カテゴリ:日本( 302 )

三連休最後の日曜日、快晴の日曜日でしたが、読者の皆さまはいかがお過ごしでしたか? 私は久しぶりにマッサージに行き、悶絶、ひっくり返ってました(笑)

さて、今日はトランプアメリカ合衆国大統領とメラニア夫人が来日しました。数日前から都内は厳戒態勢となっていたのですが、今日の犬HKの生中継を見ながら思ったことは・・・

まさに「よっ!大統領!!」ってこと(笑)なんだかんだいっても、アメリカは超大国であり「腐っても鯛」、そして大統領専用機・エアフォースワンから降りてくる堂々たる姿を見るとやっぱり合衆国大統領だな~と思った次第です。それにいつも不機嫌そうな感じのメラニア夫人がとてもにこやかで愛想がよかったですね(笑)

メラニア夫人と言い長女のイバンカさんといい、大統領の周りは美人ばかり。二人とも元モデルでもあるし、あのスタイル( ゚Д゚) もう羨ましいとしかいいようがありませんわww 

トランプ大統領は大のゴルフ好きで有名ですが、今日も日本に到着してから9ホール回るって、元気な御仁ですねww 大統領は「一緒にプレーすればその相手の人となりがわかる」という趣旨のことを発言しているそうですが、それを踏まえると安倍総理の人柄もよーく理解しているということになります。だからこそ、今のようなとても良好な関係を築いているのでしょう。国と国の付き合いであっても、国家のトップ同士の信頼関係が重要なことは当たり前ですからね~。それでいけば、シナや朝鮮とは絶対に無理、無理、無理であります(笑)

私はトランプ合衆国大統領とメラニア夫人の来日を日本国民の一人として、心から歓迎する次第です!!この来日が日米両国の関係を一層強固かつ深化させるものとなることを願ってやみませんし、日米同盟は必要不可欠なものであるとも思っています。日米両国に神々のご加護と祝福がありますように!!

ということで、トランプ大統領と安倍総理に共通すること。それは・・・マスゴミが敵であるということです。大統領はアメリカのマスゴミを「フェイクニュース」と切り捨て、ケンカ上等!という気概を感じさせます。今やアメリカのマスゴミも我が国のマスゴミと目糞鼻糞状態となっているように感じます。
b0169850_22173020.jpg

それはある情報筋から聞いた話では、日本で報道されるトランプ大統領はまるでド悪人でアメリカ国民の大半が嫌っていると言わんばかりのものだが、実際にアメリカに滞在して色々と見てみると、そうではないし、アメリカ国民の大統領への支持は高いということ。今日の横田基地での歓迎ぶりをみてわかりました。

アメリカのマスゴミがまだマシなのかと思っていましたが、もはや我が国のマスゴミと同じレベルに堕ちてしまったということのようです。日本にまともなジャーナリズムは存在していません、すでに絶滅してしまっていますから。日本の報道は・・・捏造、歪曲、妄想、偏向、反日、利敵、売国しかありません!! 報道機関ではなく、反日工作機関であり、反日テロ組織、言論テロ組織であるといっても過言ではありませんし、そのような機関と化してしまったことをしっかりと認識すべきなのです!!

そのマスゴミについて、おなじみのケント・ギルバート氏が夕刊フジで喝破していますので転載いたします。
===============-
ニッポンの新常識 「ロシア疑惑」日米の報道格差、日本国民にトランプ氏の良いイメージを抱かせない意図があるのか勘繰る 2017.11.4

ドナルド・トランプ米大統領が5日に来日する。2年余り前、共和党予備選への出馬を表明したころの不動産王、トランプ氏は、下品な言葉で対立候補を揶揄(やゆ)することが得意な、泡沫(ほうまつ)候補に過ぎなかった。日米のメディアは彼を「暴言王」と呼んだ。


強烈な第一印象や先入観は、それを覆す情報がない限り更新されない。ところが、日本メディアの大半は、米国内に入り乱れる賛否両論のトランプ評のうち「アンチトランプ」しか報じない。トランプ氏に対する良いイメージを日本国民に抱かせない意図でもあるのかと勘繰りたくなる。

例えば、日本で「ロシア疑惑」といえば、大統領選の際、トランプ陣営がロシアと通じて、対立候補だったヒラリー・クリントン元国務長官に不利な情報を拡散させた疑惑を意味する。トランプ陣営の選対にいたポール・マナフォート元本部長が起訴されたことで、この疑惑の捜査が佳境に入ったかのような印象を抱いている日本人は多いと思う。


しかし、マナフォート氏の罪状は、ウクライナに関するロビー活動の違法性やマネーロンダリングである。大統領選の際にロシアと共謀して違法行為を働いた罪ではない。


つまり、これは「森友学園」の籠池夫妻が補助金不正受給容疑で逮捕されたことを受けて、「彼らと繋がりのある安倍晋三首相も不正追及で窮地に立っている」と印象操作した手口とまったく同じなのだ。


他方、トランプ氏の対立候補だったヒラリー氏について、日本メディアは真逆の扱いをする。米国のウラン鉱脈の5分の1を保有するウラン生産・販売大手「ウラニウム・ワン」の、ロシアへの売却という国防に関わる案件を承認したオバマ政権の国務長官はヒラリー氏だった。


複数の米メディアによると、この企業の経営者などから、クリントン夫妻が運営する慈善団体「クリントン財団」に235万ドル(約2億6700万円)の寄付があった。ビル・クリントン元大統領はモスクワに招かれ、講演の謝礼として50万ドル(約5700万円)を受け取ったという。米下院諜報特別委員会が問題の追及を始めた。


さらに、トランプ陣営の「ロシア疑惑」資料を入手するために、ワシントンの有力なロビー会社で、民主党に近い「ポデスタ・グループ」が関与していた事実も、米国では報じられている。


米国の「ロシア疑惑」はトランプ陣営だけでなく、民主党やクリントン財団に対する疑惑と表裏一体なのだ。ワシントン支局などの駐在員が知らないはずはないのに、日本では報じられない。


日本の「閉ざされた言語空間」を維持したい当事者は、いったい誰だろう。
================(以上、転載終わり)





by ariesgirl | 2017-11-05 22:15 | 日本 | Comments(0)

連休も終わり、10月もはやくも三分の一が過ぎました・・・orz  10月とは思えないほど暑くてウンザリ、とても秋冬物を着る気にはなりません。今週末、13日の金曜日は職場の健康診断・・またブクブクになっているのかと暗澹たる気持ちになります(涙)

選挙という戦争が始まりましたが、その前に気になったニュース。先日日立市で母親と子供5人の計6人が父親によって殺されるという事件が起こりました。子供たちは本当に気の毒だし、可哀想でなりません。一体、何のために生まれてきたのかと思ってしまいますが、あの子供たち・・・全員いわゆるキラキラネームでした。とんでもない名前ばかりでしたが、やはりよく言われるように「キラキラネームを付けられたら早死にする」「ろくな死に方をしない」というのが本当だと思わざるをえません。

何であんなおかしな名前をつけるの? どうしてもっと普通の、誰にでも読める名前をつけないのか疑問でなりません。キラキラネームを付ける親は学力が低いという話がありますが、殺した父親の面構えを見る限りは当たっているような感じがします。私の職場にもキラキラネーム男子がいますが、案の定というか両親(現在は離婚)ともヤンキー上がりでとんでもなく若い母親です。その男子は若いのにしっかりしていて一家を養っているという・・・変な名前って子供を不幸にするだけではないでしょうか? 

役所も変な名前受理するなよ!! 国はキラキラネームを付けることを禁止する法律作れ!! 最近はキラキラネームに反してシワシワネームという日本古来の名前も増えてきたそうですが、男子なら○○介、○輔(祐)○彦、○太郎、○也などかっこいいですけどね~♪ 私は○○子、妹も○○子、弟は○太郎と命名されておりますが、普通で良かったです。

キラキラネームをつける親って、おそらく「個性的な人間に育ってほしい」と思ってつけるのでしょうが、名前だけで個性的に育つのなら誰も子育てに苦労せんやろ!その親たちは何と読むかわからない名前をつけることはできても、個性的な人間、他者の個性を認める人間に育てる方法は知らないと思うので、結局つけられた子供は嫌な思いばかりして不幸を引き寄せるのではないかと個人的には思うのです。

さて、いよいよ選挙という戦争が始まりました。駄菓子菓子!我が国はとっくの昔に戦争状態なのは今更説明するまでもありません。情報戦という戦争、シナ朝鮮の工作員による日本破壊工作との戦争、愛国者と売国奴の戦争、反日マスゴミと心ある日本人の戦争などなど・・・

我が国は戦争状態なのです!!戦争時の総指揮官、総司令官を誰にするか、それは国家の存亡に関わることであることは言うまでもありません。周りを見渡せば基地外だらけ・・・その基地外のパシリであるのがマスゴミです。とにかく、日本がロケットマンにやられようが、シナに蹂躙されようが、国が無くなろうが、シナの自治区にされようが、安倍晋三という政治家をつぶしさえすればいい、総理の座から引きずり下ろせばいい、それだけ。

ここまでの外道がどこにいるでしょうか? 腐れ外道・・・日本人の皮をかぶった特ア人、忠誠を誓うのは特アのみ。女とカネをあてがわれて○タマを握られているのでしょう。マスゴミこそがリセットされるべき存在であり、ロケットマンからやられたらいい存在にほかなりません。

新聞、週刊誌、とにかく自民党が議席を減らすように、それによって安倍総理が退陣するように紙面を編集する、テレビも同じように党首討論でどうしようもなく頭の悪い司会者をあてがう・・・

もし、安倍総理が退陣するようなことになったら我が国はどれほどの国益を失うことになるか、もろ手を挙げて大喜びするのはロケットマンにキンペー、南朝鮮の男芸者、反日極左、シナ人、朝鮮人・・・考えただけで悪寒がします。

塩爺もこの連中を基地外といってます ↓
b0169850_21433256.jpg


b0169850_21382048.jpg

b0169850_21393560.jpg

b0169850_21445836.jpg



とはいえ、我が国にはまだまだ相当数の情報弱者、お花畑が存在し、反日マスゴミにすぐに騙されます、まるで、何度も振り込め詐欺に騙されるように。自分の頭で考えない人間がいかに我が国に多いか、我が国の民度は世界でも相当高いわけですが、いかんせん政治に関しては民度が低すぎです!! 

拙ブログの読者の皆さまは賢明で自分の頭で考える方が殆ど、愛国者が殆どかと思っていますが、周りにそういう方がいる!という場合はぜひ安倍総理のことが嫌いでも今彼が退陣したら大喜びするのは何処のだれか?と聞いてみてください。聞かれた方が何というか見ものです。そして、地元の駅前あたりで候補者が演説していたら終わり次第ひっ捕まえて(笑)質問攻めにしてみてください。どういう反応を示すか、私は時々やるのです(笑)

さて、時々拙ブログでも紹介させていただいている「星と旅する」というブログがあります。かなり久しぶりに、9月29日に更新されていたので、今回の選挙とも関連している内容でしたので転載させていただきます。転載部分は読者さんからのコメント返しの部分です。
===============
さて、占い師が気をつけなければならないのは、安倍首相のように「政敵」の多い人の運勢を公の場で語る時、「政敵」を利するような情報を与えて、政敵に利用されるような事があってはならないという事です。

国のリーダーである総理の場合、それは国の安全や、国民の生活にも関わってきますので、慎重であらねばなりません。なので、どうしても曖昧な言い回しになってしまいます。占い師の功名心としては、はっきり「予測・予言」して、その通りになれば、「どうだ、当たっただろう?!」と自慢したいところなのですが、やはり責任感と分別の方が、勝ってしまうのです。この事を是非心に留めて置いてくださいませ。

貴方の意見が偏っているとか、不快だとは全く思いません。貴方の意見は、ごもっともです。私もほとんど同感です。安倍さんは、情に厚くて、行動力もある、とてもいい方だと思うのですが、乙女座太陽というのは、真面目で、几帳面で、細かい事が気になるので、色んな所に気を使って、なかなかストレートな物言いが出来ず、つい回りくどくて、よくわからない言い回しになってしまうのです。もうちょっと、大胆さとハッタリが欲しいですね。衆院選挙も、木星の援護が期待出来る去年の夏までにやっておいて欲しかったですね。

さて、今度の選挙ですが、どうなんでしょうねぇ。決して楽には見えません。ただ、選挙の結果を占うには、今年の春分図も合わせて見る必要があります。この春分図が表わす、激しい1年を想定して、誰が首相としてふさわしいか?重大な決断を下す必要があり、国民にも忍耐と苦痛を強いることにもなるとしたら、誰にその困難な責務を任せられるでしょうか?

単に地位や権力が欲しいだけの人では信用出来ないし、耳ざわりの良い理想論だけを語り、現実の厳しさを見ようともしない人も問題外です。こういう時には、ヴィジョンと、信念と、愛国心と、同胞愛と、粘り強さと、責任感と、行動力と、決断力を持ったリーダーが必要です。そういう政治家、何人いますかね?

政権交代は無いですよ。2009年に政権交代して、民主党が政権を取った時は、
土星ー天王星180度のアスペクトが出来ていて、これは、いわゆる「革命アスペクト」です。土星が守ってきた古い体制を、天王星が新しいものに変えようとする、そのせめぎ合いですね。今回は、そういうのは無いです。土星と天王星はいたって調和的な位置にあります。「革命」の必要はないです。

結局何が言いたいのかよくわからない返答になってしまいましたが、ただ、安倍さんは、「大きく変化」するでしょう。どういう形での変化なのか――考え方の変化なのか、政治手法の変化なのか、あるいはそれ以外の変化なのか、それはわかりませんが。変わりたくて変わるのではなく、変わらざるを得なくなるのです。
==============(以上、転載一部終わり)

いかがですか?結城モイラ女史もおっしゃるように、天と地の動きは連動する、つまり星の動きと地上の出来事は連動するということです、それがいいことでも悪いことでも。

確かに安倍総理は人間としての品格もあるし、育ちがいいこともあって上品、政治家としてもぶれない信念を持っていることは皆様も思っていることでしょう。

しかし!その育ちの良さが政治の世界においては邪魔をしている、というのが現状ではないでしょうか? 要するに「お行儀がよすぎる」ということです。

政治家には時には非情さ、冷酷さも必要です。政敵は容赦なく叩き潰さなければ必ず何らかの形で足元をすくわれることになるのですから。絶対に立ち上がることができないように、完膚なきまでに叩き潰さなければ基地外だらけの隣国から我が国と国民を守ることはできません。

そういう非情さが安倍総理には欠けているのでしょう。今回与党で過半数をとり、安倍政権が継続することが我が国にとってはベストであることは言うまでもないわけですが、上記の通り安倍総理には「大きな変化」を期待します、それも政敵や反日売国奴、反日国家に対する大きな変化、絶対に許さないという基づいた変化をしてほしいと心から願うものです。




by ariesgirl | 2017-10-11 21:50 | 日本 | Comments(0)

御婚約発表と北の祝意?

1週間ぶりの更新です。あっという間に八月も終わりました。そして、9月に入りましたが、今年もあと4か月ですね・・・orz  ま、ま、まずいわ(苦笑)

先月もろくに更新できずじまいに終わってしまいましたが、読者の皆さまからのご訪問をいただきましたこと、心から御礼申し上げますm(__)m 今月の更新回数もかなり怪しいものですが、何とかしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます!

さて、9月に入り何だか吹く風も空の色も秋めいてきたな~と感じています。この数日の涼しさもそうですが、季節は確実にめぐっていることを感じます。とはいえ、明日からは残暑厳しい毎日となりそうですし、この季節は何かと体調もおかしくなりますので、読者の皆さまにおかれましてはくれぐれもご自愛頂きたいと思います。

先週引っ越しが終わったのですが、もう本当に疲れました。まだ疲れが取れません(笑)何かと手続することが多いですね。今日は免許証の住所変更に試験場まで行ってきました。

狭い部屋をどうやって広くみせるか・・とにかく物を置かないことが大事ですね!広い部屋がいいのはあたりまえですが、私の場合必ず物が増えるのがわかっているので、狭い部屋でいいのかもしれません。あとは取り寄せの三段ボックスが届いたら組み立てて置きっぱなしの荷物を整理できると思います。

今日は秋篠宮眞子内親王殿下の御婚約が正式発表されました。大変おめでたいことだとは思いますが、どうしても、どうしても、心から、日本国民の一人として心から喜ぶことができないのはなぜでしょうか? 

先ほど会見を見ましたが・・・拭いきれないこの違和感、どう説明すればいいのかわかりません。眞子内親王殿下は幸せいっぱいの表情でしたが、付き合い始めから結婚を考えていたとか・・ちょっと驚きです。それにあのキム・コムロさん。やっぱり、変!! ただのフリーターと天皇の孫娘・・・世も末といった感が否めませんわ。それに姑となるあの息子べったりの母親、一体この婚約と結婚が眞子内親王殿下に幸せをもたらすのか疑問でなりません。もちろん、私の違和感が大間違いならそれにこしたことはありませんし、内親王殿下には末永く幸せになっていただきたいのは当然ですが・・・


おまけに、この婚約をお祝いしたかったのかどうかわかりませんが、北朝鮮のデブが水爆実験をやりやがりました。もしかしたら同胞かもしれないキム・コムロさんへの祝砲?と言う気がしないでもありませんが、それにしてもあんな乞食の国にここまで舐められるとは・・・朝鮮人ごときに!! やはり、我が国ももう本気で考えないと大変なことになります。核武装というものを本気で考える時期に差し掛かっているのではないでしょうか?

実は、日本でとんでもないテロが起こるという本当に嫌な夢を見たのです。それも東京ではなくて、地方都市。東京や大阪ではなくて、中核都市なのですがどこかまでは覚えていません。これはいつ起こってもおかしくない話なので、本当に嫌な感じがしました。

b0169850_16110680.jpg

b0169850_16355859.jpg


そして、久しぶりにイージスさんの動画です!




北も南もみな朝鮮、北も南もみな朝鮮、大事なことなので二回言いました!!もう、こいつら地球上から消え去れよ、宇宙人が朝鮮半島とこのミンジョクを全て宇宙に連れ去るか、宇宙人の力で消滅させてくれたらいいのに!! 北と南でやり合って、一人残らず、誰もいなくなるまでやればいいのに!! 

不吉な夢から始まった九月ですが、どうかこの天高く馬肥ゆる秋が読者と我が国にとって素晴らしい月となりますように!!


by ariesgirl | 2017-09-03 16:40 | 日本 | Comments(2)

5月も今日で終わり。GWに大騒ぎして、何だかあっという間に終わったという感じがします。その5月にとんでもない報道があったことは皆さますでにご承知です。

今回の様々な問題(政治、特に籠池、加計など)はすべてが繋がっており、一本の線の上にあると私は思っています。私はその感を信じていますし、そのシナリオを書いて、演出、監督すべてを行なっているのが千代田の女帝様であることも。あの女帝様の一本眉のように繋がっているのです! 

天敵である安倍総理を何とか失脚させ追い落とし、自分の意のままになる人間を総理にし、女性宮家創設と女系天皇を認めさせるような法案を成立させる、これが異教徒で反日工作員を束ねる女帝様の目的でしょう。老い先短い、ゆえに畳みかけてきた!ということでしょうか。老害BBAの妄執とはすさまじきものです。

あの女帝様の唯一の実子と言われている後退氏殿下。溺愛する盆暗息子を自分の目の黒いうちに即位させたいのでしょう。そして、自分とそっくりの出自とも言われている嫁、その嫁の実家の大不祥事が公になる前に何とかしなければと動いたという気もします。その女帝様は溺愛する息子が即位できないことになったらどうするのでしょうか・・

今回、女性宮家創設を検討するということで憲法違反を犯した愚かなミカドが言い出したわがまま退位法案が成立するのが確実となりました。単なるわがままで法律を変えさせた万死に値する憲法違反を犯した自称・ゴケン派。女性宮家や女系天皇に大反対の立場である安倍総理にケンカをうってきたわけですね、老害夫婦が。この夫婦のたちの悪さは半端ではないようで、カルトを始めとするあらゆる勢力を総動員していると言われてます。

この女性宮家。おなじみのKAZUYAさんが動画をアップしていますので、貼り付けます。




このような皇室、もはや敬愛の対象ではありません。したくてもできません。あの盆暗負債が即位したら、おそらく皇室不要論もあからさまにでてくることになると思います。

この件については、もう少しきちんとした形で記事にしたいと思っています。今日は5月も終わりであり、いつも以上に応援してくださった読者の皆さまに心からの感謝を込めてお送りしたいと思います。
本当にありがとうございますm(__)m 

いよいよ6月、ことしも半分になろうとしています。我が国がどこへ向かうのか・・不眠症の私ですが、気合を入れなおして自分にできることをやっていこうと思っていますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます!!

いつお迎えがきてもいいように(笑)悔いのない毎日を送りたい、ラオウのように「わが人生に一片の悔いなし!」といえるように。いや、悔いだらけでした(笑) 神様の気まぐれか凡ミスの結果のような私ですから、所詮それだけのこと、それだけのもの、まあそれはそれで良しとしましょう。これ以上不眠症が酷くならないように(笑) 自分がやるべきことをきちんとやっていきたいと思っています。

どうか6月が読者の皆さまにとりまして、素晴らしい月でありますように!!


by ariesgirl | 2017-05-31 22:40 | 日本 | Comments(5)

5月が始まりました!今日は「立夏」暦の上では夏、そして「子供の日」旗日です! 大騒ぎしたGWもいよいよラストスパート、読者の皆さまは楽しい連休をお過ごしでしょうか?

今年の連休は比較的天気もいいので、多くの方が観光地や故郷で楽しい時間を過ごしていることと思いますが、私のGWは終了しました(*‘∀‘) 昨日は新宿の某百貨店に買い物にいきましたが、レジの大渋滞で会計を済ませるまでになんと40分待つという・・・レジであんなに待ったのは生まれて初めてですわ!本当に疲れました・・・それ以外は、掃除しまくり、衣替え、要らない服、着ない服を選別しリサイクルショップへ持っていき、余計なモノは捨てまくり、髪も切ったし、私のGWのメインイベントは全て終了しました。でも、何だか捨てたりないというか(苦笑)

独り暮らしにも関わらず、狭い部屋に住んでいるにも関わらず、異常なモノの多さに改めて辟易した次第・・・orz  とはいえ、服や靴は捨てるのではなくリサイクルショップに持ち込んだので他の誰かが使ってくれるので捨てるという罪悪感はないです。

モノの断捨離は比較的簡単にできても、心の断捨離はなかなか簡単ではありません。執着心、他者への羨望、余計な期待、こだわり続ける思いとか・・・これらはボチボチ捨てて行こうと思っていますが、どこかの寺で修行すれば捨てられるのでしょうか(笑)

そんな中で昨日の夜あるものを整理し、捨てる準備をしていたら、「なんでここから?」というところからとんでもない写真がでてきて本当に驚きました。何かというと・・・高校の卒業式の後、教室に戻りホームルームが終わってから机を下げて全員で撮った写真でした(;゚Д゚) 完全に忘れていたものが突然でてくる・・・これも断捨離のおかげでしょうか?

その写真は私のカメラで撮ったもので、当然ながら当時17歳の私も写っているものです。17歳・・( ゚Д゚)(苦笑)♪あの時君は~若かった~♪ という歌がありますが、それを思い出しました。20年以上昔の写真、制服姿の写真、今思えば本当にたわいないことで頭を悩ませていたであろう17歳の私・・・いや~何ともいえません(笑)思えば、高校生活の3年間は今までの人生の中で一番楽しかった時間であり、私にとっては何物にも代えがたい宝物の3年間であり、今でも付き合っている友人たちにも恵まれましたから。でも、若さゆえかはち切れそうな丸顔(大笑)まるでアンパンマンwww

当時はまさか自分が今のような人生を送っているとは想像さえしませんでしたし、おそらく何歳で結婚して、何歳で子供をもって・・などと想像してたのでしょうが、現実は無慈悲で恐ろしいものです(笑)あのころにはいろんな夢をもっていたのでしょうが、夢は所詮夢であると、、理想と現実が如何に違うものか痛感する、自己嫌悪だらけの大人の私がいます。あの写真から20年以上が経過しました。この20年はジェットコースターのような歳月だったと思うのです。今も似たようなものですがww ♪卒業写真のあの人は優しい目をしてる~人ごみに流されて変わってゆく私を~♪という歌が頭の中をぐるぐる回りました。いや~本当に驚いた連休の1日でしたが、当時の写真が突然でてきたことには何らかの意味があるのかと考えずにはいられません。初心に返れというお告げなのでしょうか(笑)

さて、5月が始まりました。先月は過去最低更新数となる体たらくぶり、本当に情けない限りです。にも関わらず、多くの皆様にご訪問頂きましたこと、心から感謝申し上げます、本当にありがとうございますm(__)m 今月は4月よりは更新数を増やしていくつもりですのでどうぞよろしくお願いいたします!

というわけで、今日は子供の日、昨日はみどりの日、おとといは憲法記念日でした。子供の日・・実年齢はとっくの昔に大人ですが、未だにお子ちゃま気分が抜けきれない私(笑)要するに、少女の気持ちを忘れないということだと解釈していただけるといいかなあとww

そんなお子ちゃま気分の私ですが、5月最初の記事は飛ばしていきたいと思います!

まずは隣の乞食国。いよいよ酋長選挙ですが、誰がなっても反日であることには変わりありません。基本路線は微動だにしないのです。北の豚まんと仲良しらしいムンとかいうおっさんが大統領になれば、腫れて北と統一できるのではないでしょうか?我が国とは国交断絶、でもその前に貸した金は利息付けて返せよ、乞食ども!!! 朝鮮人というのは所詮、独立国家を運営する能力に著しく欠けているようにしか見えません。結局、シナ様の属国として1000年以上存在してきたのですから、日本のように人間扱いしてはダメなのです!それが大間違い、これまでずーっと逆恨みされてきたのですから。




日本中に増殖しているシナ人や朝鮮人、観光旅行で来ている連中も含めてその数の多さに吐き気がするし、悪寒がします。どこに行ってもあいつらがいるという・・・<`ヘ´> ですが、私のセンサーが反応し見た瞬間に特ア人であることがわかってしまいます。とにかく、あの連中(特に男)全身から醸し出されるセンスのなさ、本人たちは流行りの服にヘアスタイルだと思っているのでしょうが、日本人から見ると噴き出さざるを得ないwww ただでさえ、不細工なのにセンスが無さすぎるのでどうしようもない(笑)男も女も同じ、女は超ド級の厚化粧か、ドすっぴんのどちらかです、つまりちょうどいいというのがない(大笑)日本政府、害務症はこのクソども、神社仏閣や観光地を穢しまくるゴキブリどものこんなに簡単に入国させるなんて、売国行為としかいいようがないわ!! 特アにろくなのはおらん!!こいつらとこいつらの国が地球上から消滅すれば、国際問題の大半は片付くはずですね。世界のトラブルメーカーでしかないのですから!! 臭いニオイはもとから断たなきゃダメ!!

そして、おとといの憲法記念日。まああああ、どこもかしこもTV局は「ゴケン、ゴケン」「ヘイワケンポー守れ!」のオンパレード、電波公害垂れ流しでしたね。犬HKなどは一体どのくらいのサンプル数かごまかしているであろうアンケートで「ヘイワケンポーを埃に惟8割ニダ!」と垂れ流していました。

私はもちろん、いわずもがなアメリカが作った現行憲法、「ゴケン派」「ヘイワケンポーを守れ!」という立場の人間です!!と言いたいところですが、真逆~(大笑) だいたい、ゴケンって何?? ヘイワケンポーって何?? ゴケンは護憲じゃなくて「誤憲」といったほうが圧倒的に正しいと個人的には思う次第であり、8割が埃に思うらしいヘイワケンポーのおかげで国が存亡の危機に陥ったら誰が責任とるの??

大東亜戦争で日本と日本民族の恐ろしさを身に染みて理解したアングロサクソン白人国家アメリカが2度と日本が牙をむかないように、戦えないようにするためにおっつけ仕事でつくって押し付けたのが現在の日本国憲法です。

確かに戦後すぐはあれでよかったのかもしれません。国破れて山河在りという状況だった日本を何とか復興させるためには昭和帝が仰せになられたように「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」敢えてあのようなものを受け入れざるを得なかったのだと思います。

ですが、それを70年も金科玉条として崇め奉るなんて正気の沙汰とは思えません!70年間でこれほどのひずみがでてきたのです。それをゴケン派と言われる反日思想の連中は認めたくない、認められないのですよ。あの憲法を守り続けたことが我が国にとってはとんでもない足かせとなっているのが現実です。

70年前と現在の国際情勢は何もかもが違っています。ソ連崩壊を始め、誰も予想しなかったことが現実のものとして目の前で起こっているのです。前述した卒業写真をとった頃とは何もかもが違いますし、あの当時教わったこと、世界地図さえも違っているのですから。

何故、日本だけが押し付けられた憲法を一言一句変えることなく崇め奉らなければならないのか? その疑問に誰も答えない、というよりも自称ジャーナリストも、自称代議士も、そこはアンタッチャブルです。そこをちゃんと言える議員がどのくらい存在しているのでしょうか? 同じ敗戦国のドイツは何度憲法を改正していることか!! 

憲法なんて時代に合わせて変えるべきものは変えるのが当たり前、憲法とはその国と国民を守るために存在するはずですが、今の日本国憲法はそうではなくなっています。政争の具、国家と国民を存亡の危機に遭わせかねないほど劣化しています。(もちろん、主権在民、基本的人権の尊重については反対しません!)

ゴケン派の言い分は本末転倒、強酸やミンシン、反日プロ市民どもは何かにつけて安倍政権、自民党政権がアメリカの言いなりだ!とほざきますが、寝言は寝ていえよ、カスどもが!! おまえたちこそがアメリカの犬そのものアメリカが作って押し付けた憲法を崇め奉り、現行憲法を守るためなら戦争してもOK,現行憲法さえ守れたら日本国も日本国民も守る必要などない、不要である!というのが優秀なるゴケン派のご意見なのですから。

憲法を守れば、その憲法によって国と国民が消滅してもいいというのが彼らの基本的な考えです。それと同じ考えなのが、我がまま放題の国家元首と赤い女帝様。特に今上様はGHQの回し者、洗脳の役目を担っていた何とか夫人という怪しげなアメリカ女を家庭教師として送られ、見事に洗脳され、反日天皇として即位したのです。そして、同じ流れでお粉屋さんの異教徒のお嬢様もどきの方が送り込まれて、皇室破壊と日本破壊のために老骨に鞭うって最後の戦いを挑んでいるというのが現実です。それを強酸やミンシン、反日プロ市民は錦の御旗の如く使い、ゴケンを叫ぶのです。

安倍総理は国民投票を行い、2020年までに憲法改正を実現したいとのことですが、改正というよりは全面的な作り直しのほうがベストだと思います。改正しないよりはマシですが・・・今の憲法は体に合わない、大昔の服を無理やり着ているのと同じであり、あちこちに綻びが出始めて、今にも破れそうな感じだと思いますが、読者の皆さまはどうお考えでしょうか?

だいたい、平和憲法だなんて自画自賛しているからいつまでたっても真の独立国とならないのです!現行憲法に「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、「交戦権の否認」定められていますが、反日ゴケン派の皆さまにとっては3度の飯よりも大事なものであります。

この劣化憲法を「世界遺産に!」「ノーベル平和賞に!」と叫ぶ基地外の皆さんがたくさん存在していますが、それほど素晴らしい、世界に誇る憲法ならば、ゴケン派の皆さん方にいいたい!

世界中の紛争地域に言って、我が国の憲法の素晴らしさをとくとくと説明し、戦争を止めさせてくださいよ。憲法ひとつで戦争が終わるならこれほど素晴らしいことはありません。特にISやタリバンなどいくらでもお話の相手がいますから。

・世界の国々へ向けて「戦争を放棄した素晴らしい日本国憲法を世界の国々に真似てもらう運動、戦争放棄を他国の憲法に盛り込む運動」を展開して、我が国と同じ平和憲法を持つ国を増やしてください。

そこまで素晴らしい憲法ならば、一つ二つくらい我が国の平和憲法の条文を取り入れる国があるはずですから。でも、いっこうにそういう話はきいたことがありませんけどね(笑)国と国民を守るための自衛手段、権利まで捨てるなんてまともな国ならあり得ませんからwww どうして、世界のどこの国からも「よっしゃ、我が国も日本国憲法の平和主義、戦争放棄、戦力の不保持、交戦権の否認を追加して改正しよう!」という声がでてこないのでしょうか、ゴケン派の皆さん、教えてもらいたいものですねwww 

今日は子供の日、我が国の伝統でもある「菖蒲湯」に入って邪気を払いましょう!!





by ariesgirl | 2017-05-05 17:40 | 日本 | Comments(3)

大型連休、要するにGWも始まりましたが、皆さまいかがおすごしでしょうか? 平成29年度が始まった4月、人事異動もあったせいか、本当になぜ?というくらい忙しい一か月でした。その怒涛の4月が終わろうとしています・・少しは落ち着くかなと思っていますが、本当に疲労困憊の一か月といった感じです。

GWまっただ中、今年は2日間休めば9連休の方もいらっしゃるわけですが、私はカレンダー通り(苦笑)明日とあさっては仕事、帰省することもなく東京にいます。髪を切りに行ったり、モノと心の断捨離をする、北斎美術館あたりに行きたいなと考えていますが、あっという間に連休は終わるんだと(笑)おまけに連休明けの8日は月曜日!(;゚Д゚) 9連休の方には地獄かもwww 働く気がなくなりますねww 

ということで、お時間がある!ヒマ!という方は拙ブログまでご連絡のうえお声をかけて頂ければ、ひょいひょいとお誘いにお応えするかもしれません、私(笑)博愛精神とボランティア精神にあふれた方、お待ちしておりますm(__)m(大笑)

この連休、どこに行っても人だらけ。疲れるばっかりなわけですが、全国の観光地にはこれまたおかしなクソ害人どもがうじゃうじゃいるのが本当にムカつきます!氏ねよ!って思います、本心から。神社仏閣が穢されなければいいのですが。

それにしても、4月は忙しかったこともあり、なんと3回しか更新できませんでしたああああああ(T_T)/~~~これって、最低記録更新ではないかと思っていますが、いけません、こんなことでは!! 

我が国が連休に突入し、民族大移動で多くの方が観光地や帰省先で楽しい時間を過ごしている中にも世界は止まることなく動いています。隣の乞食国はおなじみの無慈悲攻撃シリーズ」(笑)であちこちにケンカを売っていますが、あのように大声でわめき散らしている間は何もないのではないかと個人的には考えています。本気で何事かをやるのであれば、いちいち大声でわめく必要はないからです。ですから、あの乞食国や豚まんが急に静かになったら危ないのではないでしょうか?我が国の隣にはあのような基地外しか存在していない、それが間違いない現実です。北も南も同じ朝鮮であり同じ民族である朝鮮人、その隣には宗主国である泥棒と嘘つきと犯罪の国があります。

宗主国様も属国の扱いにイマイチ手を焼いている感がしますが、実際のところはどうなのでしょう? 乞食国の太り続ける豚まんは宗主国様とキンペー君のことを死ぬほど嫌っていると私は思っています。実はアメリカ以上に嫌っていたりして(笑)「いつまでも宗主国ヅラするんじゃないニダ!ウリは核を持っているニダ!」ってねww

何につけてもあの基地外半島は危ないのです。あそこに滞在している日本人はとっとと引き上げてください!もし、アメリカと乞食が戦争状態に突入したら南にいる日本人は出国できなくなる可能性があります。それは・・・おそらく次の大統領になる朝鮮人は北の味方、麗しき同胞愛の持ち主ですから。

我が国の隣人は全方位基地外なのです!! そんな連中を相手にしなければならないのに、未だに我が国と日本国民の安全よりも基地外を優先して物事を考えるミンシン党や強酸、反日プロ市民などのようなウルトラ基地外が存在しているのが信じられません。そいつらは間違いなく、十中八九特アの工作員といっても過言ではないでしょう。
もし一旦緩急あれば、ついでにこいつら工作員も殲滅して我が国の大掃除ができればいいと思います。

この乞食の挑発に対して、高須院長が・・・以下、newspost7より転載します。
=================

高須院長、北朝鮮情勢を読む「米朝開戦は五分五分」2017.04.29 07:00

──北朝鮮情勢の緊張が高まっています。

高須:ロシア軍も北朝鮮との国境に部隊を移動させているようだね。これはもう一触即発ということなんだと思う。プーチン大統領もアメリカの動きを傍観するわけにもいかないだろうから、牽制をしているんだろうね。

 ただ、北朝鮮をどうこうしたいということよりも、極東でアメリカが攻撃を始めること自体が、ロシアにとって不都合だということなんだろうね。ここでもしも北朝鮮がアメリカに屈して、さらには中国もアメリカにやられちゃうと、アメリカ一強になってしまう。ロシアとしては、その状況はできれば避けたい。アメリカが軍事力を発揮して、今のバランスが崩れるのは困るからね。アメリカにヘタなことをさせないためにも、北朝鮮に肩入れする動きを見せて、トランプの動きを封じたいんだろうな。

──日本としてみたら、ロシアの肩入れが北朝鮮の暴走を駆り立てているようにも感じます。

高須:それは本当に困った話だよ。ロシアとしてもそう簡単に戦争なんてことにはなってほしくないはずで、そのためにはプーチンが金正恩をうまくコントロールしなくちゃいけない。金正恩もバカじゃないから、戦争はしないほうがいいってわかっているだろうけど、プーチンのサポートがあると思って、暴走しちゃうかもしれない。プーチンが冷静に状況を見つめて判断していかないと、おかしなことにもなりかねないね。

── 一方では、米軍による金正恩斬首作戦なんてものもささやかれています。

高須:ビン・ラディンもそれで抑えたわけだし、ない話ではないと思う。金正恩という指導者を失った北朝鮮がどうなっていくのかという不安はあるけど、日本としては今の北朝鮮そのものが不安の種なんだから、我々はこの脅威を取り払われることを願うしかない。もちろん、金正恩が中国に亡命でもして、北朝鮮が民主化されればいいのかもしれないよ。でも、現状でその可能性はかなり低い。結局日本としては、自分たちが攻撃されないためには、金正恩が改心するのを期待するのではなく、トランプを支持するしかない。それが日本人として当然の選択なんだよ。

 だからね、たまにネットなんかで金正恩の斬首作戦に強く反対する人もいるけど、僕にはその考えは信じられないね。日本の平和よりも金正恩の命のほうが大切だというのは、絶対に賛同できない。そういう声を上げる人は、北朝鮮の工作員なんじゃないかって思うよ。

──高須院長としては、実際に戦争に発展する可能性はどれくらいだと思いますか

高須:難しいけど…、五分五分くらいかな。トランプとしては金正恩が挑発行為を続けるなら、いつでも攻撃してやるというスタンスだったけど、だいぶ軟化しているから、このまま北朝鮮が静かにしていれば、大きな動きはないと思う。でも、金正恩はかなり追い詰められているわけで、どうなるかはわからない。実際、相変わらず強硬な態度を取っているしね。ただ、韓国が及び腰なのが気になるなあ。もうちょっと強い態度で北朝鮮に圧力をかけてほしい。

──日本国内の雰囲気はどう思いますか。そこまで危機感はないように思えます。

高須:なるようにしかならないとは思うんだけど、たしかに戦争なんて起きるはずもないと信じ込んでいる人は多いような気がする。日本国民みんながそんな意識だと、もしも攻撃されたら、一発でやられてしまうよ。政府もしっかり危機感を抱く必要があるし、国民も何があるかわからないということをちゃんと心に留めて置かなければならない。

──内閣官房の公式サイトではミサイルが飛んできた際の避難方法が掲載されていますね。

高須:なんだか暢気な感じもするけど、それくらいのことは知っておかないといけないってことだよ。こういうものをしっかりチェックしている人間が生き残るからね。この世の中は、本当に何が起きるかわからない。少なくとも、日本だけが永久に平和だなんてことはない。自分の国は自分で守るのが“普通の国”だということは忘れてはいけない。ある意味、今、日本は本当の意味で“普通の国”になるきっかけを与えられているのかもしれないね。

 * * *
 危機感を抱きながら北朝鮮情勢を注視している高須院長。有事に発展しないことを願うばかりだが、最悪の展開もありうるということも想定しておく必要がありそうだ。
=================(以上、転載終わり)
おなじみ高須院長のご意見ですが、実にまっとうであり、特に最後の「日本だけが永久に平和だなんてことはない、自分の国は自分で守るのが”普通の国”、今日本は本当の意味で”普通の国”になるきっかけを与えられているのかも」というくだりは激しく共感するものです。これを踏まえても、我が国が如何に歪んだ戦後を送ってきたか、70年という長い時間をぬるま湯につかって生きてきたのかがわかります。

いよいよ明日から風薫る5月。世界はきな臭い状況が続いていますが、どうか読者の皆さまと我が国にとって、素晴らしい月となりますように!! 来月は今月よりも更新回数を増やしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m



所詮、北も南も同じ朝鮮人。北も北なら南はもっと基地外、というか辛でいい民族です。この地球上から死滅すべきミンジョクでしょうね。そうすれば大抵の問題は片付きます!↓











by ariesgirl | 2017-04-30 17:50 | 日本 | Comments(5)

1週間のご無沙汰でした。あああ、新年度開始の4月3日月曜日、フルに一週間やたらと忙しくて残業続きの毎日でした。本当に疲れました・・・orz  やることだらけ、一応自分で優先順位をつけながら作業したにも関わらず、一週間で終わり切れなかった業務が発生・・・まあ、明日からもう少しピッチを上げてやろうと思っています。

人事異動で直属の上司は男性から女性へ。リケジョならではの頭の回転の良さ、鋭さ、見た目はほんわかしていますが、時折見せる視線の鋭さに驚きながらやっています(笑)まあ、私は自分の職責をキッチリ果たすことにまずは専念するだけ、人のことには首を突っ込まないようにするだけです。明日からも忙しいんだなこれが(苦笑)新年度4月は仕方がありません。

昨日、今日と東京は雨模様。すっかり花散らしの雨になってしまいました。近所の桜も散ってしまいました・・・とはいえ、街路のツツジが青々とした色になり、ボチボチ花も開きはじめ、紫陽花もどんどん大きくなって葉が青々としています。こうやって人間の世界は混乱しまくっていても、自然の世界は何事もないかのように季節が巡り、その季節になればちゃんと芽を出し、花を咲かせる・・・自然は偉大です。

どこにも外出せず、今日は朝から料理三昧。これで数日分は作り置きできました!こんなことを書くと、やたらと料理好きで料理上手と誤解されそうですが違います(笑)嫌いではありませんがwww ちなみに、裁縫が一番苦手かつ超下手くそです!! 料理のあとは調子の悪いプリンターとPCをせっせと調整。何とかまともになりましたが、疲れました・・・(・_・;)

さて、この1週間ブログ更新ができなかった間も色々とありました。ありすぎて困るわけですが、まずは愛子内親王。昨日、高校の入学式ということで報道されていましたが、中学の卒業式も同様に、あの愛子内親王は本物でしょうか?2月に公開された写真、余りにも痩せすぎていたわけですが、ウソのように顔の輪郭が普通になっていたことに違和感を覚えたのは私だけでしょうか? 1か月程度であの痩せっぷりから、あそこまで元に戻ることができるのかわかりませんが・・・あの激ヤセが余りにも衝撃的だったので、噂されている影武者に登場させたのかと。
以下は2月に公開された写真。全然ちがう・・(;゚Д゚)

b0169850_16430280.jpg
おまけに、やたらと報道された愛子内親王の修学旅行の感想文。実に立派な内容でした。とても中学生が書いたとは思えないほど。もちろん、文才のある中学生はいますが、私の知人も「あの作文は出木杉」と言ってました。もし、修学旅行にも影武者が参加して、其の影武者が超優秀ならあの文章は書けるかもしれませんが、テレビ局各社がいちいちあの作文を読んだり、紹介したのは誰の指示命令なのでしょうか??(笑)「優秀な愛子さま」という認識を国民に植え付けたいのだと思いますが、あの作文は誰が書いたのでしょうか?官僚が書いたものかもしれませんが、皇室はいまや穢れた伏魔殿と化しているので、何がいても、何があってもおかしくないですね。

全然関係ない話ですが、入学式に参列した後退氏殿下と又子妃殿下。後退氏殿下・・・満面の笑みでしたが、この方があのような表情をするのは愛子内親王絡みの行事に参加するときだけですね。家族が一番大事なのでしょうが、これで天皇としての職責を果たせるのか、昨日の報道を見ていてますますそう思いましたわ。そして、又子肥殿下。ご病気にも関わらず、お痩せにもならず、ご立派なガタイをなさっておられましたねww 笑顔で手を振っておいでになりましたが、何だかお面をかぶっているようなお顔になっていると思ったのは私だけでしょうか?

そして、昨日報道されたミンシン盗から離党する長島昭久議員。当然でしょうね、遅すぎたくらい。議席欲しさに強酸盗と組むとか、売国奴R4なんぞにアゴでこき使われるなんて政治家として、男としても絶対に我慢できるはずがないし、元々保守思想の持ち主が利敵行為に手を貸すとかありえない!! R4のように自分の国籍もわからないバカ女、おまけにシナのスパイが本業、そんなヤツの政党に所属するなんて死んでも嫌なのでしょう。松原仁議員もとっとと離党すればいいと思いますし、野田幹事長あたりもR4なんて本当は死ぬほど嫌いなはず(笑)



おまけに、あれだけ国会で時間つぶし、共謀罪の議論を引き延ばすためだけに安倍総理夫妻を攻撃していた森友問題。バイブ辻元が登場してからおかしな方向に(笑)なんとR4が援護射撃ですからね~、それも後ろからww 辻元とR4、どっちもどっち、目糞鼻糞、同じ穴のムジナ、団栗の背比べ、裸を売り物にしていた女と絶対に見たくない裸と思われる女、お互いに目立ちたがり、とにかく自分が一番だと思い込んでいるバカ、いずれにしてもどちらもろくでもない反日の売国奴であることだけは一致していますね(笑)

b0169850_16152146.jpg

b0169850_16170849.jpg

ということで久しぶりにイージスさんたちの動画を!





それから今村復興大臣の発言問題。騒ぐほどのことでしょうか?クソ記者の挑発に乗ってはいけないのですが、あれは質問の仕方が完全に誘導尋問です。今村大臣はおそらく基地外クソマスゴミの自称ジャーナリストのやり方に慣れていなかったものと思われますし、冷静さを失ってはいけないと思いますが・・・しかし!

今村大臣の「自己責任」発言、その通りでしょ!!? マスゴミはあの部分だけを切り取って全方位報道、全文はHPに掲載されていますので、時間のあるかたはご一読ください。自主避難している人って、その必要性をどこから判断したのでしょうか?? 自分で勝手に判断して避難して税金で生活してきて、それが打ち切られるから「国の責任だ!」と言ってるだけでしょ。最近は裁判所までおかしな基地外判決を連発しています。いつから法曹界が原発の稼働や原発行政、放射能の医学的なことにまで判断をするようになったのでしょうか? そこには反日左翼の弁護士どもが絡んでいるのは明らかですし、今回のように自主避難している連中を金づるにしているのも反日左翼の弁護士どもですから。自主避難といえば聞こえがいいけれど、生保と同じ、ただのタカリと一緒じゃないのですか?どんなにきつくても苦しくても自分の足でしっかりと立って、歩いている被災者の人たちと比べたら雲泥の差、というよりも単なる卑怯者。ふざけるなといいたい。自主避難で騒いでいる連中って、まるで特アの害人と同じレベルにしか思えません。

それにあの自称ジャーナリスト。既にご存知の方も多いかと思いますが、とんでもないクズ野郎ですからね。優しいマスゴミはお友達のことはかばいまくりますから、ここでしつこく、しつこく、しつこく拡散したいと思います(笑)





次回は朝鮮ネタで行きたいと思います!大使も帰りましたが・・一体何があるのでしょうか??








by ariesgirl | 2017-04-09 16:45 | 日本 | Comments(5)

三連休最後の日、今日は旗日。そうです、昼と夜の長さが同じになる春分の日です。あーあ、これからどんどん日が長くなります、嫌だ、嫌だ(>_<) 日が長くなると、長く働いているような感覚になってしまうし、夜が短いというのは何となく嫌(笑)

読者の皆さまはどんな連休をお過ごしになったでしょうか?お仕事の方もいらっしゃると思いますが、大変お疲れ様でしたm(__)m また、風邪などで体調不良の方もいらっしゃると思いますが、くれぐれも大事になさってください!

弥生三月もあと10日、やはり去る月ということであっという間に過ぎていきます。連休中にも関わらず、拙ブログに多くのご訪問を頂きました。ありがとうございますm(__)m 森友問題、23日に参考人ではなくグレードアップした証人喚問で国会にペテン師がやってきます。自己保身のためなら嘘八百、金のためなら反日左翼とでも組むという保守の風上にも置けない人物のようです。あまりにも酷いので、それまで我慢していたようにみえた安倍総理もついに激怒!ということなのでしょうか? 

よっしゃ、わかった。そこまでやるなら受けて立つ、ケンカ上等じゃ~!」という感じがしたのは私だけでしょうか? 安倍総理は長州人ですからね~それを忘れてはいけませんね。総理もいい加減に怒るべきです。




そして、本題に入る前に稲田大臣。彼女は保守政治家であるとは思いますが、いかんせん防衛大臣には不向きです。個人的見解ですが、防衛大臣はやはり男性のほうが適していると思いますし、以前あのクソ女バイブ辻元やシナのスパイ二重国籍の犯罪者R4ごときに国会で攻撃されて涙眼になっているようでは防衛大臣は務まりません!

世の中に優秀な女性は様々な分野に存在していることは確かだと思います。私なんぞは羨ましい限りで、彼女たちの100分の1でもその能力があったらもっと違う人生を歩んでいたかもしれない、こんな生き方してないかもと思うわけです(苦笑)

国会で野党のクズどもにちょっと攻撃されたくらいで涙ぐむようでは、いくら有能であってもお話になりません。これは私の個人的見解ですが、職場で、それも公衆の面前で涙ぐんだり、泣くような女は絶対にアウトなのです!!その場で我慢してトイレで泣くというのはOK、私も何度も経験してますので。人前で泣くというのは女であることを全面に押し出しているだけで卑怯だと私は思っています。

稲田大臣は優秀な女性だと思いますが、防衛大臣になってからは以前のような舌鋒の鋭さが消えてしまっているようです。元々法律家であり、国防や軍事ではちょっと方向性が違っているし、今回の様々な問題においても弁護士のわりには答弁が下手すぎます! 森友のペテン師理事長の弁護問題についても、弁護士なんだから断言するようなものいいはダメでしょ。議員になる前の話であり、弁護士として依頼を受け、正当な業務を行っただけなのですから、何もないのです。

私は弁護士として当時様々な依頼人と面会しています。記憶違いのこともあるかもしれませんので調べてから回答致します。それにしてもR4さん、あなたは十数年前のことを何から何まで覚えているのですか? 覚えているのなら、ご自分の国籍変更の手続きのことくらい覚えていますよね?どうなんですか?

私ならこういいますわ。女はいくら優秀であっても最後は感情で判断する生き物であり、女の敵は女だと私は思っています。だから、稲田大臣が断言してしまうような物言いをしたのは相手がR4というクソ女の売り言葉に感情が先走ったものだと思っているのです。そういう意味では防衛大臣は男性のほうがいいと。

稲田大臣は弁護士である強みをもっと答弁に生かして、論点をずらし気味にして相手をけむに巻くようにして、相手を怒らせてボロをださせてもらいたいものです。

長くなりましたが、本題。今日のタイトル、まるでどこかで聞いた歌のタイトルの朴李ではないか?と言われそうですが、そうかもしれません(笑)

森友問題で軍国主義と同列に扱われてしまった「教育勅語」高須院長が言う通り、今、こんな時代だからこそしっかりと見つめなおすべきだと思います。教育勅語はわずか315文字の中に、我々が忘れかけているものが凝縮されています。それは、我が国の長い歴史と伝統を踏まえた教育が必要であるという、明治という時代を生きた先人たちからのメッセージだといえるでしょう。

グローバルだの、国際人だの、英語必修だの、何につけても国際化という枕詞がついてまわる現在、日本人として祖国の歴史、先祖から受け継いできた日本人の文化や美徳をアピールすることが国際化への第一歩であり、また子々孫々へ伝えていくためにも、今こそ教育勅語に記されたものを改めて読み直し、見つめなおしてみるべきだと思います。

「朕惟フニ」から始まる教育勅語には明治帝が連綿と培われてきた日本人としての営みが12の徳目として記されています。当時、教育勅語は英語、フランス語、ドイツ語などに翻訳され世界各国に配布されました。まさに、我が国の国際化をすでに当時実践していたといえるのです。

それが大東亜戦争の敗戦により、日本の教育制度は極端な変更による偏向となりましたが、GHQは当時教育勅語は全く批判することはありませんでした。しかし、昭和23年5月、突如としてGHQは教育勅語は無効であることを明確にするよう国会に要求したのです。

とはいえ、ひとつの道徳訓として学校教育で取り扱うことは特に問題ないものなのです。


では・・・原文(格調高すぎて難しい・・・)


b0169850_20373255.jpg
次に・・・口語訳
b0169850_20382129.jpg
そして・・12の徳目

b0169850_20463246.gif
こういうことは間違っても日狂粗や特ア帰化人、特アなりすましのR4や反日日本人には到底理解することはできないでしょう。だって、元々素地がないのですから!あの連中にとっての道徳とは絵に描いた餅、言い換えれば本の中に書いてあるだけで、自分自身が一つでも実践したことなどないでしょうから。あいつらは全部真逆ですからね。

ということで、KAZUYAさんがこんな動画をアップしてました。3年前ものもです。





こういう事実をR4のお仲間のマスゴミはほとんど報道しません!



by ariesgirl | 2017-03-20 21:10 | 日本 | Comments(0)

3月最初の日曜日、全国的に春!といった一日になりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしたか? 

私は上野で開催されている「春日大社展」に行ってきました。あと1週間で閉幕ということもあって、大変な人出でした。来場者の大半はシニア世代、いわゆる団塊と言われる世代とそれより少し上くらいでしょうか。本来ならば一番分別のある人たちだと思うのですが、観覧の態度が一番悪いのがあの世代。神社仏閣でもその傾向はかなり強いし、とにかく自分たちだけが観覧しているかのような態度、横柄さ、誰もたずねてもいないのに講釈をたれるわ、自分たちの知識をひけらかしたいのかあのような場所で解説や議論をはじめるわ・・そんなのてめえたちの家の中でやれよ!! 本当に団塊世代って、迷惑な存在としか言いようがありませんわ。

さて、今日は日曜日。またもや手抜きかと思われそうですが(笑)連日の森友学園問題での政局絡みにすることしか頭にない国会質疑、それに呼応して総理夫妻を犯罪者呼ばわりするカスゴミ、頭に来ることばかり。おまけに、天皇退位問題に絡み、これを恒久化して皇室を破壊しようとする法案の問題、祭祀はやりたくないけど物見遊山の税金無駄遣い海外旅行は喜んで!の反日老害夫婦、などもう天地左右どこを見ても頭に来ることばかりなので、少しは力を抜いた話にしようかと思った次第です。

拙ブログでは時々占い系やスピ系のブログから興味深いものをご紹介しております。結城モイラ女史や「銀の紐」さんなど。そして、今回初登場で西洋占星術の「星と旅する」さんです。こちらのサイトは私も時々拝読しているのですが、管理人様は(個人的見解ですが)まともな思考をお持ちの方で、反日左翼ではないと思われます。

今回の記事は「2017年 日本の運勢」ということで、難しい用語もでてきますが、ぜひご一読いただければと思い、転載させていただきます。皆様は星の言葉をどうお受け取りになりますか?以前、何かの本で読んだことを思い出しました。

「天、つまり天体の動き(星の動き)と地、つまり地上の動き(世界における様々な動き)は連動している」

ということで転載します。コメント欄もぜひ!今回の問題や昭恵夫人のことが書かれていて、思わず笑ってしまいますww(文字の色付けや太字は管理人によるものです)
====================
2017年 日本の運勢」 2017/02/22/00:00

2017年3月20日 19:28:43  春分(東京)

まず、世界的な傾向として、火のサインに星6つ(うち4つが牡羊座)、活動宮に星6つ入っているので、良くも悪くも勢いがあって、動きの早い忙しい年ですね。

さて、日本の春分図で特徴的なのは、MC(地位、立場)と天王星(7ハウス)・冥王星(3ハウス)・木星(12ハウス)で、グランド・クロス(大十字形)が出来ていること。

つまり、90度のアスペクトが4つあるんですね。Tスクエアなら2つ。これは、大きな困難や、葛藤がある事を表わしています。しかも活動宮なので、物事がめまぐるしく動きます。運命の歯車がギシギシと動き出し、回り始める感じでしょうか。物事がめまぐるしく動いて行く中で、日本という国のあり方や立場も変化して行きそうです。

では、細かく見ていきましょう。
まず、MCは蟹座。「グローバル」の反対の「ドメスティック」を象徴するサインです。内向きですね。外へ向かって出て行こうとするよりも、内側を守り、固めようとする感じですね。自分の国と国土が大切。相容れないものは、敵とみなす。

7ハウスの天王星は、外交や同盟国との関係の変化や、突発的な事件や事故などを暗示しています。この天王星は、あるいは、トランプ大統領を指しているのかもしれませんね。どんな剛球や変化球を投げて来るのでしょうか。隣国との関係は、日本側の対応に変化が出て来ているのかもしれません。

7ハウスには、火星(怒り、争い事、事故、戦争、死傷者)も入っています。牡牛座の火星は、怒りを溜め込んだ後爆発する傾向があるので、ある程度我慢した後、限界に達して爆発するのかも。
外交上の争いやトラブルは避けられそうにありませんが、この火星は11ハウス(友好国、政党、議会、国会連帯)のDHと120度なので、友好国の協力が得られるのかもしれませんね。それか、国会がうまく機能するか。

ちなみに、反対のDTは5ハウスにあるので、5ハウス的な事(芸術、芸能、娯楽、レジャー、スポーツ、投機、株式市場、収穫、出生率)は、冴えないかも。それどころじゃないのかもしれません。

3ハウスの冥王星は、情報通信、メディア、報道、交通、流通、貿易、商業、(初等)教育機関での異常事態、破壊的な出来事の可能性。3ハウスなら、まだいいんです。これが4ハウスに入ってたら、国土が破壊的な状況になる可能性がありますから (ちなみに、隣国の春分図では4ハウス冥王星で、7ハウス天王星と90度になっています。これはかなり…です)。

2013年の春分図でも、冥王星が3ハウスに入っていました。天王星は6ハウスでした。
3ハウス冥王星ー6ハウス天王星・火星合90度。6ハウスは国民の健康・衛生、雇用、労働争議、軍事、軍隊、防衛、安全保障、食糧生産などを司ります。その年(2013年春分~2014年春分)何が起きたかと調べてみたところ、2013年11月27日、「国家安全保障会議設置法」が参議院で可決成立。同12月6日、「特定秘密保護法案」が参議院で可決成立。同12月17日、「国家安全保障戦略」が閣議決定。2014年1月7日、「国家安全保障会議」の事務局である「国家安全保障局」が発足。

おぉ、なるほど。そのまんまじゃないですか。日本はスパイ天国で、情報ダダ漏れとは以前から言われていましたが、ここでやっと手を打ったわけですね。この事が、今年効いてくるかもしれません。個人で言うところの「過去の自分(がして来た事)が、現在と未来の自分を助ける」というわけです。全て繋がっていますからね。バラバラには存在しません。

さて、2017年は、3ハウスの冥王星と7ハウスの天王星が90度。このアスペクト、まだ残っているんですね(もうタイトになることはないですが)。今度は、外交問題ですね。貿易摩擦の可能性も。大事件、衝撃、大改革。意思の疎通がうまく行かなかったり、誤った情報から起こるトラブルとか。メディアの伝え方にも問題があるのかもしれません(特定のイデオロギーに基づいた偏向報道とか、特定の外国を利するためのプロパガンダや情報操作、大事な事を敢えて伝えず国益に反するとか)。3ハウス冥王星ーMC180度。こうした事が、国の立場や利益と対立することになるのでしょう。放っておくことは出来ませんね。

3ハウスには月(国民)も、土星(困難、試練、プレッシャー、辛抱強さ、冷静さ)と合の状態で入っています。国民の関心もここにある。射手座なので、外国とか、グローバリズムとかへの関心?国民は慎重で、冷静で、我慢強いです。そして、よく見てると思います。土星は慎重で、騙されないので。この月・土星合が、6ハウスの太陽・キロン合と90度。7ハウス天王星とは60度。ASCのサインの天秤座の支配星である金星も、6ハウスに飛んでいるので、ここは重要な所。

太陽は、政府、公権力、権力を表わします。キロンは痛み。国の安全保障に関しての政府の痛みを伴う選択と、国民の忍耐ということでしょうか。しかし、太陽・キロン合ーMC120度なので、国のためには吉と出そう。

12ハウスの木星(幸運、発展、増加、拡大、楽天性、寛容、油断、ルーズさ)はASC(国や国民の置かれている状況、環境、考え方、生活)と合。 12ハウスは、国内外の秘密の敵、陰謀、見えない場所、スパイ、テロ、オカルト集団、秘密結社、裏社会、犯罪者、病院、牢屋、福祉施設、社会保障制度などを司ります。

この木星・ASC合ー7ハウス天王星180度。木星・ASC合ーMC90度。木星・ASC合ー3ハウス冥王星90度。外国との関係で、お人好し(何でも善意に受け取り、善意で接する)・楽観視は禁物(足元をすくわれる)、ということでしょうか。テロ(サイバー・テロも含む)の可能性もありますしね。メディアの報道を無条件に信じ込まないこと。調査や吟味が必要です。

以上の事柄を総合すると、2017年(正確には2017年春分~2018年春分。但し、厳密に春分からというわけではなく、それより早く影響が出る場合もあります)は、非常に重要な意味を持つ年になりそうです。対立や、葛藤や、困難や、争いを経ながら、日本という国のあり方や、立場が大きく変化して行くのではないかと思います。

この数年の間、日本が徐々に変化しつつある事に皆さんも気づいておられたのではないかと思いますが、それが決定的になりそうです。

色々な意味での「闘い」の年になるでしょうね。忙しいですよ、多分。油断や、楽観は禁物ですが、過剰に恐れることはないと思います。乗り越える事は可能です。いえ、未来のために、是非乗り越えなければなりません。政治家だけでなく、国民にも、覚悟と、忍耐と、冷静な判断力が必要です。

○天秤座の皆さん、大事な事は、夏の間中に済ましておきましょう。

○蠍座の皆さん、10月から、チャンス到来!です。勝負を賭けるのにふさわしい時期。

○射手座の皆さん、憂鬱な気分や、ままならぬ情況、苦労が続くかもしれませんが、こういう時は、辛抱しつつ、自分を鍛えるチャンスでもあります。お天気は、いつでも晴れとはかぎりません。曇りの日には曇りの日の、雨の日には雨の日なりの楽しみ方、活用の仕方があるのではないでしょうか。

「何もかもうまく行っている時」には、人は成長出来ないものです。「艱難(かんなん)汝(なんじ)を玉にす」という言葉がありますが、宝石も、原石を研磨しなければ、光りません(原石に命があるとすれば、かなり痛いと思いますよ)。

○そして、活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)に、ネイタルの太陽、あるいは月、火星がある方、トランジットの冥王星や天王星とのハード・アスペクトが外れた後も、天王星が牡牛座へ(2018年)、冥王星が水瓶座へ(2023年)星座移動するまでは、影響が残りますので、油断禁物です。

※東京の春分図はあくまで、日本全体の運勢を見るものです。地方にお住まいの方は、お住まいの地域の春分図を作成されることをお勧めします。緯度・経度はグーグル・マップで調べられます。
その春分図で、MCに天王星や冥王星、海王星が近づいていたり、4ハウスや8ハウスに天王星、冥王星、海王星が入っていたら、その地域や近くで、大きな災害が起きる可能性がありますので、油断無く、備えてください。

※なお、もう何度も書いている事ですが、引き続き魚座に海王星が滞在しているので、水やガスの害(雨、雪、海水、石油などの油、霧、薬品など)が起きる可能性がありますので、注意を怠らないでください。2026年に魚座を抜けるまで、油断は出来ません。ただ、抜ける時は、今度は牡羊座に入るわけで、春分点を越えることになるので、これはこれで又心配で、格別の注意が必要です。

前回海王星が水瓶座を抜けて魚座に入る1年前、そして天王星が春分点をまさに越えようとするタイミングで、東日本大震災が起きました。冥王星が蠍座から射手座に移ろうとするタイミングで、阪神淡路大震災が起きました。動きの遅い天体が星座移動をする時は、影響が大きいのです。
特に不動宮から柔軟宮、柔軟宮から活動宮に移る時には、物事が動き出すので。更に春分点越えは重要です。春分点は、始まりの地点、新しいサイクルが始まる地点、そして真東の日本を表わす位置でもあるので、どうも日本に影響が大きいようなのです。

12月中旬まで土星も射手座に滞在するので、飛行機やミサイルなど「飛ぶ物」に関するトラブルや事故、外国での、あるいは外国に関する事での困難や障害にも、引き続き注意が必要です。

以上です。
=================(以上、転載おわり)

いかがでしたか?これは先月の22日にアップされたものですが、色々なことが当てはまっている感じがします。「星は何でも知っている!」ということでしょうか。 そして、以下にはコメント欄を。読者からの質問に管理人様が回答したものですが、ニヤリとする内容もありますww 以下、転載します。

===============
そうですねぇ、今は3月始めなので、去年の春分図の影響下にあると見るか、 あるいは、既に今年の春分図の影響下に入ったと見るか、微妙な時期なのですが、 森友学園が初等教育の機関であることからすると、 今年の春分図の3ハウス冥王星を思い出してしまいますね。

3ハウスの司る事には、初等教育もあるんですよ。そこに関する異常事態、破壊的出来事。その冥王星がMCと180度。天王星と90度。 ただ、天王星は7ハウスにあるので、なんか外国が絡んでいるというか、外国の影を感じさせますね。 森友学園の理事長、本当の意味での「日本人」なのでしょうかねぇ。 私には、「愛国者」にすら見えないんですが。 愛国者が、自分の支持する政党の党首夫妻に、こんな迷惑かけます? 何か裏がありそう。

お二人の出生時刻が不明なため、月の正確な度数がわからないのですが、 安倍首相の月は蟹座、夫人の月は乙女座で間違いないでしょう。 そこから、ざっと推測してみます。あくまで、ざっとですよ。

昭恵夫人は双子座水星で、フットワークが軽く、好奇心旺盛、何にでも首を突っ込みたがる傾向。でも、逆行している水星なので、水星の働き(知性、認識力、判断力)はちょっと弱い。 その水星に、現在、トランジットの海王星が180度で絡み、更に判断力を妨げています。 判断ミスやウッカリ・ミスをおかしたり、人に騙されたり、詐欺に遭ったり、人から誤解されたりしやすい時期です。それにこの方の場合、ネイタルの月と水星が90度なので、自分の感情や気持をうまく言葉で表現するのは苦手でしょうね。 弁舌さわやかというわけには行かないのです。二重に困った状況です。

一方、安倍首相の月ですが、男性にとっては月は、妻という意味もあります。 その月にトランジットの冥王星が180度、同じく天王星が90度、金星が90度で絡んでいます。妻に関して、トラブルが起き、気分的にも面白くない状況ということですよね。

さて、一番重要なのは、職務に与える影響ですが、 仕事を意味する水星にトランジットの冥王星が90度。今まさにタイトに90度になっています。これは、仕事のやり方などを変更せざるをえない。 ただ、退陣まで行くかと言うと、太陽に絡んでいるわけではないので(太陽の方が影響が大きいです)、 そこまでは行かないのではないかと思います。 このスキャンダルに裏があるとして、それが暴き出されれば、退陣は避けられるはず。 正義感と気骨のあるジャーナリストや、政治家に、頑張って調査して欲しいものです。 今年は、トップの首を挿げ替えるような事に時間と手間を割いてる、余裕は無い年のはずなので。
=================(以上、コメント転載終わり)

最後は笑って頂きましょう!



お食事中の方、申し訳ございませんm(__)m


記事とは無関係ですが、偶然発見した若かりし頃のジュリー♪ あまりにも色っぽい、美しすぎる・・・うちのおかんはジュリーの大ファンでした(笑)確かにこれをみれば、樹木希林が「ジュリ~💛」とポスターの前で悶絶していたのがわかります(笑)好き嫌いは別として、歌のうまさも素晴らしいと思います。


by ariesgirl | 2017-03-05 19:35 | 日本 | Comments(0)

残念な現実

冬至から2か月。かなり日が長くなってきたように感じる毎日ですが、三寒四温、本当に体調管理が難しい季節です。そして、今月もあと1週間。あっという間の2月、今年も残すところあと300日余り・・・おまけにワタクシごとですが来月はまたもや誕生日(苦笑)もう、だんだんと冥土への一里塚という感じが強くなってきましたwww

おまけに、体調がもとに戻ったらパソコンの調子が悪く、今日の記事も書いているうちに突然消えるという摩訶不思議な現象が起こり、もうがっかり・・・orz  どうもここ数年、はずればそこんにばかりあたっている感じがします。

さて、先日のバレンタイン狂想曲が終わったとたん、今度は暗殺バラード。それもあの栄養失調国の豚まん将軍の異母兄が暗殺されるという・・・( ゚Д゚) この時代に暗殺というものが存在するということを改めて実感した次第です。あの豚まん将軍は「オレ様が一言命令すれば、どんな人間でもあの世行きにすることができるニダ!世界よ、驚いたか~!!ウエーハハハハ!!」とでも高笑いしているのでしょうか。殺されたマサオさん、気の毒ですね。彼はあの国の人間ではありますが、かなりビジネスライクな話もできる感じがしていましたが、彼の家族が次は狙われるのでしょうか・・・

当局はマサオさんの遺体の引き取りを強硬に要求しているようですが、引き取ったら最後遺体を挽き肉にでもして、軍用犬のエサや家畜のエサにしそうな気がします・・・あの連中ならやりそうですわ。

暗殺などという恐ろしいことが実際に起こる、テロも同じ。こういう恐ろしいことが我が国でもいつ起こってもおかしくないと個人的には思っています。また、こういうと非常にまずいこともひんしゅくを買うこともわかっていますが、平和ボケ、こちらが丸腰なら相手も襲ってこないなどといまだに考えているお花畑が多い我が国においては、こういう恐ろしいことが実際に起こらないとわからない人が多すぎるのですから。

だいたい、「スパイ防止法」「共謀罪」がない国家なんて、我が国くらいのもの。これは国家としては恥ずかしいことであり、カタワ国家、片手落ち国家なのです!! だから、基地外半島の乞食や泥棒大陸の凶悪犯罪者どもが居座り続け、我が国の安全を脅かし、我が国を破壊しようと日々工作に励むことができているのです!! 読者の皆さまもすでにお気づきかと思いますが、自分の住む町にどれほど特ア人が増殖しているか!! 彼らは留学生などの仮面をかぶっていますが、隣の泥棒大国は「国家総動員法」という法律を持っており、いったん有事が起こればテロリストとして、テロを起こすことになっています。これが現実・・・日本は一見平和な国ですが、実際はそうではないと私は思っています。

共謀罪は本国会で議論されていますが、マスゴミやミンシン、強酸、といった反日野党が徒党を組んで反対するのは当然といえば当然、だってあいつら自身が特アに忠誠を誓う反日工作員そのものなのであって、自分たちが活動できなくなる法律には死に物狂いで反対するわけです。マスゴミや政党だけではなく、自称ジャーナリストの工作員や反日大物女優や音楽家など(誰でしょうねww)当然反対しています。でも、共謀罪に反対するなんて自ら「私は反日工作員でーす!」と証明しているのと同じなのですが、その辺を彼らはどう思っているのでしょうか(笑)

ということで、以前もご紹介した「銀の紐」さん。久しぶりに拝見したら非常に興味深い記事がアップされていましたので、一部を転載させていただきます。
===============
炎に包まれた人々

先日霊媒Mから、新たなイメージを見たとの話を聞きました。今回は日本についてのイメージなのですが、記事の題名から伺えるように、なかなかショッキングな内容となっています

霊媒Mがみたイメージ
太陽の光が東京の繁華街に降り注いでいます。

絶えず人々が行き交うその街角に立って空を見上げて、しばらく太陽を眺めていると、照りつける太陽の光が一層輝きを増しました。するとどうしたことか、目の前を往き来する人々の何人かが、急に体が発火してオレンジ色の炎に包まれてしまいました。

照りつける太陽の光と熱が、彼らの体に火をつけたのです。

見る間に全身が炎で焼かれて、傍目にも苦しみ悶えている様子が伺えます。彼らは日本を敵視し、破壊を目論む者たちなのです。

発火した人々は街中を徘徊し、その身にまとう炎で周囲を巻き込もうとしますが、何回試しても彼ら以外のものには炎が延焼しません。その炎は、日本に存在することを許されたものには、一切影響を及ぼすことが出来ないのです。

彼らの体は太陽の熱に焼かれながら、逃げ場所を求めて日本海へと飛び込みますが、それでも一向に火の勢いが衰えることがありません。

それでも必死に逃げ続けて、ようやく彼らを苛む炎が消えたのは、日本の領域から完全に離れたときでした。彼らはオレンジの炎に燃やされながら、自分の口から青い炎を吐いていましたが、それらの炎は空を駆けて彼らの母国へと飛び火し、その国土を青い炎で包みこんでしまいました。

ですから、折角日本から離れて炎の脅威から逃れられたと思ったのも束の間、自分の口から吐いた炎で母国が焼かれる様を目の当たりにするのです。その青い炎は、彼らとその母国の者たちが、日本との関わりを物理的にも意識的にも切り離された時点で、ようやく鎮火します。

彼らとその国が日本に拘っている間は、その青い炎は勢いよく燃え続けて、全てを焼き尽くすまで衰えることはありません。

さて、東京の街中で人々が発火した頃、国会議事堂の中でも発火する者が相次ぎます。

国会議事堂に出入りする国会議員や公務員などの中にも、日本の破壊を目論む者が含まれており、彼らも街中で発火した者たちと同じ道を辿ります。例え日本国民であっても、国を破壊する目的で動いているものは皆同様の扱いを受けるのです。

日本で生活すること自体が苦しみとなるため、彼らには日本の外へ出る以外の選択肢はありません。

炎に包まれた人々が日本から逃げ出す去り際に、日本の神様が最後の言葉を投げかけます。

これまでに態度を改める機会は充分に与えられていたが、それを勘違いして我が儘放題に振る舞ってきたのだから、自業自得であると心得よ」と。 (2017年2月8日)

このイメージの補足として、霊媒Mは以下のように述べています。

  • 日本の領域とは排他的経済水域(EEZ)だそうです。
  • 発火した人は、外国の意向に基づいて日本を破壊する活動に荷担した人々で、日本人と外国人がいます。
  • 発火した人が吐く青い炎は、その人に日本を破壊する指示をした国に飛び火します。彼らの精神は、指示を仰いでいる国に帰属しているからです。
  • 日本人で発火した人も日本海へ逃げ出します。逃げ切れなかった人は日本で罰を受けますが、その際は全身を包む炎が燃え続けるので、生き地獄の苦しみに苛まれながら残りの生涯を過ごします。
    彼らこそが日本国民を虐げ・搾取し続けてきた元凶ですので、誰も彼らを助けようとはしませんし、助けてはなりません。ここで中途半端に情をかけると、彼らは周囲を侮り、欺き、傷つけながら生きることの過ちに気づけません。それは彼らが更に過ちを積み重ねる元となりますので、厳しく対処しなくてはなりません。

先月紹介した三つのイメージは、日本と関わりが強い周辺国の動向を示唆していましたが、今回のイメージは日本国内の動向を示唆しています。
===============(以上、一部転載終わり)


by ariesgirl | 2017-02-19 23:40 | 日本 | Comments(3)