GW大型連休も明日で終わりですが、明後日から仕事・・・嫌だな~(>_<) 全然やる気無し!まあ、個人的にはやることやった連休でした。読者の皆さまも明日はゆっくり休んで、仕事に備えていただきたいと思います。

昨日「立夏」だけあって、今日の東京は暑かったですね~ 太陽の日差しもすっかり夏の気配、紫外線バンバン、私もそうですがとにかくUVカット!!私は年中日焼け止めは塗りまくっています(笑)日傘も忘れずに!

この数年来の悩み、それは不眠。この2,3年でしょうか、寝つきはいいのですが、3時間ほどすると必ず目が覚めて、それ以降は薄ぼんやり、うつらうつらの状態で朝を迎えます。「ああ、今日はよく寝たな~!!」という熟睡感を味わったのはいつが最後だったか記憶にもないほどです。睡眠薬を飲むという方法もありますが、癖になるのもマズイしww まあ、年齢のせいもあるのでしょうが、夜中に目が覚めないでしっかり朝まで眠りたい、不眠はろくなことがありません。とにかく、朝からだるくて仕方がないし、疲れはとれないまま一日を過ごし、また不眠の繰り返し・・どなたか不眠を改善する方法をご存じなら、ぜひ拙ブログまでご一報くださいませ!

まあ、あと2,3十年したら永眠するから今は不眠でもいいか、気にしてもしょうがないかと(笑)20代の前半なんて、15,6時間ぶっ通しで寝ることができたのに・・・orz

さ、不眠症の私のことはほっといて・・・いよいよおフランスの大統領選挙と乞食国の酋長選挙が目の前に迫ってきました。おフランス・・巻く論じゃなくてマクロン氏とルペン氏。どちらが勝かわかりませんが、マスゴミではアメリカ大統領選と同じようにマクロンアゲが凄いですね。マクロン氏が勝つ可能性が高いようですが、あの人が大統領になっても所詮若さしか売りがないし、オランド政権下で大臣をやっていたにも関わらず何の成果もあげていないことを考えれば、まあ失敗するのではないかと私は見ています。結局はオランドの二の舞、オランドなんて鳩山由紀夫と福島瑞穂を足して二で割ったような政治家ですからね(大笑)

それに嫁が25歳年上・・・(;゚Д゚)まあ、愛があれば年齢差などどうでもいいことですが、高校時代のセンセイだったそうですから、もしかしたら・・・女教師と男子生徒の禁断の愛!だったのかも(笑)フランスなら珍しくもない、全然普通にありそうな話www マクロン氏・・毛糸専用の洗剤みたいな名前の御仁ですが、熟女がお好きなのですね~ でも、あのいかにも「オレはエリート、おまえたちとは違うんだよ!」という人を見下した感じは嫌ですし、いけ好かない男ですわ。大統領になったらファーストレディは熟熟女www あの嫁さん、色々と口出ししてきそう(笑)

そのおフランス大統領選。どちらが勝つかわかりませんが、マスゴミはアメリカと同じようにマクロンアゲですね、全方位。まあ、私がフランス人だったらあの二人のうちのどちらかと言われたら、ルペン氏に投票します。彼女は差別主義者のごとくレッテルを貼られていますが、果たしてそうでしょうか?

トランプ大統領がアメリカ第一主義、彼女はフランス第一主義、自国と自国民のことを第一に考えて行動する!・・・これって国家の長、長を目指す政治家なら当たり前のことを言っているだけです。なぜ、自国と自国民を第一に考えること、自国と自国民の豊かさと幸せを言葉にすることが、まるで絶対悪のように言われるのか、甚だ疑問です。池上彰とか大谷ナントカ、田原ナントカに回答してもらいたいわ(笑)

昨日の憲法改正もそうですが、憲法も自国と自国民の幸福のために存在するものであり、その憲法に基づいて国民から選ばれた政治家が自国と自国民の幸福のために働くことは当たり前です。なんで、自国と自国民を不幸にして他国のために税金使わなければならないのでしょうか?それは国民に対する反逆であり、売国、利敵行為にほかなりません。

残念ながら、我が国の政治家の大半、マスゴミ全方位、経済界全方位で特ア第一主義となっていますので、我が国は戦後70年たってもいまだにカタワのままで真の独立国家となれないのです。我が国の政治家のなかで、堂々と「日本第一主義」を言える人がいないことが、我が国の現実を如実に物語っています。

だいたい、シナや朝鮮なんて自国第一主義の権化でしょうが!! 誰もそれを言わずに、アメリカを批判する・・・全く筋が通らない話です。まあ、政界も財界もマスゴミも特アの犬でしかないから、飼い主を批判、つまり飼い主にむかって吠えるような真似をしたらすぐに撲殺されて、ミンチにされて軍用犬のエサにされるか火炎放射器で焼かれて骨も残らないようにされるかのいずれかでしょうからww

自国を守ることも、自国民を幸せにすることもできないクズが他国のことを考えるなどおこがましい、ただの偽善、ただの驕りです。日本の政治家ならば、「日本第一主義」を唱えるのが当然であり、私はそのような政治家を支持します。

とはいえ、私はフランスが少しだけ羨ましい。それはフランスの大統領候補者は左であっても右であっても、フランスという自国を間違っても貶めるような言動をしない、つまり反仏ではない、候補者全員が、集まった人々がフランス国旗を振り、それぞれの集会の最初あるいは最後には必ずフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を大合唱するからです。

それに比べて、我が国はどうですか? 日本国の政治家でありながら、国歌と国旗を堂々と否定して、自国を貶めて、我が国の国旗を焼いて喜んでいる、売春婦の銅像や勝手に密入国して働いていたくせに強制徴用されたと金をタカルしか能がないゲス基地外国の利益のために働く・・それがなぜか誰からも責められない、許されてしまう、本当に狂っているとしか言いようがありません。

日本も外国も同じなのかもしれませんが、政治家という職業がここまで軽くなり、劣化してしまった、明らかに小物になったように思われてなりません。いい悪いは別として田中角栄、佐藤栄作、岸信介・・・といった超大物政治家がでてきませんね。

このところ田中角栄ブームとなりましたが、確かに彼の遺した言葉というのを改めて読むと、凄いですね。角栄氏が総理だったころ、勿論生まれていましたが、当然ながら何もわからない子供であったわけですが、いまそれなりの経験をへたうえでその言葉を読むと耳が痛いものも多数ありました。

角栄氏の政治手腕には賛否両論あるとは思いますし、シナと国交を結んだこともあって、好き嫌いもあると思いますが、大物政治家という意味においては抜きんでていると。彼が残した言葉に・・

「時間の守れんヤツは何をやってもダメだ」「政治家は発言に、言ってよいこと、悪いこと、言ってよい時、悪い時、言ってよい人、悪い人に普段から気を配らなければならない」「国の方向を示すのが政治家の役目だ。それが出来なければ役人以下だ」

特に、政治家の発言。これを全く理解できてないのが多すぎます。国の方向を示すこともできないくせに、嫁が闘病中に女作って重根騒ぎ、遊びまわることだけは一人前の人がいましたね(笑)

これら以外にもたくさんあるのですが、特に印象に残ったものを記載しました。我が国にも日本第一主義を掲げ、国を愛し誇りに思う、国民と国のために身を粉にして働く政治家の出現、一日も早い出現が待たれてなりません。

でも、どういうわけか角栄氏が育てたであろう政治家の大半が売国奴になったのはなぜ?? 角栄氏の言葉は以下のリンクからどうぞ!



そして・・・連休にふさわしいイージスさん他のの動画。あれ~?旭日旗を忌み嫌うはずの朝鮮人がなぜ!!旭日旗乱舞です(笑)




そして、大統領選挙真っ最中のおふらんすでも・・・





















by ariesgirl | 2017-05-06 21:30 | 政治(国内) | Comments(5)