アリエスの雑記帳

相撲に学んだ日本の国柄 舞の海秀平氏 後編

バタバタとした今週が終わりました。来週もこんな感じかと思いますが、週の真ん中あたりから真冬の気温になるということですが、すっかり冬物のコートをクリーニングに出してしまっているので、重ね着するしかない模様ww

さて、今日は昨日前編をお送りした舞の海秀平氏の寄稿文の後編です。では始めたいと思います。

================
このように、後輩の死をきっかけに力士の道に進んだこともあって、本場所の土俵で「勝てないだろうな、この流れだと自分は絶対に負けだな」というときに奇跡的に逆転して勝ったりすることがあると、今は亡き人たちから自分は見守られている、自分は後押しをしてもらっているのだと自然に感じられました。

また、伯父たちが祀られている靖國神社の土俵で相撲を奉納できる喜びを知ってからは、国のために戦って亡くなった靖國の英霊から随分と勇気や力をもらったようにも思います。現役時代、翌日に巨漢力士との対戦があると、必ず「打ち所が悪かったら大怪我につながる。もしかすると命にかかわるかもしれない」といった恐怖心が襲ってくるのです。そして時が刻一刻と迫り、やがてその恐怖心に押しつぶされそうになる。

しかし、あの大変な時代に「命を落とすかもしれない。もうこれで終わりなんだ」とわかっていながらも勇敢に立ち向かっていった多くの日本人がいたことに思いを馳せると、「それに比べたら大したことじゃない。これくらいのことで怯んでいてどうするんだ」と、土俵に立つ勇気が腹の底からふつふつと湧き上がってくるのです。立ち合いで巨漢力士にぶつかっていくときは、とにかく腹を決めて行かなければならない。次元は異なりますが、国のために一命を捧げられた英霊の精神的な部分に見習うべきところ、通じるところがあるように思います。

こうして自分の相撲人生を振り返ってみると、相撲を通じて様々なことを学ばせてもらったと実感します。生と死、相撲が取れる喜び、みえないものとの御縁、生かされていることへの感謝、命のつながりにも奇跡的なものを感じるようになりました。

よく『今日の目で昨日を見るな』と言われますが、今日の平和な世の中に生きる人間が安易に過去を批判してはなりません。それが平然とできる人は謙虚さが足りないのであって、そういう考え方では生きている人間と亡くなった人間とを隔絶させてしまいます。今に生きる人間と亡くなってしまった人間は、常に対話をしている、心と心の繋がりを持ち続けているのだと考えることが重要です。肉体は無くなってしまっても、その人の思い、遺志というものはまだこの世にしっかりと生き続けている。そして、今を生きる私たちは、そうした人々の遺した思いを強く意識して、これを大切にしていかなければならないのです。

靖國神社に替わる追悼施設を造ったらどうかという意見もありますが、近隣諸国に何を言われようと、どんなことをされようとも、これだけは絶対に譲れないという「芯」を日本人はしっかりと持ち続けなければならない。日本人はしっかりと覚悟を決めなければならない時期に来ていると思います。世の中には、理屈や頭では理解できても、なかなか心に沁みない、心から納得できないこともあります。

たとえば、本場所の土俵作りはもちろん、部屋の稽古場でも、土俵を作り直す際には必ず土俵祭を行います。毎回毎回それを行うことによって、土俵祭の大切さがあたかも土俵に水が浸み込むかのように伝わっていく。私も奉納大相撲に何年も何年も参加することで靖國神社への思いが深まっていきました。継続することはとても大事なことで、世代を超えて守り続けられてきた伝統を安易に断続させてしまってはならないのです。何事も反対する人はいるものです。

しかし、継続することでそれが当たり前にもなるのです。日本人が大切にしてきた靖國神社が、これからも日本人に大切にされ、そして総理大臣が毎年のように参拝し、それが当たり前のようになることを願っています。

伝統を守るということでは、私がかねて切望していたことが今年の一月に実現しました。初場所の中日にあたる一月十八日、天皇皇后両陛下が大相撲を観戦なされたのです。両陛下の大相撲観戦は四年ぶりのことで、本当にありがたいことでした。

