2009年 10月 20日 ( 2 )

本日、皇后陛下は75歳のお誕生日をお迎えになりました。国民の一人として心からお祝いとお喜びを申し上げます。これからも天皇陛下とともに益々ご健勝であらせられ、あの輝く笑顔で我々日本国民をお導き頂きたいと心から思う次第です。陛下とのご成婚から50年、皇族以外から始めてのお妃となられ、我々の想像を絶するご苦労の日々があったことと存じます。しかし、いまや国母としての神々しいお姿と祭司を大切になさり、常に国民の幸せを祈るお心ににどれだけの国民が励まされていることでしょう。

しかし、両陛下とも75歳を越えておらえます。こんなに働く国家元首夫妻がいるでしょうか?以前より少しは公務が減ったとはいえ、働きすぎなのでは?と思ってしまいます。普通なら楽隠居でのんびりといったところですが、心配事が多すぎてとても楽隠居などといっていられないのが現状なのではないかと推察いたします。皇太子ご一家のこと、くすぶり続ける女系天皇問題と皇室典範改悪、そして日本が解体されようとする
危機感・・・きっと聡明な両陛下は日本を根底からひっくり返すような危機の訪れを感じ取っていらっしゃるはずではないでしょうか?お立場がお立場だけに言葉をつつしみ、最大限に選んでのご発言となるわけですが
管理人のような一般国民から言わせて頂くと、あのようなお立場だからこそ逆にもっとご発言なさってもいいのではないかという気がしますが、やはりダメなんでしょうか?宮内庁の役人にもかなりおかしなの(層化、左)がいると聞き及びますし、雅子妃においては小和田家の影響が強すぎて、自分の役割を認識できていないのが問題です。

b0169850_20582328.jpg


一国民として、できれば両陛下にはそろって靖国神社へご親拝をいただきたいと願ってやみません。とはいえ、亡国の危機に瀕している中、陛下は例大祭にはかならず勅使をお遣わしあそばされ、常にお心にとめておいでであり、日本を守ろうとなさっているように思えてなりません。
ちなみに管理人は来年皇居の清掃奉仕に参加いたします♪もしお出ましがあったら…と今頃から考えてしまいます。去年の11月に偶然京都駅でおでましに遭遇しただけで、鳥肌がたつほどのオーラと品格、お声などかけられたら、自分でもどういう反応をしてしまうか想像もつきません。
やはり皇后陛下は国母となるべくして、この世に生を受けられたお方なのですね。一日も早い膝の回復をお祈り申し上げます。
by ariesgirl | 2009-10-20 21:04 | 皇室 | Comments(4)
昨日は10月17日の日本解体阻止の集会とデモの様子を長々とエントリー致しましたにもかかわらず、多くのみなさんにご訪問頂きまして、本当にありがとうございます!! 頂いたコメントを拝見しますと、皆さんの危機感が痛いほど伝わってきますし、絶対に日本解体を阻止しなければ!という強い意志を感じて、心強く思います。管理人も本日は自民党の保守議員と自民党本部あてに「菅直人と千葉景子に対する不信任案決議、問責決議」を要求するファックスを送りました。民主党本部には色々な質問を送るつもりですし、もし回答が来たら、この場で公開いたします。

さて、先日16日に中川さんの追悼の会が地元帯広で催されました。麻生前総理、安倍元総理、河村前官房長官らが出席しました。しかし、なぜ鈴木宗男と民主党の石川某が出席するのか理解できません。鈴木宗男にいたっては狡猾としかいいようがなく、中川さんが亡くなったときのインタビューも物凄くいやらしくて胸糞悪いものでした。最初は「こいつが殺したんじゃ?」と思ったくらい。また、石川某に至っては、小沢の元秘書であり西松絡みでいつお縄になるか分からないほど黒く、宗男と組んで中川さんを落選させた男。私が遺族なら追い払いますが・・・東京での弔辞は安倍元総理、帯広での弔辞は麻生前総理。どんな想いでお二人が弔辞を読まれたのか、その悲しみと無念さは想像を絶するものがあります。以下は麻生前総理の弔辞です。

保守理念を引き継ぐ
昭ちゃん。まさかあなたの弔辞を13歳も年上の私が読むことになろうとは。100年に1度という世界同時不況時に、財務・金融担当大臣という要職を兼務し今回の総選挙で自民党が政権与党の座を失ったことが、今回の悲劇を生んだ一端ではないかと、大変心苦しく申し訳なく思っている。 「政治家はわが身無念と思えども、国のためなら本懐なり」。あなたにこの言葉を贈りたい。自民党は保守理念の再構築を果たさねばならない。中核を担うと期待していた中川先生を失い、われわれの気力がなえたことも事実だが、われわれは中川先生の遺志を継ぐ義務と責任がある。 「死せる中川生ける保守を走らす」。これがあなたが最も望んでいることだろう。残されたわれわれは歯を食いしばって頑張る。


不思議なことに管理人は17日の集会に参加し、「海ゆかば」を斉唱した後に「死せる孔明生ける仲達を走らす」という言葉を思い出していました。それと同じことを麻生前総理が弔辞としたことを後で知って、みんな同じことを考えていると勝手に思いました。ただ、ちょっと違うのは「保守」はもちろんだけれど、管理人は死せる中川生ける日本人を走らすとしたいのです。日本という世界にも稀なる素晴らしい国が根幹から音を立てて崩れていこうとしている今、日本を守るために走らなければならないのは日本人だからです。今まで日和見的だった人も、今回のことで何かの行動を起こしてほしいと。本来の日本人のDNAを目覚めさせるのは今であり、保守の心を滾らせなければ日本は守れません。シナ人が怖くて怖くてたまらないという真の日本人とならなければ日本は解体されます!!

ところで、頂いたコメントに10月17日の画像などはないのですか?とのご質問がありました。一部を取り急ぎ貼り付けます。サイズがバラバラですみません。バンバン拡散して頂ければ大変嬉しく思います。よろしくお願いいたします。(コメント欄には工作員もわいていますが)


「海ゆかば」 護国の鬼となった中川氏への追悼












この動画にはご注意ください。涙線が崖崩れを起こします。
by ariesgirl | 2009-10-20 00:48 | 日本 | Comments(6)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス