3月最後の土曜日です。今日は朝からとりあえず必要な春物の服をだし、冬物の服をある程度片付けました。もうクタクタです・・・orz まだ100%終了!というわけではないので、第二ラウンドがまっています。はあ・・・一人分でもうんざり、これが家族全員分となるとめちゃくちゃ大変だろうなと想像します。

東京の桜は五分咲きほどです。花見を楽しむ方も多いようですが、日本人が桜を見ると浮かれまくるのは今にじまったことではありません。「しず心なく 花の散るらん」とは昔の日本人もよく言ったものです。桜というのは満開の姿も見事ですが、個人的には桜吹雪が舞う、あの瞬間も大好きなのです。桜は昼と夜では別人の顔、昼は可憐でたおやか、夜は妖艶でぞくぞくするほどの色気を感じさせます。そういう大人の女性を連想させますが、一度でいいからそういう風に言われてみたい(笑)夜桜見物の方は風邪をひかないように気を付けていただきたいものです。

さて、ニュースではフランスで起こった飛行機墜落の事故報道が毎日流れてきます。二人の日本人も含まれていますが、各国の被害者の方には本当に気の毒としかいいようがありません。あの現場を見て、日本で起こった日航の御巣鷹山の事故を思い出した方も多いのではないでしょうか。フランスの現場での活動も困難を極めるでしょう。遺体もバラバラになってしまっているでしょうから、集めるだけでも容易ではありません。私は第一報を聞いたとき「テロ?」と思ったわけですが、ある意味副操縦士の自爆であり、150人を巻き込んだのですからテロと言っても差しさわりないと思います。

また、日本では函館沖で海難事故。今日15時間ぶりに一人が救出されましたが、本当に何よりでした。他の乗組員は残念ながら遺体で発見となったようですが、海保の特殊救難隊(海猿)の活躍はお見事であり、さすが徹底的な訓練を積んだ方たちです。どこかの乞食半島のヘタレ海洋警察とは比べ物になりませんね。ああ、そうか、連中はキムチや人糞の海でなら十分に活躍できるのですね。なるほど~♪

そんな乞食の皆さん、先日就航した我が国が誇る「護衛艦」と書いて「空母」と読む「出雲」に対しておなじみの火病をおこし、ほのぼのとした日常を見せてくれています。火病に犬の虐殺・・・

ということで、おなじみ手抜きの土曜日!!ゆっくりと動画をお楽しみくださいませm(__)m









そんな乞食半島の言語(文字)について、ケント・ギルバート氏が次のように述べています。以下、ザクザクからの転載です。
==================
日本語と漢字を廃止した某国 文献を読めないのは悲劇か喜劇か K・ギルバート氏2015.03.25

私はブログとフェイスブックに載せる記事を、原則として日本語と英語の2カ国語で書いている。記事の題材や資料が英語の場合、先に英語で書いてから日本語に翻訳する。この場合はあまり苦労を感じない。

しかし、参照する資料などが日本語だった場合、先に日本語で記事を書いてから英語に翻訳する場合が多い。このパターンは少々やっかいだ。

日本語は漢字という1種類の表意文字と、ひらがなとカタカナという2種類の表音文字を組み合わせて表記できる。しかも、「助詞」をうまく使えば、日本語は文の中で語順を入れ替えることすら自由自在だ。 他方、英語はアルファベットという26文字だけで全てを表現しなければならない。便利な「助詞」は存在せず、倒置法などは限られる。

ちなみに、日本語の仮名は「五十音」と言われるが、「がざだば」行の濁音、「ぱ」行の半濁音、「ぁ」行と「っゃゅょゎ」という捨て仮名を入れると、ひらがなは76文字。カタカナは「ヴ」も使うから77文字ある。加えて、常用漢字は2136字/4388音訓もあり、同じ言葉でも、どの文字種を使うかで微妙に意味を変えられる。

従って、日本語で文章を書くときの自由度の高さは、英語とは比較にならない。うまい皮肉を日本語で思い付いても、英語で表現しようとすると本当に大変なのだ。

世界に誇るべき日本語の表現力だが、前回の連載で、君が代の変遷について書く際に、日本の初代文部大臣の森有礼(ありのり)について調べていたら、驚くべき事実を知ってしまった。
森は10代で英国に留学しており、英語が非常に堪能だった。この日英バイリンガルの大先輩は「日本語を廃止して、英語を日本の国語にすべきだ」と考えていた。漢字の複雑さを特に問題視していたようだ。

確かに、明治初期の漢字は今よりも複雑で数も多かった。話し言葉は口語、書き言葉は漢文という不自由な習慣もあった。西洋に後れた政治や経済、科学などの学習に必要不可欠な英単語は、日本では概念すら存在しないものが多かった。 例えば、「社会」「存在」「自然」「権利」「自由」「個人」「品性」「人格」「情報」「近代」「美」「恋愛」「芸術」「彼・彼女」などの言葉は、江戸時代の日本にはなかった。明治期の先人が苦労を重ねて生み出したのだ。

もし、これらの言葉が使えなかったら、日本語の文筆作業は相当もどかしい。だから、当時の森の気持ちも理解できるが、現代から見れば、満41歳で暗殺された森の考えは若気の至りだった。

ところが、本当に漢字を廃止して、独自の表音文字だけにした国が、日本の近くに存在する。結果、国民の大多数が、わずか70年前の書籍や新聞を全く読めず、真実の歴史に向き合えない。悲劇と呼ぶべきか、喜劇なのか。それが問題だ。==============(以上、転載終わり)

ハングルは世界一素晴らしい言語で文字ニダ!といってますが、自分の名前も漢字で書けないのが彼らです。同音異義語だらけwww 日本の統治下で言語を奪われたニダ!と言ってますが、日本がハングルの辞書まで作り、彼らの言語を尊重した教育を行っていたんですけどwww まるで喜劇じゃないの~♪ 一人でいい気になって~♪ って、昔の流行歌を思い出させますww その結果、迷い道、パク・クネ~♪ とオチがつきますが、迷い道どころではなく、崩壊への一直鮮です(大笑)我が国は手を差し伸べることなどなく、生暖かく見守ってあげましょう!
# by ariesgirl | 2015-03-28 20:45 | 朝鮮・朝鮮人 | Trackback | Comments(2)

7年目突入の第一弾!

拙ブログも今日から7年目に突入いたしました。昨日の記事にも読者の皆様から本当に暖かい、そして私が涙してしまうようなコメントを頂きました。本当にありがたいことですし、ブロガー冥利に尽きるものです。

これからも今までの路線をまーったく変えることなく、「ああ、やっと・・・」というその日までフラフラになっても走り続けてまいりますので、重ねてよろしくお願い申し上げますm(__)m

さて、7年目ということですので皇室関係から。

天皇皇后両陛下は来月8日からパラオ諸島に行啓幸されます。ご存じのとおり、パラオのペリリュー島は多くの先人たちが散華した場所でもあり、当地に眠る英霊も大喜びすることと思います。その両陛下ですが、先日は天皇陛下がお風邪をお召しになり、公務を一部変更、今日は皇后陛下が風邪をお召しになり発熱され、清掃奉仕団へのご会釈を中止、風邪の症状が残る天皇陛下はご会釈にお出ましになられました。

・・・・・・・いったい宮内庁のバカどもは何を考えているのか!(怒)確かに清掃奉仕団は(私もそうでしたが)両陛下のご会釈を楽しみにしていることは事実ですが、そんなことよりもご高齢の天皇陛下の体調を優先しろよ!!パラオへの行啓幸が控えているにも関わらず、何の調整もせず、ふざけるな!今の宮内庁長官はカルト信者だったと思いますが、両陛下を殺す気か?某O和田家の関係で何事かやろうとしているのではないかと、疑ってしまいます。

両陛下が体調不良ならば、いったい何のために皇太子夫妻が存在しているのでしょうか? 体調不良にもかかわらずご公務を優先される両陛下に対し、皇太子ご一家は大好きな長野県でのスキー場でのご静養とは・・・それも滞在のホテルは確かシナ人が買収して経営しているところだったと思います。そんなところに皇室の、それも皇太子一家が泊まるとは・・・すべて筒抜け、盗聴されているのではないでしょうか? 

こんなことでは皇太子夫妻の存在価値など全くないといっても過言ではありません!本当にあの夫婦に後継者としての資格はあっても、資質は全くありませんね。こんな言い方をしては不敬かもしれませんが、ハッキリ言ってどうしようもないバカ夫婦、わがまま放題の仮病嫁と権威をかさにきる嫁の実家の言いなりになっている婿養子のようなダンナ・・・自分たちのことがすべてにおいて優先、国民のほうへ全く目を向けないバカ夫婦としかいいようがありません。

雅子妃に至っては、もう皇室から出ていくべき!! 離婚して皇室からでていってもらいたい、愛子内親王も一緒で構いません。そのほうが雅子妃も残りの人生を幸せに送ることができるはずですし、大好きな海外にでも行って暮せばいい。皇太子殿下も皇位を捨てるのであれば、国民は止めないと思います。

公務は無しで、年中無休の24時間全力でご静養、私的お出かけの小和田家の行事やご静養という名の税金の無駄遣い旅行にはのこのこ出ていく、とても10年以上病気が治らないとは思えないほど丸々とした色艶の良いお顔でいらっしゃる皇太子妃。公務のひとつも満足にできないのに、スキーはできるんですね~(棒)本当に不思議な病気です、これを世の中では「仮病」といいますのよ、妃殿下。

満身創痍でご公務に当たられる天皇皇后両陛下はこの跡取り夫妻をどんな気持ちで見つめていらっしゃるのかと思ってしまいます。もしかしたら、諦めていらっしゃるかもしれませんね。皇居の清掃奉仕では4日間のうち、一日は東宮御所の奉仕があります。今回、ご静養にお出かけということは皇太子殿下のご会釈はなし!ということになりますが、時々秋篠宮ご夫妻がご会釈にお出ましになり、奉仕団と懇談されることもあるとのことですので、もしかしたら今回は秋篠宮ご夫妻、佳子内親王殿下がお出ましになられたかもしれません。とすれば、奉仕団の方たちはとてもラッキーですね!まあ、スキーはバンバンできる皇太子妃はわずか10分程度の清掃奉仕団への挨拶にも出てこれないほど病弱ですから、いてもいなくても同じでしょう。

そんな皇太子夫妻に対して・・・以下はnewspost7からの転載です。
=====================
皇太子一家恒例の奥志賀スキー旅行 宮内庁内部で波紋広がる2015.03.16 16:00

10年前から皇太子一家の“恒例行事”となってきた「奥志賀スキー旅行」が月末に行なわれる。しかし、この旅行は雅子妃の適応障害が発表された2004年以来、常に騒動の火種となってきた。すでに今年も「冬の恒例行事」は宮内庁内部で波紋を広げている。

「東宮一家は私的な動静をほとんど公にしませんが、今年も3月23日から27日まで4泊5日の日程で長野県の奥志賀高原スキー場を訪問する予定です」(宮内庁関係者)

2月6日、『第60回青少年読書感想文コンクール』の表彰式とパーティに皇太子が出席したが、隣に雅子妃の姿はなかった。その日、小町恭士・東宮大夫は定例会見で、「雅子さまにご出席の気持ちはあったが、週2回の公務は厳しいと医師が判断した」と欠席の理由を説明している。雅子妃は週2回の公務をこなせない状態でスキー旅行に出掛けることとなる。病気が病気だけに仕方ないとしても、これが毎年、物議をかもしてしまう。

タイミングも悪かった。同時期には天皇・皇后が3泊4日の日程で栃木県御料牧場を視察する予定が組まれている。

皇太子は2月23日の誕生日会見で天皇の公務軽減を弟の秋篠宮とともに果たしていくことを改めて語り、雅子妃の病状については、「体調を整えながら、引き続き、焦らず慎重に、少しずつ活動の幅を広げていってほしい」と述べた。その直後のスキー旅行に、前出の宮内庁関係者は深いため息をつく。

「雅子妃がお元気で活動的になられるのは喜ばしいが、過去にも奥志賀へのスキー旅行は騒動の原因になってきた。また批判の的になるかと思うと心苦しい」

昨年のスキー旅行は、式年遷宮を終えたばかりの伊勢神宮を天皇・皇后が初めて参拝するタイミングと重なった。そのため、「この時期の私的旅行は控えるべきではないか」との声が上がった。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が語る。

「今上天皇の皇太子時代は、警備の負担などを考慮して、昭和天皇・香淳皇后両陛下と皇太子さまご一家が同じ時期に外出することを控えていました。昨年にしても今年にしても、両陛下のお出ましの日程を考慮せずに日程を決めてしまう皇太子ご一家に疑問を感じる関係者は少なくないと思います。プライベートな旅行は結構ですが、両陛下はご静養先でも近隣住民とふれあいの機会をもたれます。そこに皇太子ご一家と両陛下の姿勢の違いを感じます」

初めて一家で奥志賀を訪れたのは2005年2月。3歳の愛子内親王を伴い、一家揃っての初めてのスキー静養となった。当時公開された映像には、幼い愛子内親王と満面の笑みでスキーを楽しむ雅子妃が映っている。適応障害の発表から半年後だっただけに、その姿に多くの国民が安堵した。

ところがその直後、雅子妃は予定されていたスペシャルオリンピックスの視察を欠席。「スキーは笑顔で滑れるのに公務はできないのか」と批判が起きた。それ以来、スキーは注目の的なのだ。  ※週刊ポスト2015年3月27日号
===============(以上、転載終わり)

東宮関係者は外務省からの出向者やカルト関係者で固められているといううわさもあります。どこまでが事実かわかりませんが、現在の皇太子夫妻の姿を見ればあながちただのうわさではないように思いますね。

そして、パラオへの行啓幸。両陛下は海保の巡視船にご宿泊とのこと。なんで、海保なのさ!海自の艦船を出せばいいのに!!(海保が悪いというわけではありません、念のため)陛下は日本国の元首ですよ! しかし、パラオは観光客の多いところですからホテルはあるはず。両陛下がホテルに宿泊されないということは、現地の警備体制や警備人員がとても他国並みに整っていないということなのでしょう。おまけに、現在パラオにはシナ人観光客という名のゴキブリが押しかけています。もし両陛下に何事かあったら大変どころの騒ぎではありませんから安全面を考えたら海保の船というのは妥当でしょう。せっかくだから、海自の艦船、今回就航する護衛艦と書いて空母と読む「いずも」あたりをだすとか(笑)でも、デカすぎてだめかなww 今回の行啓幸、パラオの皆さんも大歓迎してくださると思います。

パラオはゴキブリシナ人に困っています。が、何とか叩き出そうとしています。イージスさんの動画から。




# by ariesgirl | 2015-03-26 21:00 | 皇室 | Trackback | Comments(12)

丸6年、そして7年目へ

親愛なる読者の皆様!

拙ブログは本日で開設から丸6年となりました!そして、いよいよ7年目に突入いたします。ずぼらを絵にかいたような私が6年間もブログ記事を書き続けてこられたのは、ひとえに読者の皆様の叱咤激励のおかげと改めて、ここに深く感謝申し上げますm(__)m

また私ごとですが、本日○○回目の誕生日を迎えました。あっという間の○○年、もう間違っても手放しで喜べない年齢であり、これは特定秘密に該当するため有事の際のみ公開したいと思います(笑)手前味噌ですが、実年齢よりは若く見られることが多いです。まあ、自分勝手、わがまま放題に生きてますからwww

ブログを開設したのは6年前、当時生まれた子供は6歳、当時10歳の子は16歳、15歳の子は21歳・・・そんなことを考えると時の流れのあまりの速さにゾッとします(笑)私も6歳年齢を重ねたわけですが、何も変わっていないのに体力だけは衰えている感じです(苦笑)飲み会の翌日はもう疲れて、疲れてwww お肌もだんだん・・・(涙目)

ブログを開設してから半年で、悪夢の民主党政権に替わり、そして尊敬してやまない政治家であった中川昭一氏がこの世を去るという悪夢、悪夢続きの中での記事更新でした。罵詈雑言、下品で過激な言葉を使い記事を書いてきましたが、器の大きい読者の皆様に支えられて、何とか自分なりに問題提起、特アの本質などをアップすることができました。また、読者の皆様が自分の親兄弟と同じ、いえそれ以上の存在に感じています。

今後も下品で過激な言葉を使用するというスタンスは一切変更することはございません!特にシナや朝鮮、売国奴や反日勢力に対してはより過激な言葉を選ぶつもりです。差別と区別の違いもわからないような基地外に負けるわけにはいきませんので!!

ブログを開設した6年前と今を比べると、雲泥の差があると思っています。特に、特アに対する日本人の目が以前とは比較にならないほど厳しくなっています。もちろん、いまだにお花畑がいることも承知していますが、インターネットの拡大もあって、多くの方たちが事実に目を向けるようになったことは本当に喜ばしいことです。犯流ブームなどと浮かれていたころと比べると、現在の日本と南朝鮮の関係が実に正常なものでしょうか。もちろん、民主党が特アのバター犬であり、連中が鞭で叩かれて喜んでいる単なる売国奴の集団であることが知れ渡り、かつ特アの反日大暴走も一役買ってくれたことが、彼らの本性をさらすことになりました。彼らとの友好などあり得ない、彼らがいう友好とは一方的に日本が謝罪し金を払い続けることであり、絶対にまともに付き合える相手ではないのですから!基地外のゴキブリと人間が同等に付き合うことはありえません!

安倍政権に交代してからの2年、亀の歩みではありますが、日本は着実に変わりつつあります、それもまともな方向に。もちろん、安倍政権の政策すべてにもろ手を挙げて賛成するつもりもないし、賛成できない政策もありますし、自民党には2Fや野田聖子などの売国奴も蛆虫のように存在しているのは事実ですが、俯瞰で見れば安倍晋三という人しか現時点で日本のかじ取りはできません。

私は思うのです。どうしてこの激動の時代に、社会一般でいう中堅どころの年齢で生かされているのかと。未成年でもなく、若いといわれる世代でもなく・・・それは日本の変化、日本が当たり前の国、真の独立国になる過程、日本人が原点に戻る過程を見届けるためではないかと思うのです。そして、柏の木のように次の世代に引き継いでから葉を落とす・・・そのためにも、安倍総理の信念であろう戦後レジームからの脱却、その手始めが憲法改正であると思います。安倍総理で憲法改正をなしえなければ、おそらくあの極悪憲法が20年くらい続くことになるでしょう。いつまでアメリカが適当に作り、日本と日本人を骨抜きにするための憲法にしがみついていればいいのでしょうか?まっぴらごめんです!!

の目の黒いうちに、憲法改正とスパイ防止法の成立を見たい!だからまだ死ねない!生きている間に見たいし、生きていてもボケてしまっては何もわからないので、しっかりしている間に見たい!と心底思うのです。この二つを成し遂げることができれば、日本は真の独立国として自力で立つ国になると思います。

以前の私だったら考えられないような行動をしてきました。といっても、ポスティングやでデモ参加、電凸、ファクス凸、メール凸などですが・・・そこまで自分を駆り立てたものは何か?と言われれば、あの民主党政権に対する危機感、日本が特アに乗っ取られてしまうというものすごい危機感、そして自分の国を守りたいという気持ちからです。

ブログを開設して、記事にして、少しでも多くの人に日本がどういう状況に置かれているのかを知ってもらいたかったわけですが、幸いにも私の志を同じくする、日本を愛し、誇りに思い、そして憂う読者の皆様とこうして繋がることができています。本当に幸せであり、ありがたいことだと思っております。

あと2年くらいで日本がまともになって、もう政治ネタを封印できるように私も微力ながら力を尽くしていきたいと思っております。いよいよ7年目に突入いたしますが、今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます!!

アリエス拝

皇紀2675年3月25日





# by ariesgirl | 2015-03-25 22:15 | その他 | Trackback | Comments(11)

旗日なので!

今日は「春分の日」要するに旗日です。土曜日でもあったので、何か一日損をしたような気がしないでもありませんが、近所を見渡してみると日の丸を掲げている家が以前よりも少しずつではありますが増えてきたような気がします。マンションでもベランダに掲げている部屋もあって、実に喜ばしいことだと思います。だいたい、自国の国旗を掲げただけで右翼呼ばわりされることのほうが圧倒的に異常なのです!私が小さいころには普通に日の丸があがっていた家がありましたから。

本題に入る前に、今日我が国と基地外特アの外相会談が3年ぶりに開催されました。だから何??本当にめんどくさいったりゃありゃせん。岸田外相もうっとうしくてしょうがいないというのが実際の気持ちではないでしょうか?だいたい、なんで「日中韓」というくくりにされるのか、本当に不愉快極まりないことです。あんな反日の基地外国家といっしょくたにされるなんて、日本人としての誇りを傷つけられるし、許せません!! 南朝鮮のズラ外相(大笑)、岸田外相も転ぶふりしてあの頭にしがみついてズラを取り外したらいいのにwwww そして、シナの王という元日本駐在大使。こいつもただの反日基地外野郎。


そして、シナ主導のアジアインフラ銀行(?)という名のねずみ講。これに英仏独伊が参加を表明しました。本当にバカとしかいいようがありません。天才的詐欺師であるシナに自ら騙されて、通帳と印鑑を全部渡すようなものです。シナが自分たちだけが得をする、利するような条件にして、参加国の富を根こそぎ盗む、それが彼らの目的であり、参加国はシナから去勢、身ぐるみはがれて、ケツの毛まで毟られることになるかもしれないと予想できないほど無能なのでしょうか? 日本の参加が取りざたされていますが、絶対に参加すべきではありません。アジアインフラなどとしていますが、彼らが考える「アジア」=「シナ」であり、これを機に世界の富を根こそぎ自分たちのものにしようとしているのが見え見えです。こんな銀行を設立しようとする本当の目的は、シナにはもう大して金が残っていないのではないかと思っています。国家としての「自転車操業」です。

だからこそ、それを知られないために「アジア」などと大きくでる・・・まさに「詐欺師商法」「振り込め詐欺」であり、金儲けしたいという欲で和牛商法や金、先物などに投資して、見事に騙され、財産をパーにする金の亡者と同じことになるかもしれません。日本は絶対に参加などするべきではないし、参加することは日本国民への裏切り行為であり、売国行為にほかなりません! どぶに金を捨てるどころか、「泥棒に追い銭」です。麻生副総理やガースー長官の言い分では参加することはないと思います。

そして、慰安婦詐欺の乞食国家南朝鮮。こいつらはもうド貧民、とにかくカネ、カネ、キンコしか頭にありません。だからこそ、ただの売春婦のババアどもをお涙ちょうだいの強制連行性奴隷にしたてあげ、三文芝居で金を巻き上げようとしています。今年で国交回復50年、ちょうどいいタイミングです。悪縁を断ち切る時がきました!!


さ、長くなりましたが本題です。今日は「旗日」ですので、我が国の国歌「君が代」と「我が国」に関する動画をお送りします。




そして、君が代についてアメリカ人であるケント・ギルバート氏が「国歌を歌えない国民は恥!」と一喝しています。以下はザクザクからの転載です。
==================
日本の学校で量産している「国歌を歌えない国民」は恥 K・ギルバート氏 2015.03.18

「東京マラソン2015」(2月22日開催)で、私が所属する六本木男声合唱団倶楽部(六男)は、毎年恒例の「君が代斉唱」を行った。ときどき、「米国人なのに君が代を歌えるんですか?」と聞かれるが、トータルで37年も日本に住んでいたら、歌えて当然だと思う。各種イベントの国歌斉唱で、自分だけ歌えなかったら恥ずかしいではないか。

ところで、君が代の変遷をご存じだろうか。

六男の団長でもある作曲家の三枝成彰氏によれば、明治3(1870)年に英国人のフェントンが作曲した初代は、日本語になじまず6年後に廃止された。明治13(80)年に、宮内省式部職雅楽課と海軍省で作った2代目が現在の君が代だが、邪魔が入る。

文部大臣の森有礼(ありのり)が、米国人のメーソンに賛美歌(英国人ウェッベ作曲)ベースの3代目を作らせ、文部省唱歌として推奨したのだ。明治22(89)年の大日本帝国憲法発布の際は、3代目が歌われた。しかし、森大臣が暗殺されて3代目は後ろ盾を失い、2代目が復権したのである。

明治36(1903)年にドイツで行われた「世界国歌コンクール」で1等を受賞しただけあって、完成度は2代目が最高である。六男はコンサートで全部を歌うことがあり、私は当然3つとも歌える。

さて、米国人の私が歴代の君が代を全部歌えるのに、日本にずっと住む日本人に君が代を歌えない国民が相当いる。この現状は、はっきり言って日本の恥である。

そうなった理由を私はよく知っている。君が代は「先の戦争における軍国主義の象徴だから歌うべきではない」「国歌として認めたくない」などと、子供じみたワガママを言う教師が全国に存在するからである。

税金から給料をもらう公務員たる教師が、憎国的な個人感情やゆがんだ思想を教え子に強制している。「日の丸・君が代をおしつけないで!」と被害者顔で活動しているが、彼らこそ、身勝手な思想信条を子供や地域社会に押し付ける加害者である。

君が代の「君」は天皇を意味し、天皇賛美の歌は良くないという議論もある。ちなみに「君」の意味は複数の説がある。

ところで、英国国歌の題名は『God Save the Queen』。英国女王や王室を賛美し、大絶賛する歌なのだが、日本の国歌に天皇賛美の意味が込められていたとして、何が問題なのだろうか。 日本国憲法は第9条ばかりが話題になるが、第1条から第8条までは天皇に関する条文である。最も重要だから最初に規定がある。元首だろうが象徴だろうが、昔も今も日本国を天皇抜きで語ることは憲法上不可能だ。

余談だが「9条守れ!」と叫ぶ政党の中に、「天皇制をなくす立場に立つ」と掲げている党もある。有権者がこれを「護憲」政党と認識している理由が分からない。

日本の学校は、世界の常識から見たらまったく恥ずべき「国歌を歌えない国民」を意図的に量産している。この問題を政府や自治体は放置すべきではない。
=================(以上、転載終わり)
アメリカ人のギルバート氏にここまで言われると・・・その通りとしか言えません。自国の国歌を歌わない、歌わないような思想教育は基地外そのものであり「恥」そのものです。しかし、その種を植え付けたのは誰であろう、戦後日本を占領し、日本=悪の思想で洗脳したGHQであり、彼らが作った日教組とGHQの犬となった朝鮮人どもなのです。ただ、ギルバート氏やテキサス親父のようなアメリカ人、知日、親日のアメリカ人は非常にありがたい存在であることは間違いありません。





# by ariesgirl | 2015-03-21 20:45 | 日本 | Trackback | Comments(9)

久しぶりの更新です。やはり年度末のせいか、何かと気ぜわしく毎日が過ぎていくような感じです。また、個人的にもバタバタしてしまい、送別会などもあって更新ができませんでした。3月もあと10日、明日は春分の日。昼と夜の長さが同じになります。どんどん昼が長くなっていきますね、嫌だ嫌だ。なぜか?昼が長いと余計に働く時間が増えるような気がします、寝る時間が減るような・・・(笑) わたくしごとですが、あと数日で誕生日を迎えます。はあああああああああああああああ、またひとつ年を取ります。どこかで止められないかな(笑)そして、拙ブログもその日をもって丸6年となり、7年目に突入します。

さて、今回送別会の雑談で中川郁子議員の話がでました。オヤジ連中も「あれはまずいよな~!相手の男は妻子持ちだろ?脇が甘すぎる。でも、相手の男も男だよな、中川さんだけが色々言われるけど相手の男はどういうつもりなんだ?」と口をそろえて言ってました。また、中川議員は若いころはかなりの美人だったといってました。今でもおきれいな方だと思いますが、今回は病室での喫煙も取りざたされましたからね。確かに、病室でのたばこはちょっとバカすぎますが、いったい誰がリークしたのでしょうか?

さらに、オヤジ連中のなかの意見で「中川昭一さんが生きていたら、あの人はもっと偉くなっていただろうな~実力あったから」というのがありました。それを聞いた私は「そうですよね~!絶対に中川昭一さんはもっと活躍していたと思います!!」と、つい口走ってしまいました(笑)だって、本当のことですから♪ 心の中で、「このオヤジ、なかなかわかってるじゃないの~!」とうれしくなりました。

今日は数日ぶりの更新なので、テーマは決めず好き放題に行きたいと思います。まあ、いつも好き放題なんですけどwww

まずは、ミシェル・オバマアメリカ大統領夫人の来日。まあ、別にどうってことはない話ですが、デカいですね~あの人(笑)昨日、皇居に天皇皇后両陛下を訪ねて会談とのことでしたが、お迎えにでられた両陛下への挨拶・・・あれは何ですか??おまけに、あの全くセンスのない服は(笑)赤と白だったので、もしかしたら日の丸を意識したのかもしれませんが・・・だったら、一応OKとしましょう(笑)去年、シナに娘を連れていったミシェル夫人。シナやシナ人が大好きなのでしょう。所詮あんなものwww 旦那の黒ノムさんみたいに腰を折り曲げろとはいいませんが、やはり王家のない国家のファーストレディーはあんなものなのでしょう。確か、去年イギリスを訪問し、エリザベス女王に対する挨拶もぜーん、ぜん、ダメで女王がかなり気分を害したという話がありました。ミシェル夫人はもう少し世界の王族に対する挨拶を勉強すべきですね。その点、故ダイアナ妃をはじめとする王族の方々が両陛下を訪問した際の挨拶の仕方はさすがと言えるでしょう。個人的には競馬のデ・ムーロ騎手の両陛下に対する挨拶が実に素晴らしかったと。彼はイタリア貴族の出自だそうですから、あのような挨拶が堂にいってました。

そして、チュニジアの事件。巻き込まれて亡くなった日本人の方たち。本当に気の毒です。それしかいいようがありませんし、けがをされた方も同様です。欧米の正義を押し付けて、裏で糸を引き独裁者を排除した結果がこれです。アラブという特殊な社会に欧米流の民主主義や正義が本当に根付くのか疑問です。何度もいいますが、アラブの独裁者であったカダフィ、フセイン、ムバラクといった面々はある意味必要悪であり、彼らが毒をもって毒を制していたものが、独裁者が消えたことで余計に状況が悪化したように見えます。

次はあるところからいただいた情報です。この時期は一年で一番引っ越しが多い時期でもありますが、女性の皆さん!特に一人暮らしの女性の皆さんは気を付けていただきたいことがあります。それは、引っ越し業者です。様々な業者がいますが、中には日本人ではない従業員もいます。そういう人たちの国技といえば? そうです、放火、泥棒、売春、枕営業、そして強姦ですね!!アジアの強姦大国ですから。

つまり、女性の一人暮らしの引っ越しを行った業者の従業員が夜、その家に「昼間の引っ越しの時に忘れ物をした」と会社名を名乗り、数人でやってきて、その女性を襲い輪姦するという事件が現実に起こっているのです。これは前の話ですが、当然報道は一切ありません。最終的には会社が示談に持ち込んで表ざたにはならなかったのですが、独身女性だけではなく専業主婦の方も注意が必要です。また、人気の少ないところで車の中から道を聞かれても応じないようにしていただきたいと思います。道を尋ねる車で、フィルムを貼って車内が見えないようにしている車は非常に危ないとのことです。確かに、フィルムを貼って車内が全く見えないようにしている車は怪しい感じです。

引っ越しシーズンである3月、4月、女性の皆さんは特に気を付けていただきたいと思い、この件を記事にしました。日本における外国人犯罪のワンツーフィニッシュがどこの国か、いわずもがなです。この10年以上、全く不動の地位を占めており、日本における強姦や殺人といった凶悪事件の犯人は成りすましによるものがほとんどとなっています。早稲田大学のサークルでの事件もそうでしたね。イギリス人英会話教師を殺害した織原も成りすまし。

日本人女性への人権侵害である強姦という凶悪犯罪は現在進行形であり、間違っても過去のものではありません。南朝鮮に交換留学生として言った某大学の女子大生が裏道に引きづり込まれ、あわやということも聞いています。この引っ越し事件も氷山の一角であると思われます。引っ越しを予定している女性は、引っ越し当日の夜は友達を呼んで引っ越しミニパーティーをするなり、彼氏がいれば来てもらうなりしたほうが賢明です。だいたい、まともな引っ越し業者が忘れ物をしていくことはまずありえません、私の経験では。彼らは作業終了後に必ず忘れ物の点検をしますから。また、まともな業者=有名な大手引っ越し業者とは限りません。大手であればあるほど、人手不足からそういう成りすましまで雇ってしまう可能性は極めて高いかもしれません。なんせ、一番の引っ越しシーズンですから何かと大変だとは思いますが、注意喚起の意味を込めて記事にしました。読者の皆様の周りに引っ越し予定の女性がいたら一言お伝えいただければと思います。

男は強姦、女は売春が国技の犯罪半島。てめえのことは棚に上げて「強制連行されて性奴隷にされたニダ!賠償汁!謝罪汁~!!」と騒ぎ立てる基地外の元売春婦のBBAがたーくさんいます。そんな連中に鉄槌を下そうとするアメリカ人、そうです、テキサス親父ことトニー・マラーノ氏。彼の活動と朝鮮人のロビー活動である枕営業と金に籠絡される下品なアメリカ人とは雲泥の差です。彼がNYでやってくれましたね。これに在米の朝鮮人どもが火病を起こしていますww




以下は、ザクザクからの転載です。テキサス親父の活動には日本人として頭が下がる一方で、日本人として恥ずかしいです。何もしない害務症・・・朝鮮人どもと一緒になって国を貶める売国奴が存在し活動している現実に。
================
【痛快!テキサス親父】韓国メディアは慰安婦問題で慌て始めたのではないか 2015.03.20

ハ~イ! 日本のみなさん。前回に続いて、世界中で繰り広げられている「反日プロパガンダ」に対抗するため、俺たちが9日から13日まで、米東海岸で行ってきた活動について報告するぜ。

ニューヨークで「テキサス★ナイト」というイベントを開催し、現地の日本人や日系人と意見交換した後、俺はワシントンDCに行き、国立公文書館に行ってきた。以前、ここから米軍が1944年、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書を取り寄せた。それを読んで、俺は「慰安婦は強制連行されていない」「慰安婦は戦時高給売春婦だ」と確信した。(中略)

ニューヨークではイベントのほかに、カリフォルニア州グレンデール市で、慰安婦像撤去の裁判を戦っている「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の目良浩一会長と、テキサス親父日本事務局の藤木俊一事務局長、論破プロジェクトの藤井実彦代表、俺の4人で、慰安婦問題について共同記者会見を開いた。

注目すべきは、藤木氏がこれまでと違ったアプローチで、慰安婦問題を説明したことだ。

簡単に言うと、(1)慰安婦問題を誰がつくり、何の目的で利用したのか(2)韓国の老人の自殺率と、背景にある貧困(3)元慰安婦支援施設「ナヌムの家」の真実(4)韓国の国定教科書「国史」の特異性(5)韓国ヤクザと「当たり屋」戦略(6)歴史修正主義(7)慰安婦は性奴隷なのか-というものだ。

一見、無関係に思われる事実が、慰安婦問題の根底でつながっているという衝撃的内容だった。韓国メディアは内容に踏み込まず「極右」「歴史修正主義者」と罵(ののし)っていたが、痛いところを突かれて慌てたのかもしれないな。
================(以上、一部転載終わり)
続きはこちらから!


# by ariesgirl | 2015-03-20 22:05 | 朝鮮・朝鮮人 | Trackback | Comments(2)