最後はやっぱり・・・

今日のW杯の結果はすでにご存じかと思います。日曜日の午前ということで日本国中テレビの前で大騒ぎとなっていたことでしょう。私も着付け教室にいくギリギリまでテレビ観戦していたわけですが、着付け教室で結果を知ってがっかり・・・orz 帯を締める力も抜けそうでしたわ・・・

帰宅してからスポーツニュースなどでどういう敗け方をしたのかと確認しましたが、うーんなんだかなあ・・・素人なので戦術に関してはコメントできませんが、前半本田選手が得点してからは相当動きがよくなったように見えましたし、かなり惜しいシュートシーンもあったわけですが、そこで追加点を取れないというのが一番の問題なのかもしれないと思いました。 おまけに香川選手もなんだか元気がないというか、点に絡んでないというか・・・

次のギリシャ戦には絶対に勝たなければもう終わりです。あまりにも短いW杯となってしまいますし、彼らが4年間積み上げてきたものを全く発揮できないままになってしまうのは不本意以外のなにものでもないはずです。ギリシャも負けているから、死にもの狂いでくるでしょう。日本チームも同じこと。そうなったら何が勝負を決めるか。(圧倒的に実力に差がある場合は除いて)

最近はスポーツの世界に限らず、「精神(魂)論」「根性論」は否定あるいは敬遠されています。確かに、それだけに偏るというのは問題です。しかし!私の自論として、人間最後の最後、勝負を決めるのは「絶対に勝つ!」という気持ちであり、それが上回った方が勝利を手にすると思っています。人間に「精神(魂)」の部分が作用しなければ、それはただのロボットであり、何の意味もありません。

オリンピック三連覇という偉業をなしえた柔道の野村選手はロンドン五輪の解説時に「最近は根性論とか精神論をいうと敬遠されるが、古臭いといわれるかもしれないが、自分としては最後に勝負を決めるのは、「根性」とか「絶対に勝つという気合い」にかかっていると思う」という内容のことをおっしゃっていたことを思い出します。 私も同感です。また、野村選手は試合に臨む前、何度も何度も鏡をのぞき自分の顔、つまり表情をチェックしていたそうです。それは、本当に相手を打ち負かす目をしているか?というのを何度も確認して、畳に向かったと何かのインタビューで聞いたことがあります。

とはいえ、団体競技において、そのチームの一人、二人だけが「絶対に勝つ!」と思っていても、他の選手が同じ気持ちでいないと空回りするだけです。チームの全員が「絶対に勝つ!」という思いを共有しないかぎり、勝つことはできないでしょう。 全員がその気持ちをもった時、「勝運」という大きなものを引き付けるのだと思います。 それはスポーツだけではありません。

全員が同じ気持ちをもったとき、初めて自分たちの実力以上の力を出せる、運を味方にできるのだと。先日いただいた読者の方のコメントをご紹介します。

==================
敗戦後、我が国は、その政治や行政、学問における姿勢において「士魂」を失ないましたが経済やスポーツの分野では、それは僅かに残っております。 スポーツ、特に球技において、その技術や戦略、運、それらが甲乙つけ難しの時、その勝敗を左右するは、俗に言う「魂」です。「勝ちたい気持ちが強い方が勝つ」というやつです。 それでは「勝ちたい気持ち」とは何か?名誉や報酬、評価、さては兵役免除でしょうか?そんなものでは絶対に勝てません。 その執念の源泉は、必ず「自己以外」に他ならない。それが個を越え、我を凌駕し、無私に繋がりし後、我に戻りて 「絶対に勝たねばならない」となる。 全員が、それ共有せしめた時、その比類無き力が現れる
「日本代表」は勿論 家族や会社や自治体、そして「日本」もです。我が国が今在るのは、この力です
==================

このコメントの通り、「絶対に勝たなければならない」という気持ちを次のギリシャ戦、コロンビア戦で日本代表全員が共有できれば勝つことが可能でしょう。 崖っぷちに立たされた彼らの底力、胆力に期待します。 これで二連勝し決勝リーグに行くことができたら、彼らは相当の快進撃をすることになると思いますし、世界が驚くことになるのではないでしょうか。

攻撃は最大の防御なり。(でも、しっかりと守るべき時には守らないといけませんが) 守りから攻撃へ!打つべし!打つべし!打つべし! (なんか、別のスポーツ漫画のようになってきた・・・)
b0169850_2123320.jpg


日本政府もついに攻撃に転じました!日本代表も反転攻勢だ! 日本政府はもっとやれ!! もう朝鮮人やシナ人を入国させるな!!

何がワーキングホリデーだ(笑) 朝鮮人の女の働き口なんて決まってんじゃないの。 「売春」か「朝鮮パブ」でしょうよ!! これが連中のワーキングwwww
Commented at 2014-06-16 03:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ariesgirl at 2014-06-16 19:31
>鍵コメントさま
こんばんは。真夜中にお越しいただきましてありがとうございます。相当の激務が続いているものと想像しておりましたが、くれぐれもお体には気を付けていただきたいと思います。さて、公明党。本当にウザイ(笑)嫌なら野党に戻れよ!と思う議員も多いのではないでしょうか(笑)それにコメント拝見して、やはり外道はどこまで行っても外道でしかないのですね。鍵コメさんも本来の仕事に戻りたいと強く思っていらっしゃるようですが、今の上司がなかなか認めてくれないのですね~私も鍵コメさんには本来の仕事場で暴れていただきたい(笑)と強く願っているのですが。連日の激務かと思いますが、愚痴こぼし、冷やかし(笑)など、お好きな時にお立ち寄りくださいませ!!日本を愛する同志はいつでも大歓迎なのが拙ブログです(^^)
by ariesgirl | 2014-06-15 21:25 | 管理人の主張 | Comments(2)