雨の渋谷 街宣に行ってきました!

三連休の中日、読者の皆さんは穏やかな休日をお過ごしでしょうか?

さて、管理人は昨日雨の渋谷・ハチ公前で開催された「頑張れ日本!全国行動委員会 尖閣侵略糾弾!緊急国民行動」の街宣に行ってまいりました。あの大雨と寒さの中、午後3時半から7時までの長時間にわたり参加された皆さま、大変お疲れ様でした。あの大雨は天の嘆き、怒りでしょうか?このところ、やたらと地震が頻発しています。これは天の怒りで、まもなく日本列島をとんでもない災害が襲うのではないかという気がします。

b0169850_19373191.jpg


b0169850_1938557.jpg


b0169850_19383225.jpg


b0169850_19391978.jpg




上記の写真は渋谷の模様です。何せ、デジカメが壊れていて携帯での撮影となり、イマイチボケた写真となっていますが、ご了承くださいませ<(_ _)>

昨日はあいにくの天気で人出を心配していましたが、先週の余波もあって杞憂に終わりました。雨の中体半分を濡らしながら熱弁をふるわれたのは以下の方々です。(敬称略)

梅原克彦(元仙台市長)、二瓶文隆、竹田英将、小菅もとし、山本へるみ、杉浦芳子、吉田あい、山際澄夫、山田宏(前杉並区長)、三輪和雄、すぎやまこういち、衛藤晟一参議院議員、小林正、赤池誠章(前衆議院議員)、土屋たかゆき、小山和伸、斉藤”七生報国”俊介、永山英樹などなど。

各弁士の方々は政府がシナ工作漁船が海保の船に体当たりしてきた証拠ビデオを公開しないと決定したことへの怒りもあって、雨をものともしないとても熱い、ボルテージ上がりっぱなしの気合い入りまくりのものでした。

弁士の話をすべて書けないのですが、いつも参加する地方議員の方たちのほうが遥かに国会議員よりもゆるぎない国家観をもち、日本を愛する気持ちが強いのは何故だろうかと思わずにはいられません。もちろん、国会議員にもそういう人がいることは事実ですが、あまりにも少ないのが現実。だからこそ、議員にたよらず、我々が動かなければ国を守ることはできません。 

さて、印象に残った弁士の方たち。まずは元産経記者の山際澄夫氏。先週のデモが日本のマスメディアにおいては一秒も一行も報道されず、抹殺されこと。異常なまでの偏向メディア、シナの犬と化したメディアと正確にデモを報道した海外メディアに対し、元産経記者として情けなくてならない思いと凄まじい怒りを爆発させていました。

そして、すぎやまこういち氏。「日本軍と反日軍の内戦」のお話ですが、その反日軍の指揮官が「鮮獄官房長官」であると断言され、かつ今や政権与党、日本は「鮮獄時代」とおっしゃっていました。確かにそうです。今回のシナ人船長無罪放免を初め、内閣、官邸はすべて鮮獄が取り仕切り我がもの顔です。絶妙な表現に笑いが起こりましたが、笑いごとではないですね。こんな「鮮獄時代」なんぞ一日も早く終わらせて、我が国の歴史から抹殺しなければなりません。

街宣の顔、三輪和雄氏。まずは渋谷にいるシナ人、そしてシナ政府に対し、シナがほしくてたまらなかったノーベル賞を劉 暁波氏が受賞、それも平和賞を受賞したことについて祝辞をのべました。集まった観衆からも「おめでとう~!」の声が。三輪氏はこれでシナが国際的にろくでなしの極悪国家人権弾圧国家であることが認定されたと喜びをあらわにしつつ、シナの恫喝に屈しなかったノルウェーを評価し、日本はノルウェーの爪のアカでも煎じて飲め!と激高。(アカはアカでも日本の政権は違う「アカ」ですね。)そして、これからは「中国」ではなくて「チャイナ」「シナ」と呼ぼう!と提案し、今後中国と言ったら一回に付き10円の罰金を払うと宣言されていましたが、最後のシュプレヒコールでは興奮されていたのか、「中国」を連発していました。たぶん、罰金は200円くらいになっているでしょう(笑)

どなたかわすれましたが、「なぜ日本政府がビデオを公開しないか」ということについて、もし公開したら日本国内での反中が爆発してしまうことを懸念しているが、これもすべてシナへの「配慮」であり、これほど国民をバカにしたものはない。いくら口で「尖閣は日本固有の領土」と言っても、まったく説得力はなく、民主政権には国土と国民を守る気持ちなど微塵もないことが分かる。野党時代にはあれほど「知る権利」と騒ぎまくっていたが、与党になったとたん報道管制をひいた。とおっしゃってました。

そして、今回は英霊来世の斉藤”七生報国”俊介氏が参加。「開戦」「矜持」を熱唱、ハチ公前での思わぬ出来事でしたが、喝采と注目抜群となりました。あれは効果あるでしょうね!すでに「日本軍対反日軍の開戦」の火ぶたは切って落とされており、今こそ、「日本人としての矜持」を試されている時代に私たちは生きていること、日本の未来を守るための最前線にいることを忘れてはならないと思います。フジタで一人人質として捕まっていた方が釈放されたのも、あのデモの効果があったことは間違いありません。

さて、16日(土)はいよいよシナ大使館をめがけてデモが開催されます。東京近辺にお住まいの方はぜひご参加をお願い致します。10月2日よりも多い日本人でシナ大使館を包囲して、「日本人を舐めるな!!」と怒りをあらわにしましょう!! 管理人は冠婚葬祭の件があり、夜の飛行機で地元に戻らなければなりませんが、ギリギリの時間まで参加します!

平成22年10月16日(土)
内容: 14時00分 集会 青山公園 南地区 (地下鉄「乃木坂」駅 5番出口)
15時30分 デモ行進 出発
16時10分 デモ行進 三河台公園 到着 → 終了後、中国大使館前にて抗議行動

登壇予定:田母神俊雄、西村眞悟、土屋たかゆき、富岡幸一郎、赤池誠章、小林正、黄文雄、イリハム・マハムティ、山村明義、三輪和雄、永山英樹、松浦芳子、水島総 ほか 地方議員・文化人・知識人多数 ※10月9日現在

そして、地方にお住まいの皆さん! どうか後方支援をお願いします!英語に自信のある方はCNNやWSJ,APF、BBCといった海外メディアにデモ開催の件と取材依頼をメールして頂くもよし、民主党本部や官邸に「衝突ビデオの公開を断固要求する! これは国民の知る権利を侵害している!!」とファクスやメールを送って頂ければと思います。 そして、不敬写真をとってご満悦のR4にも抗議を!

b0169850_21541311.jpg


民主党本部:03-3595-9961
官邸 : 03-3581-3883
R4 : 03-6551-0411



英霊来世の斎藤”七生報国”俊介氏。「七度生まれ変わっても国に報いる…七生報国」先人たちはこの思いを抱いて散華されました。今の日本はそう思える国でしょうか?? 領土も国民も全く守る気がない政府を倒し、七度生まれ変わっても報いたいと思える国、日本に私たちが戻さなければなりません。
Commented by kkagayaki at 2010-10-10 23:19
お疲れさまでした。弁士の方もあの大雨の中、頑張っていただきましたね。16日には必ず参加したいと思います。チラシも配っております。さて、渋谷での一般(笑)の方々の反応はいかがだったでしょうか?私が見たときのようにしらけていたでしょうか?こんな理解できないおつむの人はいいから、シナに向けて、外国の(特定アジア除く)メディアを通じて世界の人にアピールしていきましょう!日本と愚民はもういいです。
Commented at 2010-10-10 23:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by たろう at 2010-10-11 01:23 x
英霊来世の斎藤”七生報国”俊介氏。これすごくよかった。
むしろデモのテーマソングは彼の歌のほうがいいのでは?
Commented by at 2010-10-11 09:25 x
管理人さま、おはようございます。

雨の中のデモ参加、又参加された皆様、ご苦労様でした。

さて、今回あの雨でデモが有ったのか不明(マスゴミはやはりスルーした為)だったのですが、日本軍の皆様のブログを参照し安心しました。

土曜日は少し外せない用事が有るので参加できませんでしたが、この記事で熱気が伝わってきます。

次回のデモの件も世界のメディア(今回はインド等も加えると良いでしょう)にこんな事が有るよと知らせて逆に日本包囲網を作っていければ良いですね。

次回は支那大使館への行進ですが、くれぐれも支那大使館への攻撃は言葉だけで終わる様に徹底して欲しいです。

何せ、今の公安委員長があの岡崎トミ子ですから、何か有ったらデモの取り締まりを通り越して確保(様は逮捕ですね)される可能性大ですから。
Commented by ariesgirl at 2010-10-12 19:45
>kkagayakiさま
こんばんは。渋谷という場所なので、意外と若い人の反応がいいような気がしました。いくら言ってもわからないひとは、素地がないんですよね、だからいくら言っても理解できないのではないでしょうか?16日はギリギリの時間まで頑張りたいと思います。

>鍵コメントさま
こんばんは。情報ありがとうございます。そちらにお邪魔したいと思いますのでよろしくお願いします。

>たろうさま
こんばんは。9日は渋谷にいらっしゃったのですね。今回の斎藤氏の登場、とてもよかったと思います。これからも可能な限り、英霊来世に参加して頂きたいと思っています。
Commented by ariesgirl at 2010-10-12 19:50
>橙さま
こんばんは。9日は街宣だけでしたが、16日は前回を超える参加者があればいいなと思っています。私も18:30の飛行機に乗るのですが、ぎりぎりまで参加します。シナ大使館包囲ですが、シナ大使館の周りは普段でも相当の警官がいます。シナとロシア大使館周りの警官の数はかなりのものです。共通するのが極悪国家ということwww 岡崎トミ子…あまりおかしなことをすれば自分のクビを締めることになるでしょう。
by ariesgirl | 2010-10-10 21:51 | 日本 | Comments(6)