「ほっ」と。キャンペーン

Samurai, the time has come to fight!

いよいよW杯が開幕しました。 開幕戦は日本人トリオが審判を務め、しっかりと仕事をしてくれました。あのファールにクロアチアが相当カッカきているようですが、あれはどう見たって手で引っ張ってるから当然。それもペナルティエリア内でしょ? 確かにブラジル人の転び方はかなり大げさでしたが、あれは当然の判断ではないでしょうか。 あんまり、ガタガタいうな! そういうことも含めてサッカーじゃないの?だからこそ、全世界で大勢の人が熱狂して大騒ぎするし、出場国は国の代表としての誇りをもって戦うのでは。

それにしても、西村主審はじめお三方はあれだけの大観衆の中で冷静に試合を仕切るというのはどんな感じだったのでしょうか?プロの審判として名誉なことなのでしょうが、こちらも何か誇らしいですね。 開会式にはブラジル大統領は当然ですが、なぜか、なぜか、土人の世界大統領も参加していました。今、イラクで大騒ぎになっているのに、あの土人何やってんの?? さすが、最悪最低の国連事務総長です。こんなところにはしゃしゃり出て、肝心なことは何もしないのがウリナラの世界大統領です(笑)

いよいよあさっての朝10時キックオフ。私はうう・・・着付け教室があるので見れません!(涙) その代わりとでも言いますか、教室で貸し出す着物か帯はブルー系にしたいと思います。 ふと思ったのですが、天皇皇后両陛下もご公務がないということであれば、きっとテレビでご観戦あそばされるのではないでしょうか。前回大会も夜中にご覧になったということですからね~。 そうなると、今回の初戦も天覧試合!! 日本代表には力を尽くしてほしいと強く思います。

その出場国が移動に使うバス。スポンサーであるヒュンダイのバスですね、本当に胸糞悪い。 とはいえ、各国同じなので文句をいう事はできませんが、あのバスに各国のスローガンが書かれています。ご承知の方も多いとは思いますが・・・

日出ずる我が国は・・・Samurai, the time has come to fight!ですね。やはり、「サムライ」と形容されるわけですが、いちばんしっくりくると思います。他の出場国のスローガンは以下の通りです。WSJからの転載です。みなさんの感想はいかがでしょうか?お国柄がわかるような感じがしますが、日本チームのバスに何かおかしなものが仕掛けられていなければいいのですが。何と言っても朝鮮ですから。

=================
アルジェリア―Desert Warriors in Brazil
アルゼンチン―Not just a team, we are a country
オーストラリア―Socceroos: Hopping Our Way Into History
ベルギー―Expect the Impossible!
ボスニア・ヘルツェゴビナ―Dragons in Heart, Dragons on the Field!
ブラジル―Brace Yourselves! The 6th Is Coming!
カメルーン―A Lion remains a Lion
チリ―Chi Chi Chi! Le Le Le! Go Chile!
コロンビア―Here travels a nation, not just a team!
コスタリカ―My passion is football, my strength is my people, my pride is Costa Rica
コートジボワール―Elephants Charging Towards Brazil!
クロアチア―With Fire in Our Hearts, For Croatia all as One!
エクアドル―One Commitment, One Passion, Only One Heart, This Is For You Ecuador!
イングランド―The Dream of One Team, the Heartbeat of Millions!!
フランス―Impossible is not a French word
ドイツ―One Country, One Team, One Dream!
ガーナ―Black Stars: Here to Illuminate Brazil
ギリシャ―Heroes Play Like Greeks
ホンジュラス―We are one country, one nation, five stars on the heart
イラン―Honour of Persia
イタリア―Let’s paint the World Cup dream blue
日本―Samurai, The Time Has Come to Fight!
韓国―Enjoy it, Reds!
メキシコ―Always United, Always Aztecas
オランダ―Real Men Wear Orange
ナイジェリア―Only Together We Can Win
ポルトガル―The past is history, the future is victory.
ロシア―No one can catch us
スペイン―Inside our hearts, the passion of a champion
スイス―Final Stop: 07-13-14 Maracana!
ウルグアイ―Three million dreams… Let’s go Uruguay
米国―United by Team, Driven by Passion
====================(以上、転載終わり)

犬HKのサッカーW杯テーマ曲「NIPPON(椎名林檎作)」の歌詞に在日どもが大騒ぎしてイチャモンを付けています。相変わらずの火病で大騒ぎですか(笑)  彼らは井上太郎氏いわく流浪の旅人」(大笑)、祖国からおいでおいで命令が下りますから、生暖かく見守ってあげましょう!

椎名林檎さんの歌を右翼的と大騒ぎしている人というのは、集団的自衛権を日本が戦争をするためのもの!と結びつける連中とまったく同じ精神的構造を持っています。 朝日や毎日、公明党、しばき隊、プロ市民などなど・・・ いや~、安倍政権になってから反日のあぶり出しがものすごいですね♪ 

公明党も日本の国益と国民を守る法案には反対するカルト政党。層化と一体化しているろくでもない連中です。もう安倍総理もとっとと切りたくて仕方がないでしょうね~ 切っちゃえ!(笑) 

何が何でも、何でもかんでも戦争に結び付けようとするその基地外思考。 自分の家に強姦魔や強盗が入ろうとしているときに、何の武器も持たないで家族や家を守ることができるとでも思っているのでしょうか?

憲法9条を水戸黄門の印籠のように出して「これが憲法9条じゃ~!頭が高い。控えおろう!!」と言えば、犯罪者が土下座して謝罪するとでも本気で考えているのでしょうか? そうだとしたら、氏ね。

自分の家族や家、財産を守るためのものなのに、なんでわざわざ外国に戦争を仕掛けにいくと考えるのか不思議でなりませんわ。そういう連中こそが、戦争をしたくてたまらないのでは?? それを見破られたくないからわざと騒ぐ・・・まるで、自作自演するシナ人や朝鮮人のようですね。あ、DNAはそっちかww

自分の娘が強姦されようとしているのをカルトや強酸、朝日や毎日、マスゴミの連中はそのままそれを見物するのでしょうか? 泣き叫んでいる娘に「黙って相手の言うとおりにして強姦されるんだ! すぐに終わるから」とでもいうのでしょうか? だとすれば、鬼畜以下。

それとも、お得意の「土下座」で解決できるとでも思っているのでしょうか? どんな人間でも自分の家族が命の危険にさらされたら、何か武器を手にして向かっていくはずです。 世の中話し合いで解決できるほど、甘いものではありません。 それができるのであれば、平和主義者の皆さんや議員の先生方には今すぐイラクやウクライナに飛んで行って解決汁! まずは自分たちの持論が通用するのか見せてみろ!

好き嫌いは別として、そのテーマ曲「NIPPON]を貼りつけます。

これが右翼的www 反日左翼や在日の皆さんは脳みそに年がら年中カビがはえているようですww

Samurai, the time has come to fight! これは「Samurai」の部分を「Japan(Nippon)」に変えると、今の我が国にピッタリだと思います。

Japan, the time has come to fight!
Commented by 松下村塾の魂 at 2014-06-14 00:14 x
敗戦後、我が国は、その政治や行政、学問における姿勢において「士魂」を失ないましたが

経済やスポーツの分野では、それは僅かに残っております

スポーツ、特に球技において、その技術や戦略、運、それらが甲乙つけ難しの時、その勝敗を左右するは、俗に言う「魂」です

「勝ちたい気持ちが強い方が勝つ」というやつです

それでは「勝ちたい気持ち」とは何か?

名誉や報酬、評価、さては兵役免除でしょうか?

そんなものでは絶対に勝てません

その執念の源泉は、必ず「自己以外」に他ならない

それが個を越え、我を凌駕し、無私に繋がりし後、我に戻りて

「絶対に勝たねばならない」となる

全員が、それ共有せしめた時、その比類無き力が現れる

「日本代表」は勿論

家族や会社や自治体、そして「日本」もです

我が国が今在るのは、この力です

かつて「出光佐三」は、敗戦の翌日、意気消沈している社員達に言い放った

「下を向くな。こんな時にこそ数千年の歴史を思い出せ。さあ、明日から建設を始める!」

これが「士魂商才」です

是非とも日本代表には「士魂蹴球」で頑張ってもらいたい

「利他精神の強靭性」を取り戻しましょう




Commented by ariesgirl at 2014-06-15 20:35
>松下村塾の魂さま
こんばんは。今日のW杯の結果は残念で仕方がありません。実際にやっている選手と見ているだけの人間では全然違うのは承知していますが、あれは勝てたのに・・・と。次のギリシャ戦は絶対に勝たなければ決勝リーグへ進むことはできません。ここで彼らが底力を出して踏ん張りきれるか。今回いただいたコメントのように「下を向かず」「絶対に勝たなければならない」という気持ちでやれるかにかかっていると思います。スポーツだけではありませんが、精神力というのは絶対不可欠ですね。
Commented by 葉桜 at 2014-06-15 21:05 x
お久し振りです。

9条ガ~などと騒ぐ人達を尻目に、駐屯地記念行事を見に行って来ました。

5歳位からずっと地元の基地祭り・ブルーインパルスの航空ショウー・艦艇公開(体験航海)等、行くことが普通でした。毎度の事ながら興奮するし、格好良くてたまりません。日本にはこんなに素晴らしい自衛隊が存在する事に誇らしく思います。

何かあってから気付くという事だけはあってはならないんですよね。
Commented by ariesgirl at 2014-06-15 21:42
>葉桜さま
こんばんは。お久しぶりですね~お変わりありませんか? さて、駐屯地記念行事にお出かけになったそうですね。羨ましい~!私も一度生で見てみたいものですし、観閲式とか音楽祭とか・・・音楽祭は抽選にもれました(笑)特に被災地の方たちは自衛隊の隊員に対する敬意というのは大きいと思いますし、彼らが日本の領土領海を日夜守ってくれているのですから。 それを忘れているバカどもは誰のおかげでおかしなデモやっていられると思っているのでしょうか(笑) こういう人間は助けなくてもいいと思うのは私だけではないと思います。 何かある前に備えるという、簡単なことがなぜわからないのかと思います。
by ariesgirl | 2014-06-13 22:40 | 日本 | Comments(4)