天覧相撲は、通常の場所とは違って華やかで、しかも厳かな雰囲気に包まれます。両陛下が国技館に入場されるや温かい拍手が沸き起こり、その拍手がいつまでも鳴りやまない。そして、ご退席になられる際にも温かい拍手が起こる。自然に皆さんが起立して、両陛下に向かって満面の笑顔で拍手を送るのです。その光景を目の当たりにすると、見ている側も幸せな気分になり、「日本って本当にいい国だなあ」と心底思います。

皇室と大相撲、五穀豊穣の祭り、そして英霊と靖國神社、これらがすべて繋がって日本の伝統が形作られているのだ。こうした日本の麗しい国柄こそ、日本人が絶対に譲ってはならない「芯」なのだ。そうした思いを強く抱きつつ、私は今、天皇皇后両陛下が親しく靖國神社にご参拝される日が遠からず訪れることを心静かに念じているのです。
=================(以上、後編終わり)

舞の海秀平氏の寄稿文全文を二回に分けてお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?舞の海氏のお人柄、国家観、日本への愛情と誇り、皇室への思いをお感じになられた方も多いのではないかと思います。

舞の海氏も述べている通り、日本人は腹をくくる、覚悟を決める時期に来ているのです。隣の基地外反日国家、そして国内のゴキブリども・・・こいつらと全面戦争になってもやり抜くという気概です。

舞の海氏がいう「覚悟」これは私も強く感じていますし、またブログでも何度も述べています。そのためには何が必要か、それも舞の海氏が寄稿文の中でしっかりと主張されています。「絶対に譲れない芯」を持つこと、それは反日勢力や反日国家などには絶対に屈しないという確固たる「信念」でもあると思います。

逆に、舞の海氏は今の日本を見て、そういう絶対に譲れない「芯」が見えない、ということを示唆しているのでしょう。特に政治家など自国よりも他国の利益を優先する売国奴が跋扈している現実が存在しているのですから。

また、日本人の原点にも氏は触れています。日本人は「目に見えない力」を常に感じることができる、そうしながら長い時間軸の中を生き、次世代へつないできた民族であるということです。靖國神社を参拝される人は多かれ少なかれ、自分の先祖や血のつながりはなくても国のために散った多くの先人たちとあの場所で何らかの会話をしているはずです。魂と魂の邂逅、目に見えないけれどもその存在を大きく感じ、向かい合い、対話をする、彼らの遺志や残した思いをくみ取る・・・それが普通の日本人であり、理解できるのです!しかし、それが全く理解できない、拝金主義、事大主義にまみれた救いようのない反日国家のシナ朝鮮とかのミンジョクです。彼らには目に見えない力を感じることは絶対にできません。彼らは自分の一族の先祖だけは崇拝しているようですが、それは現世利益と一族のみの繁栄のためであり、それ以外は一切関係ありませんから。

舞の海氏はこの寄稿文で日本という国の時間軸を意識しているようであり、日本という国家が昨日今日できたものではないとも述べています。また、歴史の断絶はならないということも。私も全く同じ意見です。21世紀の物差しで、大東亜戦争時代のことを測ることはあってはならないし、土俵が違うのです!それを味噌もくそも一緒にしているのがシナや朝鮮、反日売国勢力なのです、それも確信犯的にやっています。氏はそういう人間は謙虚さがないと言っていますが、謙虚さ以前の問題で日本人としての資質がないのです。

舞の海氏の座右の銘は受けて忘れず 施して語らずとのこと。いかにも舞の海氏らしい、お人柄がにじみ出たものだと思います。私もそうありたいものですし、かつての日本人が持っていた美徳です。今やすっかり無くしてしまったかのようなものですが・・・私はこの寄稿文をぜひ一人でも多くの方に読んでいただきたいと思い転載しました。舞の海氏の今後ますますのご活躍を心から願いますし、氏のような考えをもった相撲関係者がどんどん現れる、またスポーツ関係者が現れることも願います。

