2017年 03月 03日 ( 1 )

3月が始まりました。年度末でもあり、何となく気ぜわしい感じがしてきます。そして、個人的には花粉症・・・orz  3月に入った途端、凄まじいことに(涙)3月1日は一日中鼻をかんでいる有様、もう頭がぼーっとして仕事にならない3月の始まりとなりました。

スギ花粉症の皆さま!桜が満開になるまでの辛抱です、一緒に乗り切りましょう!!

さて、連日国会をにぎわしている「森友学園」問題。先日、拙ブログでも取り上げましたが、多くの皆様にご訪問頂きました。賢明な読者の皆さまは今回の件が如何にくだらないか、重箱の隅を楊枝でほじくるようなことか、そしてマスゴミどもが(特にテレビ)歪曲報道をして安倍総理夫妻を犯罪者のように印象操作しているか、お分かりかと思います。

安倍総理夫妻が犯罪に加担しているかのような報道と犯罪者のように思わせる印象操作で滅茶苦茶になっています。ゲスのメロリンQなどは言うに事欠いてロッキード事件を朴って「アッキード事件」とほざく有様。強酸党も同じ、ミンシンは言わずもがな、下等動物はいくら服を着てバッジをつけても中身は変わらないことの見本です。

私は正直言えば昭恵夫人というのはそんなに好きではないです(笑)反原発の集会に言ってみたり、この人大丈夫か?と思うような言動が多いし、とても聡明な人には見えないww とはいえ、政治家の妻として長年過ごしてきたわけですから、それなりにわかっているはず。まあ、生来のお嬢さん育ちですからね~簡単に人を信用してしまうのかも。

今回、昭恵夫人の講演会に公務員(政府)が5人ついてきたから公人だの、パンフレットに内閣総理大臣夫人と印刷されているから公人で私人じゃないなどと、本当にどうでもいいことで国会審議をダラダラダラダラやる糞野党。氏ねよ!!どこまでバカで反日なのでしょうか?死んでもならないでしょうが、だったら反日左翼系の私学の名誉職に就任した場合、ミンシンや強酸の議員だったら「狂惨党の○○衆議院議員で~す!」と紹介されたら公人ですか?私人ですか? 昭恵夫人の活動まで攻撃対象にする・・まさに日本人ではないDNAの持ち主らしいやり方です。本当に卑怯者としかいいようがありません。

昭恵夫人が森友学園から多額のお金をもらって、それを元手にマルチ商法やって被害者がでた!というならば騒ぐのもわかりますが、べつに講演会をすること自体は犯罪でもなんでもありません。ましてや、総理があの学園の国有地取得に関して便宜を図ったわけでもありません。政治家のところにはいろいろな人間が陳情に行くわけで、中にはいろいろな思惑をもっている連中もいるでしょうが、議員が有権者の陳情、話も聞かない、門前払いってありえないでしょう?ミンシンも強酸も有権者が事務所に話をきいて!といっても追っ払うんだ、へえ~(;゚Д゚)

このような姑息極まりない印象操作と犯罪者であるかのような報道をするマスゴミ、しかし時代は変わっているのです。いまだに国民を騙せると思っている、それに加担するミンシンや強酸党、こいつらの頭の中は昭和で時が止まっているようです。♪時間よ~とまれ~♪

今回の問題、次から次にいろんな人間の証言だの議事録が出てきています。昨日は鴻池議員が参戦!週刊文春には口利きしたという人間も登場、おまけに今日の夕刊フジには森友学園に認可が下りないように鴻池議員側が各資料を狂惨党に提供した!と出る有様。可能性ありますね。

今回は森友学園の土地取得に関わる色々な問題が味噌も糞も一緒くたにされて、安倍総理夫妻が犯罪に加担したかのような印象操作で取り上げられているわけですが、ミンシンなどいい加減にしろよ! 
じゃあ、朝鮮学校に公有地を格安で売却するのは何も問題もないんだな? なんでそれを問題にならないの?総理もそこをつっこめばいいのに!

おまえのところのR4の二重国籍問題はどうなったんだよ、え?(怒)何が調査するだよ、調査もヘッタクレもないんでしょうよ。戸籍謄本一通だせば解決する話なのに、それをださないのは、出せないからだろうよ!! つまり、日本国籍取得の手続きなど一切してないってこと!! 戸籍謄本をだせばそれが白日の下にわかってしまう、外国籍のまま議員になった確信犯、日本国民の税金を使って犯罪者になったことがわかるから出せないんだろうよ、このゲス、ブス、カスの三重奏の女スパイがっ!!

そんな中、墓穴を掘るというブーメランが炸裂しました(笑)以下に転載します。夕刊フジからです。
===============
民進・長妻氏が墓穴ツイート 国会追求、テーマ募ったら「蓮舫氏の二重国籍」「ガソリーヌ」… 2017.03.03

衆院予算委員会の野党筆頭理事を務める民進党の長妻昭元厚生労働相が、ツイッターで「国会で追及してほしいことをお寄せください」と呼びかけた。ところが、ネットユーザーからは、民進党のあんな疑惑やこんな不祥事の“追及”を求める声が相次いで寄せられた。

 1日のツイッターでの呼びかけに対しては、蓮舫代表の「二重国籍」問題や、“ガソリーヌ”こと山尾志桜里前政調会長の政治資金問題、後藤祐一衆院議員の防衛省職員への暴言問題など民進党議員の疑惑や不祥事を追及のテーマに据えるよう求める意見がまたたく間に集まった。

 女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたと「週刊新潮」に報じられ党青年局長を辞任した初鹿明博衆院議員や、旧民主党時代、国会の審議時間中に自民党の女性議員を投げ飛ばした津田弥太郎参院議員(すでに政界引退)の名も挙がった。

 こういう結果になることを長妻氏は予測できなかったのか…。
==============(以上、転載終わり)

あはははははははははははは(゚∀゚) ヴア~カ!! 本当に学習能力のないサル以下のゴキブリだこと、ほほほww さあ、長妻議員!これが国民の声ですから、本国会で必ず、必ず取り上げてくださいよ! 国民の声を無視するなんて、民進党にかぎってそんなことはないはずでしょ♪

b0169850_22150935.jpg

b0169850_22155430.jpg

b0169850_22155430.jpg
b0169850_22164495.jpg
そして、マスゴミが今回の問題を味噌も糞も一緒くたにして、まるでどこかの半島の人たちのようにしてしまっている、忠誠を誓ったあの国のDNAを受け継いでいる皆さん。今回の問題の論点を整理しようかと思っていたら・・・実にいい記事を発見しました! 同じく、夕刊フジからの転載です。ぜひ、拡散をお願いします!八幡氏の意見は至極まっとうだと思いますので。

=================
安倍首相スキャンダルと印象操作の観あり 森友学園問題の核心、昭恵夫人の活動を攻撃するのは卑怯 (1/2ページ) 2017.03.03

国有地が格安で売却されていたとして、学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校用地をめぐる問題が国会の焦点になっている。同学園が運営する幼稚園の教育内容まで取り沙汰されているが、核心はどこにあるのか。評論家の八幡和郎氏が論点整理した。

 森友学園の問題が、野党や一部マスコミからやり玉に上がっている。さまざまな問題がゴッチャに扱われ、安倍晋三首相をめぐる得体の知れないスキャンダルだと印象操作されている観がある。

 私はここの教育方針に何の共感もないし、一連の経緯に解明すべき問題はあるとは感じるが、きちんと問題を整理して議論すべきだと思う。

 第1は、学校法人としての認可につき、大阪府では「アンチ私立学校傾向」にある教員組合などの影響で厳しかった。そこに、他の府県ならば認可されるが、従来の大阪府では認めていなかった案件が出てきたので、大阪府が他府県なみに認可するように基準を変えたのだ。そんなに怪しげなことではない。

 第2に、国公有地の払い下げは、価格が妥当だったか精査する必要はあるが、疑惑かどうかはそれからの問題だ。騒音対策で買い上げた土地を公益目的で使いたいというなら払い下げるのはおかしくなく、やや安めであっても不自然ではない。

 そもそも、国公有地を公益目的なら安く売ることは、広汎にされているし、保育所の問題などで推進する声も強い。私は「大幅な値引きは不明朗でよくない」という主張で、朝鮮学校への安値売却にも反対してきた。今回の問題を攻撃してきた人たちが、他のケースにおいても安値売却に反対してきたとも思えない。

 政治家の関与も、鴻池祥肇元防災担当相が陳情を受けたとか、「安倍事務所に出入りしていた」人物が動いていたというだけだ。

第3に、教育勅語を正面に立てた教育が批判されている。教育勅語は明治20年ごろ、西洋化と伝統的価値観の調和のために作成された。時代的背景を踏まえ妥当性があったが、明治末期には「時代遅れ」とされ、西園寺公望文相が、国際性や女性重視を加えた新しい勅語の制定を申し出て、明治天皇の了承も得ていた。

 それが、明治天皇の崩御で改正の機会を失い、逆に大正や昭和を通じて不磨の大典化されてしまって弊害も多かった。

 戦前のようなかたちで復活することは論外だが、中国の古典や老舗の家訓と同じで間違った内容ではない。私立学校などで、どういう扱いをしようが勝手だ。

 第4に、昭恵夫人が4月開校予定の小学校の名誉園長だったとして、安倍首相まで攻撃されている。ただ、昭恵夫人は沖縄県・辺野古に行ったり、反原発派など環境派と交流したり、韓国に融和的だったり、安倍首相とズレがあるポジションで行動してきた。

 私は、極端でなければ首相夫人が少し違うポジションで活動してもいいと思うが、好ましくないとの議論はあるだろう。

 それなら、左の方にエールを送れば「家庭内野党」ともてはやし、右に寄れば「首相の意を受けたもの」と攻撃するのでは卑怯(ひきょう)だ。

 ■八幡和郎(やわた・かずお) 1951年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し、退官。作家、評論家として新聞やテレビで活躍。徳島文理大学教授。著書に『蓮舫「二重国籍」のデタラメ』(飛鳥新社)、『日本と世界がわかる 最強の日本史』(扶桑社新書)など多数。
==================(以上、転載終わり)

by ariesgirl | 2017-03-03 22:35 | 政治(国内) | Comments(0)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス