アリエスの雑記帳

ariesgirl.exblog.jp

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!

おなじみ結城モイラ女史の見立て~平成29年~

新年 あけましておめでとうございます!! 平成29年(皇紀2677年)が始まりました。関東地方は元旦に相応しくとてもいいお天気となりましたが、皆さまの地元はいかがでしょうか?

すでに新年も一日が終わろうとしています。正月ってあっという間に過ぎて行って、おまけに今日が何曜日かもわからなくなるのは私だけでしょうか?(笑)おまけに、食べてはダラダラ、食べてはダラダラwww 太らないわけがありません!!

年賀状はぎりぎりの12月30日に書きあげたのですが、今日届いた年賀状の中に出し忘れていた方からも頂いていて、先ほど慌てて書くという有様・・・これが私の元旦(笑)ダラダラと過ごしているわけですが、着物を着る予定なので帯の皴とりをしたり、ズボラですが意外とそういうことはちゃんとするのですww 着物は我が国が誇る民族衣装、自分で着られるのは本当に嬉しいし、それができるようになると人が着ているのにも目が行きますし、欲しくなる(笑)

旧年中は読者の皆さまには大変お世話になりました。特に秋以降は体調不良も重なって、なかなか更新もできないことが多かったのですが、それにも関わらず拙ブログにご訪問頂き、かつコメントいただきましたこと、心から御礼申し上げます。こんなヘタレのしょぼい、下品なブログが何とか続いているのはひとえに読者の皆さまのおかげでございます。

平成29年(皇紀2677年)いよいよ平成も30年が目の前にやってきました・・orz 今年から来年にかけて、我が国の命運を決める年になるのではないかと思っています。

昨日の大晦日、大変お世話になっている方とご挨拶を兼ねて電話でお話をしました。その方は同志と呼ぶにはあまりにもおこがましいのですが、大変な国士です。そんな方と交友を持てるのは本当に幸せなことです。迷惑をかけると思いつつ、またもや長電話になってしまったのですが、その方と話すとこういう国思う方たち、国を思い愛し、粉骨砕身働く方がいてこそ、我々は安心して生活できるのだと改めて強く思うのです。

平成29年という年が、日本を愛し憂い行動する読者の皆さまにとって、そして我が国にとって素晴らしい一年となりますように心から祈りつつ、今年も拙ブログを昨年同様よろしくお願い申し上げますm(__)m

ちなみに、余談ですがゲッターズ飯田氏の占いでは牡羊座独身女子は平成29年、突然モテはじめて、もう戸惑うほどモテるそうです?? やった~!!!(≧▽≦) MMKだわっ! モテてモテて困っちゃうww いきなりモテて押しまくられるそうですから、もしかしたら来年の正月にはついに名前が変わっているかもしれません(笑)牡羊座の独身女子の皆さん!期待大ですよ!!やぎ座と水瓶座女子もいいようですね。

また、飯田氏によれば今年平成29年は「ベテランが超若手を引っ張っていく年」になるとのこと。何となく過ごしてきた、仕事も何となくやってこなれてきた20代、30代は四苦八苦する、正念場となる年とのことです。

確かに、職場にいる20代や30代前半の人たちをみると、とにかく叱られたことがない人が多すぎてビックリ!!親からも叱られたことがないから、職場で先輩や上司にちょっとでもキツイことを言われるとそれだけで会社に行けなくなる、ダメになって、ひどくなると鬱状態になる・・叱られること=自分の全てを否定されると思っているし、とにかく褒めてもらうことしか考えてない人が多すぎますね。

学校でも東京拒否、不登校がふえていますが、それには色々な原因があることは承知していますが、若い人たちがあまりにも弱くなってしまっているように見えて仕方がありません。ぬるま湯の中で育ってきて、生存能力やたくましさというのがどんどんなくなっているような感じがします。やたらと気が強い女子は多いのですが、気が強いことと芯が強いことは全くの別物です。そこを理解できてないというか、そもそも芯が出来てない感じがします。教育って本当に恐ろしい、褒めて伸ばすなどといいますが、私はそうではないと思っています。叱られることがあってこそ、伸びていくものだと。もちろん、そこには褒めることと叱ることの絶妙なバランスが必要ですが!

ということで、話がそれましたが今年の一発目!!! 毎度おなじみとなりつつある結城モイラ女史の見立てです。では以下に全文を掲載いたします!
==================
Moira's Message ------------------- 2016/12/31

2017年、「極端」の嵐、吹きすさぶ

年の暮れを迎えると、私は星の動きに心を集中させます。そして、そこから発せられる無数の信号を受け止めながら、ひとつの啓示に収れんさせるよう、自分を仕向けていきます。ただ、この作業は決して楽しいものではありません。むしろ不安と苦しみの暗澹たる世界に身を置かなければならないのです。正直、「こんな作業は止めて、気楽に旅行でもしたい…」などと、思ったりもするのですよね。でも、私としてはやはり、お話しすべきだと思い直し、パソコンに向かっています。

はっきり申し上げますね。2017年はこれまでにない激変が起こりそうなのです。本来ならば、過去、現在、未来という時間軸のつながりから、今後、世界に起こることがある程度、予測できるはずです。ところが2017年は常識では予想もつかない出来事が次々に起こる可能性があります。気象の異常、天変地異、政治、経済など、予想外の何でもありの世界になってしまうのですね。

占星術では2017年は幸運の星である木星が天秤座を進行します。それだけなら、平和、バランスのとれた幸せな世界へと向かっていくはずです。でも事はそう単純ではありません。一年を占う際に重要な春分図を見ると、上昇宮が天秤座で、木星が0度の重なり合った状態。その木星と正反対(180度)に位置する第7ハウス(人間関係を意味する室)には天王星、火星があり、不安定な様相を呈しています。また、冥王星は天底に位置し、木星と凶角(90度)を形成し、エネルギーをぶつけ合い、削ぎ合うことになります。おそらく今年は人間関係に大きな変化、入れ替わりが生じるでしょう。国際的な国レベルで言うと、今まで良好だった国と国とが、突然に険悪な関係に陥ったり、全くその逆に、お互いに距離を置いていた国同士が急に接近し始めるということが起こるのです。友好と裏切りといった両極端なことが、まるで当然のごとく、いとも簡単に起こってしまいます。

さらに気がかりなのは、火星の動きです。2017年の火星は魚座から蠍座に向かって、力を弱めることなく猛スピードで突っ走る…私はそんなイメージが浮かびます。多大で過激なエネルギーを世界に及ぼしながら! また、土星は射手座を進行中で、世界の人々の心は大きな不満や疑問、疑惑といった思いに支配され、火星はそうしたネガティブな思いにも火をつけ激化させ、極端な行動に走らせます。私は以前から星が導くベクトルは世界的な保守傾向であるとお話ししていますが、元々は穏やかであるはずの保守的な思想が、今年は「極端」「行き過ぎ」へと変化し、きわめて排他的な、破壊的なナショナリズムへと駆り立てていく心配があります。テロのさらなる激化もその一つです。また、「左の思想」にしても同様で、やはり「極端」へと暴走します。

前述のように2017年は天秤座が中心の年です。天秤座の秤は、正義の女神アストレイアが手に持つ秤です。正義であると信じて、その名の下に「極端」へと走り、天秤は左右の皿がぐらぐらと上下し、なかなかバランスがとれないでしょう。もちろんこのバランスを失った世界的な現象は、やがて中庸へと向かい、バランスと秩序を取り戻しますが、それには数年単位の覚悟が必要だと思っています。

では、このような星の下で、私たちはどのような生き方をすれば良いのでしょうか? 大切なことは、この「極端」に踊らされないことです。マスメディアをはじめとする様々な情報が「極端」をあおってはいないか、真実とかけ離れた「極端」をつくりだしていないか、私達は情報を理性的に、客観的に見つめ直し、自己コントロールができるようにしていかないといけませんね。そのために、私のメッセージが少しでもお役に立てばと願っています。                2016年12月31日  結城モイラ
===============(以上、全文掲載終わり)

皆さま、モイラ女史の見立てをどのように感じたでしょうか?結局、我が国を貶める諸悪の根源は「マスゴミ」ということをモイラ女史も言っているのです!! マスゴミ・・テレビ局や新聞記者という連中・・自分たちの希望的観測で記事を書いたり、公共の電波をつかって反日情報を垂れ流したり、それでいて何か間違いがわかっても詫びているふりだけして全く反省もない、責任もとらない、中立など微塵もない、シナと朝鮮の犬、隙あればまたやろうとする腐れ外道・・それがマスゴミ。ろくな記事も書けないくせに自分たちを特権階級だと思い込んでいるバカども、まるで官僚と同じ。


やはり、モイラ女史も今年は世界中が荒れ狂う年と見立てたわけですが、その荒れ狂う世界の中で、我が国はどういう対応をとるべきか、我々日本人は何をしなければならないか、モイラ女史がいうようにマスゴミのばらまくおかしな情報に踊らされないことです。いまだにテレビと新聞のいうことを信じ切っている団塊世代の人たちはもう手の施しようがありません。でも、未来の日本を担う若い方たちは違います。モイラ女史がいうようにマスゴミの垂れ流す情報に踊らされず、客観的に、鳥の眼で物事を見て、自分で考える力を磨いていきたいと私も自省をこめて、肝に命じて今年を生き抜いていきたいと思っています。
by ariesgirl | 2017-01-01 17:05 | 日本 | Comments(0)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス