アリエスの雑記帳

ariesgirl.exblog.jp

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!

2009年 10月 18日 ( 1 )

昨日は砂防会館で行われた日本解体阻止!のシンポジウムとデモ行進に参加してきました。砂防会館大会議室「シェーンバッハ・サボー」が会場、13時からとのことで10分前に到着したのですが・・・座るところがない!なんとか一席をみつけ、座りました。その後も次から次に人が増え、二階席も一杯、座れないひとは結局立ち見ということに。入口の受付で氏名や住所を書くのですが、結局1500人を超えていたとの話でした。管理人も考えが甘かった、多いとは思っていたのですが、あれほどとは…老若男女、80歳を超えようかと思われる男性、親と一緒に来ていた6歳くらいの子供、大学生、団塊の世代よりも若い世代が多いように思いました。

13:00開始。まずは司会の水島聡チャンネル桜社長の挨拶、国旗掲揚と国歌斉唱。そして・・・場内の照明が落とされ、大きなスクリーン、そこには中川昭一さんの素晴らしい写真が映し出されました。水島氏から追悼のコメントがあり、「海ゆかば」が流れるなか、中川さんへの黙祷。黙祷後、再度参加者全員で中川氏追悼の「海ゆかば」斉唱。涙がとまりませんでした。こんな想いで「海ゆかば」を聞いたことも、歌ったこともありませんでした。「海ゆかば みずく屍 山ゆかば 草むす屍 大君の辺にこそ死なめ かえりみはせじ」 余りにも早く旅立ってしまった国士・中川昭一氏への鎮魂の祈りとその意志を継ぐ決意、日本を守る決意を示したものだったと思います。私と同じように涙をふく女性の姿もたくさん見受けられました。改めて中川さんがいなくなったことを嫌というほど感じました・・・特に17日は中川さんが奥様とエジプト旅行に出発する日だったと聞いていたので余計に涙がでてしまいました。

さて、登壇者は錚々たるメンバーであり、落選した方たちもたくさんいらっしゃいました。赤池氏、馬渡氏、西村氏、といった、なぜこれほど国を想う人たちが落選の憂き目を見なければならないのか?一体、選挙区の有権者は何を見ているのかと改めて思い怒り心頭でした。登壇政治家は、平沼議員、下村議員、稲田議員、有村議員、山谷議員、東京都議の土屋氏(民主党でありながら民主党を滅多切り、除名勧告99回目とのこと)、中山氏、西村氏、赤池氏、馬渡氏、三宅氏(西村氏の盟友、前八尾市議)、そして安倍元総理(ビデオ登壇)、文化人は渡部昇一氏、日下公人氏、すぎやまこういち氏、小田村四郎氏、加瀬英明氏、田母神閣下、三輪和雄氏、西村幸祐氏、拉致被害者家族会増元氏、日教組と戦いつづけている元鎌倉市議の伊藤氏、ジャーナリスト大高氏、井上氏、外国人参政権の危険性を訴え続けた村田氏、と、いった大勢の方たちがされていました。

それぞれの方たちの講演を聞く会場に参集したみなさんの熱気は凄いものがありました。その裏には、迫りくる日本解体への危機感、熱気と危機感が会場を埋めていたように思います。今回集まった方たちは、どこかの政党のようにおかしな外国人の団体や宗教団体からサクラを集めてきたわけではありません。とにかく、日本を守らなければという思いに駆られた人たちです。

登壇者の講演を聞きながら、改めて日本がのっぴきならない状態にあることを痛感しました。登壇者はみな、最初に中川さんのあまりにも早い死を悼み、氏の志を必ず継ぐことを明言されていました。錚々たる方たちのお話で大きな拍手が鳴り響き、予定時間を1時間オーバーする状況でした。すべては書ききれないのですが、特に印象に残ったことを書きたいと思います。

まず、平沼議員。中川さんの訃報は痛恨の極みであるとの話から始まり、中川さんから「先輩」と呼ばれていたとのこと、これまでの交流、そして民主党の本来の政策はまさに日本を解体するものであり、また皇室が犯されることが絶対にあってはならないと力説されました。平沼氏の話から、本来の保守新党を立ち上げると思います。かなり気合いが入っているように感じました。

西村真悟氏。まさに国士ここにあり! 「日本は核をもつべきである!」との発言には割れんばかりの拍手、拍手。そして、「中川氏は英霊となったが、その魂は意志は死なない。その魂はこの場にいる、そして必ずや日本を守るだろう」と。田母神前航空幕僚長が「日本はいい国だ」といったら、当時の与野党あげて田母神氏を叩き解任した。その田母神氏を外務大臣か国防大臣にするような政党が本来の保守である。これも割れんばかりの拍手。国民とはその国を守る義務を負った者をいうのであり、その義務を負わず、かつ戦争になったとき敵国になるかも知れない外国人に参政権を与えることは世界を見渡しても当然のことである。大拍手。

山谷えり子議員。彼女も国士!今日来てみて、この満員の会場を見て勇気がでた、対馬や与那国の問題。対馬の自衛隊基地のとなりを韓国人が、沖縄も中国人が土地を買い侵略しはじめていること、国防にとって大切な島が犯されようとしていること、外国人が日本の土地を買う場合の厳しい制度の必要性、そして中川さんが最も心配していた「水利権」の問題がすでに始まっていること、日本各地の山林や河川の上流を中国人が買いあさろうとしている事実、もしそうなったら確実に地方が日本がどうなるのか。日教組問題。すでに北海道日教組では「竹島は韓国領」とした指導要綱が作られている。心のノートといったものを廃止し、道徳教育をなくし、過激な性教育問題・・・来年の参議院で民主党が勝つと、もう民主党の暴走は止められない、日本は確実に亡国の道を突き進む、だから命がけでそれを止めなければならない、一緒に戦ってほしいと。これも割れんばかりの拍手。

中山成彬氏。中川さんがどれほど教育問題に力を入れ、そのきっかけとなったのが当時中学一年だったお嬢さんの社会の教科書を見てあまりにもひどいことに驚き、中山氏らと一緒に活動。その成果で、強制連行や慰安婦の記述はなくなったが、今だに南京大虐殺30万は残っている。どれほど中川さんが活躍されたかを力説し、日教組を解体しないかぎり日本の教育はダメになり、日本を愛せない子供ばかりが育つ。このままで終わるわけにはいかない、全力で戦うと。拍手、拍手。

渡部昇一氏。なぜシナ人が靖国参拝にこれほどこだわるのかについて。シナ人は過去の経緯から日本人が怖くて怖くて仕方がない。だから、日本や日本人を怒らせないために、弱くするために、靖国参拝をターゲットにした。首相の靖国参拝は日本人の気を強めるから、それをさせないようにすれば日本を操ることができるとなめきっているとのこと。日本にいる反日日本人はシナ人の手が回った人間か、シナ人の手が回った日本人であるとのこと。拍手、拍手。

加瀬英明氏。鳩山由紀夫は宇宙人と言われているが、あの状態をみると「重度の夢遊病者」と断言。大拍手。

小田村四郎氏。外国人参政権は憲法違反であると一喝。大拍手。民主党も政府も独裁者小沢一郎に乗っ取られていると訴え。自民党が負けたのは自民党が社会党になってしまっていたからだとのこと。大拍手。

日下公人氏。目から鱗がおちるような眼のつけどころ。アメリカ人はいつ日本が怒り出すか、気にしている。だからそうならないように、手を替え品を替えしかけてくる。世界は腹黒いと。

田母神俊雄氏。やはり大人気。「危険人物の田母神であります」から始まる軽妙トーク。今年の8月6日、広島でのこと。記念式典に参加しているのは被爆者やその家族はほとんどおらず、おかしなイデオロギーに満ちた団体が牛耳っていることを広島市議会議員、県会議員からきいて驚いたこと。日本は2回原爆を落とされた、だから3回目の被害を受けないために「核武装が必要!」大拍手!左翼かどうか、自分にはすぐにわかる、なぜかというと「頭が左を向いているから」爆笑。

都議会議員の土屋氏。民主党でありながら、民主党の本来のマニフェスト(裏法案)を暴露。そのことで、除名勧告99回目、岡田や菅直人が怒りまくっているとのこと。次で100回目なので、それで除名されようかと思っているとのこと、これには拍手と爆笑。

三輪和雄氏。デモ行進でおなじみの三輪氏。相変わらず元気いっぱい。日本解体法案を止められるのは国民だけ、今日はデモがあるのであまりしゃべらないでおこうと思ったがこんなに多くの人がかけつけてくれたのをみてしゃべらないわけにはいかなくなった。爆笑。この10月17日がフランス革命における「テニスコートの誓い」のように、「シェーンバッハの集い」となるだろうと発言。

そして、ビデオ登壇の安倍晋三氏。盟友中川氏を失ったことの悲しみ、そして保守再生に全力を尽くす。自民党を立党の精神に立ち戻り立て直し、日本を守るとのこと。最近はチャンネル桜に出演されたりと、私の気のせいかもしれませんが、以前より凄味が感じられました。

あと4週間で出産にもかかわらず大きなお腹で登壇した有村議員、福井から駆けつけ、また福井へもどる稲田議員をはじめ、大勢の登壇者、1500人の聴衆。これほど日本が危ないことを実感している人、同志がいると思うとますます立ち向かう勇気が湧いてきました。日本解体は絶対に阻止しなければならない、解体すべきは民主党、日教組といった売国集団です。16:30ごろに終了。デモ行進へ。私もデモ隊に参加。第一悌団から第四悌団まで。雨が降り出しても誰も列から抜けようとしません。私と同じように単独で参加している女性もかなりいました。女性の危機感というのは男性より上回っているかもしれません。濡れながら永田町から麹町を通り、四谷駅まで行進、18:00ごろ解散。シュプレヒコールを上げながら、参議院議員宿舎前、民主党本部が見える場所では特にヒートアップ。通りすがりの人や車から見ていた人は一体何だろう?と思っていたようですが、外国人参政権をはじめとする法案が自分の生活の根幹を崩すものであることをもっと認識してほしいですが、何せマスゴミは一切報道しません。昨日もどこも取材にきていませんでしたし。さあ、10月27日は大集会にして、いかに日本人が怒っているかを知らしめなければなりません。中川さんへの追悼と誓いの日でもあります。地方のみなさんはぜひ請願書提出を心からお願い申し上げます。日本を守るのは日本人だけです!!日本に何の愛情ももたず、責任も負わない外国人が大手を振ってあるく国にしてはならないのです!!
b0169850_15594933.jpg

b0169850_1614468.jpg


b0169850_1644553.jpg

中川さん、私たちはあなたの意志を継ぐために、日本を守るために走ります!どうか力を貸してください。傍にいてください、日本のために。
by ariesgirl | 2009-10-18 16:12 | 日本 | Comments(12)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス