アリエスの雑記帳

ariesgirl.exblog.jp

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!

日本人加藤達也氏の矜持と○○○植村隆の自作自演劇場(笑)

連休を直撃した台風19号。毎週台風が来ている感じですが、10月ってこんなに台風が多かったかなと思っています。皆様のお住いの地域は大丈夫だったでしょうか?淡路島は凄まじい雨になっているようですが、少しでも不安になったら即避難してください。避難勧告や避難指示は空振りになっても誰も文句を言う人はいないはずですし、外れてよかった!となるだけですから。

先日噴火した御嶽山のことも心配です。自衛隊、消防、警察の方たちの疲労もピーク、高山病や低体温症になる方も多い中で、この2日間は作業中止。こんなことを言っては何ですが、体を休めることができてよかったと思います。いくら一般人より訓練を重ね、屈強であっても3000mを超える場所で、いつ何が起こるかわからない場所での捜索作業の過酷さは想像を絶するものがあります。自然の力というのは台風も噴火も、人の力がかなうものではないことを改めて思い知らされます。

さて、今日は体育の日。旗日です。産経新聞の前ソウル支局長の加藤達也氏を犯罪者にしたてようとする南朝鮮と女酋長。女酋長は自叙伝のなかで「恋らしいものは一度もしたことがなかった」といっているようですが、やはり!という感じ(笑)大統領の娘だからチヤホヤされるのは当たり前、人間として一人の女として、このオバはんには決定的な成長材料が欠けていたという事になります。そういう人はおそらく他人を信じることができない、猜疑心の塊のようなものでしょう。自分の名誉がすべて、それを少しでも傷つける人間は許さないニダ!ということ。それも外国のメディアの特派員が自国向けに書いた記事、それも引用記事にも関わらず自国の法律で難癖をつけて犯罪者に仕立て上げる・・・本当に恐ろしいBBAです。以下は、zakzakからの転載です。自意識過剰の朝鮮人、まるで「私は国家と結婚した」といったイングランド女王エリザベス一世と自分を重ねているのでしょうか(笑)
===================
朴氏が政治活動をスタートさせたのは、アジア通貨危機が起きた1997年。その時の心境を自叙伝に「私は『政治家朴槿恵』の道を行くことに決めた。大韓民国発展のため、自分の生活を全てささげる覚悟を固めた」とつづっている。(中略)

先の碓井氏は国に身をささげるという思いが強すぎるがため、自身の私生活の話題が出たことに過剰な反応をしてしまったのではないか。女学生のようなメンタリティーがあるのだろう。朴氏は、自分自身に『韓国民の理想的な母親像』や『聖母像』を投影している。そのイメージを傷つけられたのが、何より許せなかったのかもしれないと分析する。

朴氏は自叙伝で、こんな本音もみせていた。

「誰もがしている合コンにも一度も行けず、友人たちと一緒に夜遅くまで街中を歩くこともない」「思えば、私の人生に恋愛らしきものは一度もなかった
================(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!


人権弾圧国家に立ち向かう加藤達也氏にはくれぐれも体に気を付けていただきたいと思うわけですが、どうやら南朝鮮の検察は当初起訴猶予にしようと考えていたようです。以下、zakzakから転載します。
==================
産経前支局長起訴 検察、当初は起訴猶予処分を検討 韓国左派系紙報道 2014.10.12

【ソウル=藤本欣也】韓国のソウル中央地検が情報通信網法における名誉毀損(きそん)で産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を在宅起訴したことについて、韓国の左派系紙、ハンギョレは11日、検察は“条件付き”起訴猶予方針だったと報じた。

検察関係者の話をもとにした同紙報道によると、検察内部では初め、起訴に持ち込むのは無理であるという意見が多数だった。(1)問題のコラムはジャーナリスト、特に外国人特派員の報道活動の一環である(2)「朝鮮日報」のコラムをかなりの部分、引用したものである(3)起訴すれば外交摩擦を招く恐れがある-ことが理由だった。ある幹部は9月末の段階でも起訴に慎重な見解を示していたという。

今月2日に行われた3回目の事情聴取も、捜査が残っていたためではなく、謝罪またはそれに準ずる誠意を示すことができるかを打診するためだった。加藤前支局長や産経新聞社が「謝罪」や「遺憾表明」を行う場合、起訴猶予処分にすることを検討したという。

しかし加藤前支局長側の立場は変わらず、検察は結局、かたくなな大統領府の「方針」を前にして、「内部方針とは違う起訴という結論を出した」という。
===================(以上、転載終わり)
加藤前支局長!あなたは実に立派な日本人です!!断然応援します!こちらには何の非もないのに何故謝る必要があるのか?? なにひとつ悪いことをしていないのだから、謝る必要はない!ということで加藤氏は自分の立場を変えなかったのでしょう。実に立派です。ここでもし謝罪するようなことがあれば、それを逆手に取られてとんでもないことになる、彼はそれを十分承知しており、かつ報道に携わる者としての誇りが許さなかったのだろうと思います。

この記事が事実だとすれば、痴犬の言い分は河野談話の時の南朝鮮政府の言い分と全く同じ構造であることがわかります。つまり、条件を提示してそれをこちらが飲めばチャラにしてやるということ。でも実際には絶対に、絶対にチャラにはならない、しないということです。この痴犬の言い分を見ても、クネが裏から相当な圧力をかけたのがわかりますし、所詮土人国家の検察なんてこんなものだと世界に宣伝したわけです。 

日本人の悪い癖ともいえるのが、「すぐに謝る」「その場を収めるために悪くなくても謝る」ことです。これは日本人が争いを好まない、波風を立てたくないという考えの表れかもしれませんが、それはもう通用しない時代であると思います。日本人同士ならともかく、相手が外人となると絶対にやってはいけないのが「すぐに謝る」ということです。それは自分の非を全面的に認めたことになるのであって、だからこそ外人は絶対に謝らないのです。今回、加藤氏が謝罪しなかったのは実に見事であり、当然のことだと思います。私も謝りませんよ、自分が悪いときはちゃんと謝りますが。

日本政府が過去に南朝鮮に対して、こちらは悪くもないのにとにかくことを荒立てたくないために、あるいは自己保身のためにバカのように、すぐに謝罪してきたことが、南朝鮮や朝鮮人の悪行三昧を招いたのです!! この「謝罪」については、拙ブログにリンクしている「月見櫓」さんがちょうど記事にされていますので是非ご一読いただきたいと思います。

さて、加藤氏と真逆の立場なのが慰安婦捏造記事の張本人である元朝日の植村隆。この売国奴が講師をしていた北星学園大学?脅迫状が来たといって、加害者から被害者ヅラして論点をすり替えようとしています。そしてそれを支えるのが同じ売国仲間のキムチ臭くて、かなり怪しい連中です。
b0169850_20481332.jpg

b0169850_20485311.jpg


私は北星学園に脅迫状・・・というのはおそらく植村側、つまり反日勢力(朝日を含む)のおなじみ「自作自演」だと思っています。犯人も捕まっていないのに刑事告訴ってどこまでバカなのか。何と言っても、朝日は沖縄のKYサンゴでおなじみ、自作自演の本家本元元祖ですから(笑)
b0169850_20531472.png


この植村隆を支援している連中のキムチ臭いこと、キムチ臭いことwww 注目すべきは植村隆の共犯である福島瑞穂のダンナの渡海雄一弁護士がいることです。おまけに、あの香山リカに野中広務というユスリタカリの名人のような老害ジイサンも賛同者となっていることです。
加害者を被害者にしたてあげて、問題をすり替える・・・反日左翼や朝鮮人の常套手段です。 今回の脅迫状も自作自演乙!、これって朝鮮学校の生徒が電車の中でチマチョゴリを切られたというのと全く同じ。騒ぐだけ騒いで、結局犯人が捕まらない(笑)本当に懲りない連中です。

こいつらがこの脅迫状を「暴力による言論テロだ!」と騒いでいますが、本当にそう思うのであれば今回の産経加藤氏に対する南朝鮮の暴挙にも同様に声を上げて騒ぐべきはずですが、一切なし!口を閉ざしていることからも彼らがマッチポンプの偽善者、ただのタカリの893と同じ種類の下衆であることがわかります。以下は、「赤峰ブログ」からの転載です。
==================
朝日新聞の記事を見る限り、正義の報道をした記者が「迫害」を受けているかのようなお話になっています。しかし、これは論理のすり替えというものではないでしょうか。

せめても、捏造した記事を詫びた上で、このような行為は許せないと言うのであれば、少しは世間も納得するかもしれませんが、本人からの訂正謝罪がないまま、被害者を装うというのは承服できるものではありません。 しかも、植村隆氏は、記者会見までして、自分の正当性を訴えようとしました。「植村氏を支援する組織」がこんな呼びかけをしていました。

「負けるな北星!の会」記者会見のお知らせ:北海道・札幌市の私立北星学園大学に「非常勤講師の植村隆をやめさせなければ爆破する。学生を痛い目に遭わせる」という脅迫状が届いています。大量の嫌がらせ電話やメール、街頭宣伝も続いています。

植村さんは、元朝日新聞記者で1991年、韓国の元日本軍慰安婦がつらい体験を告白した記事を書きました。一部の人たちは慰安婦問題の「火付け役」と批判しています。しかし、爆破予告は脅迫です。業務妨害です。植村さんの高校生の長女は氏名、写真をネットでさらされ「自殺に追い込む」と脅されています。長男の高校の同窓生は、人違いでネットに写真と実名を載せられ「売国奴のガキ」「自殺しろ」と書かれました。ひどい人権侵害です。【中略】日本の民主主義は正念場を迎えています。北星学園大学を孤立させてはいけません。大学を攻撃する卑劣な人たちにみんなで、告げましょう。

10月6日(月)午後2時から記者会見、東京と札幌で同時に記者会見が行われました。東京の記者会見で動画が公開されています。https://www.youtube.com/watch?v=Cf6XFCGSqRo  ※東京会場、札幌会場ともに、植村氏本人は出てきていません。(中略)

植村隆氏の応援団は、植村氏の根源的な間違いについては目をつぶり、加害者である植村氏を被害者に仕立てています。「言論の自由へのテロ」、「思想の自由を侵害するものだ」などと述べているのが特徴です。 朝日新聞の「慰安婦」捏造記事を根拠に、自説を声高に述べてきた方ばかりです。植村氏を守るとみせかけて、実は自分自身を守ろうとしているのではないでしょうか。

しかも、今回の植村氏の問題で、また反日の人たちの名前が表にでてきました。

ところで、「被害者」の植村氏に対する脅迫事件は、実際に起こったのでしょうか。刑事告訴すると息巻いていた方もおられましたが、犯人も見つからないのに刑事告訴できるのでしょうか? 朝日新聞の社風は、自らが加害者でありながらいつの間にか被害者の立場になって責任を転嫁する傾向が甚だ強いものがあります。
============(以上、一部転載終わり)
全文はこちらから!特にコメントも一緒にご一読くださいませ!

自分たちのやらせ、自作自演はお手の物。それが朝日をはじめとする反日左翼の特色であり、こういうことをしでかしたということは相当焦っているのかもしれません。「脅迫メール」も同じ、匿名の人間がやったってwww どこの誰かもわからないのに「ウリたちは被害者ニダ!」と大騒ぎ。刑事告発までして言論弾圧、やはりお里がしれますわ(大笑) どこのだれがやったのかもわからないのに、「支援する会」バカとしかいいようがありません。 いまだに自分たちの手法が世間的に通用すると思っている思考停止の自称言論人やジャーナリストに精神科医に弁護士wwww この加藤氏と真逆の売国奴植村隆とその愉快な売国仲間たち・・氏ねばいいのに♪

皆さん!産経新聞を購読して加藤氏を支援しましょう!!加藤氏は南との首脳会談の可能性を潰し、世界中にあの連中の基地外っぷりを証明してくれたのですから!

Commented by 774 at 2014-10-14 08:28 x
産経の加藤前ソウル支局長の件ですが、無理筋もいいところ。
日本の新聞社が、日本国内で発行した新聞と日本のHPで公表した、日本語の記事ですので、
韓国の検察が韓国の法律で起訴したのは、日本の主権である司法管轄権の侵害です。
不思議なことに日本の外務省は、この観点から公には抗議していません。
どうしてでしょう?
Commented by ariesgirl at 2014-10-14 21:36
>774さま
こんばんは。南朝鮮の今回の暴挙はあの連中が北朝鮮と所詮は同じの言論弾圧国家、五流国家だということを自ら世界に宣伝しました。日本人だからこそやったのであって、アメリカやヨーロッパであれば起訴などありえなかったでしょう。おっしゃるとおり日本の司法に対する侵害であると思いますがご質問については私には何ともわかりかねます。774さんはどうお考えですか?害務ではなく法務の管轄になるのかもしれませんが、害務省にはかなり怪しい人間が相当いるといわれてますので・・。
Commented by 時実清之進 at 2014-12-02 21:58 x
平和な日々が続くことを願っている。
by ariesgirl | 2014-10-13 21:35 | 日本 | Comments(3)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス