アリエスの雑記帳 ariesgirl.exblog.jp

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ケント・ギルバート氏の正論

5月もあと2日で終わり、いよいよ今年も半分目に突入しようとしています。本当についこの間まで寒かったのに・・・と思うと時間はあっという間に過ぎていきます。

数日ぶりの更新ですが、その間も多くの皆様にご訪問いただきましてありがとうございますm(__)m本当にありがたいことです。 前回の記事で、「来月にある試験があって」と書いたわけですが、記憶力の低下は著しく、自分で情けない限り(苦笑)しかし、負けるわけにはいかないので、自分に鞭うって頑張りたいと思います。

さて、先日関東地方の大きな地震、そして今日の口永良部島の大噴火・・・月並みな言葉でしかありませんが、自然の脅威、日本列島は火山帯の上に存在する場所であることを改めて実感します。先日の地震の際には当然勤務中でしたが、意外とみな冷静でしたが変な縦揺れが非常に気持ち悪かったですね。帰宅すると、玄関にスーツケースが転がっており、着物を着るときのための姿見の大きな鏡が倒れていました。「鏡・・・割れたか?あーあ、掃除が大変」と思ったら、幸いにゴミ箱がクッションになったようで、無傷で倒れていただけでした。あのレベルの地震は久しぶりでしたが、「忘れるなよ!」という啓示なのかもしれません。

今日の大噴火、島民の方たちは隣の屋久島に全員避難。幸い大怪我をされた方もおらず、無事に避難されたことは何よりでしたが、今後のことを考えると相当不安ではないかと思われます。自然の脅威というのは本当にすさまじく、我々の祖先はみな自然を畏れ敬い、一緒に生きてきたことを改めて感じ、それが日本人の民族性につながっているのだと思った次第です。日本列島は生きている、火山という危険と表裏一体であることが、温泉などの恵みを与えてくれてもいます。

今回の噴火もそう簡単に収まりそうもない感じですが、こういうことが起こると「本当に安倍総理、安倍政権でよかった!」と心底思います。そう思うのは私だけではないと。もちろん、安倍政権や総理のすべてに賛成することはありませんが、もしこれが韓やルーピーなどの反日売国奴だったらと思うと、悪寒がします。うまくいくものもいかないし、下手をすれば死人がでたことでしょう。政府の対応ひとつでどれほどの差がでるか、あの震災を思い出せばすぐにわかりますから。

今日は5月最後の金曜日でもありますので、拙ブログでも時々話題にしているケント・ギルバート氏の記事を転載させていただきます。我々日本人以上に日本の歴史を理解し、日本人、日本の文化を理解し、日本を愛してくれているギルバート氏。愛するがゆえに、我々には耳の痛いことも発言するというスタンスはありがたいと同時に、日本人として情けなくなります。 少し長くなりますが、ぜひご一読いただければと思います。まぐまぐニュースより転載します。

==================
ケント・ギルバートのメルマガが引用・転載・拡散禁止なワケ 2015年5月14日

カリフォルニア州弁護士でありながら、タレントとしても数々のテレビ番組に出演、その甘いマスクと博学ぶりで一気に人気知識人の階段を駆け上ったケント・ギルバートさん。近年は政治問題についての「少々刺激的なご意見」でも注目を集めています。そんなケントさんのメルマガ『ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」』の配信が5月から始まっています。ご意見同様刺激的なタイトルのこのメルマガについて伺ってきましたが…、その内容、やっぱりかなり刺激的です!

左に偏り過ぎで報道の自由が発揮されていない日本

初めて日本に来られてからかなりの時間が経ちますが、来日までの日本についての印象と、ここまで長く滞在されてみての印象の変化はどれくらいありますか?

モルモン教の宣教師として初来日したのは19歳の時、1971年だったので、もう45年近く昔になります。最初の2年間は教会員にとって武者修行のようなものです。

派遣先は教会が決めます。つまり私が日本を選んだわけではないのです。ですから実を言うと、来日前の私は日本について、かつて米国と戦争した国で、極東アジアにあるのに何故か西側諸国の1つという程度の認識しかありませんでした。

初来日当時の日本は、高度経済成長期の真っ只中でしたので、国全体に活気がありました。北九州市に住んだ時などは公害がひどかったですね。今は70年代と比べたら、都市の街並みはすっかり変わりギラギラした活気は無くなりましたが、日本人の親切心や義理人情などは、昔も今もそれほど変わらないと思います。

ただし、直近の約2年半、第二次安倍内閣が発足した頃から、ネット世論は劇的に変化していると感じます。例えば、近隣国から言われっぱなしだった歴史認識について、事実に基づいて反論するようになりました。また義務教育で国歌を教えない問題や、複数の国立大学が卒業式で国旗不掲揚・国歌を使わないことへの疑問など、米国人の私から見れば当たり前の議論が少しずつ行われるようになってきました。

日本はやっと「戦後」を終わらせて、次のステップへと移行する準備が整いつつあるように思います。

ケントさんは国内外の政治や事件について多くの刺激的なコメントを残されていますが、今一番気になる出来事はなんでしょうか。国内・外ひとつずつお聞かせください。

結局は全てが関連しているのですが、国内では沖縄の問題が気になります。米軍基地が沖縄に集中しているのは、東アジアの治安を維持する上で地理的に最適な場所だからです。もちろん地元住民は負担を感じると思いますが、沖縄で活動している人の多くは地元民ではなく、県外から反対運動を目的に沖縄入りした人たちです。公安がマークする過激派もいます。国外から活動資金を得ている活動家や、外国人もいるようです。

地元の人は米軍基地のお陰で沖縄経済が潤っている現実を理解していて、基地が無くなれば困る人も多い。負担があるからこそ、日本政府は沖縄県に多額の交付金を出しています。沖縄の公共施設はとても立派なものが多いです。利用頻度は知りませんけど。

このような沖縄県内の現実をマスコミはちっとも報道しない。米国同様、日本のマスコミも左に偏り過ぎていて、本来の報道の自由が発揮されていない点も問題です。

日本的「性善説」は外国人相手に通じない

国外では、ISILなど中東情勢も問題ですが、日本に住んでいる以上、やはり中華人民共和国(PRC)という、時代錯誤な帝国主義ファシズム国家が、アジアの治安を脅かしている現実が一番気になります。国としてわずか65年の歴史しか無いのに、チベットやウイグル、内モンゴルを武力侵攻し、朝鮮戦争にも参加。核開発技術を教えてもらったソ連とは仲違いし、インドやベトナムとも戦争をしたトラブルメーカーです。さらに、日本のODAと民間投資のお陰で経済発展したのに、少しお金が出来たら、恩を仇で返す不心得者です。

PRCは明らかに尖閣諸島だけでなく、沖縄全体を支配下に置くことも狙っています。理由はすでに述べました。もし沖縄から米軍基地が撤退したら、フィリピンの二の舞になることは確実です。このような重要な話を、これまた日本のマスコミはちっとも報道しない。芸能スキャンダルや韓流ドラマのために、貴重な電波を何時間も使っている場合じゃないんです。

長年日本に住まわれていますが、ケントさんが思われる日本のいいところ・悪いところを教えてください。

他国と比べて圧倒的にいいところは、治安だと思います。アメリカでは高級住宅街でも、夜10時過ぎに女性が1人で出歩くのは危険です。その状況で何か事件が起きたら、被害女性にも非があったと責められます。治安の良い日本では被害女性が責められることはなく「運が悪かった」という話になるでしょう。

日本の悪いところは、良い所の裏返しなのですが、「普通」の基準が高すぎて、世界の常識からズレているところです。例えば、嘘を吐かない、約束を守る、時間を守る、信号を守る、人には親切にする、落し物は交番に届ける、ゴミは持ち帰るなど、もちろん全員が守ってはいませんが、平均的な日本人にとって「普通」と感じる行動が、外国人から見たら「異常」に道徳的だったりします。

日本の国外には「貧乏人は金持ちから盗んでも良い」「騙す方が騙される方より頭がいい」「簡単に1ドルくれたからもう1ドル要求する」「夜道を1人で歩く女は強姦を望んでいる」「仕事で賄賂を要求するのは当たり前」「試験勉強よりもカンニングが効率的」などと考える人もいるのです。このような価値観を持つ人が国の指導者になっているかも知れない。「性善説」は日本人同士なら通用するかも知れませんが、全ての外国人を相手に同じことをやったら、痛い目を見るのが「普通」です。

上の質問とかぶってしまうかもしれませんが、日本の一番好きなところ、嫌いなところを教えてください。

逆に、上の質問とは正反対の答えになりそうですが、日本国内に住む外国人にとって、日本人の「普通」の基準が「異常」なほど高いことは最高です。食べ物は何を食べても美味しいし、レストランなどの店員さんは愛想が良くてサービスがきめ細やかだし、車も日本車ばかり乗っています。

嫌いなところは、驚くほど無神経なことを言う人が時々いることですね。例えば私は在日米国人ですから、単に「在日」と言えば私も含まれます。ところが私のフェイスブック記事へのコメントで「日本国内の犯罪の9割は在日の犯行」とか、「日本人はそんな酷い事を出来ないから犯人は在日」「芸能界の○○さんは在日です」などと、全く根拠の無いウワサや人種差別発言を平気で書く人が頻繁に出てくる。

日本人の誇りが他の民族を蔑視することに繋がるとしたら最悪です。ゲルマン民族至上主義がナチスドイツのユダヤ人大虐殺を生んだのと同じだからです。第一次世界大戦後の1919年、パリ講和会議の国際連盟委員会で、世界で初めて「人種差別の撤廃を明記すべき」と提案した日本の誇るべき歴史をよく考えるべきです。「デブ」とか「ハゲ」とか「ブス」とか、そういう汚い言葉を無神経に使う人も多いです。優しくて親切な日本人という、平均的イメージとのギャップが激し過ぎます。

日本人は、もっと自国の歴史や文化に誇りを持つべき

日本がこれから国際的に存在感を示すには、どのような方向に進むべきでしょうか。

日本人の大半は驚くほど日本のことを知りません。英語がどんなに上手でも、自分の祖国や民族のことを的確に外国人に説明できなければ、真の国際人とは呼べません。世界を股にかけて活躍するカッコいいビジネスマンに見えたとしても、祖国の誇りを語れない人は単なる「根無し草」です。だから全ての日本人に祖国の歴史をもっと学んで欲しいです。日本がいかに世界に誇るべき素晴らしい国であるかを知って欲しいです。

その上で、日本は世界の常識から少しズレたところも多いので、日本と日本人のことを世界中の人々に理解してもらう必要があります。それを上手にアピールできる人を、教育改革を通じて増やして欲しいです。日本人は議論が下手だと感じるので、中学生くらいから授業にディベートを採り入れるべきだと思いますね。暗記型のインプット中心の勉強ではなく、説得力のある意見とはどのようにして考えるのか、それをどう表現すれば、実際に周囲に伝わるのかを学ぶべきです。(中略)

書籍や新聞記事として公開される前の「生原稿」を、メルマガで先行公開することも考えています。他にも質疑応答コーナーや、これは不定期になりますが、今後、新刊発行の予定がいくつかあるので、サイン本プレゼントなども考えています。

どんな人に読んでほしいですか?

日本が大好きで、「私には日本への愛国心がある!」と堂々と言える人はもちろんなのですが、例えば、義務教育で「君が代」を習ったことがなく、日本代表のスポーツ選手が優勝し、表彰式で「日の丸掲揚」を果たしたのに、それを見ても感動できないような戦後の偏向教育の「犠牲者」が読者になって、私のメルマガを通じて、日本人としての誇りを持てるようになってくれたら嬉しいですね。
============(以上、一部転載終わり)
続きはこちらから!

本当に耳の痛い話であり、日本人として恥ずかしいやら情けないやら・・・アメリカ人にいわれるのですからね。ギルバート氏の言い分はもっともであり、自国の歴史を誇ることができない人間はどれだけ語学が堪能で優秀なビジネスマンでも「単なる根無し草」というのは、私の師匠がいうのと全く同じです。これほど外国人から軽蔑されバカにされることはありません、もちろん陰で。 ちなみに、外国にすむシナ人を「華僑」といいますが、あの「僑」という字には「根無し草」という意味もあるのです。

自分が生まれ育った国、かけがえのない祖国に対し誇りも愛情も持てない人間は日本から出ていくべきであり、またよその国に行ってそこの国籍になるべきです。売国奴は日本に不要、そうなれば日本の人口は激減するでしょうね(笑)でも、邪魔者がいなくなってスッキリして、広い家が建てられそうでいいですね(笑)

週末は笑いで締めましょう!




by ariesgirl | 2015-05-29 22:05 | 日本 | Comments(0)