6月最後の日曜日です。連日暑い日が続いていますが、今月もあっという間に過ぎていったように感じています。これが年齢というものなのでしょうか(笑)今年もあと半分、そして正月・・・orz 恐ろしいとしかいいようがありませんわ(苦笑)

久しぶりの梅雨の晴れ間、掃除に洗濯、布団干しに買い物と結構忙しい一日でした。イマイチ体調がよくないのが気になっています。まあ、来週医者の予約をとりましたので、その時にじっくり相談したいと思います。特に女性の場合は年齢とともに色々な不調がでてきますからね~まさか自分にそんな時期がやってくるとは考えもしなかったのですが、時間というのは万人に平等です。

そんな中でも毎日の中で感じる小さな幸せを大事にしたいと思います。私の場合は街路に植えられている紫陽花や美味しいフランスパンとコーヒーを頂くことあたりでしょうか。美味しいフランスパンは私に至福の時間を与えてくれますww

さて、選挙公示から最初の日曜日。某駅前にミンシン盗のヨシフ大先生の選挙カーが現れ、運動員のバイトさんたちがチラシを配っていましたが、受け取る人は皆無(大笑)暑い中、大変お気の毒ですねww もしかしたら、ヨシフ大先生のおとりまきである”しばき隊”の皆様かもしれませんが、仲間内で中指おったてて、井の中の蛙で大騒ぎしていても、世間のことはわからないですよ!

そして、世界中を恐怖に陥れたイギリスのEU離脱決定。この結果、私としては大して驚きもしませんでしたが、経済評論家と言われる連中がいかに能無しかよくわかったいい事例だったと思います。ほとんどの連中が「イギリスはEUを脱退しないだろう、残留派が勝つ」と言ってたのが、ふたをあけたらこれですからねwww 

それにしても、キャメロン首相は完全に目測を誤りましたね。だいたい、何で安易に国民投票することにしたのかようわからんのですが。

結局、これも世界の大きな流れの一部にしかすぎないと思います。大きな流れにはどんなに逆らっても、足掻いても、その流れを止めることも逆らうこともできません。飲み込まれるだけであって、流れというのは目に見えない力が働いているように感じます。

今回の件、残留派は経済、離脱派は移民(難民)ということに分かれたようですが、そもそもそれを一つの土俵に乗せて論じること自体がちょっと違うのではないか、と個人的には思うのです。EUとイギリスの経済関係は個別にFTAを結ぶとか、関税についてもそれなりの妥協点を探れば何とかなると思いますが、EU域内の移民問題だけはどうもこうもなりません。

だいたい、ヨーロッパの大国が集まって共同体を作って運営するのであればそんなに揉めることはなかったのでしょうが、余りにも国力、経済力が違いすぎる貧乏国家をEUという金持ちクラブに参加させ、理想を高く掲げてバラ色の未来を描いていたら・・・その理想が現実に押しつぶされたのが今のEU。金持ちと貧乏人が一緒になったら碌なことがないという実にいい見本ですわ。特に、ギリシャとかもとの東ヨーロッパの国なんかを加盟させた時点でアウトでしょ(笑)

結局、金持ちが貧乏人の何から何まで面倒を見る羽目になって、そのツケは全部金持ち国の国民に回されるのですから。その金持ち国の中でも大都市でいい仕事についていい給料をもらっている人間には大したことではなくても、地方都市でつつましく生活している国民にはたまったものではありません。それが今回のイギリスの結果に表れているように感じます。

私がイギリス人だったら、離脱に一票を投じていたと思います。

経済問題なんて、所詮金の話。金とモノの話は話し合いでどうにかなるシロモノですが、人の問題はダメですね。安易に人が足りないから海外から労働力を受け入れたらいいなどと考えてはいけませんし、日本も対岸の火事ではないことをしっかりと認識すべきだと思います。

故サッチャー氏がいったように「金持ちを貧乏人にすることはできても、貧乏人を金持ちにすることはできない」ということです。

各国の法律よりもEUが作った法律が斜め上をいって、それを厳守しなければならないなんて、極端な話をすれば各国政府なんて要らないわけでしょ?もし、EUがヨーロッパの王室を廃止せよ!なんて法律を作ったらそれに従うことになるのです、極端にいえば。

余りにもEUが幅を利かせて、デカいツラをしたことが要因の一つでしょう。大統領がいたり、EUの議員がいたり・・二重政府ですもんww あのプライドの高い、そして腹黒いイギリス人。大英帝国の夢よ、もう一度!と思っているはずです。世界の海を支配した大英帝国ですからね。

私は独立国家の大原則として、「民族自決」があると思っています。その国のことは、そこの民族(国民)が決めるということ。ほかの国から金稼ぎにやってきて居ついている外人が口を出すことではありません!移民なんて所詮ただの居候、「居候 三杯目はそっとだし」という川柳のように、居候は分をわきまえろということです。わずか何年か前にやってきた連中が自分たちがいい思いをしたいがために、その国の政治や法律に介入するなんて言語道断!!

これはEUだけの問題ではなく、我が国にも純然としてある問題です。そうです、朝鮮人やシナ人といった基地外害人どもの問題です。日本人の税金と国富を食い荒らすだけのゴキブリ。朝鮮人なんて戦前に不法入国した移民ですから。

イギリス国民もこのままでは「庇を貸して母屋を取られる」という危機感が凄まじかったのではないでしょうか?金やモノの問題ではないと、国家としての主権が危ないと感じたのかもしれません。我が国も同じであり、それも踏まえて今回の参議院選挙では投票したいと思います。皆様も駅前あたりで候補者が演説していたら突撃してみてください!私は結構やりますよ(笑)実際に話したり、質問をぶつけてみると意外なものが見えてきたりしますから。

そして、笑えるのが負けた残留派が国民投票をやり直せ!と大騒ぎしていることです。バカじゃないの?? 残留派がかったのはスコットランドとロンドンだけ。それ以外に住むイギリス国民は離脱を選んだのであって、それが国民の意志であるのだから、その結果を受け入れるべきです。現実を受け入れて、だったら悪い影響をどれだけ抑えられるか、大難を小難にできるかを考えるべきでしょう。それを自分たちの意見が通らなかったから、やり直せ!とか愚の骨頂、イギリス人ってそんなにバカなの?自分たちの意見が通らなかったから離脱派のジョンソン氏に罵声を浴びせたり、大暴れしたり・・

まるで、その姿は「自分たちは可哀想な難民(移民)なんだから、もっと優しくしろ!もっといい思いをさせろ!」と大騒ぎして暴れまくる自称難民(移民)と同じですね!自分では気が付いてないのでしょうか?難民や移民にたいしては「寛容」をもって接するべき、「意見の違いがあっても共生できる」と主張してきた残留派が、意見の違う人間を罵倒し攻撃する・・・言ってることとやってることが真逆ですね。本当に胡散臭いわ。まるで日本の基地外左翼と同じww

================
離脱派ジョンソン氏にブーイング=「恥を知れ」と罵声-英

英国民投票で欧州連合(EU)離脱派勝利の最大の立役者と言えるボリス・ジョンソン前ロンドン市長が24日、残留派の人々から激しいブーイングや「恥を知れ!」などの罵声を浴びせられた。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062400974&g=int
===================

結城モイラ女史が今年の見立てとして「災いは海からやってくる」といったのが、その通りになってきたようです。イギリスはかつて大英帝国として七つの海を支配してきました。貿易や海運、保険の基礎を作ってきた連中ですからね・・今年も半分が過ぎようとしていますので、ここでモイラ女史の見立てを再度掲載します。
===============
Moira's Message ------------------- 2015/12/31

2016年、災いは海からやってくる

一昨年(2014年)は「日いずるとき」と題し、この日本に「国を守ろう」とする保守的な動きが台頭すると予見しました。そして2015年は「闘いと覚醒のとき」と申し上げました。はたして現実はどうだったでしょう。国を守ろうとする人々は、隠されていた歴史的事実などを次々と知り、真実を隠蔽しようとする勢力に闘いを挑み始めました。この流れは今年も停まることはなく、さらに力強く、確固とした潮流となって、日本を牽引していくでしょう。

ところがここで、熟慮いただきたいことがあるのです。覚醒し、本来の日本を取り戻そうとする情熱は大切なことですが、複雑に絡み合い、緊迫した今日の世の中は、「純粋無垢な情熱」だけでは解決できないことが多々あります。言葉は悪いのですが、「ずる賢い情熱」も必要なときがあります。つまり、ひとつの目的を達成するためには、ストレートな手段だけでなく、いくつもの戦略的アプローチが必要なんですね。そのことを忘れると、知らぬ間に、いわゆる「お花畑的思考」に陥ることになりかねません。したがって、私達はときどき立ち止まり、「覚醒」と「闘い」を現実に即した姿に調整しなければならないのですよね。

さて、本題の2016年ですが、今年は大変な激動の年になりそうです。私の脳裏には、日本を含め世界中が大きな激流に飲み込まれていく映像が浮かびます。民族間の争い、テロ、難民、加えて金融・経済の破綻といった衝撃的な変動が、様々なかたちで出現し、多くの国と人々が翻弄されるでしょう。しかし、私が最も気がかりなのは、星の動きをじっと見つめていると災いは海からやって来るという啓示があることです。

では、前述の危惧を星の動きと対比させてみましょう。世界が激流に飲み込まれるのは、木星が乙女座を進行しており、山羊座には冥王星が、牡羊座には天王星が居座っているためです。冥王星は隠れたものを暴き出すパワーや、破壊するパワーを持つ星。天王星は「改革、変化」を司る星だからです。つまり、2016年はこれらの星により、隠れていたものが昨年以上のスピードで暴き出され、旧来の秩序が破壊され、混乱が人々を襲います。

さらに悪いことには、火の星座である射手座には土星が居座っているだけでなく、3月初旬からは火星も射手座を進行しはじめ、5月下旬から8月頭までは火星が蠍座を逆行。その後、再び射手座に戻り、9月末まで射手座を進行します。つまり、3月から9月にかけての7ヶ月もの間、火星は蠍座と射手座を中心に動くのです。これはまさにテロや戦争の激化を意味します。なぜなら、火星の守護神は戦いの神マルス。この火星が射手座に入ると、ちょっとした出来事にも過剰に反応し攻撃的になるためです。さらに、蠍座の火星は復讐心を増大させ、残虐な行動に走らせる危険性もあります。

もうひとつ、一年を占う際に用いる春分図を見ても、上昇宮が火の星座である獅子座であることから、今年は火のように過激な運気に支配されていることがわかります。また、年運に大きく影響する木星が金星、海王星と悪い角度を形成。さらにこの木星が火星や土星とも悪い角度となり、きわめて不安定な、緊迫感漂う世界情勢になることを暗示していいます。

なお、私の脳裏に「災いは海からやって来る」といった強い啓示が浮かぶのは、「海」を支配する海王星(守護神ネプチューン)が木星と凶角をなしていること。この不安定さが大変気になります。「なぜ海王星に……」と問われれば、私の直感としか言えませんが、忘れようとしても頭から離れないのですよね。私の杞憂に終われば良いのですが…。

では、冒頭で「お花畑的思考」に陥らないようにと申し上げた理由を星の動きからご説明しましょう。乙女座を木星が進行すると、真実を知ろうとする強い思いが芽生え、それまで無関心だった社会のさまざまな問題に覚醒し始めます。しかし、次なる行動の段階になると、人々に乙女座のマイナス面が現れてきます。それは理想や完璧を追い求めるあまり、10の願いが10叶わなければ是とせず、8や7では自分も相手も許さないという呪縛に捕らわれかねないということです。

最後に昨年、お話ししたことをここでもう一度申し上げたいと思います。何が起ころうと、どんな状況に置かれようと、日本という日(陽)は今年も確実に昇り続けます。ですから、2016年は心にゆとりを持って、現実社会の力学を見極める眼力と判断力を養っていきましょう。私自身もそのことに留意し、努力を続けたいと思っています。

 結城 モイラ      2015年12月31日
============(以上、転載終わり)
# by ariesgirl | 2016-06-26 22:00 | 管理人の主張 | Trackback | Comments(5)

連日蒸し暑い日が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?昨日は夏至、一番昼が長い一日でしたが今日から少しずつ昼が短くなっていきます。私は夜が長いほうが断然すきなので(笑)嬉しいです。夜が長いと得した感が満載です(笑)

私事ですが、日曜日に髪を切りました。伸ばそうかと思って頑張っていたのですが、余りの鬱陶しさに挫折・・・orz 結局バッサリ、意外と似合っているわと自画自賛(笑)伸ばすのは9月ごろからにしようかと思います。

そして九州の大雨。私の地元長崎も市内の南部や西部が避難勧告で土砂崩れなどがかなり酷いとのこと。めったに家に電話しない私ですが、さすがに電話したくらいww 被災した熊本も大雨、弱り目に祟り目といいますが、自然現象とはいえ・・・こんなに続くなんてやるせなくて仕方がありません。どうか大きな被害がでないことを願うばかりです。

さて、本日参議院選挙が公示されました。噂通り、自民党比例区から青山繁晴氏が出馬!! 噂で聞いていたのですが、どうなるかと思っていたらやっぱり・・これは絶対に当選してもらわなければなりません!!おまけに、山谷えり子氏、山田 宏氏にも当選してもらわなければ!!青山氏のような本当に国を愛し憂う日本人こそが国会議員のバッジをつける資格があり、かつ相応しいのです。

沖縄本土返還39年の時に初めて沖縄へ行った私、その時の記念講演会のゲストが青山繁晴氏でした。その時に生で初めて青山氏の話を聞きました。ほんとに熱が入った話であり、まじめな国士という印象でしたが、今回誰が青山氏を口説き落としたのか実に興味がありますww でも安倍総理とも近い間柄でもあり、議員になれば総理も心強いことでしょう! (総理はキッチリ散髪して気合十分!熊本で第一声、実に結構です。)

だいぶ前には関西出張した際、某ホテルのレストランで青山ご夫妻に遭遇。朝ごはんの時でしたが、かなりラフなスタイルの青山氏、どこのオッちゃん?という感じでした(笑)

ところで、世耕議員の嫁・民進党の林 久美子議員も選挙。この場合、彼はどういう動きをするのでしょうか(笑)だいたい、野党の女を嫁にするなんて・・どうかしてるわ(;゚Д゚) 色仕掛けで骨抜きにされたのかどうかわかりませんが、あの嫁。どうやらモナ男とも何やら噂があったような気がしますがwww

それにしても困りました。西村真悟氏も中山成彬氏も出馬するし・・・この二人にも絶対に国会に戻ってきてほしい方だからです。青山氏、山谷氏、山田氏、西村氏、中山氏といった国士が全員当選することを心から願い、そのためにも微々たるものですが、私も日本人として全力を尽くしたいと思います!! 自民党には色々問題はありますが、絶対に勝ってもらわなければならないのです!安倍総理の政策も賛成できないものもありますが、今安倍氏以外に日本のかじ取りはできません! どうか、読者の皆様のご協力のほどよろしくお願い申し上げますm(__)m

選挙に関しては、もっと書きたいことがあるので別途記事にしたいと思います。日本は参議院選挙、イギリスはEU離脱をめぐる国民投票が行われます。両陣営とも拮抗しているようですが、残留派の女性議員が殺された事件。これは本当にきな臭いし、タイミングが良すぎます。

個人的見解ですが、私には仕込みとしか思えないのです。だって、イギリスでしょ?? 腹黒さでは天下一品、現在のイスラエルとパレスチナ問題も元をたどれば大戦後のイギリスの三枚舌が原因だし、ダイアナ元妃の事故だって・・・あのMI6、007の国ですよ~ww 何があっても、何をしかけてもおかしくありません。殺された議員は本当に気の毒ですが、残留派にとってはまさに生贄、人身御供、世論を味方にできるわ、感情に訴えかける効果は上がるわ、内心は「渡りに船」だとほくそえんでいる連中も多いのではないでしょうか。

どちらが勝つにしてもEUって一体何なのでしょうか?ローマでは史上初の女性市長が誕生、それもEU懐疑派の。EUという単なる共同体が各国の法律よりも斜め上を行っている、それならばEU加盟国って独立国というよりも単なる自治区、自治州扱い。オリンピックもW杯もEUという名前ででたらいいのにww 博愛主義に基づいて大きな寛容の精神をもってしても、それが度を超すと百害あって一利なし、腐ったみかんと同じなのですが、それがわからない方が多いようですね、ヨーロッパって。

そして、参議院選挙公示日に飛び込んできた鳩山邦夫代議士の訃報。いや~ビックリしましたわ。でも、以前テレビで見たときにかなりやせていたので、「これは・・」と思っていたら案の定。ガンだったのでしょうか?数年前に赤坂の一ツ木通りで見かけたことがありますが、体格が良くて愛想もよくて、自分から周りに「鳩山邦夫です」と選挙でもないのに満面の笑みで声をかけていたことを思い出します。67歳とのこと、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

それにしても、なんであの超絶バカ、基地外の鳩山由紀夫が先に死なないの?? 基地外すぎて病原菌もがん細胞もよりつかないのでしょうか?痴呆老人村山富市といい、シナチョンの犬河野傭兵、野中弘務とか、脱原発で頭がおかしくなった小泉元総理といい・・・特に反日売国奴が長生きするって、どう考えても理不尽極まりない!!とっとと氏ねばいいのに!! 神様はいつまでこんな連中を生かしておくつもりなのでしょうか?日本にもこの世にも必要ないので、さっさと地獄からの使者に迎えにきてもらいたいものですわ。反日売国奴は全員地獄の六道に堕ちろ!!
b0169850_22391212.jpg

b0169850_22393992.jpg


さ、地獄に行ってほしい対象がまだまだあります。それは我が国の穢れの原因でもある次期天皇皇后の座につく予定の盆暗負債。破れ鍋に綴じ蓋負債、これもとっとと逝ってもらいたい対象であります。昨日の報道では岩手県を訪問、股子肥は3年ぶりの宿泊公務とのこと。働きまくる秋篠宮ご夫妻とあまりにも違い過ぎ、普段はまったく働かない、ただのごく潰しが気まぐれに賄い飯つきのバイトをすると記事になるのですから呆れるばかりです。以下はニュースからの転載です。
===========
皇太子ご夫妻が岩手訪問、復興状況を視察 TBS系(JNN) 6月21日(火)6時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160621-00000021-jnn-soci

皇太子ご夫妻が東日本大震災からの復興状況視察のため、岩手県に入られました。

 20日午後、岩手県のJR盛岡駅に到着した皇太子ご夫妻は、駅前でおよそ800人の県民らからの出迎えを受けたあと、車で130キロあまりの道のりを移動し、県沿岸部の宮古市へと向かわれました。

 途中、立ち寄った岩泉町では、津波被害からの復興状況を聞き、去り際には待ち受けていた被災者に歩み寄り、「震災のときは大変でしたね」などと、声をかけてまわられたということです。

 訪問は1泊2日の日程で、21日は宮古市内で震災遺構として保存されている「たろう観光ホテル」などを視察するほか、災害公営住宅などで暮らす被災者と懇談されます。ご夫妻は、かねてから被災地に心を寄せ、訪問を続けていきたいとの気持ちを示されていて、療養中の雅子さまは去年10月の鹿児島訪問以来での宿泊を伴う公務となります。(20日22:19)
====================(以上、転載終わり)

一体何をしにいったのか?前沢牛のすきやきとかステーキとかしゃぶしゃぶを食べまくることができるからでかけたのでしょう、股子肥は。なんといっても宿泊できて豪華な食事がつかないといかない!と言ってるわけですから。前沢牛を食べまくり、銀河高原ビールを飲みまくったことでしょう。お土産はもちろん、前沢牛10人前??
b0169850_22293875.jpg


税金の無駄遣い、気まぐれなのか、それとも皿婆さまあるいは実母のババンからの命令?提灯記事しかかかない女性週刊誌の記者を引き連れての行脚、被災地も被災者もさぞかし迷惑だったことでしょう。

そして面白いのが・・「ご夫妻は、かねてから被災地に心を寄せ、訪問を続けていきたいとの気持ちを示されて」とのこと。腹筋が割れそうですわ(笑)あれ~つい最近大地震で被災した熊本には心は寄せてないんだ!!訪問する気もないんだ!!

この盆暗負債は東北には行っても、熊本の被災地にはいきません!(キリっ)という見事な意思表示、まあ間違ってもいけないでしょうけどww 熊本といえば、股子肥にとっては大好きなおじいさまが県民の敵と思われている鬼門ですからね~ 熊本にいって「おじいさまは悪くない!」と持論を展開してもらいたいものです。この盆暗負債が動けば動くほど、我が国に神々の怒りが降り注ぎます。
b0169850_22282319.jpg


気まぐれに被災地訪問などするから、大雨、地震、竜巻など天の神々が怒るのです。そのせいで、またもや天孫降臨の地である九州に記録的大雨。本当にこの反日ごく潰しの盆暗負債の行動はすべて、一から十まで神々の逆鱗に触れてしまいます。ちなみに、今朝。私の妹はがけ崩れのために勤務先まで車で3時間もかかり、挙句の果てに職場についたら玄関も泥で滅茶苦茶、その掃除でヘロヘロの有様。


天孫降臨の地である九州がここまで被害をうけるということは、八百万の神々はこの盆暗負債を祭祀王である天皇家の後継者とは認めていない、もってのほかというご意志の表れだと、皿婆を娶った盆暗今上様しかり、皇室をここまで穢した連中を排除すべきだという神々のご意志の表れだと、私は確信するのです。皇室の穢れは我が国の穢れなのですから!!


b0169850_2219781.jpg

b0169850_224430.jpg


それにしても・・盆暗後退氏殿下の御髪。分け目から血が噴き出そうな感じですねww 今回は人毛で作ったお帽子はどうしたのでしょうか?おまけに何日も洗っていないかのような貼りつき具合(笑)湿気た海苔がくっついているような・・ そして、この服装。もう少し何とかならないものでしょうか?センスのセの字もない、まあ珍竹林で御髪もアレ、お顔もまたアレですから何を着ても似合わないというのは万民の知るところですが(笑)
b0169850_22241988.jpg


最後はイージスさんの動画と魔除け画像
b0169850_22244489.jpg

ここまで違う・・・海外では秋篠宮ご夫妻が次期後継者という扱いです。


# by ariesgirl | 2016-06-22 22:40 | 皇室 | Trackback | Comments(12)

6月も早くも後半戦に入りました。昨日は完全に真夏日、暑かったですね~(><)前回の記事更新から1週間、その間に色々ありました。 喜ばしいのは朝鮮禿ネズミの辞任。辞任というのが驚き、てっきりこいつの性格から考えると議会を解散してほかの人間を道連れにするとばかり思っていたからです。

しかし、辞任。これは裏で誰かが禿ネズミに引導を渡し、トドメの一撃を加えたのでしょう。それが誰なのかはわかりませんが、もうあの男はダメでしょう。「違法ではないが不適切」今年の流行語大賞にノミネートされるかもしれません(笑)だいたい、個人の金で払うものと公金を使って払うものの区別もつかないようでは話になりませんわ。家族旅行しようが、書道の時のシナ服を買おうがかまいませんが、てめえの金で払え、手前の金で買え!それだけです。まあ、朝鮮禿ネズミもやりたい放題やった挙句、祖国であるあの国の法則が発動したと思われます。都内の一等地を南朝鮮学校にしようとクネに約束したり・・まあ自業自得です。祖国へお帰りになったほうがいいでしょうww
b0169850_13404826.jpg


そして、その後釜。どうやらR4が色気を出しているという話。朝鮮の次はシナのスパイなんて冗談じゃない!!都民として絶対に認めるわけにはいきません!!ハッキリ言って、参議院なんかより世界の大都市である東京都知事のほうが遥かに権力あるし、権限も大きいですから。色々な人間の出馬がうわさされていますが、反日左翼が都知事になることだけは阻止しなければなりません。
b0169850_13385977.jpg

b0169850_13414688.jpg


小池百合子代議士の名前や丸川環境大臣、そして櫻井パパ(笑)シナや朝鮮に絡む人間、売国奴じゃなけばいいわけですが、とにかくR4は絶対にアウト!! おい、シナの女スパイ、R4!アンタは熱湯風呂にでも入ってりゃいいんだよ!!
b0169850_13392171.jpg


さて、シナと朝鮮。これは宗主国と属国の関係であり、我が国が朝鮮半島を統治するまで続いていたわけですが、その属国の朝鮮が属国の分際で、人糞食い民族の分際で、我が国に戦争のどさくさで紛れ込み、そして帰ることもなくいまだにゴキブリのように住み続けているというこのおぞましい現実。

その現実が我が国の伝統や文化までも穢して、破壊しようとしています。皇室もその類。そして、最近著しいのが「朝鮮式おじぎであるコンス」です。コンビニの店員までもがコンス。特にイオン系は甚だしく酷い。デパート、ホテル、空港・・・本当に気持ち悪い、吐き気がします。一体、誰が教えているのか、あんなおじぎは日本にはありませんし、私は着付け教室に通っていた時も一切あんなおじぎの方法は教わりませんでした。それを考えればまともな教室だったようです。

なんといっても皇室の赤い女帝こと見て子皿婆がコンスしまくりですからね。お里が知れるというものです。この朝鮮式おじぎについて、長屋の爺様が記事をアップされていましたので、早速転載させていただきます。まったく、まったく、まったくもってその通りで、私の言いたいことが全部かかれていますので、ぜひご一読をお願いいたしますm(__)m (画像も爺様からです)

============================
日本中のいたる所 【コンス】 で迎えられる日本
b0169850_14103970.jpg

此処はいったいどこの国だ?

神棚の榊が萎れてきたので、某スーパーへ出かけてみた 店員の誰も彼もがしとやかな笑顔と、最悪の「コンス」で迎えてくれる 本人たちはその「お辞儀」が、顧客である日本人の神経を逆なでしていることに気付いていないのが悲しい・・・

そういえば、日本の神道の宗家の奥様も「コンス」がお気に入りのようだが 日本のお辞儀に腹に手を当てる作法など無いことを知っておられるのか?
b0169850_14114310.jpg


男性のお辞儀、15°は【会釈(えしゃく)】、30°は【敬礼】、45°は【最敬礼】という
b0169850_14124995.jpg

どこぞの「マナー教室」で、最低のマナー(お辞儀)を教わる悲劇w
 講師の方は日本の辞儀をご存知なのか?

b0169850_1413297.jpg

ANA

b0169850_14135620.jpg

日体大

b0169850_14141493.jpg

日本のお辞儀

この国の心をうつす、日本人になろう。

長い年月を積み重ね、培われてきたこの国の思想や文化。私たちの心の奥に根ざしているもの。

カタチには表しにくいものですが、例えば正座の仕方にも、箸の使い方にも、私たちの日常の仕草や振る舞いの中に、その美しさを観ることができます。

この思想や文化を礎に、これからの社会で世界に向けて 活躍する人を育てる。それが國學院大學の役割です。

思想や文化を伝えるのも、教育機関である大学の責務という自覚。確かに國學院大學出身の後輩たちは、礼儀正しさならだれにも負けなかった

いい顔していたことを思いだしました
b0169850_14145688.jpg



男性は腰を曲げたときに手は体の横にそのまま添わせ、女性は臍の下あたりで両手の指先を重ねるように、ビジネス・スクールやマナー教室で教えているが、本来の礼法ではない

このお辞儀の仕方では、男性はかかとを付ける姿勢を求められるので、体を倒す時にバランスをとろうとして自然に両手が尻を抑えることになり、

女性は腹痛時と同じ姿勢となると同時に両ひじが張って大変見苦しく、ひじを張るまいとすると両手の位置は丹田よりさらに下がって陰部を上から押さえる格好となり、このお辞儀はそうした意味で、
相手に対して大変失礼な形になる

b0169850_14154395.jpg

無印良品

伝統的な立礼に男女の差はなく、足を平行にして立ち、手先をまっすぐ伸ばしてそろえ、自然に手が定まる位置を出発点として、静かに腿の上を膝がしらに向けて滑らせるのが伝統的な本来のお辞儀である

b0169850_14162781.jpg

日本式 礼

日本侵略は「伝統」の破壊から始まっているのかもしれない 雑誌やマスゴミもその間違いに気づかないのか、意図的に無視して虚偽の作法を垂れ流しているのか・・・

以前、このブログで「江戸しぐさ」のデタラメに触れたことが有ったが 日本人は「疑う事を善しとしない民族」なため、いとも簡単に洗脳されてしまう 長屋の爺がここで、「疑う事から始めませんか」と説いたところで 何も変わらないのだろうとは思っているが・・・・

「早乙女愛よ。岩清水弘は君のために死ねる」 なんて日本男児は絶滅した 覚悟と心意気を失くした日本人は、伝統や思想まで思いのままに操られるようになってしまったというところか・・・
==================(以上、転載終わり)

どこぞの神道の宗家夫人のコンス命!
b0169850_14202194.gif

b0169850_1421383.jpg


まさに・・
b0169850_14213050.gif

b0169850_14222570.png


ちなみに、私は朝鮮式おじぎをしている人、特にホテルなどでは可能な限り文句をいいますご注進申し上げるようにしています、それは日本式のおじぎではなく朝鮮式だと!!そんなものされては実に不愉快であると!! みなさんも、護国活動の一つとしてご注進申し上げてくださいませ!!
# by ariesgirl | 2016-06-19 14:30 | 朝鮮・朝鮮人 | Trackback | Comments(10)

生きています(笑)

梅雨真っ只中の日本列島。今日は朝から大雨、久しぶりに長靴で出勤しましたが、歩きにくいことこのうえない(笑)子供が楽しそうに歩いているのを見て羨ましくなりましたわ。まあ、紫陽花が大好きなので雨の中に紫陽花が一層綺麗に見えるから雨もたまには悪くありません。

1週間ぶりの更新ですが、決して体調が絶不調だったというわけではなく、単に忙しくて今資格取得のために勉強しているもののレポートを書いたりして、ブログ更新まで手が回らなかったというだけのことです。

何とかペースを戻して、せっせと更新していきたいのですが、どうもうまくいきません…orz 一応人間ですので睡眠もとらなければならないしww 書きたいこと、ネタは色々あるのです。もちろん、しばらく書いていない皇室ネタも。相も変わらず税金泥棒のごくつぶしのニート後退氏誤一家、そしてその盆暗負債を全力投球で擁護するお粉のお皿さまとすこーしおボケあそばされている今上様、カネカネカネカネの金の亡者高円宮久子とその娘たち(笑)

先日参加したオフ会でも皇室ネタが女性陣のなかで話題になりました。もちろん、その中にはわたくしも・・・ある方に言わせると「デトックス効果のあるセッション」ということで、毛髪のお帽子を御被りあそばされている後退氏さまと年中無休、24時間体制でご静養中のデブ子マタコさま・・・マタコサマのトンズラ劇場こと園遊会の話そしてある方が発言した「川俣軍治」説(笑)これには大笑いでした♪

そして、私のブログが「下品で滅茶苦茶」とお褒めの言葉を親父様を始めとして頂きました!これは私のブログへの最大級の賛辞だと思っております(笑)だって、書いてる本人が下品、過激、罵詈雑言だらけというのを認識して、敢えてそのようにしてやっているのですからww 上品に格調高く書こうとすると手が震えて入力ができないのです(笑)もし、私のブログを上品などという人がいれば、もう間違いなく、1000%工作員か完全に精神病院の鉄格子部屋行きの人ですね(大笑)

いずれにしましても、近日中にはまともな記事をアップしたいと思っておりますので、基地外管理人に何かあったのでは?とご心配くださっている方がいらっしゃれば、どうぞご安心くださいませ!私は生きておりま~す!

笑う門には福来る、笑って頂きましょう!

# by ariesgirl | 2016-06-13 22:20 | その他 | Trackback | Comments(6)

必然の交差点

梅雨空が広がった東京、蒸し暑くて一日ぼーっとしていました。まあ、ただでさえぼーっとしているのに輪をかける有様・・まあ、日本の梅雨はこんなものですから仕方がありません。

さて、先日の日曜日。前回の記事で「オフ会」に参加するということを書きました。ということで、都内某所で開催されたオフ会に出かけて参りました!

何のオフ会かといいますと・・・拙ブログにもリンクさせて頂いている「カナダの我がまま親父」さまを囲むオフ会。親父さまの一時帰国に合わせてのオフ会、そして親父さまの誕生祝を兼ねたオフ会で、9名の方たちが各地から集まったのです。

遠い方は福岡からの参戦や37年ぶりの上京という方、関東各所からとそれぞれがステキなママがいるこじんまりとしたBARに集まって、夕方日の明るいうちから5時間、あっという間の5時間でした。

カナダの親父さまをはじめ、全員の方たちとは初対面。カナダの親父さまはブログを通じての交流は続いていたのですが、思わぬ形から今回お目にかかる機会を得ることができました。お目にかかって大正解!! 私の想像以上にダンディでお茶目で、そして粋で帽子がよく似合う・・・様々な経験を経て、表も裏もみて、酸いも甘いも噛分けてきた男性にしかもつことができない懐の深さと強さ、優しさを兼ね備えているお方です。また色気を感じさせる「オジサマ」でした(≧▽≦) 親父さまが若いころは、どれほどモテたのか想像できます(笑)女がほっとかないですね!

そして、長屋の爺様。もちろん初めてお目にかかりましたが、爺様というのでもう少し年配の方かと勝手に想像していたのですが、大間違い(笑)とてもふんわりとした穏やかな雰囲気、本当に強い人、どう表現していいのかわかりませんが、本当に肝の座った方、頭が切れる方という佇まい、憧れます。37年ぶりの東京とのことでしたが・・・それもある意味凄いとおもいました。

もう一人の男性、Uさん。オフ会が始まる前からお酒が入っていたらしく(笑)会の途中から後半ではあららなことにww でも、時にはそんなこともあるでしょう。あの場にいた皆さんはそれをきちんと理解できる方ばかりです。殆どお話ができませんでしたが、次の機会にはお話できればいいなと思います。

がんこじじいさま。ちょっとしかお話できませんでしたが、お人柄がにじみ出ていて何ともいえない雰囲気の方でした。とてもがんこという枕詞がつくような感じにはお見受けいたしませんでした。途中でお帰りになりましたが、またお目にかかれる日を楽しみにしております。

それからなんといっても女性陣。もちろん初めてお目にかかる方ばかりで、かつ私のブログの読者でもある方々。読者のかたと実際にお目にかかるのは、柄にもなく何とも言えず気恥ずかしい(笑)どうやら私が普段書いている支離滅裂で基地外全開、罵詈雑言だらけの記事と実物のギャップが結構大きかったそうです(笑)ということは、実物は記事と違って意外と上品に見えたのかもしれない!と勝手に思い込んでいます(笑)

黒猫Aさん、TGMさん、JGNさん、北九州のNさん、そしてKママ。

黒猫Aさん。拙ブログにもコメント投下くださる方で、どんな方かと思っていましたら、想像に近い感じの方で胆力のある女性とお見受けした次第。猫をこよなく愛する、そして祖国日本を心から憂いている方です。今回はあまりお話ができず残念でしたが、お体には気を付けられて、これからも祖国のために活動してまいりましょう!

TGMさん。だいぶアルコール摂取が高くなっていらっしゃったようですが、大丈夫でしたか?せっかく拙ブログにコメント投下してくださったのに、どういうわけかはじかれるということで、心苦しい限りです。どういうことかわかりませんが、もしかしたらNGワード規制が厳しくなっているのかもしれませんが、懲りずに投下してみてくださいませ。お待ち申し上げております!

JGNさん。お孫さんがいらっしゃるとは思えないほど若くてパワフルで艶があって色っぽくて、「ああ、こうなりたい!」という見本のような魅力的な方でした!名言「棚からぼた餅、ぼた餅は自分で取りに行く!」は目からうろこ、全くその通りだと(笑)その言葉を肝に命じて、これからぼた餅を必要な数だけ取りに行きたいと思います!!

北九州のNさん。ふんわりとした雰囲気はあの中では異色でした(笑)北九州からの参戦、穏やかでふんわりとした雰囲気でありながら、本当は芯の強い方なのだと思います。ご主人と仲良くお過ごしくださいね!

Kママ。先日は拙ブログにコメント投下ありがとうございましたm(__)m Kさんが想像していたアリエスと実物はあまり乖離していなかったとのことで、実に嬉しく思いました(笑)私はブログであのような話題も罵詈雑言、めちゃくちゃなことばかり書いていますが、Kさんの場合はなかなか難しいことも多いと思います。体中に毒素がたまってしまいそうですが、JさんとのKネタセッションは本当に愉快で楽しかったですね!次回は1人の客として伺いたいと思います。ハイチオール○の話は知りませんでした(笑)

あっという間に過ぎていった5時間。今回のオフ会、本当に不思議な御縁を感じさせるものでした。私にとっては初対面の方ばかりにもかかわらず、初めて会った気がしないというか、昔からの知り合いに久しぶりにあったような感覚というか・・・

親父さまのブログが中心となって集まった様々な人たち。「一期一会」といいますが、本当に人との「縁」「えにし」というのは不思議なものだと、改めて感じた1日でした。北九州から来たNさんは私より年下ですが、あとは皆人生の先輩方。諸先輩方の話は実に奥深いものであり、かつとんでもなくばかばかしいものもあったりして、様々な経験を経て今を懸命に生きる方たちとの邂逅は実に刺激的で、私には得難いものでした。

親父さまにはこのような出会いの場を作って頂いて、感謝の気持ちしかありません。また、私のようなアホの未熟者に色々と暖かいアドバイスを頂きましたこと、本当に嬉しく思っております。これからはいただいた言葉をしっかりと受け止めて、自分の手でよりよい人生を送ることができるようにしていきたいと思います、親父さまを見習って。

余談ですが、親父さまからいただいたTシャツ。滅茶苦茶ファンキーだあ!(笑)あれきて買い物いったら目立っていいだろうな~ww 

本日のタイトル「必然の交差点」 私も余り自慢できないようなことも経験してきましたし、死ぬまで黙って居ようと思っていることもありますが、まだまだ未熟者です。私は30代の半ばをすぎてから、「世の中の全ては必然ではないか?」と思っています。良いことも悪いことも含めて、全てが必然であり、偶然などないに等しいのではないかと思うのです。

だからこそ、今回の出会いも必然の出来事であり、起こるべくして起こったことという思いが強く残っています。だから、今回の記事のタイトルを「必然の交差点」としました。年齢も住む場所も、年齢も全部違う人たちが1か所に集まって過ごす・・これは人生の交差点のようなもの、それも起こるべくして起こったこと。そう感じています。

必然で起こった出来事や何かのトラブルに最善の手を尽くしてもそれが最良の結果を招くとは限りません。最善の手を尽くしてもダメな場合もあるのが人生でもあると思います。そのトラブルを笑い飛ばせるくらいの度量を持ちたいし、自分の糧にしたいものです。

必然の交差点で出会った様々な人たちが、出会いの後にまたそれぞれの道を歩いていく。そして、再び会いまみえる日が来ることを楽しみにしています。意味があるから出会ったのではなく、出会ったことに意味がある・・・そんな1日でした!!

最後に、親父さま・・Happy Birthday!! この1年が親父さまにとって、素晴らしい毎日でありますように(*‘∀‘)
b0169850_2231183.jpg

# by ariesgirl | 2016-06-07 22:35 | 日本 | Trackback | Comments(5)