二つの訃報 謹んでご冥福をお祈り申し上げます

平成26年/皇紀2674年が明けてから1週間がたちました。たった一週間で、二つの大きな訃報が伝わりました。産経新聞でおなじみの保守派の論客、チャンネル桜にも出演されていた拓殖大教授の遠藤浩一氏(55歳)とご存じやしきたかじん氏(64歳)のお二人です。 

本当に驚いたとしかいいようがありませんし、残念で仕方がありません。遠藤浩一氏は55歳、あまりにも早すぎるし若すぎます。それも1月3日の産経新聞に寄稿し、4日に大学の新年会に出席した後に急逝とのこと。 この第一報を聞いて、「一服盛られたのでは?」と思ったほどです。このご時世、何があってもおかしくないし、どこに工作員が紛れ込んでいるかわからない、スパイ天国日本なのですから。

これからの日本に必要な方であったはずなのに、どうして神様はこんな残酷なことをされるのかと思います。55歳…中川昭一氏が天に召されたのは56歳でした。今年、日本も世界も大きく変わることになるでしょうし、日本は戦後の自虐史観を払拭する大きな第一歩を踏み出す年になることをご自身の目で見ることなく逝かれるとは…西村真悟衆議院議員も自身のHPでその早すぎる死を悼んでいます。拙ブログにリンクしている西村代議士のHPをご一読いただければと思います。

日本にとってこの上なく大事な時期に遠藤氏のように貴重な保守論客を失ったことは、損失以外の何物でもないでしょう。しかし、本当に悔しい。どうして日本に必要な中川氏や遠藤氏のような人材が先に天に召され、売国奴河野洋平や村山富市といった日本をここまで貶めた老害ジジイがいつまでも生きているのか 先に死ぬのはこいつらのはずですし、こいつらのやったことは万死に値するのです。

遠藤氏と中川氏が生前面識があったかどうかわかりませんが、もしあったのであれば三宅先生も一緒に日本、安倍総理、安倍内閣ににより一層の力を与えて頂きたいと心から思います。

以下に最期となった遠藤氏の論文を転載します。

=======================
【正論】年頭にあたり 「観念的戦後」に風穴開けた参拝 2014.1.3 03:05 (1/4ページ)[正論]
b0169850_15153130.jpg


旧臘(きゅうろう)、テレビの報道番組で民主党の前原誠司元代表が妙なことを口走っていた(12月9日放送のNHKニュースウオッチ9)。

 ≪前原氏の「色分け」に失笑≫

曰(いわ)く、安倍晋三内閣は観念的保守で自分は現実的保守だ、政界再編は観念的保守の自民党と現実に根ざした保守勢力を対立軸にしていくべきだ、云々(うんぬん)。失笑した。

日本維新の会や結いの党との連携を睨(にら)んで、安倍政権との違いを際立たせたいがための発言なのだろうが、言葉は正しく使ってほしい。安倍首相や自民党の何をもって観念的とするのか、発言者本人のこれまでの言動のどこが現実的なのか、全く分からない。

いうまでもなく、政治とは現実との格闘である。筆者の見るところ、安倍内閣及び自民党はひとつひとつの政策を現実的に、かつ慎重に進めている。

他方、民主党政権時代の前原氏が、八ツ場(やんば)ダム建設中止などマニフェストに掲げた政策に観念的執着をみせたのは記憶に新しい。そもそも保守という立場について「観念的」とか「現実的」と形容して分類すること自体、観念の遊戯に淫しているといわなければならない。

おそらく集団的自衛権行使やその先に待っている憲法改正など、これまでの自民党政権やそれを小粒化した民主党政権が成し得ず、提起することさえしなかった、(前原氏から見れば)現実的とは思われないような課題を目標に据えている点をとらえて、「観念的」と揶揄(やゆ)してみたのだろう。

=========================(続きはこちらから!

そして、今日飛び込んできた訃報。やしきたかじん氏。こちらも64歳とまだまだ若い…「そこまで言って委員会」「たかじんNoマネー」「たかじん胸いっぱい」などの番組、特に関西で知らない人はいないほどの知名度と人気を誇ったたかじん氏。一度復帰されてからすぐにまた闘病生活に入ったときに、「もしかしたら相当悪いのかも」と思ったのですが、これほど早く鬼籍に入られるとは…

豪放磊落という言葉をそのまま表したかのようなやしきたかじん氏ですが、そういう人ほどガラスのようにもろくて繊細な部分を持ち合わせているものと個人的には思っています。もしかしたら氏もかなり繊細な神経の持ち主だったのでは? やしきたかじん氏の場合もまだ64歳で早すぎるわけですが、自分のやりたいことを(100%ではないにしろ)やった、自分なりに走りきった人生だったような感じもします。「そこまで」には安倍総理や飯島参与も出演したりしてましたが、あのバランスのとれた毒舌がもう聞けなくなるのは本当に残念です。

ヨットで死にかけた辛某が助かって、いまだにいけしゃーしゃーとエラそうにしている、やしきたかじん氏が亡くなる…本当におかしい。

遠藤浩一氏とやしきたかじん氏のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。
Commented by 松下村塾の魂 at 2014-01-08 15:59 x
こういった一見何気ない所に、思想や主義の断片が垣間見れるのが人間です。

観念をいかにして我が物にして、唯物的なものに陥れるか?

西洋思想、唯物思想とは、こういった事ばかりを現実に引きずり下ろし、闇雲にやって来た歴史であります。個人主義の根もここにある。

我が国の本懐は、古来よりその観念と現実を二次元的に捉えてきてはおりません。

そこで止まって保守だと抜かす輩は、日本を解ったふりをしているだけです。

戦前日本には、全て達観された事象であり、今更、唯物論者がまくたてた所で、その偉業は寸とも微動だにしません。

西洋の遠回りに付き合ったふりはもう終りです。

1つ1つ「我が国らしくないもの」は炙り出されていくでしょう。それは我が国民が、我が国民に戻るからこその相対的現象であります。

…無論、韓国人には、どちらとも理解不能です。

せいぜい「面白がるだけ」でしょう。
Commented at 2014-01-08 22:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-08 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ザキーヤ at 2014-01-09 01:23 x
アリエス様、ご無沙汰いたしております。
いつもパンチの利いた、愛国記事を書かれるアリエス様は私の憧れの大和撫子さまです。
今年がアリエス様にとって実り多い素晴らしい年になりますように。

たかじん氏、遠藤氏お二人のご訃報に、私も驚きました。ご冥福をお祈りいたします。
そしてやはり中川昭一先生のことを思い出さずにはいられません。実を言うと、中川先生がご他界されたと、今もって信じ切れずにおります。

寒い毎日が続いておりますが、お風邪など召されませんようご自愛ください。
また寄らせていただきますね。^^
Commented at 2014-01-09 06:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2014-01-09 08:19 x
アリエスさんお早うございます!
更新お疲れ様です。

本当にいつもこういう時は思います。神様なぜですか?って...
でも私が尊敬する他界している祖母が昔、良い人ほど神のところへ早く召されるってこともあるのよ。
生かされている人間はまだがんばりなさい!っていうことかしらね?と、言っていました。
私もいつか、自分のこの世での学び、役目を終えることができたら、祖母のもとへいくことができると信じています。まだまだがんばらないといけません!
遠藤氏、たかじん氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます...
Commented by ariesgirl at 2014-01-09 12:07
>誉さま
こんにちは。新年早々の訃報に本当に残念でなりません。良い人ほど早く天に召されるのであれば、いまだに生き延びている河野洋平や村山富市はいったい何なのだろう?と思います。死んでもたらないほどの罪人のくせにと。私もいずれあの世へ行くことになりますが、その時には先人たちに堂々と「私は微力だったけど祖国のために尽くすことができました。皆様のおかげで祖国は素晴らしい国に戻りました」と報告できるようにしたいと思っています。そのためにもお互いまだまだ力を尽くさないといけませんね!

>ザキーヤさま
こちらこそ大変ご無沙汰しております。また身に余るコメントをありがとうございます。偏狭ナショナリスト(笑)ですが、今年も微力ながら尽くしたいと思います。  さて、新年早々の訃報。残念でなりません。遠藤氏の年齢は中川氏と重なり、なぜ?と思うばかりです。ザキーヤさんと全く同じで、突然中川氏が現れるのではと思うことがあります。 
遅ればせながら、この一年がザキーヤさんにとって素晴らしい年になることを心からお祈り申し上げますとともに、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)> 寒さも本番、ザキーヤさんもくれぐれもご自愛くださいませ。
Commented by ariesgirl at 2014-01-09 12:15
>松下村塾の魂さま
こんにちは。民主党の前原や野田といった自称民主の保守派という連中、そして自民党で保守派の仮面をかぶった売国奴たち。これほどうっとうしい連中はいないと思います。特に自民党内部の売国奴は即刻抹消すべき連中です。「我が国らしくないもの」が我が国には多く巣食っていますが、それが顕著になってきたことは我が国にとってはいいことだと思います。シナ朝鮮は…もう無視ですね。

>鍵コメントさま(2014-01-08 22:53)
こんにちは。古市なんたらとかいう若造。犬HKにもでて薄っぺらいことを自慢げにしゃべっています。本当にキムチくさいww あの人とおなじみ古谷ツネヒラ氏を討論させたらどうなるかなと想像します。アカの人たちはビラ配りを「紙爆弾」という思想の持ち主ですからね、彼らは自分たちのことがすべて、それを守るためなら何をやってもいいのが大原則です。本当にゴキブリのような連中ですね。朝鮮人と反日左翼のいない日本にするためにも、我々が頑張らないといけませんね!
Commented by ariesgirl at 2014-01-09 12:19
>鍵コメントさま(2014-01-08 23:17 )
こんにちは。共産党って本当に成績はいいけど、バカの集団だと思います。頭でっかちで理想だけはやたらと高いが、現実を理解できないという…不倫してラブホ代わりに病院の空き室使う議員がいるくらい堕落してるみたいですが(笑) 共産党は反米ですが、実は自分たちが一番の媚米、親米なのにね~アメリカが押し付けた憲法を死守する!っていう連中ですし、憲法を守るためなら日本国や国民がどうなってもいい!というのが共産党なのですから。
Commented by ariesgirl at 2014-01-09 12:26
>鍵コメントさま( 2014-01-09 06:18 )
こんにちは。鍵コメさんの心中お察し申し上げます。私の想像をはるかに超えているものと思っています。本当に新年早々の訃報、残念で仕方がありません。神様もなんでこんなひどいことをするのかと。本当に人の命は儚いし、「一寸先は闇」という言葉を噛みしめました。コメントの後半部分をどう解釈していいのかわかりませんが、なんとなく想像しています。中川氏、遠藤氏、三宅氏、たかじん氏はいなくなりましたが、生き残っている我々に課せられた使命を果たすべく私も微力ながら力を尽くしていきます。鍵コメさんとはくらべものにもなりませんが、どうかくれぐれもご自愛くださいますよう。拙ブログへのお気遣いはご無用です!いつでもお立ち寄りくださいませ。
Commented by Suica割 at 2014-01-12 19:35 x
辛某には、やるべき仕事が二つありますね。
たかじんさんの死因であるガンの治療法研究のために予算増額やよりよい制度が出来るように訴えることと、助けられた海上保安庁のためにいろいろと装備の充実のため頑張る事です。
実際、生きて帰れたのだから、その有り難みをきちんと話せば、国民意識も変わるでしょう。
by ariesgirl | 2014-01-08 15:20 | その他 | Comments(11)