「ほっ」と。キャンペーン

Merry! X'mas!! ということであれこれ。

読者の皆様! Merry Christmas!! 

皆様のところにはサンタクロースは来ましたか?私のところには今年も来ませんでした、以上!!(笑) サンタクロースの存在を何歳くらいまで信じていたかなと思います。枕元に靴下をぶら下げていたことを思い出します、かわいらしいものです。今となっては、そのかわいらしさも遠いところに飛んでいきました(大笑) 

また、学生時代地元の和菓子屋でバイトをした時の事。そこは結構な老舗で洋菓子も作っていたのですが、当然クリスマスにはケーキも販売します。予約以外の分も当然作っておくわけですが、私と友人はクリスマスの翌日である26日から3日間、売れ残ったケーキを毎日休憩時間に食べさせられました。当時、生クリームのケーキに加えて、今はすっかり見なくなったバタークリームとチョコクリームのケーキがありました。売れ残るのは後者の二種類www 店の責任者から「食え、食え」と言われ友人と食べ続けました。となると、どうなるか?言わずもがなですね(笑)

どうか、読者の皆様のところにサンタクロースがやってきますように。そして、大切な人たちと楽しい時間を過ごされることを願っています☆
b0169850_20185091.jpg

ケーキもいろいろありますが、王道はこれでしょ!!

さて、昨日第三次安倍内閣が発足しました。安倍晋三氏は日本国第97代内閣総理大臣となりました。何はともあれよかったことだけは確かです。民主党政権下のことを思えば、遥かに気が楽というか精神の安定度合が違います。私は安倍総理のすべてに大賛成することはありません。ダメなものはダメ!というスタンスですし、おかしな政策もありますからね。でも、現時点で大局的に考えた時、安倍氏しか総理の責務を果たせる人はいないと思っています。ただ、自民党内には獅子身中の虫だらけですから、カルト公明もそうですが、こいつらが一番安倍総理の邪魔をするのです。

今回は防衛大臣だけを変える布陣ですが、あんな売国奴じゃなくてもよかったのに!!だって、あの白髪のオッサンは10月に南朝鮮にいってクネに土下座、おかしな共同声明にサインしてきた売国奴ですよ!! ほかに適任者はいなかったのでしょうか?それとも、法務大臣の上川とかいうオバハンのように売国奴を取り込むという戦略なのでしょうか?

そして、首相指名。笑ったのは共産党です。今回マスゴミ的にいえば躍進してホルホルしてのぼせてしまったのか、21名全員が志位委員長の名前で投票しなければならないにもかかわらず、なぜか、なぜか志位委員長に投票したのは18名!!これってどういうこと?(笑) 当の志位委員長はインフルエンザで国会を欠席していたそうなので20名、ということは2名が書いてない・・・(大笑) 初当選の議員もいるでしょうから、その中の2名ではないかと。あーあ、絶対に犯人捜しされてるわwww そして、党本部の拷問部屋でしばかれたにちがいない!!さすが、暴力革命の共産党ですね♪

共産党は供託金が「5億円」倍増で返ってくるわ、21人も当選して秘書が足りないわで嬉しい悲鳴だそうです。最高のクリスマスではないでしょうか?あ、でも彼らは無神論者ですから関係ありませんねww来年の統一地方選挙の資金ができたと恵比須顔でホルホル状態だそうです。いい思いをしたあとは一気に落ちるだけということが彼らにもわかるでしょう、近いうちに。 関連記事はこちらから!

その共産党に関して、井上太郎氏が「共産党に騙されるな 中編」をアップされていますので、一部を転載いたします。この記事を見れば、今回5億円も戻ってきて大喜びするのもわかりますね~!共産党って貧乏人の味方で金持ちを憎んでいるんじゃなかったっけ?でも、お金はダーイスキなのね❤(笑)
================
井上太郎のぶろぐ 「共産党に騙されるな 中編」

共産党が対外的に公表している数字があります。現在、共産党の党員は約31万8000人です。赤旗の発行部数は約130万部です。最盛期には、49万人の党員と355万部の発行部数だったことを考えると、党勢は縮小の一途を辿っていることは明白なる事実です。

「党員の平均年齢は、50歳を優に超えています。生活保護受給の相談に来た高齢者を新しく入党させるくらいで、若い党員はほとんど増えていません」共産党の筆坂秀世氏のコメントです。

「赤旗に至っては、130万部のうち日刊紙は23万2000部で、残りは日曜版といわれています。日曜版を発行部数に入れて黒字になっているだけで、日刊紙単体では月に1億数千万円の赤字が出ていることになります。そこで、早版と遅版の二版体制だった締切りを早版の一版体制に変更しています。
================(以上、一部転載終わり)
続きはこちらから!

そして、おなじみ「ぼやきくっくり」さんの最新記事。昨日の「アンカー」の書き起こし記事ですが、非常に読みごたえがありました。そのなかに、今回の選挙における次世代の党の票に関する誤集計に外国人が関与したのでは?ということがありました。そして、シナと朝鮮のアメリカにおける反日タッグです。一部を転載します。
=================
村西利恵
「それがキーワードにもあった、まさかの不安。来年、サンフランシスコの観光地、中華街に、抗日戦争記念館がオープンし、そこに慰安婦像の設置が検討されている」

青山繁晴
「うん。これ、慰安婦像ってやつは韓国で、この抗日戦争記念館って要するに、南京大虐殺っていう嘘をでっち上げて、その、反日を宣伝してるっていう別々の話に見えますけども、サンフランシスコの中華街に、両方ドッキングさせて、基本的に、その、中国のお金で、それをつくろうとしてる。これ、実はこれ、レセプションも行われて、もう今年7月に、レセプションが行われてですね、来年9月にもうこれがオープンしようと、いうことになってるわけです。でもこの話って、日本でほとんど報道されないし、報道されないから国民の関心も薄いので、実は日本政府もこれは具体的な阻止に動いてないんですよ。ね。で、ところがですね、実際にアメリカで、もう一回言いますが、その、苦労して、その、アメリカ人が、その、喜ぶようなワインまでつくった人たちが、これで、そういう大人から、学校で学んでる子供たちまで、もうすでに苦しんでますと。なぜ、その、同じ同胞の、日本のメディアも、政府も、これ動いてくれないんですかと。で、それを話したいから、今夜は来ましたと、いうことだったんですね」

村西利恵
「なるほど」

青山繁晴
「で、これは、あの、まだ来年9月まで、いちおう、時間がありますから、えー、第3次安倍政権のひとつの僕は課題だと思いますし、で、安倍さんにお預けするんじゃなくて、この、今日、総選挙の話でメディアの問題もありましたけど(コーナー前に総選挙の話題のところで、メディアが「大義がない選挙」と言ったり、その他諸々、無責任な報道を繰り返したことを指摘した)、まず私たちがこのメディアも動かして、この実態を見るべきです。で、この中華街っていうのは、ほんとはサンフランシスコの地元の市民はなかなか行かないんですが、観光客はものすごくたくさん来るそうで」

村西利恵
「なるほど」

青山繁晴
「そこで嘘を刷り込まれて、また世界中に散っていくということが、どれほど、僕たちの世代よりも、子々孫々にどんな影響を与えるか。いったんつくったものを壊すことはできませんから。つくる前に、どうにかしなきゃいけないってことを、まさかの不安、ほんとはまさかの不安じゃない、みんなが心配してることが、本当に、まさかまさかと言ってる間に現実になってるってことを考えていただきたいんですね。さあそのまさかの不安のもうひとつ、えー、今度国内に話を戻しますとね。この解散総選挙、今月やったばっかりですけど、まさしくまさかのことがありましたよね。これもメディアにほとんど出てきませんが、これです」

村西利恵
「今月14日に投開票が行われた衆議院選挙でのことです。京都市伏見区の開票所で、次世代の党の比例票1500票が、一時、共産党の票に紛れ込み、誤って集計されていました
b0169850_20582611.png


青山繁晴
「これあの、メディアに出てこないってのは公平に言うと、その、ちらっとのニュースは出るんですよ。しかし、少なくとも重要な、まさかの不安として報道されない。これまさかの不安ですよね。だって世界中で公正な選挙は実はほとんど行われてない。僕は世界を歩いてきて、公正な選挙が、全く行われてるって国は日本以外に見たことないですよ。アメリカ合衆国だって、ブッシュ大統領の再選の時は、その、ジェブ・ブッシュって今度大統領になろうとしてる人が、フロリダ州で、疑惑の集計をやってですね。宮崎さんよくご存知の通り。アメリカですらそうなのに、日本だけは、そういう変な集計はないということだったのに、それが例えばこれは一例ですけれども、こういうことが行われて、そして例えば、えー、これによって次世代の党っていういわば特定の政党が、かなり不利になる傾向が全国的にみられたっていうのはですね、私たちは有権者として、もう一度これ、きっちり関心持つべきなんですね。で、そうすると、今回の解散総選挙についてはですね、実は、あの、選挙終わっちゃうともう次の話になってるから、こう忘れがちですけれども、今回の総選挙で示された、ことの中に、私たちのまさかの不安が、他にも、実はあるということであって…」

宮崎哲弥
「その誤集計の背景に何があるんですか」(ナイスツッコミ!)
===============(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!

おなじみイージスさんの動画。ウリナラジングルベルのお話です。

Commented by mamo_gonta at 2014-12-25 22:04
こんばんはアリエスさん。
共産党はそれにしてもしぶといですね。
社民党は消える寸前だと言うのに。
その共産党と言えば、赤旗ですが
聞くところによると、市役所や県庁職員への
押し紙ならぬ押し売りが酷いらしいですね。
共産党の市議や県議が、なかば「脅し」とも取れる
強権を振るっているらしいのですが
メディアは一切報道しない。不思議ですね。


Commented by ariesgirl at 2014-12-26 21:05
>mamo gontaさま
こんばんは。共産党は本当にしぶといですね。でも、今の現職議員どもを見ると本当に下品なのが多いです。昔の共産党はもう少しお品があったと思うのですが(笑)共産党議員の赤旗押し売りを含めて、メディアが報道しないのはメディア各社に共産党員がいるからだと思います。今日の拙ブログに関連記事をアップしましたので、ぜひご一読くださいませ。
by ariesgirl | 2014-12-25 21:05 | 日本 | Comments(2)