがいました。

 * * *
──民進党の大西健介議員と蓮舫代表との裁判の第1回口頭弁論が7月24日にありました。

高須:大西議員と蓮舫さんが来てくれるんじゃないかと期待していたんだけど、結局来なかったね。ちゃんと話したかったんだけどなあ。

──院長は意見陳述をなさったんですよね。

高須:そうだね。大西議員が陳腐だと言った「イエス!」というキャッチコピーは亡くなった妻が考えたものだとしっかり話した。「これは妻の遺産であって、大切な宝です」とね。僕は、いかがわしいものとされてきた美容整形を後ろめたいものではないということを伝えるために頑張ってきた。それを高須クリニックが詐欺まがいのビジネスをしているかのような印象を与える発言をした大西議員は、どうしても許せないと、まっとうな主張をしてきたよ。

──結局第1回口頭弁論では、高須院長の意見陳述だけで終わったんですよね。

高須:僕が意見陳述をして、次回の公判期日が決められて、それで終わり。被告人サイドからは何の主張も反論もなかった。なのに、民進党は産経新聞のニュースで、「被告らは、本日の答弁で、原告が主張する名誉毀損が成立せず、原告の主張が認められないことを詳細に明らかにした」「被告ら勝訴の判決が早期に下されるものと確信している」なんてコメントしているんだよ。まったく意味がわからない! 反論も何もしていないのに、「詳細を明らかにした」とか「勝訴を確信している」とか、一体どういうことなんだ? 完全に嘘をつかれている。

──これは予め用意していたコメントということなんでしょうか…。

高須:どうなんだろうね。ただ、いずれにしろ、このコメントは嘘。どうしてこんな嘘をつくんだろうか。蓮舫さんにツイッターで意見を求めたけど、無視されたしなあ…。しかも、嘘のコメントを出しておいて、勝利を確信するというのは、本当に意味がわからないよ。むしろ、戦う気すらないのだろうか? 被告がこんな怠惰だというなら、これはもう徹底的に戦うしかない。僕は絶対に勝つよ。

──さて、蓮舫代表といえば、二重国籍疑惑に対して、戸籍謄本の一部を公開しましたね。

高須:こっちも嘘ってことなのかな(笑い)。でも、どうしてこんなに時間がかかったんだろうかね。やましいことがないなら、すぐに戸籍謄本を公開して、「私はずっと日本人です!」って宣言すればよかったのに。でも、謄本に書かれた日本国籍の選択宣言日は去年の10月なんだよね。

──そうです。つまり、去年まで台湾籍離脱の手続きをしていなかったということになりますね。

高須:それってつまり、二重国籍のまま国会議員をやって、民主党政権時代は大臣もやっていたということだ。故意ではなかったとしても、あまりにも意識が低い。まあ、ご本人もそこをやましいと思っていたんだろうから、なかなか戸籍の公開に踏み切れなかったんだろうね。

──蓮舫代表は、戸籍謄本は極めてプライベートな内容だとして、本来は開示すべきではないと話しています。つまり、出自による差別を助長しかねない、と。

高須:何を言ってるんだか。世の中が追求しているのは、「二重国籍だから」ではなく、「国会議員の不正疑惑だから」なんだよ。蓮舫さんが、加計学園問題を追及するのとまったく同じ疑惑を追及するというごくごく当たり前の行為をしただけで、差別主義者のように言われてしまうというのは、驚き以外の何ものでもない。むしろ、「戸籍の開示はあってはならない!」と叫んでいる人たちのほうが、差別を作り出したいんじゃないのか?なんて邪推すらしてしまう。こうやって差別主義者が作り上げられるのだとしたら、本当に怖いなあ。

──ネットでは、院長との裁判で戸籍の開示を命じられる可能性があるので、そこで強制されて公開するよりは、先に自分から公開したほうがいいという判断だったのではないか、などとも囁かれています。

高須:ははは。それもよかったかもしれないね。蓮舫さんとしてはメンツ丸つぶれだろうけど。

──さらにネットでは台湾国籍放棄証明書が偽物なのではないかという疑惑まで出ていますよね。

高須:そうだねえ。気になるところだけど、うーん…。ひとまず僕は、自分の裁判を頑張ることだな。 ただねえ、マスコミはもうちょっとしっかり踏み込んで報じたほうがいいのではないかなとも思う。政権批判的な報道が多くて、正しいことが伝えられていないんだよなあ。加計学園問題にしたってそう。前川前事務次官の話ばっかりニュースで流して、加戸守行前愛媛県知事の話はスルーだからね。もはや、マスコミも安倍政権を叩きたいだけという感じで、物事の真相についてはどうでもいいのか、と思えてくる。“風が吹いている”のかどうか知らないけど、ヘンな空気に流されないで、正しいことを公平にしっかり伝えるべき。これじゃあ偏向報道だよ。

いまはSNSがあるんだから、民衆はしっかり自分たちの意見を発信して、本人たちが正しいと思うほうに流れていくんだよ。マスコミは、それをまったくわからずに、いつまでも自分たちが正義だと信じ込んで、恣意的な報道を続けているわけだ。逆に言えば、いま正しいことを公平に報じることができるメディアがあれば、民衆からの支持も得られるというもの。そういう空気こそを読むべきだと思う。

加計学園問題でいえば、もはや新しい情報は全然出てこないのに、なぜか安倍政権批判を続けている。これ以上続けると、本当にメディアの信用問題に発展するはず。市民もメディアが信用できるか、しっかり見極めないといけないね。

 * * *
 一部の偏向報道を痛烈に批判する高須院長。SNSを駆使する高須院長ならではの意見に、大手マスコミは耳を傾けるべきでしょう。
===========(以上、転載終わり)

いつもながらまっとうな高須院長の意見ですが、敢えていうなら「いま正しいことを公平に報じることができるメディアがあれば」という箇所ですね。

これは既存のマスメディアでは200%無理です。正しいことを正しく報道する、政治的に中立を守って報道する、政策に対する批判は当然だけれども政治家を個人攻撃、政権打倒のために世論誘導する、捏造、誤報は日常茶飯事、それがバレても謝罪なし、記者のレベルも最低、おまけにおかしな害人が記者やっているのだから、記事がまともになるはずもない、ないないづくし、反日づくし、なのが我が国の既存マスメディアの真実の姿ですから。

ちなみに、加計問題に森友問題。これらの本当の黒幕・・・一体誰なんでしょうね?私の勘ではある議員ではないかと思っています。ミンシンの玉木やR4、枝野あたりと徒党を組んで総理を攻撃し、敢えて名前は書きませんが・・・

高須院長も発言している通り、加計問題で加戸前愛媛県知事の証言はガン無視の総スルーですからね。おまけに、稲田前防衛大臣の「日報問題」これ・・ご存じの方も多いと思いますが、ネット上では(じゃあの氏など)「狂頭通信の捏造だった!!」と大々的な祭り状態となっているようですが、相も変わらず既存マスゴミ(特にテレビ)ではガン無視状態で、相変わらず稲田氏をたたいていたようですが、加計問題もなぜか、なぜか、叩く回数が激減したような感じ(笑)どうしたんでしょうね~狂頭の捏造だってバレると困るから??R4と全く同じですね~やっぱり、お里がしれますわ(大笑)

今回の閉会中審査でお見事だった加戸前愛媛県知事。実に気骨ある人物とお見受けいたしましたし、出会い系バーに通いまくって、お姉ちゃんたちの貧困調査のためにおこずかいをやったり、食事をさせたりして、そのあとよろしくおやりになった前川前次官とは同じ官僚とは思えませんね。ちなみに、前川前次官が貧困調査のために通っていた出会い系バー。これも噂ですが、かなりやばそうな経営母体みたいらしいですね~

なんといっても、前川前事務次官に対して・・「お前、頭おかしいやろ??え??」と言い放ったわけですからね!!

b0169850_21393492.jpg

参院予算委員会で25日、加戸守行前愛媛県知事が、自身の発言を報道しないメディアや「行政がゆがめられた」と主張する前川喜平前文部科学次官に矛先を向けた。文部官僚として官房長まで務めた加戸氏は、前川氏の先輩に当たる。(略)加戸氏は25日には、前川氏を「そこまで想像をたくましくしてモノを言う人なのか。安倍首相をたたくために、そこまで全国に流れるテレビの取材に応じ、私の取材ができなければ、ナマで流れていたかもしれない。自分の後輩ながら精神構造を疑った」と振り返ったまた、「私は前川氏を買っているが、なぜ虚構をテレビで話すのか。その後も、想像が全て事実であるかのごとく発言をしている。それが国民をそういう方向に持っていくことになると危惧している。そのリスクを冒してまで作り話をしなければならない彼の心情が理解できない」と前川氏を痛烈に批判した。これに対し答弁に立った前川氏は座っている加戸氏に振り向きながら「誤解だ。『総理に頼まれてその発言をした』と言った覚えはない」と述べた。加戸氏は目をつぶりながら首を横に振った。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20170725-00000523-san-pol

ということで、全く無視された加戸前愛媛県知事の動画を貼り付けますので、どうぞご自由に拡散していただければと思います。







b0169850_21410091.jpg


by ariesgirl | 2017-07-30 21:45 | 政治(国内) | Comments(5)

5月最後の日曜日、全国的に好天に恵まれたようですが、読者の皆さまはいかがお過ごしでしたか?早いものであれだけ大騒ぎしたGWもあっという間に過ぎ去り、あと数日で今年の折り返しに突入しようとしています。

道路の際に植えられている紫陽花が咲いています。白に紫、ピンク・・もう紫陽花が咲く季節なのですね~桜、ツツジ、紫陽花と季節は巡り、花は何も言わなくてもその季節になれば花を咲かせ、あとは土に還る・・・だからこそ、人は花を愛でるのでしょう。

私は紫陽花が大好き、特に額紫陽花が一番好きなのです。まもなく鬱陶しい梅雨が始まりますが、紫陽花が一番美しく見えます。ぜひ、皆様も紫陽花を愛でてみてはいかがでしょうか?

先日から私自身の気持ちとして、「最近、生きること、生きていくこと自体にとても疲れている」「早く自分の人生からフェイドアウトしたい」親には申し訳ない気もしますが「自分の人生そのものが失敗だった」といった心情は変わらないし、それをつづったわけですが、読者の皆さまからもコメントを頂いて、意外と同じ気持ちの方が多いことに今更ながら驚きました。私も自ら死を選ぶことはありませんが、平均寿命まで生きたいとは全く思いません。来世も不要、人間としての来世など御免です。もういいやと思っています。来世があるとすれば、砂浜の砂、海底の岩、木や紫陽花といったものならOKです。どうしても動物ならば蝉かな。

最近、不眠症が酷くなってしまって医者に行くぎりぎりのラインに来たような感じです。もしかしたら自律神経が逝ってしまったのかもしれませんが(笑)

そんな私ですが、今日は久しぶりに靖国神社の清掃奉仕に朝から参加してきました。昇殿参拝し英霊の前に頭を垂れ、柏手をうち・・あのご本殿に昇殿すると本当に清々しく感じますし、日本人として英霊と魂が邂逅するといった感じを受けます。

もちろん、靖国神社では個人的なことは一切お願いしません。わが祖国日本の安泰を願い、英霊への感謝の気持ちを捧げるのみ。但し、今回は皇室の一日も早い清浄化にお力添えをお願いしました。英霊も今の皇室をどんな思いでみているでしょうか?

