管理人より御礼<(_ _)>

彼岸明けの日曜日。東京の桜は満開となりましたが、花曇りの週末でしたね。私も昨日は靖国神社に行ってきたわけですが、物凄い人出でした。当然千鳥ヶ淵も同様です。靖国神社の境内の桜は満開、桜が咲くと浮かれてしまうのは日本人のDNAに刷り込まれているのでしょうね。1000年前から「しづ心無く 花の散るらん」とうたわれているのですから。

今年の桜はかなり早い開花となり満開を迎えましたが、去年、おととしと違って、久しぶりに桜開花のニュースを心穏やかに聞くことができたという方も多いかもしれません。なんといっても政権交代したのですから。靖国の桜もさぞかし喜んでいることでしょう。以下は靖国神社の桜です。
b0169850_21243087.jpg

b0169850_2125759.jpg

b0169850_21255393.jpg


さて、本日をもちまして拙ブログの更新をストップしたいと思います…というのは、もちろん大嘘です! 今日で拙ブログは開設から丸4年となりました!! そして、明日からは5年目に突入いたします。ずぼらを絵に描いたような管理人ですが、4年間もブログ更新を続けることができ、自分でも驚いております(笑) これもひとえに読者の皆様の叱咤激励のおかげと心から感謝申し上げます<(_ _)>

そして、日本を滅茶苦茶にする反日売国奴、反日マスゴミや反日寄生虫害人たちへの凄まじい怒りがあります。不思議なもので、怒り、憤りというのはある意味大変な力を与えてくれるものであることを実感した4年間です。この怒りは日本を取り戻し、本来の日本の姿に戻った時に初めて無くなるのだろうと思っています。

4年間…4年前に生まれた子供は4歳、中学1年生は高校二年になっており、また16歳の高校生は選挙権を付与される年になっているのですから、長いようで短い時間なのかもしれません。かくいう管理人も明日、また一つ年を取ります。泣こうがわめこうが、どんなに嫌でも年をとります(笑) 自分の年齢が信じられません、これは夢じゃないかと思うこともしばしば、ぞっとしますし、若い人がちょっとうらやましい、いやかなりうらやましい(笑)

4年前にブログを始めたころは麻生政権、そして狂ったマスゴミによりなされた売国政権への交代、見事に日本が滅茶苦茶にされ、稀代の国士であり、管理人が尊敬してやまない中川昭一氏があまりにも突然鬼籍に入り多くの愛国国民が衝撃を受け嘆き悲しみ…その悲しみと売国政権の凄まじい売国政策の中で、まるで神々の怒りのような東日本大震災と原発事故…楽しい事よりもはるかに悲しい事や怒りで頭がおかしくなりそうな事、心が折れそうな事ばかりでした。

しかし、故中川昭一氏に報いるべく日本のために全国で活動を続けてきた多くの日本人の努力が実を結んだのが昨年の政権交代でした。多くの国民が日本を守ることを誓ってから3年後に同じく愛国者である安倍晋三氏が5年の雌伏を経て復活、そして第96代内閣総理大臣として日本のトップの座に返り咲きを果たしました。

どれほど多くの愛国者がこの日を待っていたことか…以前とは比較にならないほど強くなって帰ってきた安倍総理。しかし、3年3か月の間民主党によって滅茶苦茶にされてからのスタート。やっとスタートラインに立っただけであり、7月の参議院選挙で自民党が圧勝し、安倍総理の足元が盤石のものになってからが、本当の安倍政権の仕事始めといえるでしょう。今はそのための準備期間であり、我々もそれを認識しておく必要があるでしょう。マスゴミの報道に振り回されることなく、政府や閣僚の発言等に一喜一憂することなく、安倍総理を信じ、支援し、自分たちができる護国活動を淡々と継続していくことです。

安倍政権になったからといって、何もかも一度に解決するわけではないし、何もかもがよくなるわけでもありません。100%完璧なことはないし、TPPをはじめ心配事はたくさんあります。政治家は国民の恋人ではないのですから何かしてもらおうなどと考えていては何も始まりません。 何かを期待するのではなく、我々が動くことで政治家を動かす時代になりつつあるのではないでしょうか? 安倍総理はネットの声を非常に重視しているといわれていますし、参議院選挙で勝ったあとに始まる安倍総理のゆるぎない信念である「戦後レジームからの脱却」が実現することが、「日本を取り戻す」ことに他ならないのではないかと思います

拙ブログも明日から5年目に突入します。安倍救国政権が誕生しましたが、それを軌道に乗せ、日本を取り戻すときまで、マイペースで売国奴ネタ、特アネタなど可能な限り更新を続け、「日本を取り戻す」ため、微力ながらお役に立てるよう努力してまいりますので、これからも変わらずご支援のほどよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

明日から3月最後の週が始まります。どうか、よい1週間を!!
Commented by こと葉 at 2013-03-25 03:15 x
素敵な写真ですね^^。

ブログ開設5年目突入おめでとうございます。
そして4年間ほんとうに力強い活動ご苦労様でございました。
振り返ると、日本・・・色々ありすぎでしたね・・・。
色んな事が凝縮されすぎております・・。

その間のアリエスさんのご活躍本当に頭が下がります。
どうかこれからもお体に気をつけて。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します^^。
Commented by at 2013-03-25 11:13 x
ブログ開設5年目の大変おめでたい日にコメントができるなんて私は幸運!おめでとうございます!乾杯!(本当にワイン持ってきた 笑)
そして、ハッピーバースデーアリエスさん!
で、またかんぱーい!!!おめでとうございます!
私は昨年より、こちらにおじゃまさせていただくようになったまだまだ新参者ですが、本当にいつも感謝しています。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
靖国の桜、本当にキレイ!いつかこの目で見たい!その日までがんばって長生きしなければ!(笑)
Commented by buru-ribonn at 2013-03-25 13:13 x
 はじめまして。ずっとお邪魔はしておりましたが、はじめてコメントさせていただいています。
アリエスさんのブログから日本について日本人について、勉強するきっかけをいただいています。小学一年生の息子に本当の歴史を、親である責任でもってしっかり教えられるようにがんばっています。
どうか、長くブログを通じて色々教えてくださいね!!
5年目突入、おめでとうございます。そしてありがとうございます。
Commented by TrueBlueAmy at 2013-03-25 17:00 x
5年目突入、そしてお誕生日おめでとうございます!

TPPや成長戦略で心揺れる人が多い今だからこそ、

「マスゴミの報道に振り回 されることなく、政府や閣僚の発言等に 一喜一憂することなく、安倍総理を信 じ、支援し、自分たちができる護国活動 を淡々と継続していくことです。」
「 我々が動くことで政治家を動かす時 代になりつつあるのではないでしょうか?」

といった言葉がとりわけ心に響きますね。私もあの会見の日はショックでしたが、様々な資料や意見を読んで、安倍政権&自民支持は引き続き間違っていない!と納得できました。私はお花畑の目を覚ますためのリアル拡散活動が主ですが、アリエス様のブログ含め有益な情報源に一人でも多くの日本人がたどり着けるよう活動に取り組んで行きたいと思います。
Commented by ariesgirl at 2013-03-26 17:32
> TrueBlueAmy さま
こんにちは。お祝いのコメントありがとうございます。早くも5年目、一日も早く政治ネタを封印したいのですが…さて、TPPの件などで安倍総理を売国奴、似非保守呼ばわりする輩が増えております(笑)バカめ、そういうお前たちこそが似非保守だ!と。安倍総理が売国奴だったら、民主党の連中はいったいなんだ?とww お互いに護国活動をやっているわけですが、一人でも多くの日本人の覚醒を信じ、お互いに続けてまいりましょう!今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>buru-ribonn さま
こちらこそ初めまして。ようこそお越しくださいました。身に余るコメントありがとうございます。そのように言っていただけて嬉しい限りです。小学一年の息子さんがまっとうな愛国心をもった誇り高い大和男児に成長されますように心から祈っておりますし、そのお手伝いが少しでもできればこんなに嬉しいことはありません。5年目に入りましたが、一人でも多くの方の覚醒を促すために更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。
Commented by ariesgirl at 2013-03-26 17:38
>誉さま
こんにちは。まずは例の件ですが、届いていたでしょうか?心配な限りです…さて、お祝いコメントありがとうございます。カンパーイ(笑)年はとってもやる気満々ww 遠い異国の地からいつもご訪問いただいてこちらこそ感謝しております。特別大使としてガンガン活躍してくださいね~♪これからもせっせと更新していきますので、よろしくお願いいたします。お互いに元気で長生きして、悠仁親王殿下のご即位を祝いましょう!!

>こと葉さま
こんにちは。暖かいコメントありがとうございます。5年目に入りましたが、あまりにもいろいろなことがありすぎた4年間でしたが、まだまだ日本を取り戻すまではお互いに休む暇はなさそうですね。地道にせっせと自分なりの活動を続けてまいります。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
by ariesgirl | 2013-03-24 21:31 | その他 | Comments(6)