アリエスの雑記帳 ariesgirl.exblog.jp

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

東日本大震災から4年 ~風化と劣化~

今日は3月11日。東日本大震災から早いもので4年が経ちました。あっという間の4年という気がします。あの地震と津波はまるで数日前のことのように感じます。平成の玉音放送ともいえる天皇陛下のお言葉。あれは時の政権であった民主党と憲政史上最低最悪の総理である韓 直人への怒りや不信感の裏返しではなかったのかと僭越ながら考えてしまいます。あの時の政府の対応には陛下は相当お怒りになったのではないかと。だからこそ、すぐに国民にむけお言葉を、そして自衛隊、消防、警察関係者に感謝のお言葉を述べられたのではないでしょうか。あの中には政府へのお言葉はなかったように思います。

震災の犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りし申し上げますとともに、明日から4年目となることを新たなきっかけとして被災地の復興が進むことを心から祈らずにはいられません。

そして、わが身を顧みず救助活動にあたってくれた自衛隊、消防、警察、海上保安庁の方たちに改めて日本国民の一人として心から感謝申し上げます。皆様は日本の誇りです。

また、あの日から福島原発でいつ終わるかもわからない事故処理に携わっている東電関係者、および関連会社の皆様にも感謝申し上げたいと思います。色々なことを言われ、中には誹謗中傷まがいのものもあるでしょうが、収束させるために日々職責を全うしようと作業されている方たちを私は被災地同様に応援したいと思います。

さて、この4年間。この震災の記憶の風化が叫ばれています。こんなことを言ってはいけないのでしょうが、人の記憶が風化するのは当たり前のことであり、特に被災地や被災者以外であればなおさらでしょう。

記憶の風化よりも恐ろしいのは被災者の劣化です。個人的見解ですが、この4年間で被災者は大きく二つに分かれたように感じます。それはすべてを失っても、負けるものかと必死で前を向いて現実を少しずつ受け入れながら自分の足で歩いている被災者の方たち。本当に頭が下がります。我々の想像もつかないほどの思いをされ、それでも戦っている姿に日本人としての魂を見る思いです。私も被災地支援とはいえないほどですが、東北の食品を買い続けています。自分にできることなんて本当にわずかですが、これからも続けていきたいと思っています。

そして、その一方。被災してすべてをなくしたのだから周りや国が助けて当たり前と勘違いも甚だしい人たちがいることも現実です。非常に残念でなりません。特に原発事故で避難している福島県民の中には全く働く気がなく(働けるだけの体力はあるのに)、半永久的に個別補償等の賠償金をせしめてそれで一生楽して生活しようとする人がいます。私の地元にも避難してきている方たちがいますが、知人の医師が本当になげいていました。「国から金をもらわないといけないから、診断書を大げさに書いてほしい」と平気で言ってくる福島からの避難民がいると。つまり、何ともないのに被爆の影響があるということを証明してもらいたいわけです。

これじゃ生保と同じ、いえ、まるでどこかの半島の乞食ミンジョクとまったく同じです。いつからこんな民度になったのでしょうか?国もいい加減にある程度で切らないと、逆にその人たちの働く意欲をそぎ落としてしまいます。だいたい、長崎にきて「被爆した」とか簡単に言ってもらいたくない!そんなことを被爆者の前でいったら笑われますわ。とにかく、金よこせ!ということらしいです。

自治体も国に復興費用の全額を出せといってますが、いい加減にしろよ!これじゃただのゆすりたかり、893と同じです!! 確かに、あの震災で想像を絶する思いをされたこと自体は間違いありませんし、そのつらさは表現できないほどのものだと思いますが、同じ思いをしても立ち向かって自力で進もうとする人と、国にたかって寄生虫のようなまねをしている人が同じ被災者だとは思いたくありません。これではたかりが専門の特ア土人や反日プロ市民と同じです。

大ひんしゅくを買うことを承知でいいますが、私はそんな民度の人たちを支援する気は全くありませんし、したくもありません!昨年は御嶽山の噴火災害、広島の土石流災害など多くの方たちが家や家族をなくしました。被災者というくくりでいけば同じですが、彼らに対してはこれほど大規模な支援はありません。

あの震災で子供をなくした親が幼稚園や保育園、学校を訴えていますが、あれってどうなの?と思わずにはいられません。ああいうのを見ていると、結局金か・・・としか思えません。あれだけの地震と津波を誰が予想できて、それに的確な対応ができる人がどのくらいいるのでしょうか?親としては、誰かのせいにしなければ耐えられない、やりきれないという思いはわからないでもありませんが、ああいう人たちを見ると、特ア土人や沖縄のプロ市民と一緒でお金のことしか頭にないように見えてしまうのは私だけでしょうか? 被災地の復興に国が援助することは当然だとは思いますが、国家の金はほっといて増えるものではありません。打ち出の小づちもありません。出せる金には限度がある、とどこかで線引きをする必要があります。このままでは無限に続きます。

復旧と復興は似ていますが、全く違うものです。これを勘違いしている被災者や被災地が見受けられるのが非常に残念です。復興はそんなに簡単にいくものではありません。いくら国が金を出しても、「笛吹けど踊らず」では何もなりません。

うんざりするほど聞いた「絆」という言葉。最近は多少減ってきたと思いますが、もういい加減にこの言葉は打ち止めにすべきではないかと個人的には思います。ひどい言い方かもしれませんが、亡くなった人はどんなに嘆き悲しんでも、祈っても戻ってくることはありません。だったら、生き残った人は何をすべきか?周りは何をすべきか?

震災から4年。その間に被災者も自分の力で歩く人と、劣化していく人に分かれてきました。被災者だから甘えても許される、何を言っても許される、全部国が面倒を見てくれるという勘違いは自分を不幸にするだけ、みじめにするだけです。みじめなままで一生を送るのか、それとも誇りをもって自分の力で歩くのか。周りはどちらを助けたいと、助けようと思うでしょうか?

そして、自分が「日本人であること」を思い出していただきたいと思います。
Commented by at 2015-03-12 14:34 x
珍しい時間におじゃまします。
こんにちは!なんか忙しくてPCにむかえなくて、アリエスさんがじゃんじゃん更新してたらどうしよう!って今北したら昨日が最新の更新でちょっとホッとしました(笑)

前記事の返信を読んで、やっぱりアリエスさんと私は絶対前世か何かで夫婦とか家族っぽい?間違いないですね(笑)
毎回安定の同意見、大変うれしゅうございます!
そして今回の記事、4年前の東北大震災についてのあれこれ。
これまた完全同意です。
なんか本当に大変な思いをたくさんされた被災者の方ほど、前を向いてもくもくとがんばり、逃げずに歯を食いしばって生きているのではないかって。
しかもこういう方がたは自分から忘れないでアピールや支援しろアピールはしていないのでは?と思えてくるのですよね。
こういう方がたをずっと応援していきたいって心から思うし、もっと国が責任をもって支援活動に導いて欲しいとも思っています。

あと、ちょっと思ったことが...
あれからずっと日赤やユニセフなど大きい団体が募って集まった震災被災者への支援金はきちんと届けられているのでしょうか?もちろんいろいろな個人の小さい団体もそうなんですけれど、その後の報告みたいなのってやっているのかな?
ホームページでの活字報告はなにかしらやっているのだとはおもうのですが。
なんだろう、最近特に気になりだして...
支援を叫ぶ側でもなんかきな臭い人、いませんか?
利用している感丸出しなのに平気な顔して叫んでる(怖)
Commented by 三宅雪嶺の残存 at 2015-03-12 19:27 x
こういった大規模な災厄が起きると、必ず「二極化」が始まります。

人間は、強力な精神的なダメージを負うと、無論その活力が大幅に削がれ、エネルギーが外向的に放たれません。

しかし、そのエネルギーは無くなる訳ではなくて、心中に集束しており、いずれ必ず開放に向かいます。

この時に「他者や時間を纏っているか」が、その後の活動の在り方が変わってきます。

他者や時間を纏っていない人間は、災害であれ、病苦であれ、人間関係であれ、こういった時には

「こんなはずじゃなかったのに」

という強力な抵抗が生じます。自分の時間軸で考え、それまでの年齢に相応した挫折感に打ちのめされます。

大切な事を学ばせず、置き去りにした、戦後日本の大局的な病です。打たれ弱く、脆い。

本来、我が国民は、日々の生活の中から、他者や時間を常時纏っていた稀有な民族であり

例え辛く苦しく、涙流れようとも

「やるべきことはやろうという衝動」により、理性感情併せ、その哀しみや苦しさすら纏い、立ち上がる。

この、民の力強さ、逞しさこそが

「日本は何度でも復活する」という屋台骨、毛細血管、いわゆる「サイレントマジョリティ」である、民の力。


自らが弱った時、苦しい時、迷う時、必ず「悪魔の囁き」がどこからともなく聞こえて来ます。

「他者を恨め」「社会を憎め」などの

いわゆる「相対的な自己正義化」です。

それらに様々な勢力から、カネや物質主義、弁証や理屈などをばらまかれ、それに依存し、こびりついてしまった時に

それごと呑み込まれてしまうのです。戦後日本は、それの寸前まで来ていた。しかし、沖縄をはじめ、様々な都市などにある様に、未だ危機は去っていない。

日本人にとっての「働く」は

決して「ビジネス」だけではない、決して「罪」ではない、決して「拘束」などではない、日本人が日本人であるための、非常に尊きもの。

日本人にかえりましょう。
Commented by mamo_gonta at 2015-03-12 22:37
こんばんはアリエスさん。
今回のブログ、1000%支持しました。(100%の間違いじゃありません)
残念ながら福島に人々の中に、人間のイヤラしい部分が出てしまいました。

こんな状態になったのも当時の最低最悪政権が決めた
世界の笑い者になる、1mSvと言う馬鹿ばかしい基準が全てでしょう。
それにより住める所に人が住めなくなり、働ける人間を働かないようにした。
「働かざるもの食うべからず」を忘れてしまったように。

除染という無駄な作業に大量の国費を使い、早く死んだ方がいいと私は思っている菅直人が
人気取りの為だけに法律違反の原発停止による、日々100億円の国富が海外に流れて行く。
こんな日本に早く終止符を打たなければ明るい未来は来ないと思います。
Commented at 2015-03-12 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-03-13 01:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-03-13 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ariesgirl at 2015-03-13 14:39
>誉さま
こんにちは。コメントの「やっぱりアリエスさんと私は絶対前世か何かで夫婦とか家族っぽい?間違いないですね(笑)」ですが、ええ私も誉さんとは浅からぬ縁、運命の赤い有刺鉄線でぐるぐる巻にされていると確信しますわ(笑)さて、あの震災から4年が過ぎていろいろな問題が現実として見えてきたように思います。被災者が二極化してしまっていることはとても残念なことですが。また、日赤をはじめとする支援金の行方。おそらく日赤は被災地の日赤を通じて運用されていると思いますが、テロ朝などがやった募金などは何に使われているかかなり怪しいですね。どこかの通信大手の禿が100億寄付するといっていたのは結局どうなったのでしょうか?まともに払ったと聞いてないのですが(笑)
被災地の復興のためにも自分に何ができるのか、どういう支援なら続けていけるのかが大事だと思います。私などせいぜい東北の物産をかうくらいですが。

> mamo_gonta さま
こんにちは。ご支持ありがとうございます。いろいろな考えを持っている人が多い中でひんしゅく覚悟でかきました。最低最悪の政権時に起こった最悪の震災。その対応の悪さで今まで慎ましく暮らしてきた人たちに働かなくても「原発被災者」であれば一生楽できるという認識を植え付けてしまいました。gontaさんのコメントに頷きながら、どれだけの税金が無駄に使われているのかと思うと何とも情けなくなりました。原発は一日も早く再稼働すべきだと思います。
Commented by ariesgirl at 2015-03-13 14:55
>鍵コメントさま(2015-03-13 09:21 )
こんにちは。鍵コメさんのご当地でも同じようなことが起こっているのですね。自分の不幸をメシの種にするような人間はどこに行っても軽蔑されると思います。その不幸をどう受け止めて、乗り越える努力をしているかが問われているのではないかたと思うのですが、その辺が○○○被災者には理解できないのでしょう。ごねればお金がもらえる・・・まるでどこかの乞食と同じです。私の同級生もご当地で働いていますが、今度話を聞いてみようかと思っています。

>鍵コメントさま(2015-03-12 23:49 )
こんにちは。連投ありがとうございます。コメント、私も同感です。いつのまにか4年間の間に本質がどこかに置き忘れられてきたように思えてなりません。まるで、戦争の悲惨さばかりを訴えてお涙ちょうだい話に歪曲するのと同じように感じます。時間が人を劣化させ、時間が記憶を風化させるのでしょう。劣化した人間の集まりが民主党や日教組などの反日売国集団であり、どこかの隣の犯罪者集団ということです。被災者だから何でもしてもらって当たり前と思っている人たちはまさに特亜レベルに堕ちてしまったと。支援と甘やかすことはまったく別物です。いい加減にそれに気がつかなければますます不幸になると思います。それから、せっかくなので鍵のままにしておきますね(笑)
Commented by ariesgirl at 2015-03-13 15:07
>三宅雪嶺の残存さま
こんにちは。今回の「自らが弱った時、苦しい時、迷う時、必ず「悪魔の囁き」がどこからともなく聞こえて来ます。「他者を恨め」「社会を憎め」などのいわゆる「相対的な自己正義化」」というコメント、本当にその通りだと思います。この考えがあらゆるところにはびこっていると思います。この考えこそが、反日国家特定アジアの考え方、反日勢力の考えそのものだと。あの震災のつらさは経験した人にしかわからないでしょうが、その経験で自分を劣化させて、不幸にしてどうするのかと思うわけです。日本人にとっての「労働」はと額に汗を流す尊いものであることを忘れてはいけないと思います。
by ariesgirl | 2015-03-11 21:25 | 日本 | Comments(9)