「ほっ」と。キャンペーン

靖国神社清掃奉仕と東京マラソンに思う

2月最後の日曜日、いよいよ明日で2月も終わりです。今日は東京マラソンが行われましたが、警察を始めとする厳重な警備もあり、無事に終了したようで何よりでした。

私の自宅近くもコースになっているので、沿道で見てきました。ランニングポリスに医者も走っていて、可能な限りの体制を取っていることがわかりました。そして、台湾から参加されている方が大変多く見受けられ、沿道から「加油!台湾!」と声援が飛んでいました。日台友好、実に喜ばしいことです。

何だか、私も来年走りたくなってきました!できればコスプレランナーで走りたい!!今日も結構コスプレ姿の方が多く、カニ、セーラームーン、マッカーサー、仏像、悪代官、メーテル、ミニーマウス、サザエさんなどなど・・・沿道から「カニ、頑張れ!」「仏像、頑張れ!」「悪代官、頑張れ!」「メーテル~!頑張れ!」といった声援が飛び、お互いに手を振りあうといった実に和やかな空気があふれていました。セーラームーンは結構妙齢の女性でしたwww

なかなか普段「カニ~、頑張れ!」とか「仏像~、頑張れ!」という声援を聞くことはないので妙におかしかったですわ(笑)しかし、あの仏像コスプレはなかなかのものでしたww 全身金色、被り物に袈裟、マッカーサーコスプレはそっくりの帽子にサングラス、パイプ、服には「武士道」と書かれ、日の丸の扇子に「侍魂」、メーテルはもちろんあの衣装に帽子・・

私はベルばらのオスカル姿で走りたい!(笑)マリーアントワネットはドレスが邪魔になりそうですからww ヤマトの森 雪コスプレもなかなかですが、あの全身タイツは絶対に無理、どんだけ痩せなきゃならないのかと(笑)ただの基地外と見られて連行されかねませんww 同じ色ということでブルース・リーのカンフースーツなら何とかなるかもしれませんが(笑)

3万7千人のランナーの皆さん、警察を始めとする警備関係者の皆さん、ボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でしたm(__)m よーし、来年の参加に応募してみようかな!! 一生に一度くらいコスプレ姿で都心を走ってみたいものです!!

さて、今日は今年最初の靖國神社清掃奉仕の日ということで、私も奉仕に参加させていただきました。2月は参加者が一番少ない時期なのですが、それでも50人ほどの参加者がいたので驚きました。それにこの時期は枯葉も少ないのですが、今日は参拝にきた自衛隊の方たちが朝早くに清掃奉仕をされたとのことで余計に綺麗(笑)

集合後は昇殿参拝なのですが、いつものことながら本殿に昇殿すると本当に身が引き締まる思いがします。今日は暖かかったのですが、本殿は暖かさを感じることもなく、キーンとした寒さが漂っていましたが、7段飾りの見事なひな人形が飾られており、英霊の御霊を慰めているかのように感じました。

清掃奉仕、今日はあまり枯葉もなかったため、いつもより早く終了しました。例の朝鮮人テロリストが爆弾を仕掛けたトイレ付近は立ち入り禁止、勿論トイレもブルーシートで覆われ、南門も封鎖が続いています。本当に朝鮮人というのは録でもないクズであり、神仏を畏れない、敬わない、ユスリタカリと反日しか頭にない基地外乞食です。対馬の仏像も残りはいまだに返さない、必ず再び仏罰がおちることでしょう。

靖国神社では私事は一切祈ることはありません。愛する者のため、愛する祖国のため、愛する故郷のために命を捧げ、礎となられた多くの英霊に感謝と哀悼の意を捧げること、そして日本へのご加護と日本をまともな国にするためのお力添えをお願いすること、だけだと思います。

3万7千人が東京の都心を走る大イベント、このようなことが可能なのも日本のために命を捧げた多くの先人たちのおかげにほかなりません。そして、渋谷あたりで高校生まで動員して「安保反対!」「戦争法案反対!」「子供たちを戦場に送るな!」とバカ騒ぎしている偏差値28のなりすまし集団やバカっ母、強酸党組織の連中、道行く高校生に署名させている暴走老害の老人たち・・・この連中が好き勝手なことが自由にできるのも、祖国のため、愛する者のために命を投げ出した多くの先人たちのおかげであることを理解しているのでしょうか?

理解できる程度の偏差値があれば、あんなことはしないでしょうが(笑)彼等が愛してやまないシナや朝鮮、日本があのような国家体制ならば間違っても彼らは好き勝手な行動はできません。速攻で逮捕、問答無用で処刑です。

先日、私は「ヤマトシリーズ」を見ていると書きました。昨日、今日の2日間、朝6時に起きてその週の昼間放送されたものの再放送を見ました。1978年のアニメです、今から38年前のもの。全く色あせることなく、輝き続ける作品だと思います。ヤマトのことを書いた記事に多くのご訪問をいただきましたが、読者の皆様も何かしら思うところがあったのだと推察しています。以下の動画は映画版のものですが、シリーズで最高のものだと個人的には思います。涙腺大崩壊ものです。



一人敵艦と刺し違えるためにヤマトに残る古代進。彼が数少ない生存者を退艦させるシーン、盟友の島航海長に「頼む」という言葉を託します。

「後を頼む」「頼む」英霊が残した遺書に書かれている言葉の一つですが、この短い言葉にどれほどの意味と思いが込められているか・・・その人の、一人一人の死が生き残る者に託す思い、願い、愛。その死と託された言葉を受けて残された者の思い、生きていかなければという思い。一人一人の死が残るものに大きな意味を残して、彼らが命をかけて守り抜いたものの中に、それらが永遠に生き、受け継がれることを願って。だからこそ、英霊が残した遺書が心をうつのです。

テーマ曲でもある「ヤマトより愛を込めて」は故・阿久悠氏の作詞ですが、「ひとりひとりが思うことは、愛する人のためだけでいい。君に話すことがあるとしたら、いまはそれだけかもしれない」「遠い明日を思うことは 愛する人のためだけでいい。君に話すことがあるとしたら、いまはそれだけかもしれない」そして、ジュリーの歌声も素晴らしいです。上手さも表現力も。

阿久悠氏の詞、なんて美しくて、表現のしようがないほどであり、真実そのものではないかと・・・。この歌詞の意味、自分が年を重ねて、やっと理解できるようになりました。100%完璧だとは思いませんが。ヤマトシリーズは壮大な愛の物語でもあり、ここに作者の松本零士氏の思いも込められていると思います。

私は靖國神社に昇殿参拝するたびに思います。今を生きる日本人の一人として、先人たちが残した思いや願いに少しでも応えているのかと。先人たちが夢見た未来、日本は今のような日本、日本人ではなかったはずです。大げさかもしれないけれど、先人たちが託し、夢見た日本に少しでも近づけるために、微力ではあっても自分にできることを続けていかなければと・・・。
Commented at 2016-02-29 10:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ariesgirl at 2016-02-29 18:13
>鍵コメントさま
こんばんは!こちらこそご無沙汰してます♪ 情報いただいたブログ、最近訪問してなかったのですが、様々な情報が飛び交っているようですね。コメント投下もエセ保守の工作員が相当紛れているのは簡単に想像できますし、レッテル貼は連中の得意技ですから。私も後ほど訪問して確認をしてきます。ご連絡ありがとうございましたm(__)m 「読み手も一緒に」というコメント、同感です!その通りです。さざれ石・・私は鹿島神宮のものを見たのが初さざれ石かもしれません。あれって、何か不思議ですね~。
by ariesgirl | 2016-02-28 19:00 | 日本 | Comments(2)