管理人の独り言

本日、中川昭一氏の帯広事務所あてに弔電を送りました。今までお祝いごとでたくさんの電報を送ってきましたが、個人的に弔電を送ったのは初めてのことです。それが、中川昭一氏の早すぎる死を悼んでとは・・・・・。

訃報から2日。まだ信じられません、信じたくありません。これは何かの間違いだと。多くの方たちも同じ気持ちだと思います。電報の文章はサンプルからは選ばないで、自分で考えたものを送りました。途中から涙がでて仕方がありませんでした。一人の政治家の死がこれほど悲しく、辛いものとは…。そして、マスゴミへの怒り。あの会見をまた垂れ流し、死者への敬意などみじんも感じられない彼らのやり方。日本人である資格も、いえ人である資格さえ無い! その代表である古館伊知郎。弔意の言葉さえない。その点、日テレの村尾氏はじめ出演者は弔意を示すように喪服に近い服装でした。古館はどういう脳みそだったらあのようなことができるのか、全く理解できません。

中川氏と何の接点もない管理人でも悲しくて悔しくてならないのに、盟友である麻生前総理のお気持ちを考えると余計に辛くなります。まるで体の半分を失ったようにお感じになっているのかもしれません。麻生前総理の慟哭が聞こえてくるようで、おからだが心配でなりません。今回の死因については暗殺説も浮上、いったいどうなっているのか見当もつきませんが、9月26日には都内の水フォーラムに出席され、大変お元気な姿をみせていた中川氏がそのちょうど一週間後に突然死するなんておかしすぎます。管理人の頭に残って離れないのは、リトビネンコ氏の暗殺であり、その時に使用された薬物。即効性はなく時間をかけて体内臓器を不全状態にしていくらしく、もともと循環器系に持病のなかった中川氏が・・・。見せしめのために雨から消されたとか、色々な噂だらけですが、これ以上中川氏の名誉が傷つけられることがないように願うばかりです。本当に消してほしい連中はいくらでもいるのですから

先日行われたG7。藤井財務相とあまりの能力の差に改めて中川氏の有能さを思い知り悲しさが増してきました。(以下、2chより)
==============================
IMF理事が絶賛 > 中川(酒)
G7メンバーが無視 > 藤井

中川(酒):IMFストロスカーン理事から「人類史上最大の貢献」と絶賛
藤井:質問なし、ガン無視

中川(酒)「わが国はIMFに対して資金を出す準備は出来ている」
      「バイアメリカンには大きな懸念がある」
諸外国「よく言った」
IMF「人類史上最大の功績だ」

藤井「日本は内需拡大(子ども手当)によって経済を立て直す」
諸外国「・・・・」

管直人「民主党が政権を取れば、株価は二倍三倍!」
http://www.dpj.or.jp/news/?num=3937
公共事業止めて 製造業追い出して 子ども手当で内需拡大するっていうジジイに聞く事なんて 「おまいはバカか?」くらいだろ

・麻生政権(麻生+中川=最強コンビ)
エコポイント制度、特別給付金など、数々の政策を実行し、世界的な不況(米サブプライムローン問題、リーマンショック)という、全世界が飲み込まれた蟻地獄から這い出した。

・鳩山政権 (鳩山+藤井=最狂コンビ)
自ら掘ったデカイ穴に落ちて、窒息寸前。どうすればいいか分からないから、とりあえず穴の中で眠ることにする。巻き添えを食らう1億人以上の国民についてはスルー
============================================
以上、転載終わり。 

市場は正直です。キャバクラ五人衆が遊んでいる間に株価の二番底も目の前。おまえに選挙前は「赤字国債発行は無能、増税しない」と息巻いていた黒い鳩は自分が発した言葉がブーメランとなって脳天に突き刺さりそうな勢いです。いきなりの嘘つき。にもかかわらず売国法案だけはなんとか成立させようとする国賊です。昨年の麻生&中川コンビが世界大恐慌を防いだ最大の功労者だったこと比較すると、民主政権の無能ぶりがよくわかります。事務所費の問題なども出始めました。あの妄想記事の日刊ゲンダイでさえ民主批判を始めました、次は何が来るのでしょうか?

話は変わります。管理人は先日東京地検特捜部にメールを送りました。聞いたところによると故人献金捜査の件でクソババアが人事権を盾に指揮権を発動したらしいとの話もあり、それを受けて、地検メンバーあてに抗議ではなく、「日本を助けてくれとは言わない。選ばれた真のエリートとしての矜持と何者であっても法を犯したものは見逃さないという覚悟と決意、毅然たる態度を日本国民に示してくれることを信じている」と書きました。あのクソババアが指揮権を発動して捜査を阻止しようとしても、地検メンバーの覚悟と決意の問題だと思い、抗議ではなく激励の意味を込めました。どうか黒鳩の悪行が白日のもとに晒されて、中川さんへの供養の一つになりますように。

b0169850_2221570.jpg

b0169850_22241657.jpg


虎は死んで皮を残す。人は死んで名を残す。中川さんは両方を残した稀有の政治家でした。
でも、でも…生きていてほしかった。この喪失感はしばらく消えそうにありません。
天国にいるお父上から
「昭一、おまえ何しに来た! まだ早い! まだ日本のために働いていないからさっさと戻れ!」 
そう言われて生き返ってくれないかな、中川さん…
by ariesgirl | 2009-10-06 21:59 | その他 | Comments(8)

中川氏逝去の訃報から一夜が明けました。管理人はまだこの事実が信じられません、受け止めることができません。拙ブログに頂いたコメントを拝読しますと、中川氏に対する皆さまの悲しみ、嘆き、無念さ、哀悼、悔しさ、そして怒り…それぞれの想いが溢れていました。本当にありがとうございました。昨日はあまりのことで頭も真っ白になり、正直涙もでてきませんでした。しかし、皆様のコメントを拝読したり、他のブロガーさまの追悼記事を読んだり、在りし日の中川氏の動画を見て涙がとまりませんでした。

中川氏のあまりにも早すぎる死に衝撃を受け、テレビの前、パソコンの画面の前で悔しさと悲しさで震え、怒りで涙を流している心ある日本人が多数いることと思います。管理人はひとりの政治家の死でこれほどショックを受け、呆然とし、怒り、泣いたのは初めてです。それもこれも中川氏が真正の保守政治家であり、氏の思想や行動の基礎となっていたのは日本への愛情だったからです。真に日本の国益を常に考え行動してきた中川氏の功績は他のブロガーさまが紹介されているので敢えてここではエントリーしません。今回の死因はまだ確定していませんが、色々な噂が飛び交っています。いったい何が真実なのか知る由もありませんが、中川氏の心身をこれほどまでに破壊したのはマスゴミとそのマスゴミに踊らされ、氏の功績よりもお灸をすえるとして民主党候補を当選させた北海道11区の選挙民です。(長崎2区も同じ。肝炎のくせに大酒のみの泥棒猫、福田えりこを当選させた愚民ども)中川氏のような国士を失ったことが日本にとっても地元にとってもどれほどの損失なのか…この損失を何をもって補てんするのでしょうか? 死を招くほどのストレスとは一体どれほどのものなのか、想像もつきません。不眠で薬を服用していたとの報道もありますし、アルコール分も検出されたとのことですが、眠れない夜を過ごす中川氏を想像するとやりきれません。あくまでも想像の域をでませんが、眠れないことでほんの少しアルコールを口にされたのではないかと思うのです。保守の先頭に立ち、命をかけて日本を守ってきた中川昭一という稀有の政治家がこれほど早く天に召されてしまうとは、神も仏もないのかと管理人はやりきれません。もし、神が日本人を本当に覚醒させる最後の手段として中川氏を手元に召されたのであれば、これほど残酷で辛い手段はありません。

正直死んでくれと殺意を抱くやつほど生きながらえて…悔しくてなりません。なぜ、中川昭一氏のような愛国者がこんなに早く鬼籍に入り、売国の限りを尽くした村山富市、河野洋平、野中広務といった老害ジジイどもが長生きし、売国奴が閣僚としてデカイ面をして歩いているのか・・・理不尽すぎます。

そして、マスゴミ。おまえらは絶対に許さん。安倍、麻生、中川といった活躍されては困る憂国の士を常軌を逸したバッシングでたたきのめし、安倍、麻生をつぶし、そして中川氏を死に至らしめた。この恨みは絶対に忘れん。在日朝鮮人どもに支配されたカスども。特に読売TVの辛坊次郎、おまえは人間のクズだ。あれだけ叩いた中川氏が亡くなった今、大満足でしょうよ。ぜひ、来週のたかじんで満面の笑みを浮かべて満足したというコメントを出せ!酒がうまいでしょうよ!そして在日の新聞記者ども。ゴミは使い道によっては利用できるけれど、ゴミほどの価値もない。そして、あの酩酊をしかけたとされる読売新聞の越前谷知子、財務省の玉木、白川日銀総裁、財務省の役人ども、おまえらも同罪だ。もし、中川氏が体調が悪いのであればみたらわかるはず、それならば体調不良で会見を欠席させるとして、代行すれば何の問題もなかったはず。それを敢えてやったのだろうから悪意があったことは明白。あの酩酊疑惑の真相を説明する義務がある、死人に口なしと喜んでいるのであれば必ず天誅がくだるだろう。そしてカスに洗脳された日本人、もし中川氏の死を悼むのであれば洗脳は解けるかもしれない。洗脳が溶けたら日本を守るために戦いに加わってほしい、それが何よりの供養となるはずだから。

そして、残されたご家族のお気持ちを思うと言葉がありません。また、盟友である麻生前総理、安倍元総理の悲しみ、ご心痛はどれほどのものか…麻生前総理が心配になります。おかしな噂もあるだけに、真正保守の議員のみなさんは身辺にはくれぐれも気をつけて頂きたいものです。民主政権になってから、余りにも不審な怪死事件が多すぎます。あと何人が死ぬことになるのかと考えただけで背筋が凍りつきます。

まだ、中川昭一氏の死を受け入れることができませんが、今はただ中川氏のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、数々の悪法を潰し、日本のために命がけで働いてくださったこと、日本人の一人として心から御礼申し上げます。

でも中川さん、まだ成仏しないでください! 日本がこれほど危ない状態におかれていることを誰よりもわかっていたあなたにはやり残したことが多すぎるはず、絶対に成仏なんてできるはずがありません!!だから、成仏などしないで、日本を守るために戦う決意をした日本人のそばにいて力をかしてください!日本を貶め、売り飛ばす邪悪なものたちにとり憑いて、払拭してください! そして、日本が安泰になってから成仏してください。そうでなければ、おかしくなった日本であなたに安らかに眠ってくださいとは言えないから。あなたが灯した愛国の火は絶対に消しません、小さな火を大きな炎にする決意で、私たちは戦っていきます、日の丸とともに。大臣室に会見場に常に日の丸を掲げ、ご自宅でも必ず祝祭日には日の丸を掲げた中川さん。日の丸が輝く日本にするために、絶対に成仏なんかしないで私たちのそばにいつでも出てきてください。待っています。

b0169850_23523598.jpg

最強のツートップ。もう見ることができなくなりました。

b0169850_2354781.jpg

麻生閣下と中川氏の素晴らしい、少年のような笑顔。仲のいい小学6年生と小学3年生
「おい、昭一。何やってんだよ!」 「太郎ちゃんかあ、何でもないよう」
もう、この二人がそろって活躍するシーンを見ることはできなくなりました、悲しすぎます。

b0169850_013174.jpg

誰か、お願いです。中川さんを返してください…
by ariesgirl | 2009-10-06 00:13 | 愛国者・憂国議員 | Comments(10)