三が日も終わりですので・・・

神がきの かがみのうちに やどるらむ
 身はなき人の やまと魂 
(明治天皇御製 明治四十年)

三が日の間は御製をお送りして、珍しく格調高く初めたわけですが、やはり明治帝、昭和帝の御製というのは何かしら心に響くものがあります。昭和帝は明治帝を「おじじさま」とご幼少のみぎりにはお呼びになっていたとのこと。大変尊敬されていたのではないかと思います。

さて、なんだかんだと言いながら、三が日も終わり(笑)明日が仕事はじめという方が多いと思いますが、仕事始めが月曜日というのは最悪ですね(笑)いきなり凹む感じww 故郷や観光地からお帰りになられた皆様、大変お疲れ様でしたm(__)m 明日から適度に気合を入れていきましょう!

私も今日は初詣に行ってきました。三が日でもありますので、薄いピンクの小紋(柄は雪輪)を着て出かけました。正月に着物というのは実は初めてでしたが、やはり背筋がしゃんとしていいものですね。初詣は靖国神社と深川不動尊、大変な人出でしたが、靖國は着物の女性が多かったですね~振り袖姿もかなりいて華やかでした。靖國で祈るのは毎度同じことばかり。これに皇室の浄化をプラス。おみくじ(何月何日生まれの人、というもの)を引いて中身に爆笑。結構当たっていて、要約すると「修行と忍耐が足りない。もっと修行しなさい」という内容www 見事に言い当てられていました!今年は修行がメインの一年ということでしょうか。

そして、名前占い。つまり私の本名○○子という名前を探し、それを引いてみると・・・「今は余りよくないが、自分を信じ運を神に任さなさい」というもの。そして、名前から判断された内容は「一生お金には不自由しません」って(爆笑)ええっ?しょっちゅう、不自由してるんですけどwww まあ、神様のお言葉ですのでしっかりと肝に銘じて一年を過ごしたいと思います。

そして、昨日今日と朝から箱根駅伝。結構好きでだいたい毎年見ているのですが、今年も青学が優勝、ぶっちぎりですね。青学っていつ頃からあんなに強くなったのか、記憶にありません。でも、上位に入った大学は一人もいわゆる留学生というのを入れてないチームですね、実に立派だと思いますわ。そして、いつも不思議に思うのは箱根で大活躍した選手が鳴り物入りで実業団に行くことが多いのに、なぜか実業団に行くと全然ダメというか、活躍できない選手が多いことです。特にマラソンに転向してもダメな人が多くて、なんでやろう?と思います。

そして・・・ケニアからの留学生。大学が駅伝で名をうって学生を集めるためにアフリカくんだりから引っ張ってくるのでしょうが、あの人たちの年齢って本当なのかと見るたびに疑いますわ(笑)以前、Y学院で駅伝をやっていた女の子と知り合いになる機会があって、いろいろ話をきくことができました。彼女はY学院高校から某実業団に入社したのですが、足のけがで24歳で既に退団して、今は普通の社会人となっています。私は「まだ若いのにもったいない気がする」というと、彼女は「ずっと駅伝しかしてこなくて、それしか知らないのは嫌だった。だから早く見切りをつけて、普通の社会人として資格をとって働きたかった」という話でした。

彼女が言うには、ケニアからの留学生は一円も自腹で払うことはないそうです。学費、寮費、医療費、駅伝で必要なものといった必要経費はすべて学校もち、その不足分を日本人学生から毟り取っている、ものすごく不公平だと彼女は言ってました。おまけにケニアからの留学生と同部屋になって一番困ったのは、体臭が凄まじいことだったそうです。結局、風呂に入るという習慣がないから当然といえば当然でしょうが、ケニア人というのはとても素朴で、日本人と似た感覚をもっていて付き合いやすいとも言ってました。

そのケニア人が日本で就職して実業団に行って実力を発揮しますが、日本で何から何まで面倒見てやって、オリンピックでは当然ながら祖国代表でメダルを取る・・・なんか、バカみたい、やられ損!と思うのは私だけでしょうか?散々金かけて育ててやって、結局美味しいところは持っていかれる・・・こんなくだらなくてバカげた話はありませんわ。そんな金あったら日本人選手を育てろ!といいたい。でも、今日日本橋でよみうり新聞の旗(街頭の応援者が降っているもの)をもらいました、初めて!!

三が日の間はなるべく硬い話は控えておこうということで、かなりゆるーくお送りしているつもりなのですが、ここのサイトはぜひ読んで頂きたい!というものをご紹介したいと思います。以下はでれでれ草さんの記事からの一部転載です。千代田の反日女帝の恐しい安倍内閣の倒閣計画です。
===================-
【背乗り版⑦】愛子内親王 - Wikipedia※伏見氏より,お借りしてます。

この記事に関しては、転載フリーとはされてないのですが、以前に氏のブログ内の記事における転載のご許可をいたいておりますので、お借りします。
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/5b5f7b71a9f433992e38b86070996e3d

11月に、鹿児島の父の従兄弟の御宅に、挨拶がてら、遊びに行きました。父の従兄弟の奥さんは、旧華族の秋月子爵のお嬢様で、高齢になった今でも、全身からオーラを発していらっしゃいます。
年は、聞けませんが、結婚したのが1970年ですから、正田泰子と同じくらいでしょうか。
(略) 聞くと、正田美智子入内以来、旧華族の人達は、「諦め」にも似た気分で、戦々恐々として口をつぐんでいたそうです。御妃候補が美智子に、絞られ始めたときから、正田は部落の家系、実の父は正田英三郎ではなく、妻、富美と部落出身の堤康次郎との不倫の子だという事を知っていたそうです。富美の「大陸夫人」と言う俗称も、一応、娘が、皇太子妃だから遠まわしに皮肉で付けた呼び名で、家の中では「朝鮮女」と侮蔑していたそうです。

何よりも、家族の人達が恐れたのは、「部落ヤクザ」の西武の堤康次郎の娘だからです。「ピストル堤」と呼ばれた歴史に残る極悪人の娘ですから、下手に美智子と関わると、実父の手のものに殺されるかもしれない。と言う恐怖は、当時の家族の方々には当然の恐怖であったと思います。当時朝鮮人が未だ、暴れていた時代で、敗戦後の警察力も弱く、日本人は朝鮮人達の暴行と脅しに屈していた時代です。(ここまで)

f:id:e-vis:20160101214129g:plain

美智子夫人は、朝鮮ヤクザと部落ヤクザの混血だったんですね。美智子夫人に対して、エリザベス女王の嫌悪感まるだしなのが、わかる気がします。堤氏の実子を養女にしたのではなく、堤氏と富美の托卵というのが、どうしようもなく、ヤクザですね。正田氏も堅気のかたでは、なさげですね。正田家は稲垣会系の親分さんと懇意だったそうです。

美智子が、世論だけではなく、暴力団をつかって宮中で暴れまわっては君臨してたんですね。恐ろしい人ですね。

でも、安倍ちゃん政権後、暴力団も以前と違ってきました。法律が変わり、お口座がもてなくなったとか。めちゃくちゃ不便な暮らしだそうです。山口組の組長さんの、海外の資産も没収されましたしね。

美智子さんが、倒閣に必死なのは、そのせいかも。今まで自分を守ってきたものが、ぜーーーんぶ、壊れていってますね。

ナルちゃんも余命僅かでしょう。愛子様も影武者が頻繁にでてきたということは、相当、安定してないのではないでしょうか。マスコミも、神託としての機能を失い、ネットでは過去が暴かれ拡散がつづいてます。
==================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!

そして、おなじみの反特アの陰陽師石田千尋氏のツイッター。自分の考えを明確にしたために、テレビへの露出が無くなった方です。連日エセ保守への罵倒(笑)を更新していらっしゃいます。特に先日の売春婦合意の件に関してですが、私はコメントを控えますが、ぜひ一度見て頂いても損はないと思います。こちらから!

昨日はおなじみの結城モイラ女史の見立てだったせいか、ご訪問者数が増えてました(笑)味を占めて、今日は別の方の見立てをお送りしようと思っておりますww 鴫沢(しぎさわ)まりさんのものです。以下転載します。昨年の11月にアップされたものです。色付は管理人によるものです。
================
2016年日本の運勢予想1

これはまだ書きかけの記事ですが、今から備えていただきたいので、早めにUPすることにします。
いつも記事が長文になって、かえって要点をつかみにくいかもしれないので、書き方を変えてみます。かいつまんで、箇条書きにしてみました。

2016年(2016年3月20日13:30:18 春分~2017年春分)の日本の運勢予想

1、国の財政状態は良いようです。税収や、雇用も増えるでしょう。

2、但し、外国との借款、貿易、投資関係で、金銭的損失がありそうです。貸し金や商品の代金を踏み倒されるというような事も。株式市場での金銭トラブルも予想されます。

3、2とも関係があるかもしれませんが、外国との間に、軍事的(日本の場合は防衛上のと言うべきでしょうか)緊張が起きるかもしれません。あるいは、何か外国絡みの、国民の健康に関する問題発生(感染症とか)。外国旅行では、突発的な出来事に気をつけた方が良さそうです。

4、何らかの形での「犠牲者」が出そうです。「多数の人の被災」という暗示があります。株価の暴落や、外国との貿易での失敗などで破産する人が続出するのか、あるいは、自然災害―特に竜巻、突風、台風などの風の害―かもしれません。

5、政府は、リーダーシップを発揮。対外的な発信力、発言力が強まりそうです。

6、国民の対外的意識の変化。悪い変化ではありません。冷静且つ公平な視点で、外国を見るようになるでしょう。

2015年9月中旬から、土星が射手座に入り、厳しい現実を前に、甘い見通しの「理想主義」や「理念」にダメ出しをされている状態です。グローバル化は良い事ばかりではない、ということには既に多くの人が気づいておられると思います。「みんな仲良く、平等に」というのは、一見立派なスローガンではありますが、口で言う程簡単なことではないということも。そういうことを、改めて突きつけられる年になりそうです。
==================(以上、転載終わり)

運勢予想1ということですので、2も近くアップされると思いますが、昨日のモイラ女史のものとかぶっているところが結構あるように思います。いずれにしても、甘い理想主義では国を守ることはできないということでしょうね。反日左翼がいうようなおかしな平等主義や多民族、多文化共生では国が亡びるのです。

マイケル・ヨン氏の慰安婦は大嘘!シリーズです。

by ariesgirl | 2016-01-03 21:25 | 日本 | Comments(0)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス