元日本人に生き続ける「日本精神」と「大和魂」

早いもので5月も半分が過ぎました。今月もいったい何をやっているのだろうと思う事ばかりです。政治や世界に目を向けると、ウンザリするようなことばかり。本当に嫌になります、特にシナや朝鮮という反日国家やその国民、不法移民の子孫である在日南北朝鮮人といったゴキブリや、ゴキブリ以下の売国議員にマスゴミなど、許されるものなら全員まとめて友愛したいです。

あまり怒ってばかりでは体も心も持ちませんので、今日はいい話をお送りします。せっかくのしゅうまつですからね、基地外相手じゃ疲れるだけですから(笑)

ということで、まずこちらの記事からご覧ください。

=================
叙勲受章台湾人男性の「日本という国を愛して」に日本人が感動 2014.05.15 11:00

蔡氏は台湾が日本統治時代だった1927年、台湾中部の清水で生まれる。地元の高校を卒業後、奈良にあった陸軍航空隊整備学校に志願入隊し、終戦を迎える18歳までを「日本人」として過ごした。終戦後は台湾に戻って体育教師を務めた後に実業家に転身。台湾随一の半導体デザイン会社・ウェルトレンド社の董事長(会長)などを務めた。 そんな蔡氏はビジネスの一線を退いた今も、日台の人的交流に全力を注いでいる。訪台する日本人の政治家や学者、ジャーナリストから大学生まで、彼らに台湾を案内し、日本と台湾の歴史について意見交換する。また、夜には台湾料理を振る舞いながら、日台の将来について語り合う。そんな時、「老台北」は決まってこう語りかける。

「皆さんは私に一宿一飯の義理ができましたね(笑い)。その借りを返してもらえるのなら、日本という国を愛してください。それが私へのお返しです。日本という国は、皆さんのものだけではなく、私のような“元日本人”のものでもあるのです。日本人よ、胸を張りなさい

蔡氏のこの言葉に感動して涙する若者は少なくない。また、日本がこれほどまでに外国人から愛されていることに驚きを覚える者も多い。蔡氏はそうした日本への思いを綴った台湾人と日本精神を2001年に上梓し、同書は現在まで13刷を重ね、累計8万部を超えるロングセラーとなっている。

■レポート/井上和彦(ジャーナリスト) ※週刊ポスト2014年5月23日号


愛日台湾男性「台湾に日本が学ぶべき正しい日本の歴史ある」 2014.05.16 11:00

かつて日本統治下を生きた台湾人で、春の叙勲で旭日双光章を受章した蔡焜燦(さい・こんさん)氏は、「あの時代の日本には素晴らしい『日本精神』があった。私は“元日本人”であることを今でも誇りに思う」と語る。親日家をはるかに超えた「愛日家」の叱咤激励の言葉を、ジャーナリストの井上和彦氏が報告する。

春の叙勲で旭日双光章を受章した台湾人の蔡焜燦氏はいたずらっぽい笑みを浮かべながら、日本からの客人にこう問いかけることを忘れない。

「日本では、もう『日本精神』が喪われてしまったのではないですか?」

現在も日本の新聞や雑誌にくまなく目を通す蔡氏は、「息子を叱りつけるような気持ちで、“何をやっているんだ”と怒鳴りたくなることがある」という。

現代の日本人の精神的荒廃を嘆くあまり、頭に血が上ってしまうこともしばしばです。昨今、日本の警察や医療機関の不祥事、さらには教育現場の荒廃をよく耳にする。かつては台湾を近代化に導き、人々から尊敬を集めた警官や医師、教師たちがなんたるざまでしょうか

そんな静かな怒りを聞いて赤面する日本人に、「老台北(ラオタイペイ)」は再びにこやかな笑顔を向け、床を指さしながらこう語る。

「『日本精神』は、ここ(台湾)にはまだ生きています。台湾には、日本が学ぶべき“正しい日本の歴史”がある。ぜひ、それを今の日本人に知ってもらいたい。かつての日本の姿を完全否定する中国や韓国ばかりが日本の隣人ではないのです。今でも『日本精神』を崇敬する隣国があることを忘れないでほしい」


それは日本外交にも向けられた言葉でもある。韓国や中国の謝罪要求外交に翻弄される現在の日本の姿を予見していたかのように、蔡氏は13年前に著わした『台湾人と日本精神』の中でこう述べていた。

日本では、自虐史観という虚構が日本人から『自信』と『誇り』を奪い去り、日本を“自信喪失国家”につくりかえてしまった感がある。しかし、それはアジア地域を不安定にさせているばかりか、世界の平和構築の障害になっている。誇りある日本が、アジア地域の安定と平和を担う真のリーダーたらんことを願う

日本人が忘れかけた「日本精神」を“逆輸入”することに生涯を捧げ「元日本人」として“母国”を叱咤激励する愛日家―─。蔡氏の叙勲は、日台関係の大きな前進をもたらすとともに、薄れかけた「日本精神」が見直されるきっかけとなるだろう。 ※週刊ポスト2014年5月23日号
==============(以上、転載終わり)

この蔡焜燦氏や同じく李登輝元総統は元日本人としての誇りを持ち続け、「日本精神」を日本人に逆に伝えようとされています。有難いやら恥ずかしいやら情けないやら・・・日本のことをろくでもない国、悪い国だと教えられている人が周りにいたら、ぜひ蔡焜燦氏の著書「台湾人と日本精神」を読むように勧めていただきたいし、愛国者でもまだ読んでいない方は必読の本であり、私も数年前に入手し、読んで号泣した本です。

「日本では、もう『日本精神』が喪われてしまったのではないですか?」 「日本人よ胸を張れ!」

元日本人として日本を日本人を叱咤激励してくれるありがたいことですが、そういわれることを恥じなければなりません。 そういわれるほど日本が劣化しているということなのですから。 我々は台湾の元日本人の方たちのためにも誇り高き日本に再生させる責任があると思います。そして、借り物である日本という国を未来につないでいくこと。 そのためにも、喪失の危機にある「日本精神」を取戻さなければなりません!!


Commented by 松下村塾の魂 at 2014-05-17 05:08 x
いよいよ現代の関ヶ原が始まりました

これからの我が国が、日本を取り戻す事が出来るのか、このまま下らない思想と堕落した背骨の歪んだ国となるのか、まさに分かれ道

大いなる大局の流れは、そういっています

戦後日本は、まさに日本精神を挫く為にありました

その毒は、特に団塊やインテリ、海外かぶれなどに未だ深く浸透し、立ち位置を脆弱なものにしている

米国化、キリスト教化、大陸化、朝鮮化、同時に日本の形骸化

ありとあらゆる手段で日本人は貶められてきた

カネや電波や書籍

逆に言えば、戦後のこれらに距離を置き、眺めてきていた人達は影響は少なく済みました

NHK、岩波、さらに学閥なども堕落し

宗教や思想は言うに及ばず、朝鮮財団などが、啓蒙を気取り、いかに嘘八百をバラまいてきたか

ですから、国民は気付かなくてはなりません

まずは自分一人で厳かに墓参りや近くの神社に行ってみればいい

日本人なら「穢れた自分への恥」を自覚出来るはず

時間へ感謝しているか?
心の刀と鏡を磨いているか?
他人や社会と交わっているか?

これらから逃げてはなりません、切ってはいけません

日本を取り戻しましょう
Commented by so's at 2014-05-17 09:44 x
日本人が国防を考えたり、愛国精神を謳うと、すぐに中韓は侵略戦争をはじめるつもりだと騒ぐ。教育現場で教育勅語を肯定したり、戦前・戦中の日本の善行を取り上げたり、日の丸を国旗として掲揚し、君が代を謳う愛国教育を行うと、反日日本人たちが若者を戦争に送り出す教育をしているとヒステリックにやめさせようとする。

だが、実際には台湾の李登輝元総統をはじめ、金美齢女史、この蔡翁などのように、日本の統治下にあったにもかかわらず、戦前、戦中の日本と日本人のあり方を高く評価し、その時代の日本人の生き様を手本と考えている人も数多い。

戦後は戦前の日本に戻られては都合の悪い隣国のプロパガンダ、反日日本人によって、戦前・戦中の日本を全否定することがあたかも正義であるかのように洗脳されているが、外国人より尊敬され、手本とされるような日本人のあり方まで間違っているはずがない。そうであるなら例えそれが戦前のものであろうと現代社会に堂々と取り入れ、我々の子孫に誇るべき日本精神、大和魂を正しく伝えるべきである。
もうこれ以上自虐史観にとらわれてはならず、アジア諸国の平和を乱そうとする連中の好き勝手を許してはならない。
Commented by ariesgirl at 2014-05-17 21:11
>松下村塾の魂さま
こんばんは。我が国は色々な意味で分水嶺であると思っています。台湾の元日本人たちが今の日本が心配でならないという心情がよくわかります。今のままでは死ねないと思っていらっしゃるでしょう。私は松下村塾さんが時々おっしゃる「時間軸」というものを最近よく考えるようになりました。今の我が国に、国民に必要なものだと思います。
Commented by ariesgirl at 2014-05-17 21:14
>so'sさま
こんばんは。初めまして。コメント全く同感です。反日左翼や売国奴たちは日本すべて、日本の歴史、日本人というものをすべて否定することで自分たちの存在価値を高めようとしています。そして、特アに媚びへつらう。このバカどもを駆逐するのは我々の仕事であると思います。
Commented by Suica割 at 2014-05-19 00:55 x
左翼が良く言う事に現代の中国の侵略傾向を語り、日本の過去の過ちを矮小化するな。
それとこれは、別な話だという発言があります。
確かにそれは認めましょう。
ただし、別の話ですから、中国に謝罪しつつ、中国対策に各国と連携をして、日本の防衛力整備しても、文句は無いはずです。
それとこれは別な話ですから。
謝罪しながら、ベトナムなどを支援しても、それを左翼には否定させません。
Commented by ariesgirl at 2014-05-19 19:24
>Suica割さま
こんばんは。私はシナに謝罪する必要など一切ないと思います。おかしな謝罪をするから事態がややこしくなると思っています。シナの悪行三昧に対し、日本が防衛力、軍備を整えるのはもはや時代の流れです。
by ariesgirl | 2014-05-16 23:20 | 日本 | Comments(6)

いらっしゃいませ!日本を愛するキ印の管理人の超偏向ブログです。除鮮・除中で日本を美しく!コメント大歓迎ですが、特ア、反日、成り済ましはお断り!エロ、カルトや宗教がらみのコメントは速攻で削除します!!


by アリエス