5月なので作業量はそんなにないかと思っていたら、意外と枯葉が多くて結構な仕事量でした。今日は天気も良く、本殿を抜ける風も本当に爽やかでさらっとしていて良かったです。次回は8月、これがまた大変www 藪蚊の襲撃に暑さ・・次回で90回目の清掃奉仕とのこと、私もぜひ参加したいと思っています。

さて、今日のタイトル。そうです、高須院長ネタ(笑)さすがに皇室ネタは書く側も本当に疲れます。BBさんを始めとする皇室ブロガーの皆様はどれほど精魂込めて記事をアップしているのでしょうか?

私など足元にも及びませんが、今日はちょっと一休み。おなじみ高須院長の登場です!!以下、ニュースポスト7より転載します。
================

大西議員提訴の高須院長「民進党の問題点が露呈した」2017.05.27 07:00

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、民進党の大西健介・衆院議員と蓮舫代表を提訴した件についてうかがいました。

 * * *
──すでに報じられていますが、今回は民進党の大西健介議員の発言に対して提訴なさった件について、お話をうかがいたいと思います。例の発言を知ったのは、どういう経緯だったんですか?

高須:ツイッターで、フォロワーさんが教えてくれたんだよ。それで、動画を調べてみたら、悪徳美容外科医が派手な広告や強引な勧誘で客を集めていると大西議員が話していて、その例として「例えば“イエス○○”とクリニック名を連呼するだけのCMとか」ってウチを取り上げていたわけだ。さらに、そのCMを「陳腐だと思います」と発言している。これは明らかに高須クリニックの悪口。「イエス〇〇」というCMで、高須クリニック以外にありえない。

 売られたケンカはもちろん買う。しかも、僕は何一つ悪いことをしてないからね。大西議員は誇大広告で釣って高額な美容整形に誘導する悪徳美容外科医を批判してるんだけど、ウチはまったくそんなことはしていない。施術料金だって40年間据え置きなんだから。何一つこちらには落ち度がないのに、こんなにひどいことを言われて泣き寝入りする理由なんてない。

 CMだって、いろんなアイディアを出して、みんなで頑張って作っているしね。ピコ太郎に出てもらったCMのどこがどう陳腐なのか説明してほしい。

──大西議員は悪徳美容外科医を問題視して発言しているわけで、本来であれば善良な高須クリニックの味方になるはずなのに…。

高須:そう、ちゃんと実態を調べていたのであれば、高須クリニックが悪徳ではないということは、わかってくれているはずなんだけどなぁ…。そもそも大西議員の選挙区は僕の地元・愛知県だし、高須クリニックがどういうところかを知らなかったとは考えにくい。「イエス〇〇」は高須クリニックのことではないという主張も、無理がありすぎるし…。

 いずれにしろ、あまりにも不用意な発言と言うか、とにかく残念だよ。もしかしたら「美容外科=悪徳」という偏見だけで語っていたのかもしれないなぁ。「美容外科」という存在そのものを否定されたような気もして、ちょっと悲しくなったね。

──そして大西議員だけでなく、民進党の蓮舫代表も提訴しました。

高須:部下がやらかしたことに対して、トップが責任を取るのは当然のことだし、誰かを中傷したら反撃されるということをしっかりと知ってほしいと思う。

 国会での民進党の質問なんかを見ていると、とにかく何でもかんでも与党を批判すればいいと思っているように見えるんだよ。本質なんてどうでもよくて、批判して、足を引っ張ることが目的になっちゃっているみたいな。

 そういう感覚で、与党批判を繰り返しているから、細かい事実関係を調べないで、自分たちが持っている偏見だけで発言しちゃう。それで、まったく悪くない僕を中傷してしまうという事態になったんじゃないのかな。ある意味、民進党が抱えている大きな問題が露呈したような気もするね。

 大西議員がどういうつもりで発言したかは裁判で明らかになっていくところだと思うけど、誰かを攻撃したら、絶対に反撃されるっていうことをしっかり示さないといけないという気持ちも強い。やったらやり返されるっていうのが当たり前なのに、民進党はそこを忘れているんじゃないのかな。もしくは、気づかないふりをしているのかな?

 いま政府は憲法9条を改正して、自衛隊の存在を明記し、国際社会でしっかりと自立した国家になろうとしているところなのに、民進党はそれを拒んでいる。つまり、民進党は、日本は“反撃しない国”であるべきだと主張しているんだよ。反撃できない国なんて、未来永劫やられっぱなしになってしまう。それじゃあ日本はおしまい。それでいいわけがない。

 ここでもし僕が黙っていたら、「攻撃しても反撃されないことがある」ということを示すことになってしまう。そんな民進党の思うつぼにさせるわけにはいかないよ。絶対に譲れないね。

──国会議員の国会内での発言は院外で責任を問われないという憲法51条によって、大西議員は守られるのではないかという声もあります。

高須:ただ、虚偽であることをわかったうえでの発言であれば、責任は問えるという最高裁判決もある。だから、僕は問題なく裁判で勝てると思っているよ。

 それと、僕が提訴したことで憲法51条に対する問題意識が芽生えてくれたら、それはそれで有意義なことだと思うね。国会議員は国会の中では何を言っても大丈夫だなんて、普通に考えればそんなもの庶民は納得できないよ。この憲法51条についても、改正の議論があるべきだと思うね。

 いずれにしろ、僕は最後まで戦って、しっかり勝つつもりでいる。相手が国会議員であろうがなんだろうが、40年かけて築き上げてきた高須クリニックに砂をぶっかける行為は許さない!

 * * *
 徹底的に戦う姿勢を見せる高須院長。大西議員と蓮舫代表がどういうアクションを起こすのか注目が集まる。
=============-==(以上、転載終わり)

怒りの高須院長。この話は既に皆様もご存知かと思いますが、私は高須院長を応援したいと思いますし、今回の提訴についてのこの記事には全く同感です!!

自らケンカをしかけることはしないけど、こちらには何も悪いことがないのに理不尽やことでインネンをつけるようなゲスに対しては、断固として戦う姿勢を見せる、売られたケンカは買う、やられたら何倍にもしてやりかえす、といったことを実行しないと一生なめられます。それは国家対国家であっても全く同じことであります。

「民進党は、日本は“反撃しない国”であるべきだと主張しているんだよ。反撃できない国なんて、未来永劫やられっぱなしになってしまう。それじゃあ日本はおしまい。それでいいわけがない。」
この発言、全くの同感、激しく同感するものです。ミンシンも強酸もマスゴミも同じ穴のムジナ、日本は反撃しない国、何を言っても何をやっても反撃しない国、できない国、要するにただのヘタレ、金だけはもっているヘタレの国・・・日本を一生未来永劫そんな国にしておくこと、それが彼等の本音。だから、利敵行為や売国行為を繰り返し、反日勢力と手を組む・・高須院長には本当に心からのエールを送りたいと思います。

ということで、気合を入れるためにこの動画を!いや~久しぶりに見ましたわ。懐かしいな~メンバーがみんな若い、若い(笑)今はかなりのオッサンですがww そういう私も若かったけどww ちなみに、私がこのグループで一番好きだったのは・・・松村冬風さん💛 あのクールで知的な感じが何とも(*‘∀‘) 知性と教養を感じさせる佇まいが何とも言えずステキ・・人は自分にないものを求めますからね(笑)

高須院長に、ソイヤッ!! 


この歌詞。昔は子供だったので全く考えもしませんでしたが、十分すぎるほど大人になった今では「咲き誇る花は散るからこそに美しい」というのは真理のような気がします。また、4番の「波が続くように 時の刻みも又続く 風も吹きやまぬ 時の刻みも 打ちやまぬ やれこれと返す事述べの中で 何が生きていく 証なんだろうか」これも深いですね。


ちなみにこの歌も好きなのですわ。彼らは間違っても歌は上手くないですが、なんというか「漢」を感じさせますね。今や「漢」と呼べる人は絶滅寸前・・

最後は美しく・・


そして、亡命希望者のコニタンww










by ariesgirl | 2017-05-28 20:10 | 政治(国内) | Comments(4)

GW大型連休も明日で終わりですが、明後日から仕事・・・嫌だな~(>_<) 全然やる気無し!まあ、個人的にはやることやった連休でした。読者の皆さまも明日はゆっくり休んで、仕事に備えていただきたいと思います。

昨日「立夏」だけあって、今日の東京は暑かったですね~ 太陽の日差しもすっかり夏の気配、紫外線バンバン、私もそうですがとにかくUVカット!!私は年中日焼け止めは塗りまくっています(笑)日傘も忘れずに!

この数年来の悩み、それは不眠。この2,3年でしょうか、寝つきはいいのですが、3時間ほどすると必ず目が覚めて、それ以降は薄ぼんやり、うつらうつらの状態で朝を迎えます。「ああ、今日はよく寝たな~!!」という熟睡感を味わったのはいつが最後だったか記憶にもないほどです。睡眠薬を飲むという方法もありますが、癖になるのもマズイしww まあ、年齢のせいもあるのでしょうが、夜中に目が覚めないでしっかり朝まで眠りたい、不眠はろくなことがありません。とにかく、朝からだるくて仕方がないし、疲れはとれないまま一日を過ごし、また不眠の繰り返し・・どなたか不眠を改善する方法をご存じなら、ぜひ拙ブログまでご一報くださいませ!

まあ、あと2,3十年したら永眠するから今は不眠でもいいか、気にしてもしょうがないかと(笑)20代の前半なんて、15,6時間ぶっ通しで寝ることができたのに・・・orz

さ、不眠症の私のことはほっといて・・・いよいよおフランスの大統領選挙と乞食国の酋長選挙が目の前に迫ってきました。おフランス・・巻く論じゃなくてマクロン氏とルペン氏。どちらが勝かわかりませんが、マスゴミではアメリカ大統領選と同じようにマクロンアゲが凄いですね。マクロン氏が勝つ可能性が高いようですが、あの人が大統領になっても所詮若さしか売りがないし、オランド政権下で大臣をやっていたにも関わらず何の成果もあげていないことを考えれば、まあ失敗するのではないかと私は見ています。結局はオランドの二の舞、オランドなんて鳩山由紀夫と福島瑞穂を足して二で割ったような政治家ですからね(大笑)

それに嫁が25歳年上・・・(;゚Д゚)まあ、愛があれば年齢差などどうでもいいことですが、高校時代のセンセイだったそうですから、もしかしたら・・・女教師と男子生徒の禁断の愛!だったのかも(笑)フランスなら珍しくもない、全然普通にありそうな話www マクロン氏・・毛糸専用の洗剤みたいな名前の御仁ですが、熟女がお好きなのですね~ でも、あのいかにも「オレはエリート、おまえたちとは違うんだよ!」という人を見下した感じは嫌ですし、いけ好かない男ですわ。大統領になったらファーストレディは熟熟女www あの嫁さん、色々と口出ししてきそう(笑)

そのおフランス大統領選。どちらが勝つかわかりませんが、マスゴミはアメリカと同じようにマクロンアゲですね、全方位。まあ、私がフランス人だったらあの二人のうちのどちらかと言われたら、ルペン氏に投票します。彼女は差別主義者のごとくレッテルを貼られていますが、果たしてそうでしょうか?

トランプ大統領がアメリカ第一主義、彼女はフランス第一主義、自国と自国民のことを第一に考えて行動する!・・・これって国家の長、長を目指す政治家なら当たり前のことを言っているだけです。なぜ、自国と自国民を第一に考えること、自国と自国民の豊かさと幸せを言葉にすることが、まるで絶対悪のように言われるのか、甚だ疑問です。池上彰とか大谷ナントカ、田原ナントカに回答してもらいたいわ(笑)

昨日の憲法改正もそうですが、憲法も自国と自国民の幸福のために存在するものであり、その憲法に基づいて国民から選ばれた政治家が自国と自国民の幸福のために働くことは当たり前です。なんで、自国と自国民を不幸にして他国のために税金使わなければならないのでしょうか?それは国民に対する反逆であり、売国、利敵行為にほかなりません。

残念ながら、我が国の政治家の大半、マスゴミ全方位、経済界全方位で特ア第一主義となっていますので、我が国は戦後70年たってもいまだにカタワのままで真の独立国家となれないのです。我が国の政治家のなかで、堂々と「日本第一主義」を言える人がいないことが、我が国の現実を如実に物語っています。

だいたい、シナや朝鮮なんて自国第一主義の権化でしょうが!! 誰もそれを言わずに、アメリカを批判する・・・全く筋が通らない話です。まあ、政界も財界もマスゴミも特アの犬でしかないから、飼い主を批判、つまり飼い主にむかって吠えるような真似をしたらすぐに撲殺されて、ミンチにされて軍用犬のエサにされるか火炎放射器で焼かれて骨も残らないようにされるかのいずれかでしょうからww

自国を守ることも、自国民を幸せにすることもできないクズが他国のことを考えるなどおこがましい、ただの偽善、ただの驕りです。日本の政治家ならば、「日本第一主義」を唱えるのが当然であり、私はそのような政治家を支持します。

とはいえ、私はフランスが少しだけ羨ましい。それはフランスの大統領候補者は左であっても右であっても、フランスという自国を間違っても貶めるような言動をしない、つまり反仏ではない、候補者全員が、集まった人々がフランス国旗を振り、それぞれの集会の最初あるいは最後には必ずフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を大合唱するからです。

それに比べて、我が国はどうですか? 日本国の政治家でありながら、国歌と国旗を堂々と否定して、自国を貶めて、我が国の国旗を焼いて喜んでいる、売春婦の銅像や勝手に密入国して働いていたくせに強制徴用されたと金をタカルしか能がないゲス基地外国の利益のために働く・・それがなぜか誰からも責められない、許されてしまう、本当に狂っているとしか言いようがありません。

日本も外国も同じなのかもしれませんが、政治家という職業がここまで軽くなり、劣化してしまった、明らかに小物になったように思われてなりません。いい悪いは別として田中角栄、佐藤栄作、岸信介・・・といった超大物政治家がでてきませんね。

このところ田中角栄ブームとなりましたが、確かに彼の遺した言葉というのを改めて読むと、凄いですね。角栄氏が総理だったころ、勿論生まれていましたが、当然ながら何もわからない子供であったわけですが、いまそれなりの経験をへたうえでその言葉を読むと耳が痛いものも多数ありました。

角栄氏の政治手腕には賛否両論あるとは思いますし、シナと国交を結んだこともあって、好き嫌いもあると思いますが、大物政治家という意味においては抜きんでていると。彼が残した言葉に・・

「時間の守れんヤツは何をやってもダメだ」「政治家は発言に、言ってよいこと、悪いこと、言ってよい時、悪い時、言ってよい人、悪い人に普段から気を配らなければならない」「国の方向を示すのが政治家の役目だ。それが出来なければ役人以下だ」

特に、政治家の発言。これを全く理解できてないのが多すぎます。国の方向を示すこともできないくせに、嫁が闘病中に女作って重根騒ぎ、遊びまわることだけは一人前の人がいましたね(笑)

これら以外にもたくさんあるのですが、特に印象に残ったものを記載しました。我が国にも日本第一主義を掲げ、国を愛し誇りに思う、国民と国のために身を粉にして働く政治家の出現、一日も早い出現が待たれてなりません。

でも、どういうわけか角栄氏が育てたであろう政治家の大半が売国奴になったのはなぜ?? 角栄氏の言葉は以下のリンクからどうぞ!



そして・・・連休にふさわしいイージスさん他のの動画。あれ~?旭日旗を忌み嫌うはずの朝鮮人がなぜ!!旭日旗乱舞です(笑)




そして、大統領選挙真っ最中のおふらんすでも・・・





















by ariesgirl | 2017-05-06 21:30 | 政治(国内) | Comments(5)