そして、今年安倍総理が堂々と内閣総理大臣として靖国参拝をフツーに実行してくれることを強く、強く、国民の一人として要望します!!また、近い将来天皇皇后両陛下が御親拝されますことを英霊とともに強く望むものです。

b0169850_21232547.jpg




週末を利用して「余命三年時事日記」さんをぜひご一読ください!こちらから!
by ariesgirl | 2015-04-03 21:40 | 日本 | Comments(8)
Commented by まめはな at 2015-04-04 11:19 x
いいものを読ませて頂きました。
ありがとうございました。
自分が弱った時、立ち返る拠り所になります。
Commented at 2015-04-04 21:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-04-04 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2015-04-06 09:26 x
アリエスさん、ちょっとだけご無沙汰しておりました。
大丈夫でしたか?元気にしていますか?

久しぶりにPCに向かうと浦島太郎状態ですよね(笑)
ところで舞の海さん、なんて素晴らしいお話をされているのでしょう!
アリエスさん、ご紹介本当にありがとうございます!
こういう素晴らしい話を教科書に載せるとか、NHKで特集を組むというのが日本がすべきことなのに、ゴキブリみたいに(ゴキブリさんには全力で謝罪!)どこにでも紛れて繁殖し汚し崩壊を招く朝鮮人やシナ人のせいで真逆の話ばかりが垂れ流されています。
アリエスさんのブログともうひとつの尊敬するブログ、中韓を知りすぎた男の管理人さんも、ご自身の貴重な経験からアレラの異質さ、害悪度を記事にされていますが、本当に日本人はもっと知って改めるべきことがあるのですよね。
国と国の関係改善なんて、そもそもその国を形成するものが基本人間でなければ無理なのであって、少なくともシナ朝鮮なんて論外なのです。
人間のなりすましなんかの国とはできるだけ関わらないように努めるのが正しい日本の目指す道でしょう。

あと、両陛下の靖国への参拝を願うということ。
これは本当に本当に私もずっと願っていることなのですが、残念ながら今の両陛下にはそのお気持ちがあるとは思えません。
政治的な問題も絡んでいるでしょが、そうでなかったとしても参拝は望めないでしょう。
なんとなくですが、悠仁親王殿下の時代にやっと果たされるのではないかという希望でもあり、予感はしています。


Commented by ariesgirl at 2015-04-07 20:47
>まめはなさま
こんばんは。日本に対する愛情があふれる舞の海氏のお話を紹介できてよかったと思っています。「受けて忘れず施して語らず」このようにありたいと思いますが、実際はこの逆になってしまいます。まだまだ修行が足りません(苦笑)大相撲という厳しい世界で生きてきた舞の海氏ならではのものでもあり、日本人としての覚悟を感じさせるものです。それは我が国を貶める反日特アやそれらにくみする売国奴に対する考えも垣間見えますね。

>鍵コメントさま( 2015-04-04 21:46 )
こんばんは。連投ありがとうございます。日本の場合、マスゴミが汚鮮されていることもあり日本における凶悪犯罪の犯人は彼らの同胞の
場合がほとんどですが、優しいテレビと新聞は本名で報道しませんので全部日本人となっています。また米兵の件ですが、私は詳しい話を全然存じませんので何ともコメントしようがないのです。コメントのような実態がバックにある人も多数いると思いますし、アメリカの小さな町では就職がないから軍に入る人が多いという話は聞いたことがあります。また、PXでの買い物の話はよくわかります。叔母がアメリカ国籍なので日本に里帰りすると佐世保の基地によくでかけ、PXで買い物してましたので。あの牛肉の塊とデカいピザの金額には驚いた記憶があります(笑)朝鮮人というのは被害者であっても加害者であっても、どういうわけか同情されることがない連中です。そうなっても仕方がないといえばその通りですね。連中は人の気持ちを踏みにじることにかけては天下一品ですから。
Commented by ariesgirl at 2015-04-07 20:59
>誉さま
こんばんは。私も4日ぶりにPCの前に座っていますが、浦島太郎状態(笑)年度末からなんだかんだと忙しくて、更新もままなりませんでした。また目の疲れがひどく、頭痛もひどかったのでちょっとお休みしてしまいました・・・さて、舞の海氏。本当に素晴らしいお話だったと思います。舞の海氏も反日左翼の「週刊金曜日」という雑誌で発言を歪曲、捏造される被害にあい心配されましたが、すぐにそれがネット住民によって暴かれました(笑)大相撲という厳しい世界で生きてきた方だからこそ、あのような感覚をお持ちなのかもしれません。私も時々「中韓を知りすぎた」さんを拝見しますが、知れば知るほど嫌いになるのが特ア(笑)ふつうは知れば知るほど好きになるのですがwwあのような民度の連中と何をどうすれば仲良くできるのか疑問です。売国議員の諸先生方にはわかるように説明してもらいたいものですわ。そして、両陛下の靖國参拝。これについては誉さんとはちょっと違うのです。陛下は靖國の例大祭には必ず勅使をお送りになりますし、靖國の宮司には必ず「靖國をよろしく頼みます」ということを仰せになられています。政治的な問題がなければ両陛下はご参拝されるのではないかと思っていますが、できればご健勝の間にそろってご参拝をと思うばかりです。天皇が参拝、シナ朝鮮が文句をいえば日本国民がどうなるか?どうするか? 両陛下がダメならば、秋篠宮ご一家にそろってご参拝をお願いしたいものです。各宮家は必ずご供物などをお送りになってますし。両陛下のご参拝がかなうためには日本国自体が強くならなければなりません。悠仁親王殿下のご即位までは生きていたいと思います!
Commented by ハレルヤ at 2015-04-30 21:18 x
アリエスさま今晩は。ご紹介ありがとうございます。聞いていて(読んでいて)うるうるしました。舞の海さんかっこいいなぁ。こんな話を聞いたら、日本人なら誰もがこんな男になりたいと思うでしょう。
Commented by ariesgirl at 2015-04-30 21:54
>ハレルヤさま
こんばんは。舞の海氏のお話は本当に心の琴線に触れる内容だと思います。氏が実にまっとうな日本人であるかわかりますし、このような方がどんどん増えることを願うばかりです。本当に日本男児ですね、舞の海氏は。ますます活躍していただきたいものです。

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!
by アリエス
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

選挙前ドットコム
特定アジアニュース
水瓶座の憂い
ニダー速報
特定アジアフラッシュ
花は桜木山は富士
田母神俊雄公式HP
ねぇ知ってたぁ?
厳選!韓国情報★
日本が好きなだけなんだよ
津川雅彦 サンタの隠れ家
村山談話白紙撤回を求める市民の会
河野談話白紙撤回を求める署名サイト
博士の独り言
博士の独り言Ⅱ
ザキーヤのブログ
外国人参政権に反対する会
日本を守るために私たちができること
ねずきちのひとりごと
日本の底力
水間条項-国益最前線
何かキタ━━(゚∀゚)━━!!!
西村真悟ホームページ
最後の聖戦イニシャル M
花うさぎの「世界は腹黒い」
日本を守ろう 10・27「日本解体法案」反対請願.com
土屋たかゆき東京都議会議員
overdope
よろず屋 BEBOP
埼玉県川口市から日本を考える
田母神俊雄オフィシャルブログ「志は高く、熱く燃える」
スポーツソウルどっとじゅげむ
大岡羽前の暗闘日記
英霊鎮守
特アが嫌いで何が悪い
うすば蜻蛉日記
A2政治ニュースアンテナ
花うさぎの「世界は腹黒い2」
こと葉 TAROT ROOM
たわわの国から~しまねこが行く
紀州備長炭 窯元 おれの窯 気づいたら紀州の山の中
愛国画報 from LA
月見櫓
でれでれ草
わがまま親父の独り言、カナダで生きてます

最新のコメント

神社に火を放とうとするの..
by Suica割 at 22:17
>まめはなさま こんば..
by ariesgirl at 20:58
「廃太子廃妃願い」と「秋..
by まめはな at 17:32
>Suica割さま こ..
by ariesgirl at 20:31
順当に考えて避難指示等が..
by Suica割 at 22:27

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
我が国の省庁は自国民を護..
from 母さんによる徒然・・・
マスコミ 50
from 邪馬台国 下関
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
桜が汚れる マナー知らず..
from 猫多摩散歩日記 2

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな